2008年6月15日 (日)

ハーベストクラブ伊東2

Tim_28

| | コメント (0)

ハーベストクラブ伊東

Harvestclubito001屋上展望露天風呂

Harvestclubito002

ロビー

Harvestclubito003

屋内温水プール(ジャグジー付き)

Harvestclubito004

近くの風景(車窓から)

Harvestclubito005

近くの風景(車窓から No.2)

| | コメント (0)

2006年9月22日 (金)

「鳥福」の【カウンター】と【テーブルと椅子】---そして、【姫りんご】と【花瓶】---2006年09月22日

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2006年09月22日
「鳥福」の【カウンター】と【テーブルと椅子】
---そして、【姫りんご】と【花瓶】---

古いコンテンツなのですが、
あえて、[マールマガジン][ブログ]に掲載したくて、取り上げます。
(昨日、一昨日の続きです)

オリジナル・コンテンツは、以下のページにあります。

「閑話休題」 My Favorite;(No.3)
---「鳥福」の【カウンター】と【テーブルと椅子】---
http://www.h3.dion.ne.jp/~smatt/sub003.htm

「閑話休題」 My Favorite;(No.4)
---【カウンター】と【椅子】(2)---
http://www.h3.dion.ne.jp/~smatt/sub0031.htm

「閑話休題」 My Favorite;(No.5)
---【姫りんご】と【花瓶】---
http://www.h3.dion.ne.jp/~smatt/sub004.htm

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

---「鳥福」の【カウンター】と【テーブルと椅子】---2001年7月24日(火)

「鳥福」の【カウンター】はアフリカ・ウガンダ産ブビンガ材。
大木から作った「一枚板」。

一枚板のカウンターで、この店よりも分厚いものを見たことがない。
(それは、見聞が狭いだけ・・・・・、と、おっしゃるなかれ!
 本当にすごいカウンターなんですよ。)

酒を飲みに行って、そのお店のグラスが素敵だとか、
壁にかけてある絵とか写真が綺麗だとかは、たまにあると思う。

でも、普通は、飲み屋でカウンターを愛でながら、
酒を飲むなんてことはないでしょう・・・・・?

酒飲んでる時には、そもそも、そんなところに気がまわらない。

だから、「鳥福」に行き始めのころは、気が付かなかった。

カウンターの右端(店の奥側)の方に腰掛けて、何気なく上を見ると、
「丸太の材木の写真」が飾ってある。

『何で、「丸太の材木の写真」なんか、かけてあるんだろう・・・・・?』

その写真の左に、毛筆で説明が付いている。

 『樹齢900年以上のアフリカ・ウガンダ産の大木。
  直径2メートル10センチ。長さ10メートル。
  当店のカウンターに使用しました。     』

それを読んで、初めてこのカウンターの原木の写真なんだとわかる。

それまで、気にしていなかったのに、改めてカウンターを、
よく眺めてみることになる。

そして、
「ふ~ん・・・・・。 なるほどネ・・・・・。」
と、唸る。

濃い赤茶色をしたカウンターは、毎日、拭きこまれて、
所々の色が変わっている。それもまた、味わいがある。
(本当ぉ・・・・・? さっきまで、そんなこと思ってなかったでしょ?
 でも、そんな気がして来る・・・・・。)

カウンターを見るついでに、思わず店の中、全体を見渡してしまう。

後ろの、二人掛けのテーブルが目に入る。

よく見ると、その小さいテーブルは、
「一枚板のカウンター」と同じ色と厚みを持っている。

『あぁ、そうか・・・・・。
 このテーブルも同じ原木から作ったんだな。
 コーディネートしているわけネ・・・・・。』

『店の中、全体の色調に気を使ってるんだな・・・・・。』

と、その小さいテーブルと椅子を注意深く眺めると、また、新しい発見だ。

『あれっ!
 この小さいテーブルの椅子もカウンターの椅子も
 全部「鳥福」の銘が入っているゾ・・・・・。
 椅子もあつらえた特注品なんだ。』

色彩は同じなんだけど、木目はひとつひとつ違っている。
でも、どことなく落ち着いて、全体のバランスが良い。

天然の素材なのに、調和してしまうのは、
同じ木で作ったからなんだろうなぁ・・・・・。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

---【カウンター】と【椅子】(2)---2001年8月11日(土)

先日、オヤジサンに訊きました。

「オヤジサン、この椅子は、あつらえて作ったんでしょ?」

「あぁー、そうですよ。」

「これは、何の木で出来てるの? これもブビンガ材?」

「いや、これは違う。 この椅子はねぇ、『たも』の木で作ったんですよ。
 マツダサン、知ってる? 『たも』の木って?」

「ううん。 知らない。」

「『たも』の木っていうのはねぇ、
 『あかだも』と『あおだも』とあるんですよぉ。」

「ふーん・・・・。」

「それでね、『あおだも』の木でねぇ、バットを作るんですよ。
 プロ野球の選手が使ってる木のバット。」

「へぇー。」

「この椅子は『あかだも』だから、バットの素材と全く同じじゃあないけど、
 一緒の種類の木で作ってるんですよ。
 いい木目が出てるでしょ?」

若大将:カンチャンの説明によると、
ブビンガ材の原木を四つに切って、
その中心部のさらに一部分を【カウンター】に加工したのだそうだ。

この部分でないと、木目が綺麗に出なくて、価値がないらしい。

だから、直径が2メートル以上もある大木でないと、
このくらい厚みのある一枚板のカウンターは作れないのだそうだ。

さらに、今は様々な規制があって、
こういった大木は簡単に輸入できなくなったそうだ。

※ご参考のために、HP上では、図を作成しています

 【カウンターに用いたブビンガ材の大木】
 こちら⇒ http://www.h3.dion.ne.jp/~smatt/image33.gif

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

---【姫りんご】と【花瓶】---2001年8月4日(土)

毎年、「桜」の季節が終わる頃になると、
「鳥福」のカウンターの一番奥に、
大きな「花瓶」に「姫りんご」の大きな枝が活けられる。

初めて見たときは、遅咲きの「桜」か、と思った・・・・・。

「オヤジサン、これ『遅咲きの桜』?」

「いや、マツダサン、これね、『姫りんご』。
 うちの庭に咲いてるんだよ。
 綺麗だから、うちに来るお客さんに、見てもらおうと思って。」

「姫りんご」の枝は、カウンターの端から端に届くほどだ。
だから、五~六メートルはあるだろう。
「枝」というよりも、「木」といったほうがいい。

花は、「桜」よりもひとまわり大ぶり。
花のつき方は、「桜」によく似ている。

カウンターに座って、上を見ると、
ぶら下がっている「品書き」が「姫りんご」の満開の花にうずもれてしまう。

カウンターの右端に「花瓶」が置いてあるので、「花瓶」の左隣に腰掛けた。

「フ~ン・・・・・。
 オヤジサン、『姫りんご』の枝ぶりもみごとだけど、
 この『花瓶』もスゴイねぇ・・・・・。
 こんなに大きな枝を活けても、全然、負けてないもの・・・・・。」

俺は、こんなに大きくて重い枝を、
どっしりと支えている「花瓶」を手でなでながら、 
【この花瓶も、ずい分と重いんだろうなぁ】
と考えていた。

「さすが、マツダサンだねぇ・・・・・!
 わかる? この花瓶。」

「いやぁ・・・・・。
 だって、花に負けてないものねぇ・・・・・。」

俺は、【重量】を考えていた。

「この花瓶は、人間国宝の****さんの作なんだ。
 有名になる前の、若いときの作だけど、わかってもらえると、うれしいねぇ。
 わかる人には、わかるんだねぇ。」

「・・・・・・?
 えっ・・・・・?」

もちろん、素晴らしい「花瓶」だとは思ったんだけど・・・・・。

「オヤジサン・・・・・。
 この花瓶って、いくら位するの・・・・・?」

「もう四〇年くらい前で、買った時の値段が二百万だったかなぁ・・・・・。
 今買ったら七、八百万はするんじゃないかな?」

「俺・・・・・、席替わる・・・・・。」

触っていて、落としたら大変だ・・・・・。
隣にあると、何かの拍子で引っ掛けるかもしれない。

「鳥福」で飲む時は、店がすいていれば、
いつもカウンターの右奥から二番目の席なのだけれど、
「姫りんご」の季節は、奥から三番目か、四番目の席で飲むようにしている。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2006年9月21日 (木)

【「鳥福」の酒について---大関の樽酒---】---「閑話休題」(No.2)---2006年09月21日Part2

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2006年09月21日Part2
【「鳥福」の酒について---大関の樽酒---】
---「閑話休題」(No.2)---

古いコンテンツなのですが、
あえて、[マールマガジン][ブログ]に掲載したくて、取り上げます。
(昨日の続きです)

オリジナル・コンテンツは、以下のページにあります。

「閑話休題」 My Favorite; (No.2)
http://www.h3.dion.ne.jp/~smatt/sub002.htm

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

【日本酒】
 特別に「大関」に作ってもらっている樽酒。

 「オヤジサン」の話では、注文生産だから、他店では飲めない。
 (関内の「鳥伊勢」と共同注文だから、
  「鳥伊勢」では飲めるのだけれど・・・・・。)

 「大関の樽酒」は冷酒でも、燗酒でもOK。「枡酒」も出来ます。

【日本酒】
 「大阪屋長兵衛」(「大関」で出荷している、高級日本酒、冷酒)
 もありますが、
 個人的には、「大関の樽酒」(なおかつ、夏でも燗酒)がお奨め。

【ワイン】
 「鳥福」ブランドの甲州ワイン。赤白あり。
 赤ワインは1杯でも購入可。白ワインはボトル売り。

【焼酎】
 焼酎も「鳥福」ブランドあり。
 焼酎は二、三種類を置いていたと思う。

 氷で割って、生レモンを絞ったり、ソーダ水で割って飲む人が多い。
 「梅干」を入れてのお湯割も、もちろん可。

【ビール】
 既述。 再読したい方はこちら↓
http://www.h3.dion.ne.jp/~smatt/sub001.htm#beer

【梅酒】
 →自分のところで漬けている。
 (4~5年もの、だったと思う)

【サワー】
 →レモンサワー、梅サワーなどあり。

【レモンサワー】
 レモンは生レモンを自分で搾る。
 レモンは八つ切りだけど、特別に言えば、レモンを半分に切って、
 「レモン搾り器」を貸してくれる。

 グレープフルーツはあったかなぁ・・・・・?
 普段、自分がオーダーしないから、定かでない・・・・・。

【梅サワー】
 【梅サワー】は梅酒のサワー。

【酎ハイ】
 【酎ハイ】もあったと思う。
 自家製の梅干(土用干しもちゃんとやっている)を入れると良い。

【こくわ酒】
 「こくわ」という野生の果実を、
 【梅酒】のように、焼酎に漬けた果実酒。(「桑」の実ではない)

 オヤジサンが北海道に熊を撃ちに行ったときに、
 自生している「こくわ」を採ってきて漬けたもの。
 いつでもあるわけではない。 (2002年1月19日加筆)

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 客が多くて忙しいと、邪険にされるが、常連客は馴れているので、
 適当にあしらっている。

 たまに、一見の客で、注文を忘れたり、注文を取りに来ない、
 ないしは、「ちょっと待ってね!」と言われて、そのまま忘れられてしまう。
 →忙しいときは、よくある。
 それで、怒る客がいるが、そういう奴は二度と来ない。

 プロ野球シーズン中は、テレビで「ベイ・スターズ戦」もしくは、
 「巨人戦」をつけている。

 注意:野球は「ジンクン」が中日ファンで、中日が負けると機嫌が悪い。
 「オヤジサン」は「ベイ・スターズ」ファン。
 基本的には土地柄「ベイ・スターズ」ファンが多い。
 ただし、どこを応援しても過度にうるさくしなければ大丈夫。
 野球好きの常連が多い。

 「ベイ・スターズ」の現役の選手やOB・コーチ陣もたまに来ている。
 ただ、プライベートで来ているのだから、うるさくしたりしない。

 野球中継がない場合は、BGMにクラシック音楽が流れている。

 クラシック音楽については、NHKフィルの元バイオリニストとか、
 現役の神奈川フィルのパーカッション演奏者が、常連客なので、
 能書きはたれないほうが無難。
 プロのオーケストラのメンバーもたまに団体で来ている。

 客が少ないと、「美空ひばり曲」をクラシック・バージョンで流している。

 「梅干」や「辣韮(らっきょう)」は自家製。(メニューに載せていない)
 「味噌」も自家製。
 (いずれも、ちゃんと何年も時間をかけている。半端じゃない。)

 これは、言うと、オヤジサンに怒られるかもしれないが、
 「塩」は***の天然塩。
 (やっぱり内緒にしておきましょう、怒られるから・・・・・。
  ヒントは江戸時代の老中、田沼意次!)
 塩炒りの鍋で、ちゃんと炒って使っている。

 夏場は当然やらないが、
 冬場には、メニューになく「湯豆腐」をこっそり注文できる。

 メニューに「親子丼」があるが、
 客がものすごく少ないときにしか作ってくれない。
 →注文しても、「今日は忙しいからダメ」とはっきり断られる。

 冬場は、これもメニューに載せないのだが、たまに、「おでん」がある。
 →これは、うまい。
 (「オカアサン」は「オヤジサン」に嫁ぐ前は
  『おでん屋さんの娘』だった)

 夏の終わりから秋は、「秋刀魚(さんま)」がうまい。

 焼き魚があるときは、是非、注文すると良い。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 →「備長炭」での焼き魚は、からりと乾いていて、美味い。

 ガスの火は、水素やメタンを燃やしているので、焼くと水分が残る。
 だから、ガスで魚を焼くと、どことなく水っぽくなって、
 べちゃべちゃした感じになる。
 魚はガスで焼くよりも、電気の方が、まだ、おいしく焼ける。

 炭の火は、炭素を燃やしているのだから、
 二酸化炭素を発生させるだけで水分は出ない。
 下から火を当てるから、電気よりも火力が強い。余計な脂が落ちる。
 だから、炭で焼くと味わいが違うのだ。

 木炭は燃焼すると、近赤外線を出す。
 この近赤外線が肉の表面に吸収されて、熱となり、
 魚や肉の表面をかためて、旨味成分を閉じ込める。
 直火の焼きもの料理は、火力が強すぎると焦げて、美味しくない。
 火力が弱すぎても、生ぐさくなって美味しくない。

 火力の調節は、「うちわ」でする。
 「備長炭」の燃焼温度は500度くらいで一定している。
 あおぐと1000度くらいにまで簡単に上昇する。
 あおぐのを止めれば、表面に灰の膜ができて温度が低くなる。

 「備長炭」の呼称は、「備中屋長左衛門」という人の名前が由来だそうです。
 「備中屋長左衛門」は紀州田辺藩の炭問屋の商人でした。
 元禄時代に、紀州田辺で作った木炭を、
 江戸日本橋の問屋へ出荷し始めたそうです。
 品質に優れたこの炭は大変好評で、
 自らの屋号から「備長炭」と名付けたようです。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 →この季節、たまに「山女(やまめ)」がある。これは美味い。
 →この季節、「鮎」は良くある。これも美味い。

 →焼き魚は「秋刀魚」が一番うまいかな・・・・・。

 →本当にまれに、「エボ鯛」の一夜干とかある。これも美味い。
 →本当にまれに、魚の粕漬けがある。これも美味い。

 「いわ牡蛎(いわがき)」も今の季節ある。
 (私はあまり好みではないので注文しないが・・・・・。)

 思いつくままに、書き進んでしまい、最初に考えていたよりも、
 文字数がだんだんと増えてしまいました。
 それでページを分割しました。
 他にも、書きたいことが、いくつかあるのですが、
 次回ということで・・・・・。

 【カウンター】と【テーブルと椅子】
 【姫りんご】と【花瓶】
 【焼きおにぎり】
 【四万十川の天然うなぎ】
 【焼きハマグリ】
 【アワビの刺身】
 【鳥福のロゴ・T-シャツ】
 【大関樽酒の酒粕】

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2006年9月20日 (水)

【行き付けの店:My Favorite】---「閑話休題」(No.1)---2006年09月20日Part3

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2006年09月20日Part3
【行き付けの店:My Favorite】
---「閑話休題」(No.1)---

古いコンテンツなのですが、
あえて、[マールマガジン][ブログ]に掲載したくて、取り上げます。

オリジナル・コンテンツは、以下のページにあります。

「閑話休題」 My Favorite; (No.1)
http://www.h3.dion.ne.jp/~smatt/sub001.htm

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

「閑話休題」 My Favorite ; (No.1)

2001年7月22日(日)

真面目な話題ばかりだと、堅苦しいし、面白くない、
と思われる読者も居られることでしょう。
ここで、ちょっと個人的な好みを書こうかな、と思います。

 京浜急行線の「上大岡駅」。
 横浜から10分程度のところです。
 品川から40分と言った方がおわかりいただけるでしょうか?

京急「上大岡駅」には、
私のお気に入りの「銭湯(第二大見湯)」と
「焼鳥屋さん(鳥福)」があります。

「銭湯+焼鳥コース」に付き合ってもらえるならば、一杯ご馳走しますよ!

 焼鳥「鳥福」:横浜市港南区大久保

 上大岡駅前の中央商店街を通り抜けて、大岡川を越える小さな橋をわたる。
 コンビニを左に、正面に「養老の滝」の看板が見えます。
 「養老の滝」のところが小さなクランクになっていて、右に曲がれば、
 「第二大見湯」の看板が見えます。左に曲がれば、すぐに、「鳥福」。

 (焼鳥「鳥福」地図)
 --- http://www.h3.dion.ne.jp/~smatt/sub001.htm を参照してください---

営業時間:夕方から夜11時まで
大将は、ニックネーム:オヤジサン。
若大将は、ニックネーム:カンチャン。
若い店員は、カンチャンの弟で、ニックネーム:ジンクン。
おばさんは、ニックネーム:オカアサン。

 ***【焼鳥を楽しむベスト・コース】***

ベスト・コースは、まず、「第二大見湯」で、
ゆっくりと湯船とサウナで汗を流す。
熱くなりすぎたら、縁側で涼む。(45分~1時間程度)

(入浴料400円+サウナ100円、小さい石鹸30円→合計530円、
 タオルは貸してくれる)

 風呂上りに、牛乳とかソフトドリンクを飲む。

 店に行ったら、酒は、「大関の樽酒」(一合350円)をたのむ。
 燗酒の方がベター。「燗酒のやかん」は特注の純銀製。時価数十万円はする。

 【ビール】は飲まない。(その為に、風呂屋で水分を補給)
 どうしてもビールを飲みたければ、飲んでも可。
 【瓶は「エビス・ビール」】【生は「サッポロの発泡酒」】。
 (生ビールは夏場のみ)

 その日の、【お奨めの刺身】→鰹(かつお)、〆鯖(しめさば)、
 鮪(まぐろ)、いか、たこ、帆立(ほたて)、平貝(たいらがい)、
 鮑(あわび)、などなどがある。(その日によって違う)

 【刺身】とか【鮎の塩焼き】などをたのんで、「大関の樽酒」を楽しむ。
 後で、腹具合を考えて、【焼鳥】をオーダーする。

 気に入った【刺身】がないときは、【鳥わさ】をたのむ。

 【刺身】
 マグロ刺身→「中落ち」または、「ブツ」がたまにある。
 刺身は、日替わりだから、いつもマグロの刺身があるわけではない。
 何故だか、普通の「トロ」とか「中トロ」のマグロの刺身は見たことがない。

 かつお刺身→よく、おいてある。薬味は生姜。
       忙しくないときは、ニンニクをスライスしてもらうとよい。

 【鳥刺し】、【鳥レバー刺し】もある。
 冬場は【鹿刺し】がある。(夏場はないと思う)

 【焼鳥】は、ひとつひとつが大ぶり。
 肉が大きめなので「平串」を使って焼いている。
 炭は、「紀州備長炭」。
 「塩」「たれ」2種あり。
 説明するより、食った方が早い・・・・・。

 【焼鳥】→「ささみ」「ねぎ肉」「ピーマン肉」「かわ」
 「もつ(レバー)」「すなぎも」「つくね」「手羽焼き」「ぼんぼち」
 「もも焼き」「シャモ」「合鴨」

 「ぼんぼち」は「鳥のテール」のこと。

 【野菜など】→「ししとう」「いかだ(長ねぎ)」「ぎんなん」
 「アスパラガス」「しいたけ」「じゃがいも」

 季節によって、「とうもろこし」とか「さつまいも」なども焼いてくれる。
 赤、黄、オレンジと、美しい色をした肉厚の「ピーマン」も、
 備長炭で焼くと一段とおいしく感じる。

 秋には、「松茸(まつたけ)」がおいてある。
 (私は、あまりに贅沢に思い、たのまないのだが・・・・・。
  それって貧乏性ってことかな・・・・・?)

 「ぽんぽこ焼き」は「牛のはらみ」のこと。
 「牛タン」もある。
 「うずら」は「姿焼き」。

 普段の「つくね」は、鳥団子が3個、串に刺してある。
 「つくね」は丸めてから、一度、油で揚げている。
 それを、もう一度、備長炭で焼いて、「たれ」に浸けて、
 お客さんに出すのだ。

 油で揚げる前の、団子にする前の材料は、
 大きなバット(ステンレス製の、浅い底の平らな、四角い容器)に、
 軽く山盛りにしてある。
 鶏肉を挽いて、塩・香辛料や野菜・卵などの材料を混ぜて、練った状態だ。
 この状態の「つくね」の材料があるときは、手で材料を円筒形にして、
 串に貼り付けるようにして、「つくね」を直焼きにして出してくれる。
 お皿に、生卵の黄身だけが添えてあって、一緒に食べる。

 これは、食材のタイミングだから、いつも食べられるわけではない。
 店が混んでいて、手が回らないこともあるから、
 しょっちゅう来ているお客さんでも、
 食べたことがない人がいるんじゃないかな・・・・・?
 団子にする前の材料があるときで、お客さんが少ないと、
 「ピーマン」や「しいたけ」に詰めて焼いてくれる。

 「シャモ」は大山(だいせん)の地鶏。
 「シャモの手羽焼き」(手羽先と手羽元の2種あり)は
 オーダー表のどこにもないから、
 食べたければ、「カンチャン」にこっそりと聞く。

 【鹿シチュー】→「鹿肉」のシチューがある。
 「オヤジサン」の趣味は「鉄砲撃ち」
 (30~40年のベテランで、「ツウ」のオヤジサンは、
  ハンティングなんて言わない)。
 自分で撃った「鹿」や「鳥」(カモとか、キジ)を料理して出している。
 たまに、「熊」も出てくることがある。 「熊肉」はちょっとくせがある。
 でも、今のところ、「熊肉」はここでしか食べたことがない。
 (他で「熊肉」を出す店って、知ってますか?)

 【鹿シチュー】はよくあるのだが、【鹿肉の刺身】はシーズンだけしかない。
 「鹿肉」は、赤身で脂っこくない。くせがなく、淡白な味。
 【鹿刺し】は、普段あまり見たことがないだろうが、
 誰でも食べられると思う。

 冬場は、【鳥鍋】がある。「鳥すき」、「水炊き」の2種あり。
 個人的には「すき」が美味いと思う。
 夏場は鍋はやらない。

 【田舎風の手打ちそば】あり。
 【シナそば(ラーメン)】は昔風。

 【納豆】(洋辛子ではなく、本ワサビを使用)。

 【漬物】も美味い。【茄子の丸漬け】や「胡瓜」、「蕪」の漬物が良い。
 「もろきゅう」もメニューにないが、胡瓜があれば作ってくれる。

 【おひたし】は、ほうれん草とか小松菜。ないときもある。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)