« 2010年5月16日 - 2010年5月22日 | トップページ | 2010年5月30日 - 2010年6月5日 »

2010年5月29日 (土)

【投資LAB.主催/セミナー】---テーマ:「東京NYローソク足チャートとFXシグナル」---

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FX世界経済の教科書】---ユーロ暴落予想がまた的中!---
■松田哲&平松雄二・著 ■出版:扶桑社 ■定価1,575円(本体価格1,500円)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4594062202
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【投資LAB.主催/セミナー】
---テーマ:「東京NYローソク足チャートとFXシグナル」---

■【投資LAB.主催/セミナー】
■6月19日(土)12:00-13:30
■参加費:一般1,000円、会員無料
■テーマ:松田哲の「東京NYローソク足チャートとFXシグナル」

毎月、FXの専門スクールである【投資LAB.】の会員向けに
セミナーを開催しています。

今回は
「東京ニューヨーク・ローソク足チャートとFXシグナル」
というテーマでセミナーを行います。

【東京ニューヨーク・ローソク足チャート】について
聞きたいという要望が多かったようです。

セミナーの詳細・お申込はこちら
http://www.obs-okato.co.jp/seminar/matsuda.html

★セミナーの内容★

東京ニューヨーク・ローソク足チャートは、
私が使っていたオリジナルのツールです。

もちろん、常日頃セミナーで話しているように、
チャートは100%当たる訳ではありません。

必ず2割は外れます。

それでも、このチャートは相場の天井と大底を予測するヒントをくれます。

このチャートを使えば、
買い増し・売り増しのポイントや
損切りの注文を置くべきところを決める時の参考になります。

今回のセミナーでは東京ニューヨーク・ローソク足チャートが
何故有効なのかという考え方の部分を
皆さんに持って返ってもらいたいと思っています。

また、セミナーに参加された方には、
東京ニューヨーク・ローソク足チャートの
エクセル・データを提供する予定です。

《セミナーのトピックス》

■東京ニューヨーク・ローソク足チャートとは何か

■東京ニューヨーク・ローソク足チャートをどう描画するか
(夏時間と冬時間のデータの取り方の違い)

■東京ニューヨーク・ローソク足チャートを何故思いついたのか

■東京ニューヨーク・ローソク足チャートは何故機能するのか

■東京ニューヨーク・ローソク足チャートによるFXシグナルの捉え方

セミナーの詳細・お申込はこちら
http://www.obs-okato.co.jp/seminar/matsuda.html

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【投資LAB.】のご登録はこちら
http://www.toushilabo.com/service/fee/index.html
 ※フリートライアル会員に申し込めば、15日間無料でサービスを利用できます。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【投資LAB.主催/セミナー(参加費:一般1,000円、会員無料)】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■松田哲の「FXシグナルを先取りして勝つ!」
~東京ニューヨーク・ローソク足チャートとFXシグナル~
【日時】2010年6月19日(土)12:00-13:30
(オンライン6月25日(金)~)
【会場】岡藤商事・東京店 6F大会議室
【募集人数】80名(先着順)
【参加費】1,000円(投資LAB.の有料会員は無料)

セミナーの詳細・お申込はこちら
http://www.obs-okato.co.jp/seminar/matsuda.html

投資LAB.会員申し込みはこちら
http://www.toushilabo.com/service/fee/index.html

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※【投資LAB.】は、有料情報サイトです。
  岡藤ビジネスサービス(株)が運営しています。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

(2010年05月29日東京時間16:30記述)

| | コメント (0)

« 2010年5月16日 - 2010年5月22日 | トップページ | 2010年5月30日 - 2010年6月5日 »