« 2010年1月31日 - 2010年2月6日 | トップページ | 2010年4月4日 - 2010年4月10日 »

2010年3月27日 (土)

【教科書シリーズ第3弾「ファンダの教科書(仮題)」】

---祝!!松田哲&平松雄二 共著/5月吉日発売決定---

待望の教科書シリーズ第3弾「ファンダの教科書」(仮題)(扶桑社)
の発売を記念して、キャンペーンを行います。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■キャンペーン(その1)

松田哲さんと今回一緒に本を共著した、
平松雄二さんからのプレゼントになります。

【独断と偏見の為替相場(会員版)】https://www.lightwave-jp.net/

上記サイトにて、現在、「サトウトシオの甘辛相場展望」を配信している
「サトウトシオこと=平松雄二さん」について色々と知っていただき、
同時に発売記念キャンペーンとして、4月からの1カ月限定で、
無料で、平松雄二さんのメルマガをお読み頂く事ができます。

閲覧方法は、独断と偏見の為替相場(会員版)サイトから
新規会員登録(無料)をしていただいた方、
または既に会員登録がお済の方が対象です。

こちら→ https://www.lightwave-jp.net/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■キャンペーン(その2)

更に会員登録がお済の方で、アンケートにお答えいただいた方の中から、
抽選で15名様に、
最新刊「ファンダの教科書(仮題)」(扶桑社)をプレゼントいたします。

※当選は発送を持って発表に代えさせていただきます。
なお、発送は新刊発売後になります。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●まず、新規会員登録(無料)をして、ログインしてください。

ログイン後、
「会員メニュー画面」右上の【アンケート】ボタンをクリックすると、
アンケートのページに進みます。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

それでは、平松雄二さんについて、大解剖していきたいと思います。

■Q1. 松田哲さんにお聞きします。
今回一緒に本をお書きになった平松雄二さんて、どんな方ですか?
また、松田さんとの関係も教えてください。

三菱信託銀行(現、三菱UFJ信託銀行)時代の一年先輩です。
年金運用部のファンドマネジャーをやっていて、
数兆円程度の当時としては最大級のファンドを運用していました。
外資系金融機関に転職後は、経営サイドにつき、
取締役(UBS証券)や社長(LGT投信)を歴任して大活躍でした。
私にしてみれば、新入社員のときからですから、30年以上の付き合いです。
竹馬の友と呼んでも良いのでしょうが、
私にとっては、いつも「すごい人だなー・・・」と思ってきた先輩です。
『FXの教科書(扶桑社)』に上梓した「青春のモニュメント」に、
人物名「大竹ユウジ」で登場しています。

■Q2. 平松さんにお聞きします。
「サトウトシオ=平松雄二さんてどんな人なの?」
と言う質問が大変多いのですが、プロフィールを教えてください。

・慶應義塾大学商学部を卒業

・三菱信託銀行(現三菱UFJ信託銀行)にて、
年金資産運用のファンド・マネージャーに就く

・ファースト・ボストン証券会社(現クレディ・スイス証券会社)にて、
外国債券業務を担当

・UBS証券会社にて、国内及び外国債券と金利デリバティブズ業務を統括

・LGT投信(現インベスコ投信)の日本代表として、
投資信託と年金業務を展開

・現在は、「サトウトシオ」のペンネームで相場情報や知識・経験を提供

・「サトウトシオ」は、外資系金融機関時代に「金融ビジネス」「東洋経済」
「エコノミスト」等に寄稿していたときに使っていたペンネーム

・もう一つの顔として、大人の雰囲気が楽しめる、
隠れ家的な炭火串焼き店「大室高原ひらまつ」を伊豆の山奥で密かに営む

■Q3. 現在配信している「サトウトシオの甘辛相場展望」とは、
どんな内容ですか?
また、4月から1ヶ月間の無料版では、どんな物が読めるんですか?

現在は、毎週土曜日に定期配信として、主に米国の経済指標を分析して、
米国を中心に日本や中国の株式相場の動向と
ドル円為替相場の動向も解説しています。
中長期のシナリオを前提として、週単位の相場も予想していますが、
超目先の相場を占うのは、正直に言ってとても難しく感じています。
また、マクロ問題やその他のテーマを、
いろいろな角度からコラム形式にて不定期配信で説明しています。
4月からの1ヶ月無料版では、若干のタイムラグ(2週間)で、
上記の定期配信と不定期配信を全て読んでいただけます。

実際には、5月の出版にタイミングを合わせて、
メルマガのリニューアルを企画しています。
そのため、4月からは、ファンダメンタルズ分析に加えて、
チャートも使い一部テクニカル分析も組入れて、相場動向を予測します。
株式相場は、米国・日本・中国がメイン、為替相場はドル円がメインです。
為替は円からの投資家の視点を大切にしたいと考えています。

経済分析や相場解説は、専門用語が多く分かりにくいものですが、
なるべく分かりやすい説明を心がけようと思います。
相場を始めてまだ日が浅い人でも、一通りの相場を経験した人でも、
参考になる視点や解説を提供する予定です。

「株と為替に勝つ!」を最大の目的に、
メルマガにて相場展望を提供するのと同時に、
4月中に立ち上げる予定のホームページとハーモニーさせた、
情報発信をしようと思います。

5月からは、毎週日曜日に、前週のファンダメンタルズと相場をまとめ、
今週の相場見通しを、
「週間相場予報(仮称)」の形で配信しようと考えています。
また、毎週木曜日にはより中長期シナリオや経済コラム等を定期配信しよう
と考えています。
つまり、週2回の定期配信にする予定です。

■ありがとうございました。平松雄二さんについて、だいぶわかりました。
皆様もこの機会に ぜひキャンペーンに参加してみて下さい。

今後も、さまざまなキャンペーンを企画して参ります。
このページに、またお越しください。

【独断と偏見の為替相場(会員版)】
こちら→ https://www.lightwave-jp.net/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

(2010年03月27日東京時間13:30記述)

| | コメント (0)

« 2010年1月31日 - 2010年2月6日 | トップページ | 2010年4月4日 - 2010年4月10日 »