« 2009年1月11日 - 2009年1月17日 | トップページ | 2009年2月1日 - 2009年2月7日 »

2009年1月29日 (木)

【基本的なトレンドは、変わらずに「円高」】

2009jan05_ban_acefx_486_60_2 http://www.tradersshop.com/bin/showprod?c=9784775962473

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[有料メールマガジンを始めました!]
---【松田哲の独断と偏見の為替相場(会員限定版)】---

このページからお申込み出来ます⇒ https://www.fxmagazine.jp/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FX「シグナル」を先取りして勝つ!】稼ぐ人はなぜ相場の動きを読めるのか?
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774137200
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2009年01月29日号
【基本的なトレンドは、変わらずに「円高」】

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

端的に言えば、
現在の外国為替市場の一番大きなトレンドは、「円高」となります。

外国為替取引では、それぞれの通貨ペアで考えると、
一方が強くなれば、もう一方が、必ず、弱くなります。

こう言うと、分かり難いのですが、
「ドル/円(USD/JPY)」の取引を考えてください。

ドル(USD)と円(JPY)で、
ドル(USD)が強くなれば、円(JPY)は、必ず、弱くなります。

逆を考えると、ドル(USD)と円(JPY)で、
ドル(USD)が弱くなれば、円(JPY)は、必ず、強くなります。

だから、「ドル/円(USD/JPY)」では、
「ドル高」ならば、必ず、「円安」になります。
「ドル安」ならば、必ず、「円高」になります。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

「ユーロ/ドル(EUR/USD)」の取引を考えてください。

ユーロ(EUR)とドル(USD)で、
ユーロ(EUR)が強くなれば、ドル(USD)は、必ず、弱くなります。
ユーロ(EUR)が弱くなれば、ドル(USD)は、必ず、強くなります。

だから、「ユーロ/ドル(EUR/USD)」では、
「ユーロ高」ならば、必ず、「ドル安」になります。
「ユーロ安」ならば、必ず、「ドル高」になります。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

「ユーロ/円(EUR/JPY)」の取引を考えてください。

ユーロ(EUR)と円(JPY)で、
ユーロ(EUR)が強くなれば、円(JPY)は、必ず、弱くなります。
ユーロ(EUR)が弱くなれば、円(JPY)は、必ず、強くなります。

だから、「ユーロ/円(EUR/JPY)」では、
「ユーロ高」ならば、必ず、「円安」になります。
「ユーロ安」ならば、必ず、「円高」になります。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

外国為替市場には、通貨ペアは、無限といってよい程の組み合わせがあります。
全て通貨の種類のそれぞれの組み合わせで、上述の関係が成立しています。

そういった各通貨ペアの関係が、
複雑連鎖して、外国為替市場の全体を形成しています。

そう考えると、難しくなってしまいますが、
物事の真髄(本質)をとらえるならば、複雑なものを、ばらばらにして、
個別に、単純化したものを分析すれば良いのです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

現在の、「ドル/円(USD/JPY)」は、「ドル安円高トレンド」です。

2007年6月の、124円から、今年の87円まで下落したことを見れば、
現在が、「ドル安円高トレンド」であることは、説明不要です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

現在の、「ユーロ/ドル(EUR/USD)」は、「ユーロ安ドル高トレンド」です。

これも、説明不要と考えます。(各自、チャートをご覧ください)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

現在の、「ユーロ/円(EUR/JPY)」は、「ユーロ安円高トレンド」です。

これも、説明不要と考えます。(各自、チャートをご覧ください)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

上述から、
円は、ドルに対しても、ユーロに対しても、強い、という結論になります。

ユーロとドルでは、ユーロよりもドルが強いのですから、
強さの順番は、円、ドル、ユーロで、
円が最強、ユーロが最弱、という結論になります。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ここに、ポンド(GBP)を加えると、
現状分析をするならば、2009年1月下旬現在では、
円、ドル、ユーロ、ポンド、の順番で、
円が最強、ポンドが最弱になります。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

さらに、比較対象通貨を増やせば、それに応じた答えが出てきます。
ただし、物事を複雑にすれば、かえって分かり難くなります。
また、通貨は変動していますから、かえってトレンドをつかみにくくなります。

通常は、円、ドル、ユーロ、の三通貨の順番を考えれば十分です。

あるいは、
円、ドル、ポンド、の三通貨の順番を考えれば良いでしょう。

物事を単純に考えるとは、
そのように、何かを、あえて捨てる、ということです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

外国為替取引に、慣れている人にとっては、
当たり前で、単純なことを、わざわざ説明しているだけに見えることでしょう。

しかし、現在の外国為替市場の値動きの特徴が、「円高」であり、
決して、『単純なドル安』ではないことを理解しておくことは、
今後の値動きを判断するのに、とても大切だろう、と考えています。

最近のマスコミ(新聞やテレビ)の報道が、「ドル安」にばかり注目して、
本質である「円高」に触れていないのではないか、と危惧します。

偏った情報だけで、相場を見ると、
外国為替市場で起きていることの本質を見落とすことになるのではないか、
と、感じることがあります。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

(2009年01月26日東京時間12:45記述)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【投資で浮かぶ人、沈む人】  ---あなたの「投資力」は万全ですか?---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:PHP研究所 ■1,155円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4569697976
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXの教科書】
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:扶桑社 ■1,575円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4594056148
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

にほんブログ村 為替ブログへ

外為ランキング

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

ポプログ人気fxブログランキング

| | コメント (0)

2009年1月27日 (火)

【『介入』は原則として、しない方が良い】

2009jan05_ban_acefx_486_60_2 http://www.tradersshop.com/bin/showprod?c=9784775962473

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[有料メールマガジンを始めました!]
---【松田哲の独断と偏見の為替相場(会員限定版)】---

このページからお申込み出来ます⇒ https://www.fxmagazine.jp/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FX「シグナル」を先取りして勝つ!】稼ぐ人はなぜ相場の動きを読めるのか?
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774137200
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2009年01月27日号
【『介入』は原則として、しない方が良い】

「介入」に関しての以下の意見は、
もともとは、2002年ころに記述したものです。

そのオリジナル原稿に、今回は、少し手を加えています。

しかし、介入(為替レートを恣意的に操作すること)は、
本来、国家や中央銀行がやるべきものではありません。
(それが、自由主義の原則です)

変動相場制は、自由なマーケット(市場)に、価格決定をゆだねる、
そして、その価格にみんな(世界中の人々)が従って、
自らが変わってゆこう(進化・進歩しよう)、といった理念だったはずです。

もちろん、現在の変動相場制は、制度として不完全であり、
「介入」は、その矛盾点を補うための手段・方便だ、
といった考え方も理解します。

実際に、現実の外国為替市場の変動は、
貿易の不均衡を是正することは出来ませんでした。

変動相場制にすれば、購買力平価により、
貿易の不均衡は改善されると考えられていましたが、
結果的には、その説は、間違いであったことが、実証されています。

プラザ合意後の日米貿易を見れば、
為替変動は、貿易不均衡を是正しない、と結論が出ます。

別の観点から、国家や、中央銀行も、
『皆と同じいち市場参加者』と考えるのならば、
「介入」を行おうと、何をしようと、勝手だ、という意見もあるでしょう。

しかし、そういった考え方も、一方に偏り過ぎで、
やはり、国家や中央銀行は、一般の投資家や、一般の市場参加者とは違う、
と考えます。

国家や中央銀行は、政策を発動できる、
つまり、マーケット環境を変化させる『力=権力』を持っているのだから、
同じだ、というには、釈然としないものがあります。

私は、国家や中央銀行は、金融政策で、マーケットに対応すべきもの、
と考えます。

先週あたりから、日本の当局の「レートチェック」のうわさが頻繁です。
「レートチェック」は、「口先介入」の一種です。

【口先介入】
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/sub008ku.htm#kuchisaki_kainyuu

(以下引用)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【『介入』は原則として、しない方が良い】

「介入」は絶対にしてはいけないとは言いませんが、
そこには利害関係があるので、安易に「介入」を勧めるのは、納得しかねます。

ところが、財務大臣や、財務官などの政府高官から、
(円高を阻止する目的で、)「ファンダメンタルズを考えると、
現状の水準は円が強すぎる」とか、
「ドル高円安傾向を望む」といったコメントが行われることがあります。

この場合のファンダメンタルズ(Fundamentals)は、
経済を構成する根本・基礎。 また、その条件を指すこともある。
「市場用語」で、よく使われるが、具体的に何を指すのか、よくわからない。
漠然と、大きすぎる概念だから、ありとあらゆる「根本的な」、「基本的な」
事柄・条件を含むと考えられる。
政府や学者、マスコミが、衆愚をごまかすために、
事柄・事象を、あえて曖昧にするために、
用いている言葉のように感じることが多い。
真摯に考えるのならば、経済に関する基本的な諸条件なのだから、
「マネー・サプライ」から、「社会的なインフラ」、「雇用情勢」などなど、
あらゆる事柄を含む。

そして、そのように、口先介入をしていると、
『そのうちドル買い介入をするのではないか・・・・』と期待して、
普通だったら、ロス・カットしているようなコストの悪いドル・ロングも、
切りきれず、そのまま残ってしまう。
そうなると、チャート・ポイント(外国為替相場の節目となる重要なレート)
をブレイクした際には、そういったコストの悪いポジションが
マーケットをオーバー・シュートさせます。

そもそも、日本の場合、「介入」の判断の根拠が曖昧であるばかりでなく、
「介入後」の検証も曖昧のままです。
なんだかんだ言っても、「介入の資金」は「国民のお金」です。
なくなるわけではなく、「円資金」を「ドル資金」に転換するだけなのですが、
「国民の判断」ではなく、「一部の権力者の勝手なスペキュレーション」に
委ねて、「為替リスク」にさらすのですから、
少なくとも、「介入」の判断の根拠と「介入後」の検証を行うべきでしょう。

(注):現在、想定される「介入」は「ドル買い円売り介入」ですから、
「円資金」を「ドル資金」に転換することになります。
「ドル売り円買い介入」を実施する場合は、
財務省が保有している「ドル資金」を「円資金」に転換することになります。
もう少し説明を付け加えると、【「介入」を実施する】、
【「介入」を実施しなければならない】といった判断を、
何故したのかといった、「介入」の判断の根拠が曖昧なままで、
実際に「介入」が行われています。

「介入」を行った結果、外国為替市場のレートがどのように動き、
為替以外の市場(例えば、日本の株式市場、債券市場、商品市場など、
同様に海外の各市場など)に、どういった影響をあたえたのか?

それは、当初に期待していた通りの結果なのか?
それとも、予期しない結果となったのか?
そういったことを、ちゃんと「介入実施」の後に調査をして、
「国民」にきちんと説明をする義務があるはずです。

介入直後に発表しろ、とは強弁しません---例えば、法律で、
介入から2年後とか、3年後に公表することを、義務付ける、
などは国民に対する責務でしょう。
うがった見方をすれば、介入の判断を行う人間は、
「事前に為替オプション取引を購入する」、などをして、
選挙資金を捻出するとか、が可能です。

現在の「介入資金」の使い方に、「外務省機密費」と同じような、
「独善性」を感じます。
どうして、マスコミは、そういった点を取り上げないのでしょうか?
政府筋周辺のマスコミにも、疑惑の目がいってしまいます。
政府筋と、その周辺のマスコミとに、癒着した関係があるからなのだろうと、
推察しています。

それに「一部の権力者」の恣意的な感覚に任せて、「介入」すれば、
コントロールが効く程度の「外国為替市場」でしょうか?
「外国為替市場」はもっと壮大な市場で、
目先は「介入」の思惑通りになっても、
そこに、確固たる根拠と政策などの意思決定が伴わなければ、
根本的な流れを変えることは不可能でしょう。

私には、過去の、日銀の介入(大蔵省のエージェントとしての---ですから、
事実上は『大蔵省の介入』)で、
その判断が正しかったことが、ただの一度としても記憶にありません。
この「介入」は、さすがに素晴らしい判断だといったことが
あったでしょうか? (←「か?」は、強い反語)

私は「介入」に対して否定的なのですが、
それでも、絶対にしてはいけないとは、考えていません。
市場がパニックになるほど乱高下してしまう程、需給が歪んだ時に、
「スムージング・オペレーション」を行うことや、
「有事」の際に、外為市場を閉鎖することは間違いだとは思いません。
しかし、過去の「日本の介入」で、それ程の高邁な理念を感じたことが、
残念ながら、一度もありません。

通常の「ドル買い円売り介入」は、
判断の甘かった輸出企業(従来の日本の景気を引っ張ってきた大手企業と
言い換えても良いでしょう)に、
介入資金を使って、援助しているだけに過ぎないように、私には思えます。
極論を言えば、「介入」といった美名のもとに、
一部の大手輸出企業に税金を還付しているように、私には思えます。

むしろ、10円や20円程度の円高で、立ち行かなくなるような企業は、
既に、「いらない企業」、
「自然淘汰によって、つぶれるべき企業」ではないでしょうか?

「本来ならば、自然淘汰されて、つぶれるべき企業」を、
さまざまな国策(例えば、超低金利政策や、過去のゼロ金利政策)で、
無理やり生かしているから、その維持コストが、延々とかかり続けて、
社会構造に変化が無いのではないでしょうか。

小泉政権の掲げた構造改革は、不完全であったし、
その後の政権は構造改革に触れることが無かった。
そのために、就労者の各業界に対する分布が、旧態依然であり、
失業者問題や、派遣問題を起こしている、と考えます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

(2009年01月27日東京時間17:45配信)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【投資で浮かぶ人、沈む人】  ---あなたの「投資力」は万全ですか?---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:PHP研究所 ■1,155円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4569697976
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXの教科書】
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:扶桑社 ■1,575円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4594056148
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

にほんブログ村 為替ブログへ

外為ランキング

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

ポプログ人気fxブログランキング

| | コメント (0)

エース交易Newバナー広告

2009jan05_ban_acefx_486_60_2 http://www.tradersshop.com/bin/showprod?c=9784775962473

| | コメント (0)

エース交易Newバナー広告

2009jan05_ban_acefx_486_60

| | コメント (0)

« 2009年1月11日 - 2009年1月17日 | トップページ | 2009年2月1日 - 2009年2月7日 »