« 2009年7月12日 - 2009年7月18日 | トップページ | 2009年8月2日 - 2009年8月8日 »

2009年7月22日 (水)

---【プロフェッショナルの金利閑話(No.0018)】(By よっちゃん)---

http://www.tradersshop.com/bin/showprod?c=9784775962473

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
∞∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ライトウェーブ版/有料メルマガ]
【松田哲の独断と偏見の為替相場(会員限定版)】
この有料メルマガのお申込み ⇒ https://www.lightwave-jp.net/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞∞
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
新分野(CFD)の有料メルマガ【サトウトシオの甘辛相場展望】
のお申込みが、7月17日から可能になりました。
この有料メルマガと同様に、以下のページからのお申込み頂けます。

【松田哲の独断と偏見の為替相場(会員限定版)】
https://www.lightwave-jp.net/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2009年07月22日号
【有料版のサンプル配信】
---【プロフェッショナルの金利閑話(No.0018)】(By よっちゃん)---

以下、枕詞(まくらことば)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

『世に人はあれど、人はおらず』

世の中にたくさんの人はいますが、
なかなか『その道のプロ』と呼べる人は少ないものだ、と感じます。

金利に関しても、『自称プロ』はたくさんいて、掃いて捨てる程ですが、
実際に、話をしてみると、なかなか、なかなか・・・・。

しかしながら、
仕事やマーケットの事柄、金融・経済に限らないのですが、
そう思って、油断していたり、傲慢な気持ちがあると、大失敗をします。

世の中には、(市井には、)『すごい人』が随所にひそんでいます。

時に、『すごい人』に対して、その道を説いていたりします・・・。

後で考えると、恥ずかしくて、顔から火が出るような思いをします。

以下、ペンネーム「よっちゃん」のコメントでは、
『その道のプロ』にふさわしい内容を提供してくれるもの、と、
私は、信頼しています。

松田哲、拝

PS;
今後、継続的に、【プロフェッショナルの金利閑話】を配信する予定です。
(毎週金曜日に、週1回のペースで配信予定です。)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【プロフェッショナルの金利閑話(No.0018)】
---プロの目から見た、今後の、世界の金利動向---(By よっちゃん)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

プロフェッショナルの金利閑話(18)

米CITグループは、債権保有者グループから、
30億ドルの追加融資を受けることが決まり、
当面の破綻の可能性を回避したとの報道がありました。

筆者は、政府による救済が見送られることとなったという報道があった際に、
民間では、交渉がまとまらず、救済不可能になった結果、
政府に救済を求めたものと考えていました。

しかし、CITは、100万社に及ぶ中小企業に融資する立場を強調し、
まずFDICに救済を求めたといわれています。

本当に、「あいた口が塞がらない」とはこのことを言うのでしょう。

自己責任を原則とする米国資本主義は崩壊してしまったようです。

AIGの救済以降、シティー、クライスラー、GMと政府が救済してきた結果が、
今回のCITの救済要請につながったと考えます。

オバマ大統領は、
「ウォール街の銀行は米リセッションを悪化させた金融危機以降に
十分な自責の念や変化を示していない」
と非難しました。

「わたしが見ている問題は少なくとも、
ウォール街の銀行がこうしたリスクを取ったことに対して
自責の念を感じている姿勢がみられないことだ」
と語り、さらに
「これまで起きたことの結果として
社風や慣行が変わったという感覚が得られない。
だからこそ、われわれの金融規制改革が非常に重要になる」
と指摘しました。

しかし、ハイリスク・ハイリターンのやり方で1995年以降、
金融資本主義を標榜し、
「アメリカ投資銀行の代弁者」といわれ
「我が世の春」を謳歌してきたウォール街の体質を、
変えることは困難と考えます。

さらに新経営陣、新ファンドマネージャーは、
「前任者のしたことには、責任がない」と考えているものと思います。

今後の「政権とウォール街の関係」は、どうなるのでしょうか。

ガイトナー財務長官もウォール街とは密接な関係にあります。

米国の巨額な財政赤字は、海外資金で補うしかありません。

ウォール街がリスクテーカーとして、高収益を上げることにより、
海外資金の流入を促してきました。

ガイトナー財務長官が、「強いドル」を標榜するのも、
財政赤字補填のためでしかありません。

(ひとりごと)

金融規制がどのようになるか、非常に興味深いものとなりました。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

(2009年07月21日東京時間23:20記述)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FX「シグナル」を先取りして勝つ!】稼ぐ人はなぜ相場の動きを読めるのか?
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774137200
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FX短期売買の教科書】練習問題付きでFX短期売買のすべてがわかる!
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:扶桑社 ■1,575円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4594059368
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

にほんブログ村 為替ブログへ

外為ランキング

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

ポプログ人気fxブログランキング

| | コメント (0)

2009年7月21日 (火)

---【衆院解散】日本の選挙が外国為替に与える影響は?---

http://www.tradersshop.com/bin/showprod?c=9784775962473

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
∞∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ライトウェーブ版/有料メルマガ]
【松田哲の独断と偏見の為替相場(会員限定版)】
この有料メルマガのお申込み ⇒ https://www.lightwave-jp.net/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞∞
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
新分野(CFD)の有料メルマガ【サトウトシオの甘辛相場展望】
のお申込みが、7月17日から可能になりました。
この有料メルマガと同様に、以下のページからのお申込み頂けます。

【松田哲の独断と偏見の為替相場(会員限定版)】
https://www.lightwave-jp.net/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2009年07月21日号
【有料版のサンプル配信】
---【衆院解散】日本の選挙が外国為替に与える影響は?---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

本日(7月21日)の午後、衆院解散となりました。

都議選(7月12日)の直後に、
『7月21日解散の予定』がニュースで流れました。

その後、「本当に解散するのだろうか?」
といった場面もあり、紆余曲折あったようですが、
本日(7月21日)の午後、事前にニュースで報道された通りに、
衆院は解散しました。

そこで、このメールマガジンでは、
『日本の選挙が外国為替に与える影響』を採り上げます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【日本の選挙が外国為替に与える影響は?】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●日本の選挙が外国為替に与える影響は?

国政選挙は株式市場に影響を与えることがあります。

戦後ほぼ一貫して政権を担ってきた自民党が負ければ、
政権が不安定になると読んで株を売る投資家がいる一方で、
新たな時代に期待して買う投資家もいるでしょう。

どちらが多いのかはその時点にならなければわかりませんが、
株価が選挙結果の影響を受けことに違いはありません。

●「自民党惨敗=円売り」は間違い

では外国為替市場はどうでしょう。
日本の投資家であれば仮に自民党が惨敗すると、
政治的な混乱から円売りが優勢になると連想するでしょう。
それが日本人の「常識」だと思います。

しかし残念ながら日本の政治がどう動いても、
外国為替市場が大きく影響を受けることは、基本的にはありません。

日本人の「常識」は、外国為替市場参加者の「常識」ではありません。

外国為替市場参加者の多くは日本の総理大臣の名前すら知らないと思います。

それは、短期間に総理大臣が何人も替わったということではなくて、
日本の外交下手に原因があるのでしょう。

●投資判断は「常識」にとらわれない

それはともかく、外国為替市場の世界では、
日本人が思うほど日本の動向は注目されていない、
ということを肝に銘じておきましょう。

それよりも中国の動向のほうがずっと大きな影響力を持っています。

FX投資では日本人の「常識」捨てて臨むべきです。

ただしそれは日本を卑下するということではありません。

日本人は大変な努力を重ねて現在の豊かな国を築きました。
そのことは誇るべきだし、
これからも世界の国々と対等に渡り合う気概を持つべきです。

ただそのこととFX投資とは別の話なのです。

ちなみに、
現時点で政治の変化が外国為替市場に影響を与える国は米国くらいです。

欧州諸国の政治の変化もほとんど影響がありません。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

(2009年07月21日東京時間17:55記述)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FX「シグナル」を先取りして勝つ!】稼ぐ人はなぜ相場の動きを読めるのか?
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774137200
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FX短期売買の教科書】練習問題付きでFX短期売買のすべてがわかる!
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:扶桑社 ■1,575円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4594059368
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

にほんブログ村 為替ブログへ

外為ランキング

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

ポプログ人気fxブログランキング

| | コメント (0)

2009年7月19日 (日)

【有料版のサンプル配信】---7月19日をサンプル配信---

http://www.tradersshop.com/bin/showprod?c=9784775962473

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

∞∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ライトウェーブ版/有料メルマガ]は、4月14日(火)からスタートしました!
【松田哲の独断と偏見の為替相場(会員限定版)】
このページからお申込み頂けます ⇒ https://www.lightwave-jp.net/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞∞

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2009年07月19日号
【有料版のサンプル配信】
---7月19日をサンプル配信---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フォレックス・ディーラー物語
【松田哲の独断と偏見の為替相場(会員限定版)】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[2009年07月19日](Vol.00155)

いつもご購読ありがとうございます。松田哲です。
『松田哲の独断と偏見の為替相場(会員限定版)』をお送りします。

今回の配信は、不定期配信分です。

サンプル配信【「サトウトシオの甘辛相場展望」No.0021】です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

∞∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ライトウェーブ版/有料メルマガ]
【松田哲の独断と偏見の為替相場(会員限定版)】
このページからお申込み頂けます ⇒ https://www.lightwave-jp.net/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FX短期売買の教科書】練習問題付きでFX短期売買のすべてがわかる!
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:扶桑社 ■1,575円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4594059368
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※新分野(CFD)の有料メールマガジン【サトウトシオの甘辛相場展望】
のお申し込みが、7月17日から可能になりました。

【サトウトシオの甘辛相場展望】のお申し込みのページは、
この有料メールマガジンと同様に、以下のページから、となります。

『松田哲の独断と偏見の為替相場(会員限定版)』
https://www.lightwave-jp.net/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

[Information]2009.07.17

新メールマガジンのお申込みについて
「サトウトシオの甘辛相場展望」のお申込みが可能になりました。

ログイン後「メルマガ購読申込みボタン」をクリックすると
選択することができます。
「サトウトシオの甘辛相場展望」だけの、単独でのご購読も可能です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【以下詳細】

■タイトル: サトウトシオの甘辛相場展望

■発行条件:週刊 土曜日

■金額:9月は¥2,500(税込)/(配信予定数5回×¥500)/(自動継続)
(※月の配信数により、金額が変わります)

■概要:

かつてファンドマネージャーとして、
皆様の将来に重要な資金運用をしていた「サトウトシオ」が、
短期はもとより、中長期の相場見通しを「甘辛相場展望」にてお届けします。

日米株式、為替、国債、商品に至るまで幅広い分野において、
深い知識と経験をもとに、負けない投資手法を提供します。
資産運用と言う大海原で、的確な羅針盤になることを目指します。

【配信予定日】
■08月:¥2,500  (配信予定数 5回 × ¥500)
8/1(土)、8/8(土)、8/15(土)、8/22(土)、8/29(土)

■09月:¥2,000  (配信予定数 4回 × ¥500)
9/5(土)、9/12(土)、9/19(土)、9/26(土)

※課金は予定された配信についてのみされます。
サービス配信(課金されない、無料の不定期配信)もあります。

※作者(サトウトシオ氏)は、非常に意欲的です。
乞うご期待です。(松田哲の受ける印象、感想です)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

8月から、新分野(CFD)の有料メールマガジンを配信します。

著者は、ペンネーム「サトウトシオ」氏、タイトルは「甘辛相場展望」。

著者は、巨額の資金(数兆円)を実際に運用した経験を持つ
元ファンド・マネジャーです。

コンテンツは、CFD取引の中でもメインの商品となる、
米国株式、日本株式などがメイン・テーマとなります。

(今回の配信は、そのサンプルです。)

松田哲、拝

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
サンプル配信【「サトウトシオの甘辛相場展望」No.0021】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【来週の米国株市場】

第2次石油ショック以降、米国は競争力の落ちた製造業から、
生産性の高い金融サービス業へ重心を移すべく
経済構造改革を実施してきました。
とくに1990年代以降はそのスピードに拍車がかかりました。

結局、米国政府や金融当局は、「大きくて潰せない」のは、
メイン・ストリートではなく、ウォール・ストリートだと考えているようです。
今回のCIT破綻やむなしの決定は、
資産規模で昨年のリーマン・ブラザーズの10分の1の大きさで、
影響はそれほどでもないとの判断だと思われます。

別の見方をすれば、CITが破綻しても金融市場は動揺せず、
経済は回復過程にあることを証明できると、大統領府は考えているのでしょう。
政府からの圧力の有無はわかりませんが、
経済に弱気だったクルーグマン教授やルービニ教授が、
最近強気発言をしていることも注意を引きます。

CITから融資を受けていた顧客は約100万社で、
そのうち約30万社が小売業との報道があります。
金曜日には、従業員に給料が支払えなかったり、
納入業者への支払いができなかったりする会社が多いだろうと考えられます。
どのように破綻処理するのでしょうか。

CIT破綻は個人消費が落込んでいる米国経済に、
ボディー・ブローとしてじわじわと効いてくると考えられます。
その上、オバマ大統領の支持率にも今後影響を与えることだと思います。

先週、大手の金融機関は好決算を発表しました。
米国株式市場は少しリバウンドどころか急上昇し、
6月から1ヶ月続いた調整局面は見事に終了しました。
筆者は、直ちに高値追いの上昇相場入りするかは、少し疑問を持っています。
相場は夏休みではないでしょうか。

来週も決算発表は続きますが、2番手企業が多いです。
先週のような好決算ではないと考えます。
海外で収益をあげる企業ではなく、
米国内が主な活動の場になっている企業の決算は、
それほど良くないものと思われます。

重要な経済指標の発表も多くなく、
バーナンキFRB議長の議会証言が注目です。
GDP成長率を上方修正した理由は興味があります。
前述した教授達と同じような方向と時期ですから…。
金融政策では「出口戦略」の説明があるかも知れません。
市場が上下する可能性があります。

銀行はデリバティブ等の不良資産をバランス・シートに潜ませています。
これらを時価評価せずに解決するためには、
株式をはじめ資産価格を上げることしか処方箋はありません。
官民投資プログラムも当初よりもかなり小規模です。
官民あげて、表面化させたくない事実を覆い隠しているような感じがします。
どうも胡散臭いです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

(2009年07月19日東京時間00:30記述)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FX「シグナル」を先取りして勝つ!】稼ぐ人はなぜ相場の動きを読めるのか?
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774137200
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎ 質問・お問い合わせについて

相場の見通しや投資判断についてなど、個別のお問い合わせには応じかねます。
購読者の皆さまよりのご質問については、ご要望の多いものから順に、
動画や本メールマガジンの別冊などでお答えしてまいります。
下記メールアドレスまでお送りください。
matsuda.satoshi@gmail.com

また、本メールマガジンの登録解除や決済方法などについてのお問い合わせは、
下記のページからメールをお送りください。
https://www.lightwave-jp.net/member/html/contct.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【!!!ご注意!!!】
当メールマガジンに含まれる情報は、
一般的な情報提供を目的としたものであり、
最終的な投資決定は購読者ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
また、情報の内容については万全を期していますが、
正確性を保障するものではありません。
当メールマガジンの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、
一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本メールマガジンは関わるすべての権利は松田哲が有しています。
許可なく転載、複製、販売、放送、レンタルすること、
及びオークションへの出品・販売などを行うことは、
法律により禁止されていますのでご注意ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行人                松田哲
■発行人ウェブサイト    松田哲のフォレックス・ディーラー物語
http://www.d4.dion.ne.jp/?smatt/
■発行人メールアドレス  matsuda.satoshi@gmail.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※メールマガジンの購読中止について
購読を中止される場合には、
毎月20日までに「会員メニュー」の「購読履歴」から
「購読中止」の申し込みを行ってください。
20日までに購読中止の申し込みをされた場合は
翌月以降の配信、課金を中止いたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

にほんブログ村 為替ブログへ

外為ランキング

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

ポプログ人気fxブログランキング

| | コメント (0)

« 2009年7月12日 - 2009年7月18日 | トップページ | 2009年8月2日 - 2009年8月8日 »