« 2009年3月15日 - 2009年3月21日 | トップページ | 2009年3月29日 - 2009年4月4日 »

2009年3月27日 (金)

【『小掬い商い(スキャルピング)』は、しない方が良い】

2009jan05_ban_acefx_486_60_2 http://www.tradersshop.com/bin/showprod?c=9784775962473

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FX「シグナル」を先取りして勝つ!】稼ぐ人はなぜ相場の動きを読めるのか?
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774137200
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2009年03月27日号
【『小掬い商い(スキャルピング)』は、しない方が良い】
---2009年03月26日東京時間11:40記述---

『小掬い商い(こすくいあきない)』という言葉がある。

例えば、マーケットで買い気配が強い時に、買いから入って、
短時間(数秒~数分程度)で、
1、2ポイントから数ポイント程度の利益を狙って、
売り逃げるような売買のやり方。

こういった売買手法を、英語では、『スキャルピング(Scalping)』と言う。

相場の動きは不測なものだから、目先の少額の利益を狙って売買しても、
結果として思惑が外れて、大きく損をすることもよくある。

それで、英語の『スキャルピング(Scalping)』も、
日本語の、『小掬い商い』も、よく考えずに、目先の利益を狙う売買手法、
といった『軽蔑した・小バカにした』ニュアンスを含んでいる。

『小掬い商い』はしない方が良い。

『スキャルピング(Scalping)』の語源にも触れておこう。

北米先住民(アメリカ・インディアン)は戦利品として、
敵の頭の皮を剥ぎ取った。

"Scalp" は、その剥ぎ取った頭髪のついた頭皮のこと。

『薄く頭皮を剥ぐ』という意味から転じて、
ディーリングで、薄く利鞘を剥ぐように、稼ごうとする売買手法を、
『スキャルピング』と呼ぶ。

このところのマーケット(ドル/円)を見ても、
先週の3月19日(木)は、98円台から93円台にまで大きく急落した。

ところが、安値[93.50-55]レベルから、反転急騰して、
今週には、早々に、98円台にまで戻ってしまった。

98円台に戻してからは、概して97円台から98円台で上下動を繰り返している。

昨日(3月25日)のニューヨーク市場では、
ガイトナー米国財務長官の発言で乱高下があった。

ガイトナー米国財務長官が、
中国提案の、SDR(特別引出権)を世界的な基準通貨とする意見に
賛同する発言が伝わると、
マーケットは、「ドルの基軸通貨体制が揺らぐのではないか?」と心配した。

すると、ドル/円は、98・00アラウンドから急落して、
97.00を割れ、96円台後半を見ている。

しかし、ガイトナー氏が、「ドルの基軸通貨は変わらない」
と発言の趣旨を説明すると、
今度は96円台後半から98・00アラウンドまで急騰している。

こういう値動きを見ると、
文頭の『小掬い商い(スキャルピング)』をしたくなるものだ。

しかし、膠着感のある「持ち合い相場」は、ポジションの調整中で、
大きく動く前の小動きであるケースが多い。
『小掬い商い(スキャルピング)』などは、しない方が良い。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

(2009年03月26日東京時間11:40記述)

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

にほんブログ村 為替ブログへ

外為ランキング

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

ポプログ人気fxブログランキング

| | コメント (0)

« 2009年3月15日 - 2009年3月21日 | トップページ | 2009年3月29日 - 2009年4月4日 »