« 【東洋経済の主要証券・実力ランキング】 | トップページ | 【松田哲FXスペシャルセミナー】----9月26日(土)有料セミナー開催-- »

2009年9月 4日 (金)

【有料版のサンプル配信】----本日(9月4日)のコンテンツをディレイ配信します--

http://www.tradersshop.com/bin/showprod?c=9784775962473

2009年09月04日号
【有料版のサンプル配信】
----本日(9月4日)のコンテンツをディレイ配信します--

以下は、本日(9月4日)の【東京時間15:34】に記述配信した
内容(コンテンツ)です。

※直近の値動きに関しても、米国雇用統計の結果の値動きを見て、
 記述したものではありません。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※ちなみに、
本日(9月4日)の【東京時間21:30】に発表された米国雇用統計は、
以下の通りでした。

8月失業率
結果:9.7%
予想:9.5%
前回:9.4%

8月非農業部門雇用者数
結果:-21.6万人
予想:-23.0万人
前回:-24.7万人

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

有料版では、ドル/円、ユーロ/円に関しては、
それぞれ別にメルマガを配信しています。

今回の以下のコンテンツは、ユーロ/ドルに関するコンテンツです。

また、有料版メルマガでは、チャートを添付していますが、
[まぐまぐのメルマガ]には、チャートを添付する機能がありませんので、
このメルマガには、チャートを添付していません。

恐縮ですが、チャート添付を希望される方は、
[ライトウェーブ版/有料メルマガ]
【松田哲の独断と偏見の為替相場(会員限定版)】
をお申し込みください。
(月額基本料金は、3,000円です。定期配信日数により3,375円になります。)
https://www.lightwave-jp.net/

■■■以下添付■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

From 松田 哲 <matsuda.satoshi@gmail.com>
To matsuda.satoshi@gmail.com

日付 2009年9月4日15:34
件名 【松田哲の独断と偏見の為替相場(会員限定版)】
[2009年09月04日](Part3)(Vol.00226)【ユーロ/ドル(EUR/USD)】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フォレックス・ディーラー物語
【松田哲の独断と偏見の為替相場(会員限定版)】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[2009年09月04日](Part3)(Vol.00226)

いつもご購読ありがとうございます。松田哲です。
『松田哲の独断と偏見の為替相場(会員限定版)』をお送りします。

今回の配信は、金曜日の定期配信分(About EUR/USD)です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
∞∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ライトウェーブ版/有料メルマガ]
【松田哲の独断と偏見の為替相場(会員限定版)】
この有料メルマガのお申込み ⇒ https://www.lightwave-jp.net/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞∞
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
新分野(CFD)の有料メルマガ【サトウトシオの甘辛相場展望】は、
この有料メルマガと同様に、以下のページからのお申込み頂けます。

【松田哲の独断と偏見の為替相場(会員限定版)】
https://www.lightwave-jp.net/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ユーロ/ドル(EUR/USD)】(その1)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

本日(9月4日金曜日)は、
ニューヨーク市場で米国雇用統計(米国失業率)の発表が控えています。

だから、基本的に、本日の東京市場、ロンドン市場は、動かないだろう、
と考えます。

ニューヨーク市場で発表される米国雇用統計
(米国失業率と非農業部門雇用者数)が、
事前予想よりも悪ければ、
ユーロ/ドルは、基本的には、「ユーロ買いドル売り」になるでしょう。

事前予想よりも良ければ、
ユーロ/ドルは、基本的には、「ユーロ売りドル買い」になるはずです。

現在(9月4日金曜日東京時間15:00)のユーロ/ドルは、
[1.4250]アラウンドにあります。

事前予想よりも、数字が良いとか、悪いとか言っても、
その程度にもよりますし、どのくらい影響があるのか、
米国雇用統計(米国失業率)の数字次第ですから、
事前には、なんとも予想し難いことです。

また、米国雇用統計(米国失業率と非農業部門雇用者数)が、
事前予想よりも悪い場合は、『ユーロ/円で売り圧力』がかかります。

その場合は、『ユーロ/ドル』にも『売り圧力』がかかります。

つまり、米国雇用統計(米国失業率と非農業部門雇用者数)が、
事前予想よりも悪い場合は、
本来は、『ユーロ/ドル』に『買い圧力』がかかるのですが、
『ユーロ/円』が下落すれば、『ユーロ/ドル』に『売り圧力』がかかる、
ということです。

前回(8月の米雇用統計)が、事前予想よりも良かったとはいえ、
非農業部門雇用者数(NFP)は、マイナス(減少)ですし、
失業率は、9%台で、最悪のレベルにあります。

今回(本日9月の米雇用統計)が、
前回(8月)のように、多少、事前予想よりも良くても、
前回(8月)のようにはならないのではないか、と考えます。

そして、本日(9月4日)のドル/円のコメントで記述しましたが、
今回(本日9月の米国雇用統計)が、事前予想よりも悪ければ、
ドル/円は、急落する可能性がある、と考えています。

つまり、本日(9月4日)の米国雇用統計(米国失業率)は、
ドル/円の「売り材料」にはなるが、
ドル/円の「買い材料」にはならない、と考えます。

今回(本日9月の雇用統計)が、事前予想通りであれば、
非農業部門雇用者数(NFP)は、マイナス(減少)で、
失業率は、9%台での最悪のレベル、
なおかつ、失業率は、10%に向かう悪化傾向が鮮明になります。

つらつらと、そう考えていくと、本日の米国雇用統計(米国失業率)は、
ドル/円の「売り材料」と考えておけば良いことになります。

そう考えると、
仮に、米国雇用統計(米国失業率と非農業部門雇用者数)が、
事前予想よりも悪い場合は、ユーロ/ドルは上昇するのでしょうが、
『結果的に、それ程、上昇しない』といったことになるのではないか、
と思量します。

逆に、米国雇用統計(米国失業率と非農業部門雇用者数)が、
事前予想よりも良い場合は、ユーロ/ドルは下落するのでしょう。

そう考えると、
現在のユーロ/ドルのボックス相場の上限である[1.4450]を
上に抜けるの難しいのではないか、といった結論になります。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ユーロ/ドル(EUR/USD)】(その2)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ユーロ/ドルに関しては、考え方に変化がありません。

(時間の経過で、チャート・ポイントのレートは、
徐々に変化していますが、大局的な考え方は、変わりません。)

※このところのユーロドルは、1.3750~1.4450程度の「ボックス相場」です。
値動きがボックスの範囲内ですので、これまでに既述したことと同じです。
(考え方に変化がありません)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■ユーロ/ドルは、何故だか分からないが、
700ポイントで「ボックス相場」を形成するケースが多い。
(経験則上、『700ポイントのボックス相場』を多々発見する)

■このユーロ/ドルの『700ポイントのボックス相場』に関しては、
今までに上梓した本に、随所で記述している。

■今回も、また、『700ポイントのボックス相場』を形成している。

※今年(2009年)の5月頃から現在(9月上旬)に至るまで、
『700ポイントのボックス相場』を形成しているが、
『この「ボックス相場」が、いつまで続くのか?』は、誰にも分からない。
まだ、何ヶ月か持続するのかも知れないし、
今日、明日にも「ボックス相場」を放れるのかも知れない。

※ただし、未来永劫持続する「ボックス相場」は無い。
現在、約3ヶ月、上記ボックスが継続したので、
近いうちにこの「ボックス相場」を放れると考えるのが妥当だろう。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■前回に、ユーロ/ドルの『700ポイントのボックス相場』が、
非常に気になった時は、
2008年3月から2008年8月の約5ヵ月間続いた『ボックス相場』。

■2008年3月から2008年8月の『700ポイントのボックス相場』の
下限は、1.5300アラウンド(正確には、1.5280アラウンド)、
上限は、1.6000アラウンド(正確には、最高値は、[1.6035-40]だった)。

■2008年3月から2008年8月の『700ポイントのボックス相場』を下に放れて、
ユーロ/ドルが大きく下落したことは記憶に新しい。

※『今回も同様になるか、否か?』は、分からない。
その可能性もあるし、
ボックスをブレイクした場合の、通常のセオリーに従って、
『ボックスの値幅分、放れた方向に動くこと』だけを意識するべきなのか、
事前には判断できない。

※『まず、セオリーに従う』といった対応が良いでしょう。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●添付の「ユーロ/ドル(EUR/USD)日足チャート」
(2009Sep04-EURUSD-Daily)をご覧ください。

ユーロ/ドルは、今年(2009年)の5月頃から現在(9月上旬)に至るまで、
下限1.37台ミドル、上限1.44台ミドルの「ボックス相場」を形成している。

※【緑の水平線(破線)】で、
ボックスの下限1.37台ミドル、上限1.44台ミドルを表示

ユーロ/ドルは、『700ポイントのボックス相場』を形成することが多い。

※その理由(700ポイントでボックスを作る理由)は、分からない。
個人的には、理由など無いのかも知れないし、どうでもよい、と考えるが。

今年(2009年)の2月~3月頃から、
ユーロ/ドルが上昇した際のサポート・ラインを
【ピンクの破線(太線)】で表示した。

便宜的に、
【ピンクの破線(太線)】の平行線を、【ピンクの破線(細線)】で表示した。

ユーロ/ドルは、今年(2009年)の2月~3月頃から、半年近くにわたり、
【ピンクの破線(太線)】で示したサポート・ラインに従って、上昇している。

このサポート・ラインが、ブレイクされるまでは、
【ピンクの破線(太線)】と【ピンクの破線(細線)】で表示した
領域の範囲内で推移している。

今年(2009年)の2月~3月頃から、半年近くにわたる、
ユーロ/ドルの上昇スピードは、この『傾き』であった。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ユーロ/ドルが、この『傾き』に従って上昇を続けるならば、
レジスタンス[1.4450]を上に抜けることになる。
かつまた、その上にもレジスタンス[1.4720]が控えている。

※今回の添付チャートでは、時間が経過したことで、
昨年(2008年)12月の戻り高値[1.4720]が含まれていないが、
[1.4720]が、レジスタンスであることに変わりはない。

個人的には、
『この二つのレジスタンスを、両方とも上に抜けるのは、
難しいのではないか?』
と考えている。

ただし、それは、個人的な『相場観、思惑』に過ぎない。

(個人的な『相場観、思惑』に過ぎない、と理解していますが、
そう考えていることも事実です。)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

『今年(2009年)の2月~3月頃から上昇した際のサポート・ライン』の
現在のレートは、[1.4060-80]レベル。

※このところのコメントで、同じ記述を繰り返していますが、
為替レートは、徐々に変化しています。その点に留意してください。
比較すればわかるように、意図的に、このような書き方をしています。

だから、
『本日の時点で考えるならば、[1.4050]アラウンドを割り込むか、否か?』
に注目すれば良いことになる。

■このサポート・ラインは、右上がりだから、先日付に進めば、
[1.4060-80]レベルから、徐々に切り上がることに留意する。

その下は、『ボックスの下限』だから、1.37台ミドルに注目すれば良い。

■それは当然ながら、
上記、[1.4060-80]レベルが割れてから、意識すれば良いことだが・・・。

■この『700ポイントのボックス相場』は、居心地が良くて、
思っているよりも、長く持続する可能性もある。

そう思って油断すると、突然にブレイクすることがある・・・。
だから、そういった相場に対する思い込み、は、本来、禁物だが。

『相場の大きさ(値幅・振幅)』と『相場の長さ(継続時間)』は、
誰にも、事前にはわからない。

その大原則を、忘れないように、肝に銘じていますが・・・。

※だから、今日、どちらにブレイクしても、
驚かないように、構えていますが・・・

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

(2009年09月04日東京時間15:00記述)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FX「シグナル」を先取りして勝つ!】稼ぐ人はなぜ相場の動きを読めるのか?
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774137200
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FX短期売買の教科書】練習問題付きでFX短期売買のすべてがわかる!
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:扶桑社 ■1,575円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4594059368
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎ 質問・お問い合わせについて

相場の見通しや投資判断についてなど、個別のお問い合わせには応じかねます。
購読者の皆さまよりのご質問については、ご要望の多いものから順に、
動画や本メールマガジンの別冊などでお答えしてまいります。
下記メールアドレスまでお送りください。
matsuda.satoshi@gmail.com

また、本メールマガジンの登録解除や決済方法などについてのお問い合わせは、
下記のページからメールをお送りください。
https://www.lightwave-jp.net/member/html/contct.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【!!!ご注意!!!】
当メールマガジンに含まれる情報は、
一般的な情報提供を目的としたものであり、
最終的な投資決定は購読者ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
また、情報の内容については万全を期していますが、
正確性を保障するものではありません。
当メールマガジンの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、
一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本メールマガジンは関わるすべての権利は松田哲が有しています。
許可なく転載、複製、販売、放送、レンタルすること、
及びオークションへの出品・販売などを行うことは、
法律により禁止されていますのでご注意ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行人                松田哲
■発行人ウェブサイト    松田哲のフォレックス・ディーラー物語
http://www.d4.dion.ne.jp/?smatt/
■発行人メールアドレス  matsuda.satoshi@gmail.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※メールマガジンの購読中止について
購読を中止される場合には、
毎月20日までに「会員メニュー」の「購読履歴」から
「購読中止」の申し込みを行ってください。
20日までに購読中止の申し込みをされた場合は
翌月以降の配信、課金を中止いたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

にほんブログ村 為替ブログへ

外為ランキング

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

ポプログ人気fxブログランキング

|

« 【東洋経済の主要証券・実力ランキング】 | トップページ | 【松田哲FXスペシャルセミナー】----9月26日(土)有料セミナー開催-- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【東洋経済の主要証券・実力ランキング】 | トップページ | 【松田哲FXスペシャルセミナー】----9月26日(土)有料セミナー開催-- »