« 2008年2月10日 - 2008年2月16日 | トップページ | 2008年2月24日 - 2008年3月1日 »

2008年2月22日 (金)

【松田哲のFX投資戦略セミナー申し込み】---是非、ご参加ください!!---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  ◆◇ 松田哲の2008年度FX投資戦略セミナー ◆◇
  -----扶桑社新刊『FXの教科書』---直筆署名入り新刊本即売会-----
  ■会場:東京国際フォーラム(G701会議室)
  ■日時:2008年3月29日(土)14:00~     ■会費:8,000円
→ http://smatt.hp.infoseek.co.jp/2008Mar29-seminar.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
★オクトキュービック★女性のためのトレード実践講座! in 赤坂
「為替相場の読み方」 【講師:松田哲】 2月28日(木)19:00~20:30
→ http://www.gaitame-j.jp/eventseminar/detail_20080228.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2008年02月21日号Part2
【松田哲のFX投資戦略セミナー申し込み】
---是非、ご参加ください!!---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人   ***
宛先   seminar.only@gmail.com   
日付  2008/02/15 20:48   
件名  松田哲のFX投資戦略セミナー申し込み   

前略

セミナーのお知らせありがとうございます。
参加いたしますので宜しくお願い致します。

氏名:******
住所:〒***-**** ******
メールアドレス:******@******.ne.jp

以上

******

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人   松田哲 <seminar.only@gmail.com>
宛先   ***
日付  2008/02/16 11:05   
件名  Re: 松田哲のFX投資戦略セミナー申し込み   

******さま

お申し込み、誠に、ありがとうございます。

お振込みを確認の上、入場券をご郵送いたします。

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松田 哲
【フォレックス・ディーラー物語】
http://www.d4.dion.ne.jp/~smatt/
メール: satoshi.matsuda2007@gmail.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人   松田哲 <seminar.only@gmail.com>
宛先   ******@******.ne.jp   
日付  2008/02/21 20:32   
件名  ご入金を確認いたしました   

******さま

ご入金を確認いたしました。
後日、入場券をお送りいたします。

取り急ぎ、ご報告まで。
松田哲、拝

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松田 哲
【フォレックス・ディーラー物語】
http://www.d4.dion.ne.jp/~smatt/
メール: satoshi.matsuda2007@gmail.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人   ***
宛先   松田哲 <seminar.only@gmail.com>   
日付  2008/02/21 23:53   
件名  Re: ご入金を確認いたしました   

松田哲 先生

ご連絡ありがとうございます。
先生御自信よりのメールをいただけるとは思っていませんでした。

FXを本格的にはじめてから約3年。
ドル・円、ユーロ・ドル、ユーロ・円を中心に取引しています。
先生の書籍は3冊読み、為替取引の基礎、考え方を教えていただきました。
そしてメルマガで直近の相場環境を知り、取引しています。
大儲けもありませんが大損もしません。淡々と実践しています。
先生のセミナーに参加するのは今回で4回目です。
熱血漢あふれ実績に基づいた本音の話は大変インパクトがあり
為替に対する正しい取り組み方を習得できるばかりでなく
モチベーションが持続できます。

3月下旬の投資環境が変化しているかと思いますが、
どのようなお話があるか楽しみにしています。
どうぞ宜しく御願い申し上げます。

******

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【外貨崩落】[生き残る人は知っているもう1つのシナリオ]
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【「円キャリー・トレード」は、現在、崩壊中】---USD/JPYを、EUR/JPYやAUD/JPYにシフト(資金移動)させている---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  ◆◇ 松田哲の2008年度FX投資戦略セミナー ◆◇
  -----扶桑社新刊『FXの教科書』---直筆署名入り新刊本即売会-----
  ■会場:東京国際フォーラム(G701会議室)
  ■日時:2008年3月29日(土)14:00~     ■会費:8,000円
→ http://smatt.hp.infoseek.co.jp/2008Mar29-seminar.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
★オクトキュービック★女性のためのトレード実践講座! in 赤坂
「為替相場の読み方」 【講師:松田哲】 2月28日(木)19:00~20:30
→ http://www.gaitame-j.jp/eventseminar/detail_20080228.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2008年02月21日号
【「円キャリー・トレード」は、現在、崩壊中】
---USD/JPYを、EUR/JPYやAUD/JPYにシフト(資金移動)させている---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ドル金利は、昨年の9月から、わずか4ヶ月で、
[5.25%]から、[3.0%]にまで、急激に利下げされた。

すでに、[2.25%]の利下げが実施されている。

今後も、ドル金利の引き下げは実施されることになる(と、考えている)。

円金利は変化が無い。[0.5%]のまま、据え置かれている。

だから、日米金利差は、[4.75%]から、[2.5%]に縮まっている。

なおかつ、今後もドル金利の利下げが実施されれば、
日米金利差は、さらに、縮まることになる。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

この間、ユーロ(EUR)の金利は、[4.0%]のまま据え置きされている。

ユーロ(EUR)の金利は、昨年の6月(2007年6月6日)に、
[3.75%]から[0.25%]引き上げが実施されて、その後、変更されていない。

だから、円とユーロの金利差は、[3.5%]のまま変わっていない。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

オーストラリア・ドル(豪ドル)の金利は、
今月(2008年2月5日)、[0.25%]の引き上げが実施された。

オーストラリア・ドル(豪ドル)の金利は、
[6.75%]から[7.0%]になっている。

だから、円とオーストラリア・ドル(豪ドル)の金利差は、
[6.25%]から、[6.5%]に広がっている。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

こういった金利差を志向する市場参加者は、
ドル/円でのロング(買い持ち)を、
ユーロ/円やオーストラリア・ドル/円(豪ドル/円)のロング(買い持ち)に
シフト(資金移動)させている。

そういった傾向があることは、ごく最近の値動きから、見ることができる。

換言すれば、
ドル/円での「円キャリー・トレード」から、
ユーロ/円やオーストラリア・ドル/円(豪ドル/円)での
「円キャリー・トレード」に資金シフトが起こっている、
と言える。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

しかし、「円キャリー・トレード」は、現在、崩壊中だと考えている。
それは、現在進行形であり、徐々に崩れている印象だ。

まず、ドル/円での「円キャリー・トレード」から、崩れだしている。

本格的な、「円キャリー・トレード」の崩壊となれば、
ユーロ/円やオーストラリア・ドル/円(豪ドル/円)などの、
クロス円取引における「円キャリー・トレード」の崩壊にもつながるから、
上述の、
『ユーロ/円や
 オーストラリア・ドル/円(豪ドル/円)のロング(買い持ち)に
 シフト(資金移動)させている』
といった行動も、タイム・ラグ(時間の違い)があるだけで、
たいして意味のあることではない、と考えている。

つまり、本格的な、「円キャリー・トレード」の崩壊の場合は、
まず、ドル/円が、先行するパターンになるのだろう、と考えている。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【外貨崩落】[生き残る人は知っているもう1つのシナリオ]
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2008年2月21日 (木)

【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  ◆◇ 松田哲の2008年度FX投資戦略セミナー ◆◇
  -----扶桑社新刊『FXの教科書』---直筆署名入り新刊本即売会-----
  ■会場:東京国際フォーラム(G701会議室)
  ■日時:2008年3月29日(土)14:00~     ■会費:8,000円
→ http://smatt.hp.infoseek.co.jp/2008Mar29-seminar.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
★オクトキュービック★女性のためのトレード実践講座! in 赤坂
「為替相場の読み方」 【講師:松田哲】 2月28日(木)19:00~20:30
→ http://www.gaitame-j.jp/eventseminar/detail_20080228.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2008年02月20日号
【マーケット・コメント】
---ドル/円(USD/JPY)---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2月19日(火)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
108円台前半---[108.15-20]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

午前中から、昼過ぎまでの東京市場は、ほとんど値動き無く、
概して、108円台前半での小動き。

東京市場午後になって、
中国がインフレ対応策に人民元の利上げを実施するといった観測を材料に、
「ドル売り円買い」となった。
ドル/円(USD/JPY)は、107円台後半に下落した。

ロンドン市場になって、さらに、
中国人民銀行が通貨の柔軟性を進めることをあらためて表明したことから、
ドル/円(USD/JPY)は、107円台前半に急落した。

2月19日(火)のニューヨーク市場の朝方は、
ドル/円(USD/JPY)は、急落後のリバウンド(上昇)気味に推移し、
107円台ミドルに小戻ししている。

この日のニューヨーク市場では、概して107円台での持ち合い。
2月19日(火)のニューヨーク・クローズは、107円台後半程度。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2月20日(水)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
107円台後半---[107.90-95]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

2月20日(水)の東京市場午前中のドル/円(USD/JPY)は、ドル堅調に推移。
[108.00]を挟んだ辺りでの上下動。

東京市場の夕方になって、ロンドン勢が参加してくると、
「円買い」が進み、107円台ミドルに下落した。

ロンドン市場になって、
107円台ミドルからドル売りの追随が無かったことから、
107円台後半にリバウンド(ドル上昇)。

2月20日(水)のニューヨーク市場は、
再び、[108.00]を挟んだ辺りでの上下動。
ニューヨーク市場の午前中は、クロス円が、若干の、売り気配に推移している。

2月20日(水)のマーケット(外国為替市場)は、概して、持ち合い。
取り立てて、変化も無い。

基本的には、「サブプライム・ローン問題」に伴う状況に変化が無い。
しかし、ドルを売り込む材料にも欠けている。もみ合い中といったところ。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【外貨崩落】[生き残る人は知っているもう1つのシナリオ]
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2008年2月20日 (水)

2008Feb20【ひとりごと】Part2---税金は、誰のもの?---

2008Feb20【ひとりごと】Part2---税金は、誰のもの?---

ついでながら、「イージス艦と漁船の事故」のニュースは、
外国為替市場(外国為替レート)に影響を与えない。

防衛省の対応のまずさ(=連絡の遅れ、など)は、
福田政権の支持率を落とす、などの影響を与えるだろうが、
それは、有事体勢の不備を示すものだけで、
「イージス艦と漁船の事故」程度のニュースでは、
「外国為替レート」に関係ない。

こういったニュースが流れると、「円売り材料」にしたがる向きが出てくるが、
そういった「こじつけ」の思惑(=ポジション・トーク)に、
惑わされてはいけない。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  ◆◇ 松田哲の2008年度FX投資戦略セミナー ◆◇
  -----扶桑社新刊『FXの教科書』---直筆署名入り新刊本即売会-----
  ■会場:東京国際フォーラム(G701会議室)
  ■日時:2008年3月29日(土)14:00~     ■会費:8,000円
→ http://smatt.hp.infoseek.co.jp/2008Mar29-seminar.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2008Feb20【ひとりごと】---税金は、誰のもの?---

2008Feb20【ひとりごと】---税金は、誰のもの?---

イージス艦と漁船の事故が報道されている。

漁船に乗っていた二人は、行方不明。
事故が起きたのは、19日早朝だから、1日以上経った。
冬の海だから、人命は絶望だろう。

この事故の責任は、イージス艦側にあるようだ。

事故原因を追究しなければ、簡単には決め付けることはできないが、
事故原因がイージス艦にあるのならば、どのように、その補償を行うのか?

亡くなった人は生き返らない。遺族に、お金を払うことになる。

そうなると、そのお金は、『防衛省=日本国』が、払うことになる。

すなわち、税金で、遺族に損害賠償のお金を支払うことになる。

しかし、そんなことに、税金を支払うのは、納得がいかない。

支払われた税金(=補償金額)を、
この事故の責任者(=イージス艦の責任者、防衛省の責任者、国家の責任者)
から、返還してもらいたいものだ。

国家が起こした事故の責任の補償で、
とりあえず、税金を使うことは、遺族への補償として、仕方が無いだろう。

しかし、支払った税金は、本来は、
その事故を起こした責任者が支払うべきもの。

だから、国(日本国)は、事故の責任者に、
支払った賠償金の返還を請求をするべきものだ、と考える。

とにかく、人命の補償に、税金を使うのは、立て替えるだけにして欲しい。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  ◆◇ 松田哲の2008年度FX投資戦略セミナー ◆◇
  -----扶桑社新刊『FXの教科書』---直筆署名入り新刊本即売会-----
  ■会場:東京国際フォーラム(G701会議室)
  ■日時:2008年3月29日(土)14:00~     ■会費:8,000円
→ http://smatt.hp.infoseek.co.jp/2008Mar29-seminar.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2008年2月19日 (火)

【4年前に書いたコメントを再送】---中国元(CNY)の為替レート---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  ◆◇ 松田哲の2008年度FX投資戦略セミナー ◆◇
  -----扶桑社新刊『FXの教科書』---直筆署名入り新刊本即売会-----
  ■会場:東京国際フォーラム(G701会議室)
  ■日時:2008年3月29日(土)14:00~     ■会費:8,000円
→ http://smatt.hp.infoseek.co.jp/2008Mar29-seminar.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
★オクトキュービック★女性のためのトレード実践講座! in 赤坂
「為替相場の読み方」 【講師:松田哲】 2月28日(木)19:00~20:30
→ http://www.gaitame-j.jp/eventseminar/detail_20080228.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
上田ハーローFX【WEB】FX特別セミナー「外国為替相場で勝つためには」
http://uedaharlowfx.weblogs.jp/fx/2008/01/webfx-e7a6.html
■講師:松田哲 ■2008年2月20日(水)■21時00分~22時00分(60分)
■費用:無料   ■参加資格:会員様限定(抽選で200名様)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2008年02月19日号Part2
【4年前に書いたコメントを再送】
---中国元(CNY)の為替レート---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2004年のことですが、中国元(人民元)に関して、
読者の方からご質問をいただきました。

本日(2008年2月19日)、人民元が、
マーケット(外国為替市場)で話題に上りましたが、
例え、4年前であろうと、考え方に何ら変化がありません。

だから、ホームページ上で、2004/04/30(金) 以来、
そのまま、掲載しています。
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/2004Apr30.htm

改めて、本日(2008年2月19日)のメールマガジンで、
そのまま、再配信いたします。

4年前に書いたコメントであることも、斟酌の上、是非、再読してください。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■ 【読者の方からのご質問】 2004/04/30(金)
―――中国元(CNY)の為替レート―――

 中国元がペッグ制(固定相場制)から変動相場制に変更した場合、
 いったいいくらが適正レートなのでしょうか?

読者の方からご質問を頂きました。

『中国元(CNY)の為替レート』に関しては、
非常に読者の皆様の関心が深いと感じています。
それで、ここに、頂いたメールとそのお返事を
ご紹介しようと思います。

追伸:
このところ、諸事忙しく、頂いたメールに十分な対応ができていません。
メールをくださった方々に、必ずしも、お返事ができていないことの、
お詫びを申し上げます。

しかし、同時に、頂いたメールには、必ず目を通していることを
ご報告申し上げます。なにとぞご容赦ください。

♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯

-----Original Message-----
From: ****
Sent: Tuesday, April 27, 2004
To: smatt@d4.dion.ne.jp
Subject: 中国元の為替レート問題について質問です。

いつもメルマガ楽しく拝見させていただいております。
今、ちょうど取り上げていただいている話題の中で、中国元についてです。
各機関、各方面、各国で中国元のペッグ制(固定相場制)から
変動相場制に変更したほうが良いというような意見が多々聞かれます。
では、今現在はどのくらいの水準のレートであるべき
といっているのでしょうか?
多分かなりのスピードで発展してきた中国経済が、
今のレ-トでは過小評価されている。
本来ならば、これだけ目覚しい発展を遂げてきて経済が順調ならば、
もう少し通貨中国元が強くないとおかしいということだと思います。
もちろん中国政府としては、そういった外圧は承知の上、
自国の経済の安定的な発展に不可欠な貿易、なかんずく輸出に配慮して、
今の中国元安の状態をペッグしておきたいとの思惑があるのかと思います。

そうした中、一概に決定はできないとは思いますが、
現状中国元とドルの為替レートがいくらぐらいならば
フェアーな水準なのでしょうか?(中国元と円のレートも)

中国元の為替レート問題については、いろんな場面で、よく出てきますが、
今、どのレートでペッグされていて、どのレートならOKというようなことが
全然聞かれないので質問させていただきました。
それと、今度から某外国為替証拠金会社で中国元の取り扱いが、
始まるとのことでしたので、興味がありメールしました。

よろしくお願いいたします。

****

♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯♯

----- Original Message -----
From: 物語
To: ****
Sent: Friday, April 30, 2004
Subject: From フォレックス・ディーラー物語

****さま

メールありがとうございます。

♪♪♪♪♪♪♪

中国元(CNY)がペッグされているのは、あくまでも対ドル(USD)であって、
それ以外の通貨に関しては、相対的にしか決定しないことに
留意する必要があります。

まず、現在の中国元(CNY)レートは、対ドルで[8.2770]アラウンドです。
これは、[1ドル=8.2770中国元]という意味です。

中国元が変動相場制に移行する場合には、
個人的には、1985年の「プラザ合意」を参考に考えています。

♪♪♪♪♪♪♪

実のところ、固定相場から変動相場に移行しても、
それがどのくらいの影響になるのかは、相場が(市場が)決める事で、
事前には、誰にも分かりません。
中国の中央銀行の要人であろうと、アメリカの大統領であろうと、
誰にも、分からないのです。

だから、変動する相場の制度なのです。

当たり前のことなのですが、分からないことを、
分からないと堂々と宣言するのが、正しい態度であり、
正しい答えだ、と考えています。

しかし、『絶対に、誰にも分からない』といったことを前提にしても、
「それでも、いったい、どれくらいなのだろうか?」を知りたいのだ、
といったご質問と解釈して、
あえて、上述のごとく、「プラザ合意」のことを例示しました。

1985年9月の「プラザ合意」では、分かりやすく言えば、
プラザ合意後約2年間で、円の価値は倍になりました。

別な言い方をすれば、約2年間で、ドルの価値は、対円で半分になりました。

もっと具体的に言いましょう。
1985年9月のプラザ合意直前のドル円レートは、
[1ドル=240円]程度だったのですが、
1987年12月には、[1ドル=120円]程度になっています。

♪♪♪♪♪♪♪

繰り返しますが、変動相場制における通貨変動(価格変動)は、
マーケット(市場)が決める事です。
しかし、他に比べるべきもの、参考になるものがないので、
過去に起こった出来事を思い起こしているだけです。

米国の対中国の通貨政策を考えると、
プラザ合意のころの日米関係と状況が似ている、と感じています。

そう考えると、現在の[1ドル=8.2770中国元]が、
[1ドル=4.0000中国元]アラウンドになるのだろう、
と漠然と考えています。

♪♪♪♪♪♪♪

中国元(CNY)の対円レートに関しては、正直なところ、言い様がありません。

たぶん、中国元が変動相場制に移行すれば、ほぼ、あらゆる通貨に対して、
中国元が高くなるだろう、と考えていますが、
それだけではなく、中国元が対ドルで強くなる場合には、
ドル/円にも円高圧力がかかるだろう、と考えているからです。

現在の、中国元の対円レートは、次の計算式で求められます。

(ドル/円レート)÷(ドル/中国元レート)

つまり、現在のレート(2004年4月30日のドル円レート)を使って、
ドル/円が、110円だとします。
すなわち、[1ドル=110.00円]だとします。

ドル/中国元は、8.2770中国元です。
すなわち、[1ドル=8.2770中国元]です。

そうすると、

 110.00 ÷ 8.2770 = 13.2898・・・

中国元の対円レートは、約13円29銭(13.29円)ということになります。

ドル/円が110.00アラウンドで動かないままで、
現在の[1ドル=8.2770中国元]が、[1ドル=4.0000中国元]アラウンドに
変化すると仮定すると、

 110.00 ÷ 4.0000 = 27.50

という計算になりますから、
中国元の対円レートは、27円50銭(27.50円)に上昇する事になります。

しかし、これは、机上の空論でしょう。

中国元が変動相場制を採択する場合には、対ドルで中国元高になるでしょうが、
その際には、同時に円高にもなるだろう、と考えています。

中国元の上昇の方が、円高の圧力よりも強いでしょうから、
相対的に、対円でも中国元高になる、と考えていますが、
例えば、ドル/円でも[1ドル=90円]の円高になった、と仮定すると、

 90.00 ÷ 4.0000 = 22.50

中国元の対円レートは、22円50銭(22.50円)となります。

ドル円レートがもっと円高に動いてしまえば、
中国元の対円レートでの変動は、相対的に小さくなります。

♪♪♪♪♪♪♪

しかし、こういったことは、現在の状況で、こういうことが起こったら、
といった、あくまでも『仮定』に過ぎません。

実際に、中国元(CNY)が変動相場制を採択するといった事実が起こった際の、
直前のマーケット・レートがいくらであるか、
事前には、誰にも予想ができないのですから、
現実問題としては、『絶対的に予測不可能』が正しい答えなのです。

その点を踏まえた上での、ご参考になさってください。
内容的には、間違ったことを述べているわけではない、と考えています。

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松田 哲
【フォレックス・ディーラー物語】
http://www.d4.dion.ne.jp/~smatt/
メール: mailto:smatt@d4.dion.ne.jp

メールマガジン【独断と偏見の為替相場】
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【外貨崩落】[生き残る人は知っているもう1つのシナリオ]
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  ◆◇ 松田哲の2008年度FX投資戦略セミナー ◆◇
  -----扶桑社新刊『FXの教科書』---直筆署名入り新刊本即売会-----
  ■会場:東京国際フォーラム(G701会議室)
  ■日時:2008年3月29日(土)14:00~     ■会費:8,000円
→ http://smatt.hp.infoseek.co.jp/2008Mar29-seminar.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
★オクトキュービック★女性のためのトレード実践講座! in 赤坂
「為替相場の読み方」 【講師:松田哲】 2月28日(木)19:00~20:30
→ http://www.gaitame-j.jp/eventseminar/detail_20080228.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
上田ハーローFX【WEB】FX特別セミナー「外国為替相場で勝つためには」
http://uedaharlowfx.weblogs.jp/fx/2008/01/webfx-e7a6.html
■講師:松田哲 ■2008年2月20日(水)■21時00分~22時00分(60分)
■費用:無料   ■参加資格:会員様限定(抽選で200名様)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2008年02月19日号
【マーケット・コメント】
---ドル/円(USD/JPY)---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

昨日、週明け月曜日、2月18日の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
107円台後半---[107.80-85]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

東京市場は、ほとんど値動き無く、概して、107円台後半での小動き。

昨日のロンドン市場では、朝方に、若干の「ドル買い円売り」が進み、
ドル/円(USD/JPY)は、108円台前半に乗せた。

昨日(2月18日)のニューヨーク市場は、休場のために、
昨日(2月18日)の東京市場、ロンドン市場共に、
市場参加者に積極性は見られなかった。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

本日、2月19日(火)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
108円台前半---[108.15-20]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

午前中から、昼過ぎまでの東京市場は、ほとんど値動き無く、
概して、108円台前半での小動き。

東京市場午後になって、
中国がインフレ対応策に人民元の利上げを実施するといった観測を材料に、
「ドル売り円買い」となった。
ドル/円(USD/JPY)は、107円台後半に下落した。

ロンドン市場になって、さらに、
中国人民銀行が通貨の柔軟性を進めることをあらためて表明したことから、
ドル/円(USD/JPY)は、107円台前半に急落した。

本日、2月19日(火)のニューヨーク市場の朝方は、
ドル/円(USD/JPY)は、急落後のリバウンド(上昇)気味に推移し、
107円台ミドルに小戻ししている。

本日、2月19日(火)のニューヨーク市場での株価が、
どのように動くかに注目している。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【外貨崩落】[生き残る人は知っているもう1つのシナリオ]
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2008年2月18日 (月)

【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  ◆◇ 松田哲の2008年度FX投資戦略セミナー ◆◇
  -----扶桑社新刊『FXの教科書』---直筆署名入り新刊本即売会-----
  ■会場:東京国際フォーラム(G701会議室)
  ■日時:2008年3月29日(土)14:00~     ■会費:8,000円
→ http://smatt.hp.infoseek.co.jp/2008Mar29-seminar.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
★オクトキュービック★女性のためのトレード実践講座! in 赤坂
「為替相場の読み方」 【講師:松田哲】 2月28日(木)19:00~20:30
→ http://www.gaitame-j.jp/eventseminar/detail_20080228.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
上田ハーローFX【WEB】FX特別セミナー「外国為替相場で勝つためには」
http://uedaharlowfx.weblogs.jp/fx/2008/01/webfx-e7a6.html
■講師:松田哲 ■2008年2月20日(水)■21時00分~22時00分(60分)
■費用:無料   ■参加資格:会員様限定(抽選で200名様)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2008年02月18日号Part2
【マーケット・コメント】
---ドル/円(USD/JPY)---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

先週末、2月15日(金)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
107円台後半---[107.85-90]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

2月15日(金)の東京市場の午前中は、107円台後半で動き無し。
東京市場の午後になって、108円台前半に小幅上昇。

日銀金融政策決定会合は、全員一致で金融政策に変更無し。
事前の予想通りで、いわゆる「織り込み済み」。

2月15日(金)のロンドン市場午前中のドル/円(USD/JPY)は、
108円台前半程度に推移していたが、上値も重かった。
ポンド/円(GBP/JPY)の下落に伴い、ドル/円(USD/JPY)も下落した。

ニューヨーク市場では、米国経済指標で、
米経済の弱い状況を示す数値が発表されたことで、
「ドル売り円買い」が若干進んだ。
ドル/円(USD/JPY)の安値は、107円台前半を見ている。

安値を付けてからのドル/円(USD/JPY)は、リバウンド気味に推移。
週末ということもあり、閑散の雰囲気。

107円台後半で、ニューヨーク・クローズ。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

本日、2月18日(月)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
107円台後半---[107.80-85]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

東京市場は、ほとんど値動き無く、概して、107円台後半での小動き。

ロンドン市場の朝方に、若干の「ドル買い円売り」が進み、
ドル/円(USD/JPY)は、108円台前半に乗せた。

本日のニューヨーク市場は、休場のため、市場参加者に積極性は見られない。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【外貨崩落】[生き残る人は知っているもう1つのシナリオ]
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【読者の方からのご質問】---2008年度FX投資戦略セミナー(3/29)にもお越しください---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  ◆◇ 松田哲の2008年度FX投資戦略セミナー ◆◇
  -----扶桑社新刊『FXの教科書』---直筆署名入り新刊本即売会-----
  ■会場:東京国際フォーラム(G701会議室)
  ■日時:2008年3月29日(土)14:00~     ■会費:8,000円
→ http://smatt.hp.infoseek.co.jp/2008Mar29-seminar.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2008年02月18日号
【読者の方からのご質問】
---2008年度FX投資戦略セミナー(3/29)にもお越しください---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  ******
宛先  松田哲 <satoshi.matsuda2007@gmail.com>   
日付  2008/02/16 18:07   
件名  もしよろしければアドバイスを頂けませんでしょうか   

松田様

先日(2/5)、 『外貨崩落』について質問させて頂いた***でございます。
その節は返信も頂ましてありがとうございました。

今回は、勝手ながら、私が陥っている状況についての話となります。
私は去年の12月からFXを始めたのですが、
その際、ユーロやオージーといったクロス円を中心に、
買いポジションを持っており、上昇(円安)で調子を掴めたかに
思っておりました。

ところが、年末年始で大幅に下落(円高)となり、
更には1/21の世界同時株安によって下落(円高)が進みました。
その時点で数百万円ほどの含み損を抱えることとなり、
私はほとんどパニック状態に陥りました。
その結果、
それら買いポジションによる損を拡大させないようにするという意図で、
同じ枚数程度の売りポジションを入れてしまったのです。
これにより、値動きがあったとしても、数百万円の含み損が固定されました。
その後、1/21時点のような下落水準には至らず、
逆に(特にオージーは)上昇基調にあるような状態で、
含み損のうち、売りポジション分の占める割合が上昇しているような有様です
(つまり、損切りという概念が欠落していたわけです)。

この状況下において、私は対処方法の選択肢として
以下の2つがあると考えております。

(1)松田様もご指摘されている、「外貨崩落」のタイミングを待ち、
そこで現在の売りポジションを解消する。買いポジションについては、
円キャリートレードの回復を長い目で待ち
(スワップポイントもつきますので)つつ、
残りの資金で、基本に忠実なトレードを行なっていく。

(2)一旦、数百万の含み損を全て決済し、残りの資金で、
基本に忠実なトレードを行なっていく。

これは本来、私自身が責任を負わなければならないこととは
百も承知しておりますが、このことが日々四六時中頭から離れず、
精神的にも辛い日々が続いていることもあり、
恥ずかしながらメールをさせて頂いております。
もし、この件について何らかご助言頂けるのであれば、幸甚に存じます。

誠に勝手な個人的な相談で恐縮に存じますが、
もし、よろしければ何らかご返信頂ければと思っております。
何卒、よろしくお願い申し上げます。

P.S. 2008年度FX投資戦略セミナーには是非、
参加させて頂くつもりでおります。 勉強させて頂きます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  松田哲 <satoshi.matsuda2007@gmail.com>
宛先  ******
日付  2008/02/17 17:45   
件名  Re: もしよろしければアドバイスを頂けませんでしょうか   

***さま

メールありがとうございます。

結論として、***さまが、ご自分で書かれている
『(2)一旦、数百万の含み損を全て決済し、残りの資金で、
基本に忠実なトレードを行なっていく。』
といった方法を採るべき、と考えます。

「外貨買い円売り」のポジションを持っている際に、
ヘッジ(リスク回避)を行うには、反対売買を行うことになります。

『その結果、それら買いポジションによる損を拡大させないようにする
という意図で、同じ枚数程度の売りポジションを入れてしまったのです。』

まさに、***さまの採った行動は、「ヘッジ」です。

しかし、リスクが無い場合は、リターンも有りません。

外国為替取引は、
リスクが有るから、利益になるチャンス(リターン)があるのです。

つまり、「ヘッジ」をかけた状態は、
損も無い(リスクが無い)替わりに、
利益も起こらない(リターンも無い)のです。

だから、「ヘッジ」をかけた状態では、損失が固定されただけで、
利益になるチャンスはありません。

今後、損失を回復するには、
リスクを取って、リターンを追及する方法しかありません。

そのためには、
『今後のマーケット(外国為替市場)に関する知識』と『経験』が不可欠です。

念のために、加筆します。

***さまの
『(1)松田様もご指摘されている、「外貨崩落」のタイミングを待ち、
そこで現在の売りポジションを解消する。買いポジションについては、
円キャリートレードの回復を長い目で待ち
(スワップポイントもつきますので)つつ、
残りの資金で、基本に忠実なトレードを行なっていく。』
の策が採れないのは、

今後「円高局面」は、現時点から(2008年2月、3月ころを基点に考えても)、
1年以上続く可能性が高いからです。

円キャリー・トレードが、現在、崩壊中で、
その回復は、2年、3年は、見込めないだろう、と考えています。

その可能性をかんがみると、「外貨崩落」のタイミングを待つことは、
事実上、撤退を意味することになります。

取り急ぎ、
松田哲、拝

セミナーの後にも、ご質問をお受けする時間を設けています。
よろしければ、じかに、お話できれば、と思います。

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松田 哲
【フォレックス・ディーラー物語】
http://www.d4.dion.ne.jp/~smatt/
メール: satoshi.matsuda2007@gmail.com

【外貨崩落】
http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
★オクトキュービック★女性のためのトレード実践講座! in 赤坂
「為替相場の読み方」 【講師:松田哲】 2月28日(木)19:00~20:30
→ http://www.gaitame-j.jp/eventseminar/detail_20080228.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
上田ハーローFX【WEB】FX特別セミナー「外国為替相場で勝つためには」
http://uedaharlowfx.weblogs.jp/fx/2008/01/webfx-e7a6.html
■講師:松田哲 ■2008年2月20日(水)■21時00分~22時00分(60分)
■費用:無料   ■参加資格:会員様限定(抽選で200名様)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

« 2008年2月10日 - 2008年2月16日 | トップページ | 2008年2月24日 - 2008年3月1日 »