« 2008年11月30日 - 2008年12月6日 | トップページ | 2008年12月21日 - 2008年12月27日 »

2008年12月12日 (金)

【ドル/円 90.00 を割り込みました】---本日(12月12日)の有料メルマガをサンプル配信---

Bnr_acefx_468_60

「DVD 松田哲のFX相場で勝つトレンドの見方セミナー」 http://www.tradersshop.com/bin/showprod?c=9784775962473

第7回 ご愛顧特別感謝祭 投資戦略フェア2009【自由席】チケット http://www.tradersshop.com/bin/showprod?a=8613&c=2011077600008

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[有料メールマガジンを始めました!]
---【松田哲の独断と偏見の為替相場(会員限定版)】---

このページからお申込み出来ます⇒ https://www.fxmagazine.jp/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【外貨崩落 生き残る人は知っているもう1つのシナリオ】
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞


2008年12月12日号
【ドル/円 90.00 を割り込みました】
---本日(12月12日)の有料メルマガをサンプル配信---


ドル/円が、[90.00]を割り込んだ。

緊急を要するので、本日(12月12日)の有料メルマガを、
そのまま、サンプルとして、掲載します。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【以下、サンプル配信】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       フォレックス・ディーラー物語
     【松田哲の独断と偏見の為替相場(会員限定版)】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[2008年12月12日](Vol.115)

いつもご購読ありがとうございます。松田哲です。
『松田哲の独断と偏見の為替相場(会員限定版)』をお送りします。

今回の配信は、不定期配信分です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【ドル/円 90.00 を割り込みました】

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

かねてから、何度も申し上げていた通りに、
ドル/円(USD/JPY)が、
90.00
を割り込みました。

事前に(今週・先週に)、、有料メルマガで記述し、
そして、楽天証券主催のウェブセミナーや、
インヴァスト証券主催のウェブセミナーでも、
口頭で、お伝えしたチャート・ポイント

●90.50(オプションのストライクが集中するところ)
●90.00(多くの人が注目するビッグ・フィギュア、大台レート)
●89.50(オプションのストライクが、90.50以上に集中するところ)

それらを全部、下に突き破って、急落し、
88円台前半にまで大きく下落しています。

その後、急反発(ポジション調整からのリバウンド上昇)をしていますが、
これ(この急落がが、「セリング・クライマックス」ではない、と考えます。

別な言い方をすれば、88円台前半が、この相場の最安値になるとは、
考えていない、ということです。


今回の「ドル売り円買い」のきっかけは、
『米上院での自動車メーカー救済法案』のゆくえだった。

米自動車救済法案が上院協議を決裂した事を受けて、
マーケット(外国為替市場を含む金融市場)は、すでに、動き出していた。

本日(12月12日)の東京市場午後に、
『米上院での自動車メーカー救済法案』は、正式に廃案になった。

このニュースは、
『はい、そうですか』と、
これで終わる問題ではない。

だから、これが「セリング・クライマックス」にはならないはずだ。


もちろん、12月は、クリスマス・バケーション(クリスマス休暇)だから、
わざわざポジションを取らずに、
のんびりと、見ているだけでも構わない、と考えているが、
持つならば、
「ドル売り円買い」を、小さなアマウント(小さなポジション)で。

ドル/円(USD/JPY)のロング(買い持ち)は、非常に危険。
ダウンサイド・リスク(下落リスク)が非常に高い。

下値の目処(めど)、下値のサポート・ポイント、言い方はどうでも良いが、
そんなものは、[80.00]アラウンドまで、もう、何も無い。
(歴史的、ドル/円の最安値、1995年の[79.75]が下値の目処)

ドル/円(USD/JPY)のロング(買い持ち)は、
早く、『損切り』を断行するべきだ、と考える。

上記のポイント
●90.50(オプションのストライクが集中するところ)
●90.00(多くの人が注目するビッグ・フィギュア、大台レート)
●89.50(オプションのストライクが、90.50以上に集中するところ)
を、下に、一回でも割り込んだことで、
「ドル売り円買いのシグナル」は点灯している。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

(2008年12月12日東京時間14:35記述)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


以上、『松田哲の独断と偏見の為替相場(会員限定版)』をお送りしました。
本メールマガジンが皆さまの投資にお役に立てることをお祈りしております。


松田哲


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎ 質問・お問い合わせについて

相場の見通しや投資判断についてなど、個別のお問い合わせには応じかねます。
購読者の皆さまよりのご質問については、ご要望の多いものから順に、
動画や本メールマガジンの別冊などでお答えしてまいります。
下記メールアドレスまでお送りください。
satoshi.matsuda2007@gmail.com


また、本メールマガジンの登録解除や決済方法などについてのお問い合わせは、
下記メールアドレスまでお願いいたします。
customer@fxmagazine.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【!!!ご注意!!!】
当メールマガジンに含まれる情報は、
一般的な情報提供を目的としたものであり、
最終的な投資決定は購読者ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
また、情報の内容については万全を期していますが、
正確性を保障するものではありません。
当メールマガジンの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、
一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本メールマガジンは関わるすべての権利は松田哲が有しています。
許可なく転載、複製、販売、放送、レンタルすること、
及びオークションへの出品・販売などを行うことは、
法律により禁止されていますのでご注意ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行人                松田哲
■発行人ウェブサイト    松田哲のフォレックス・ディーラー物語
http://www.d4.dion.ne.jp/~smatt/
■発行人メールアドレス  satoshi.matsuda2007@gmail.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※メールマガジンの購読解除をご希望の場合は、
FX Magazine(http://www.fxmagazine.jp/)にログイン後、
「登録情報管理」ページの「購読メルマガ一覧」よりお手続きください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【以上、サンプル配信】

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【投資で浮かぶ人、沈む人】  ---あなたの「投資力」は万全ですか?---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:PHP研究所 ■1,155円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4569697976
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXの教科書】■松田哲(Satoshi Matsuda)著■出版:扶桑社■1,575円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4594056148
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

にほんブログ村 為替ブログへ

外為ランキング

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

ポプログ人気fxブログランキング

| | コメント (0)

2008年12月10日 (水)

【第7回 ご愛顧特別感謝祭 投資戦略フェア2009】---2009年1月24日(土)開催【自由席】1000円---

Bnr_acefx_468_60

「DVD 松田哲のFX相場で勝つトレンドの見方セミナー」 http://www.tradersshop.com/bin/showprod?c=9784775962473

第7回 ご愛顧特別感謝祭 投資戦略フェア2009【自由席】チケット http://www.tradersshop.com/bin/showprod?a=8613&c=2011077600008

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[有料メールマガジンを始めました!]
---【松田哲の独断と偏見の為替相場(会員限定版)】---

このページからお申込み出来ます⇒ https://www.fxmagazine.jp/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【外貨崩落 生き残る人は知っているもう1つのシナリオ】
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2008年12月10日号
【第7回 ご愛顧特別感謝祭 投資戦略フェア2009】
---2009年1月24日(土)開催【自由席】1000円---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

なかなか、忙しくて、ブログを更新する時間が無い・・・。

別に、書くことが無いのではなく、たくさん書いているのだが、
ブログに掲載する記事を書いていない、ということ。

無料メルマガ、ブログの読者には申し訳ない、と思っています。

別のところ(出版社)からも、メールを頂いた。
以前に、
『無料メルマガ、ブログでも、告知してください』
と、依頼を受けて、
『あー、いいですよ。』
と、安請け合いをしていたのだが、
すっかり多事にかまけて失念していた・・・。

先ほど、リマインドのメールが来た。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

松田先生

先日は、オーディオブックのキャンペーンに
ご協力いただきましてありがとうございました。

11月より告知を開始し、
「DVD 松田哲のFX相場で勝つトレンドの見方セミナー」
http://www.tradersshop.com/bin/showprod?c=9784775962473
も順調に部数を伸ばしているようです。

さて、来年1月に松田様にご登壇いただくフェアでございますが、
松田先生のブログやウェブサイトから、
リンクをお貼りいただけましたら、
さらに多くの読者の皆様にご来場いただけますので
心強いと思っております。

第7回 ご愛顧特別感謝祭 投資戦略フェア2009【自由席】チケット
http://www.tradersshop.com/bin/showprod?a=8613&c=2011077600008

お手数をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------
パンローリング株式会社
-------------------------------------------------------------------
投資家が選ぶ「今年の一冊」は? ブルベア大賞2008-2009
http://www.tradersshop.com/bin/mainfrm?p=topics/bullbearaward08-09
-------------------------------------------------------------------

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

第7回 ご愛顧特別感謝祭 投資戦略フェア2009 【自由席】 1/24(土)開催
http://www.tradersshop.com/bin/showprod?a=8613&c=2011077600008

私の担当するPartは、以下の通り。
(紹介文をそのまま引用します:この内容は、2008年夏ころのものです)

◆第二部 11:20~12:20◆
「超」円高時代の投資術 松田哲

円安と低金利が金利差収入を狙う円キャリートレードの人気だったが、
もう市場は明らかに変化している。
「2007年6月が、円/ドル相場の下降トレンドのスタート時期だったとすると、
2008年いっぱい、ないしは2009年半ばごろまでは、
円・ドルの下降トレンドは継続していくだろう、
これからのテーマは「ドル安」だ。」と松田氏はいう。

これからの時代は、米国経済の悪化、中国元の切り上げなど複数の要因が、
円高要因となるため、最も注意をはらわなければならないときだ。
自国通貨と外国通貨の交換比率である為替相場は、
上がったり下がったりするため、「大きな流れをつかむこと」が不可欠になる。

今後の外国為替取引では、いったい何が重要になってくるのか?
最終的に、"勝つ"ためにどうすればいいのか?
20年におよぶ辣腕為替ディーラーが語る。 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【投資で浮かぶ人、沈む人】  ---あなたの「投資力」は万全ですか?---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:PHP研究所 ■1,155円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4569697976
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXの教科書】■松田哲(Satoshi Matsuda)著■出版:扶桑社■1,575円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4594056148
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

にほんブログ村 為替ブログへ

外為ランキング

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

ポプログ人気fxブログランキング

| | コメント (0)

第7回 ご愛顧特別感謝祭 投資戦略フェア2009【自由席】チケット

Bnr_acefx_468_60

「DVD 松田哲のFX相場で勝つトレンドの見方セミナー」 http://www.tradersshop.com/bin/showprod?c=9784775962473

第7回 ご愛顧特別感謝祭 投資戦略フェア2009【自由席】チケット http://www.tradersshop.com/bin/showprod?a=8613&c=2011077600008

| | コメント (0)

2008年12月 9日 (火)

【93円アラウンド】---アラサー、アラフォーという表現---

Bnr_acefx_468_60

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[有料メールマガジンを始めました!]
---【松田哲の独断と偏見の為替相場(会員限定版)】---

このページからお申込み出来ます⇒ https://www.fxmagazine.jp/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【外貨崩落 生き残る人は知っているもう1つのシナリオ】
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2008年12月09日号
【93円アラウンド】
---アラサー、アラフォーという表現---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

12月になって、もう、とっくに「クリスマス相場」に突入している。

米国の自動車企業の問題や、米国大手銀行の問題で、くすぶり続けているから、
何だか「クリスマス相場」といった雰囲気が薄いが、
時節的に「クリスマス相場」であることは間違いない。

そういえば、
『間違いない!』といった流行語を話していたお笑い芸人さんがいましたが、
最近、見ませんねぇ・・・。どうしているのでしょう?

そんなことはさておき、「クリスマス相場」とは、
市場参加者が少なくなって、値が飛びやすくなっている相場のこと。

クリスマスの時期だけ(12月25日の前後だけ)が、
「クリスマス相場」ではありません。

「クリスマス相場」は、通常は、サンクス・ギヴィング・デーから、
お正月明けの第1週まで。

だから、今年は、2008年11月27日(木)から2009年1月4日(日)まで。

「クリスマス相場」は、ポジションを取らないで、のんびりすれば良い、
と考えています。
もちろん、やりたい人は、「勝手にどーぞ!」と思っています。

先週末のニューヨーク市場でも、典型的な「ショート・スクイズ」でしたが、
それも、「クリスマス相場」で、市場参加者が少なくなっていることが、
理由のひとつ。

もっとまともに市場参加者がいれば、
もう少し、穏やかな値動きになったのだろう、と考えています。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

アラサーとは、「アラウンドサーティー(30歳前後)」の略。
アパレル業界で使われていた言葉だが、一般にも使われるようになりつつある。
現在、28~32歳の女性たちのこと。
アラフォー(40歳前後)という言葉も使われることが多くなった。
テレビドラマの影響も大きいのだろう。

『だいたい、その数字』、といった場合、
英語では、数時の前にアラウンド(around)を付ければ、
『その数字前後』という意味になる。

つまり、ドル/円(USD/JPY)の為替レートが、[93.00]近辺にあるときに、
英語では、通常は以下のように表現する。

"Dollar/Yen is around 93."
もしくは、
"Dollar/Yen is at 93 or around there."
だから、
"Dollar/Yen is 93 around."
『ドル/円は93円アラウンドにある』
といった表現は、文法的に間違っています。

カタカナを使って、翻訳するのなら、
『ドル/円は、アラウンド93円にある』と書くべきです。

英語の教科書に載せるのでしたら、ここまでの記述でOKです。

ところが、マーケット関係者の間では、(外国為替市場では)実際に、
"Dollar/Yen is 93 around."
と言います。

だから、私も、実は、何ら違和感がなく、文法的には間違ったまま、
"93 around."を使います。

また、今後も、
(文法的に間違っていても)この表記のままにするつもりでいます。

マーケットは市場慣行で成り立っています。
外国為替市場では、場合によっては、ほんの数秒で、
大きくレート(為替レート)が動いてしまうので、
まず、数値を言う、といった慣行があります。

いわゆる市場関係者は「せっかちピープル」ですので、
まず数字を聞きたがるのです。

誰でも、とは言いませんが、
"Dollar/Yen is at 93 or around there."
といった言い方をすると、
「まどろこっしい」といった顔をされることになります。

「まず、さっさと数字を言え!」
と言われそうな気がします。

以下は余談ですが、市場慣行を考える参考になさってください。

外国為替市場の参加者は、電話に出る際に、「もしもし」とは出ません。
「もし」と、電話を取ります。
(もちろん、市場参加者同士で、仕事に関連して電話をする場合のことです。
自宅の電話で、「もし」と出たら、当然、変です・・・・)

「もしもし」と2回「もし」を並べる時間があったら、さっさと用件を言え、
といったニュアンスです。

まだ慣れていない、新人のころに、「もし」と電話に出てこられると、
こっけいで、吹きだしそうになりましたが、
慣れると、たいして違和感もありません。

最近は、時代が変わって、
この「もし」といった電話の応対も少なくなってきたようですが・・・・。

それは、従来の外国為替市場が、電話と声の世界だったのですが、
コンピューターを利用した電子ブローキング(電子取引)の発達・発展に伴い、
コンピューター画面を使った取引がメインになってきたことと
無関係ではないと考えています。

音声よりも(聴覚よりも)、視覚(ビジュアル)の時代になってきた、
ということです。

ですから、若い人たちで、そういった慣行を知らない場合には、
電話に、「もし」と出ると、変な顔をされることがあります。

いまだにそういった慣行は、古い人達の間では残っています。
市場慣行は、時代とともに変化するのですから、多くの人が従うのならば、
それで良いのだ、と私は考えていますが・・・・。

ちなみに、外国為替市場では、電話の応対は「もし」ですが、
日本の債券市場では、「もしも」といいます。

こちらは「し」だけを省略して、時間を短くしているのです。

こういったことも、知らないと、電話をして、『もしも』と言われたら、
何か『仮定』のお話をするのかな?と、思って、
相手の話の続きを待ってしまいますよね。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【投資で浮かぶ人、沈む人】  ---あなたの「投資力」は万全ですか?---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:PHP研究所 ■1,155円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4569697976
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXの教科書】■松田哲(Satoshi Matsuda)著■出版:扶桑社■1,575円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4594056148
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

にほんブログ村 為替ブログへ

外為ランキング

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

ポプログ人気fxブログランキング

| | コメント (0)

2008年12月 8日 (月)

エース交易バナー

Photo

Bnr_acefx_468_60

| | コメント (0)

« 2008年11月30日 - 2008年12月6日 | トップページ | 2008年12月21日 - 2008年12月27日 »