« 2008年8月31日 - 2008年9月6日 | トップページ | 2008年9月14日 - 2008年9月20日 »

2008年9月12日 (金)

【読者の方からのメール】---嬉しいお便り---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[有料メールマガジンを始めました!]
---【松田哲の独断と偏見の為替相場(会員限定版)】---

このページからお申込み出来ます⇒ https://www.fxmagazine.jp/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2008年09月12日号
【読者の方からのメール】
---嬉しいお便り---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人:******
宛先:satoshi.matsuda2007@gmail.com

日付:2008/09/05 5:20
件名:感謝

松田様

メルマガいつも楽しみにしております。
松田さんのセオリーにのっとり、
EUR/JPY 169円台・EUR/USD 1.6000で立てたショートから
各ポイントで売り増しを行ない、
一月以上たちますが、「とんでもないこと」になっています。
松田さん、そして夏休み明けに感謝です。

取り急ぎお礼まで。

******

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人:松田哲 <satoshi.matsuda2007@gmail.com>
宛先:******

日付:2008/09/05 11:23
件名:Re: 感謝

******さま

メールありがとうございます!

「とんでもなく儲かっている」状態ですね!
おめでとうございます!!

気を緩めずに、ご対応ください。
ますますのご発展を御祈念いたします!

私も、謙虚に、がんばります!
(^0^)/♪

松田哲、拝

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松田 哲
【フォレックス・ディーラー物語】
http://www.d4.dion.ne.jp/~smatt/
メール:satoshi.matsuda2007@gmail.com

【FXの教科書】(扶桑社)
http://www.amazon.co.jp/dp/4594056148
【投資で浮かぶ人、沈む人】(PHP研究所)
http://www.amazon.co.jp/dp/4569697976
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人:******
宛先:松田哲 <satoshi.matsuda2007@gmail.com>

日付:2008/09/07 11:02
件名:RE: 感謝

松田 様

お返事、そしてブログで取り上げてまで頂きありがとうございます!
そしてお返事が遅れましたこと、お詫びいたします。

松田さんの著書等で教えていただいたことは
「時間の観念」と「チャート分析の重要さ」です。

市場参加者が戻ってきた先週半ばからの60分足のチャートを眺めれば、
損失を抱えた筋が逃げの前に
少しでも何とかしようともんどりうっている姿がよくわかります。

短時間で100bpt以上上下してみたり、
薄いオセアニア時間で大きく動いてみたり。

ここまできて初めてそういう姿を見せているわけですから、
崩壊は始まったばかり、行く末は…と思っています。

今のポジションは(気持ち利食いもしましたが)
もう少し様子を見ていったん全て閉じるか、
更に売り増しするか考えるつもりです。

綱引きの結果USD/JPYが落ちるのが待ち遠しいところですが。
(ポジショントーク、すみません…)

私はごく普通のサラリーマンなので、
日中にチャート見ることもないですし、ニューヨーク時間は
思惑・欲望からポジションを取ってしまいそうなので
あえて見ないことにしています。

その代わり毎朝6時前(ニューヨーククローズのあたり)に
30分以上かけてメジャーカレンシーのみじっくり見るようにしています。
(松田さんのおっしゃるメジャーカレンシー以外は、
取引したこともありません)
前日何があったのか、チャートには全て織り込まれているので。

私の好きな言葉に
「過去に盲目(目を閉ざす)者は、現在・未来に対しても盲目となる」
という言葉があります。
ドイツのフォン・ヴァイツゼッカー元大統領が
自国の戦争犯罪に関して述べた講演での一説ですが、
これはこのFXの世界にも当てはまるのかな、なんて考えています。
私自身、値ごろ感で買ってロスカット、
なんて事を以前急落の際には平気で繰り返してましたから…。

今日の午後は時間があるので「外貨崩落」を再読しようかと思います。

最近いろいろな方の文章を読むと、
「これは松田さんのこと?」なんて文章をよく見かけます。
欲望渦巻く世界なので(?)
いろいろな人がいろいろな事をいうのもわからないではないですが、
雑音は気にせずにこれからも頑張ってください!

謙虚に歴史から学びたいと思います!

******

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人:******
宛先:松田哲 <satoshi.matsuda2007@gmail.com>

日付:2008/09/09 6:11
件名:RE: 感謝

松田様

おはようございます。
松田さんのおっしゃるとおり、
ボールソンさんもバーナンキさんも
去年から日曜もろくに休むことなくお疲れ様、ですね。。。

所有していたEUR/JPYは昨日の朝一番に155.07で全決済しました
(というよりストップロスを154.00へ下げていたので
「された」というのが正しいのですが)。

ちょっと尻尾をあげすぎた感もありますが、
同時に届かないかな?と思いつつだした156.80の指値が
気持ち悪いくらい奇麗にヒットしてしまったので、第二回戦に突入です。

あっという間に窓うめされてしまいましたが、慎重に行きたいと思います!
EUR/USDは持ったままです。目指せ1.3900!

自分がEURを売り続ける理由は実際には個人的感覚です。
1999~2000年にかけてドイツで勤務する機会がありました。
マルク建てで給料をもらっていたのですが、
赴任したときDEM/JPY = 70円前後、帰ってきてDEMの現金をJPYに両替したとき
(キャッシュなのでしょうがない部分もありますが)
1DEM=約 47JPY。愕然としました…。

言い換えればEUR/JPY = 100.00近辺の水準でしたので、
8年程度たち物価の上昇を勘案しても、
EUR/JPY=160円台は高すぎるのです。いいところ、130円台?

勝手な個人の感覚ですが、
今のレートではヨーロッパに旅行に行く気にもならないので…。

【松田哲FX友遊会】、楽しそうですね。ぜひ登録しようと思います。

引き続き謙虚に物事をみて頑張ります!

******

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人:******
宛先:松田哲 <satoshi.matsuda2007@gmail.com>

日付:2008/09/12 6:34
件名:感謝 その2

松田様

おはようございます。
約2ヶ月たった EUR/USD 1.6000 からの売りまし作戦、
700刻みできりのよい1.3900で全決済しました!

また、EUR/JPY 169.30 から始めた売りましは
週初の窓明けで全決済されましたが
戻りの156.80から再戦中です。

おごることなく慎重に対応したいと思っています。

FXを始めて2年半、松田さんの著書やブロク、
最近はメルマガで勉強させていただいておりますが
本当に感謝しております。ありがとうございます!

******

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【投資で浮かぶ人、沈む人】  ---あなたの「投資力」は万全ですか?---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:PHP研究所 ■1,155円(税込)
アマゾン⇒
http://www.amazon.co.jp/dp/4569697976
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXの教科書】■松田哲(Satoshi Matsuda)著■出版:扶桑社■1,575円(税込)
アマゾン⇒
http://www.amazon.co.jp/dp/4594056148
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

にほんブログ村 為替ブログへ

外為ランキング

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

ポプログ人気fxブログランキング

| | コメント (0)

2008年9月11日 (木)

【ダイヤモンドザイ/8月20日(水)の取材】---ドル/円が、本格的に動き出していないのは、・・・

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[有料メールマガジンを始めました!]
---【松田哲の独断と偏見の為替相場(会員限定版)】---

このページからお申込み出来ます⇒ https://www.fxmagazine.jp/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2008年09月11日号
【ダイヤモンドザイ/8月20日(水)の取材】
---ドル/円が、本格的に動き出していないのは、
  米国が、事実上の「口先介入」を継続しているから---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

8月20日(水)に、

ダイヤモンドザイ
http://zai.diamond.jp/fx/

から、取材の依頼があった。

「ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!? 」
というコーナーにて松田さんの見解をうかがいたいということだった。

以下、そのまま引用したい。
(8月20日のコメントであることをご理解の上、ご覧ください)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2008年8月21日(木) 
【ユーロ/ドルでドル高が進んでいるが、
 松田さんの見解に変わりはないのか?(1)】
http://zai.diamond.jp/servlets/Query?SRC=zaifx/column/column&cate=tomo&art=36

「基本的にまったく修正はありません」

それが松田哲さんの第一声だった。

■ユーロ/ドルで急激なドル高が進行。その時、ドル/円は?

このところ、
下記のように『ザイFX!』での松田哲さんの連載「FX一刀両断」では、
ユーロ/ドルの下落が取り上げられている。
そこで松田さんは「ユーロ/ドルはさらなる下落の可能性あり!」
と警告しているのだ。

 ・ユーロ/ドル(EUR/USD)が急落。次はどう動くか?
 ・ユーロ/ドルの大きな流れは「ユーロ売りドル買い」。
  ただし、当面は1.46~1.48の「ボックス相場」

ユーロ/ドルは約1ヵ月で約10%も下落し、かなり大きな動きを見せている。
ここで、念のために確認しておくと、
ユーロ/ドルの下落とは、「ユーロ安ドル高」を意味する。 

一方、
松田さんが「ドル/円で大幅な円高ドル安が来る」とずっと唱えていることは、
当コーナーや「FX一刀両断」などをご覧いただいている方には
もうおなじみの話だろう。

しかし、ユーロ/ドルで急激にドル高が進めば、
ドル/円でもドル高が進んでしまうようなことはないのだろうか?

そして、
松田さんも円高ドル安のシナリオを修正するようなことはないのだろうか? 
このようなことを疑問に思い、今回は松田さんに取材してみたのである。

そして、聞いた結果が前期の第一声だ。基本シナリオに修正なし、
ドル/円はいずれ3月の安値95円を割ってくる…
これが現時点での松田さんの見解だった。

■「ユーロ/ドルのドル高」と「クロス円の円高」が綱引きをしている

「ユーロ/ドルは7月の1.6から1.46まで
1400ポイントも落ちました。これはかなり大きなとんでもない動きです。

また、ドルとその他の通貨の取引を見ると、全般的にドル高となっています。
その中でドル/円だけはあまり動いていません」 

「ただ、その一方で、ユーロ/円も170円弱から160円まで落ちています。

ユーロ/円だけではありません。
ポンド/円、豪ドル/円、こういったクロス円が
軒並み大きく下げているんです。
つまり、対円の取引を見ると、全般的に円高の傾向が見られるわけですが、
その中でドル/円だけはあまり動いていないんです」

直近の動きをまとめよう。
ユーロ/ドルをはじめとした対ドルの通貨ペアではドル高となっている。
ユーロ/円をはじめとした
クロス円(「ドル以外の通貨」と「円」の通貨ペア)では円高となっている。
両者の綱引きとなるドル/円は結局、あまり動いていないということだ。

(「ユーロ/ドルでドル高が進んでいるが、
  松田さんの見解に変わりはないのか?(2)」へつづく) 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2008年8月22日(金) 
【ユーロ/ドルでドル高が進んでいるが、
 松田さんの見解に変わりはないのか?(2)】
http://zai.diamond.jp/servlets/Query?SRC=zaifx/column/column&cate=tomo&art=37

(「ユーロ/ドルでドル高が進んでいるが、
  松田さんの見解に変わりはないのか?(1)」からつづく)

「ユーロ/ドルは1.6という歴史的な高値をつけましたよね。
仮にすべてのマーケットがドル中心で動いているのなら、
ユーロ/ドルが1.6になった時、
ドル/円は歴史的な最安値である80円をつけていておかしくない。

けれど、そうなっていないのは
円キャリートレードに原因があったと考えています」 

■原油価格の下落をキッカケとした円キャリートレードの巻き戻し

超低金利の円を売って、相対的に高金利な通貨を買う円キャリートレード。
ドルの政策金利が5.25%から2%まで下がってしまった結果、
ドル/円ではこうしたトレードが行われなくなったと松田さんは言う。

けれど、相対的に高金利のユーロ/円、豪ドル/円などで
円キャリートレードは行われていた。
そして、ドル/円で行われていた円キャリートレードの分も
そちらにシフトしていたと松田さんは話す。
だから、ユーロ/円は170円近くまで上がっていたのだ。

そして、ユーロ/円や豪ドル/円が上がり、円安が進んでいた分、
ドル/円は円高が極端なことにならず、
史上最安値の80円になるようなことはなかったということである。

ところが、ユーロ/円、豪ドル/円などがここに来て大きく下げ始め、
今はそういった円キャリートレードの巻き戻しが起きているという。 

その理由は何なのか?

「一番大きいのは原油価格の下落でしょう。
原油価格はこれからさらに下げが来ると思いますよ。
瞬間100ドル割れ、90~95ドルぐらいまでは下がるんじゃないかな。

価格のことはともかく、原油価格が下落すると、
円キャリートレードの巻き戻しが起こるというのは
たとえば、こういうことです。

ヘッジファンドなどが、原油に資金を投じる際、
今までは買いで動いていたはずですよね。
それが上昇している時はいいけれど、下がってくると、
レバレッジをかけてやっていますから、
追証(追加証拠金)を入れないといけない。

そこで、利益の出ている円キャリートレードのポジションを解消し、
それを原油の追証にあてるといったことが起こります。

こういったことが連鎖的に起きてくるわけです。
それがこれからもっと本格化すると思います」

本格化…というのはいつ頃、来るのだろうか? 

「秋ぐらいでしょう。今週はまだマーケットが夏休み。
来週あたりから市場参加者が徐々に戻ってきて、
9月ぐらいからさらに一段と増えますからね。

ただ、可能性としては、
来週あたりに何か突飛な動きが起きたっておかしくないと思っています」

■ユーロ/ドルは1.37~1.39まで下落の可能性も!

「たとえば、
ユーロ/ドルが1.4を割れて1.37~1.39ぐらいになるとか…。

ユーロ/ドルは1ヵ月で1400ポイント落ちたんだから、
今月残り2週間であと1000ポイント落ちてもおかしくない。

もし、そうなった時は原油価格は100ドルを割れてるでしょうし、
今、160円ぐらいにあるユーロ/円は
150円台前半ぐらいまで落ちるでしょう」

あくまで「一つの可能性として」ということではあるが、
かなり強烈な松田さんの予想である。

ここで話をドル/円に戻そう。

■ユーロ/ドルでのドル高よりも、クロス円での円高の影響が強くなる

ユーロ/ドルではドル高、クロス円では円高が進み、
両者の綱引きとなるドル/円は
結局あまり動いていないという松田さんの話だったが、
これが今後はどうなるとみているのだろうか?

「ユーロ/ドルでのドル高の影響よりも、
クロス円での円高の影響がいずれ強くなってきて、
その結果、ドル/円は下がっていくと考えています。

そもそもここに来て、ドルが強くなっているように見えますが、
米国株式市場の動き、米国の事実上のリセッション、
米国のスタグフレーション状態など、
米国のファンダメンタルズを考えていった時に、
ドルを買っていく理由がないんです。

ただ、ドル/円がここからストレートにすぐ下がっていくのか、
それとももうしばらく保ち合いが続いたあとに下がるのか、
場合によってはこれから112円程度まで少し上昇した後に下がるのか、
そこはわかりませんが…」

松田さんの話をドル・円・ユーロの通貨ペアでまとめてみよう。

ユーロ/ドル → 下がる(ドル高)
ユーロ/円  → 下がる(円高)
ドル/円   → 下がる(円高)

ということになる。
とにかく、なんでもかんでも下がりそう(?)という話なのだ。 

そして、ドル/円はいずれ3月の安値95円を割れ、
大幅な円高ドル安になっていくという松田さんの基本的な見解に
変化はないのだった。 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●以上、8月20日(水)のコメントであることをご理解の上、お読みください。

●8月20日の時点で、考えていたことが、ほぼ正しかったと検証されます。

●細部では、まだ、ドル/円の値動きが鈍く、思ったほどではない、
と感じています。

●別な言い方をすると、
最終的には、ドル・ストレートの影響よりも、
クロス円の影響の方が、大きくなる、と考えていますが、
まだ、綱引き状態が継続している印象です。
(現状は、まだ、明白に、クロス円の影響が強い、とは言い難い状況です)

●現時点では、まだ、ドル/円が、本格的に動き出していない状態だから、
と考えています。

●ドル/円が、本格的に動き出していないのは、
米国が、事実上の「口先介入」を継続しているからです。

●ポールソン氏、バーナンキ氏のコメントを読めば、
こういったこと(彼らの言動)は、事実上の「口先介入」です。

●「口先介入」に関しては、以下をご覧ください。

【口先介入】
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/sub008ku.htm#kuchisaki_kainyuu

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【投資で浮かぶ人、沈む人】  ---あなたの「投資力」は万全ですか?---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:PHP研究所 ■1,155円(税込)
アマゾン⇒
http://www.amazon.co.jp/dp/4569697976
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXの教科書】■松田哲(Satoshi Matsuda)著■出版:扶桑社■1,575円(税込)
アマゾン⇒
http://www.amazon.co.jp/dp/4594056148
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

にほんブログ村 為替ブログへ

外為ランキング

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

ポプログ人気fxブログランキング

| | コメント (0)

2008年9月 8日 (月)

【ポールソン氏は、見事な手品師】---ただし、モルヒネ(麻酔薬)では、ケガは直らない---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[有料メールマガジンを始めました!]
---【松田哲の独断と偏見の為替相場(会員限定版)】---

このページからお申込み出来ます⇒ https://www.fxmagazine.jp/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2008年09月08日号
【ポールソン氏は、見事な手品師】
---ただし、モルヒネ(麻酔薬)では、ケガは直らない---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●笑ってはいけないのは分かるが・・・・。

●米国のGSEである「ファニーメイ」「フレディマック」を、
 国有化にすれば、それが破綻することは、回避される。

●しかし、それで、問題は解決するのか?

●米国の失業率が悪化し、経済の状態が悪いことを忘れていいの?

●原油高騰、農産品の高騰で、インフレが進み、米国は、スタグフレーション。

●原油価格が、147ドルから暴落して、105ドルくらいにまで落ちたから、
 インフレは回避できたの?

●「ファニーメイ」「フレディマック」の倒産が回避されただけで、
 他は、何も変わっていない。

●「ファニーメイ」「フレディマック」に、税金を20兆円も使うのだから、
 米国の財政を圧迫する。

●税金の20兆円程度は、アフガンやイラクの戦争に比べれば、
 大いに安いものかも知れないが・・・

●何か、目先を誤魔化して、見るべきものから、衆目の目をそらしている。

●『まるで、手品のようだ!』

●ポールソン氏は、見事な手品師と言える。

左足に大ケガをした。

医者に行くと、医者が、
「痛いでしょうから、モルヒネを打ちましょう!」
と言う。

麻酔薬は、痛みは無くなるが、ケガを直してはくれない。
だから
「ケガを治療してくれ」
と頼むと、医者は、
「自然治癒を待ちましょう」
と言う。

そうこうしているうちに、左足をかばうと、右足に負担がかかり、
右足までおかしくなってきた。
医者に、右足もおかしくなってきたので、治療を頼むと、
「では、もっとモルヒネを打ちましょう!そのうちに良くなりますよ。」

【配役】
医者:ポールソン氏
ケガ人:米国民(あるいは、世界中の投資家か?)
税金:モルヒネ(麻酔薬)

●笑ってはいけないのは分かるが・・・・。

●ベアスターンズ証券の、事実上の倒産、(=チェースへの救済売却)といい、
 なんだか、日曜日に重大なことが発表される。

●日本のバブル崩壊後、大手証券や大手銀行が破綻した時も、
 休日(祝祭日)絡みだった。
 マーケットへの配慮から、わざとそうしていた。

●これでは、日曜日なると、何か、重大なことが発表されるのではないか、
 と期待してしまう。(パブロフの犬かな?)

●この次は、大手証券の決算絡みで、また、『手品』を見せてくれるのかな?
 それとも、また、モルヒネを打つのかな?

(^0^)/♪

●いやぁ・・・、角界の大麻問題よりも、重大問題なのですが、
 日本のマスコミは、こういった問題を、
 真摯に真正面から取り上げることはしないのでしょう・・・。

●困ったものだ・・・。あきれて、思わず笑ってしまう・・・。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【投資で浮かぶ人、沈む人】  ---あなたの「投資力」は万全ですか?---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:PHP研究所 ■1,155円(税込)
アマゾン⇒
http://www.amazon.co.jp/dp/4569697976
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXの教科書】■松田哲(Satoshi Matsuda)著■出版:扶桑社■1,575円(税込)
アマゾン⇒
http://www.amazon.co.jp/dp/4594056148
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

にほんブログ村 為替ブログへ

外為ランキング

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

ポプログ人気fxブログランキング

| | コメント (0)

2008年9月 7日 (日)

【ところで、「ファニーメイ」って、何だか答えられますか?】

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[有料メールマガジンを始めました!]
---【松田哲の独断と偏見の為替相場(会員限定版)】---

このページからお申込み出来ます⇒ https://www.fxmagazine.jp/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2008年09月07日号
【ところで、「ファニーメイ」って、何だか答えられますか?】
---誰でも、なかなか正確には、答えられない---

【外為用語の基礎知識】http://smatt.hp.infoseek.co.jp/
に、加筆しました。

ファニーメイとか、ジニーメイとか、昔から言葉はよく聞くのだけれど、
『その定義は?』
と訊かれると、

「政府系のアレだよ・・・」
とか、
「住宅ローンを取りまとめてる会社じゃないの?」
と、なかなか正確には、答えられないものです・・・。

ちなみに、ジニーメイ(Ginnie Mae)は、
GNMA(Government National Mortgage Association)
政府住宅抵当金庫。
1968年に設立された米国住宅都市開発省管轄下の政府機関。
モーゲージ証券が、投資家に販売される際に、元利金の支払を保証する機関。

こう書いてみても、
よくよく考えないと、まだ何だかよく分からない・・・

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【ファニーメイ】(連邦住宅抵当金庫)(Fannie Mae)
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/sub028hu.htm#FannieMae

米国のGSEの一つ。

FNMA(Federal National Mortgage Association)の通称。

連邦住宅抵当公庫。

1938年に住宅安定供給を目的に設立された特殊銀行。
1968年に民営化され、NYSEに上場。

民間金融機関から住宅ローン債権を買い上げた上で証券化を行ったり、
保証業務によって収益を上げている。

フレディマックとは競合関係にある。

証券コード:FNM.N

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【フレディマック】(連邦住宅金融抵当金庫)(Freddie Mac) 
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/sub028hu.htm#FreddieMac

FHLMC=Federal Home Loan Mortgage Corporation

連邦住宅金融抵当金庫のこと。

連邦住宅金融抵当金庫。愛称が、Freddie Mac(フレディマック)。

GSEの一機関である。

住宅ローン市場に安定的に資金を供給するために、
米国連邦議会の公認のもと1970年に、
ファニーメイがモーゲージ市場で十分カバーしていなかった部分に
資金を供給するために設立された政府系金融機関。

ファニーメイとは競合関係にあるが、役目は基本的には同じ。

政府出資は受けておらず、株式がニューヨーク証券取引所と
パシフィック証券取引所に上場されている民間会社。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【GSE】(Government Sponsored Enterprises)
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/sub050english.htm#GSE

Government Sponsored Enterprises(政府支援法人)の略。

米国版特殊法人のこと

狭義にはFannie MaeやFreddie Macといった住宅金融公庫や、
農業公庫など特殊銀行を指す。

形式的には民間の株式会社であり、
その債務にはなんら明示的な政府の保証はないにもかかわらず、
「暗黙の政府保証」が期待されて政府と同等の信用力を認められている。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【投資で浮かぶ人、沈む人】  ---あなたの「投資力」は万全ですか?---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:PHP研究所 ■1,155円(税込)
アマゾン⇒
http://www.amazon.co.jp/dp/4569697976
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXの教科書】■松田哲(Satoshi Matsuda)著■出版:扶桑社■1,575円(税込)
アマゾン⇒
http://www.amazon.co.jp/dp/4594056148
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

にほんブログ村 為替ブログへ

外為ランキング

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

ポプログ人気fxブログランキング

| | コメント (0)

« 2008年8月31日 - 2008年9月6日 | トップページ | 2008年9月14日 - 2008年9月20日 »