« 2008年5月25日 - 2008年5月31日 | トップページ | 2008年6月8日 - 2008年6月14日 »

2008年6月 6日 (金)

【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXの教科書】■松田哲(Satoshi Matsuda)著■出版:扶桑社■1,575円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4594056148
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
□■指標発表時にもシステムは抜群の安定性!『オクトFX』で安心のお取引!
■ --------------------------------------------------------
 → http://daikoku.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=MrtMqdFc&ai=133
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2008年06月06日号
【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

6月3日(火)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
104円台ミドル---[104.35-40]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

東京市場午前中は、104円台ミドルでの小動き。

東京市場午後になって、
英国住宅ローン会社大手の業績悪化や、
「S&P」の米国大手証券の格下げを、
再度、材料とした「ドル売り円買い」が進み、
一気に、[104.00]を割り込んだ。安値は、[103.80-90]レベル。

東京市場で「ドル売り円買い」が進んだことから、
6月3日(火)のロンドン市場では、
目先の損切りを狙ったドル買い(ストップ・ロス・ハンティング)の動き。
ドル/円(USD/JPY)は、104円台ミドルにリバウンド上昇した。

6月3日(火)のニューヨーク市場になって、
バーナンキFRB(連邦準備制度理事会)議長が
「ドル安は輸入物価高騰を招来したため歓迎できない」
「FRBと財務省は通貨動向を注意深く見る」旨の発言。

この発言から、
ドル/円(USD/JPY)は、104円台ミドルから105円台ミドルへ急騰した。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

105円台ミドルへ急騰した後のニューヨーク市場のドル/円(USD/JPY)は、
いったん104円台後半に調整下落。

6月3日(火)のニューヨーク市場午後は、
概して、[105.00]を挟んでの上下動小動き。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

6月4日(水)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
[105.00]アラウンド---[104.95-00]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

東京市場は、105円台前半で動き無し。
概して、[105.10-20]レベルで動かず。

東京市場の夕方、クローズにかけて、104円台ミドルに急落した。
安値は[104.55-60]レベル。

この日のロンドン市場朝方になると、[104.50]に届かなかったことから、
ショート・スクイズ気味のドル買戻しで、104円台後半に上昇。

ニューヨーク市場の朝方に、105円台前半に跳ねた。
この日のニューヨーク市場は、概して、[105.00]を挟んでの上下動小動き。

ニューヨーク・クローズでも、ショート・スクイズ気味の値動きで、
[105.15-25]レベルのクローズ。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

昨日、6月5日(木)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
105円台前半---[105.25-30]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

昨日、6月5日(木)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、ドルじり高に推移。
東京市場の昼ごろまでに、105円台ミドルに上昇。

105円台ミドルで、気迷い気味の小さな持ち合いの後、
東京市場の午後に、[105.50]を上に抜けて上昇し、一気に106円台に乗せた。
東京クローズ(東京時間17:00)は、[105.85-95]レベル。

この日のロンドン市場では、[106.35-45]レベルの高値を示現。
106円台前半にあったストップ・ロス・オーダー(損切り注文)を
エグゼキュート(遂行)した。

昨日、6月5日(木)のニューヨーク市場は、
[106.35-45]レベルの高値を示現してからの値動きで、
損切りの終わった後の典型的なパターン。
目先でドルを買った向きのポジション調整から、ズルズルと下落した。

ニューヨーク市場午前中は、[106.00]を挟んでの小動き持ち合いだったが、
ニューヨーク市場ニューヨーク市場昼過ぎには、
[106.00]を挟んでの持ち合いレベルから、105円台ミドル程度に急落。

ニューヨーク・クローズで、若干のドル買戻しで、
クローズ・レベルは、[105.90-00]レベル。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

本日、6月6日(金)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
105円台後半---[105.85-90]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

東京市場は、仲値にかけて、若干のドル買いで、106円台前半に乗せている。

本日、6月6日(金)は、ニューヨーク時間に、
米国雇用統計(失業率)の発表を控えており、
基本的には、その数字待ち。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
□■知らないと損!『オクトFX』の高水準でオトクなスワップポイント!
■ --------------------------------------------------------
 → http://daikoku.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=MrtMqdFc&ai=132
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】■松田哲(Satoshi Matsuda)著
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【外貨崩落】■松田哲(Satoshi Matsuda)著
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

にほんブログ村 為替ブログへ

外為ランキング

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

ポプログ人気fxブログランキング

| | コメント (0)

2008年6月 4日 (水)

【FXの教科書(扶桑社)】---早くも2万部突破!---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
□■指標発表時にもシステムは抜群の安定性!『オクトFX』で安心のお取引!
■ --------------------------------------------------------
 → http://daikoku.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=MrtMqdFc&ai=133
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2008年06月04日号Part2
【FXの教科書(扶桑社)】---早くも2万部突破!---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

このところ、多忙で時間がとれず、なかなかメルマガを配信できません。
体調不良や、諸事が重なり、ちょっとへたばり気味です。

いつもなら、メルマガのネタとして、
また、今回のこういった内容は、本の宣伝として、
すぐに使うのですが、配信出来ずにいました・・・。

そんなに、本の宣伝ばかりを配信しないで欲しい旨の
メールやご意見をいただきますが、
なんせ、タイトルにある通りに、【独断と偏見】で、コンテンツは選びます。

無料なのですから、そんなことを言われる筋合いは無いと考えています。
嫌なら、配信を解除してください。

また、
『何のために、こういった情報配信をするのか?』
『何故、無料なのか?』
といった常識的な判断が出来る方ならば、
そういった内容の意見は出てこないだろう、と、私は考えています。

そういった事柄をご理解できない方に、コンテンツを配信しても、
その真意、その意図を推察することは出来ないでしょう。
だから、そういった方々には、お返事をしておりません。
(するつもりも有りませんが・・・)

先月末のことなのですが、
最新刊の『FXの教科書』(扶桑社)の重刷が決まりました。

電車で移動中に、扶桑社の編集者から電話をいただきました。

5月30日に、四刷が決定!
発売3ヶ月で、早くも2万部を突破です!(22,000部発行になります)

ネットでの販売が好調のようです。

現在(2008年6月4日東京時間11:00)、
[Amazon.co.jp ランキング]: 本で【230位】

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXの教科書】■松田哲(Satoshi Matsuda)著■出版:扶桑社■1,575円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4594056148
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
□■知らないと損!『オクトFX』の高水準でオトクなスワップポイント!
■ --------------------------------------------------------
 → http://daikoku.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=MrtMqdFc&ai=132
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【外貨崩落】[生き残る人は知っているもう1つのシナリオ]
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

にほんブログ村 為替ブログへ

外為ランキング

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

ポプログ人気fxブログランキング

| | コメント (0)

【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXの教科書】■松田哲(Satoshi Matsuda)著■出版:扶桑社■1,575円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4594056148
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
□■指標発表時にもシステムは抜群の安定性!『オクトFX』で安心のお取引!
■ --------------------------------------------------------
 → http://daikoku.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=MrtMqdFc&ai=133
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2008年06月04日号
【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

5月29日(木)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
104円台ミドル---[104.60-65]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

東京市場は、ドルじり高。
細かい上下動を繰り返しながら、東京市場朝方の104円台ミドル程度から、
東京市場の午後に、105円台前半に乗せた。

ロンドン市場でのドル/円(USD/JPY)は、
105円台前半で持ち合いながら、底堅い値動き。

ニューヨーク市場の午前中に、
105円台前半から、[105.50]アラウンドにジリジリと上昇を続けている。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

5月29日(木)のニューヨーク市場では、午後に、
ドル/円(USD/JPY)の高値[105.80-90]レベルの高値を付けた。

このところのマーケットでは、4月中旬から、5月下旬の時点で、
102円台ミドルから105円台後半程度での、
いわゆる「ボックス相場」を形成しているが、
それまでの高値は、[105.60-70]レベルだった。

その意味で、目先の戻り高値を更新した。

5月29日(木)のニューヨーク・クローズは、[105.50]アラウンド。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

5月30日(金)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
105円台ミドル---[105.55-60]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

5月30日(金)のドル/円(USD/JPY)は、
[105.50]を挟んでの「高値持ち合い」が終日続いた。

東京市場のドル/円(USD/JPY)高値は、[105.70-75]レベル。
一方、安値は、[105.20-30]レベル。

この日のロンドン市場、ニューヨーク市場は、東京市場の高値、安値を抜けず。
概して、「高値持ち合い、小動き」。

5月30日(金)のニューヨーク・クローズは、[105.50]アラウンド。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

週明け、6月2日(月)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
105円台ミドル---[105.40-45]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

東京市場のドル/円(USD/JPY)は、105円台前半程度で動き無し。

週末に、英国住宅ローン会社大手の業績悪化とCEOの辞任
のニュースがあったことから、東京市場でもポンド安が進んだ。

東京市場の夕方に、ロンドン勢が参入してくると、
ポンド/円(GBP/JPY)や、クロス円での「円高」の影響で、
ドル/円(USD/JPY)での「売り」にマーケットは反応した。

東京市場のクローズは、105円台を割り込み、104円台後半。

この日のロンドン市場では、
ポンド/円(GBP/JPY)や、クロス円での売りが継続。

6月2日(月)のニューヨーク市場のドル/円(USD/JPY)は、
[104.50]を割り込み、
ニューヨーク市場の昼ごろに[104.00]アラウンドまで急落している。

米国の格付け会社「S&P」が、
メリルリンチ、リーマンブラザーズ、モルガンスタンレーの、
米国大手証券3社の格下げを発表したことから、
ドル/円(USD/JPY)の下げを加速した。

6月2日(月)のニューヨーク市場夕方のドル/円(USD/JPY)は、
104円台前半から、104円台ミドル程度にリバウンドしてクローズ。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

6月3日(火)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
104円台ミドル---[104.35-40]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

東京市場午前中は、104円台ミドルでの小動き。

東京市場午後になって、
英国住宅ローン会社大手の業績悪化や、
「S&P」の米国大手証券の格下げを、
再度、材料とした「ドル売り円買い」が進み、
一気に、[104.00]を割り込んだ。安値は、[103.80-90]レベル。

東京市場で「ドル売り円買い」が進んだことから、
6月3日(火)のロンドン市場では、
目先の損切りを狙ったドル買い(ストップ・ロス・ハンティング)の動き。
ドル/円(USD/JPY)は、104円台ミドルにリバウンド上昇した。

6月3日(火)のニューヨーク市場になって、
バーナンキFRB(連邦準備制度理事会)議長が
「ドル安は輸入物価高騰を招来したため歓迎できない」
「FRBと財務省は通貨動向を注意深く見る」旨の発言。

この発言から、
ドル/円(USD/JPY)は、104円台ミドルから105円台ミドルへ急騰した。

(2008年6月4日東京時間00:30現在)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
□■知らないと損!『オクトFX』の高水準でオトクなスワップポイント!
■ --------------------------------------------------------
 → http://daikoku.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=MrtMqdFc&ai=132
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【外貨崩落】[生き残る人は知っているもう1つのシナリオ]
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

にほんブログ村 為替ブログへ

外為ランキング

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

ポプログ人気fxブログランキング

| | コメント (0)

« 2008年5月25日 - 2008年5月31日 | トップページ | 2008年6月8日 - 2008年6月14日 »