« 2008年3月23日 - 2008年3月29日 | トップページ | 2008年4月6日 - 2008年4月12日 »

2008年4月 5日 (土)

【セミナーにお越し頂いた皆様、ありがとうございます!】

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【外貨崩落】[生き残る人は知っているもう1つのシナリオ]
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXの教科書】■松田哲(Satoshi Matsuda)著■出版:扶桑社■1,575円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4594056148
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
□■女性でFXを始めるなら、
  ガイタメジェンヌでお馴染みの『オクトFX』がお得!
■ 女性限定のキャンペーンやセミナーなどで皆さんをサポートします
 → http://daikoku.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=MrtMqdFc&ai=131
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2008年04月05日号
【セミナーにお越し頂いた皆様、ありがとうございます!】
---東京国際フォーラム・セミナー---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  ******
宛先  松田哲 <satoshi.matsuda2007@gmail.com>   
日付  2008/04/04
件名  セミナーに行って良かったです。   

松田様

○○○○の○○です。

先日のセミナー(東京国際フォーラム)は、
前回の『銭湯セミナー』とはまた違ってとても勉強になりました。

「トレンドラインはサポートライン一本」
「損切りで相場は動く」
「ストップは死守する。
どうしても持ちたかったらそこから改めてポジションをとる」
などなど、
そのひとつ、ひとつみな目から鱗でした。

銭湯組のみなさんと飲みながらセミナーでの先生の言葉の奥深さに感心して、
やっぱり本だけじゃだめだよね。
会って生の声を聞かなきゃという話になりました。

それにしても、『日の出湯セミナー』の方々がたくさん来てくれていて、
私もとてもうれしかったです。

セミナーで十分満足、
しかも銭湯組のみなさんと先生の言葉をつまみに飲めて大満足でした。

○○○○から出てきたかいがありました。
ありがとうございました。

何かとお忙しいとは思いますがお体ご自愛ください。

またの機会を楽しみにしています。

追伸
ストップを死守すれば、当然安易にポジションを持たなくなるでしょうから、
今回のセミナーの一番の収穫として
自分の約束のひとつに加えたいと思っています。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  松田哲 <satoshi.matsuda2007@gmail.com>
宛先  ******
日付  2008/04/05
件名  Re: セミナーに行って良かったです。   

○○さま

今回のセミナーでは、ゆっくりお話が出来ませんでした。
せっかく遠くからお越しいただいたのに、すみません。

特に、○○さんには、メールを差し上げて、
是非お越しくださいとお誘いしておきながら、
お話が出来ずに、残念です。

アフターセミナーでは、□□□さんたちとご一緒だったのですね。
□□□さんからも、メールをいただきましたので、
有志のみんなで、飲みに行った、と伺っておりました。

そういった横のつながりで、情報交換の場を持てることは、
素晴らしい、と思います。

お声をかけておきながら、充分に対応できなかったのではないか、
と心配しておりましたので、
○○さんから、こういったお便りをいただき、ほっといたしました。

また、チャンスがあれば、是非、お会いいたしましょう!
今回は、本当に、ありがとうございました。

松田哲、拝

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松田 哲
【フォレックス・ディーラー物語】
http://www.d4.dion.ne.jp/~smatt/
メール:satoshi.matsuda2007@gmail.com

【FXの教科書】(扶桑社刊)
http://www.amazon.co.jp/dp/4594056148
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2008年4月 4日 (金)

【ありがとうございます!】---「FXの教科書」何回も読みました---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【外貨崩落】[生き残る人は知っているもう1つのシナリオ]
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXの教科書】■松田哲(Satoshi Matsuda)著■出版:扶桑社■1,575円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4594056148
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
□■女性でFXを始めるなら、
  ガイタメジェンヌでお馴染みの『オクトFX』がお得!
■ 女性限定のキャンペーンやセミナーなどで皆さんをサポートします
 → http://daikoku.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=MrtMqdFc&ai=131
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2008年04月04日号
【ありがとうございます!】
---「FXの教科書」何回も読みました---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  "***"
宛先  satoshi.matsuda2007@gmail.com   
日付  2008/04/03 23:22   
件名  「FXの教科書」何回も読みました   

松田先生、「FXの教科書」のアマゾンのレビュー書きました。
あまりにも褒めすぎだと関係者だと思われるので(笑)、
控えめに書いておきました。
「ひかり」という名前が書いたものです。

この前のオクトFXのセミナーではじめて松田先生の声を聞いたのですが、
思ってたよりソフトな方だったので驚いてしまいました(笑)。
すごく良かったので合計3回聞きました。
最後にユーロドルのフラグ理論の質問をした人がいましたが、
松田先生が「自分でやってください」って言ったのが快感でした。
私もそう思いました。「自分でやればー」って。

また、松田先生に会ってなかったら、
まず間違いなくトルコ、アイスランドを買っていたでしょう。
今考えると恐ろしいです。
ランドをこの前8枚切りました。大損しましたがすっきりしました。

最近、投資法を2つにしぼりました。

1、「1枚買ったら(売ったら)、1円で利食う」。
これを一切感情を入れず淡々と繰り返す。

以前はテクニカル分析や日柄計算をやってましたが、やめました。
個人がいくらやっても相場が読めるわけ無いとわかったので。
それにプロの情報量にかなうわけないですから。

2、松田先生の本、ブログを読む。その後自分の頭でよく考える。

この2つだけです。
この2つに変えたら心が安定しました。
以前は、何をやってても相場が気になり、
神経をすり減らしてましたが最近はなくなりました。
パソコンを見る時間が減ったせいか目も疲れないし頭も痛くない。
時間の節約にもなりました。
松田先生のおかげで損切りもできるようになりました。
先生にお会いしてなかったら、間違いなく破産してたと思います。
もちろん盲信しているわけではないですが、すごく感謝してます。
毎日、大変だと思いますが頑張ってください。
これからも応援してます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  松田哲 <satoshi.matsuda2007@gmail.com>
宛先  "***"
日付  2008/04/04 1:01   
件名  Re: 「FXの教科書」何回も読みました   

「ひかり」さま

応援のメール、メッセージ、
そして、アマゾンへの書評と、ありがとうございます。
心より、感謝いたします。

一部、変更など、加筆修正して、メルマガでも、配信いたします。
(^0^)/♪
ご了解ください。

変更・加筆の部分をご覧になって、意図はご理解ください。

松田哲、拝

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2008年4月 3日 (木)

【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【外貨崩落】[生き残る人は知っているもう1つのシナリオ]
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXの教科書】■松田哲(Satoshi Matsuda)著■出版:扶桑社■1,575円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4594056148
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
□■ 知らないと損!『オクトFX』の高水準でオトクなスワップポイント!
■ -------------------------------------------------
 → http://daikoku.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=MrtMqdFc&ai=132
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2008年04月03日号Part3
【マーケット・コメント】
---ドル/円(USD/JPY)---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

4月1日(火)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
99円台後半---[99.75-80]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

日銀短観の発表もあったが、
マーケット(外国為替市場)は、無視。材料にならず。

期初の東京市場は、概して、99円台後半で推移した。

東京市場の午後になって、
スイスの大手銀行UBSが「サブプライム・ローン」関連で、
大口の評価損を追加計上したニュースから、
ユーロ/ドル(EUR/USD)で「ユーロ売りドル買い」となった。

ユーロ/円(EUR/JPY)の売りの影響から、
ドル/円(USD/JPY)は、一時、下落した。

しかし、ユーロ/ドル(EUR/USD)での「ユーロ売りドル買い」は、
通貨市場全般に、「ドル買い」を促した。

4月1日(火)のドル/円(USD/JPY)の東京クローズは、[100.05-10]レベル。

4月1日(火)のロンドン市場では、
[100.20-30]レベル、[100.50-60]レベルにあった
ストップ・ロス(損切りのドル買い戻し)を付けて続伸(ドル上昇)した。

4月1日(火)のニューヨーク市場は、
「ドル買い」に弾みがつき、ドルの全面高となった。

ドル/円(USD/JPY)は、101円台に乗せると、
更なるストップ・ロス(損切りのドル買い戻し)を付けて、急騰した。
一気に、[102.00]アラウンドに上昇。

かねてから、懸念のウワサのあったリーマンブラザーズの資金調達や、
UBSの資本増強が伝えられたことなどが、「ドル買い」の材料となった。

ISM製造業景況感指数も、事前予想よりも良かったことも、
「ドル買い」の材料となった。

ドル/円(USD/JPY)のニューヨーク・クローズは、101円台後半程度。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

4月2日(水)のシドニー市場では、若干のドルの下落。
高値圏から、緩むように、ドル/円(USD/JPY)は、101円台ミドルへ。

4月2日(水)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
101円台ミドル---[101.50-55]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

東京市場のドル/円(USD/JPY)は、101円台ミドルから、ドルじり高に推移。
東京市場午前中は、101円台後半程度。
東京市場午後になって、102円台にしっかりと乗せる。

その後は、[102.00]を挟んで、高値圏での持ち合い。

4月2日(水)のロンドン市場でも、
[102.00]を挟んで、高値圏での持ち合いが続いた。

4月2日(水)の朝方のニューヨーク市場で、
ドル/円(USD/JPY)は、[102.50]を上に抜けた。
[102.50]を上に抜けた辺りにあった
ストップ・ロス・オーダー(損切りのドル買い戻し注文)を遂行して、
102円台後半に軽く跳ねた。
高値は、[102.80-90]レベル。[103.00]にはタッチしていない。

ニューヨーク市場の昼前後に高値を付けたドル/円(USD/JPY)は、
ストップ・ロス(損切り)を付け終えて、満足したように、
午後のニューヨーク市場のドル/円(USD/JPY)は、ダラダラと下落した。

つまり、
ストップ・ロス・ハンティング(損切りを狙った仕掛けの売買取引)
をし終えて、
『ひと仕事を終え、利益を確保できたので、
気が済んで、マーケットに興味の無くなった』かのように、
午後のニューヨーク市場のドル/円(USD/JPY)は、ダラダラと下落した。

高値の[102.80-90]レベルから、
ニューヨーク・クローズの[102.30-40]レベルまで、ダラダラと下落した。

昨日(4月3日)のニューヨーク市場では、
バーナンキFRB議長の議会証言があった。

バーナンキFRB議長の発言は、
米国経済の現状が厳しいものであることを認識し、
リセッションの可能性も示唆したが、
リセッションを明言するのは時期尚早とした。

ベア・スターンズ証券に関しては、金融システムを保護するために、
FRBは『支援』を行ったものとし、『救済』ではないと発言した。

※個人的には、詭弁に過ぎない、と考える。

さらに、ベア・スターンズ証券『救済』の融資は全額回収を見込むとし、
米金融機関は情報を開示しているので、公的資金による救済の必要は無い、
と発言した。

昨日(4月3日)のバーナンキFRB議長の発言は、
基本的に、「ドル売り材料」だった、と判断する。

しかし、マーケット(外国為替市場)は、
『ストップ・ロス・ハンティング』に忙しく、
バーナンキFRB議長の発言を無視した、と考えている。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

本日、4月3日(木)のシドニー市場で、さらに若干の下落。

本日、4月3日(木)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
102円台前半---[102.20-25]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

本日、4月3日(木)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
ドルじり高に推移。

前日(4月2日)のニューヨーク市場の値動きをなぞる様に、
ジリジリと上昇した。

これといった、ディップ(Dip)も無く、
東京市場のドル/円(USD/JPY)は、オープンの[102.20-25]レベルから、
東京市場の夕方の102円台後半にまで、ジリジリと上昇した。
高値は、[102.85-95]レベル。[103.00]には、タッチしていない。

本日、4月3日(木)のロンドン市場のドル/円(USD/JPY)は、
102円台後半で、動き無し。

本日、4月3日(木)のニューヨーク市場朝方のドル/円(USD/JPY)は、
102円台後半から、102円台前半に急落している。

このドル下落は、
---本日、4月3日(木)のNY市場朝方のドル/円(USD/JPY)下落は、---
昨日(4月2日)の値動きの反動に過ぎない、と考える。

本日、4月3日(木)のニューヨーク市場朝方に発表された
『ISM非製造業景況指数(3月)』は、予想よりも良かった。

本日、4月3日(木)のニューヨーク市場朝方のマーケットは、
米国経済指標『ISM非製造業景況指数(3月)』を無視した。

昨日(4月2日)のバーナンキ発言を、今頃になって、材料視しているのかな?
(^0^)/♪

要するに、マーケットの値動きは、『経済指標』や、『要人発言』よりも、
『マーケットのポジション』による値動きの方が、
影響力が大きい、ということ。

その証左が、『バーナンキ発言の無視』であり、
『ISM非製造業景況指数(3月)の無視』。

今後の値動きは、明日(4月4日)に、
最重要の米国経済指標『米国失業率(米国雇用統計)』を控えているので、
一定の水準で、留まるような値動きになるのではないか、と考えている。

(2008年4月3日東京時間23:40記述)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
□■女性でFXを始めるなら、
  ガイタメジェンヌでお馴染みの『オクトFX』がお得!
■ 女性限定のキャンペーンやセミナーなどで皆さんをサポートします
 → http://daikoku.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=MrtMqdFc&ai=131
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【『FXの教科書』(扶桑社)】---[出版社/著者からの内容紹介]---

2008年04月03日号Part2
【『FXの教科書』(扶桑社)】
---アマゾンに掲載の[出版社/著者からの内容紹介]が更新されました---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【FXの教科書】(単行本) 松田 哲 (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4594056148

単行本: 241ページ
出版社: 扶桑社 (2008/3/1)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【商品の説明】

[出版社からの内容紹介]

一時104円台まで進んだ円高を昨年夏段階で予想!

FX本のヒットメーカーである著者・松田哲氏が
FXで勝ち続けるための極意を熱意と情熱と魂をこめて徹底レクチャー!

2008年の為替相場に必須なドル/円売り、ユーロ/ドル買いの売買戦略を解説!
スワップ金利欲しさにドル/円売りをためらっていて
あなたは本当に勝てますか?

本書は3部構成になっています。

第1部・小説仕立ての為替取引入門編

伝説の為替小説「フォレックス・ディーラー物語」に学ぶ
「為替とは何か?」「儲けるとは何か?」

--松田氏が執筆した為替小説をもとに
リアルな為替取引の世界と相場の行方が自然と頭に入る構成になっています。
どんな入門書よりもこの小説を読んだほうが、
FXの仕組みや為替市場(インターバンク市場)の圧倒的な臨場感を
感じることができます。

第2部・プロ並みの売買戦略構築法を図解で徹底解説

「買い」と「売り」では売買戦略が全然、違う!

チャートを使った「現状把握」
→相場心理や市場のテーマを睨んだ「未来予想」
→「実際の売買」
→「自らの心理状態のコントロール」
→「利益確定」まで、プロ並みの売買のプロセスを一挙紹介します!

中でも、
チャートから相場の行方を決める「チャート・ポイント」を見つけ出し、
それをもとに売買戦略を立てる方法論が実践的に詳細に書かれています。

第3部・2008年はドル/円売り、ユーロ/ドル買いを基本に

2008年最大のテーマは「ドル安」。

「深刻化するサブプライムローン問題
→アメリカの景気後退」を睨んでどのような取引をすべきか? 

ドル円の100円割れ、
ユーロ・ポンド・豪ドルなどクロス円通貨に対する円高は
どのレベルまでを想定すべきか?

相変わらず強い上昇トレンドを示すユーロ/ドル買いの戦略など、
円高でお困りの投資家を救う待望の未来予想&売買ガイダンス満載! 

円高で外貨建て商品の損失がすでに社会問題化していることを警告!

内容(「MARC」データベースより)

為替取引とは何か?
FXで勝つ極意とは?
2008年最大のテーマ・ドル安の行方は?
2008年の最新相場動向を睨みつつ、
FXで勝つための知識、経験、ノウハウ、心構えを解説。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

[著者からのコメント]

2007年は、波乱の年だった。
そして、
『それ以上に、2008年は、大きな波乱になるのではないか?』
と、考えています。

個人投資家にとって、取引しやすくなったFX(外国為替)は、
特に、2005年以降、ブームとなりました。

2007年には、外貨投資を行う人の間で、
『円キャリー・トレード』が流行語となっています。

しかし、2007年後半以降に、もっと大きな『流行語』となったのは、
『サブプライム・ローン』ではないでしょうか?

『サブプライム・ローン問題』は、2007年後半に、大きな問題となり、
2008年年初には、マーケット(外国為替市場)の最大の関心事となっています。

「サブプライム・ローン問題」を材料に、ヘッジ(Hedge)の意識が広がり、
"Fly to Quality"(質への逃避)を引き起こしました。

その結果、2007年夏には、
「ドル円のトレンド」は「ドル高円安」から「ドル安円高」の転換しています。

●サブプライム・ローン関連の金融商品を、
 誰が(どの金融機関が、あるいは、どの企業や公共団体が)、
 どれぐらいの金額、保有しているのか?

●そして、そのサブプライム・ローン関連の金融商品の
 現在価値(実際の価格)はいったい、いくらなのか?

●その結果、具体的損失額はいくらになるのか?

サブプライム・ローン問題を、念頭に置きながら、
本書を読んでいただければ、と考えています。

本書では、第1部にはサイト「フォレックス・ディーラー物語」で好評だった
「青春のモニュメント」をノーカットにて上梓しています。
この物語は外国為替取引におけるテクニックも満載されており
読み応え充分です。

[著者について]

松田 哲(まつだ さとし)
早稲田大学法学部を卒業後、三菱信託銀行(現・三菱UFJ信託銀行)に入社。
支店勤務を経て、為替ディーラーに。
外国為替、国際資金業務のエキスパートとして
本店国際資金為替部、ニューヨーク支店を往復する。
その後、米国ファースト・インターステート銀行、フランス・パリバ銀行、
クレディ・スイス銀行、オーストラリア・コモンウェルス銀行の
チーフ・ディーラーとして活躍。
著書に、FX関連本として大ヒット中の
『FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?』など多数。
近著の『外貨崩落』(技術評論社)ではドル/円相場の下落を見事的中させる。
20年におよぶ辣腕為替ディーラーの経験と知識に裏打ちされた
為替の現状分析と未来予想には定評がある。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【ここ数日の円安傾向について】---読者の方からメールを頂きました---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【外貨崩落】[生き残る人は知っているもう1つのシナリオ]
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXの教科書】■松田哲(Satoshi Matsuda)著■出版:扶桑社■1,575円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4594056148
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
□■ 知らないと損!『オクトFX』の高水準でオトクなスワップポイント!
■ -------------------------------------------------
 → http://daikoku.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=MrtMqdFc&ai=132
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2008年04月03日号
【ここ数日の円安傾向について】
---読者の方からメールを頂きました---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  ******
宛先  satoshi.matsuda2007@gmail.com   
日付  2008/04/03 9:33   
件名  ここ数日の円安傾向について   

松田様

メールマガジンを拝見している者です。
日ごろは、大変に参考になるコメントをありがとうございます。

4月2日付のメールマガジンでは、
最近のメールマガジンの冒頭に示されていた
「ドル安円高トレンド(ドル売り円買いトレンド)に、何ら、変化は無い」
という言葉がありませんでした。

これはトレンドの転換を示唆するものでしょうか。

宜しくお願い致します。

******
********@*********.jp

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

こういったご質問を頂きました。

相場というのは、
いろいろな要因で「調整」や「リバウンド(上昇)」をする時期もあります。

しかし、この、今の時点で、かつ、この値動きでは、
明確な「ドル高円安トレンド」のシグナルを出した訳ではありません。
「ドル安円高トレンド」に何ら変化は無いと考えています。

昨日(2008年4月2日)のバーナンキFRB議長の発言を踏まえても、
「ドル安円高トレンド」に変化が無い、と考えています。

※昨日(2008年4月2日)のバーナンキFRB議長の発言を、
 各自、確認してください。

ただし、こういった「調整」や「リバウンド(上昇)」がきつい局面では、
いったん「損切り」を敢行して、
改めて、ドルの売り場を探すことも当然の戦略・戦術とも考えます。

今後も、トレンドが変化した際には、
随時、メルマガやブログなどで、
発信していきますので、よろしくお願いいたします。
(^0^)/♪

松田哲、拝

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
□■女性でFXを始めるなら、
  ガイタメジェンヌでお馴染みの『オクトFX』がお得!
■ 女性限定のキャンペーンやセミナーなどで皆さんをサポートします
 → http://daikoku.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=MrtMqdFc&ai=131
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2008年4月 2日 (水)

【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【外貨崩落】[生き残る人は知っているもう1つのシナリオ]
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXの教科書】■松田哲(Satoshi Matsuda)著■出版:扶桑社■1,575円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4594056148
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
□■指標発表時にもシステムは抜群の安定性!『オクトFX』で安心のお取引!
■ -------------------------------------------------
 → http://daikoku.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=MrtMqdFc&ai=133
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2008年04月02日号Part2
【マーケット・コメント】
---ドル/円(USD/JPY)---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

先週末、3月28日(金)のニューヨーク市場は、
米国個人消費が低かったことなどを材料に、99円台ミドル程度に下落。
その後は、概して持ち合い。

ドイツ系銀行の「サブプライム・ローン問題での損失」が
ウワサになったこともあって、ドル/円(USD/JPY)は、
99円台前半まで下落してニューヨーク・クローズとなった。

3月31日、週明け月曜日のウェリントン・シドニー市場では、
前週のニューヨーク・クローズの流れを受けて、「ドル売り円買い」が進み、
ドル/円(USD/JPY)は、98円台後半へ下落した。
しかし、東京オープン前に反発して99円台前半に戻す。

3月31日、月曜日の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
99円台前半---[99.30-35]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

週明け月曜日の東京市場朝方のドル/円(USD/JPY)は、急反発上昇して、
一気に100円台前半に乗せた。高値は、[100.10-20]レベル。

しかし、100円台前半に乗せても、相変わらず、追随のドル買いは出ない。
このところの値動きと同じく、かえって99円台後半に反落。じり安の展開。
東京クローズは、[99.30-40]レベル。

週明け月曜日のロンドン市場のドル/円(USD/JPY)は、
99円台ミドルで持ち合い小動き。目だった値動きも無い。

この日のニューヨーク市場も、目だった値動きも無く、
ドル/円(USD/JPY)は、99円台後半程度で持ち合い。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

4月1日(火)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
99円台後半---[99.75-80]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

日銀短観の発表もあったが、
マーケット(外国為替市場)は、無視。材料にならず。

期初の東京市場は、概して、99円台後半で推移した。

東京市場の午後になって、
スイスの大手銀行UBSが「サブプライム・ローン」関連で、
大口の評価損を追加計上したニュースから、
ユーロ/ドル(EUR/USD)で「ユーロ売りドル買い」となった。

ユーロ/円(EUR/JPY)の売りの影響から、
ドル/円(USD/JPY)は、一時、下落した。

しかし、ユーロ/ドル(EUR/USD)での「ユーロ売りドル買い」は、
通貨市場全般に、「ドル買い」を促した。

4月1日(火)のドル/円(USD/JPY)の東京クローズは、[100.05-10]レベル。

4月1日(火)のロンドン市場では、
[100.20-30]レベル、[100.50-60]レベルにあった
ストップ・ロス(損切りのドル買い戻し)を付けて続伸(ドル上昇)した。

4月1日(火)のニューヨーク市場は、
「ドル買い」に弾みがつき、ドルの全面高となった。

ドル/円(USD/JPY)は、101円台に乗せると、
更なるストップ・ロス(損切りのドル買い戻し)を付けて、急騰した。
一気に、[102.00]アラウンドに上昇。

かねてから、懸念のウワサのあったリーマンブラザーズの資金調達や、
UBSの資本増強が伝えられたことなどが、「ドル買い」の材料となった。

ISM製造業景況感指数も、事前予想よりも良かったことも、
「ドル買い」の材料となった。

ドル/円(USD/JPY)のニューヨーク・クローズは、101円台後半程度。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

4月2日(水)のシドニー市場では、若干のドルの下落。
高値圏から、緩むように、ドル/円(USD/JPY)は、101円台ミドルへ。

4月2日(水)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
101円台ミドル---[101.50-55]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

東京市場のドル/円(USD/JPY)は、101円台ミドルから、ドルじり高に推移。
東京市場午前中は、101円台後半程度。
東京市場午後になって、102円台にしっかりと乗せる。

その後は、[102.00]を挟んで、高値圏での持ち合い。

4月2日(水)のロンドン市場でも、
[102.00]を挟んで、高値圏での持ち合いが続いた。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【セミナーにご参加頂いた方からの質問】

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【外貨崩落】[生き残る人は知っているもう1つのシナリオ]
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXの教科書】■松田哲(Satoshi Matsuda)著■出版:扶桑社■1,575円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4594056148
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
□■指標発表時にもシステムは抜群の安定性!『オクトFX』で安心のお取引!
■ -------------------------------------------------
 → http://daikoku.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=MrtMqdFc&ai=133
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2008年04月02日号
【セミナーにご参加頂いた方からの質問】
---[国際フォーラム]にご参加頂いた皆様、ありがとうございました---

※セミナーにご参加いただいた方でないと、
 頂いたご質問の趣旨が、正確には、わからないかも知れませんが、
 セミナーにご出席頂いた皆様へのメッセージとして、配信いたします。

※この件に関してのご質問には、これ以上、お答えいたしません。
 悪しからず、ご了解ください。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  ******
宛先  satoshi.matsuda2007@gmail.com   
日付  2008/03/31 20:45   
件名  ○○○○と申します   

3月29日、東京国際フォーラムでのセミナーお疲れ様でした

今回のセミナーも有意義な講義ありがとうございました

鉛筆に定規なんてはるか昔の学校時代を思い出しました

しかしながら昔と違うのは集中力です

自分でもいささかビックリしました

月足、週足、日足は毎日のように見ていたのですが、
こんな様にサポートラインが引けるとは、自分のセンスの無さに驚きました
レジスタンスラインを引いて満足してました・・・

伺えなかったことが一つあります

榊原さんの95円の踏み上げの件なのですが
その当時、何故95円が市場で意識されていた理由についてです

自分なりにレジスタンスラインと時間軸によるものかと思っているのですが、
実際は如何だったのでしょうか?

今後起こりえる、底値からのトレンド転換時の参考になるかなと感じたので

日々お忙しく過ごされている事と存じます

これからもご活躍期待しております

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  松田哲 <satoshi.matsuda2007@gmail.com>
宛先  ******
日付  2008/04/02 0:46   
件名  Re: ○○○○と申します   

○○○○さま

セミナーにご参加いただき、ありがとうございました。
心より、お礼申し上げます。

1995年当時に、チャート上の強いレジスタンスは、
95.00アラウンドにありました。

添付のチャートをご覧ください。

時間が取れませんので、これにて、取り急ぎ、お返事いたします。

松田哲、拝

(ご参考)
http://forexdealer.cocolog-nifty.com/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2008/04/02/usdjpym2008apr02.png

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

USDJPY(月足チャート)

この写真を見る

| | コメント (0)

2008年4月 1日 (火)

【セミナーにご参加頂いた方からの質問】

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【外貨崩落】[生き残る人は知っているもう1つのシナリオ]
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXの教科書】■松田哲(Satoshi Matsuda)著■出版:扶桑社■1,575円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4594056148
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
□■初回入金額5万円、証拠金は一律2万円、米ドル/円のスプレッドは3~
■ 24時間フリーダイヤルで安心サポート、情報は話題のMarketWin24を搭載
 → http://daikoku.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=MrtMqdFc&ai=132
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2008年04月01日号
【セミナーにご参加頂いた方からの質問】
---[国際フォーラム]にご参加頂いた皆様、ありがとうございました---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人   "******"
宛先   "松田哲"<seminar.only@gmail.com>
日付  2008/03/29 23:12   
件名  国際フォーラムセミナーの件   

松田哲様

本日はセミナーお疲れ様でした。
意外にもリラックスした会場の雰囲気で、
松田様の人柄も感じることができました。
本にサインまで頂きありがとうございます。

今回は質問の時間も少なかったのが、少し残念でした。
残っていらっしゃる方も多かったのでメールで質問よろしいでしょうか。

質問の内容はチャートのラインの引き方です。

サポートラインの場合、「安値と安値を結ぶ」とお話していたと思いますが
本日いただいた(3)USD/JPY(日足)のサポートラインは
08/17 112.00辺りと 11/26 107.21 の点を結ばないのはなぜでしょうか?
日足だから意味がないのかな?と思ったのですが…
あまりにも初歩的な質問ですいません。
チャートでは、どの時点での点を結ぶのか、
明確な根拠があれば教えていただけないでしょうか?

お忙しいところ、申し訳ありません。質問が不適切でしたら削除してくさい。

メルマガも毎回楽しみながら、参考にさせていただいています。
これからも松田様のご活躍を期待しております。

★ ─────────────── ─ ─ - -
******    *******@******.jp
- - ─ ─ ─────────────── ★

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人   松田哲 <seminar.only@gmail.com>
宛先   "******"
日付  2008/04/01 0:29   
件名  Re: 国際フォーラムセミナーの件   

******さま

(3)USD/JPY(日足)のサポート・ラインは
08/17 112.00辺りと 11/26 107.21 の点を結んでもOKです。

サポート・ラインは、幾通りも引くことが可能です。
だから、
「多くの人が、意識する」
「多くの人が、そのラインを引くであろう」
といったサポート・ラインを引くことが重要になります。

(3)USD/JPY(日足)のサポート・ラインで、
08/17 112.00辺りと 11/26 107.21 の点を結んだ場合であっても、
『サポートラインを割り込んだ辺り』が、『ドル売り円買い』のシグナルです。

すなわち、3月12日に、
それまでのチャート・ポイントであった[101.50]を明確に割り込みます。
そのポイント、[101円台前半]で、
『ドル売り円買い』のシグナルを発しています。

3月12日以前に、それまでのメールマガジンで、
[101.50]および[101.00]に注目している旨のコメントを配信しています。

[101.50]および[101.00]を割り込むと、
一気に、『[100.00]割れ』の可能性がある、
かつ、[100.00]は、テクニカル分析(チャート分析)上では、
然程、重要ではない、という内容です。

そのコメントとも、一致します。

取り急ぎ、
松田哲、拝

PS;
◇松田哲の2008年度FX投資戦略セミナー◆
に、ご参加いただき、本当に、ありがとうございました。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2008年3月31日 (月)

【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【外貨崩落】[生き残る人は知っているもう1つのシナリオ]
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXの教科書】■松田哲(Satoshi Matsuda)著■出版:扶桑社■1,575円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4594056148
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
☆★ FX会社を選ぶ際の大事な基準、信託保全。
★オクトFXなら、三井住友銀行で信託保全措置率100%超!(2008年3月現在)
 → http://daikoku.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=MrtMqdFc&ai=132
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2008年03月31日号
【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

(枕詞)

大きな流れでは、「ドル安円高トレンド(ドル売り円買いトレンド)」に、
何ら、変化は無い、と考えている。

「サブプライム・ローン問題」に伴う諸問題も、何ら、解決されていない。

だから、今後、「サブプライム・ローン問題」に関連して、
倒産する米国の企業(それは、金融機関とは限らない)や、
米国以外にも倒産する企業が、顕在化するだろう、と予測している。

すでに、『ベア・スターンズ証券の事実上の倒産』で、
「サブプライム・ローン問題」に関連した倒産は、その第一号を出した。

今後も、そういった企業が出てくるだろうと考えている。

経済指標を観察すると、米国の景気後退も、目に見える状況になりつつある。
個人的には、米国経済は、景気後退局面にすでに入っている、と考えている。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

先週末、3月28日(金)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
99円台ミドル---[99.50-55]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

3月28日(金)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、ドルじり高。

東京市場朝方から、緩やかにドル上昇。
ドル/円(USD/JPY)は、東京市場夕方に100円台前半に乗せた。

ロンドン市場の朝方は、ドルじり安。
ドル/円(USD/JPY)は、99円台後半に緩やかに下落。

その後のロンドン市場で、
一時的に、[100.30-40]レベルまでドルを買い上げる向きが出るも、
追随のドル買いは出ない。かえって99円台後半に反落。

ニューヨーク市場は、米国個人消費が低かったことなどを材料に、
99円台ミドル程度に下落。その後は、概して持ち合い。

ドイツ系銀行の「サブプライム・ローン問題での損失」が
ウワサになったこともあって、
ドル/円(USD/JPY)は、99円台前半まで下落してニューヨーク・クローズ。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

本日(3月31日)、週明け月曜日のウェリントン・シドニー市場では、
前週のニューヨーク・クローズの流れを受けて、「ドル売り円買い」が進み、
ドル/円(USD/JPY)は、98円台後半へ下落した。
しかし、東京オープン前に反発して99円台前半に戻す。

本日(3月31日)、週明け月曜日の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
99円台前半---[99.30-35]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

週明け月曜日の東京市場朝方のドル/円(USD/JPY)は、急反発上昇して、
一気に100円台前半に乗せた。高値は、[100.10-20]レベル。

しかし、100円台前半に乗せても、相変わらず、追随のドル買いは出ない。
このところの値動きと同じく、かえって99円台後半に反落。じり安の展開。
東京クローズは、[99.30-40]レベル。

週明け月曜日のロンドン市場のドル/円(USD/JPY)は、
99円台ミドルで持ち合い小動き。目だった値動きも無い。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

« 2008年3月23日 - 2008年3月29日 | トップページ | 2008年4月6日 - 2008年4月12日 »