« 2008年3月9日 - 2008年3月15日 | トップページ | 2008年3月23日 - 2008年3月29日 »

2008年3月21日 (金)

【マーケットの俯瞰】---イースター(復活祭)---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  □■ 指標発表時にも抜群の安定性!『オクトFX』で安心のお取引!
  ■ -----------------------------------------
 → http://www.okt-cubic.co.jp/campaign/infoex_swing_c/index.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇ 松田哲の2008年度FX投資戦略セミナー ◆◇
-----扶桑社新刊『FXの教科書』---直筆署名入り新刊本即売会-----
■会場:東京国際フォーラム(G701会議室)
■日時:2008年3月29日(土)14:00~     ■会費:8,000円
→ http://smatt.hp.infoseek.co.jp/2008Mar29-seminar.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2008年03月21日号
【マーケットの俯瞰】
---イースター(復活祭)---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

マーケットを俯瞰して見ると、昨年(2007年)の6月に、
ドル/円(USD/JPY)は、124円台の高値をつけた。

その後、ドル/円(USD/JPY)は、下落を始め、
2008年の3月中旬には95円台を示現している。

このところの9ヶ月で、約30円の「ドル安円高」が進んだことになる。

この9ヶ月の期間は、明らかな「ドル安円高トレンド」であった、
と断定できる。
それは、過去のことだから、断言できる。

未来は、これから起こることだから、断定(断言)は出来ない。

つまり、相場は、未来に起こることを想像することだから、
断定(断言)は出来ない。

誰にとっても、未来は、わからないことだからだ。

そうなると、今後のことを考えるならば、
今までの経緯と、それまでの傾向、相場の流れを見ていかなければならない。

そうしなければ、未来(相場)は読めない。
そういったことを踏まえて、考えていきたい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

今のところ、大きな流れでは、
「ドル安円高トレンド(ドル売り円買いトレンド)」に、
何ら、変化は無い、と考えている。

このところの相場(外国為替市場)で、重大な『ドル売りの材料』であった
「サブプライム・ローン問題」に伴う諸問題も、何ら、解決されていない。

今後、「サブプライム・ローン問題」に関連して、
倒産する米国の企業(それは、金融機関とは限らない)や、
米国以外にも倒産する企業が、顕在化するだろう、と予測している。

また、経済指標を観察すると、米国の景気後退も、
目に見える状況になりつつある。

個人的には、米国経済は、景気後退局面にすでに入っている、と考えている。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

本日(3月21日)は、イースター(復活祭)。

ロンドン市場や、欧州市場は休みになる。

ニューヨーク市場はオープンしているが、積極的な売買は期待できない。
実質的には、休日といったところ。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXの教科書】■松田哲(Satoshi Matsuda)著■出版:扶桑社■1,575円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4594056148
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【外貨崩落】[生き残る人は知っているもう1つのシナリオ]
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2008年3月19日 (水)

【どこで売り、どこで買うのかは】

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  □■ 指標発表時にも抜群の安定性!『オクトFX』で安心のお取引!
  ■ -----------------------------------------
 → http://www.okt-cubic.co.jp/campaign/infoex_swing_c/index.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇ 松田哲の2008年度FX投資戦略セミナー ◆◇
-----扶桑社新刊『FXの教科書』---直筆署名入り新刊本即売会-----
■会場:東京国際フォーラム(G701会議室)
■日時:2008年3月29日(土)14:00~     ■会費:8,000円
→ http://smatt.hp.infoseek.co.jp/2008Mar29-seminar.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2008年03月19日号
【どこで売り、どこで買うのかは】
---個々人の持ち値によって、異なります---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  ******
宛先  satoshi.matsuda2007@gmail.com   
日付  2008/03/19 8:50
件名  今後の展開について

松田様

いつもたのしく、ブログを読ませていただいております。

わたくし、去年の8月ころから、為替をやりだしまして、
いわゆる円キャリーで、かなりの損をだしました。

このたび、松田様の著書を3冊よませていただき、
チャートポイントの大切さ、損切りの大切さなどを知り、
ふたたび相場に参加いたしました。

今まではそんな事も知らずに、トレードしていた自分が恥ずかしいです。

そこで、図々しくもお聞きしたい事がございます。

今私のポジションは98円のショート、
このたび利下げにもかかわらず100円となっております。

このようなときはまずは損切りして次の売り場(101.5? 105?)
をまつほうがよいのでしょうか?

一応102に、SLはおいてあるのですが、
損切り幅としては甘過ぎるような気もします。

まだまだ 初心者でお恥ずかしながら、どなたかのご意見をきかねば、
判断できず、どうかお時間だあるときに、お返事いただけますと幸いです。

また、次の売り場を探すばあい(101.5 105)というのは正解でしょうか?

よろしくおねがいいたします。

******

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  松田哲 <satoshi.matsuda2007@gmail.com>
宛先  ******
日付  2008/03/19 9:29
件名  Re: 今後の展開について

******さま

ごく目先は、乱高下しましたが、ドル安円高トレンドに変化がありません。
どこで売り、どこで買うのかは、個々人の持ち値によって、異なります。
個人的には、チャートポイントである101.00、101.50程度の上に、
ストップ・ロスを置いて、ドル売りでよいと考えています。

101.00、101.50を上に抜けても、ドル安円高トレンドに変化がありません。
現状ですと、109円を上に抜けて上昇しないと、
ドル高円安トレンドに転換しません。

だから、どこで売り、どこで買うか、を『自分で』判断しなければいけない、
ということです。

取り急ぎ、
松田哲、拝

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  松田哲 <satoshi.matsuda2007@gmail.com>
宛先  ******
日付  2008/03/19 10:01   
件名  Re: 今後の展開について   

******さま

追伸

ぜひ、

3月29日(土)の有料セミナー(8000円)
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/2008Mar29-seminar.html

に、お越しください。

当日は、全員参加のチャートの勉強も行います。
ご質問をお受けする時間もとっております。

お申し込みをお待ちしております!!
(^0^)/♪

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松田 哲
【フォレックス・ディーラー物語】
http://www.d4.dion.ne.jp/~smatt/
メール:satoshi.matsuda2007@gmail.com

【FXの教科書】(扶桑社刊)
http://www.amazon.co.jp/dp/4594056148
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXの教科書】■松田哲(Satoshi Matsuda)著■出版:扶桑社■1,575円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4594056148
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【外貨崩落】[生き残る人は知っているもう1つのシナリオ]
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2008年3月18日 (火)

---『いわゆる「下値持ち合い」』:通常の範囲内の値動き---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  □■ 指標発表時にも抜群の安定性!『オクトFX』で安心のお取引!
  ■ -----------------------------------------
 → http://www.okt-cubic.co.jp/campaign/infoex_swing_c/index.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇ 松田哲の2008年度FX投資戦略セミナー ◆◇
-----扶桑社新刊『FXの教科書』---直筆署名入り新刊本即売会-----
■会場:東京国際フォーラム(G701会議室)
■日時:2008年3月29日(土)14:00~     ■会費:8,000円
→ http://smatt.hp.infoseek.co.jp/2008Mar29-seminar.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2008年03月18日号Part2
【マーケット・コメント:ドル/円(USD/JPY)】
---『いわゆる「下値持ち合い」』:通常の範囲内の値動き---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

この3月29日(土)に開催する有料セミナー(8000円)には、
まだ、席に余裕があります。

お申し込みは、以下のページをご覧ください。
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/2008Mar29-seminar.html

なにとぞ、よろしくお願い申し上げます。

松田哲、拝

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

大きな流れでは、「ドル安円高トレンド(ドル売り円買いトレンド)」に、
何ら、変化は無い。

「サブプライム・ローン問題」に伴う諸問題も、何ら、解決されていない。

今後、「サブプライム・ローン問題」に関連して、
倒産する米国の企業(それは、金融機関とは限らない)や、
米国以外にも倒産する企業が、顕在化するだろう、と予測している。

経済指標を観察すると、米国の景気後退も、目に見える状況になりつつある。

個人的には、米国経済は、景気後退局面にすでに入っている、と考えている。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

上記は、このところ、何度も、繰り返し記述している。
ほとんど、『枕詞(まくらことば)』として、使っている。

上述のコメント通りに、『倒産する米国の企業』が顕在化した。
『ベア・スターンズ証券』が、事実上、倒産した。

『鏑矢(かぶらや)』は、金融機関とは限らない、と考えていたが、
結局は、『証券』という金融機関だった。

『ベア・スターンズ証券』は、『先鞭をつけた』に過ぎない。

だから、引き続き、今後、「サブプライム・ローン問題」に関連して、
倒産する米国の企業(それは、金融機関とは限らない)や、
米国以外にも倒産する企業が、顕在化するだろう、と予測している。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

本日(3月18日)のFOMCで、ドル金利の利下げが実施される(はずだ)。

ドル金利の利下げの幅は、いろいろとかまびすしい。
利下げ幅は、[0.25%][0.50%][0.75%][1.00%]と、諸説ある。

株式市場に与える影響は、ここでは関係ない。
(為替市場に与える影響は、異なる)

ドル金利の下げ幅は、いくらであっても、
それは、全て、『ドル売りの材料』である。

ドル金利の下げ幅が、大きいほど、
『ドル売り圧力』は大きいことに留意するべきだ。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

かつまた、
本日(3月18日)のFOMCで、ドル金利の利下げが実施される(はずだ)が、
その後で、すぐに、次の利下げが、話題になる(だろう)。

ドル金利が、たとえ、[1.00%]の利下げであったとしても、
マーケットは、すぐに、次の利下げを、話題にするだろう、と予測する。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

3月14日(金)のシドニー市場で、
ドル/円(USD/JPY)は、[100.30]アラウンドまで下落。
その後、東京市場の始まるまでは100円台ミドルでの持ち合い。

3月14日(金)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
[100.65-70]レベルでオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

朝方の東京市場でドル/円(USD/JPY)は、101円台に乗せるが、
再び、それまでの重要なチャート・ポイントであった[101.00]が重かった。

東京市場の午前中にドル売り気配で推移し、断続的にドル下落。
東京市場の昼には、100円台ミドル。
東京市場の午後には、100円台前半。
東京時間の午後2時過ぎには、[99.80]アラウンドのドルの安値レベルを示現。

安値を切り下げなかったことから、
毎度おなじみの、結局の「ショート・スクイズ」。
ドル/円(USD/JPY)は、100円台ミドル程度までのリバウンド(上昇)。
東京クローズは、[100.60-65]レベル。

3月14日(金)のロンドン市場、ニューヨーク市場の朝方は、
ドル/円(USD/JPY)は、ドルの買い戻し気味に推移した。

ドル/円(USD/JPY)は、先週の後半に[100.00]を割れて、99円台を示現した。
しかし、ドル/円(USD/JPY)は、リバウンド(上昇)して、
先週末(3月14日金曜日)のニューヨーク市場の朝方に、
再び、また101円台に乗せた。

しかし、この日のニューヨーク市場の朝方には、
101円台に乗せたレベルから、
一気に、[100.00]割れレベルまでの急落を見ている。

当然のことながら、これは、『大量のドル売り円買い』が炸裂したからだ。

「ベア・スターンズの格付け」問題などを材料視している。
マーケット(市場)は、米国大手証券会社の倒産を連想したからだろう。

※今週(3月17日月曜日)になって、
 実際に、『事実上のベア・スターンズ証券の倒産』となった。
 しかし、先週の時点では、まだ、明確ではなかった。

サブプライム・ローン問題で、
いつ何時、米国の大手企業が倒産に追い込まれても不思議ではない。

そういったセンチメント(市場心理・市場の雰囲気)が、
広まっていることに留意するべきだ。

ただし、現時点での相場を考えるのならば、
個人的には、『そんな理由など、どうでも良い』と考える。

大量のドルを売らなければ、101円台に乗せたレベルから、
一気に、[100.00]割れレベルまでの急落は起こらない。

100億ドル規模のドル売りが無ければ、短時間で、1円以上の急落は起こらない。

先週末のニューヨーク市場では、それ程のことが起こっていた、ということだ。

※先週の金曜日の時点で、『100億ドル規模のドル売り』があったはずだ、
 と考えていた。

※そうでなければ、先週の金曜日のニューヨーク市場の値動きを説明できない。

※しかし、『それ程の大量のドル売りが、何故出たのか?』
 不明な点があった。
 動いてしまえば、それがマーケットだから、『どーでも、いーかぁ・・・』
 と、考えていた。

※今週(3月17日月曜日)になって、
 『事実上のベア・スターンズ証券の倒産』が発表された。

※先週の金曜日の時点で、『100億ドル規模のドル売り』を敢行したヤツは、
 それを知っていたのだな、と、納得できる。

※つまり、通常レベルでは、外国為替市場に「インサイダー取引」は無いが、
 このレベルでならば、事実上の「インサイダー取引」が存在する、
 という典型例。

先週末のニューヨーク市場の昼頃は、
[100.00]アラウンドでの持ち合いとなった。

100億ドル規模のドル売りが炸裂して、
ドルの買い持ち(ドル・ロング)をつかまされた市場参加者が、
苦しみながらも、耐え忍んでいた時間が、
その[100.00]アラウンドでの持ち合いをしていた時間だ。

ニューヨーク市場の午後になって、
100億ドル規模のドルの買い持ち(ドル・ロング)を
つかまされた市場参加者が、
のた打ち回りながら、損切りのドル売りを敢行した。

だから、ニューヨーク市場の午後になって、
[100.00]アラウンドから[99.00]アラウンドまで急落している。

一時、98円台後半の安値を付けたが、
ニューヨーク・クローズは[99.00]アラウンド。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

昨日(3月17日月曜日)のマーケットが始まる前に既述したが、
重要なことは、
先週の金曜日のニューヨーク・クローズの時点で、
まだ、ドルの買い持ち(ドル・ロング)を、
投げ終わっていない(損切りは終了していない)、ということ。

ということは、月曜日(3月17日)のウェリントン・シドニー市場は、
大きな『窓』を開けて、急落する可能性があるということ。

東京市場のオープン(寄り付き)は、98円台だろうと予測するが、
97円台で寄り付いても驚きはしない。

1998年10月の『LTCMショック』以来の、
『10年に一度の大相場』が、
昨日(3月17日)の月曜日に起こっても、全く不思議ではない状況だった。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

昨日(3月17日)の月曜日は、わくわくしていた!!
(^0^)/♪

昨日(3月17日)の月曜日のウェリントン・シドニー市場は、
『かわいらしい』小さな『窓』を開けて、急落。

ウェリントン・シドニー市場は、98円台後半程度で始まった。
案の定、
98円台前半に下落し、[98.00]を割り込み、97円台後半を示現したが、
シドニー市場で、いったん反発。

結局、昨日(3月17日)の月曜日の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
98円台前半---[98.10-15]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

東京市場の午前中に、強烈な「ドル売り円買い」が炸裂。
先週来、持ち越しの「損切りのドル売り円買い」が、東京市場に出た。

寄り付きの98円台前半から、
一気に、95円台ミドル([95.55-65]レベル)に急落した。

週越えの『持ち越しの「損切りのドル売り円買い」』が出ると、
昨日(3月17日)の月曜日の東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場は、
総じて、大きく急落した後の、『いわゆる「下値持ち合い」』を形成した。

種々、ニュースやら『くだらない「ノーガキ」』が流布していたのは、
当然に知っているが、要するに、
昨日(3月17日)の月曜日の東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場は、
総じて、大きく急落した後の、『いわゆる「下値持ち合い」』。

先週のニューヨーク・クローズは、[99.00]アラウンド。
週明けウェリントン・シドニー市場で窓を開けて急落。
東京の午前に95円台ミドルに大きく急落。

その後の値動きは、「宴の後」。
東京の午後から、昨日(3月17日)のニューヨーク・クローズまで、
96円台前半程度から97円台ミドル程度で、
あまり意味のない上下動を繰り返しているだけ。

昨日(3月17日)のニューヨーク・クローズは、97円台前半程度。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

本日(3月18日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
97円台前半---[97.05-10]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

現在のところ、「宴の後」状態が継続。
96円台前半程度から97円台ミドル程度で、
あまり意味のない上下動を繰り返している状態が続いている。

本日のFOMCに注目。
(コメントは既述)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

昨日(3月17日)の月曜日は、わくわくしていた!!
(^0^)/♪

しかし、結局のところ、期待したほどの値動きでもなかった。
この程度の値動きは、通常の範囲内。驚愕するほどでもない。
ちょっと、期待はずれで、残念かな・・・
(もっと、大きな動きを期待していました!)
(^0^)/♪

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXの教科書】■松田哲(Satoshi Matsuda)著■出版:扶桑社■1,575円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4594056148
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【外貨崩落】[生き残る人は知っているもう1つのシナリオ]
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【セミナー申し込みのメール】---是非、ご参加ください!3月29日(土)の有料セミナー---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇ 松田哲の2008年度FX投資戦略セミナー ◆◇
-----扶桑社新刊『FXの教科書』---直筆署名入り新刊本即売会-----
■会場:東京国際フォーラム(G701会議室)
■日時:2008年3月29日(土)14:00~     ■会費:8,000円
→ http://smatt.hp.infoseek.co.jp/2008Mar29-seminar.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2008年03月18日号
【セミナー申し込みのメール】
---是非、ご参加ください!3月29日(土)の有料セミナー---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

この3月29日(土)に開催する有料セミナー(8000円)には、
かなり席に余裕があります。

お申し込みは、以下のページをご覧ください。
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/2008Mar29-seminar.html

なにとぞ、よろしくお願い申し上げます。

松田哲、拝

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

このセミナーでは、ご参加頂いた皆様に、
実際に、チャートにサポートラインを引いていただく練習を行います。

筆記用具を持参の上、ご参加いただければ、と、思っています。

※鉛筆で、フリーハンドで描いてもOKです。
※30センチの定規をご持参いただければ、なお結構かと思います。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

---------- Forwarded message ----------
From: ******
Date: Mon, 17 Mar 2008 19:05:46 +0900
Subject: ○○○○です。 3月29日セミナー参加申し込みます。
To: 松田哲 <seminar.only@gmail.com>

松田先生第二日の出湯以来御無沙汰しております、○○の○○○○です。
新刊書上梓御祝い申し上げます。
その後、先生のメルマガを拝読させて頂いておりますが
不肖の弟子ぶりを発揮しまくりなかなか結果がついてきませんでした。
(スミマセン)
昨晩も「月曜日は大きく窓を開けて~」のアドバイスを頂いて
ショートを仕込みましたが今朝シドニーのオープンを見て、
「こんなもんか」と8時に手仕舞ったところ、
FRBのアナウンスが届き肝心の時間帯に指をくわえて眺めるだけの有様。
仕事の合間でやっとPCを開くと11時過ぎで慌てて仕込んだショートは
底値掴みとなってしまいました。
悔しさのあまりいまだに切れません。(泣)
↑というか、まだ持っていて大丈夫と踏んでいるのですが。
そこで今回のセミナーでは「エントリーのタイミングをどう見るか」について
先生のご意見を伺いたくよろしくお願い申し上げます。
あと、もうひとつは「日々の情報の入手方法について」
先生がいつも参考にされる情報はどのようなものか、
併せて教えていただきたいと思っております。よろしくお願い申し上げます。
それと、セミナーでは新刊書の即売会を兼ねて居られるそうですが
正直なところ、「そんなに待っていられません!」
先に本は入手させていただきますので会場では購入できませんが
よろしくお願い申し上げます。
○○○○ 拝

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  ******
宛先  seminar.only@gmail.com   
日付  2008/03/17 19:10   
件名  Fwd: ○○○○です。 3月29日セミナー参加申し込みます。(続報)

肝心の住所連絡先を記入忘れいたしました。
下記のとおりにてよろしくお願い申し上げます。
〒***-****
東京都○○区○○ ○-○-○-○○○
電話 ***-****-****
e-mail to: ****@********
○○○○

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人   松田哲 <seminar.only@gmail.com>
宛先   ******
日付  2008/03/17 19:20   
件名  Re: ○○○○です。 3月29日セミナー参加申し込みます。(続報)

○○○○さま

ご無沙汰です!
お申し込み、誠に、ありがとうございます。

私も、もう一段の、本日の急落(円高)を見込んでいますヨ!
(ポジショントークかな・・・?)

本日のNY市場で、大きな値動きがあれば、
『10年に一度の大相場』ですが、
今日の朝からこの時間(東京時間19:00ころ)までの値動きならば、
『5年に一度程度の、そこそこの相場』ということです。

私は、今日(3月17日)のNY市場は、
その点で、重要だ、と考えています!
(^0^)/♪

お振込みを確認の上、入場券をご郵送いたします。

取り急ぎ、
松田哲、拝

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松田 哲
【フォレックス・ディーラー物語】
http://www.d4.dion.ne.jp/~smatt/
メール: satoshi.matsuda2007@gmail.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXの教科書】■松田哲(Satoshi Matsuda)著■出版:扶桑社■1,575円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4594056148
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2008年3月17日 (月)

【お願い:是非、ご参加ください!】---3月29日(土)の有料セミナー---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇ 松田哲の2008年度FX投資戦略セミナー ◆◇
-----扶桑社新刊『FXの教科書』---直筆署名入り新刊本即売会-----
■会場:東京国際フォーラム(G701会議室)
■日時:2008年3月29日(土)14:00~     ■会費:8,000円
→ http://smatt.hp.infoseek.co.jp/2008Mar29-seminar.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2008年03月17日号Part3
【お願い:是非、ご参加ください!】
---3月29日(土)の有料セミナー---

この3月29日(土)に開催する有料セミナー(8000円)には、
かなり席に余裕があります。

お申し込みは、以下のページをご覧ください。
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/2008Mar29-seminar.html

なにとぞ、よろしくお願い申し上げます。

松田哲、拝

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

このセミナーでは、ご参加頂いた皆様に、
実際に、チャートにサポートラインを引いていただく練習を行います。

筆記用具を持参の上、ご参加いただければ、と、思っています。

※鉛筆で、フリーハンドで描いてもOKです。
※30センチの定規をご持参いただければ、なお結構かと思います。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

◇松田哲の2008年度FX投資戦略セミナー◆

全員参加![セミナー初]松田哲とチャートを描こう!

扶桑社新刊『FXの教科書』 直筆署名入り新刊本即売会

会場 : 東京国際フォーラム(G701会議室)
日時 : 2008年3月29日(土)14:00~
会費 : 8,000円

http://smatt.hp.infoseek.co.jp/2008Mar29-seminar.html

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXの教科書】■松田哲(Satoshi Matsuda)著■出版:扶桑社■1,575円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4594056148
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2008Mar17【ひとりごと】Part2

2008Mar17【ひとりごと】Part2
---ニコニコと笑顔を忘れずに!(何かと慌しくて、忙しいけど)---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

大きな流れでは、「ドル安円高トレンド(ドル売り円買いトレンド)」に、
何ら、変化は無い。

「サブプライム・ローン問題」に伴う諸問題も、何ら、解決されていない。

今後、「サブプライム・ローン問題」に関連して、
倒産する米国の企業(それは、金融機関とは限らない)や、
米国以外にも倒産する企業が、顕在化するだろう、と予測している。

経済指標を観察すると、米国の景気後退も、目に見える状況になりつつある。

個人的には、米国経済は、景気後退局面にすでに入っている、と考えている。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

このところ、何度も、繰り返し記述している。

ほとんど、『枕詞(まくらことば)』として、使っている。

上述のコメント通りに、『倒産する米国の企業』が顕在化した。

『ベア・スターンズ証券』が、事実上、倒産した。

『鏑矢(かぶらや)』は、金融機関とは限らない、と考えていたが、
結局は、『証券』という金融機関だった。

『ベア・スターンズ証券』は、『先鞭をつけた』に過ぎない。

だから、引き続き、
今後、「サブプライム・ローン問題」に関連して、
倒産する米国の企業(それは、金融機関とは限らない)や、
米国以外にも倒産する企業が、顕在化するだろう、と予測している。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

明日(3月18日)のFOMCで、ドル金利の利下げが実施される(はずだ)。

ドル金利の利下げの幅は、いろいろとかまびすしい。

利下げ幅は、[0.25%][0.50%][0.75%][1.00%]
と、諸説ある。

株式市場に与える影響は、ここでは関係ない。
(為替市場に与える影響は、異なる)

ドル金利の下げ幅は、いくらであっても、
それは、全て、『ドル売りの材料』である。

ドル金利の下げ幅が、大きいほど、
『ドル売り圧力』は大きいことに留意するべきだ。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

かつまた、
明日(3月18日)のFOMCで、ドル金利の利下げが実施される(はずだ)が、
その後で、すぐに、次の利下げが、話題になる(だろう)。

ドル金利が、たとえ、[1.00%]の利下げであったとしても、
マーケットは、すぐに、次の利下げを、話題にするだろう、と予測する。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

忙しいときにこそ、苦しいときにこそ、「笑顔」を忘れずに!

あー・・・、忙しい!!!

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【「外貨崩落」が、始まっています!】

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  □■ 指標発表時にも抜群の安定性!『オクトFX』で安心のお取引!
  ■ -----------------------------------------
 → http://www.okt-cubic.co.jp/campaign/infoex_swing_c/index.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇ 松田哲の2008年度FX投資戦略セミナー ◆◇
-----扶桑社新刊『FXの教科書』---直筆署名入り新刊本即売会-----
■会場:東京国際フォーラム(G701会議室)
■日時:2008年3月29日(土)14:00~     ■会費:8,000円
→ http://smatt.hp.infoseek.co.jp/2008Mar29-seminar.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2008年03月17日号Part2
【「外貨崩落」が、始まっています!】
---「荒れ相場」を楽しむ余裕を持ちましょう!(^0^)/♪---

昨日(昨夜)のうちに、本日(3月17日)のことを書いておきました。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●メールマガジン【独断と偏見の為替相場】
http://archive.mag2.com/0000089158/index.html
(バックナンバー閲覧可能にしました)

あるいは、ブログを、さかのぼって、ご覧ください。

●松田哲のFXディーラー物語[ブログ]
http://forexdealer.cocolog-nifty.com/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

「外貨崩落」が、始まっています!

注意しなければいけないのは、
『その「外貨崩落」は、始まったばかりだ!』
ということです。

多くの方々が想定しているよりも、
はるかに大きな振幅の可能性があります!
(^0^)/♪

個人的には、わくわくしますし、とても楽しみです!
(^0^)/♪

こういった「荒れ相場」を楽しむ余裕が欲しいものです!
(^0^)/♪

余裕が無いと、負けやすくなります。
(^0^)/♪

ニコニコと、笑顔を忘れずに。

苦しい顔をして、相場に臨んでも、相場は変わりません。
だったら、ニコニコと笑顔で、相場に臨めば、余裕も生まれます。

(余裕が無い人は、『形から入ること』も、大事ですヨ)
(^0^)/♪

笑顔、笑顔!!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXの教科書】■松田哲(Satoshi Matsuda)著■出版:扶桑社■1,575円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4594056148
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【外貨崩落】[生き残る人は知っているもう1つのシナリオ]
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2008Mar17【ひとりごと】

2008Mar17【ひとりごと】

『外貨崩落』。

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  □■ 指標発表時にも抜群の安定性!『オクトFX』で安心のお取引!
  ■ -----------------------------------------
 → http://www.okt-cubic.co.jp/campaign/infoex_swing_c/index.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇ 松田哲の2008年度FX投資戦略セミナー ◆◇
-----扶桑社新刊『FXの教科書』---直筆署名入り新刊本即売会-----
■会場:東京国際フォーラム(G701会議室)
■日時:2008年3月29日(土)14:00~     ■会費:8,000円
→ http://smatt.hp.infoseek.co.jp/2008Mar29-seminar.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2008年03月17日号
【マーケット・コメント】
---ドル/円(USD/JPY)---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

大きな流れでは、「ドル安円高トレンド(ドル売り円買いトレンド)」に、
何ら、変化は無い。

「サブプライム・ローン問題」に伴う諸問題も、何ら、解決されていない。

今後、「サブプライム・ローン問題」に関連して、
倒産する米国の企業(それは、金融機関とは限らない)や、
米国以外にも倒産する企業が、顕在化するだろう、と予測している。

経済指標を観察すると、米国の景気後退も、目に見える状況になりつつある。

個人的には、米国経済は、景気後退局面にすでに入っている、と考えている。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

先週は、週の前半にニューヨーク市場で、
五つの中央銀行(米、欧、英、加、スイス)が、
流動性を供給するための新しい方式を発表した。

この新流動性供給プランで、資金供給の担保に、
住宅ローン担保証券(MBS)が含まれていたことから、
マーケット(為替市場)では、一時的に「目先のドル買い材料」とされた。

時間の経過で、このテーマをマーケットは(市場参加者は、)斟酌した。
その結果、新流動性供給プランを「ドル買い材料」とする向きと、
それは、流動性を確保するだけで、
「サブプライム・ローン問題」の抜本的解決策にならない、と考える向きが、
対立する格好となった。

個人的には、(私見では、)
新流動性供給プランは、金融市場の流動性を確保するだけで、
「サブプライム・ローン」に伴う損失は不変だから、
金融市場の目先の混乱を鎮めるだけの効果しかない、と考える。

「サブプライム・ローン問題」で生じる損失を解消しないのだから、
それは、根本的解決策にならない。
ゆえに、新流動性供給プランは、
ことさらに「ドル買い材料」という訳ではない、と考える。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

3月13日(木)のシドニー市場では、101円台ミドルに急落し、
このところのドル/円(USD/JPY)の安値を更新すると、
ストップ・ロス(損切りの「ドル売り円買い」)を誘発し、
101円台前半を示現した。この時点での安値は、[101.05-15]レベル。

目先の101円台前半にあった
ストップ・ロス(損切りの「ドル売り円買い」)を付け終わると、
東京市場のオープン前に、101円台ミドルに若干のリバウンド。

3月13日(木)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
[101.45-50]レベルでオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

東京市場寄り付き後の動きは、若干のドル買い気配で推移したが、
上値は重く、東京市場の昼に向けて徐々にドルは値を下げた。

東京市場昼過ぎに、[101.00]を下に抜けると、
一気に[100.00]アラウンドまで急落した。

東京市場の夕方には[100.00]を完璧に割り込み、
99円台に下落している。

重要なチャート・ポイントであった[101.50][101.00]を
下に抜けたことで、
ドル/円(USD/JPY)は、
明確な『ダウンサイド・トレンド(ドル下落トレンド)』を示した。

多くの市場参加者は、あるいはマスコミは、[100.00]に注目するだろうが、
私は、[100.00]は、心理的なものだけで、
[100.00]には、『さほどの意味が無い』と考える。

しかし、ドル/円(USD/JPY)のビッグ・フィギュアが、
3桁から2桁になったことに、衝撃を覚える市場参加者は多いことだろう、
と、想像はしていますが・・・。

しかし、繰り返しますが、[100.00]は切りの良い数字に過ぎず、
『さほどの意味が無いこと』に、留意するべき、と考えます。

※くだらないことに拘泥すると、流れを見失います。

※重要なチャート・ポイントは、
[101.00][101.50]であったことを覚えておく必要があると考えます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

3月13日(木)のロンドン市場のドル/円(USD/JPY)は、
100円台前半での小動き。

ドルの上値は重いものの、一気にドルの売りに回るのに、
多くの市場参加者が、ためらっていた様子。

3月13日(木)のニューヨーク市場のドル/円(USD/JPY)は、
結局、「ショート・スクイズ」となり、
[101.00]アラウンドまでのリバウンド(上昇)となった。

しかし、案の定、
それまでの重要なチャート・ポイントであった[101.00]が重かった。

※過去のサポート・ポイントであった[101.00]が、
今度はレジスタンス・ポイントとしてワークしている。

3月13日(木)のニューヨーク市場の午後からクローズに向けて、
ドル/円(USD/JPY)は、再び下落した。
ニューヨーク市場のクローズは、100円台ミドル。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

3月14日(金)のシドニー市場で、
ドル/円(USD/JPY)は、[100.30]アラウンドまで下落。
その後、東京市場の始まるまでは100円台ミドルでの持ち合い。

3月14日(金)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
[100.65-70]レベルでオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

朝方の東京市場でドル/円(USD/JPY)は、101円台に乗せるが、
再び、それまでの重要なチャート・ポイントであった[101.00]が重かった。

東京市場の午前中にドル売り気配で推移し、断続的にドル下落。
東京市場の昼には、100円台ミドル。
東京市場の午後には、100円台前半。
東京時間の午後2時過ぎには、[99.80]アラウンドのドルの安値レベルを示現。

安値を切り下げなかったことから、
毎度おなじみの、結局の「ショート・スクイズ」。
ドル/円(USD/JPY)は、100円台ミドル程度までのリバウンド(上昇)。
東京クローズは、[100.60-65]レベル。

3月14日(金)のロンドン市場、ニューヨーク市場の朝方は、
ドル/円(USD/JPY)は、ドルの買い戻し気味に推移した。

ドル/円(USD/JPY)は、先週の後半に[100.00]を割れて、99円台を示現した。
しかし、ドル/円(USD/JPY)は、リバウンド(上昇)して、
先週末(3月14日金曜日)のニューヨーク市場の朝方に、
再び、また101円台に乗せた。

しかし、この日のニューヨーク市場の朝方には、
101円台に乗せたレベルから、
一気に、[100.00]割れレベルまでの急落を見ている。

当然のことながら、これは、『大量のドル売り円買い』が炸裂したからだ。

「ベア・スターンズの格付け」問題などを材料視している。
マーケット(市場)は、米国大手証券会社の倒産を連想したからだろう。

サブプライム・ローン問題で、
いつ何時、米国の大手企業が倒産に追い込まれても不思議ではない。

そういったセンチメント(市場心理・市場の雰囲気)が、
広まっていることに留意するべきだ。

ただし、現時点での相場を考えるのならば、
個人的には、『そんな理由など、どうでも良い』と考える。

大量のドルを売らなければ、101円台に乗せたレベルから、
一気に、[100.00]割れレベルまでの急落は起こらない。

100億ドル規模のドル売りが無ければ、短時間で、1円以上の急落は起こらない。

先週末のニューヨーク市場では、それ程のことが起こっていた、ということだ。

先週末のニューヨーク市場の昼頃は、
[100.00]アラウンドでの持ち合いとなった。

100億ドル規模のドル売りが炸裂して、
ドルの買い持ち(ドル・ロング)をつかまされた市場参加者が、
苦しみながらも、耐え忍んでいた時間が、
その[100.00]アラウンドでの持ち合いをしていた時間だ。

ニューヨーク市場の午後になって、
100億ドル規模のドルの買い持ち(ドル・ロング)を
つかまされた市場参加者が、
のた打ち回りながら、損切りのドル売りを敢行した。

だから、ニューヨーク市場の午後になって、
[100.00]アラウンドから[99.00]アラウンドまで急落している。

一時、98円台後半の安値を付けたが、
ニューヨーク・クローズは[99.00]アラウンド。

重要なことは、まだ、ドルの買い持ち(ドル・ロング)を、
投げ終わっていない(損切りは終了していない)、ということ。

ということは、月曜日(3月17日)のウェリントン・シドニー市場は、
大きな『窓』を開けて、急落する可能性があるということ。

東京市場のオープン(寄り付き)は、98円台だろうと予測するが、
97円台で寄り付いても驚きはしない。

1998年10月の『LTCMショック』以来の、
『10年に一度の大相場』が、
明日(3月17日)の月曜日に起こっても、全く不思議ではない。

明日(3月17日)の月曜日は、わくわくしている!!
(^0^)/♪

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXの教科書】■松田哲(Satoshi Matsuda)著■出版:扶桑社■1,575円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4594056148
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【外貨崩落】[生き残る人は知っているもう1つのシナリオ]
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

重要【明日(3月17日)の月曜日は、わくわくしている!!(^0^)/♪】

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  □■ 指標発表時にも抜群の安定性!『オクトFX』で安心のお取引!
  ■ -----------------------------------------
 → http://www.okt-cubic.co.jp/campaign/infoex_swing_c/index.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇ 松田哲の2008年度FX投資戦略セミナー ◆◇
-----扶桑社新刊『FXの教科書』---直筆署名入り新刊本即売会-----
■会場:東京国際フォーラム(G701会議室)
■日時:2008年3月29日(土)14:00~     ■会費:8,000円
→ http://smatt.hp.infoseek.co.jp/2008Mar29-seminar.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2008年03月16日号Part3
重要【明日(3月17日)の月曜日は、わくわくしている!!(^0^)/♪】

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ドル/円(USD/JPY)は、先週の後半に[100.00]を割れて、99円台を示現した。

しかし、ドル/円(USD/JPY)は、リバウンド(上昇)して、
先週末(3月14日金曜日)のニューヨーク市場の朝方に、
再び、また101円台に乗せた。

しかし、この日のニューヨーク市場の朝方には、
101円台に乗せたレベルから、
一気に、[100.00]割れレベルまでの急落を見ている。

当然のことながら、これは、『大量のドル売り円買い』が炸裂したからだ。

「ベア・スターンズの格付け」問題などを材料視している。
マーケット(市場)は、米国大手証券会社の倒産を連想したからだろう。

サブプライム・ローン問題で、
いつ何時、米国の大手企業が倒産に追い込まれても不思議ではない。

そういったセンチメント(市場心理・市場の雰囲気)が、
広まっていることに留意するべきだ。

ただし、現時点での相場を考えるのならば、
個人的には、『そんな理由など、どうでも良い』と考える。

大量のドルを売らなければ、101円台に乗せたレベルから、
一気に、[100.00]割れレベルまでの急落は起こらない。

100億ドル規模のドル売りが無ければ、短時間で、1円以上の急落は起こらない。

先週末のニューヨーク市場では、それ程のことが起こっていた、ということだ。

先週末のニューヨーク市場の昼頃は、
[100.00]アラウンドでの持ち合いとなった。

100億ドル規模のドル売りが炸裂して、
ドルの買い持ち(ドル・ロング)をつかまされた市場参加者が、
苦しみながらも、耐え忍んでいた時間が、
その[100.00]アラウンドでの持ち合いをしていた時間だ。

ニューヨーク市場の午後になって、
100億ドル規模のドルの買い持ち(ドル・ロング)を
つかまされた市場参加者が、
のた打ち回りながら、損切りのドル売りを敢行した。

だから、ニューヨーク市場の午後になって、
[100.00]アラウンドから[99.00]アラウンドまで急落している。

重要なことは、まだ、ドルの買い持ち(ドル・ロング)を、
投げ終わっていない(損切りは終了していない)、ということ。

ということは、月曜日(3月17日)のウェリントン・シドニー市場は、
大きな『窓』を開けて、急落する可能性があるということ。

東京市場のオープン(寄り付き)は、98円台だろうと予測するが、
97円台で寄り付いても驚きはしない。

1998年10月の『LTCMショック』以来の、
『10年に一度の大相場』が、
明日(3月17日)の月曜日に起こっても、全く不思議ではない。

明日(3月17日)の月曜日は、わくわくしている!!
(^0^)/♪

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXの教科書】■松田哲(Satoshi Matsuda)著■出版:扶桑社■1,575円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4594056148
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【外貨崩落】[生き残る人は知っているもう1つのシナリオ]
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2008年3月16日 (日)

【頂いたメール】---ありがとうございます!---

P3150025

_______3/15___________________________

_______オクトキュービックダブルセミナー___________________________

________赤坂ガーデンシティ__________________________

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  □■ 指標発表時にも抜群の安定性!『オクトFX』で安心のお取引!
  ■ -----------------------------------------
 → http://www.okt-cubic.co.jp/campaign/infoex_swing_c/index.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇ 松田哲の2008年度FX投資戦略セミナー ◆◇
-----扶桑社新刊『FXの教科書』---直筆署名入り新刊本即売会-----
■会場:東京国際フォーラム(G701会議室)
■日時:2008年3月29日(土)14:00~     ■会費:8,000円
→ http://smatt.hp.infoseek.co.jp/2008Mar29-seminar.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2008年03月16日号Part2
【頂いたメール】
---ありがとうございます!---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  ******
宛先  松田哲 <satoshi.matsuda2007@gmail.com>   
日付  2008/03/16 13:02   
件名  ご無沙汰しております。   

松田様

お疲れ様です。○○の○○○です。
「FXの教科書」拝読させて頂きました。
誤植、と言うか誤変換がありました。

p227 最後の行
(誤) この多いなる誤解を
(正) この大いなる誤解を

小さいことですが、念のためご連絡させて頂きます。
今回の作品は、自分にとっても、記念碑みたいに思っています。
先ほどamazonにもレビュー書きましたので是非ご確認下さい!

それでは、失礼致します。

○○○

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  ******
宛先  satoshi.matsuda2007@gmail.com   
日付  2008/03/16 1:37   
件名  昨日はありがとうございました   

松田哲さま

いつもメールマガジン拝読しております。

昨日3/15にOKT CUBICのセミナーに参加いたしました○○○○と申します。
一言お礼を申し上げたくてメールいたしました。

非常にためになるお話、ありがとうございました。

松田さんのセミナーは昨年のフィナンシャル・アカデミーのときが初めてで、
それ以来ですが、そのときからのファンです。
歯切れの良い、明快なお話でスカっとします。

オンラインのセミナーもそれなりに便利ですが、やはり直接お話を伺って、
空気というか波動といいますか、生で感じるものに勝るものはないですね。
今日はそれを再確認致しました。

まだFXを始めて数ヶ月のビギナーで、試行錯誤の日々ですが、
もう少し長期的な目で取り組むべきものなのかなと思いました。
トレンドが明確になった時点で素直に流れに従うと言うのが
素人には一番安全なやりかたですよね。
日々の値動きに一喜一憂せず、
大きな流れがどっちに向かっているのかを確認して取り組むのが
大事なんですよね。
ほんと当たり前のことなんですけど、なかなか気付かないものですね。

また、書面には書けないお話も聞けて、「なるほど」と思いました。
三十路手前の若造にとってはドラマのような内容にも思えましたが、
私自身も巨額の中東マネーの受け入れをアメリカが容認している今の状況は
何か変だなと思っていたので、
そういう話も可能性としてあるんだろうなと妙に納得しました。

これからも、松田さんの「独断と偏見の」お話、楽しみにしています。
とても勉強になります。

それでは、お体には十分気を付けて、今後の更なるご活躍を期待しております。
本当に、ありがとうございました。「FXの教科書」絶対買います!

○○○○

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXの教科書】■松田哲(Satoshi Matsuda)著■出版:扶桑社■1,575円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4594056148
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【外貨崩落】[生き残る人は知っているもう1つのシナリオ]
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【読者の方々、セミナーに参加頂いた方々】---メールありがとうございます!---

P3150027_5

_______3/15___________________________

_______オクトキュービックダブルセミナー___________________________

________赤坂ガーデンシティ__________________________

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  □■ 指標発表時にも抜群の安定性!『オクトFX』で安心のお取引!
  ■ -----------------------------------------
 → http://www.okt-cubic.co.jp/campaign/infoex_swing_c/index.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇ 松田哲の2008年度FX投資戦略セミナー ◆◇
-----扶桑社新刊『FXの教科書』---直筆署名入り新刊本即売会-----
■会場:東京国際フォーラム(G701会議室)
■日時:2008年3月29日(土)14:00~     ■会費:8,000円
→ http://smatt.hp.infoseek.co.jp/2008Mar29-seminar.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2008年03月16日号
【読者の方々、セミナーに参加頂いた方々】
---メールありがとうございます!---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

本日(3月16日)の『日経新聞日曜版』に、掲載されます!
是非、ご覧ください。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  "******"
宛先  satoshi.matsuda2007@gmail.com   
日付  2008/03/15 23:01   
件名  3/15 オクトキュービックダブルセミナーに参加しました   

松田様。

3/15 オクトキュービックダブルセミナーに参加しました○○○と申します。
本日はお疲れ様でした。
松田さんの「相場は方向性を見て」という言葉が印象的で、
とても参考になるセミナーでした。ありがとうございます。

それから質疑応答コーナーでの
松田さんの今後のアメリカ経済についてのご意見、
本当にその通りだと思いました。
やはり、今のままのシステムが今後永久に続くわけないですよね。

私も救世主が出ることを信じてます。
日本も早くアメリカ追随ではない、
日本人の良さを生かしたシステムが構築されるよう願っています。
あまりにも感動してしまったので、失礼とは思いましたがメールしました^^

前回オクトキュービッでの女性限定セミナーでも、
大変わかりやすく今回も期待通りでした。

松田さんのファンになりました。
これからも松田さんの活躍をお祈りいたします。
今日はありがとうございました。

★ ─────────────── ─ ─ - -
 ****** ******@******.jp
- - ─ ─ ─────────────── ★

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  ******
宛先  satoshi.matsuda2007@gmail.com   
日付  2008/03/14 19:33   
件名  FXの教科書・重版   

松田先生

○○○市在住の○○○○と申します。

『FXの教科書』ありがとうございます。
セオリーをと願っていた以上の本でした。
本当に教科書だなぁーと有り難いことです。
電車や夜休む前にも覗いています。嬉しいです。

私は欲の皮が突っ張っているので、
メルマガも読んでいるとはっとします。^^;
メルマガそのままでも本にならないでしょうか?
真っ当なお話が心地よい?です。

さて、重版と聞いて私の間違いかもしれませんが、下記取り急ぎにて。
(→じゃ、最初に書けよーって、書いた後でずるずる書き足してしまい…)

038ページの見出し
1096本のロング、平均単価は 181.45

181.14 1000本の平均
181.285 96本の平均

181.45 誤植?…ビット?

誤植なら(お役に立てて)よいのですが。

今後ともまたよろしくお願いします。

○○○○拝

-------
○○○○○○
080-****-****
******@******.jp

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  松田哲 <satoshi.matsuda2007@gmail.com>
宛先  ******
日付  2008/03/16 1:18
件名  Re: FXの教科書・重版   

○○○○○○さま

※見出しが誤植です。
 ご連絡ありがとうございます!

※メルマガにもアップします。

※今回の増刷には、間に合わないかも知れませんが・・・
 (その次の増刷の際には、修正します)

取り急ぎ、
松田哲、拝

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  ******
宛先  satoshi.matsuda2007@gmail.com   
日付  2008/03/14 17:36   
件名  始めまして   

2008年3月14日

松田 様

初めてメールをいたします。
○○○○に住む○○○と申します。
FXの教科書購入しました。
巷に溢れるFX本にはない斬新な内容に正直驚きました。
よい本に出合えたと本当に感謝しています。
どうしても伝えたくてメールをさせていただきました。

“FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?“を
昨年暮れに買って読みました。
このときは相場に臨む心構えや考え方はよく分かったのですが、
チャートをどう読めばいいのか、
チャートポイントをどう探せばよいのか等正直漠然とした状態でした。

そこでFXの教科書購入が出るまでの2か月間は
松田様のブログやオクトキュービックのセミナーで
自分なりに勉強しておりました。

FXの教科書が出ることを知ったときは、
「1勝9敗」と内容が重複しているのではないかなどと勝手な憶測をしました。
(↑失礼お許しください。
一人の著者が同じような内容について手を変え品を変え出している本が
あまりにも多いものですから)
が、それは杞憂に終わりました。
元来ケチにできているものですから札幌の紀伊国屋に行って、
内容をしっかり確認してから買いました。
チャートポイントの見つけ方、
チャートの読み方が具体例に即して書いてあり、
「1勝9敗」を読んで生じた疑問が一気に解消しました。
個人的には「1勝9敗」が教科書で
「FXの教科書」は参考書あるいは講義ノートのような気がします。
2冊とも何度も読み返してしっかり勉強したいと思います。
乱筆、乱文お許しください。
松田様のご活躍を遠い○○○○から応援しております。
では失礼いたします。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXの教科書】■松田哲(Satoshi Matsuda)著■出版:扶桑社■1,575円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4594056148
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【外貨崩落】[生き残る人は知っているもう1つのシナリオ]
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

« 2008年3月9日 - 2008年3月15日 | トップページ | 2008年3月23日 - 2008年3月29日 »