« 2008年2月24日 - 2008年3月1日 | トップページ | 2008年3月9日 - 2008年3月15日 »

2008年3月 7日 (金)

【八重洲ブックセンター(本店)】---FXの教科書(扶桑社)---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇ 松田哲の2008年度FX投資戦略セミナー ◆◇
-----扶桑社新刊『FXの教科書』---直筆署名入り新刊本即売会-----
■会場:東京国際フォーラム(G701会議室)
■日時:2008年3月29日(土)14:00~     ■会費:8,000円
→ http://smatt.hp.infoseek.co.jp/2008Mar29-seminar.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

【八重洲ブックセンター(本店)】---FXの教科書(扶桑社)---

【八重洲ブックセンター(本店)】---FXの教科書(扶桑社)---

●入口のディスプレーに【平積み】

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【八重洲ブックセンター(本店)】---FXの教科書(扶桑社)---

【八重洲ブックセンター(本店)】

●話題の新刊コーナー(右一番手前)【平積み】

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【八重洲ブックセンター(本店)】---FXの教科書(扶桑社)---

【八重洲ブックセンター(本店)】

●エスカレーター下り(1階)正面に大量【平積み】

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【八重洲ブックセンター(本店)】---FXの教科書(扶桑社)---

【八重洲ブックセンター(本店)】

●2階の投資コーナー(通常の株投資・為替投資の棚)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

多くの場所(4ヶ所)に置いて頂きました。
ありがとうございました。
心より、感謝いたします。

| | コメント (0)

2008年3月 6日 (木)

【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
□■ 指標発表時にも抜群の安定性!『オクトFX』で安心のお取引!
■ ---------------------------------------------------
 → http://www.okt-cubic.co.jp/campaign/infoex_swing_c/index.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇ 松田哲の2008年度FX投資戦略セミナー ◆◇
-----扶桑社新刊『FXの教科書』---直筆署名入り新刊本即売会-----
■会場:東京国際フォーラム(G701会議室)
■日時:2008年3月29日(土)14:00~     ■会費:8,000円
→ http://smatt.hp.infoseek.co.jp/2008Mar29-seminar.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2008年03月06日号Part2
【マーケット・コメント】
---ドル/円(USD/JPY)---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

大きな流れでは、「ドル安円高トレンド(ドル売り円買いトレンド)」に、
何ら、変化は無い。

「サブプライム・ローン問題」に伴う諸問題も、何ら、解決されていない。

今後、「サブプライム・ローン問題」に関連して、
倒産する米国の企業(それは、金融機関とは限らない)や、
米国以外にも倒産する企業が、顕在化するだろう、と予測している。

経済指標を観察すると、米国の景気後退も、目に見える状況になりつつある。

個人的には、米国経済は、景気後退局面にすでに入っている、と考えている。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

多忙にかまけて、マーケット・コメントではなく、単発的なコメントだった。
先週後半から、淡々と、振り返る。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2月28日(木)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
[106.35-40]レベルでオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

相変わらず、東京市場のドル/円(USD/JPY)は、全く、動き無し。
東京時間は、106円台前半程度で変わらず。

2月28日(木)のロンドン市場のドル/円(USD/JPY)では、
106円台ミドルの上値を試すものの、上昇力弱く、上値は重かった。

2月28日(木)の朝方のニューヨーク市場のドル/円(USD/JPY)は、
「ドル売り円買い」傾向。
ロンドン市場の高値、106円台ミドル水準から急落を始め、
105円台後半に下落している。

ユーロ/ドル(EUR/USD)で、「ユーロ買いドル売り」に推移したために、
ドル/円(USD/JPY)でも、つれて「ドル売り」気味に推移。
ユーロ/ドル(EUR/USD)は、[1.5100]を上に抜けて、
「ユーロ買いドル売り」傾向をさらに強めた。

「ユーロ高ドル安」トレンドは変わらず。
[1.5000]を上に抜けたことで、
「ユーロ高ドル安」トレンドが継続していることを再確認した、と考える。

ゆえに、[1.5100]を上に抜けたことも、
「ユーロ高ドル安」トレンドが継続していることを再確認する範囲内の値動き。

2月28日(木)のニューヨーク市場では、
そのままユーロ/ドル(EUR/USD)につれて、
ドル/円(USD/JPY)でも、「ドル売り」となり、105円台前半に下落。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2月29日(金)のシドニー市場で、
ドル/円(USD/JPY)は、[105.00]を下に抜けて104円台後半に下落。

2月29日(金)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
[104.90-95]レベルでオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

2月29日(金)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、ドル売り気配で推移。
しかし、大きな動きにはならず、104円台後半での小動き。

東京市場の夕方に欧州勢が参加して来ると、
ドル/円(USD/JPY)は、104円台前半に下落。

ロンドン市場は、104円台前半での小動き。上値が重い展開。

2月29日(金)のニューヨーク市場では、
ドル/円(USD/JPY)のドル売り気配が継続。
[104.00]も割り込み、103円台後半を示現した。

ニューヨーク市場のドル/円(USD/JPY)は、
概して、[104.00]を挟んでの下値持ち合い。

ニューヨーク・クローズは、103円台後半。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

週明け月曜日のウェリントン・シドニー市場で、
ドル/円(USD/JPY)は、急落した。

週末(金曜日)のニューヨーク・クローズは、103円台後半だったが、
窓を開けて、ドル/円(USD/JPY)は、103円台ミドル程度で売買が始まり、
103円台前半に急落した。

そのため、3月3日(月)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
[103.05-10]レベルでオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

3月3日(月)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
[103.00]を挟んでの上下動。「円高」レベルで神経質な値動き。

3月3日(月)のロンドン市場のドル/円(USD/JPY)も、東京市場と同様に、
[103.00]を挟んでの上下動。「円高」レベルで神経質な値動き。

[102.50]には、オプション絡みの『防戦のドル買い』が出ている様子。

3月3日(月)の東京市場、ロンドン市場のドル/円(USD/JPY)は、
[102.60-103.30]程度のレンジ内での上下動。

東京市場、ロンドン市場で、[102.50]が届かなかったことから、
(ドルが底堅く推移したことで、)
3月3日(月)のニューヨーク市場では、
ドル/円(USD/JPY)は、103円台後半に反発した。
しかし、ドルの上値も重く、ニューヨーク市場の午後に急落。
再度、[103.00]アラウンドを示現。

しかし、それ以上のドル売りも無く、ニューヨーク・クローズは、
103円台ミドル。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

3月4日(火)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
[103.50-55]レベルでオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

3月4日(火)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は動かず。
103円台ミドルで様子見。

ロンドン市場で、ドル売り気配となり、[103.00]アラウンドに下落。

3月4日(火)のニューヨーク市場のドル/円(USD/JPY)は、
[103.00]を中心とした「下値持ち合い」の様相。
安値は、[102.60-70]レベル。

しかし、[102.50]を付けなかったことから、
ニューヨーク・クローズにかけて、
ドル/円(USD/JPY)は[103.30]アラウンドに反発上昇した。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

3月5日(水)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
[103.35-40]レベルでオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

東京市場は、動きらしい動き無し。概して、103円台ミドル程度で動かず。

東京市場の夕方から東京クローズに、103円台後半に、ドルじり高。

3月5日(水)のロンドン市場のドル/円(USD/JPY)は、
103円台ミドルないし103円台後半程度で、ドル堅調に推移。

3月5日(水)のニューヨーク市場のドル/円(USD/JPY)も、
103円台ミドルは底堅く、ドルじり高気味。104円台前半を示現。

ニューヨーク・クローズは、[103.90]アラウンド。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

本日、3月6日(木)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
[103.85-90]レベルでオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

目先は、101円台から104円台程度での「下値持ち合い」と考えます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXの教科書】■松田哲(Satoshi Matsuda)著■出版:扶桑社■1,575円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4594056148
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【外貨崩落】[生き残る人は知っているもう1つのシナリオ]
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【「FXの教科書」売り上げ絶好調】

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
□■ 指標発表時にも抜群の安定性!『オクトFX』で安心のお取引!
■ ---------------------------------------------------
 → http://www.okt-cubic.co.jp/campaign/infoex_swing_c/index.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇ 松田哲の2008年度FX投資戦略セミナー ◆◇
-----扶桑社新刊『FXの教科書』---直筆署名入り新刊本即売会-----
■会場:東京国際フォーラム(G701会議室)
■日時:2008年3月29日(土)14:00~     ■会費:8,000円
→ http://smatt.hp.infoseek.co.jp/2008Mar29-seminar.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2008年03月06日号
【「FXの教科書」売り上げ絶好調】

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人   ******
宛先   松田哲 <satoshi.matsuda2007@gmail.com>
日付  2008/03/05 13:43   
件名  扶桑社・****です。   

松田さま

お世話になります。
ウェブでのパブリシティ本当に感謝しております。
売り上げ絶好調で、
昨日は紀伊国屋で売り上げ100位以内に
ランクインしました(28冊です)

紀伊国屋の3月5日現時点の最新データお送りします。
POSといって全国有力書店での売り上げは、
2/29  7冊
3/1 109冊
3/2 116冊
3/3  91冊
で、楽天ブックス、丸の内丸善、新宿紀伊国屋、八重洲ブックセンター
などが売り上げ上位です。

まだ紀伊国屋以外の3日目調査が出てきませんが、
初速10%以上の売れ行きで絶好調といって過言でないと思います。
この調子でこちらも販促をかけますのでよろしく御願いします。

-----------------------------------------

<添付ファイル>  紀伊国屋発売3日目.xls

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXの教科書】■松田哲(Satoshi Matsuda)著■出版:扶桑社■1,575円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4594056148
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【外貨崩落】[生き残る人は知っているもう1つのシナリオ]
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

Fwd: 「FXの教科書」店頭写真@広島

Fwd: 「FXの教科書」店頭写真@広島
---------- Forwarded message ----------
From: ******
Date: 2008/03/05 23:59
Subject: 「FXの教科書」店頭写真
To: 松田哲

松田さん、こん**は。
******@広島市です。

本日やっと「FXの教科書」をゲットしました。
(紀伊國屋書店ゆめタウン広島店)
週末にでも読んでみます。

店頭で写メしたので添付します。(2008/03/05 21時頃撮影)
(左側に「外貨崩落」も写っています)

昨日と一昨日はフタバ図書ギガ宇品店へ寄ってみたのですが
無かったので、きょうは寄る店を変えてみました。(^^ゞ
正解でした。(^_^)v

(近況報告)
ポンド円は218.9で売りで参戦しました。
200割れまで持っておこうと思っていたのですが
2月に入ってからの足踏み状態に我慢ができず(^^ゞ
2/7に207円台で利確しました。

その後はポンド円で小さい値幅で何回か「売っては買い」をしました。

週足を見ると7週も保ち合いになっているようなので、そろそろ
ドスンと落ちないかなぁと、昨日またまた売りで参戦してしまいました。
(1/23の204.57を下回ったので参戦したのですが、
ポイントではなかったかなぁ、動きがイマイチ。。。)

売りで参戦することにあまり抵抗はないのですが、
マイナススワップがボディーブローのように効いてくるので
できれば早めに買い戻したいところです。
(買い戻せればいいのですがストップに引っ掛かったりして(^^ゞ)

(素朴な質問)
今年の流行語になってしまいそうなサブプライムローン問題ですが
損失の話だけしか聞こえてきません。
誰が得したのでしょう。得をした人はいないのでしょうか?
(返済しなくても良くなった、ローンを踏み倒した借り手が得をした?)
それとも、ゼロサムではないのでしょうか?

メルマガを拝見していますとお忙しいご様子、お身体ご自愛下さいませ。
相変わらずの乱文はご容赦ください。では。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
******  広島市在住
E-mail:**********

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2008年3月 5日 (水)

品川駅(駅中)ブックガーデン

品川駅(駅中)ブックガーデン
品川駅(駅中)の書店
ブックガーデン
平積みになっていました!
(^O^)/

ありがとうございます!

| | コメント (0)

2008年3月 4日 (火)

【読者の方からメール(ご質問)】---目先は、101円台から104円台程度での「下値持ち合い」---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇ 松田哲の2008年度FX投資戦略セミナー ◆◇
-----扶桑社新刊『FXの教科書』---直筆署名入り新刊本即売会-----
■会場:東京国際フォーラム(G701会議室)
■日時:2008年3月29日(土)14:00~     ■会費:8,000円
→ http://smatt.hp.infoseek.co.jp/2008Mar29-seminar.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
□■ 指標発表時にも抜群の安定性!『オクトFX』で安心のお取引!
■ ---------------------------------------------------
 → http://www.okt-cubic.co.jp/campaign/infoex_swing_c/index.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2008年03月04日号
【読者の方からメール(ご質問)】
---目先は、101円台から104円台程度での「下値持ち合い」---

読者の方からメール(ご質問)を頂きました。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人   松田哲 <satoshi.matsuda2007@gmail.com>
宛先   ******
日付  2008/03/04 21:11   
件名  Re: 2/27付ブログ、MLを読んで   

じかに、お返事を書き込みます。

松田哲、拝

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

> 松田様
>
> 以前、何回かメールを差し上げている***です。
> いつも返信頂きありがとうございます。
> 2/27付ブログ、MLを読ませて頂きました。
> それに関連して、以下、質問させて下さい。
>
> 現状、モノラインに対する救済策の提供、格付けの維持、
> といった動きが、マーケットへの安心感(当時1/21頃の
> パニック状態に比して)をもたらしているように感じます。
> その結果、金利高の外貨(ユーロや豪$)高円安という
> 傾向が出ているものと考えています。
>

■確かに、そういった動きがあります。

> 一方、松田様の2/27付けのブログ・MLにもあります通り、
> 今後1~4月のタームにおいては、ユーロ安円高の傾向と
> なると書かれていますが、その材料としては、米国の
> 景気後退が鮮明になること、(あるいは、倒産する会社が
> 発生すること)くらいかなと考えておりますがいかが
> でしょうか?
>

■まだ、サブプライムローン関連での倒産は出ていませんが、
この3月、4月ころで、倒産する企業が出るのではないか、
(それは、金融機関に限らない)、と考えます。

> いずれにせよ、何らかのきっかけでクロス円も含む、
> 外貨安円高の状態が2~4月に示現するとした場合、為替
> 相場はどの水準になるとお考えでしょうか? 1/21の世界
> 同時株安あたりの水準でしょうか? それとも、現在、
> 広がっているマーケットの安心感もある中で言えば、そこ
> までは下落しない(円高)にはならないとお考えでしょうか?
> 個人的には、ユーロや豪$については、現在上昇局面に
> あるため、3、4月に下落したとしても、「行って来い」、
> つまり、現在の水準程度になるのではないのかな、と
> 想像したりしています。
>
> お考えをお聞かせ願えれば幸いです。
>
> よろしくお願い致します。
>

■すでに、マーケット(ドル円レート)は動き出した、と、思っています。
■目先は、101円台から104円台程度での「下値持ち合い」と考えます。

■その後は、101円台が底堅ければ、
いったん105円台ないし107円台程度にリバウンドの可能性もあります。

■しかし、目先は、101円台から104円台程度での「下値持ち合い」の後で、
101円台を下に抜けると、95円程度までの急落を見る可能性があります。

■ただし、現時点で、101円台が、守られるか、破られるか、
神でもない人間には、誰にもわからないし、
かつまた、わかる必要も無い。

■それは、これからの値動きを、丁寧に見ることで、
これから、判断するべきことです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXの教科書】■松田哲(Satoshi Matsuda)著■出版:扶桑社■1,575円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4594056148
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【外貨崩落】[生き残る人は知っているもう1つのシナリオ]
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2008年3月 3日 (月)

Fwd: 【独断と偏見の為替相場】2008年03月02日号【新刊『FXの教科書』】---アマゾンレビュー(書評)---

Fwd: 【独断と偏見の為替相場】2008年03月02日号【新刊『FXの教科書』】---アマゾンレビュー(書評)---

Fwd: 【独断と偏見の為替相場】2008年03月02日号【新刊『FXの教科書』】---アマゾンレビュー(書評)---
---------- Forwarded message ----------
From: ******
Date: 2008/03/03 13:30
Subject: Re: 【独断と偏見の為替相場】2008年03月02日号【新刊『FXの教科書』】
---アマゾンレビュー(書評)---
To: satoshi.matsuda2007@gmail.com

松田さん

今日がオフィシャルの発売日ですね!

2008年 3月 3日(月) 東京時間 12:00 現在、
紀伊国屋新宿本店  3F 10冊
紀伊国屋新宿南口店 5F  7冊
でした。画像も、それぞれ添付ファイルにてお送りします。

新宿本店は、土曜日に見た数より増えてますので、
見えないところに在庫があるかもしれないですね。
今にもはみ出しそうで、思わず手に取っちゃいたくなります。

南口店のほうは、1勝9敗と外貨崩落とで3冊揃い踏み
状態ですが、ちょっと周りに埋もれてしまって、うっかり
見落としそうな感じです。目立たせるために、配置換えが
必要かと思います。

とりあえず、紀伊国屋での作戦行動は、これぐらいで、
相場のほうもリグって、一旦休憩モード入りしたいと思います。
やっぱ、勝っても、相場張るのって、疲れますね!

あとは、ドル円百円割れと、Amazon ランキングの高値?を、
じっくりと待ちたいと思ってます!

******

----- Original Message -----
From: "mag2 0000089158"
To:
Sent: Sunday, March 02, 2008 9:39 PM
Subject: 【独断と偏見の為替相場】2008年03月02日号【新刊『FXの教科書』】
---アマゾンレビュー(書評)---

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【ひとりごと】---102円台は、いったんの利食いをするところ---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
★オクトキュービック スペシャルダブルセミナー★
「為替とコモディティを完全攻略!」 3月15日(土)13:30~16:20
→ http://www.okt-cubic.co.jp/seminar/seminar0315/index.html
■為替講師:松田 哲 ■コモディティ講師:郷右近 要
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇ 松田哲の2008年度FX投資戦略セミナー ◆◇
-----扶桑社新刊『FXの教科書』---直筆署名入り新刊本即売会-----
■会場:東京国際フォーラム(G701会議室)
■日時:2008年3月29日(土)14:00~     ■会費:8,000円
→ http://smatt.hp.infoseek.co.jp/2008Mar29-seminar.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2008年03月03日号Part2
【ひとりごと】
---102円台は、いったんの利食いをするところ---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

「ドル安円高トレンド」は、継続中。
何も変わっていない。

しかし、昨年、[109.00]を割り込んで、下落する場合のターゲットは、
[102.00]と指摘した。

[109.00]を割り込んでから、114円台まで反発したが、
「ドル安円高トレンド」には、変化が無く、
「ドル売り円買い」でポジションを取るべきだ、と、言い続けた。

いよいよ、ターゲットの[102.00]が近づいた。

[102.00]にこだわる必要は無い。
102円台ならば、いったんの利食いをしても構わない、と考える。

[102.90-00]で、ドル・ショートを買い戻すならば、充分な利益確保。

『頭と尻尾はくれてやれ』

個人的には、[102.00]のターゲットは達成した、と考えている。
(まだ、届いていないが、それは、誤差のうち、と考えている)

文頭に記述の通りに、
「ドル安円高トレンド」は、継続中で、何も変わっていない。

だから、[102.00]は、いずれ付けるだろうし、さほど興味も無い。

このステージでは、もう、
むしろ、チャートポイントである[101.50][101.00]を付けるか、否か?
の方に興味は向かう。

[101.50][101.00]を付けなければ、
いったんの調整(リバウンド)があるだろうから、
再度、ドルを売るところを探す。

102円台は、いったんの利食いをするところ、と、考えている。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXの教科書】■松田哲(Satoshi Matsuda)著■出版:扶桑社■1,575円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4594056148
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【外貨崩落】[生き残る人は知っているもう1つのシナリオ]
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【「円キャリー・トレード」は、現在、崩壊中】

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
★オクトキュービック スペシャルダブルセミナー★
「為替とコモディティを完全攻略!」 3月15日(土)13:30~16:20
→ http://www.okt-cubic.co.jp/seminar/seminar0315/index.html
■為替講師:松田 哲 ■コモディティ講師:郷右近 要
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇ 松田哲の2008年度FX投資戦略セミナー ◆◇
-----扶桑社新刊『FXの教科書』---直筆署名入り新刊本即売会-----
■会場:東京国際フォーラム(G701会議室)
■日時:2008年3月29日(土)14:00~     ■会費:8,000円
→ http://smatt.hp.infoseek.co.jp/2008Mar29-seminar.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2008年03月03日号
【「円キャリー・トレード」は、現在、崩壊中】
---緊急避難的に膨らんだポジションは、一層に危険の可能性がある---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

本日(3月3日)は、『ひな祭り』。
3月の声を聞くと、『春だなぁ・・・』と思います。

マーケット(外国為替市場)にも、『春一番』が吹き荒れています。

2月半ば(2月21日)のコメントを、そのまま、再送します。

このところ、ドル/円での「円キャリー・トレード」や、
ポンド/円での「円キャリー・トレード」から、
ユーロ/円やオーストラリア・ドル/円(豪ドル/円)での
「円キャリー・トレード」に資金シフトが起こっていた。

しかし、それでも、結論は、「円キャリー・トレード」が、
現在、崩壊中だと考えている。
それは、現在進行形であり、徐々に崩れている様相だ。

ドル/円、ポンド/円から、緊急避難的に、
ユーロ/円やオーストラリア・ドル/円(豪ドル/円)に逃げた
「円キャリー・トレード」のポジションも、
タイムラグを伴い、現在、崩壊中(現在進行形)に過ぎない。

緊急避難的に、ユーロ/円やオーストラリア・ドル/円(豪ドル/円)への
ポジションが膨らんだことを考えると、タイムラグの後で、
より一層の振れ幅(振幅・急落)を見せる可能性(危険性)もある。

何か(ゆがみ)を溜め込んで、問題を後送りすると、
後で、より一層の大問題の噴出になったりする。

※『現在の自衛省に噴出している諸問題みたいなものだ』
 と、世相と相場に共通点を見出してしまうのは、
 私だけでしょうか?
 (^0^)/♪

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

(以下再送)

2008年02月21日号
【「円キャリー・トレード」は、現在、崩壊中】
---USD/JPYを、EUR/JPYやAUD/JPYにシフト(資金移動)させている---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ドル金利は、昨年の9月から、わずか4ヶ月で、
[5.25%]から、[3.0%]にまで、急激に利下げされた。

すでに、[2.25%]の利下げが実施されている。

今後も、ドル金利の引き下げは実施されることになる(と、考えている)。

円金利は変化が無い。[0.5%]のまま、据え置かれている。

だから、日米金利差は、[4.75%]から、[2.5%]に縮まっている。

なおかつ、今後もドル金利の利下げが実施されれば、
日米金利差は、さらに、縮まることになる。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

この間、ユーロ(EUR)の金利は、[4.0%]のまま据え置きされている。

ユーロ(EUR)の金利は、昨年の6月(2007年6月6日)に、
[3.75%]から[0.25%]引き上げが実施されて、その後、変更されていない。

だから、円とユーロの金利差は、[3.5%]のまま変わっていない。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

オーストラリア・ドル(豪ドル)の金利は、
今月(2008年2月5日)、[0.25%]の引き上げが実施された。

オーストラリア・ドル(豪ドル)の金利は、
[6.75%]から[7.0%]になっている。

だから、円とオーストラリア・ドル(豪ドル)の金利差は、
[6.25%]から、[6.5%]に広がっている。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

こういった金利差を志向する市場参加者は、
ドル/円でのロング(買い持ち)を、
ユーロ/円やオーストラリア・ドル/円(豪ドル/円)のロング(買い持ち)に
シフト(資金移動)させている。

そういった傾向があることは、ごく最近の値動きから、見ることができる。

換言すれば、
ドル/円での「円キャリー・トレード」から、
ユーロ/円やオーストラリア・ドル/円(豪ドル/円)での
「円キャリー・トレード」に資金シフトが起こっている、
と言える。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

しかし、「円キャリー・トレード」は、現在、崩壊中だと考えている。
それは、現在進行形であり、徐々に崩れている印象だ。

まず、ドル/円での「円キャリー・トレード」から、崩れだしている。

本格的な、「円キャリー・トレード」の崩壊となれば、
ユーロ/円やオーストラリア・ドル/円(豪ドル/円)などの、
クロス円取引における「円キャリー・トレード」の崩壊にもつながるから、
上述の、
『ユーロ/円や
オーストラリア・ドル/円(豪ドル/円)のロング(買い持ち)に
シフト(資金移動)させている』
といった行動も、タイム・ラグ(時間の違い)があるだけで、
たいして意味のあることではない、と考えている。

つまり、本格的な、「円キャリー・トレード」の崩壊の場合は、
まず、ドル/円が、先行するパターンになるのだろう、と考えている。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXの教科書】■松田哲(Satoshi Matsuda)著■出版:扶桑社■1,575円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4594056148
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【外貨崩落】[生き残る人は知っているもう1つのシナリオ]
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2008年3月 2日 (日)

【新刊『FXの教科書』】---アマゾンレビュー(書評)---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
★オクトキュービック スペシャルダブルセミナー★
「為替とコモディティを完全攻略!」 3月15日(土)13:30~16:20
→ http://www.okt-cubic.co.jp/seminar/seminar0315/index.html
■為替講師:松田 哲 ■コモディティ講師:郷右近 要
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇ 松田哲の2008年度FX投資戦略セミナー ◆◇
-----扶桑社新刊『FXの教科書』---直筆署名入り新刊本即売会-----
■会場:東京国際フォーラム(G701会議室)
■日時:2008年3月29日(土)14:00~     ■会費:8,000円
→ http://smatt.hp.infoseek.co.jp/2008Mar29-seminar.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2008年03月02日号
【新刊『FXの教科書』】
---アマゾンレビュー(書評)---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

『FXの教科書』の発売は、事実上、2月29日(金)でした。
(オフィシャル発売日は、3月3日ですから、明日です)

新宿紀伊國屋や、横浜・関内の有隣堂書店では、店頭に並んでいたようです。
(残念ながら、私は、書店に行く時間が有りませんでしたが・・・)

週末の金曜日(2月29日)に手に入れたにもかかわらず、
3月2日(日)のアマゾンに書評が書き込まれています・・・。

びっくり!!圧倒!!

そして、感謝です!!

『未完投機家さん』
本当に、ありがとうございます。
そして、毎日、新宿紀伊國屋に、チェックに行ってくださったことも、
感謝しています!!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

この本こそがまさに「教科書」、他の方の本は「参考書」, 2008/3/2
By  未完投機家 (静岡県裾野市) - レビューをすべて見る

発売と同時に購入し、一気に読んでしまいました。

これまでの著作では、あまり細かいことまで説明しすぎないように、
控えめに書かれていた印象がありましたが、「FXの教科書」では、
こんなにはっきりと具体的に書いちゃって、いいの?というぐらい、
あけっぴろげに、すべてを曝け出された印象を受けました。
これまでの著作を読んで、疑問に思っていたことの、【模範解答】が、
惜しげもなく書かれていた、というのが正直な感想です。

人それぞれ、投資スタイルはあると思いますが、個人的には、
この本を読んでいると、他の、FXブームに乗って跋扈している
本が、あくまで「参考書」に過ぎないことが、身に沁みます。
応用問題を、丸暗記的に乗り切ろうとすると、前提条件が変わったら、
全く歯が立たなくなるのがオチですので、「教科書」で、基礎を
きっちり押さえた上で、「参考書」を「参考」程度に見る、という
スタイルでやっていくのが、為替の世界でも王道のような気がします。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXの教科書】■松田哲(Satoshi Matsuda)著■出版:扶桑社■1,575円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4594056148
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【外貨崩落】[生き残る人は知っているもう1つのシナリオ]
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

« 2008年2月24日 - 2008年3月1日 | トップページ | 2008年3月9日 - 2008年3月15日 »