« 2007年12月23日 - 2007年12月29日 | トップページ | 2008年1月6日 - 2008年1月12日 »

2008年1月 4日 (金)

【ポンド円のヘッド&ショルダー】---昨年の11月下旬のコメントを再送---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞☆★☆  9月21日発売 ☆★☆∞∞∞
【外貨崩落 生き残る人は知っているもう1つのシナリオ】
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

━━<AD>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★ FX会社を選ぶ際の大事な基準、信託保全。
★ オクトFXなら、信託保全措置率100% 超 !(2007年11月現在)
→ http://www.okt-cubic.co.jp/campaign/infoex_swing_c/index.html 
━━<AD>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2008年01月04日号Part2
【ポンド円のヘッド&ショルダー】
---昨年の11月下旬のコメントを再送---

以下は、昨年の11月下旬に配信したコメントです。
そのまま、再配信します。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2007年11月25日号Part3
【H&Sが、完成するか?完成しないか?事前には、わからないこと】
---ポンド円のヘッド&ショルダー---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  goingmerry
宛先  松田哲 <satoshi.matsuda2007@gmail.com>
日付  2007/11/24 22:05
件名  外貨崩落の店頭写真

こんにちは、goingmerryこと***です。

「外貨崩落」が店頭にありましたので写メしました。
(広島サティのブックコーナー)

先日はユーロ円のご回答ありがとうございました。
一時、チャートポイントと考えていた160円を割れたものの
すんなり戻してしまったのは、チャートポイントではなかったということか。
あるいは、皆がドル円に注目していたため霞んでしまったのか。
よくわかりません。(^^ゞ (向きは下だと思うんですけど。。。)

ユーロ円は9/18以降、小さなダブルトップを形成しているように見えます。
値幅は167.7-160.4=7.3円。
目標値は160.4-7.3=約153円。
初心者なりに分析してみました。いかがでしょう。(^^ゞ

先日のメルマガにあったポンド円とユーロ円の件。
わかるのはかなりの上級者ということなので、私なんぞが無い知恵で
考えても答が見つかるはずもないのでしょうが、初心者なりに考えてみました。

オンラインセミナーの動画も見ました。
ポンド円はH&Sが完成しそうで、方向は下向き。
ユーロ円は上記の通り、やはり下向き。

方向は同じなのに、別々に見ないと行けない理由?
ユーロポンドが0.7を越えてしまったことが関係するのでしょうか?
サブプライムの影響がユーロよりポンドに色濃く出ている?
ユーロもポンドも弱いが、ポンドがより弱いので下落スピードが違う?
そもそも、ポンドもユーロも下向きという前提が違う?
ドル安地合なのでユーロドルが上昇、連れてユーロ円は上昇?
うーん、私のレベルではこの程度です。(ToT)

質問に対する回答は無し、ということでしたのでご回答は結構です。
私のレベルはこの程度です、とお伝えしたくて。(笑)

相変わらずの乱文、ご容赦ください。
では。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
goingmerry 広島市在住
E-mail 『******@********』

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  物語
宛先 ******
日付  2007/11/24
件名  Re:外貨崩落の店頭写真

***さん

だいたいあっています!
合格!なおかつ90点!

もうひとつ、なおかつ、
この解答には、100点は、ありません!
(^O^)/

いくつものパターンを考える必要がある状態で、

それぞれの場合分けをして、その場合ごとに、
対応(答え)が、決まることになります。

臨機応変が、要求されます。

それを、逐一、解説するのは、面倒なので、
解答を拒否したのです!
(^O^)/

重要なのは、ポンド円のヘッド&ショルダーが、
完成したら、
つまり、ネック・ラインを完璧に、割り込む場合は、
190円が、ターゲットになります。

ただし、ヘッド&ショルダーが、完成するか?
完成しないか?
事前には、わからないことです。

完成する、と、考えることも、
完成しない、と、考えることも、
どちらも、思惑に過ぎません。

完成したら、黙ってポンド円を売るだけ。
そして、ヘッド&ショルダーを完成しても、
チャートの教科書通りになるとは、限りません。
その場合は、損切りをしなければ、いけない!

こう説明すると、
意味が、無い、と、考える人も居るでしょう!
ただし、上記が、正しいのです。

なおかつ、ユーロポンドが、上に放れました。

まだまだ、上昇する可能性があります。
ユーロポンドが、大きく動く場合は、
ユーロ円とポンド円が、
連動しないケースが、あります!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (1)

【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞☆★☆  9月21日発売 ☆★☆∞∞∞
【外貨崩落 生き残る人は知っているもう1つのシナリオ】
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞オンラインセミナー参加者募集中!∞∞
□■ リアルタイムで松田哲氏に質問できる!  
■   1月10日(木) 『実況!ガイタメ市場の現場から』【お客様限定】    
→ http://www.okt-cubic.co.jp/seminar/main/online_schedule.html#1/10
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2008年01月04日号
【マーケット・コメント】
---ドル/円(USD/JPY)---

明けまして、おめでとうございます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2008年、1月2日(水)の東京時間9:00のドル/円(USD/JPY)は、
111円台後半---[111.80-85]レベル---で始まった。

---通常の東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

2007年年末に、114円台から111円台に下落した流れを受けて、
2008年年初のアジア市場オープンとなった。

ドル売りの要因は、サブプライム・ローン問題の焼き直し、そして株安。

2008年、1月2日(水)のアジア市場、ロンドン市場では、大きな動きにならず、
ドル/円(USD/JPY)は、111円台後半程度の小動きに推移した。

2008年、1月2日(水)のニューヨーク市場では、もう一段の円高が進み、
ドル/円(USD/JPY)が、[111.00]を割り込むと、
ストップ・ロス(損切りのドル売り円買い)を付けて、
下落スピードが加速した。
市場参加者が薄く、110円台は通過して急落といった印象。
一気に109円台に下落した。
ニューヨーク市場の午後には、109円台前半まで下落する場面もあった。
ニューヨーク市場の午後は、
市場参加者の薄い中を、109円台での下値持ち合い、といったところ。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

昨日、1月3日(木)の東京時間9:00のドル/円(USD/JPY)は、
109円台前半---[109.20-25]レベル---で始まった。

---通常の東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

東京市場は、正月休みで休場。
前日の流れを引き継ぎ、アジア市場は、市場参加者の薄い中を、
109円台での下値持ち合いが継続。

昨日、1月3日(木)のロンドン市場になって、
ドル/円(USD/JPY)は、[109.00]を下に割り込むと、
もう一段のストップ・ロス(損切りのドル売り円買い)を付けて、
108円台前半にまで急落した。

昨日、1月3日(木)のニューヨーク市場になると、
急落のスピードが速かったことから、綾戻し(揺り戻し)もきつく、
急反発する値動きとなった。

ドル/円(USD/JPY)は、
108円台前半から、109円台ミドル程度に急上昇となった。

その後の、昨日1月3日(木)のニューヨーク市場は、109円台での小動き。

円高の値動きを加速させた要因に、
ポンド/円(GBP/JPY)でのテクニカルな急落が挙げられる。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

本日、1月4日(金)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
109円台ミドル---[109.50-55]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

正月明けの東京市場では、ドル売り気配に始まった。
寄り付きの109円台ミドルから、朝方の東京市場で108円台後半に下落した。

しかし、本日は、ニューヨーク市場で、米国雇用統計があることから、
追随のドル売りはなく、マーケットは様子見に変化した。

東京市場の昼前後には、109円台前半に反発上昇し、
東京市場午後には、109円台ミドルに上昇。

東京市場の値動きは、朝方から、いわゆる「行って来い」になっている。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

| | コメント (0)

2008年1月 3日 (木)

【ひとりごと】---ポンド円(GBP/JPY)のヘッド&ショルダー---

2008Jan02【ひとりごと】---ポンド円(GBP/JPY)のヘッド&ショルダー---

あけましておめでとうございます!

年明け早々に、
ポンド円(GBP/JPY)がヘッド&ショルダーを形成しました。
(形成を完了)

ネックラインの219円台前半を、「完璧に」下に割り込んだことで、
ポンド円(GBP/JPY)の「ポンド売り円買いシグナル」です。

年明けは、米国失業率(雇用統計)を見てから、と思っていましたが、
年初早々に「荒れ相場」で、今年を象徴しているのでしょうか?

今年も、宜しくお願い申し上げます!
(^0^)/♪

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

« 2007年12月23日 - 2007年12月29日 | トップページ | 2008年1月6日 - 2008年1月12日 »