« 【有料メールマガジン・サンプル(1)】---[2008年10月06日]東京時間朝 7:02--- | トップページ | 【有料メールマガジンの読者の方から】 »

2008年10月 7日 (火)

【有料メールマガジン・サンプル(2)】---[2008年10月06日]東京時間 14:47---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[有料メールマガジンを始めました!]
---【松田哲の独断と偏見の為替相場(会員限定版)】---

このページからお申込み出来ます⇒ https://www.fxmagazine.jp/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2008年10月06日号Part2
【有料メールマガジン・サンプル(2)】
---[2008年10月06日]東京時間 14:47---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

以下は、本日[2008年10月06日]東京時間 14:47 に配信した
有料メールマガジンです。

サンプル(2)として、配信します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       フォレックス・ディーラー物語
     【松田哲の独断と偏見の為替相場(会員限定版)】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[2008年10月06日]Part3(Vol.048)

いつもご購読ありがとうございます。松田哲です。
『松田哲の独断と偏見の為替相場(会員限定版)』をお送りします。

今回の配信は、月曜日、木曜日に配信する定期分です。

...summary....................................................

◎ドル/円(USD/JPY)
・もともと、この「金融安定化法案」では、米国の金融不安を解消できない
・ドル/円(USD/JPY)の本来のトレンドは、「ドル安円高」

◎ユーロ/ドル(EUR/USD)
・現在の、ユーロ/ドル(EUR/USD)のトレンドは、「ユーロ安ドル高」

◎ユーロ/円(EUR/JPY)
・「円キャリー・トレード」の解消(アンワインド)

....................................................summary...

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎ドル/円(USD/JPY)
・もともと、この「金融安定化法案」では、米国の金融不安を解消できない
・ドル/円(USD/JPY)の本来のトレンドは、「ドル安円高」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ドル/円(USD/JPY)マーケットでは、
米下院で、「金融安定化法案(75兆円の公的資金投入)」の否決、
米上院での修正案可決、
米下院での修正案の再可決、をめぐって、右往左往した。

●値動きで言えば、以下のようになる。

9月29日(月)東京時間朝10時ころに付けた[107.00]アラウンド
(正確には、[106.90-95]レベル)から、
9月29日(月)のロンドン市場、ニューヨーク市場と24時間下落を続け、
9月30日(火)の東京市場朝9時ころには、[103.50]まで大きく下落した。

9月30日(火)の東京市場朝9時ころにの目先の安値[103.50]から、
9月30日(火)のロンドン市場、ニューヨーク市場は、
今度は24時間上昇を続けた。

10月1日(水)の東京市場朝9時ころに、
ドル/円(USD/JPY)は、[106.50-55]レベルに大きく上昇している。

その後は、ダラダラと、下落し、
10月3日(金)の米国失業率(雇用統計)の発表直後に、
[104.45-50]レベルにまで下落している。

さらに、
10月3日(金)の米国失業率(雇用統計)の発表を終えると、
マーケットは、米下院での修正案の再可決、をめぐって、
期待感から、106円台前半にまで急上昇した。

そして、米下院で修正案が再可決されると、
ドル/円(USD/JPY)は、105円台前半に急落して、
10月3日(金)のニューヨーク市場クローズを迎えている。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ドル/円(USD/JPY)は、乱高下している、とも言えるが、
クロス円の暴落に比べれば、相対的に、たいした値動きではない。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●「金融安定化法案(75兆円の公的資金投入)」に関しては、
今までに配信したコメントで、何度も書いた。

●ここで繰り返し、載せておきます。

●公的資金とは、すなわち、米国民の税金であり、
『税金で、民間企業の失敗(巨額損失)を補填することは、間違い』。
だから、政策として、間違っている。

●米議会にも、そう考える議員がいる。
米国民の70%以上が反対していることも、報道されている。

●しかし、相場の値動きを考えるのならば、そういった感想、感情よりも、
事実と、その事実によって、多くの人が、市場参加者が、
どのように行動するのか、に注目する方が早い。

●しかし、「金融安定化法案(75兆円の公的資金投入)」をめぐって、
その法案が、米上院、米下院を通過する間に、
すでにマーケット(為替市場)は、動いてしまった。

●米下院で、10月3日(金)、もしくは、近日中に、
米下院で金融安定化法案の修正案が承認されても、
それを材料に、何かしらの行動を取っても、『こと遅きに失する』と考える。

●個人的には、「米下院での金融安定化法案」は、もう、どうでも良い。

●個人的には、もともと、この「金融安定化法案」では、
米国の金融不安を解消できない、と考えているからだ。

●「サブプライム・ローン問題」に端を発する巨額損失を補填するには、
75兆円では、足りないだろう、と考えているからだ。

●75兆円は、無いよりはましだろうから、
混乱を一時的に治める効果はあるだろう。

●しかし、根本的に、何もかもが、バラ色に変わるような方法は無い。
つまり、「金融安定化法案」が米下院を通過しても、たいして変わらない、
と考えている。

●だから、ドル/円(USD/JPY)での「円高トレンド」変化が無い、
と考えている。

●ドル/円(USD/JPY)が、なかなか大きく下がらなかったのは、
「金融安定化法案(75兆円の公的資金投入)」や、
さかのぼって、フレディマック・ファニーメイの救済(国有化)や、
ベアスターンズをチェース・マンハッタンに救済合併をさせるなど、
さまざまな、危機回避の政策を、
ポールソン氏、バーナンキ氏が行ってきたからだ。

●ポールソン氏、バーナンキ氏は、それぞれ、米国財務長官、FRB議長であり、
その立場を利用して、情報操作をすることで、
『ドルの急落(ドル危機)』を回避する行動を取った(と、推測できる)。

●だから、今年(2008年)の3月以降、
ドル/円(USD/JPY)は、95円台から110円台にまで急騰した、と考える。

●つまり、ドル/円(USD/JPY)の本来のトレンドは、
「ドル売り円買い」=「ドル安円高」であったのだが、
米国の高官のマニュピュレーション(市場操作)で、攪乱されて、
「ドル売り円買い」=「ドル安円高」のトレンドが、見え難くなっている、
ということだ。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

(以下は、会員特典を生かすために、掲載いたしません。
ご登録をお願いいたします。)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【投資で浮かぶ人、沈む人】  ---あなたの「投資力」は万全ですか?---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:PHP研究所 ■1,155円(税込)
アマゾン⇒
http://www.amazon.co.jp/dp/4569697976
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXの教科書】■松田哲(Satoshi Matsuda)著■出版:扶桑社■1,575円(税込)
アマゾン⇒
http://www.amazon.co.jp/dp/4594056148
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

にほんブログ村 為替ブログへ

外為ランキング

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

ポプログ人気fxブログランキング

|

« 【有料メールマガジン・サンプル(1)】---[2008年10月06日]東京時間朝 7:02--- | トップページ | 【有料メールマガジンの読者の方から】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【有料メールマガジン・サンプル(1)】---[2008年10月06日]東京時間朝 7:02--- | トップページ | 【有料メールマガジンの読者の方から】 »