« 【有料メルマガのサンプル配信】---[2008年10月14日東京時間 18:51]に配信--- | トップページ | 【有料メールマガジンをサンプル配信します】 »

2008年10月21日 (火)

【円キャリー・トレードの完全崩壊】---現在、円キャリー・トレードの殲滅作業を実行中---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[有料メールマガジンを始めました!]
---【松田哲の独断と偏見の為替相場(会員限定版)】---

このページからお申込み出来ます⇒ https://www.fxmagazine.jp/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【外貨崩落 生き残る人は知っているもう1つのシナリオ】
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒
http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2008年10月21日号
【円キャリー・トレードの完全崩壊】
---現在、円キャリー・トレードの殲滅作業を実行中---

現在、円キャリー・トレードは、【完全崩壊】を実行中です。

今年(2008年)の8月から、【完全崩壊】を始めて、
今年(2008年)の10月に、【完全崩壊】を確認した、と考えます。

ユーロ/円で、今年(2008年)の8月の169円から、
今年(2008年)の10月に、132円まで下落しています。

ユーロ/円で、2ケ月で、37円の下落は、【完全崩壊】といって過言ではない、
と考えます。
ユーロ/円の下落は、21.9%になります。(37÷169=0.219)

同様に、豪ドル/円は、今年(2008年)の7月下旬の104円台から、
今年(2008年)の10月に、62円台まで下落しています。

豪ドル/円でも、約2ケ月で、約41円の下落は、
【完全崩壊】と言うにふさわしい、と考えます。
豪ドル/円の下落は、39.4%になります。(41÷104=0.394)

気を付けなければいけないのは、
円キャリー・トレードが、【完全崩壊】を実行し終わっても、
すぐにリバウンドするとは限らない、ということです。

現に、本日(10月21日)のロンドン市場では、
ユーロ/円は、再び、「ユーロ売り気配」に推移し、133円台まで下落中です。

132円台前半の安値を下に抜けると、
もう一段、大きく下落する可能性が高い状況です。

仮に、本日、明日に、新安値が更新されなくとも、
つまり、「今回、132円台前半の安値を下に抜けなくとも」、
近日中に、いずれ、131円台、130円台を見ることになるだろう、と考えます。

【金利差を狙った外国為替取引は、必ず、失敗します】

今回の、【外貨崩落】で、
【金利差を狙った外国為替取引は、かなり、淘汰された】と考えます。

2006年以降に、金利差を受け取ろうとして作られた、
『まだ、今現在、残っている金利差狙いのポジション』で、
含み損になっていないものは、ありません(皆無なはずです)。

ですから、現在、円キャリー・トレードは、【完全崩壊】を確認できた、
と考えます。

そして、
まだ、残っている、円キャリー・トレードの殲滅作業を実行中です。

警鐘を鳴らし続けましたが、なかなか、伝わらないのが、
もどかしく感じます・・・。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

以下は、今年(2008年)1月に配信したメールマガジンです。
そのまま、引用します。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2008年01月24日号
【読者の方からの質問】
---円キャリー・トレードは、現在崩壊中で、まだ崩壊していない
  これから完全崩壊に向かう---

http://forexdealer.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_2313.html

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

昨日(2008Jan23)の【ひとりごと】に質問をいただきました。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

日付: Wed, 23 Jan 2008
差出人: "******"
件名: 質問です
宛先: "物語"

「円キャリー・トレード」のアンワインド(解消・巻き戻し)を
迫る米国の金融政策でもある。

徐々に、「円キャリー・トレード」の外堀が埋まりつつあるように見える。


はじめまして、少しわからなかったので質問させてください。
落ち着いたら、
また円キャリートレードに戻っていくと言う意味ですか?

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

From: "松田 哲"
Sent: Wednesday, January 23, 2008
To: ******
Subject: Re: 質問です

メールありがとうございます。

答えは、NO です。

「円キャリー・トレード」は、崩壊する、と、考えています。
現在、崩壊中で、今年これから、完全崩壊に向かっているところ、
と考えています。

充分に、崩壊したら、しばらく、おとなしくなって、
その後に、再び、「円キャリー・トレード」は、復活するでしょう。

金利差を狙って、利益を得ようとする行為は、
2、3年、流行して、失敗し、
しばらくすると、また、流行する、
その循環を、繰り返しています。

過去、25年程度で、それを繰り返していました。

だから、充分に、崩壊したら、しばらく、おとなしくなって、
その後に、再び、「円キャリー・トレード」は、復活するでしょう。
歴史は繰り返しますから。

しかし、その復活は、早くとも、2年後、3年後、程度、先のことになる、
と考えています。

また、その復活の際も、
現在とは、全く、為替水準は、異なることになるだろう、
と考えます。

取り急ぎ、
松田哲、拝

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

日付: Wed, 23 Jan 2008
差出人: "******"
件名: RE: 質問です
宛先: "松田 哲"

とても参考になりました。
松田先生の、本は2冊買って読みました。

いままで、キャリートレードを3年前からやっていて
もっと高いところで売れば利益があったけれど、
月曜日、全部手仕舞いしました。

もう2,3年はキャリートレードを考えません。

すっきりしました。
先生を師事してがんばっていきます。

お忙しいのに、メールいただきまして
本当に感謝です。

ありがとうございました。

******

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【投資で浮かぶ人、沈む人】  ---あなたの「投資力」は万全ですか?---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:PHP研究所 ■1,155円(税込)
アマゾン⇒
http://www.amazon.co.jp/dp/4569697976
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXの教科書】■松田哲(Satoshi Matsuda)著■出版:扶桑社■1,575円(税込)
アマゾン⇒
http://www.amazon.co.jp/dp/4594056148
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

にほんブログ村 為替ブログへ

外為ランキング

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

ポプログ人気fxブログランキング

|

« 【有料メルマガのサンプル配信】---[2008年10月14日東京時間 18:51]に配信--- | トップページ | 【有料メールマガジンをサンプル配信します】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【有料メルマガのサンプル配信】---[2008年10月14日東京時間 18:51]に配信--- | トップページ | 【有料メールマガジンをサンプル配信します】 »