« ---自分の考えが、相場に当てはまらなくなった時に、きちんと損切りができるか?--- | トップページ | 【ポールソン氏は、見事な手品師】---ただし、モルヒネ(麻酔薬)では、ケガは直らない--- »

2008年9月 7日 (日)

【ところで、「ファニーメイ」って、何だか答えられますか?】

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[有料メールマガジンを始めました!]
---【松田哲の独断と偏見の為替相場(会員限定版)】---

このページからお申込み出来ます⇒ https://www.fxmagazine.jp/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2008年09月07日号
【ところで、「ファニーメイ」って、何だか答えられますか?】
---誰でも、なかなか正確には、答えられない---

【外為用語の基礎知識】http://smatt.hp.infoseek.co.jp/
に、加筆しました。

ファニーメイとか、ジニーメイとか、昔から言葉はよく聞くのだけれど、
『その定義は?』
と訊かれると、

「政府系のアレだよ・・・」
とか、
「住宅ローンを取りまとめてる会社じゃないの?」
と、なかなか正確には、答えられないものです・・・。

ちなみに、ジニーメイ(Ginnie Mae)は、
GNMA(Government National Mortgage Association)
政府住宅抵当金庫。
1968年に設立された米国住宅都市開発省管轄下の政府機関。
モーゲージ証券が、投資家に販売される際に、元利金の支払を保証する機関。

こう書いてみても、
よくよく考えないと、まだ何だかよく分からない・・・

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【ファニーメイ】(連邦住宅抵当金庫)(Fannie Mae)
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/sub028hu.htm#FannieMae

米国のGSEの一つ。

FNMA(Federal National Mortgage Association)の通称。

連邦住宅抵当公庫。

1938年に住宅安定供給を目的に設立された特殊銀行。
1968年に民営化され、NYSEに上場。

民間金融機関から住宅ローン債権を買い上げた上で証券化を行ったり、
保証業務によって収益を上げている。

フレディマックとは競合関係にある。

証券コード:FNM.N

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【フレディマック】(連邦住宅金融抵当金庫)(Freddie Mac) 
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/sub028hu.htm#FreddieMac

FHLMC=Federal Home Loan Mortgage Corporation

連邦住宅金融抵当金庫のこと。

連邦住宅金融抵当金庫。愛称が、Freddie Mac(フレディマック)。

GSEの一機関である。

住宅ローン市場に安定的に資金を供給するために、
米国連邦議会の公認のもと1970年に、
ファニーメイがモーゲージ市場で十分カバーしていなかった部分に
資金を供給するために設立された政府系金融機関。

ファニーメイとは競合関係にあるが、役目は基本的には同じ。

政府出資は受けておらず、株式がニューヨーク証券取引所と
パシフィック証券取引所に上場されている民間会社。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【GSE】(Government Sponsored Enterprises)
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/sub050english.htm#GSE

Government Sponsored Enterprises(政府支援法人)の略。

米国版特殊法人のこと

狭義にはFannie MaeやFreddie Macといった住宅金融公庫や、
農業公庫など特殊銀行を指す。

形式的には民間の株式会社であり、
その債務にはなんら明示的な政府の保証はないにもかかわらず、
「暗黙の政府保証」が期待されて政府と同等の信用力を認められている。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【投資で浮かぶ人、沈む人】  ---あなたの「投資力」は万全ですか?---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:PHP研究所 ■1,155円(税込)
アマゾン⇒
http://www.amazon.co.jp/dp/4569697976
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXの教科書】■松田哲(Satoshi Matsuda)著■出版:扶桑社■1,575円(税込)
アマゾン⇒
http://www.amazon.co.jp/dp/4594056148
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

にほんブログ村 為替ブログへ

外為ランキング

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

ポプログ人気fxブログランキング

|

« ---自分の考えが、相場に当てはまらなくなった時に、きちんと損切りができるか?--- | トップページ | 【ポールソン氏は、見事な手品師】---ただし、モルヒネ(麻酔薬)では、ケガは直らない--- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ---自分の考えが、相場に当てはまらなくなった時に、きちんと損切りができるか?--- | トップページ | 【ポールソン氏は、見事な手品師】---ただし、モルヒネ(麻酔薬)では、ケガは直らない--- »