« ポンド/円(GBP/JPY)チャート(週足) | トップページ | ---大きく乱高下しているマーケットでは、「臨機応変」に--- »

2008年9月14日 (日)

【有料メールマガジンのサンプル配信】---ポンド/円(GBP/JPY)チャート(週足)---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[有料メールマガジンを始めました!]
---【松田哲の独断と偏見の為替相場(会員限定版)】---

このページからお申込み出来ます⇒ https://www.fxmagazine.jp/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2008年09月14日号
【有料メールマガジンのサンプル配信】
---ポンド/円(GBP/JPY)チャート(週足)---

本日(9月14日)は、連休の中日。明日は、東京市場は休場。
そのために、月曜日の定期配信分を、前倒しに発信しました。

すでに、ドル円や、ユーロドル、ユーロ円、ポンド円、オージー円に関して、
詳細に、考えていることを発信しました。

有料メールマガジンのサンプルとして、ポンド円の記述のみ、配信します。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

以下、[2008年09月14日]Part6(Vol.030)をサンプル配信します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       フォレックス・ディーラー物語
     【松田哲の独断と偏見の為替相場(会員限定版)】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[2008年09月14日]Part6(Vol.030)

いつもご購読ありがとうございます。松田哲です。
『松田哲の独断と偏見の為替相場(会員限定版)』をお送りします。

本日(9月14日)は日曜日ですが、
明日(9月15日月曜日)は、「敬老の日」で東京市場が休場です。

今回の配信は、月曜日、木曜日に配信する定期分(Part6)とします。

....summary....................................................

◎ ポンド/円(GBP/JPY)
・ポンド/円(GBP/JPY)チャート(週足)をご覧ください。
http://forexdealer.cocolog-nifty.com/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2008/09/14/gbpjpy2008sep13weekly0001_2.png

.....................................................summary...

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎ ポンド/円(GBP/JPY)
・ポンド/円(GBP/JPY)チャート(週足)をご覧ください。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ポンド/円(GBP/JPY)チャート(週足)をご覧ください。
http://forexdealer.cocolog-nifty.com/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2008/09/14/gbpjpy2008sep13weekly0001_2.png

●昨年秋ころから、
従来の無料メールマガジン【独断と偏見の為替相場】や、
さまざまなスポンサー主催の会場セミナーやウェブセミナーでも、
また、自分が主催したセミナーでも、

ポンド/円(GBP/JPY)は、
『ヘッド・アンド・ショルダー』を形成するのではないか?

と、それが、形成される前にお話した。

●それは、
「『ヘッド・アンド・ショルダー』が作られるのではないか?」といった、
個人的な思惑に過ぎないが、
結果として、その思惑は当たり、
2008年1月2日、今年の年初のマーケットで、
ポンド/円(GBP/JPY)は、『ヘッド・アンド・ショルダー』を完成した。

●2008年1月2日、東京市場がお正月で休場の、間隙を突くように、
ポンド/円(GBP/JPY)は、ネック・ラインである219円を下に割り込んだ。

●振り返って、俯瞰すれば、
ポンド/円(GBP/JPY)は、219円を下に割り込んで以降、
219円台にタッチしていない。

●このことは、
『売り相場で、売るチャンスは、1度だけ』である典型例を示している。

●別な言い方をすれば、
219円を「完璧に」割り込んだ、[218.40-50]レベルを売り、
ストップ・ロス・オーダーを[219.50]に設定している場合は、
2008年1月2日にポンド/円(GBP/JPY)を売って、
現在(2008年9月中旬)に至るまで、保有できる、ということでもある。

※もちろん、途中で利食いを行うことも戦術である。

※また、大きく下落する途中で、
ストップ・ロス・オーダーを「200円から205円程度」に近づけることは、
セオリーでもある。

※利益を確保する意味で、途中で買い戻すことは、いっこうに構わない。

※ポンド/円(GBP/JPY)は、2008年3月に192円台ミドルまで下落した後で、
2008年7月には、215円台にまで反発しているのだから、
どこかで、いったんの利食いを行った方が「りこう」だ。

●ポンド/円(GBP/JPY)は、2008年7月の215円台の戻り高値を付けて、
再度、下落(急落)を始めた。

●2008年9月になって、2008年3月に付けた安値192円台ミドルを下に抜けて、
一段と急落。
今のところ、安値は、185円台を付けている。

●添付のポンド/円(GBP/JPY)チャート(週足)には、
ネック・ライン(219円)、
左肩(L.S)、ヘッド(頭)(Head)、右肩(R.S)を描いた。

●ネック・ライン(219円)から、
ヘッド(頭)(Head)(251円)までの値幅は、32円。

●『ヘッド・アンド・ショルダー』を完成した場合は、
ネック・ラインから、ヘッド(頭)(Head)までの値幅と、
同じ値幅分、下落する。

●つまり、[219-32=187]なので、
ターゲットは、187円、となる。

●2008年1月2日、今年の年初のマーケットで、
ポンド/円(GBP/JPY)は、『ヘッド・アンド・ショルダー』を完成し、
2008年9月に、ターゲットに到達した。

●今回の値動きは、
チャート分析の典型的な『ヘッド・アンド・ショルダー』の値動きとなった。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ユーロ/円(EUR/JPY)とポンド/円(GBP/JPY)は、
基本的に、同じように動く。

●それは、『過去がそうであったというだけ』で、
『これからの相場は違う』と考えることも可能だ。

●しかし、私は、過去の経験則から、これからも、
『ユーロ/円(EUR/JPY)とポンド/円(GBP/JPY)は、
基本的に、同じように動く』と考えている。
(経験則は正しく、今後もこの経験則は有効である、と考える)

●そのように考えると、
『ポンド/円(GBP/JPY)が、先行して下落したのではないか?』

●だから、
『これから、ユーロ/円(EUR/JPY)が、ポンド/円(GBP/JPY)のように、
大きく下落して行くのではないか?』
と、考えている。

●ポンド/円(GBP/JPY)が『ヘッド・アンド・ショルダー』を完成して、
大きく下落したことは、事実である。

●この事実を、認めない訳にはいかない。
(誰も、否定することが出来ない)
(この事実を、無視することは、間違い)

●ユーロ/円(EUR/JPY)とポンド/円(GBP/JPY)が、
基本的に、同じように動くのならば、
ユーロ/円(EUR/JPY)が、ポンド/円(GBP/JPY)のように、
大きく下落して行かないと、整合性が取れない、と考えている。

(9月14日東京時間11:15記述)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

以上、『松田哲の独断と偏見の為替相場(会員限定版)』をお送りしました。
本メールマガジンが皆さまの投資にお役に立てることをお祈りしております。

松田哲

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎ 質問・お問い合わせについて

相場の見通しや投資判断についてなど、個別のお問い合わせには応じかねます。
購読者の皆さまよりのご質問については、ご要望の多いものから順に、
動画や本メールマガジンの別冊などでお答えしてまいります。
下記メールアドレスまでお送りください。
satoshi.matsuda2007@gmail.com

また、本メールマガジンの登録解除や決済方法などについてのお問い合わせは、
下記メールアドレスまでお願いいたします。
customer@fxmagazine.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【!!!ご注意!!!】
当メールマガジンに含まれる情報は、
一般的な情報提供を目的としたものであり、
最終的な投資決定は購読者ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
また、情報の内容については万全を期していますが、
正確性を保障するものではありません。
当メールマガジンの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、
一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本メールマガジンは関わるすべての権利は松田哲が有しています。
許可なく転載、複製、販売、放送、レンタルすること、
及びオークションへの出品・販売などを行うことは、
法律により禁止されていますのでご注意ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行人                松田哲
■発行人ウェブサイト    松田哲のフォレックス・ディーラー物語
http://www.d4.dion.ne.jp/~smatt/
■発行人メールアドレス  satoshi.matsuda2007@gmail.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※メールマガジンの購読解除をご希望の場合は、
FX Magazine(http://www.fxmagazine.jp/)にログイン後、
「登録情報管理」ページの「購読メルマガ一覧」よりお手続きください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【投資で浮かぶ人、沈む人】  ---あなたの「投資力」は万全ですか?---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:PHP研究所 ■1,155円(税込)
アマゾン⇒
http://www.amazon.co.jp/dp/4569697976
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXの教科書】■松田哲(Satoshi Matsuda)著■出版:扶桑社■1,575円(税込)
アマゾン⇒
http://www.amazon.co.jp/dp/4594056148
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

にほんブログ村 為替ブログへ

外為ランキング

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

ポプログ人気fxブログランキング

|

« ポンド/円(GBP/JPY)チャート(週足) | トップページ | ---大きく乱高下しているマーケットでは、「臨機応変」に--- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ポンド/円(GBP/JPY)チャート(週足) | トップページ | ---大きく乱高下しているマーケットでは、「臨機応変」に--- »