« 【読者の方から:明日のZAI が待ちきれなくて・・・・】---ザイFX:電話取材--- | トップページ | ---突発的ニュースの直前察知は不可能、しかし、予知は可能--- »

2008年9月19日 (金)

【読者の方から】---謙遜して、愚問とおっしゃっていますが、鋭い質問です---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[有料メールマガジンを始めました!]
---【松田哲の独断と偏見の為替相場(会員限定版)】---

このページからお申込み出来ます⇒ https://www.fxmagazine.jp/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2008年09月19日号
【読者の方から】
---謙遜して、愚問とおっしゃっていますが、鋭い質問です---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人:******
宛先:松田哲 <satoshi.matsuda2007@gmail.com>

日付:2008/09/17 6:15
件名:愚問

松田様

おはようございます。
今回は初めて(?)質問をさせていただきます。
松田さんのおっしゃっていることを素直に理解しているうえでの愚問です。

値動きが激しい=ボラティリティ、かなり大きくなっているようですね。
リクイディティもないので、簡単に値が飛び、必然的にスプレッドも
広くなります。(「どんな時でもスプレッドが狭い」ことを売りにしている
取引業者もあるようですが、どのようにカバーしているのでしょうか?)

このような場合、余計な値動きに巻き込まれるのを防ぐために売りましして
下げたストップロスを自分が思うところから
あえてかなり離すようにしています。

大きなトレンドが見えていれば(もがいても落ちるのだから)それでよいと
思ってそうしていますが、この方策は危険ですか?

松田さんの今までのご経験からボラが大きくなっているときの対処法に
ついてお考えがあれば教えてください。
新たなトレンドが発生してポジションを立てる場合のストップロスは
チャートが教えてくれるのでそれに任せるのですが…。

******

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人:松田哲 <satoshi.matsuda2007@gmail.com>
宛先:******

日付:2008/09/17 21:56
件名:Re: 愚問

******さま

●直に書き込みます。
松田哲、拝

> 松田様
>

> おはようございます。
> 今回は初めて(?)質問をさせていただきます。
> 松田さんのおっしゃっていることを素直に理解しているうえでの愚問です。
>
> 値動きが激しい=ボラティリティ、かなり大きくなっているようですね。
> リクイディティもないので、簡単に値が飛び、必然的にスプレッドも
> 広くなります。(「どんな時でもスプレッドが狭い」ことを売りにしている
> 取引業者もあるようですが、どのようにカバーしているのでしょうか?)

●カバーは取れません。
だから、スプレッド固定は、間違いです。(私は、そう、思っています)
出血サービスで、損をしながら、逆ザヤで取引をやっている状態になります。

●マーケットの本当の怖さは、リクイディティ・リスクです。
取引ができない状態が、一番怖いときです。
私は、若いころ(1985年)に、ドル円の取引を、
2円スプレッドでしたことがあります。
一千万ドルのプライスが、「235.00-237.00」でした。
(235.00を売ったのですが、プラザ合意のあった1985年のことです)
時代が違う、と言うのは簡単。
これから、本当に怖いマーケットが来るならば、100ポイント・スプレッド、
50ポイント・スプレッドで取引をするような時が、あるのではないか?
と、期待(?)しています。

●一番最近の、そういった怖いマーケットは、
「セプテンバー11」(2001年9月11日)でした。

●そういったことも、7年前ですから、最近の人は知らないし、
そんなことは、2度と起こらない、と考えているのが不遜だ、
と思い、苦笑いをしています。

●それを言っても、「ノアの方舟」。残念ですが・・・。
謙虚な人しか、生き残れないのがマーケットです

>
> このような場合、余計な値動きに巻き込まれるのを防ぐために売りましして
> 下げたストップロスを自分が思うところから
> あえてかなり離すようにしています。
>
> 大きなトレンドが見えていれば(もがいても落ちるのだから)それでよいと
> 思ってそうしていますが、この方策は危険ですか?

●個々人の損失の許容限度の問題です。

●トレンドが正しければ、アゲインストになっても戻りますから、
それで良いのですが、
相場に絶対がないことに留意です。

●私も、「円高のトレンド」が、正しいと思いますが、
(絶対に正しいと、私は、思いますが、)
それでも、絶対ではないのです・・・

●つまり、リスクの無い方法はないのです。

●リスクとリターンは、ちゃんとバランスが取れています。

●結局のところ、『どこまで(いくらなら)負けても良いのか?』という、
個人の問題に帰結します。

>
> 松田さんの今までのご経験からボラが大きくなっているときの対処法に
> ついてお考えがあれば教えてください。

●「動いている、このときに、やらないで、いつやるのだ?」と思います。

●ただし、
「動いているときが大事ではなく、動き出す前に、勝負は決まっている」
と考えます。

●つまり、「動き出す前の、動かないときが、大事です」

●多くの人は、(ほとんどの市場参加者が、)大きく動いたときに、
大騒ぎしています。
(舌鋒厳しいのですが、それでは、勝てるはずがない、と思います)

●相場が静かな時に、思索しておくことです。
「こういったケースでは、このように対応する」
「それとは違うパターンで来たときでも、
事前に、そのパターンをも予期しておく」
そのように、シュミレーションを、常々行っておくことだ、と思います。

> 新たなトレンドが発生してポジションを立てる場合のストップロスは
> チャートが教えてくれるのでそれに任せるのですが…。
>
> ******
>

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【投資で浮かぶ人、沈む人】  ---あなたの「投資力」は万全ですか?---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:PHP研究所 ■1,155円(税込)
アマゾン⇒
http://www.amazon.co.jp/dp/4569697976
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXの教科書】■松田哲(Satoshi Matsuda)著■出版:扶桑社■1,575円(税込)
アマゾン⇒
http://www.amazon.co.jp/dp/4594056148
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

にほんブログ村 為替ブログへ

外為ランキング

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

ポプログ人気fxブログランキング

|

« 【読者の方から:明日のZAI が待ちきれなくて・・・・】---ザイFX:電話取材--- | トップページ | ---突発的ニュースの直前察知は不可能、しかし、予知は可能--- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【読者の方から:明日のZAI が待ちきれなくて・・・・】---ザイFX:電話取材--- | トップページ | ---突発的ニュースの直前察知は不可能、しかし、予知は可能--- »