« 【いただいたご質問の紹介(Q&A)Part2】 | トップページ | サンプル配信【松田哲の独断と偏見の為替相場(会員限定版)】 »

2008年8月25日 (月)

ひとりごと

ひとりごと

米国経済のリセッション、事実上のスタグフレーション状態、
米国不動産関連の金融機関(ファニーメイ・フレディマック)の資本調達、
などの問題点、
サブプライムローン問題に起因する諸問題、金融不安などなど、
を考えると、
単純に、ドル高トレンドに転換したとは判断できない、と考えている。

現状のドル/円(USD/JPY)は、
[108.00-111.00]アラウンドの「持ち合い相場」(=ボックス相場)と
考えている。

引き続き、クロス円が大きく下落しており、
クロス円下落を材料とした、ドル/円(USD/JPY)での「円買い需要」と、
上記の「つれてドル買い円売り」の綱引き状態が続いている。

日本は「お盆休み」が明けて、
三々五々マーケットに市場参加者が戻って来ている。

本日(8月25日)は、レイト・サマー・ホリデーで、ロンドン市場が休場。
このレイト・サマー・ホリデーまでが、
海外市場(ロンドン、ニューヨークなど)の夏休みシーズン。

明日(8月26日)以降、
海外市場(ロンドン、ニューヨークなど)の市場参加者は、徐々に戻ってくる。
つまり、市場(マーケット)の厚みが増してくる。

薄いマーケットの中で、
非常識な値動きになる(経験則の働かない値動きになる)可能性が、
低くなるので、それを楽しみにしている。

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

にほんブログ村 為替ブログへ

外為ランキング

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

ポプログ人気fxブログランキング

|

« 【いただいたご質問の紹介(Q&A)Part2】 | トップページ | サンプル配信【松田哲の独断と偏見の為替相場(会員限定版)】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【いただいたご質問の紹介(Q&A)Part2】 | トップページ | サンプル配信【松田哲の独断と偏見の為替相場(会員限定版)】 »