« 【TSUTAYA】のネット宅配レンタル---松田哲のFX相場で勝つトレンドの見方セミナー--- | トップページ | (不定期配信)【松田哲の独断と偏見の為替相場(会員限定版)】[2008年08月13日]Vol.006 »

2008年8月12日 (火)

【松田哲の独断と偏見の為替相場(会員限定版)サンプル】

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[有料メールマガジンを始めました!]
---【松田哲の独断と偏見の為替相場(会員限定版)】---

このページからお申込み出来ます⇒ https://www.fxmagazine.jp/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2008年08月12日号Part2
【松田哲の独断と偏見の為替相場(会員限定版)サンプル】
---昨日(08月11日13:56)配信分をそのまま引用掲載---

以下は、昨日(08月11日13:56)に配信した【有料メルマガ】です。

どのような内容を、【有料メルマガ】に記述しているのかを、
お伝えするためのサンプルとして、そのまま引用掲載いたします。

時間的優位性はすでに失われている、と考えますが、
それでも、昨日分(08月11日13:56配信分)を、
そのままサンプルとして掲載するためには、
すでに【有料メルマガ】を購読している方々のお気持ちにも、
配慮をするべき、と考えました。

それで、本日は、先ほど(2008-08-12 12:16)、
このコンテンツの続きを、【不定期分】として、配信いたしました。

【有料メルマガ】は、
このページからお申込み出来ます⇒ https://www.fxmagazine.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

以下引用[2008-08-11 13:56 配信]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

            フォレックス・ディーラー物語
      【松田哲の独断と偏見の為替相場(会員限定版)】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[2008年08月11日]Vol.004

いつもご購読ありがとうございます。松田哲です。
『松田哲の独断と偏見の為替相場(会員限定版)』をお送りします。

今回の配信【[2008年08月11日]Vol.004】は、
朝方に配信した【緊急版(Vol.003)】に続くものです。

....summary.....................................................

◎ ドル/円(USD/JPY)
・『クロス円の急落』は、「ドル円の売り材料」

◎ ユーロ/ドル(EUR/USD)
・「窓(Gap)」を開けての急落は、「ユーロ売りドル買い」のシグナル

◎ ユーロ/円(EUR/JPY)
・「窓(Gap)」を開けての急落は、「ユーロ売り円買い」のシグナル

.....................................................summary....

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◎ ドル/円(USD/JPY)
 ・『クロス円の急落』は、「ドル円の売り材料」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

チャート画像とあわせてご覧ください。

1.ドル円(1時間足)---USDJPY(Hourly):8月11日東京時間13:12
http://smatt.tonosama.jp/2008Aug11.html#USDJPY

●8月6日(水)のロンドン市場では、
このところのドル/円(USD/JPY)の上値の壁となっていた[108.50]を
上に抜けた。(ドル高円安が進んだ)

豪ドル/ドル(AUD/USD)で「豪ドル売りドル買い」が進んだことや、
ユーロ/ドル(EUR/USD)で「ユーロ売りドル買い」が進んだことで、
ドル/円(USD/JPY)でも連れて「ドル買い」となり、
[108.50]を買う動きとなった。

●[108.50]を上に抜けると、
ストップ・ロス(損切りのドル買い円売り)を巻き込み、
ドル/円(USD/JPY)は急上昇となった。

●8月6日(水)のニューヨーク市場の朝方に、[109.00]を上に抜けると
断続的に、さらなるストップ・ロス(損切りのドル買い円売り)を巻き込み、
109円台後半にまでジリジリとドル/円(USD/JPY)は上昇を続けた。

●8月7日(木)の外国為替市場では、
終日、109円台での高値持ち合いとなった。

●8月8日(金)の東京市場では、109円台での高値持ち合いが継続。

●8月8日(金)のロンドン市場では、110円台をトライする動きとなった。

●8月8日(金)のニューヨーク市場の朝方に、
[110.00]を完璧に上に抜けて上昇し、高値[110.35-40]レベルを付けた。

●8月8日(金)のニューヨーク市場クローズは、[110.15-20]レベル。
(ニューヨーク・クローズの時点で、110円台をキープした)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

前回のコメントで記述したとおりに、この時点で、以下のように考えている。

●個人的な思惑では、このドル/円(USD/JPY)高値を追いかけて、
ドル買いで付いていくのは危険だと考えている。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●付け加えるならば、
[110.00]を壁に、「目先のドル売り」をしていた向きは、
[110.20-30]レベルで、
いったんのストップ・ロス(損切りのドル買い円売り)を余儀なくされた。

それゆえに、目先のドル・ショート(ドルの売り持ちポジション)は、
いくぶん、少なくなっていたと考える。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●本日(08月11日)のウェリントン・シドニー市場では、
ユーロ/ドル(EUR/USD)、ユーロ/円(EUR/JPY)が、
「窓(Gap)」を開けて、急落しているにもかかわらず、
まだ、動いていない。
 
●東京時間08:20の時点で、
ドル/円(USD/JPY)は先週末のNYクローズと同じ水準の110円台前半程度。

●ドル/円(USD/JPY)は、まだ、動きだしていないだけで、
「ユーロ/円(EUR/JPY)での売り(ユーロ売り円買い)」の影響から、
ドル/円(USD/JPY)には、「円買い圧力」がかかる、と考える。

●「お盆休み」のシーズンで、
市場参加者が極端に少ない状態になるだろう、と考える。
つまり、薄いマーケットの中で、
非常識な値動きになる(経験則の働かない値動きになる)可能性がある。

●引き続き、個人的な思惑では、
このドル/円(USD/JPY)高値を追いかけて、
ドル買いで付いていくのは危険だと考えている。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●現在のマーケット(8月11日東京市場午前)では、
ドル/円(USD/JPY)は、まだ、動きだしていない。

東京市場の通常の参加者は、「お盆休み」で、市場参加者が極端に少ない。
そして、現時点でのマーケットの注目は、
『ユーロ/ドル(EUR/USD)の[1.5000]を割り込んでの急落』であり、
『豪ドル/ドル(AUD/USD)の[0.8900]を割り込んでの急落』である。

換言すれば、「他通貨の売り、米ドルの買い」になっている。
ここに着目する人は、この値動きを「ドル円の買い材料」と考えるだろう。

私は、その説を採れない。

『ユーロ/ドル(EUR/USD)の急落』『豪ドル/ドル(AUD/USD)の急落』
という現象を、『クロス円の急落』ととらえるならば、
この事象は、「他通貨の売り、円の買い」となり、
「ドル円の売り材料」である、と考える。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◎ ユーロ/ドル(EUR/USD)
 ・「窓(Gap)」を開けての急落は、「ユーロ売りドル買い」のシグナル
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

チャート画像とあわせてご覧ください。

2.ユーロドル(1時間足)---EURUSD(Hourly):8月11日東京時間13:16
http://smatt.tonosama.jp/2008Aug11.html#EURUSD

●ユーロ/ドル(EUR/USD)は、
[1.5300~1.6000]の「ボックス相場」が継続していた。

●オイル価格の下落に伴い、
ユーロ/ドル(EUR/USD)を売る向きも出ている様子だ。

このところ、
オイル価格と、ユーロ/ドル(EUR/USD)の値動きの相関性が指摘されていた。

オイル価格が、1バレル=147ドルを付けて以降、
調整下落の値動きを示している。

この相関性に気が付いている市場参加者は、オイル価格の調整下落に伴い、
ユーロ/ドル(EUR/USD)も調整下落する、と考えている。

●ただし、上述の通りに、今年(2008年)の3月以降続いている
[1.5300~1.6000]の「ボックス相場」の範囲内の値動きであり、
特筆するところではない、と考えている。

●8月8日(金)の東京市場で、ユーロ/ドル(EUR/USD)は、
[1.5300~1.6000]の「ボックス相場」を下に放れた。

ユーロ/ドル(EUR/USD)下落の理由には、オイル価格の急落や、
ロシアの軍事進攻に関する「地政学的リスク」を挙げる向きが多いが、
現時点では、『理由など、どうでも良い』。
そんな理由は、あとで、マスコミが適当な理由を付けてくれる。

●今年(2008年)の3月以降続いた[1.5300~1.6000]の「ボックス相場」を、
下に抜けたので、さらに、もう一段、大きく急落する可能性がある。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●本日(08月11日)のウェリントン・シドニー市場で、
NYクローズ(1.5015アラウンド)から「窓(Gap)」を開けて、
1.4900アラウンドまで急落。

●東京時間08:20の時点で、「窓(Gap)」は、
おおよそ[1.4960-1.5000]程度。

●「窓(Gap)」を開けての急落は、「ユーロ売りドル買い」のシグナル。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●本日(08月11日)の東京市場(東京時間12:30現在)では、
「窓(Gap)」は、かなり埋められたが、
まだ、[1.4990-00]レベルに、小さな「窓(Gap)」が残っている。

この「窓(Gap)」が、埋まるのか、開いたままになるのか、は分からないが、
開いたままならば、それは、「ユーロ売りドル買い」のシグナル。

仮に、「窓(Gap)」が埋まったとしても、
「リバウンドは窓埋めまで」の格言の通りに、窓を埋めた時点で、
それは、「ユーロ売りドル買い」のシグナルとなる。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◎ ユーロ/円(EUR/JPY)
 ・「窓(Gap)」を開けての急落は、「ユーロ売り円買い」のシグナル
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

チャート画像とあわせてご覧ください。

3.ユーロ円(1時間足)---USDJPY(Hourly):8月11日東京時間13:17
http://smatt.tonosama.jp/2008Aug11.html#EURJPY

●ユーロ/円(EUR/JPY)は、
今年(2008年)の3月中旬に、151円台の安値を付けて以降、
サポートラインに従って170円近くまで大きく上昇している。

●しかし、ユーロ/円(EUR/JPY)は、
6月以降、[165円程度~170円程度]の「ボックス相場」となっていた。

●6月以降は、上昇のスピードにかげりが出て、
いわゆる「高値持ち合い」に変化した、と判断していた。

●8月4日のチャート画像には、
ユーロ/円(EUR/JPY)は、あえて「週足」を選んでいます。
http://smatt.tonosama.jp/2008Aug04.html

このチャートから、読み取れることは、
現状のユーロ/円(EUR/JPY)は、
[150円~170円]の「大きなボックス相場」である、ということ。

●前回のコメントでは、
豪ドル/円(AUD/JPY)やニュージーランド・ドル/円(NZD/JPY)で、
下落傾向が強まっているのが気にかかっていた旨、既述しています。

●クロス円は、相互に影響を与えるので、
豪ドル/円(AUD/JPY)やニュージーランド・ドル/円(NZD/JPY)が
下落していることから、
ユーロ/円(EUR/JPY)にも、「売り圧力」が加わるのではないか、
と思量していることも、既述しています。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●本日(08月11日)のウェリントン・シドニー市場で、
NYクローズ(165.50アラウンド)から「窓(Gap)」を開けて、
[164.45-55]レベルにまで急落。

●東京時間08:20の時点で、「窓(Gap)」は、
おおよそ[164.95-165.30]程度。

●「窓(Gap)」を開けての急落は、「ユーロ売り円買い」のシグナル。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●本日(08月11日)の東京市場(東京時間12:30現在)では、
「窓(Gap)」は、おおよそ[164.95-165.30]程度のまま。
リバウンドが、ユーロ/ドル(EUR/USD)に比べて甘い。

この「窓(Gap)」が、埋まるのか、開いたままになるのか、は分からないが、
開いたままならば、それは、「ユーロ売り円買い」のシグナル。

仮に、「窓(Gap)」が埋まったとしても、
「リバウンドは窓埋めまで」の格言の通りに、窓を埋めた時点で、
それは、「ユーロ売り円買い」のシグナルとなる。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◎ 松田哲からのお知らせ
  ・新刊『投資で浮かぶ人、沈む人』発売!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松田哲の新刊『投資で浮かぶ人、沈む人』がPHP研究所より、発売されました。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【投資で浮かぶ人、沈む人】  ---あなたの「投資力」は万全ですか?---
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4569697976  ■1,155円(税込)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

以上、『松田哲の独断と偏見の為替相場(会員限定版)』をお送りしました。
本メールマガジンが皆さまの投資にお役に立てることをお祈りしております。

松田哲

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎ 質問・お問い合わせについて

相場の見通しや投資判断についてなど、個別のお問い合わせには応じかねます。
購読者の皆さまよりのご質問については、ご要望の多いものから順に、
動画や本メールマガジンの別冊などでお答えしてまいります。
下記メールアドレスまでお送りください。
satoshi.matsuda2007@gmail.com

また、本メールマガジンの登録解除や決済方法などについてのお問い合わせは、
下記メールアドレスまでお願いいたします。
customer@fxmagazine.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【!!!ご注意!!!】
当メールマガジンに含まれる情報は、
一般的な情報提供を目的としたものであり、
最終的な投資決定は購読者ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
また、情報の内容については万全を期していますが、
正確性を保障するものではありません。
当メールマガジンの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、
一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本メールマガジンは関わるすべての権利は松田哲が有しています。
許可なく転載、複製、販売、放送、レンタルすること、
及びオークションへの出品・販売などを行うことは、
法律により禁止されていますのでご注意ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行人                松田哲
■発行人ウェブサイト    松田哲のフォレックス・ディーラー物語
            http://www.d4.dion.ne.jp/~smatt/
■発行人メールアドレス  satoshi.matsuda2007@gmail.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※メールマガジンの購読解除をご希望の場合は、
FX Magazine(http://www.fxmagazine.jp/)にログイン後、
「登録情報管理」ページの「購読メルマガ一覧」よりお手続きください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【投資で浮かぶ人、沈む人】  ---あなたの「投資力」は万全ですか?---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:PHP研究所 ■1,155円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4569697976
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXの教科書】■松田哲(Satoshi Matsuda)著■出版:扶桑社■1,575円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4594056148
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

にほんブログ村 為替ブログへ

外為ランキング

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

ポプログ人気fxブログランキング

|

« 【TSUTAYA】のネット宅配レンタル---松田哲のFX相場で勝つトレンドの見方セミナー--- | トップページ | (不定期配信)【松田哲の独断と偏見の為替相場(会員限定版)】[2008年08月13日]Vol.006 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【TSUTAYA】のネット宅配レンタル---松田哲のFX相場で勝つトレンドの見方セミナー--- | トップページ | (不定期配信)【松田哲の独断と偏見の為替相場(会員限定版)】[2008年08月13日]Vol.006 »