« 【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)--- | トップページ | 『投資で浮かぶ人、沈む人』(PHP研究所) »

2008年6月 9日 (月)

【米国失業率】---事前予想よりも、[0.4%]も悪い---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXの教科書】■松田哲(Satoshi Matsuda)著■出版:扶桑社■1,575円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4594056148
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
□■指標発表時にもシステムは抜群の安定性!『オクトFX』で安心のお取引!
■ --------------------------------------------------------
 → http://daikoku.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=MrtMqdFc&ai=133
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2008年06月09日号
【米国失業率】---事前予想よりも、[0.4%]も悪い---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

注目度が高い米国経済指標は、その発表が近づくと、その事前予想が出回る。

事前予想を発表するのは、
主に大手金融機関のシンクタンクやエコノミストたち。

大手情報会社(ロイター通信社、ブルーンバーグ社などの情報配信会社)は、
それらの平均値を発表する。

マーケットは、そうした事前予想値と実際に発表された数値を比較考量して、
予想値よりも良かったのか、悪かったのを、売買の判断基準にする。

米国経済指標中で、
注目度が最も高いものが「米国雇用統計(米国失業率)」。

毎月第一金曜日に発表なので、先週末(6月6日金曜日)がその日だった。

米国失業率(雇用統計)の場合は、基本的には、
「失業率」と「NFP(非農業者雇用者数)」の二つに注目する。

・米国失業率が、事前予想値よりも悪ければ、「ドル売りの材料」になる。

・米国失業率が、事前予想値よりも良ければ、「ドル買いの材料」になる。

・NFP(非農業者雇用者数)が、
 事前予想値よりも多ければ、「ドル買いの材料」になる。

・NFP(非農業者雇用者数)が、
 事前予想値よりも少なければ、「ドル売りの材料」になる。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

今回の米国失業率(雇用統計)は、
『大幅に悪化するのではないか?』とか、
『前回のNFPで、大幅な下方修正があるのではないか?』
といったウワサが5月中に流布していた。

さて、どういった数値になるのか、と、素直に注目していたが、
発表された数値は、かなり悪いものだった。

5月の失業率の事前予想が[5.1%]に対して、発表された数値は[5.5%]。

事前予想よりも、[0.4%]も悪かった場合は、過去に記憶が無い。

個人的な記憶に過ぎないが、1984年以降から現在にいたるまで、無かった。
圧倒的に、事前予想よりも悪い数値。

呆れるほど、悪い数字、と言って良い。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

NFP(非農業者雇用者数)の、事前予想値は[マイナス60,000人]。
そして、発表された数値は[マイナス49,000人]。
事前予想よりも、若干、良い数値だった。

今回は、リバイス(前回の修正)にも注目があった。

前回の修正は、以下の通り。
NFP(非農業者雇用者数)は、
[マイナス20,000人]から[マイナス28,000人]に下方修正。

総じて、悪いものだった。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

マーケットは、
「米国雇用統計(米国失業率)」の発表後にドル売りに反応したが、
その反応も、数字が悪いのと比べて、ドル売りの加速度が弱い。

この数字の発表で、
米国のリセッション(景気後退)が、明らかになった印象。

バーナンキFRB議長の発言が、先週、話題になったが、
バーナンキ氏は、こういった数値を事前に知っていたのではないか?
と、いった、『うがった見方』も、思い浮かんでしまう。

米国中央銀行システムの長が、そういった不公正なことをしているとは、
考えたくないが、あまりにタイミングが良すぎる印象をぬぐえない。

FRB議長が、その立場上、事前に、数字を知っていることは、
不正ではないが、
それを示唆するような、リークは、不公正な印象をぬぐえない。
そういった意味で、何だか、釈然としない思いが残る。

もともと米国のリセッションは明瞭だが、
それを捻じ曲げて、来年は良くなる、といったコメントが多い。

※米国のリセッションに言及することが、タブーのような環境がある。
 株式市場では、株価の下落に言及しないようにするような慣行がある。
 そういったことから、
 米国のリセッションに関して、語らないのだろう、と推察している。

しかし、そういった、言葉の遊びのようなまねは、止めて欲しいものだ、
と個人的には感じている。

適切な判断をするのに、邪魔になるだけだ。

米国は、既に、昨年後半から、現在も、
景気後退局面(リセッション状態)にある、と、個人的には考えている。

今回の米国失業率(雇用統計)の数字は、「ドル売り」の材料にしかならない、
と考える。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
□■知らないと損!『オクトFX』の高水準でオトクなスワップポイント!
■ --------------------------------------------------------
 → http://daikoku.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=MrtMqdFc&ai=132
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】■松田哲(Satoshi Matsuda)著
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【外貨崩落】■松田哲(Satoshi Matsuda)著
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

にほんブログ村 為替ブログへ

外為ランキング

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

ポプログ人気fxブログランキング

|

« 【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)--- | トップページ | 『投資で浮かぶ人、沈む人』(PHP研究所) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)--- | トップページ | 『投資で浮かぶ人、沈む人』(PHP研究所) »