« 【ここ数日の円安傾向について】---読者の方からメールを頂きました--- | トップページ | 【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)--- »

2008年4月 3日 (木)

【『FXの教科書』(扶桑社)】---[出版社/著者からの内容紹介]---

2008年04月03日号Part2
【『FXの教科書』(扶桑社)】
---アマゾンに掲載の[出版社/著者からの内容紹介]が更新されました---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【FXの教科書】(単行本) 松田 哲 (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4594056148

単行本: 241ページ
出版社: 扶桑社 (2008/3/1)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【商品の説明】

[出版社からの内容紹介]

一時104円台まで進んだ円高を昨年夏段階で予想!

FX本のヒットメーカーである著者・松田哲氏が
FXで勝ち続けるための極意を熱意と情熱と魂をこめて徹底レクチャー!

2008年の為替相場に必須なドル/円売り、ユーロ/ドル買いの売買戦略を解説!
スワップ金利欲しさにドル/円売りをためらっていて
あなたは本当に勝てますか?

本書は3部構成になっています。

第1部・小説仕立ての為替取引入門編

伝説の為替小説「フォレックス・ディーラー物語」に学ぶ
「為替とは何か?」「儲けるとは何か?」

--松田氏が執筆した為替小説をもとに
リアルな為替取引の世界と相場の行方が自然と頭に入る構成になっています。
どんな入門書よりもこの小説を読んだほうが、
FXの仕組みや為替市場(インターバンク市場)の圧倒的な臨場感を
感じることができます。

第2部・プロ並みの売買戦略構築法を図解で徹底解説

「買い」と「売り」では売買戦略が全然、違う!

チャートを使った「現状把握」
→相場心理や市場のテーマを睨んだ「未来予想」
→「実際の売買」
→「自らの心理状態のコントロール」
→「利益確定」まで、プロ並みの売買のプロセスを一挙紹介します!

中でも、
チャートから相場の行方を決める「チャート・ポイント」を見つけ出し、
それをもとに売買戦略を立てる方法論が実践的に詳細に書かれています。

第3部・2008年はドル/円売り、ユーロ/ドル買いを基本に

2008年最大のテーマは「ドル安」。

「深刻化するサブプライムローン問題
→アメリカの景気後退」を睨んでどのような取引をすべきか? 

ドル円の100円割れ、
ユーロ・ポンド・豪ドルなどクロス円通貨に対する円高は
どのレベルまでを想定すべきか?

相変わらず強い上昇トレンドを示すユーロ/ドル買いの戦略など、
円高でお困りの投資家を救う待望の未来予想&売買ガイダンス満載! 

円高で外貨建て商品の損失がすでに社会問題化していることを警告!

内容(「MARC」データベースより)

為替取引とは何か?
FXで勝つ極意とは?
2008年最大のテーマ・ドル安の行方は?
2008年の最新相場動向を睨みつつ、
FXで勝つための知識、経験、ノウハウ、心構えを解説。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

[著者からのコメント]

2007年は、波乱の年だった。
そして、
『それ以上に、2008年は、大きな波乱になるのではないか?』
と、考えています。

個人投資家にとって、取引しやすくなったFX(外国為替)は、
特に、2005年以降、ブームとなりました。

2007年には、外貨投資を行う人の間で、
『円キャリー・トレード』が流行語となっています。

しかし、2007年後半以降に、もっと大きな『流行語』となったのは、
『サブプライム・ローン』ではないでしょうか?

『サブプライム・ローン問題』は、2007年後半に、大きな問題となり、
2008年年初には、マーケット(外国為替市場)の最大の関心事となっています。

「サブプライム・ローン問題」を材料に、ヘッジ(Hedge)の意識が広がり、
"Fly to Quality"(質への逃避)を引き起こしました。

その結果、2007年夏には、
「ドル円のトレンド」は「ドル高円安」から「ドル安円高」の転換しています。

●サブプライム・ローン関連の金融商品を、
 誰が(どの金融機関が、あるいは、どの企業や公共団体が)、
 どれぐらいの金額、保有しているのか?

●そして、そのサブプライム・ローン関連の金融商品の
 現在価値(実際の価格)はいったい、いくらなのか?

●その結果、具体的損失額はいくらになるのか?

サブプライム・ローン問題を、念頭に置きながら、
本書を読んでいただければ、と考えています。

本書では、第1部にはサイト「フォレックス・ディーラー物語」で好評だった
「青春のモニュメント」をノーカットにて上梓しています。
この物語は外国為替取引におけるテクニックも満載されており
読み応え充分です。

[著者について]

松田 哲(まつだ さとし)
早稲田大学法学部を卒業後、三菱信託銀行(現・三菱UFJ信託銀行)に入社。
支店勤務を経て、為替ディーラーに。
外国為替、国際資金業務のエキスパートとして
本店国際資金為替部、ニューヨーク支店を往復する。
その後、米国ファースト・インターステート銀行、フランス・パリバ銀行、
クレディ・スイス銀行、オーストラリア・コモンウェルス銀行の
チーフ・ディーラーとして活躍。
著書に、FX関連本として大ヒット中の
『FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?』など多数。
近著の『外貨崩落』(技術評論社)ではドル/円相場の下落を見事的中させる。
20年におよぶ辣腕為替ディーラーの経験と知識に裏打ちされた
為替の現状分析と未来予想には定評がある。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

|

« 【ここ数日の円安傾向について】---読者の方からメールを頂きました--- | トップページ | 【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)--- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【ここ数日の円安傾向について】---読者の方からメールを頂きました--- | トップページ | 【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)--- »