« 【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)--- | トップページ | 【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)--- »

2008年2月 1日 (金)

【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【外貨崩落】[生き残る人は知っているもう1つのシナリオ]
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

----<AD>-------------------------------セミナー参加者募集中!---
☆★ FX会社を選ぶ際の大事な基準、信託保全。
★ オクトFXなら、信託保全措置率100% 超 !(2007年11月現在)
http://www.okt-cubic.co.jp/campaign/infoex_swing_c/index.html
--------------------------------------------------------<AD>----

2008年02月01日号
【マーケット・コメント】
---ドル/円(USD/JPY)---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

1月30日(水)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
若干のドル売り気配に推移。
東京市場朝方の[107.00]アラウンドはから、
東京市場の夕方に向けて、106円台ミドルにダラダラと下落。

ただし、この日のニューヨーク市場で発表される
FOMCでのドルの政策金利の発表を控えて、基本的には、様子見。
積極的な売買(取引)ではない。

1月30日(水)のロンドン市場のドル/円(USD/JPY)は、
若干の、反発上昇(リバウンド上昇)。
106円台ミドルから、[107.00]アラウンドに反発した。
基本的には、FOMC待ちで、様子見。

1月30日(水)のニューヨーク市場のドル/円(USD/JPY)は、
FOMCを控えて、様子見だったが、
107円台にしっかりと乗せると、目先のストップ・ロス(損切り)が出て、
[107.40-45]レベルまで上昇した。

[107.40-45]レベルの高値を見た後は、107円台前半で小動き、
FOMCの結果待ちとなった。

FOMCでは、ドル政策金利は、0.5%の引き下げとなった。
ドル/円(USD/JPY)は、日米金利差縮小で、「ドル売り円買い」が進んだ。

ドル政策金利発表前のドル/円(USD/JPY)のレベルは、
107円台前半程度だったが、発表後には、106円台前半に下落。
約1円の下落となった。

ただし、今のところ、FOMC発表後に、
ドル円、クロス円の下落に結びついた理由は、
ドル金利の大幅利下げによる、
「円キャリー・トレードのアンワインド(解消)」ではなくて、
株価の急落が主要因と考えています。

1月30日(水)のニューヨーク市場で、
200ドル以上上昇していたダウが、マイナスに転じたため、
それを主な材料に、ドル円が急落した、と考えています。

ドル金利の利下げを好感して上昇した米国株式市場が、下落に転じた理由は、
金融保証保険会社(モノライン)の格下げ。

それは、結局のところは、
「サブプライム・ローン問題」が原因ということである。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

昨日(1月31日)のシドニー市場では、[106.00-05]レベルまで下落。

昨日、1月31日(木)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
106円台前半---[106.20-25]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

昨日、1月31日(木)の東京市場の朝方、午後のドル/円(USD/JPY)は、
FOMCの重要イベントが終了し、「宴の後」といったセンチメント。

106円台前半から、106円台ミドル程度の狭いレンジの中で、
「やる気のない小動き」を続けている。

東京市場のクローズにかけて、106円台後半の高値をトライするも、
上値は重く、106円台後半になると、ドル買いは続かず。

ロンドン市場になると、反落。
欧州株式、米国株式先物が軟調気味だったことなどが材料視されているが、
単に、ドルの上値が重かったこと
(高値では、ドルを売りたい向きがいる、ということ)、
に過ぎない、と見ている。

ロンドン市場で、106円台後半([106.80-85]レベル)から、
106円台前半に急落。

ニューヨーク市場の朝方には、105円台後半に下落。
安値は、[105.65-75]レベルを付けた。

ニューヨーク市場の昼前後になって、
モノライン大手(金融保証会社大手)MBIAが、
「サブプライム・ローン問題」に伴う、
格付けの引き下げを否定するコメントを受けて、米国株市場が反転上昇した。

米株の反転上昇に伴い、ドル/円(USD/JPY)も急反発した。
株価とドル/円(USD/JPY)の相関性が急反発の要因、理由。

ドル/円(USD/JPY)は、この日の安値[105.65-75]レベルから、
[106.80-85]レベルまで、1円以上の急騰となった。

目先で、ドルを売っていた向きの
ストップ・ロス(損切りのドル買戻し)による、
「ショート・スクイズ」も、ドル/円(USD/JPY)急騰の理由。

「目先の損切り」が終わると、マーケットは気が済んだように、
106円台前半にストンと落ちて、ニューヨーク・クローズを迎えた。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ドル円に関しては、
「ドル安円高トレンド」に、何ら、変化は無い、と考えています。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

本日(2月1日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
106円台前半---[106.20-25]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

本日(2月1日)は、米国失業率(米国雇用統計)を控えて、様子見。
東京市場の午前中は、106円台前半ないし106円台ミドル程度の小動き。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

|

« 【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)--- | トップページ | 【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)--- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)--- | トップページ | 【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)--- »