« 【チャートに補助線】---USD/JPY,EUR/JPY,GBP/JPY,AUD/JPY,CHF/JPY,EUR/USD--- | トップページ | 【読者の方からのメール】---今日のメールマガジンを、なぜ、書いたのか?--- »

2008年2月27日 (水)

【「ユーロ高ドル安」トレンドは変わらず】

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇ 松田哲の2008年度FX投資戦略セミナー ◆◇
-----扶桑社新刊『FXの教科書』---直筆署名入り新刊本即売会-----
■会場:東京国際フォーラム(G701会議室)
■日時:2008年3月29日(土)14:00~     ■会費:8,000円
→ http://smatt.hp.infoseek.co.jp/2008Mar29-seminar.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
★オクトキュービック★女性のためのトレード実践講座! in 赤坂
「為替相場の読み方」 【講師:松田哲】 2月28日(木)19:00~20:30
→ http://www.gaitame-j.jp/eventseminar/detail_20080228.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2008年02月27日号
【「ユーロ高ドル安」トレンドは変わらず】
---ユーロ/ドル、ユーロ/円、ポンド/円、ユーロ/ポンド---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●「ユーロ高ドル安」トレンドは変わらず。

※昨日(2008年2月26日)のニューヨーク市場で、
[1.5000]を上に抜けたことで、
「ユーロ高ドル安」トレンドが継続していることを再確認した。

●クロス円に関しては、ポンド/円(GBP/JPY)は、
「ポンド安円高」トレンドを示している。

●クロス円という同じ範疇(カテゴリー)のユーロ/円(EUR/JPY)は、
「ユーロ高円安」トレンドを示している。

●通常は、ユーロ/円(EUR/JPY)とポンド/円(GBP/JPY)は、
「円高」か、「円安」といった同じトレンドを示すが、
現在のマーケットでは、
「ユーロ高円安」VS「ポンド安円高」と不自然な状態を続けている。

●時間が経過すれば、いずれ、
ユーロ/円(EUR/JPY)とポンド/円(GBP/JPY)は、
「円高」か、「円安」といった同じトレンドを示すことになる、と予測する。

●つまり、
ユーロ/円(EUR/JPY)の「ユーロ高円安」に従って、
ポンド/円(GBP/JPY)も「ポンド高円安」になるか、
あるいは、
ポンド/円(GBP/JPY)の「ポンド安円高」に従って、
ユーロ/円(EUR/JPY)も「ユーロ安円高」になるか、
時間が経過すれば、いずれ、同じトレンドを示すことになる、と予測する。

●個人的な思惑では、このステージでは、
(ごく目先ではなく、この1月から3月、4月ころのタームでは、)
ポンド/円(GBP/JPY)の「ポンド安円高」に従って、
ユーロ/円(EUR/JPY)も「ユーロ安円高」に収束していくのではないか、
と考えている。

●ユーロ/ポンド(EUR/GBP)に関しては、
現時点で、
ユーロ/円(EUR/JPY)は、「ユーロ高円安」トレンドを示し、
ポンド/円(GBP/JPY)は、「ポンド安円高」トレンドを示しているのだから、
当然のことながら、「ユーロ高ポンド安」の流れが継続している。

●つまり、換言すれば、ごく目先の流れでは、
ユーロ/ポンド(EUR/GBP)は、「ユーロ高ポンド安」のトレンドが続いている。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【外貨崩落】[生き残る人は知っているもう1つのシナリオ]
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

|

« 【チャートに補助線】---USD/JPY,EUR/JPY,GBP/JPY,AUD/JPY,CHF/JPY,EUR/USD--- | トップページ | 【読者の方からのメール】---今日のメールマガジンを、なぜ、書いたのか?--- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【チャートに補助線】---USD/JPY,EUR/JPY,GBP/JPY,AUD/JPY,CHF/JPY,EUR/USD--- | トップページ | 【読者の方からのメール】---今日のメールマガジンを、なぜ、書いたのか?--- »