« 扶桑社新刊『FXの教科書』 | トップページ | 【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)--- »

2008年2月18日 (月)

【読者の方からのご質問】---2008年度FX投資戦略セミナー(3/29)にもお越しください---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  ◆◇ 松田哲の2008年度FX投資戦略セミナー ◆◇
  -----扶桑社新刊『FXの教科書』---直筆署名入り新刊本即売会-----
  ■会場:東京国際フォーラム(G701会議室)
  ■日時:2008年3月29日(土)14:00~     ■会費:8,000円
→ http://smatt.hp.infoseek.co.jp/2008Mar29-seminar.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2008年02月18日号
【読者の方からのご質問】
---2008年度FX投資戦略セミナー(3/29)にもお越しください---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  ******
宛先  松田哲 <satoshi.matsuda2007@gmail.com>   
日付  2008/02/16 18:07   
件名  もしよろしければアドバイスを頂けませんでしょうか   

松田様

先日(2/5)、 『外貨崩落』について質問させて頂いた***でございます。
その節は返信も頂ましてありがとうございました。

今回は、勝手ながら、私が陥っている状況についての話となります。
私は去年の12月からFXを始めたのですが、
その際、ユーロやオージーといったクロス円を中心に、
買いポジションを持っており、上昇(円安)で調子を掴めたかに
思っておりました。

ところが、年末年始で大幅に下落(円高)となり、
更には1/21の世界同時株安によって下落(円高)が進みました。
その時点で数百万円ほどの含み損を抱えることとなり、
私はほとんどパニック状態に陥りました。
その結果、
それら買いポジションによる損を拡大させないようにするという意図で、
同じ枚数程度の売りポジションを入れてしまったのです。
これにより、値動きがあったとしても、数百万円の含み損が固定されました。
その後、1/21時点のような下落水準には至らず、
逆に(特にオージーは)上昇基調にあるような状態で、
含み損のうち、売りポジション分の占める割合が上昇しているような有様です
(つまり、損切りという概念が欠落していたわけです)。

この状況下において、私は対処方法の選択肢として
以下の2つがあると考えております。

(1)松田様もご指摘されている、「外貨崩落」のタイミングを待ち、
そこで現在の売りポジションを解消する。買いポジションについては、
円キャリートレードの回復を長い目で待ち
(スワップポイントもつきますので)つつ、
残りの資金で、基本に忠実なトレードを行なっていく。

(2)一旦、数百万の含み損を全て決済し、残りの資金で、
基本に忠実なトレードを行なっていく。

これは本来、私自身が責任を負わなければならないこととは
百も承知しておりますが、このことが日々四六時中頭から離れず、
精神的にも辛い日々が続いていることもあり、
恥ずかしながらメールをさせて頂いております。
もし、この件について何らかご助言頂けるのであれば、幸甚に存じます。

誠に勝手な個人的な相談で恐縮に存じますが、
もし、よろしければ何らかご返信頂ければと思っております。
何卒、よろしくお願い申し上げます。

P.S. 2008年度FX投資戦略セミナーには是非、
参加させて頂くつもりでおります。 勉強させて頂きます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  松田哲 <satoshi.matsuda2007@gmail.com>
宛先  ******
日付  2008/02/17 17:45   
件名  Re: もしよろしければアドバイスを頂けませんでしょうか   

***さま

メールありがとうございます。

結論として、***さまが、ご自分で書かれている
『(2)一旦、数百万の含み損を全て決済し、残りの資金で、
基本に忠実なトレードを行なっていく。』
といった方法を採るべき、と考えます。

「外貨買い円売り」のポジションを持っている際に、
ヘッジ(リスク回避)を行うには、反対売買を行うことになります。

『その結果、それら買いポジションによる損を拡大させないようにする
という意図で、同じ枚数程度の売りポジションを入れてしまったのです。』

まさに、***さまの採った行動は、「ヘッジ」です。

しかし、リスクが無い場合は、リターンも有りません。

外国為替取引は、
リスクが有るから、利益になるチャンス(リターン)があるのです。

つまり、「ヘッジ」をかけた状態は、
損も無い(リスクが無い)替わりに、
利益も起こらない(リターンも無い)のです。

だから、「ヘッジ」をかけた状態では、損失が固定されただけで、
利益になるチャンスはありません。

今後、損失を回復するには、
リスクを取って、リターンを追及する方法しかありません。

そのためには、
『今後のマーケット(外国為替市場)に関する知識』と『経験』が不可欠です。

念のために、加筆します。

***さまの
『(1)松田様もご指摘されている、「外貨崩落」のタイミングを待ち、
そこで現在の売りポジションを解消する。買いポジションについては、
円キャリートレードの回復を長い目で待ち
(スワップポイントもつきますので)つつ、
残りの資金で、基本に忠実なトレードを行なっていく。』
の策が採れないのは、

今後「円高局面」は、現時点から(2008年2月、3月ころを基点に考えても)、
1年以上続く可能性が高いからです。

円キャリー・トレードが、現在、崩壊中で、
その回復は、2年、3年は、見込めないだろう、と考えています。

その可能性をかんがみると、「外貨崩落」のタイミングを待つことは、
事実上、撤退を意味することになります。

取り急ぎ、
松田哲、拝

セミナーの後にも、ご質問をお受けする時間を設けています。
よろしければ、じかに、お話できれば、と思います。

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松田 哲
【フォレックス・ディーラー物語】
http://www.d4.dion.ne.jp/~smatt/
メール: satoshi.matsuda2007@gmail.com

【外貨崩落】
http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
★オクトキュービック★女性のためのトレード実践講座! in 赤坂
「為替相場の読み方」 【講師:松田哲】 2月28日(木)19:00~20:30
→ http://www.gaitame-j.jp/eventseminar/detail_20080228.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
上田ハーローFX【WEB】FX特別セミナー「外国為替相場で勝つためには」
http://uedaharlowfx.weblogs.jp/fx/2008/01/webfx-e7a6.html
■講師:松田哲 ■2008年2月20日(水)■21時00分~22時00分(60分)
■費用:無料   ■参加資格:会員様限定(抽選で200名様)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

|

« 扶桑社新刊『FXの教科書』 | トップページ | 【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)--- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 扶桑社新刊『FXの教科書』 | トップページ | 【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)--- »