« 【4年前に書いたコメントを再送】---中国元(CNY)の為替レート--- | トップページ | 2008Feb20【ひとりごと】Part2---税金は、誰のもの?--- »

2008年2月20日 (水)

2008Feb20【ひとりごと】---税金は、誰のもの?---

2008Feb20【ひとりごと】---税金は、誰のもの?---

イージス艦と漁船の事故が報道されている。

漁船に乗っていた二人は、行方不明。
事故が起きたのは、19日早朝だから、1日以上経った。
冬の海だから、人命は絶望だろう。

この事故の責任は、イージス艦側にあるようだ。

事故原因を追究しなければ、簡単には決め付けることはできないが、
事故原因がイージス艦にあるのならば、どのように、その補償を行うのか?

亡くなった人は生き返らない。遺族に、お金を払うことになる。

そうなると、そのお金は、『防衛省=日本国』が、払うことになる。

すなわち、税金で、遺族に損害賠償のお金を支払うことになる。

しかし、そんなことに、税金を支払うのは、納得がいかない。

支払われた税金(=補償金額)を、
この事故の責任者(=イージス艦の責任者、防衛省の責任者、国家の責任者)
から、返還してもらいたいものだ。

国家が起こした事故の責任の補償で、
とりあえず、税金を使うことは、遺族への補償として、仕方が無いだろう。

しかし、支払った税金は、本来は、
その事故を起こした責任者が支払うべきもの。

だから、国(日本国)は、事故の責任者に、
支払った賠償金の返還を請求をするべきものだ、と考える。

とにかく、人命の補償に、税金を使うのは、立て替えるだけにして欲しい。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  ◆◇ 松田哲の2008年度FX投資戦略セミナー ◆◇
  -----扶桑社新刊『FXの教科書』---直筆署名入り新刊本即売会-----
  ■会場:東京国際フォーラム(G701会議室)
  ■日時:2008年3月29日(土)14:00~     ■会費:8,000円
→ http://smatt.hp.infoseek.co.jp/2008Mar29-seminar.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

|

« 【4年前に書いたコメントを再送】---中国元(CNY)の為替レート--- | トップページ | 2008Feb20【ひとりごと】Part2---税金は、誰のもの?--- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【4年前に書いたコメントを再送】---中国元(CNY)の為替レート--- | トップページ | 2008Feb20【ひとりごと】Part2---税金は、誰のもの?--- »