« 【読者の方からのメール】---第2日の出湯セミナーその後--- | トップページ | 2008JAN23《ひとりごと》 »

2008年1月23日 (水)

2008Jan23【ひとりごと】

2008Jan23【ひとりごと】

昨日(2008Jan22)の、FED(FRB)の緊急利下げ(ドル金利の0.75%)には、
ちょっと、驚いた。

『米国も、(FEDも、)
 今回のマーケットの動きに、大きな懸念を持っているのだなー』
と、感じた。

この緊急利下げ(ドル金利の0.75%)は、
「パニック」となっているマーケットに、対応している、対応する、
といったFEDの意志、決意を感じる。

『ふーん・・・。バーナンキさんも、なかなかじゃない・・・』
(個人的感想)

この場合のマーケットの意味は、さまざまな意味でのマーケット。
急落している米国株式市場、乱高下しているオイル市場、
乱高下しているコモディティ市場、ゴールド市場、
急落したアジア株式市場、などなど・・・、が含まれる。

しかし、
『その中に、為替市場も含まれているのかなぁ・・・?』
と、疑問を感じる。

当然に、FEDの思考の中に、為替市場は含まれているのだが、
為替市場への影響よりも、株式市場を優先した、
言い換えれば、株式市場のパニックを鎮めるために、
為替市場への影響を無視した、
(無視と言う言葉が厳しければ、為替市場への影響は、後回しにした)
といった印象を受ける。

ドル金利は、昨日の0.75%の緊急利下げで、FF金利は、3.5%になった。

今月末(1月30日)のFOMCでも、さらに、追加利下げを行うのだろう。
その際の利下げ幅は、0.25%なのか?
それとも、0.5%なのだろうか?
もうイッパツ、0.75%やるのだろうか?

すると、今月末には、ドル金利は、2.75%~3.25%程度になる。

円金利は、0.5%だから、現時点の日米金利差は、3.0%だが、
今月末には、日米金利差が、2%台に縮小することになる。

それは、
「円キャリー・トレード」のアンワインド(解消・巻き戻し)を
迫る米国の金融政策でもある。

徐々に、「円キャリー・トレード」の外堀が埋まりつつあるように見える。

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

|

« 【読者の方からのメール】---第2日の出湯セミナーその後--- | トップページ | 2008JAN23《ひとりごと》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【読者の方からのメール】---第2日の出湯セミナーその後--- | トップページ | 2008JAN23《ひとりごと》 »