« 2007年11月25日 - 2007年12月1日 | トップページ | 2007年12月9日 - 2007年12月15日 »

2007年12月 7日 (金)

雇用統計待ち

基本的に、本日の米国雇用統計の発表待ちで、様子見。

欧州市場で、ポンドドル、ユーロポンドからみの動きが、ある可能性もあるが、
その場合でも、
基本的には、雇用統計の発表待ちのスタンス。

| | コメント (1)

2007年12月 6日 (木)

【銭湯が趣味】---忙中閑あり---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞☆★☆  9月21日発売 ☆★☆∞∞∞
【外貨崩落 生き残る人は知っているもう1つのシナリオ】
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年12月06日号
【銭湯が趣味】
---忙中閑あり---

「忙中閑あり」。
明日、米国失業率(雇用統計)だから、今日は・・・。

と、油断していると、いけないのでしょうが・・・。

ポンド金利、ユーロ金利もあるし・・・。
気は抜いていないですヨ・・・。

以下は、ずいぶん前に書いてあった原稿なのですが、
ノートに書いてあったのですが、
なかなか、パソコンに打ち込むことができなかったのです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

若い頃、(ディーラー1年生のころ、)相場に勝てなくて、
「どーすれば、勝てるのだろう???」
と、悩んだ。

「経験が無いのだから、努力で補うしかない!!」
と、考えた。

「人が、8時間働くのならば、オレは16時間働こう!」
と、考えた。

その際に、
「16時間働いて、勝てなければ、24時間働いてやる!!
 外為市場は24時間オープンしているのだから!」
と、誓った。

早々に、24時間働くハメになった・・・。

勝つまで帰らない。(銀行のディーリング・ルームに泊まる)

自分で決めたことだから、誰に文句を言うことも出来ない。

勝てないから、帰れなくなった・・・。

職場に泊まっても、さほど不便は無い。
ワイシャツや下着の替えを持ち込んでいたし、
歯ブラシやひげそり用のカミソリは、銀行の洗面所で使えば良い。

使う時間は気を付けないと変な目で見られるが・・・。

歯ブラシは、昼前後に使っていても構わないが、
朝10時過ぎ頃に、銀行の洗面所でひげをそると、あらぬ疑いを持たれるようだ。
(少なくとも、妙な目で見られる)

ディーリング・ルームに泊まって困るのがフロ。

1日や2日くらいフロに入らなくとも、死ぬこともないが、
どうも、さっぱりしない。

2日ほど髪を洗わずにいると、脂っぽい。
何だか、身体がかゆくなってくる。

銀行は、女性の多い職場なので、
「マツダサン、脂ぎってるー」
などと言われても困る。

そこで、銭湯に行くことにした。

当時、東京駅にはサウナがあったが、今もあるのだろうか?
名前は、『東京温泉』だったかなぁ・・・。

しかし、その八重洲のサウナもいいのだが、
そこのサウナは、パンツ(専用のパンツを貸してくれる)を着用して入る。

どーも、すっきりしないのだ・・・。
(あまり、好きではなかった。好みの銭湯ではなかった。)

そこで、調べてみると、
新橋の博品館の近くに「金春湯」という小さな銭湯があった。

銀座にも、名前は「銀座湯(?)」だったと思うが、銭湯がある。

今でも、「金春湯」はあるし、新橋周辺で飲む機会があると、
「金春湯」で、ひとっ風呂浴びてから、ということも多い。

という訳で、『銭湯が趣味』になったのには、理由がある。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2007年12月 5日 (水)

2007Dec05 【ひとりごと】

2007Dec05 【ひとりごと】

外貨投資をしている方から、質問をいただきました。

以下は、その方に答えたお返事です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ドル円レートが、現状レベル(110円程度)で、持ち合いを続けるのなら、
外貨投資の運用も良いのですが・・・。

現在の為替(ドル円)が、何らかの「きっかけ」で、
[107.00]を割り込むと、非常に危険な状況です。

その場合は、もう一段の急激な円高になる可能性があります。

ドル円レートは、今年(2007年)の6月に、124円の高値をつけています。
この11月の安値は107円ですから、5ヶ月で、すでに17円下落しています。

この値動きが、加速しないとは言えない状況なのです。

また、来週のFOMC(12月11日)には、
ドル金利の引き下げが予測されています。

0.25%なのか、0.50%なのか、わかりませんが、
ドル金利引き下げには変わりなしです。
また、その予想(予測)通りに、ドル金利は引き下げになるでしょう。

現在の、ドル金利引き下げは、
コンセンサス(市場のお決まりの行動)として、「ドル売り材料」です。

本来は、ドル金利の引き下げが、
必ずしも「ドル売り材料」とは限らないのですが、
現在のマーケットでは、そういったコンセンサスです。

私は、FOMC関連で、ドル売りが進みそうだと、考えていますが、
マーケットは、先読みをしますから、
FOMCを前に、動き出してしまう可能性を恐れます。

また、12月の中旬以降は、市場参加者が極端に少なくなります。
12月の薄い中を、誰も、どうにもできないような乱高下になる可能性を
残しています。

その場合は、相当に怖い相場になるかも知れない、と畏怖しています。

利が乗っているものは、利益をいったん収めて、
ポジションを軽くしておくことが、セオリーだと、考えます。

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (2)

2007Dec05【外為用語の基礎知識】---FOMC---

2007Dec05【外為用語の基礎知識】---FOMC---

【FOMC】【連邦公開市場委員会】
(Federal Open Market Committee)
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/sub050english.htm#FOMC

米国の中央銀行に相当する制度が、
連邦準備制度(Federal Reserve または、Federal Reserve System)です。

この制度において、意思決定を行う機関が
連邦準備制度理事会(Federal Reserve Board, FRB)です。

FRBの7人の理事と5人の地区連銀総裁の合計12人で、
連邦公開市場委員会(Federal Open Market Committee, FOMC)を形成します。

連邦公開市場委員会(Federal Open Market Committee, FOMC)は、
米国金融政策における最高意思決定機関です。

FOMCは年に8回定期会合を開きます。
それ以外にも、必要に応じて特別会合や電話などでの会合を開いて、
短期市場金利を操作します。

FRBが公開市場操作を通じて米国国債などを購入して、
お金(ドル)を金融市場に供給することによって、市場金利は低下します。

逆に、FRBが公開市場操作で米国国債などを売却して、
金融市場からお金(ドル)を吸収することによって、市場金利は上昇します。

中央銀行が民間銀行に貸し出す際の金利が
公定歩合(ディスカウント・レート、Discount Rate)ですが、
最近の米国では、金利の自由化が進み、
FRBが決める公定歩合よりも、
連邦公開市場委員会(Federal Open Market Committee, FOMC)が決める
短期市場金利(フェデラル・ファンド・レート、フェド・ファンド・レート、
FF レート、Federal Fund Rate,FED Fund Rate,FF Rate)の誘導目標の方が
重要視されています。

FRBはこのほかに、
民間銀行の法定準備金の操作(フェデラル・リザーブ・システム、
Federal Reserve System)によって、金融政策を行なうこともありますが、
最近のところは、FOMCの公開市場操作が主な金融政策の手段となっています。

(2004年5月6日記載)

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【米国失業率(雇用統計)と、FOMC】---FOMCの方が重要---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞☆★☆  9月21日発売 ☆★☆∞∞∞
【外貨崩落 生き残る人は知っているもう1つのシナリオ】
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年12月05日号
【米国失業率(雇用統計)と、FOMC】
---FOMCの方が重要---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

今週末、12月07日(金)には、
「米国失業率(雇用統計)」の発表を控えている。

しかし、「米国失業率(雇用統計)」よりも、先に、
来週火曜日、12月11日の『FOMC』の方が重要なので、それを考える必要がある。

『FOMC』では、ドル金利の引き下げが予測されている。
金利の下げ幅は、[0.25%]の引き下げを予想する声が多い。

たぶん、その通りになるのだろう。

一部で、[0.50%]の引き下げを予想する声もある。

だから、仮に、12月11日の『FOMC』での引き下げが、[0.25%]だったならば、
早々に、
(場合によっては、12月11日のドル金利の引き下げ発表の直後から、)
次のドル金利引き下げが、マーケットで話題に上ることになる、と考える。

一部で、[0.50%]の引き下げを予想する向きもあるのは、上述の通りだが、
今週末、12月07日(金)の「米国失業率(雇用統計)」が、相当に悪い場合は、
その可能性が高まる。

そのように考えると、

今週末、12月07日(金)の「米国失業率(雇用統計)」が、
事前予想よりも、良かった場合には、
[0.25%]の引き下げを予想する声が、ますます大きくなり、

今週末、12月07日(金)の「米国失業率(雇用統計)」が、
事前予想よりも、相当に悪い場合は、
[0.50%]の引き下げを予想する声が、大きくなるだろう、

ということ。

事前予想と同じ程度ならば、変わらずに、
ドル金利の[0.25%]の引き下げを予想する声が、優勢の状態のままだろう。

つまり、今週末、12月07日(金)の「米国失業率(雇用統計)」は、
多少、良かろうと、悪かろうと、
来週火曜日、12月11日の『FOMC』の方が重要度が高いし、
要するに、ドル金利引き下げの話題にしかならない、ということ。

ドル金利の引き下げは、すでに、「織り込み済み」の状態。
(ドル金利の引き下げを実施することが当然の状態)

ドル金利が据え置かれる方が、「サプライズ」と言える。

そして、ドル金利の引き下げを織り込むことで、米株が堅調に推移している。
『米株が、堅調地合い』なことから、
各国株価も落ち着きを取り戻している様子。

そして、『株価堅調を材料に、ドル堅調地合い』に推移しているのだが、
ドル金利の引き下げは、『日米金利差縮小』であり、
素直に考えるなら、ドル金利の引き下げは、『ドル売り材料』。

マーケットの、その時、その時の、センチメント(ご都合主義)なので、
『日米金利差縮小』を無視して、
『株価堅調を材料に、ドル堅調地合い』でも構わないが、
『株価が堅調で、ドル下落のパターン』も、
頭に入れておいた方が良いのだろう、と考えている。

たまたま、このところ、
『株価の堅調は、ドル円の買い』という『コンセンサス(お決まりの行動)』
に、なっているが、
その『コンセンサス(お決まりの行動)』は、セオリーではない。
いつ崩れてもおかしくない程度のアノマリーに過ぎない。

というか、今だけ限定の、アノマリーに過ぎない。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (2)

2007Dec05 ひとりごと

2007Dec05 ひとりごと

多くの方々から、メールを頂きました。

そのほとんどは、
『相手にするな、無視しなさい』といった言葉に集約されます。

ある方から頂いたメールの一部を抜粋引用します。

『今回メール致しましたのは、ネットの匿名性についてです。
 どうか、彼らをこれ以上相手にされませんよう、
 若輩者が生意気ではありますが、お知らせできればと思いました。

 現在、「ネットイナゴ」という言葉が作られています。
 つまり、大勢でイナゴのように良質な高品位なコンテンツを食い尽くす、
 一種の衆愚の暴力という意味合いです。
 ネット上の匿名の書き込みは一切無視をするというのが、
 共通認識となっている次第です。』

しごく、納得しますし、無視をすることにします。

見ることも、今後は、止めます。

先ほど、気になって、見てしまったのですが、
「松田」のハンドルネームで、投稿している文章がありました。

それについて、念のため、書いておきますが、それは、私ではありません。

私は2チャンネルに、書き込みをしたことは無いし、
これからも、投稿しようとは思いません。

ご心配をしてくださった方々、わざわざ電話やメールを下さった方々に、
お詫びと、御礼を申し上げます。

松田哲、拝

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (2)

2007年12月 4日 (火)

【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞☆★☆  9月21日発売 ☆★☆∞∞∞
【外貨崩落 生き残る人は知っているもう1つのシナリオ】
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【WEB】FX特別セミナー「相場で勝つための真実~最強のトレード法~」
http://uedaharlowfx.weblogs.jp/fx/2007/11/post_2312.html
上田ハーローFXのお客様限定のWEBセミナーです。
■講師:松田哲 ■2007年12月12日(水)■21時00分~22時00分(60分)
■費用:無料   ■参加資格:会員様限定(抽選で100名様)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年12月04日号
【マーケット・コメント】
---ドル/円(USD/JPY)---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

昨日、12月03日(月)のウェリントン・シドニー市場のドル/円(USD/JPY)は、
[111.00]アラウンドで小動き。
[110.80-111.20]程度のレンジ内で推移した。

12月03日(月)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
110円台後半---[110.90-95]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

先週末、11月30日(金)のニューヨーク市場のドル/円(USD/JPY)が、
高値持ち合いに推移し、
ニューヨーク・クローズは、[111.05-15]レベルの高値引けだったので、
昨日、12月03日(月)のウェリントン・シドニー市場のドル/円(USD/JPY)で、
もう一段のショート・スクイズを起こしての「ドル買い円売り」が、
出るか、出ないのか、に注目していた。

しかし、高値を追いかける「ドル買い円売り」は出なかった。

東京市場の仲値決め(東京時間10:00ころ)に向けて、
ドル/円(USD/JPY)は、[111.00]アラウンドから110円台ミドルに下落した。

東京市場は、朝方に、ドルが下落してから、動きがなくなった。
その後の東京市場は、110円台ミドルで、動き無し。

昨日、12月03日(月)のロンドン市場も110円台ミドルで動き無し。

昨日、12月03日(月)のニューヨーク市場で、若干ドル売りとなり、
110円台前半を見るものの、動きらしい動きは無し。

ドル/円(USD/JPY)のニューヨーク・クローズは、110円台ミドル。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

本日、12月04日(火)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
110円台ミドル---[110.40-45]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

本日、12月04日(火)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
若干の円高気味に推移し、110円台前半に下落しているが、
大きな動きとは言えない。

今週末に米国失業率(雇用統計)、来週にFOMCを控えて、
様子見といったところ。

12月に入り、「クリスマス相場」の様相も出てきた。

多くの市場参加者が、来週のFOMCを見て、クリスマス休暇体制に入ろう、
と、考えているのだろう。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2007Dec04【ひとりごと】

2007Dec04【ひとりごと】

109.00を、割り込む前に、
109.00を『明確に』割り込んだことを確認してから、
108.50を売れ、と述べた。

その際の、ストップ・ロスは、112円台に乗せたあたり。

この意味は、
「チャート・ポイントである111円台ミドルを、
 『明確に』上に抜けたならば、損切りを敢行する」
ということ。

下値のターゲットは、
『101円台ミドル(チャート・ポイント)=2005年1月に付けた安値』。

だから、下値のターゲットが、101円台ミドルなのだから、
最後の部分は、少し、捨てて、(欲張らないで、)
102.00アラウンドで、『利食い』を行う。

リスク&リターンは、だいたい1対2。

そう考えている(現在進行形)。
その予想(見通し)が、当たるか、外れるか、そんなことは、わからない。

もともと、相場は、わからないものだ!

わからないものに対して、どのように対処するか、例示しただけに過ぎない。

この戦術(こんな程度のものは、戦略とは、言わない)は、まだ、生きている。
上記の戦術は、まだ、当初予定した損切りのポイントまで来ていない。
だから、この考えは、まだ、結論・結果が出ていないのだ。

112円台があれば、損切りを敢行して、年内の取引を終了して、
『クリスマス・シーズン』を迎えれば良いと考えている。

相場なんか、全部勝てるはずもないのだから、
このリバウンドで、112円台があれば、『損切り』をすればよい。
そのときは、この勝負は負け。

けれども、まだ、明確に、終わっていないではないか。
途中経過の段階で、四の五の言うのは、その人の都合に過ぎない。

それから、こういった戦術は、あくまでも、『いちアイデア』に過ぎない。

こういった作戦を提示すると、

『レバレッジを使っているのだから、3円以上の損切りは、間違いだ』、とか、

『もっと短期的にやっている人にとっては、参考にならない』とか、

【くだらない能書き】をのたまう人もいるようだ。

それは、『その人の都合』に過ぎない。
私は、それぞれの人たちの、その都合を知らないのだから、斟酌の仕様が無い。
また、斟酌するつもりも、さらさら無い。

だから、【嫌なら読むな!】

というか、【是非、読むことを止めてください!】【お願いします!】

【そういった人は、揚げ足をとるだけで、真意を汲み取ろうとしない人】

そんな人のために、書いているのではありません。

どうせ、その程度の解釈力・対応力では、最終的に勝てないでしょうから、
このように、目くじらを立てること(真剣に対応すること)は、
きっと無意味なのだろうなぁ、と、考えてはいます。
(^0^)/♪

自然淘汰を待てばよいだけですから。
また、考え方が、違うのですから、そういった人に、私が何を言っても、
捻じ曲げて、屁理屈をこね回すのは、最初から、わかっています。

私の側から正直に言えば、
『うざい』ので、是非、かかわらないで欲しいのです。
(影響を受けたくないのです)

『レバレッジを使っているのだから、3円以上の損切りは、間違いだ』、とか、
『もっと短期的にやっている人にとっては、参考にならない』とか、
そういった、個々人の都合に合わせて、
こういったコメントを書いているのではありません。

その程度の、微調整は、自分でよく考え、
その『いちアイデア』をどのように利用するのか、
自らに、当てはめる作業です。
そこまで、面倒見切れません。

その程度の知恵しかない人は、結局は、最終的に、勝てません!
(断定します!)

一応、蛇足ながら、念のために、書いておきますが、
[112.10-20]レベルを上に抜けて、ドル円が上昇しても、
次のチャート・ポイントは、[115.00]アラウンドなので、
その手前で、「ドル売り円買い」を狙うのがセオリーです。

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2007年12月 3日 (月)

祝!星野ジャパン!

北京オリンピック
出場決定
おめでとう!
(^O^)/

よく頑張った!
すごい!
(^O^)/

| | コメント (0)

2007年12月 2日 (日)

2007Dec02【チャートに補助線】---AUDJPY Chart(日足、週足、月足)---

2007Dec02【チャートに補助線】---AUDJPY Chart(日足、週足、月足)---

「おまけ」で、AUDJPYも作画しました。

(私は、あまり、AUDJPYを、参照にしません=あまり、興味がありません)
(個人的な、好みや、考え方で、そのように対処しています)

http://forexdealer.cocolog-nifty.com/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2007/12/02/audjpyd1802007dec02.png

http://forexdealer.cocolog-nifty.com/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2007/12/02/audjpyw1802007dec02.png

http://forexdealer.cocolog-nifty.com/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2007/12/02/audjpym1802007dec02.png

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

AUDJPY Chart (日足、週足、月足)

Audjpyd1802007dec02 Audjpyw1802007dec02 Audjpym1802007dec02

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2007Dec02【ひとりごと】---mixiのメッセージ---

2007Dec02【ひとりごと】---mixiのメッセージ---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

mixiで、メッセージを頂きました。

自分なりのトレード手法を確立したい、と考えて、
拙著を参考にしてくださった、そうです。

『「FXで稼ぐ人はなぜ1勝9敗でも勝つのか?」を読み、
 「一日に10円程度動くことが5年に1・2回、
  20円動くことが10年に1・2回ある」
 との指摘でストップロスの設定の大切を知りました。

 それ以来、ストップの設定の癖をつけるようにしています。
 おかげで、8月の暴落にも耐えることができました。』

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

お返事を、お送りいたしました。

メッセージありがとうございます!
このところ、何かと忙しく、
なかなか、お返事を書く時間が取れませんでした。
お返事遅くなりました。

ありがとうございます。

私の書いたものをご参考にして頂き、ありがとうございます!
また、8月も、うまく乗り切れたならば、よかったです。

まだ、現在の為替市場は、落ち着きを取り戻しておらず、
まだ、荒れる可能性を持っています。
12月は、市場参加者が少ない上に、
ドル金利の変更が予測されています。

ポジションは、小さめに、無理をしないところだと思っています。
今後もよろしく、お願いいたします。

松田哲、拝

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (1)

【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞☆★☆  9月21日発売 ☆★☆∞∞∞
【外貨崩落 生き残る人は知っているもう1つのシナリオ】
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【WEB】FX特別セミナー「相場で勝つための真実~最強のトレード法~」
http://uedaharlowfx.weblogs.jp/fx/2007/11/post_2312.html
上田ハーローFXのお客様限定のWEBセミナーです。
■講師:松田哲 ■2007年12月12日(水)■21時00分~22時00分(60分)
■費用:無料   ■参加資格:会員様限定(抽選で100名様)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年12月02日号Part2
【マーケット・コメント】
---ドル/円(USD/JPY)---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

先週末、11月30日(金)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
109円台後半程度---[109.75-80]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

先週末、11月30日(金)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、ドル堅調に推移。
東京市場朝方に、110円台前半に乗せた。

110円台に乗せてからの東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
概して、[110.00-50]のゾーンでの上下動となった。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

このところの、値動きで、11月初旬に、111円台ミドルの安値を下に抜けて、
ドル/円(USD/JPY)は、急落を始めた。
11月下旬に、107円台前半まで大きく急落した。

10月中旬のリバウンドの際に、
[118.00]アラウンドを見ていることを考えると、
107円台前半を示現したことは、約1ヶ月で、10円以上の急落。

10円以上の大きな下落を見た後の、現在は、その調整局面と考えている。
(『下値持ち合い』を形成している、と、考える。)

107円台前半までの下げのスピードが速かったので、
その調整(リバウンド上昇)のスピードも速い印象だ。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

先週末、11月30日(金)のロンドン市場のドル/円(USD/JPY)は、
[110.00]アラウンドの下値をトライして、下落が限定的だったことから、
ドル買戻しを誘い、ショート・スクイズを起こした。

東京市場で、明確に抜け切れなかった[110.50]を上に抜けると、
ストップ・ロス(損切りのドル買い円売り)を誘発し、
[110.80-90]レベルまで跳ねた。

先週末、11月30日(金)のニューヨーク市場のドル/円(USD/JPY)は、
高値持ち合いに推移。110円台後半から111円台に乗せた辺りで揉み合った。

米株式が、堅調に推移したことが、ドル買い円売りを誘った。
ニューヨーク・クローズは、[111.05-15]レベル。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【読者の方からのメール紹介】---トリトンスクエア---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞☆★☆  9月21日発売 ☆★☆∞∞∞
【外貨崩落 生き残る人は知っているもう1つのシナリオ】
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【WEB】FX特別セミナー「相場で勝つための真実~最強のトレード法~」
http://uedaharlowfx.weblogs.jp/fx/2007/11/post_2312.html
上田ハーローFXのお客様限定のWEBセミナーです。
■講師:松田哲 ■2007年12月12日(水)■21時00分~22時00分(60分)
■費用:無料   ■参加資格:会員様限定(抽選で100名様)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年12月02日号
【読者の方からのメール紹介】
---トリトンスクエア---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

日付: Sat, 1 Dec 2007 23:43:34 +0900
差出人: "******"
件名: 外貨崩落
宛先: "物語"

松田さん

初めまして。突然メールで失礼いたします。

1年ほど前に松田さんのフォレックス・ディーラー物語を
たままたWebで見つけまして楽しく全て読ませていただきました。

実は先日晴海のトリトンにある本屋に5分立ち寄って、
面白そうだと思い手にした本が「外貨崩落」だったのです。
購入後、読み始める前に誰の本だろうと見たところ、
松田さんの本ではないですか!
著者紹介の欄にフォレックスディーラー物語があったので、
何かのご縁と思いつい先ほど早速メールマガジンを登録させていただきました。

これからもディーラーであった松田さんの切り口で、
どんどん本を出版して下さい。
本を読んでいて、
トレーダーの視点から書かれている箇所はスピード感があってよいです。
私自身は金融機関のITで働いており、トレーダーではないのですが、
楽しく読ませいただいております。
これからの益々の活躍をお祈り申し上げます。

******

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  松田哲 <satoshi.matsuda2007@gmail.com>
宛先  ******
日付  2007/12/02 11:05   
件名  松田哲より、ありがとうございます!   

******さま

メールありがとうございます。

トリトンスクエアは、懐かしいところです。
住友商事に、勤務していたときがあります。
住商が、竹橋からトリトンスクエアに移動した際に、勤務していました。

最近は、この何年か、行くことがないのですが、
トリトンスクエアのオープンの頃とは違って、
落ち着きが出てきた頃なのかな?
などと想像します。

トリトンスクエアの奥にあったタイ料理のレストランは、
まだ、やっているのかな?

地下鉄の出口にあったパン屋さんも、まだ、やっているのかな?
などと思い出します。

そういえば、大きな本屋さんがありましたね!

応援のメッセージ、ありがとうございます!
がんばります!

松田哲、拝

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

« 2007年11月25日 - 2007年12月1日 | トップページ | 2007年12月9日 - 2007年12月15日 »