« 2007年11月11日 - 2007年11月17日 | トップページ | 2007年11月25日 - 2007年12月1日 »

2007年11月24日 (土)

---「人は会うべくして、会っている」---【セミナーに参加頂いた方からのメール】

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞☆★☆  9月21日発売 ☆★☆∞∞∞
【外貨崩落 生き残る人は知っているもう1つのシナリオ】
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【WEB】FX特別セミナー「相場で勝つための真実~最強のトレード法~」
http://uedaharlowfx.weblogs.jp/fx/2007/11/post_2312.html
上田ハーローFXのお客様限定のWEBセミナーです。
■講師:松田哲 ■2007年12月12日(水)■21時00分~22時00分(60分)
■費用:無料   ■参加資格:会員様限定(抽選で100名様)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年11月24日号Part2
【セミナーに参加頂いた方からのメール】
---「人は会うべくして、会っている」---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  ******
宛先  satoshi.matsuda2007@gmail.com   
日付  2007/11/19
件名  11/17のセミナーに参加して   

松田先生

17日のセミナーに参加した***と申します。
(ユーロと豪ドルについて質問した者です)

最初の爆弾(?)発言を聞いただけで、
「・・・今日は来てよかった!!」
と思いました。

他にも内容充実で、
これからやるべきことがはっきり認識できたと感謝しています。

先生の話を聞いた後で、メルマガや本を読み返してみると、
言葉の意味がよりはっきりと生きてくるように感じました。

先生もおっしゃっていましたが、直接聞く言葉のパワーってすごいんですね。

実は、先生のサインをいただこうと、
「外貨崩落」と、「1勝9敗・・・」の本を
ひそかに持っていっていたのですが、
恥ずかしくて言い出せずそのまま帰ってきてしまいました。。。

残念ながら飲み会には夕方の予定があったため参加できませんでした。
それも本当に心残りです。
またこのような機会がありましたらぜひ参加させていただたいと思います。
貴重なお話をありがとうございました。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  ******
宛先  satoshi.matsuda2007@gmail.com   
日付  2007/11/19 16:04   
件名  御礼   

拝啓  松田 哲さま

貴重な意見をうかがう機会を提供していただき、
まことにありがとうございました。

小生は、17日のセミナーの参加者で、銭湯をご一緒させていただき、
三田駅で失礼した者で、******と申します。
編集制作業を生業としており、為替取引歴は4~5年、
結果は惨憺たるものです。

「お金に目がくらんで」での参加であることは確かなのですが、
貴著書やメールマガジンを拝読していて、
ずっと、松田さまのエッジの立ちかたが妙に気になっておりました。

実際に、セミナーに参加して、マイクを通さない、生の声を聞き、
姿を拝見しながら、
「今日は来るべくして来てたりするのかな」などと感じておりました。
そんなふうに思われた参加者は少なくないのではないのでしょうか。

しばらく間をおいて(なぜかしら、そう感じます)、
またお会いしたいと勝手に思っております。

朝晩の冷え込みが厳しい時節になりました。風邪などひかれませぬよう、
ご自愛ください。

******拝

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【松田哲よりお送りしたお返事の一部抜粋】(一部抜粋添付)

PS;
***さんが、感じていたものと同じものを、私も感じていました。

「今日は会うべくして、会っている」。

セミナーの最後の方になって、私が、為替の話をやめて、
違うことを、少し話しました。
(少し、口調が変わったのを、気が付かれたのではないでしょうか?)

それは、もちろん、為替、相場のことも聞きたいのでしょうが、
参加くださった方々は、
それ以外の『何か』も、見たい聞きたいから、集まってくださったことを
感得したからです。

案の定、皆さんの反応は、そのときが、一番集中していました。
『ありがたい』
『ありがとうございます』
が、素直な私の気持ちです。

私が伝えたい『何か』は、私も、自身ながら、それが『何であるか』、
具体的に、説明ができません。
しかし、『それ』は、確実に、存在するし、
もちろん『ウソ』や『詐欺』の類ではないのですが、
現代の科学の力では、解明できない、そして、『胡散臭い』ものでもあります。
私自身も、『胡散臭い』と、思っているのです。

例えば、先日のセミナーに参加くださった多くの方々は、
ある種の『運命的なもの』に引かれて、参加くださっています。
(もちろん、全員ではないでしょうが・・・。
 そのことに関しては、あまり、多くをお話しませんでしたが・・・。)

通常は、1時間半、ないし、事実上は、2時間以上のセミナーは、
多少、退屈だったり、面白くなかったり、する時間帯があります。

話し手(スピーカー)にとっても、実は、同じ感覚があります。

先日のセミナーには、そういった、『だれた』時間がありませんでした。
その割には、私自身も、パワーが続きました。

人間は、一人で、勝手に放出するのではなく、
相手からも、エネルギーを受け取ることで、気力を維持しているのでしょう。

長くなりました。
また、機会を作って、是非、お会いしましょう!
(^0^)/♪

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (2)

【セミナーに参加頂いた方からのメール】---いくつかご紹介いたします---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞☆★☆  9月21日発売 ☆★☆∞∞∞
【外貨崩落 生き残る人は知っているもう1つのシナリオ】
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【WEB】FX特別セミナー「相場で勝つための真実~最強のトレード法~」
http://uedaharlowfx.weblogs.jp/fx/2007/11/post_2312.html
上田ハーローFXのお客様限定のWEBセミナーです。
■講師:松田哲 ■2007年12月12日(水)■21時00分~22時00分(60分)
■費用:無料   ■参加資格:会員様限定(抽選で100名様)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年11月24日号
【セミナーに参加頂いた方からのメール】
---いくつかご紹介いたします---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

日付: Mon, 19 Nov 2007
差出人: "******"
件名: 先日はお世話になりました
宛先: "松田哲"

松田哲 様

11月17日の夜、飲みの席でお話させていただいた学生の者です。

とても興味深いお話を聞かせていただきありがとうございました。

とにかく松田先生の話を聞いた後の私は、
体のうちから溢れ出すエナジーを抑えきれないというか、
体の中心で何かがすごい音を立てて回りまくっているというか、
とにかく生きるエネルギーで溢れていました。
満月の夜でもなかったのですが(笑)

それくらい松田先生が話してくれたことは、
壮大で、エネルギッシュなものでした。

実は私、相場の知識なんてほとんどなかったんです。
ごめんなさい。先生が相場の神様なんて言われていることも知りませんでした。

でも、今では松田先生の大ファンです。
相場の世界の松田哲のファンではなく、
松田哲という人間のファンになりました。

またどこかでお話できたらと心の底から思います。
先日は私のような一学生に親切にしてくれ、本当にありがとうございました。

--
***大学
******

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

日付: Tue, 20 Nov 2007
差出人: "牛&熊"
件名: 牛&熊です
宛先: "松田哲"

松田さん

セミナーではお世話になりました、牛&熊こと******です。

帰りに田町の駅で時間を見たら23時、
開始が13時ですから10時間も経過していたんですね。
そんな時間を感じさせない楽しい集まりでした。

個人的にはセミナーの内容も良かったのですが、
参加者にびっくりしました。

これまでは、個人投資家というと
「怠惰で強欲」という潜入観念がありましたが、
今回のセミナーの参加者の熱意にはびっくりです。

セミナーの参加費が1万円、その後の2回の飲み会の参加費で6000円+α、
交通費を含めると約2万円・・・・

普通のサラリーマンには2万円てかなりきつい金額ですよね。
それなのに「ポン!」と支払ってしまうその熱意にびっくりしました。
しかも約半数は最後まで残っているとは、「凄いな・・・!」が本音です。

自分も20年以上金融関連の世界にいますが、
「今回の参加者のような方たちならば日本の投資家の未来は明るいな」
と感じています。

最後に振り返ってみると「為替の話が少ない為替セミナー」でしたね。
それだけ今回の参加者は
「為替以外の何かを求めてセミナーに参加した」のでしょう。

追伸

鳥福での飲み会を楽しみにしています。

ちなみに私の個人情報ですが

**************
**************
**************
です。

日程が決まりましたらよろしくお願いします。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

----- Original Message -----
From: ******
To: 松田哲
Sent: Sunday, November 18, 2007
Subject: 有意義なセミナーありがとうございました

松田哲様

昨日のセミナーに参加した***と申します。

刺激的なお話、非常に感銘を受けました。
セミナーが終わったあとのお酒の場を含め、
松田さんの熱い語りを聞くことができ、感激です。
今後の円高や、日経平均の話、また、アメリカ国家の行く末等々、
刺激的な話の連続で驚きっぱなしでした。
また、本やビデオでは伝え切れない相場の考え方や、
人生観、社会観まで聞くことができ大変参考になりました。
一度、生の松田さんにお目にかかりたかったのですが、期待以上の収穫でした。
(^O^)/

特に、目先の勝ち負け(利益)だけでなく、
松田さんがもっと大きなことを伝えたいことがわかり、
今の自分のありよう(松田さんと同世代です)の至らなさを反省し、
また、今後への糧にしていきたいと思いました。
また、為替について、参加した方々といろいろ話ができたのも
大変参考になりました。
(二次会まで行くとはビックリです)

今後もセミナー、執筆等々へのご活躍、
遠くからですが応援しつづけていきたいと考えています。
(ブログ、メルマガ、今後も楽しみにしています)

短い文面ですが、以上、お礼とさせてください。
(なお、お忙しいと思います。返信不要でかまいません、では。)


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

----- Original Message -----
From: "******"
To:  松田哲
Sent: Sunday, November 18, 2007
Subject: 昨日は、ありがとうございました。

松田様

昨日は、ありがとうございました。
******の******と申します。
居酒屋で偶然出会ったどこの馬の骨かも分からないような
私のような若造を2次会の宴席に誘っていただき、
さらに隣に座っていただきましたこと、感激の極みでした。
ありがとうございました。
本当に涙が出るぐらいうれしかったです。

今後ますますの松田先生のご活躍とご健康を祈りまして
メールさせていただきました。
またどこかでお会いできる日まで。

******、拝

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  ******
宛先  松田哲   
日付  2007/11/18
件名  土曜日はありがとうございました。

土曜日は、ありがとうございました。
(たくさん、感想メールが届いているでしょうから
特段の返信はしていただかなくてOKです。)

セミナーも本音トークを聞かせていただき、ありがとうございました。

飲み会のほうも、いろいろな人の話を聞けて、良かったです。

甘いとおっしゃると思いますが、
本当は、運用だの、利殖だの言わなくても、
心配のない世の中なら、良いのになぁ。
(あんまり悲観的に考えていませんが、
一般的いわれている年金システムも崩壊するんじゃないかとか、
消費税が上がるとか、ガソリンなどの物品の上昇などなど、
将来の先行き不安が拭えない。)
と最近、考えています。

これに個人で対抗できる効果的な手段が思いつきませんので、
限りある給料を無駄使いすることなく、
財形預金や個人年金の積み立てなどもしつつ、
リスクのある金融商品(FX含む)もやりつつ、備えようかと考えますが、
いかがでしょうか?

いずれにしても、土曜日は、ありがとうございました。

******

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  ******
宛先  satoshi.matsuda2007@gmail.com   
日付  2007/11/19 0:13   
件名  お礼:17日の2次会(@天狗)   

松田 哲様

17日、大変お世話になりました!
ご連絡が遅くなってすみません。
飲み屋でたまたま松田さんを拝見して、2次会から
参加させていただいた男3人のうちの一人、****です。
2次会の最後に「***大学の4年です」と自己紹介した小僧です!

実は為替については、ほとんど知識がありませんでした。
しかし、松田さんのお話をお聞きして興味を持ちました!
様々な貴重なお話をお聞きして、面白いなと純粋に感じました。
お話も、たとえ話が非常にうまく、すっと頭に入ってきました。
松田さんの本、ひとまず1冊読ませていただきます!

僕は、来年からは*****という会社で営業として働きます。
松田さんのお話の中に垣間見えた人生観、本当にかっこよかったです。
僕も、そう思われる人間になろうと思っています。
そして、自分が死んだときに、1000人に心から悲しんでもらえるような、
そんな人間になりたいとぼんやり思っています。

長々と失礼しました!!
もし読んでいただけて、お返事いただけるとうれしいです!

***大学
******
tel: ******
mail: *******
住所:************
(出身は京都府舞鶴市という所です。徒歩1分で海があります!
 田舎ですが、大好きな場所です。
 五老ヶ岳という絶景が見れますので機会があれば是非おこしください!
 写真http://www.ginsuikaku.com/kanko/gorogatake.html

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2007年11月22日 (木)

【セミナーに参加頂いた方からのメール】---いくつかご紹介いたします---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞☆★☆  9月21日発売 ☆★☆∞∞∞
【外貨崩落 生き残る人は知っているもう1つのシナリオ】
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【WEB】FX特別セミナー「相場で勝つための真実~最強のトレード法~」
http://uedaharlowfx.weblogs.jp/fx/2007/11/post_2312.html
上田ハーローFXのお客様限定のWEBセミナーです。
■講師:松田哲 ■2007年12月12日(水)■21時00分~22時00分(60分)
■費用:無料   ■参加資格:会員様限定(抽選で100名様)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年11月22日号Part4
【セミナーに参加頂いた方からのメール】
---いくつかご紹介いたします---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

日付: Sat, 17 Nov 2007
差出人: "******"
件名: セミナーよかったです
宛先: "物語"

松田様

こんばんは。
本日、セミナーに参加させていただきました。
***在住の***と申します。

セミナーお疲れ様でした。
非常にためになる内容で、今まで大した知識もなく漠然と
トレードしてきた私にとって、今後FXを続けていく上での
大きな指針を与えてくださいました。
参加してよかったです。ありがとうございました。

私のFX暦はまだ3ヶ月ほどです。
先月までは円安の流れに乗って、それなりの利益を上げる
ことができていたのですが、先週の強烈な円高で、一気に
大きな損失を出してしまいました。
(要は誰でも儲かる相場で利益を出して調子に乗ってました・・・)

その前から、先生の本は二冊とも購入はしていたのですが、
失礼ながら流し読みしかしておらず、ほとんど頭に入れて
ませんでした。
それを今回の失敗の後、改めてじっくり読み返してみると、
今回の崩落は予見されているは、失敗パターンとして
書かれているのは正に自分のことだは・・・。
何でもっとしっかり読まなかったんだろうと後悔する中、
著者である松田様のセミナーが開催されることを知り、
ぜひこの人の話を直に聞いてみたいと思った次第です。

今日は、もっと色々と話をお聞きしたかったのですが、
あっという間に時間が過ぎてしまいました(90分は短いですね)。
都合が悪く、飲み会に参加できなかったのがとても残念です。
またいつかセミナー(と飲み会)が開催されることを期待してます。

以上、長くなりましたが、一言お礼を申し上げたく、
メールさせていただきました。
これからもブログ楽しみにしています。
(毎日お忙しいとは思いますが、更新お願いいたします)

それでは、失礼いたします。

-----------------
******

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

日付: Sun, 18 Nov 2007
差出人: "******"
件名: お疲れさまでした。
宛先: "松田 哲"

松田哲先生へ

本日は、セミナー&飲み会その他お疲れさまでした。
予定があったので、飲み会に参加できなかったのは残念
でしたが、セミナーに参加できただけでも大きな収穫
でした。
木曜日のメルマガを見て、参加しようと決めて本当に
良かったと思います。

原油の話のあとに質問するには気が引けましたが、勇気を
出して外貨預金のことを聞けて本当に良かった!
セミナーを受けるまで、今回のドル急落が落ち着けば、
またドル高になる日が来るだろうから、母親から預って
いるお金をドル預金にしようと思っていました。

もし、ドルが109を抜けず、円キャリートレードがさらに
復活したとしても、私の取る行動は同じです。
例え先生が言っていたようにならなくても、あの時先生が
言ったから!なんて言いませんのでご安心下さい。(^ ^)

本当に、多くを学んだ1日でした。
相場の話以外にも、興味深い話がいろいろあったりして、
いつか相場以外の先生の講議を聞く機会があったら、ぜひ
受けてみたいと思いました。

今日は本当にお疲れさまでした。
長いメールを送ってしまい、申し訳ありません。
最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。

これからも、先生のブログ&メルマガ、楽しみにしています。

******

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

日付: Sun, 18 Nov 2007
差出人: "******"
件名: セミナー参加しました。
宛先: "物語"

松田様

はじまして。
先日(11/17)のセミナーに参加させて頂きました、
****在住の***と申します。

今年の8月(暴落後)にFXを始め、
情報を得るために、ネット上を徘徊しているうちに、
松田様のメルマガの存在を知り、購読を始めました。
分かりやすくて、人柄が伝わってくるような文章に、
あっ、という間に魅了されてしまい、
「外貨崩落」「1勝9敗」を拝読し、
現在「ドル円ユーロ投資入門」を読み進めています。
もちろん「外国為替の基本とカラクリがよ~くわかる本」も
次に読むために購入済みです。

今回のセミナーは、遠方からの参加となるため、少し悩んだのですが、
「ぜひ、どうしても、松田様を直に拝見したい」という思いに勝てず
はるばる遠征いたしました。
結果・・・「参加してよかった、とてもよい経験だった」と感じています。
ただ、何故だか、最後のほうには、居た堪れない雰囲気を感じてしまい、
終わると同時に退場してしまったのですが・・・

終わった後に一旦外に出て、気持ちを落ち着かせてからでも、
せめて「ありがとうございました」と声をお掛けすればよかった、と
帰ってきてから、とても後悔しています。

為替の話はもちろんですが、それ以外のいろいろなお話も、
とてもおもしろく、楽しかったです。
(どちらかと言うと、為替の話以外が心に残り、考えさせられました。)

もし次回があれば、時間とお金(←主に後者ですが)の許す限り、
ぜひ参加したいと思っています。

最後になりましたが、ありがとうございました。
メルマガ、新しい書籍の出版も楽しみにしています。

乱文、ご容赦くださいませ。
では、失礼します。

******

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  ******
宛先  satoshi.matsuda2007@gmail.com   
日付  2007/11/18
件名  【平成19年11月17日(土)】1勝9敗でも勝つ外貨投資戦略
    【セミナー】参加させていただきました。   

松田様

お疲れ様です。**です。

昨日はとても有意義なセミナーどうもありがとうございました。

また、飲み会も1次・2次ともにいろいろな人と話ができて

大変楽しかったです。

また何か機会がありましたら飲み会でもセミナーでも参加させてください。
よろしくお願い致します。

以上、簡単で申し訳ありませんが、今後ともよろしくお願いします。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (1)

【ポンド円】---セミナーの資料を添付(資料の作成日は、11月14日)---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞☆★☆  9月21日発売 ☆★☆∞∞∞
【外貨崩落 生き残る人は知っているもう1つのシナリオ】
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【WEB】FX特別セミナー「相場で勝つための真実~最強のトレード法~」
http://uedaharlowfx.weblogs.jp/fx/2007/11/post_2312.html
上田ハーローFXのお客様限定のWEBセミナーです。
■講師:松田哲 ■2007年12月12日(水)■21時00分~22時00分(60分)
■費用:無料   ■参加資格:会員様限定(抽選で100名様)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年11月22日号Part3
【ポンド円】
---セミナーの資料を添付(資料の作成日は、11月14日)---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

今日(11月22日)の昼ごろに、以下のコメントを配信しました。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ごく目先の、値動きでは、
【ドル円】が、重要なチャート・ポイント[109.00]を下にブレイクしたので、
現時点での、私の個人的な関心は、【ドル円】に集中しています。

しかし、もうひとつ、気になっている「通貨ペア」があります。
【ポンド円】です。

私は、【ポンド円】に関しては、『通常は』、あまり興味がありません。

『通常は』、主として【ユーロ円】に集中し、
【ポンド円】を従とする対応をしています。

だから、平素の、セミナーや講演の際には、
あまり、【ポンド円】のお話をすることがありません。
(通常は、【ユーロ円】だけ見ていれば、足りるから)

しかし、現状は、現時点は、【ユーロ円】と【ポンド円】を、

『別々に、それぞれ見なければいけないのかな・・・?』
と、考えています。

「別々に、それぞれ見なければいけない理由」も説明できますが、
時間がないのと、その説明が面倒なので、ここでは、あえて、省略します。

(その理由が、わかる人は、かなりの上級者だと思いますが・・・)
(^0^)/♪

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

先週の土曜日(11月17日)に、田町にて行ったセミナーの際には、
そのことに触れています。

その時(11月17日)の、資料を添付します。(資料の作成日は、11月14日)
http://forexdealer.cocolog-nifty.com/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2007/11/22/8gbpjpyw180m.png

※なお、この件に関しては、ご質問を頂いても、
 お返事をいたしませんので、あしからずご了解ください。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2007年11月14日ポンド円チャート(週足)

8gbpjpyw180m

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【サブプライム・ローン問題】---『本当に、それだけ?』&『公表しないところの方が怖い』---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞☆★☆  9月21日発売 ☆★☆∞∞∞
【外貨崩落 生き残る人は知っているもう1つのシナリオ】
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【WEB】FX特別セミナー「相場で勝つための真実~最強のトレード法~」
http://uedaharlowfx.weblogs.jp/fx/2007/11/post_2312.html
上田ハーローFXのお客様限定のWEBセミナーです。
■講師:松田哲 ■2007年12月12日(水)■21時00分~22時00分(60分)
■費用:無料   ■参加資格:会員様限定(抽選で100名様)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年11月22日号Part2
【サブプライム・ローン問題】
---『本当に、それだけ?』&『公表しないところの方が怖い』---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

「サブプライム・ローン問題」で、
大手の金融機関のいくつかは、その損失額を公表している。

米国では、メリルリンチが約9000億円の損失。

シティバンクが、約1兆2000億円から約1兆3000億円の損失。

『すごい金額だなぁ・・・』
と思う・・・。

『普通は、つぶれるよねぇ・・・(大型倒産になるよね)?』

『そんだけの損失額を、出して、生き残れるのが、不思議・・・。』

(^0^)/♪(↑素直な感想)

でも、メリルリンチにしても、シティバンクにしても、
つぶれない(倒産しない)のだろう、と考える。

理屈で考えると、『つぶれない(倒産しない)』が答えになる。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

『損失額を公表しないリスク』
と、
『損失額を公表することで得られるメリット・デメリット』
を、比較考量して、その巨額の損失額の公表に踏み切ったハズだ!

何も考えずに、公表した訳ではあるまい。

巨大金融機関のブレーンが、そういった比較考量を、
行わない筈が無いではないか?!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ここで、私は、漠然と思う(感じる)。

メリルリンチや、シティバンクの「サブプライム・ローン問題」に伴う損失は、
本当に、それだけなのか?

このところ、日本では、食品関連の虚偽表示が問題になり、話題に上った。

最初に問題が発覚したときは、
『トップの指示ではないし、トップは知らなかった』。

時間の経過で、事実を調べていくと、
『トップの指示であったし、
 指示をしているのだから、トップは当然に知っていた』。

そして、さらなる謝罪会見。

人間は、『少しでも、逃れようと、取り繕う』といったところがある。
誰でも、そうだろう。

だから、
メリルリンチや、シティバンクの「サブプライム・ローン問題」に伴う損失は、
本当に、それだけなのか?

メリルリンチや、シティバンクの自らの発表を、鵜呑みにしていいの?

メリルリンチや、シティバンクのトップは、日本の食品関連会社と違って、
何も隠していないのだろうか?

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

今、話題の防衛省の問題でも、徐々に、明らかになっている部分がある。
「芋づる」のように、何だか、次から次に、出てくる印象だ。

つまり、最初から、全部を明らかにしている訳ではないのだ!
(まあ、当たり前なのかもしれませんが・・・)

私は、
『メリルリンチや、シティバンクの損失額は過少申告なのではないか?』
と、疑っている。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

もうひとつ、私が、漠然と思う(感じる)こと。

巨額の損失を公表しているところは、倒産しないのだろう。

損失を隠匿して、
それが原因・理由で、倒産に追い込まれたら、
それは得策ではない。

と言うか、それは、馬鹿げているから、損失額を公表した。
そういった、策に出た訳だ。

損失額を公表していないところに(金融機関とは限らないが)、
一番のリスクが在るのではないか?

つまり、損失額を公表したら、倒産してしまうところ(企業)は、
損失額を公表できない。だから、当然、公表しない。

そういったところ(企業)は、突然に、倒産するのではないか?

『突発的なニュースが、これから、出るのではないか?』
と、考えている。

何も考えていない場合は、それは『突発的ニュース』だろう・・・。

しかし、私は、
『今後、こういったニュースが出るのではないか?』
と、考えている。

だから、
「サブプライム・ローン問題」に伴う損失で、
前ぶれも無く、
いきなり倒産するところ(金融機関とは限らない)が、ニュースになっても、
それは、私にとっては、『突発的ニュース』ではない。
『想定できるニュース』なのだ。

でも、そういったことがニュースになると、
こんな『突発的ニュース』は、予見できない(予見できなかった)、とか、
予想予測は不可能だ(事前には不可能だ)、とか、
多くの人が、『言い訳』を、いつも、するんだよね・・・。

こういった状況ならば、
『そういった想定』をするのが、当然じゃないか?

想定出来て、当たり前じゃないか?

想定できない方が、変じゃないかなぁ・・・?

今後、そういったニュースが出てきたときに、
『想定できなかった』と言う人は、『ウソ』を吐いているか、
『よっぽど、頭の悪い人』ではないか?

と、思うのですが、私の考え方が変なのでしょうか?
(言葉が、辛口なのは、ご容赦ください)
(^0^)/♪

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

『私の考え方が変なのかな?』
と、心から、不思議に思うのです。

もう少し、詳しく説明しておきましょう。
そうしないと、上述は、
『私が、自身の考え方を変に思っている』ようにも読めますから。

『私の考え方は、全く変では無く、
 私のように考えるのが、当然なのに、
 日本の世の中の考え方が、そうならないこと』を、
不思議に思っているのです。

さまざまな立場があって、私と同じように考えているのだが、
なかなか、それを公には言えない場合も、あるでしょう。
それは、理解します。

例えば、日銀に勤務しているとか、財務省に勤務しているとか、
そういった立場の場合は、
上記のようなコメントは、立場上、控える必要があります。

そういった場合は、充分に理解しています。

きっと、日銀に勤務している方や、財務省に勤務している方の中には、
『よく言った!』
『オレには言えないよ・・・』
と、考えている人も多いのではないか?
と、思いますが、いかがでしょうか?
(^0^)/♪

PS;
(言葉が、辛口なのは、ご容赦ください)
(^0^)/♪

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【オンライン・セミナー】---オンデマンド:[2007年11月6日(火)]実施分---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞☆★☆  9月21日発売 ☆★☆∞∞∞
【外貨崩落 生き残る人は知っているもう1つのシナリオ】
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【WEB】FX特別セミナー「相場で勝つための真実~最強のトレード法~」
http://uedaharlowfx.weblogs.jp/fx/2007/11/post_2312.html
上田ハーローFXのお客様限定のWEBセミナーです。
■講師:松田哲 ■2007年12月12日(水)■21時00分~22時00分(60分)
■費用:無料   ■参加資格:会員様限定(抽選で100名様)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年11月22日号
【オンライン・セミナー】
---オンデマンド:[2007年11月6日(火)]実施分---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

オクトキュービック
http://www.okt-cubic.co.jp/index.html

にて、
オンライン・セミナー[2007年11月6日(火)]を実施しました。

※そのセミナーは、オンデマンドで、見ることができます。

http://www.okt-cubic.co.jp/seminar/main/index.html

※こういった、目先のマーケット(外国為替市場)に
 ハイライトしたセミナーは、
 時間が経過すると、意味をなさなくなるケースがあります。

※それで、上記のオンデマンドは、期間限定にしています。
 ご覧になれる期間のうちに、ご覧ください。

※マーケットは、11月上旬から比べると、動き出した感がありますが、
 今のところ、時間が経過しても、見る価値がある、
 (個人的には、見て欲しい)
 と、考えています。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

次回の【オクトキュービック・オンライン・セミナー】は、
12月6日(木)20:00~21:30 開催です!
(^0^)/♪

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ごく目先の、値動きでは、
【ドル円】が、重要なチャート・ポイント[109.00]を下にブレイクしたので、
現時点での、私の個人的な関心は、【ドル円】に集中しています。

しかし、もうひとつ、気になっている「通貨ペア」があります。
【ポンド円】です。

私は、【ポンド円】に関しては、『通常は』、あまり興味がありません。

『通常は』、主として【ユーロ円】に集中し、
【ポンド円】を従とする対応をしています。

だから、平素の、セミナーや講演の際には、
あまり、【ポンド円】のお話をすることがありません。
(通常は、【ユーロ円】だけ見ていれば、足りるから)

しかし、現状は、現時点は、【ユーロ円】と【ポンド円】を、

『別々に、それぞれ見なければいけないのかな・・・?』
と、考えています。

「別々に、それぞれ見なければいけない理由」も説明できますが、
時間がないのと、その説明が面倒なので、ここでは、あえて、省略します。

(その理由が、わかる人は、かなりの上級者だと思いますが・・・)
(^0^)/♪

上記の、オンデマンド・セミナーでは、
後半に【ポンド円】のことも述べています。

http://www.okt-cubic.co.jp/seminar/main/index.html

※上記の、オンデマンド・セミナーでは、
 「別々に、それぞれ見なければいけない理由」は、述べていません。

※【ポンド円】で、
 私が「気になる部分」「気にしていること」を述べています。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2007年11月21日 (水)

ひとりごと

ひとりごと

やるならば、
クロス円なんかじゃなくて、
勇気を持って、
ドル円を売れ!

(^O^)/

ドル円を売って、
失敗しても、負けは知れている!
失敗したら、【損切り】をすればいいだけ!

108.50
を売り、

損切りは、
112.10

利食いターゲットは、
102.00アラウンド
(途中で、利食い可)

リスク&リターンは
アバウト
1対2

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (1)

ひとりごと

ひとりごと

『完璧に』、チャート・ポイントの【109.00】を、
下に、ブレイクした。

下値のメドは、101円台まで、無い。

一気に行くのか、ぼちぼち行くのか、
そんなことは、知らないよ!

相場の大きさは、相場に聞け!

『ほれ見ろ!
ドル円買う位なら、クソして寝る!』
って、言った通りじゃないか!

そうは思うが、
どーも快哉を叫ぶ気持ちには、ならない・・・。

ドル円のロングは、
致命傷になる前に、
さっさと、【損切り】を敢行せよ!

さすがに、
『遅すぎる・・・』
とは、思うが・・・。

『もう、こんなに負けたら、
【損切り】できない』
だって?

『何言ってんだ!
命さえあれば、やり直せる!
命まで取られちゃうぞ!』

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【外為用語の基礎知識】

【外為用語の基礎知識】

http://smatt.hp.infoseek.co.jp/

【EUR】(ユーロ)
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/sub050english.htm#eur

 「ユーロ」のこと。

 外国為替市場の取引としては、1999年の年初にヨーロッパ通貨が統合されて
新通貨「ユーロ(EUR)」が誕生した。

 1999年、年初以来、現在の外国為替市場では「ユーロ・ドル(EUR/USD)」
が取引されている。

 新通貨「ユーロ(EUR)」は2002年の年初から実際の通貨として
流通するようになった。

 EURO

 通貨ユーロ(EUR)を導入しているEU加盟国は、現在12カ国で、
それらの国は、以下の国々です。

ベルギー/ドイツ/スペイン/フランス/アイルランド/イタリア/
ルクセンブルグ/オランダ/オーストリア/ポルトガル/フィンランド/
ギリシャ

2003年2月現在

換算レートは下の表を参照(省略)↓


【追記】(2007年11月07日)

ユーロ(EUR)は、欧州連合27カ国中13カ国が公式に採用している単一通貨。
(2007年1月1日より)

2007年1月1日 スロベニアにユーロ導入。

2007年6月21日 欧州理事会は、
キプロス・マルタが2008年1月1日からユーロを導入することを承認した。

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)&ユーロ/ドル(EUR/USD)---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞☆★☆  9月21日発売 ☆★☆∞∞∞
【外貨崩落 生き残る人は知っているもう1つのシナリオ】
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【WEB】FX特別セミナー「相場で勝つための真実~最強のトレード法~」
http://uedaharlowfx.weblogs.jp/fx/2007/11/post_2312.html
上田ハーローFXのお客様限定のWEBセミナーです。
■講師:松田哲 ■2007年12月12日(水)■21時00分~22時00分(60分)
■費用:無料   ■参加資格:会員様限定(抽選で100名様)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年11月21日号
【マーケット・コメント】
---ドル/円(USD/JPY)&ユーロ/ドル(EUR/USD)---

[まくら言葉]

※【小掬い商い】(こすくいあきない)(Scalping)
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/sub010ko.htm#kosukuiakinai

例えば、マーケットで買い気配が強い時に、
買いから入って、短時間(数秒~数分程度)で、
1、2ポイントから数ポイント程度の利益を狙って、
売り逃げるような売買のやり方。

英語では、『スキャルピング(Scalping)』と言う。

相場の動きは不測なものだから、目先の少額の利益を狙って売買しても、
結果として思惑が外れて、大きく損をすることもよくある。

それで、英語の『スキャルピング(Scalping)』も、
日本語の、『小掬い商い』も、よく考えずに、目先の利益を狙う売買手法、
といった『軽蔑した・小バカにした』ニュアンスを含んでいる。

『小掬い商い』はしない方が良い。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

11月19日、週明け月曜日の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
110円台後半---[110.80-85]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

11月19日、週明け月曜日の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
これといったことも無く、基本的には小動き。
110円台後半は、上値も重く、110円台ミドルに緩むといった動き。

11月19日、週明け月曜日のロンドン市場も、
ドル/円(USD/JPY)の上値は重く、「ドルじり安」。
ロンドン市場で、110円台前半。

11月19日、週明け月曜日のニューヨーク市場のドル/円(USD/JPY)は、
110円台前半で重苦しい小動き。

ニューヨーク市場の午後になって、
[110.00]を割り込み、109円台後半に下落。
そのまま、109円台後半程度でニューヨーク・クローズ。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

昨日(11月20日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
109円台後半---[109.70-75]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

昨日(11月20日)の東京市場午前中のドル/円(USD/JPY)は、
109円台後半程度で動き無し。

東京市場の午後になって、株価堅調などを材料に、
ドル/円(USD/JPY)と、ユーロ円(EUR/JPY)などのクロス円が上昇している。

ドル/円(USD/JPY)は、110円台ミドル程度に反発上昇。
しかし、特段の値動きという訳でもなく、
俯瞰するならば、いわゆる「下値持ち合い相場」(=調整局面)が続いている。

状況に、何ら変化は無いので、
個人的には、ドル/円(USD/JPY)を買う気には全くならない。

現状は、[109.00-112.00]程度の、
「下値持ち合い相場」(ボックス相場)が、継続しているだけ、と見ている。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

昨日(11月20日)の東京市場では、
「引け」(東京クローズ=東京時間17:00)にかけて、
ドル/円(USD/JPY)は、[110.00]アラウンドに下落。
ドル上値の重さを確認した格好。

昨日(11月20日)の東京市場で、
「引け」(東京クローズ=東京時間17:00)にかけて、
ユーロ/ドル(EUR/USD)が、[1.4750]を、『完璧に』、上に抜けた。
ユーロ/ドル(EUR/USD)は、『ユーロ統合以来の最高値』を更新して上昇。

ユーロ/ドル(EUR/USD)の上昇は、「ユーロ買いドル売り」が進むことだから、
対ユーロで、『ドル売り』となったことから、
つれて、ドル/円(USD/JPY)でも、『ドル売り(円買い)』となり、
ドル/円(USD/JPY)は、
110円台ミドル程度から[110.00]アラウンドに下落した、と考える。

昨日(11月20日)のロンドン市場、ニューヨーク市場では、
ユーロ/ドル(EUR/USD)の上昇は、
『損切り』の『ユーロ買いドル売り』を巻き込み、さらに上昇した。

ユーロ/ドル(EUR/USD)のストップ・ロス・オーダー(損切り注文)は、
[1.4750]を上に抜けた、[1.4760-80]のゾーンと、
[1.4800]を上に抜けた、[1.4810-20]の辺りにあった、と、考える。

[1.4850]を上に抜けた、[1.4860-80]のゾーンにも、
ユーロ/ドル(EUR/USD)のストップ・ロス・オーダー(損切り注文)は、
あるだろう、と考える。

昨日(11月20日)のロンドン市場、ニューヨーク市場では、
[1.4850]は、いわゆる「防戦のユーロ売りドル買い」が出ていた様子で、
[1.4850]を、『明確に』、上に抜けることができなかった。

[1.4850]には、為替オプションに伴う取引も出ていたのだろう
(ストライク・プライスが集中していたのだろう)、と考えている。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

昨日(11月20日)のロンドン市場、ニューヨーク市場で、
ユーロ/ドル(EUR/USD)が上昇したことから、
(=「ユーロ買いドル売り」が進んだことから、)

昨日(11月20日)のロンドン市場、ニューヨーク市場では、
つれて、ドル/円(USD/JPY)でも、『ドル売り(円買い)』となり、
ドル/円(USD/JPY)は、[110.00]アラウンドから、じり安気味に推移した、
と考えている。

昨日(11月20日)のニューヨーク市場クローズにかけては、
109円台ミドル程度に下落。[109.45-50]レベルの安値を示現。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

本日(11月21日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
109円台後半程度---[109.70-75]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

本日(11月21日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
微妙な水準で、小動きになっているが、緊張感が無い訳ではない。

重要な、チャート・ポイントである[109.00(108.99)]を目前にして、
手が出ないだけ、と言ってよいだろう。

重要な、チャート・ポイントである[109.00(108.99)]を『完璧に』、
割り込む場合は、大きく急落する可能性がある。要注意。

チャート・ポイント[109.00(108.99)]を、割り込むか?割り込まないか?
そんなことは、事前に誰にもわからないし、わかる必要も無い。

『対応策』、『どのように行動するべきか』、については、
先週から、何度も書いたので、あえて、割愛する。
このところのコメントを再読してください。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2007年11月20日 (火)

【セミナーに参加頂いた方からのメール】

2007年11月20日号Part4
【セミナーに参加頂いた方からのメール】
---いくつかご紹介いたします。---

たくさんの皆様からメールをいただいております。
すぐに、お返事ができない状態です。ご理解ください。
いくつかご紹介いたします。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  ******
宛先  物語   
日付  2007/11/18 1:07   
件名  セミナー&サインありがとうございました   

松田先生

土曜日は熱いセミナーと楽しい飲み会本当にありがとうございました。

相場で勝つことの重要性、大変さ、
そして自分の考えを正面から主張できるよう、
今までどれだけのご努力をされてきたのかを感じ取ることができました。

とにかく、元気になれました。

また、参加させていただければと思います。

******

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  物語
宛先 ******
日付  2007/11/18 1:39   
件名  Re:セミナー&サインありがとう   

******さま

メールありがとうございます!
セミナー、飲み会と、参加いただき、重ねて、お礼申し上げます。

セミナーは、緊張で、その後の飲み会は、精神的開放。
あまり、食べずに、飲んで、酔いました・・・。

電車を乗り過ごしました・・・。

開き直って、ラーメン。
今、歩いて、帰宅途中です。
(^O^)/

またの機会に、是非、お会いしましょう!

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松田 哲
サイト:【フォレックス・ディーラー物語】
http://www.d4.dion.ne.jp/~smatt/
メール: satoshi.matsuda2007@gmail.com

【外貨崩落】
http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911 
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  ******
宛先  物語   
日付  2007/11/18 18:25   
件名  即レスありがとうございました(******)   

松田先生
携帯からの夜中の即レスポンス、感激でした。
徒歩でのご帰宅大変おつかれさまでした。
夜中のラーメンは最高ですよね、
ありがとうございましたm(*-ω-)m 

******

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  ****** 
宛先  松田哲 <satoshi.matsuda2007@gmail.com>   
日付  2007/11/18
件名  ******より

こんにちは 伊豆大島の******です。

ただいま無事、帰宅いたしました。

セミナー、そしてアフターは大変有意義な時間を過ごさせて頂きました。
このような貴重な機会を作っていただき、とても感謝しております。
まさか、先生と銭湯にまでご一緒させていただけるとは、
夢にも思っていませんでしたので(笑)!!

セミナーの内容は勿論ですが、生の松田先生にお会いして、
あらためて松田先生の人柄の良さを肌で感じ、
そしてご一緒させていただいた時間から、
すばらしい人生勉強もさせていただきました。

昨日という日は、自分の人生の上昇相場の
まさしくチャートポイント(笑)だったのでしょうね!!

「人に会え、臆するな」 これからもどんどん実践していきます!!

今回、船の時間から、2次会に参加することは出来ませんでしたが、
次回は是非、最後までとことんお付き合いさせていただきます(笑)!

今回、このようなすばらしい機会を作っていただき、
最高のお時間を過ごさせていただき、あらためてお礼申し上げます。

本当に本当にありがとうございました!!!

******

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  ******
宛先  物語   
日付  2007/11/18
件名  昨日はありがとうございました

昨日の田町での講演ありがとうございました

2次会で3人席に座っていた真ん中の男です

自分は未だ門前の小僧で相場には係わった事はありませんが、
これからの投資先として外国為替でがんばっていこうと思ってます

自分の周りには携わっている方がいないので、全く判らない事ばかりでした

昨日の先生の講演は、自分にとって正に不足する部分でした

近づくにしろ離れるにしろ先生の言葉は正に灯台の如しと感じました

理由は判らないけど答えはあると仰った言葉が、
自分も感じられるように敏感力を磨きます

ニュースの為替に対するベクトルをどう感じられるかが大切と思いました

近々相場に参加します

これからもご活躍を期待致します

またセミナーがありましたら、是非参加させてください

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  ******
宛先  松田哲 <satoshi.matsuda2007@gmail.com>   
日付  2007/11/18
件名  昨日は、遅くまでありがとうございます!   

松田さま

初めて、メールします。 ****です。
昨日のセミナー、お釣りがくるくらいの価値ありました。

今回、松田さんのセミナーは3回目なのですが、
(1.9月 雇用統計のライブセミナー、
 2.10月 渋谷 シダックスホール)

いつもよりも迫力がありました。

ビデオどりがない分、さらにパワーアップ!

いつもは、”Fry to quality” の話がありますが、
昨日はなし・・・・ それ以上に、伝えたい話を十分聞かせていただきました。

まずは、目先の 109.00 を きるかですね!

じっくり、待機して待ってます!

さらに、オフ会! 時間の許す限り、終電近くまで、2回も!
本当にありがとうございます。
セミナーも最高でしたが、オフ会も最高でしたね!

今度、”鳥福” 連れてって、ください。 お願いします。

******

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)---

2007年11月20日号Part3
【マーケット・コメント】
---ドル/円(USD/JPY)---

[まくら言葉]

※【小掬い商い】(こすくいあきない)(Scalping)
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/sub010ko.htm#kosukuiakinai

例えば、マーケットで買い気配が強い時に、
買いから入って、短時間(数秒~数分程度)で、
1、2ポイントから数ポイント程度の利益を狙って、
売り逃げるような売買のやり方。

英語では、『スキャルピング(Scalping)』と言う。

相場の動きは不測なものだから、目先の少額の利益を狙って売買しても、
結果として思惑が外れて、大きく損をすることもよくある。

それで、英語の『スキャルピング(Scalping)』も、
日本語の、『小掬い商い』も、よく考えずに、目先の利益を狙う売買手法、
といった『軽蔑した・小バカにした』ニュアンスを含んでいる。

『小掬い商い』はしない方が良い。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

先週の半ば辺りから振り返る。

11月14日(水)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
111円台前半---[111.15-20]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

昨日、11月14日(水)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
ほとんど、動きらしい動き無し。

概して、111円台前半での小動き。
(110円台後半もあったが、それがどーした、といった印象。)

11月14日(水)のロンドン市場のドル/円(USD/JPY)も、
東京市場と同様。ほとんど、動きらしい動き無し。

ロンドン市場で、一時、「ドル売り」を試みる様子もあったが、
110円台後半までしか下押しもなく、動いたうちに入らない。

11月14日(水)のニューヨーク市場のドル/円(USD/JPY)も、
概して、動きらしい動き無し。

ロンドン市場で、下押しをトライした後での反発で、
[111.70]アラウンドのリバウンド上昇を見ているが、
先週後半からの、大きな動きと相対的に比較して、動いた印象が残らない。

要するに、11月14日(水)のドル/円(USD/JPY)は、
109円台前半まで、大きく急落した後の、リバウンド局面で、
ポジション調整をしていた、と考える。

ドル/円(USD/JPY)の下値を突っ込んで売った向きにとっては、
下がったら買い戻したいといった気持ちだろう。

逆に、下落する際のチャート・ポイントが、111円台ミドルであったので、
111円台ミドルからは、いわゆる「やれやれの売り」が待ち構えている。

目先で、うなっているのは、どちらも、持ち値の悪いポジションだけ。

高値を売って、ちゃんと利食いを行った向きは、
涼しい顔で、ゲットアウトしている印象だ。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

11月15日(木)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
111円台前半---[111.25-30]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

11月15日(木)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
概して、111円台前半での小動き。
111円台ミドルの高値も見たが、俯瞰すれば、上昇力も大して無い。

結局、11月15日(木)のロンドン市場でドル/円(USD/JPY)は、
110円台ミドルに下落。
[110.50]アラウンドには、
オプション取引に伴う「防戦のドル買い」もあった様子。
110円台ミドルを下に攻め切れなかったことから、膠着状態。

11月15日(木)のニューヨーク市場のドル/円(USD/JPY)は、
「ショート・スクイズ」気味に、
110円台後半から111円台に乗せた辺りでの小動きとなる。

(「ショート・スクイズ」が終わったのだろう、)
ニューヨーク市場のクローズにかけて、110円台ミドルに緩む。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

11月16日(金)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
110円台ミドル---[110.45-50]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

11月16日(金)の東京市場の午前中に、
ドル/円(USD/JPY)は、再び[110.00]を割り込み、109円台後半を示現。
しかし、「追随のドル売り」はなく、
東京市場の午後は、[110.00]を挟んでの小動き。

11月16日(金)のロンドン市場のドル/円(USD/JPY)は、
東京市場で、下を攻め切れなかったことから、
「ショート・スクイズ」気味の動き。110円台ミドルにリバウンド(上昇)。

11月16日(金)のニューヨーク市場のドル/円(USD/JPY)は、
「ショート・スクイズ」が加速し、111円台に乗せる。

週末のニューヨーク・クローズは、[111.00]アラウンド。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

昨日、11月19日、週明け月曜日の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
110円台後半---[110.80-85]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

昨日、11月19日、週明け月曜日の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
これといったことも無く、基本的には小動き。
110円台後半は、上値も重く、110円台ミドルに緩むといった動き。

昨日、11月19日、週明け月曜日のロンドン市場も、
ドル/円(USD/JPY)の上値は重く、「ドルじり安」。
ロンドン市場で、110円台前半。

昨日、11月19日、週明け月曜日のニューヨーク市場のドル/円(USD/JPY)は、
110円台前半で重苦しい小動き。

ニューヨーク市場の午後になって、
[110.00]を割り込み、109円台後半に下落。
そのまま、109円台後半程度でニューヨーク・クローズ。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

本日(11月20日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
109円台後半---[109.70-75]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

本日(11月20日)の東京市場午前中のドル/円(USD/JPY)は、
109円台後半程度で動き無し。

東京市場の午後になって、株価堅調などを材料に、
ドル/円(USD/JPY)と、ユーロ円(EUR/JPY)などのクロス円が上昇している。

ドル/円(USD/JPY)は、110円台ミドル程度に反発上昇。
しかし、特段の値動きという訳でもなく、
俯瞰するならば、いわゆる「下値持ち合い相場」(=調整局面)が続いている。

状況に、何ら変化は無いので、
個人的には、ドル/円(USD/JPY)を買う気には全くならない。

現状は、[109.00-112.00]程度の、
「下値持ち合い相場」(ボックス相場)が、継続しているだけ、と見ている。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【予想通りの展開だった】---『[109.00]を、下に割り込むのか? 割り込まないのか?』---

2007年11月20日号Part2
【予想通りの展開だった】
---『[109.00]を、下に割り込むのか? 割り込まないのか?』---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

1週間前の先週の火曜日(11月13日)に、以下のように述べた。
この、1週間を振り返ると、私にとっては、予想通りの展開だった、と言える。

(一部抜粋)

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

2007年11月13日号Part2
【マーケット・コメント】
---ドル/円(USD/JPY)---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

本日(11月13日)のシドニー市場では、[110.00]アラウンドから、
再び、ドル/円(USD/JPY)は、急落して、[109.25-35]レベルを示現するも、
シドニー市場のうちに反発上昇。

そのため、本日(11月13日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
[109.55-60]レベルでオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

本日(11月13日)、朝方の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
反発上昇局面で始まる。

109円台ミドルから110円台ミドルに急騰する場面を、
東京市場の朝方に見せた。

この、反発上昇も、ポジション調整(下落が速かったので)の域を出ない。

その後の東京市場は、[110.00]を挟んでの上下動(=ポジション調整)。

振幅は、数十銭あるので、激しい印象も残るが、
基本的には、驚くほどの振幅でもないし、驚くほどのスピードでもない。

あえて、繰り返す。この程度の値動きは、
『基本的には、驚くほどの振幅でもないし、驚くほどのスピードでもない』。

目先は、ポジション調整だろう。

それならば、あわてることもないし、
[109.00-112.00]程度での『ボックス相場』形成となるのだろう。

それならば、それで構わない。

しかし、万一、[109.00]を下に抜ける展開になった場合は、
『驚くほどの振幅と、驚くほどのスピードを、見せてくれる可能性がある』。

それを、望んでいる訳でもないし、それを、恐れている訳でもない。

[109.00]を下に割り込むのか、[109.00]がサポートされるのか?

ただ、それを見守って、待っているだけだ。

[109.00]を下に割り込むと、結構、面白い相場が見られるのではないか、
と、期待しているが、
『[109.00]を、下に割り込むのか? 割り込まないのか?』
に関しては、思惑を持たずに、構えている。

それは、マーケット(市場)に、決めてもらえば良い。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※本日(11月20日)、再び、ドル/円は、109円台にある。
 全く、上述のコメントのままで、考え方に、変化が無い。

※また、重要なチャートポイントに関しての対応法は、11月16日に、
 再送しました。
(2年以上前のコメントでも、何ら、手を加える必要性を感じません。)
 是非、再読してください。

2007年11月16日号Part2
【チャート・ポイント】
---2005/07/06(水)のコメントを、そのまま、引用---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【ちゃんと勉強すれば、リスクは、事前に認識できる】

2007年11月20日号
【ちゃんと勉強すれば、リスクは、事前に認識できる】
---「楽して儲かる」、「寝ながら儲かる」は、『ウソ』です---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

このところ、少し前に書いたものの繰り返しです。
「耳に痛い」方もいるかも知れません。
聞きたくない、見たくない、という方もいることでしょう。

それでも、しつこい、と言われようとも、何と言われようとも、
何度でも言います。

そうでないと、非常に危険だから。
リスクを認識しないで、非常に危険な状態になっている個人投資家が
増えています。

ちゃんと勉強すれば、リスクは、事前に認識できるのに、
「楽して儲かる」とか、「寝ながら儲かる」とか、その類の言葉に踊らされて、
自ら、非常に危険な状態を招いています。

そういった『ウソ』を、垂れ流しにしている、
現在の世の中の風潮も困ったものだ、と思います。

しかし、それを望んでいるのも、世の中の大衆です。
それを喜んでいる人がいるのも、現在の世の中なのです。

騙す側だけが悪いのではなく、
騙される側にも、本当は多くの問題点もあります。

「宝くじ」が当たれば、3億円です。
いったい、何枚の「宝くじ」が、売られて、
その内の1枚が当たっているのでしょう?

「宝くじ」の当たる確率、「宝くじ」の期待値を知っていますか?

私は、「宝くじ」は、買いません。
自分の意志で、買わないようにしています。

買ったことが無いわけではないのです。
1枚でも買うと、何だか当たるような気がするから不思議です。
人間の思考回路は、そのように作られているのでしょう・・・。

世のマスコミは、3億円の「宝くじ」に当たったラッキーな人を探し出して、
その幸運をもてはやします。

私は、「宝くじ」のコマーシャルに、その期待値を明示するべきだ、
と思います。

タバコに「注意書き」があるように、
「宝くじ」の表面に、その期待値を明示して当然だ、と考えます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

「楽して儲かる」とか、「寝ながら儲かる」とか、
そういった安直なことを言う人が居ますが、それは、『ウソ』です。
そんな、『馬鹿な話』は、あり得ません。

人間は、他者のことだと、冷静に判断できますが、
「自分のこと」「特に、お金がからむこと」になると、
頭に血が上って、『ウソ』や『馬鹿な話』を、信じてしまうことがあります。

冷静に、考えれば、あり得ない話であっても、
「そうあって欲しい」と、思う場合は、
信じられないところがあるのですが、信じたくなってしまうのです。

逆に、信じたくないような、出来事を聞かされて、動転すると、
同様に、頭に血が上って、『ウソ』や『馬鹿な話』を、
信じてしまうことがあります。

いわゆる「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」のニュースを見て、聞いて、
『どーして、そんな単純な詐欺に、ひっかかるのだろう?』
と、誰でも思います。

それは、他人事だから、冷静に判断できるからです。

人間は、自分のことになると、冷静な判断が出来なくなります。
(訓練をすれば、ある程度、冷静な判断が出来るようになります。)

話を元に戻しますが、
「楽して儲かる」とか、「寝ながら儲かる」とか、
そういった安直なことを言う人が居ますが、それは、『ウソ』です。
そんな、『馬鹿な話』は、あり得ません。

投資をすることは、誰にでも出来ます。
ただ単に、何かに投資をすれば良いだけですから。

しかし、その投資で、「利益になるのか」「損をしてしまうのか」は、
別の問題です。

多くの人は、漠然と質問します。
『投資の経験が無いのですが、私にも投資が出来るでしょうか?』

多くの人のそういった質問は、言葉の裏に(言外に)、
『投資をして、儲けることは、私にも出来るでしょうか?』
といった意味を含んでいます。

だから、そういった質問への、本来の返答は、
『ちゃんと、勉強して、知識を持って、投資してください』
『そうすれば、出来る可能性が高くなります』
となるべきです。

ところが、
『投資の経験が無いのですが、投資を出来るでしょうか?』
という質問に対して、
表にある言葉だけ(上っ面の表現だけ)を取り上げて、
こう答える人が多いのです。

『投資は、経験が無くても、誰でも出来ます
(儲かるか、損するかは、知りませんが)。』

つまり、利益、損失については、答えずに、
利益、損失については、関与せずに、
『投資をすることは、誰にでも出来ます』
と、答えているのです。
『儲かるか、損するかは、知りませんが』という言葉を、隠しているのです。

それを、答えてあげなければ、不親切なのですが、質問をする人は、
『投資をすることは、誰にでも出来ます』
という答えを期待しています。
『厳しいことを言わずに、安直な答え』を聞きたいのです。

文面だけ、言葉の表している意味だけで考えれば、
それは『ウソ』ではありません。
 『投資をすることは、誰にでも出来ます。』
その通りです。

『ただし、いい加減な、知識や、態度(気持ち)で、投資をしたら、
損をするのは、当たり前です。』

野球は、誰にでも出来ます。
ゴルフをすることは、誰にでも出来ます。

しかし、野球をして、
『試合に勝つことが出来るか?』
『甲子園に行けるのか?』
『プロ野球選手になれるのか?』
『メジャーリーグで、活躍できるのか?』

『ゴルフのトーナメントで優勝できるのか?』
それは、別問題です。

『練習して、うまくならなければ、勝つことは出来ません』

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2007年11月19日 (月)

2007/11/19 【御礼】

2007/11/19
【御礼】

週末、土曜日に開催したセミナーは、
大成功に終了いたしました!

みなさま、本当に、ありがとうございました!

たくさんのみなさまから、メールをいただき、
現在、収拾が、つかない状態です。

おいおい、お返事をいたしますので、
しばらくお待ち下さい。
ご紹介できるメールは、
メルマガでもご紹介しようと、考えております。

内容としては、通常のセミナーとは違っていました。
今までに、私のセミナーに、ご参加いただいた方は、
その違いに、気が付かれたのでは、ないでしょうか?
初めて参加なさった方は、
『少し、びっくりなさったのではないか?』
と、気を揉むところもあります。

話し手(スピーカー)の伝えたいものと、
聞き手が、知りたいことが、
一致するとは、限らないから、心配です。

ただし、私の気持ちとしては、充足感が、あります。
自分の伝えるべきことを伝えた、
と、感じるからです。

取り急ぎ、感謝の気持ちをお伝えいたします。

松田哲、拝

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月11日 - 2007年11月17日 | トップページ | 2007年11月25日 - 2007年12月1日 »