« 2007年10月28日 - 2007年11月3日 | トップページ | 2007年11月11日 - 2007年11月17日 »

2007年11月10日 (土)

横浜市交通局の広告

横浜市交通局の広告
横浜市交通局の広告

横浜市営地下鉄は全席優先席です。

ゆずってくれた人には
笑顔で「ありがとう」。

席をゆずってもらえなくても
愚痴らない愚痴らない。

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

ひとりごと---昨日の影響かな?---

ひとりごと---昨日の影響かな?---

DVD 伝説のディーラーが語るFX投資の神髄
(発刊:パンローリング社)

が、売れている!

昨日の『ドル円の急落』の影響かな?

アマゾン順位:2991位

DVD 『1勝9敗でも勝つ』
(発刊:パンローリング社)
こちらも、あります!
よろしくお願いいたします!
(^O^)/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月 9日 (金)

ひとりごと---ドル円のロングは、『損切り』---

ひとりごと---ドル円のロングは、『損切り』---

まず、111円台ミドルを、
下に割り込んだ!

ドル円のロングは、
『損切り』を、敢行するべし!

この水準で、ドル円のロングを売るのは、
必ず、『損切り』になる!

『損切り』は、『ドル売り円買い』を、行うこと!

『悔しかったら』、
その悔しさを、覚えておくこと!

『悔しく無かったら』、
これを、期に、
『相場を辞めよ!』。

負けて、悔しく無い人間は、
相場に、適性が、無い!
(相場に、向いていない!)

憎たらしいことを、
言うヤツだ!
そう、思って、構わない!

負ける位なら、
(損をする位なら、)
やらない方が、まし!(=数段上)

ドル円の、次の、下値は、
110.00

これを、割らなければ、
リバウンドの可能性もあるが、
110.00は、弱いサポートに過ぎず、
余り、期待出来ない!

その下の、109.00(108.99)は、強いサポート。

この強いサポートを、下に、割り込んだら、
その下には、無い!

(その下は、101円台ミドル。
今、111円台のときに、10円下のレートを、
声高に、語るのも、馬鹿馬鹿しい!
来ない、と、言っているのでは、無い!
馬鹿臭くって、テーマに、
したくないだけ!)

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【「おためごかし」の耳に優しい言葉は、有害!】---「それでも、地球は動いている」(ガリレオ・ガリレイ)---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【セミナー】1勝9敗でも勝つ外貨投資戦略【セミナー】
http://www.seminar-biz.com/details/id_4779_1234/
■講師:松田哲 ■平成19年11月17日(土) ■13:30~15:00(90分)
■参加費:10,000円 ■会場:田町ビジネスセンター(JR田町駅徒歩2分)
アクセスマップ ⇒ http://www.tkptamachi-bc.net/access.shtml
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年11月09日号Part2
【「おためごかし」の耳に優しい言葉は、有害!】
---「それでも、地球は動いている」(ガリレオ・ガリレイ)---

以下、今年の、9月9日のコメント。そのまま、再送します。

2007年9月9日、ちょうど、2ヶ月前のコメントであることをふまえて、
お読みください。

※米国失業率など、直近の与件は異なりますが、
 マーケットの状況は、同じです。(=変化が無い)

※『米ドル』に着目すれば、9月の時点より、
 『悪化』していることに留意してお読みください。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2007年09月09日号
【「おためごかし」の耳に優しい言葉は、有害!】
---「それでも、地球は動いている」(ガリレオ・ガリレイ)---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

現実から、目をそむけてはいけない!
それは、非常に危険だ!

このコメントは、舌鋒厳しくあるも、老婆心ながら、真剣に書いています。

「おためごかし」の耳に優しい言葉は、何の役にも立ちません。
かえって、そういう言葉は有害です!

『こんなに難しい相場だから、負けても仕方ないですよね・・・』

『こんなに、激しい相場は、初めてです・・・』(←経験が少ないだけ)

『こんな相場は、5年に一回らしいですよ・・・』

『いやー、みんな苦しんでいますよ・・・』

『いずれ、いい時もありますよ・・・』

最近、よく見かけるマーケット(FX市場)のコメント。

以下は、私のコメント。

★★:「バカ言ってんじゃねー!!」

★★:「5年に一回だろうが、10年に一回だろうが、
    そこで殺されれば、全部おしまいだろ!!」

★★:「そういったコメントが大手を振って、まかり通るから、
    犠牲者が余計に増える!」

★★:「そういったバカなコメントを、有難がる読者がいるから、
    死人が出るんだ!」

★★:「マーケット(相場)を、なめている!」

★★:「有害以外の何物でもない!」

私の言っていることが、分からない、分かりたくない、という方々も多いのは、
場合によっては、
そういう人の方が多いことは、
書く側も理解しているのです。

しかし、私の言っていることが、分かったときには、
手遅れになっているのは嫌です。

相場をやめてから(大損をして、撤退を余儀なくされてから)、
「あー、あの人の言っていることは、正しかった」
などと、全部終わってから分かるなどいうことは、
私の望むところではありません。

その点を、是非、斟酌して、厳しい言葉もお許しください。

先週末の「米国雇用統計」で、NFP(非農業部門雇用者数)が、悪かった。
だから、「ドル売り」。

高値で塩漬けになっている持ち値の悪いドル・ロング(ドルの買い持ち)は、
早く損切りをした方が良い。(損切りをしないと、危険だ!)

「ドル売り」とは、ドル円を売るのか、
つまり、「ドル売り円買い」をするか、
あるいは、
ユーロドルを買うか、
つまり、「ユーロ買いドル売り」をする、ということ。

ボンドドルを買う、
つまり、「ボンド買いドル売り」をするのも、同じ。

ドルスイス(USD/CHF)を売るのも、オージー/ドル(AUD/USD)を買うのも、同じ。

こういう、対ドルの取引を、ストレート取引(ドル・ストレート取引)という。

こういう、基礎的な知識(ストレート取引)は、最低限の知識であり、
知っていて当たり前!

あまり、この程度のことを、いちいち説明したくない。
それ位は、各自が、事前に、勉強すること。

そんなこと位は、目をつぶっていても、分かるようではないと、
外国為替取引をするのは、危険!
最近は、取引するのが、危険な人が、増えた。

「ドルを売るとは、どういうことか?」
「それは、ドル・ストレートを売る」という意味。

耳に痛いことを、あえて、わざと、言う。
『楽して儲かる』などということは、現代の、この世の中に無い!!
『それは、ウソだ!』

『少し、冷静に、まともに、考えれば、それは、ウソだ、
そんなことは、有り得無い!』
と、誰だって、分かるハズ。

『どうして、それが、理解できないのか?』

人間、欲がからむと、冷静な判断が、出来なくなるという典型例。

そして、『自分だけは、大丈夫』という、
『自分だけは、違う』という、変な勘違い。

「オレオレ詐欺」に、騙された話を聞いて、どうして、騙されるのか、
不思議でしょ??

それは、他人事だから。

人間は、自分の事になると、冷静な判断が、出来なくなる。

もうひとつ、耳に痛いこと。

よくある質問。
「120円で、買ったドル円が、あるのですが、どうすれば良いでしょうか?」

「今すぐ、損切りして下さい!」

「いや、それでは、損をしてしまうので、切れません・・・。」

「・・・(じゃぁ、聞くなよ←本音)」

「そうではなくて、120円で、買ってしまったのですが、今、大きく下落して、
含み損になっています。何とかする方法は、ないでしょうか?」

「無いですね。相場に『魔法』や『手品』は、無いですから。」

「どこで売れば良いとか、ないのですか?」

「だから、最初に、今すぐ、損切りをして下さい、と、言ったじゃないですか。
いったん損切りをして、上昇すると考えるなら、改めて買えばいい。
いったん損切りをして、冷静になって、改めて、売りだ、と、
判断するならば、売ればいい。

一番悪いのは、切ることも出来ずに、ただ、待っていること。
それは、座して死を待っているだけです。
稀に、運が良ければ助かることもありますが、
大半は、もっと損が、膨らみますヨ。

外国為替は、お金とお金の売買だから、
含み損と実際の損は、同じですヨ。」

「いや、含み損は、損切りをしなければ、実現損ではない、と思いますが。」

「ゴーギャンやルノアールの絵画のように、
いつでも自由に売買できる訳ではない、そして、評価する人によって、
価格が、大きく違う場合は、含み損益を考えることに、意義があります。

しかし、外国為替は、お金とお金の取引だから、誰が評価をしても同じです。
世界中、何処に行っても、誰と取引をしても、損失額は、同じです。
外国為替取引は、換金は、常に可能だから、
含み損益と実現損益を区別するのは無意味ですよ。」

「いや、含み損は、まだ、損ではない・・・」

「気持ちは、理解します。
でも、売っても買っても、どちらも現金なんですよ。」

「いや、認められません!」

「・・・。(じゃぁ、聞くなよ←本音)」

こういった時には、心の中で、こう考えている。

オレの言っていることが、絶対に真実だが、伝わらないか・・・。
分かろうという気持ちのない人には、
言っても恨まれるだけだからなぁ・・・。
この人が、死んでいくのを、黙って見ているしかないのかなぁ・・・。
どうして、真実が分からないのだろう・・・?

癌に侵された患者さんを診る医者みたいなものだな。

医師:「早期胃癌は、胃を摘出すれば、助かりますヨ」

患者:「胃が無くなったら、食べられない」

医師:「転移したら、助かりませんよ・・・・」

今の時代、癌に対する知識が流布し、胃癌で、摘出手術をするのは当然だろう。
そうすれば、助かることを誰でも知っている。
(早期胃癌なら、助かる可能性が高いという情報を、誰でも知っている)

それは、誰もが知識を共有している、ということ。
だから、厳しいことを言っても、医師が恨まれることは少ない。
(誰もが、それが正論だと知っているから)

何度でも、繰り返す!耳に痛かろうと、あえて、わざと、言う。
それが、真実(正論)だから。

『楽して儲かることは、無い!』
『それは、ウソだ!』

そして、高値で塩漬けになっている
持ち値の悪いドル・ロング(ドルの買い持ち)は、早く損切りをした方が良い。
(損切りをしないと、危険だ!)

まだ、相場(マーケット)に対する知識が、流布していないから、
逆恨みされる(されやすい)・・・。

でも、言う。

「それでも、地球は動いている」
(ガリレオ・ガリレイ)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (4)

【外為用語の基礎知識】

【セオリー】(theory)
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/sub014se.htm#theory

 理論。学説。

 確立された理論。証明された理論。

 定説。理屈。

 ゲームなどの定石(じょうせき)。
 決まりきったやり方、方法論。

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【セミナー】1勝9敗でも勝つ外貨投資戦略【セミナー】
http://www.seminar-biz.com/details/id_4779_1234/
■講師:松田哲 ■平成19年11月17日(土) ■13:30~15:00(90分)
■参加費:10,000円 ■会場:田町ビジネスセンター(JR田町駅徒歩2分)
アクセスマップ ⇒ http://www.tkptamachi-bc.net/access.shtml
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年11月09日号
【マーケット・コメント】
---ドル/円(USD/JPY)---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

11月7日(水)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
114円台ミドル程度---[114.65-70]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

今週の前半のドル/円(USD/JPY)は、
概して、114円台ミドル程度を中心に、持ち合い相場が、継続していた。

今週の前半のドル/円(USD/JPY)は、基本的に、
たいした値動きでもなかった。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

しかし、この時点で考えていたことは、
「サブプライム・ローン問題」に伴う、金融不安の状態に変化はない。

ゆえに、『ドル/円を買う気分に全くならない』ということ。

(というか、あまり、ドル/円をやりたくない。=歪みがあるから)

(ドル/円を買うのは、絶対に嫌だ。)

(どうしても、ドル/円を何かせよ、と言うならば、ドル/円を売る。)

(高所恐怖症ではあるが、ストップ・ロス・オーダーをちゃんと入れて、
「ユーロ/ドル」の買いをする位しか、思い付かない。)

(それは、このところ、コメントとしたことに、変化が無い、ということ)

(ただし、ユーロ/ドルの上昇力にも、一服感がある。)

(ユーロ/ドルも、調整があっても、不思議ではない。)

(しかし、ユーロ/ドルの調整を狙っての「ユーロ売りドル買い」は不可。)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※本日(11月9日)の時点でも、この考え方に、変化が無い。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

11月7日(水)の東京市場の時間帯に、中国の要人発言で、
『中国は外貨準備をユーロのような強い通貨に多角化するべき』
と伝わると、ドル/円(USD/JPY)は、下落を始めた。

11月7日(水)、東京市場朝方のドル/円(USD/JPY)は、
114円台ミドルで持ち合っていたが、
東京市場午後には、[114.00]を割り込み、
東京市場クローズは、[113.85-90]レベル。

11月7日(水)、ロンドン市場朝方に、ドル/円(USD/JPY)は、
[113.50]を割り込んだ。

そのまま、ドル/円(USD/JPY)の下落傾向はとどまらず、
11月7日(水)、ニューヨーク市場朝方に、ドル/円(USD/JPY)は、
[113.00]を割り込む。
11月7日(水)のニューヨーク市場のドル/円(USD/JPY)は、
[113.00]を挟んでの上下動小動き。

この日の東京市場からの急落の後の、調整といったところ。

ニューヨーク・クローズは、112円台後半程度。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

11月7日(水)のニューヨーク市場が引けて、
日付が変わって、昨日(11月8日)のシドニー市場になると、
ドル/円(USD/JPY)に、もう一段の『損切り』(ドル売り円買い)が出た。

ドル/円(USD/JPY)は、[112.10-20]レベルまで急落した。

東京市場のオープン前に、112円台ミドルに、急反発する、乱高下状態。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

東京市場オープン前に、『ひと相場』やってから、
昨日(11月8日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
112円台ミドル程度---[112.60-65]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

昨日(11月8日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
俯瞰して、見るならば、
114円台ミドルから、112円台前半にまで、
大きく急落した後の、『下値持ち合い』。

『下値持ち合い』とは、すなわち、『ポジション調整』である。

概して、昨日(11月8日)の東京市場は、
[112.50-113.00]のゾーンでの『下値持ち合い』(=ポジション調整)。

昨日(11月8日)のロンドン市場から、ニューヨーク市場の朝方にかけて、
ドル/円(USD/JPY)は、113円台前半に、リバウンド(上昇)するが、
たいした値動きにもならず。

昨日(11月8日)のニューヨーク市場の昼頃には、
ドル/円(USD/JPY)は、[113.00]を、再び、割り込み下落。

昨日(11月8日)のニューヨーク市場午後は、
ダラダラとドル/円(USD/JPY)下落。安値は、[112.20-30]レベル。

ニューヨーク・クローズで、[112.50]を上に抜けて反発上昇。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

日付が変わって、本日(11月9日)のシドニー市場では、
ニューヨーク・クローズで、「ショート・スクイズ」が起こったので、
ドル/円(USD/JPY)は、ごく目先、「ドル買い気配」で推移した。

本日(11月9日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
[112.70-75]レベルでオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

シドニー市場では、若干の「ドル買い気配」で推移したが、
長続きせず、東京市場の朝方に、再び、[112.50]を下に割り込んだ。

本日(11月9日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
概して、112円台ミドルでの、『下値持ち合い』、
すなわち、『ポジション調整』が継続中。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

以下、昨日(11月8日)のコメントを、ほぼそのまま引用します。

※考え方に変化が無いので。
 決して『手抜き』ではありません!『きっぱり!』(^0^)/♪

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

今週になっての、ドル円市場は、危険な状態です。

予測通りに、(個人的には、予定通りなのですが・・・、)
外国為替市場は、かなり、「ヤバイ状況」になっています。
(^0^)/♪

ごく目先で言えば、8月中旬のドル円の安値、
111円台ミドルを下に割り込む場合は、急落の可能性は大きい、と考えます。

但し、その場合は、私は、[109.00]([108.99])に注目しています。

まだ、現状が、112円台なので、
目先、ちょっと、余裕(余地:Room)はありますが、
ドル円が、[109.00]アラウンドのチャート・ポイントを、下にブレイクすると、
[101円台]程度まで大きく急落する可能性があります。

まずは、111円台ミドルを下に割り込むか?

そして、テクニカルには、大して意味は無いと考えますが、
[110.00]はビッグ・フィギュア(大台)の要なので、
それ([110.00])を割り込むか?

現状は、112円台ですから、
まだ、大丈夫(Roomあり)かな・・・、
とは思うのですが・・・・。

[109.00]を割り込むような、クラッシュの場合は、
今年の8月よりも激しいパターンがきても、不思議ではありません。

少なくとも、111円台ミドルを割り込む場合は、
ドル円のロングは、「損切り」を行うべきです。

●個人的には、現状で、ドル円をロングで戦うのは、
セオリーではない、と考えます。

●また、直近の114円ないし、117円程度で作ったドル円のロングを
111円台ミドルを下に割り込んでから、損切りを行うのは、理解できます。

●コストが、120円台よりも上の、持ち値の悪いドル円のロングを、
111円台ミドルを下に割り込んでから、損切りを行うのは、
遅きに過ぎます。
だから、それは、理解できません(理解する気もありません)。

●10円以上の損切りは、ドル円取引を行うに、
(レバレッジが何倍であろうとも、)資金管理の面から、
ルーズに過ぎる、と考えます。(=対応が誤り、と考えます。)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (0)

王子神谷(文教堂)

王子神谷(<br />
 文教堂)

【外貨崩落】棚に展示

【1勝9敗でも勝つ】平積み

| | コメント (0)

2007年11月 8日 (木)

---ドル円市場は、かなり、「ヤバイ状況」---【読者の方からの質問】

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【セミナー】1勝9敗でも勝つ外貨投資戦略【セミナー】
http://www.seminar-biz.com/details/id_4779_1234/
■講師:松田哲 ■平成19年11月17日(土) ■13:30~15:00(90分)
■参加費:10,000円 ■会場:田町ビジネスセンター(JR田町駅徒歩2分)
アクセスマップ ⇒ http://www.tkptamachi-bc.net/access.shtml
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年11月08日号Part3
【読者の方からの質問】
---ドル円市場は、かなり、「ヤバイ状況」---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

日付: Thu, 08 Nov 2007 15:56:16 +0900
差出人: "******"
件名: 質問
宛先: "物語"

松田先生

初めてメールさせていただきます。
いつも、先生のご著書で勉強していてとてもためになります。
ありがとうございます。

一つ質問させていただきます。
今後のドル円ですが、チャートを見ると、
8月17日安値の111.57を下回ると
一気にドル円が急落するように見えるのですが、
IMMの円ショートポジションも8月ほどたまっていない状況で
大幅な円高と言うのは起こりうるのでしょうか?

まだまだ勉強途上の為替初心者の拙い質問で恐縮でございますが、
お時間のある時にでもご教示いただければ幸いに存じます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

日付: Thu, 08 Nov 2007 16:54:46 +0900
差出人: "松田 哲"
件名: Re: 質問
宛先: "******"

******さま

メールありがとうございます。

今週になっての、ドル円市場は、危険な状態です。

予測通りに、(個人的には、予定通りなのですが・・・、)
外国為替市場は、かなり、「ヤバイ状況」になっています。
(^0^)/♪

ごく目先で言えば、8月中旬のドル円の安値、
111円台ミドルを下に割り込む場合は、急落の可能性は大きい、と考えます。

但し、その場合は、私は、[109.00]([108.99])に注目しています。

IMMに関しは、一言で言えば、『私は見ないし、見る必要を感じない』。

IMMの発表するポジションは、何日か前のポジションです。

米国商品先物取引委員会(CFTC)のホームページで、毎週公表されています。
この資料は毎週金曜日に、その週の火曜日現在の計数が発表されます。
速報性の点でも評価をする人がいるようですが、私は、評価しません。

火曜日から金曜日までに変化があっても不思議ではないし、
マーケットの値動きを見れば、大手機関投資家が、どういった行動を取ったか、
想像が付きます。

8月中旬のドル円の安値、111円台ミドルは、チャート・ポイントですが、
個人的には、
ドル円は、[109.00]アラウンドのチャート・ポイントに注目しています。

まだ、現状が、112円台なので、
目先、ちょっと、余裕(余地:Room)はありますが、
ドル円が、[109.00]アラウンドのチャート・ポイントを、下にブレイクすると、
[101円台]程度まで大きく急落する可能性があります。

まずは、111円台ミドルを下に割り込むか?

そして、テクニカルには、大して意味は無いと考えますが、
[110.00]はビッグ・フィギュア(大台)の要なので、
それ([110.00])を割り込むか?

現状は、112円台ですから、
まだ、大丈夫(Roomあり)かな・・・、
とは思うのですが・・・・。

[109.00]を割り込むような、クラッシュの場合は、
今年の8月よりも激しいパターンがきても、不思議ではありません。

少なくとも、111円台ミドルを割り込む場合は、
ドル円のロングは、「損切り」を行うべきです。

●個人的には、現状で、ドル円をロングで戦うのは、
 セオリーではない、と考えます。

●また、直近の114円ないし、117円程度で作ったドル円のロングを
 111円台ミドルを下に割り込んでから、損切りを行うのは、理解できます。

●コストが、120円台よりも上の、持ち値の悪いドル円のロングを、
 111円台ミドルを下に割り込んでから、損切りを行うのは、
 遅きに過ぎます。
 だから、それは、理解できません(理解する気もありません)。

●10円以上の損切りは、ドル円取引を行うに、
 (レバレッジが何倍であろうとも、)資金管理の面から、
 ルーズに過ぎる、と考えます。(=対応が誤り、と考えます。)

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松田 哲
【フォレックス・ディーラー物語】
http://www.d4.dion.ne.jp/~smatt/
メール: satoshi.matsuda2007@gmail.com

【外貨崩落】
http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911 
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (0)

---【綾】(あや)/【綾戻し】(あやもどし)---【外為用語の基礎知識】

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【セミナー】1勝9敗でも勝つ外貨投資戦略【セミナー】
http://www.seminar-biz.com/details/id_4779_1234/
■講師:松田哲 ■平成19年11月17日(土) ■13:30~15:00(90分)
■参加費:10,000円 ■会場:田町ビジネスセンター(JR田町駅徒歩2分)
アクセスマップ ⇒ http://www.tkptamachi-bc.net/access.shtml
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年11月08日号Part2
【外為用語の基礎知識】
---【綾】(あや)/【綾戻し】(あやもどし)---

http://smatt.hp.infoseek.co.jp/sub001a.htm#aya

【揺り戻し】とほぼ同じ意味。【揺り戻し】の意味は以下の通り。

相場がオーバーシュートした後で起こる修正のこと。
相場が行き過ぎて売られたり、買われたりすると、その後で、
その反対の動きが起こる。その動きを指して、「揺り戻し」と言う。

売られ過ぎて、相場が大きく下落した場合ならば、その後で、
急な買い戻しが起こって、相場が急反発する。

買われ過ぎて、相場が大きく上昇した場合ならば、その後で、
頭が重くなり、相場が急落する。

「揺り戻し」のと呼ぶ場合は、
おおもとの流れ(相場の動き)よりも値幅が小さい。

例えば、相場が売られ過ぎて大きく下落した後で、「揺り戻し」が起こり、
反転急反発しても、相場が下落を始めた水準まで戻るわけではない。

「揺り戻し」が起こると、
その水準で、小さな「レンジ相場」を作ることが多い。

【綾(あや)】【綾戻し】といった場合は、
必ずしも、相場がオーバーシュートしたときばかりを指すわけではない。

相場がトレンドに従って動いているときに、
一時的に、相場が逆方向に動くことがある。

そういった一般的なケースでも、【綾(あや)】【綾戻し】と呼ぶ。

また、一日のような短い時間でも、時系列で相場を見ると、
短いトレンドがある。

ただ、相場は一方方向に動き続けることはないので、
そういった短い時間の中で、逆方向に振れることがある。
この場合も、【綾(あや)】【綾戻し】という。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (0)

---「あや(綾)」は狙うな!マーケットにくれてやれ!---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【セミナー】1勝9敗でも勝つ外貨投資戦略【セミナー】
http://www.seminar-biz.com/details/id_4779_1234/
■講師:松田哲 ■平成19年11月17日(土) ■13:30~15:00(90分)
■参加費:10,000円 ■会場:田町ビジネスセンター(JR田町駅徒歩2分)
アクセスマップ ⇒ http://www.tkptamachi-bc.net/access.shtml
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年11月08日号
【読者の方からの質問】
---「あや(綾)」は狙うな!マーケットにくれてやれ!---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

日付: 8 Nov 2007 08:58:51 +0900
差出人: "******"
件名: よろしくお願い致します。
宛先: "物語"

松田様

いつも、松田様のメルマガを購読させて頂き、勉強させて頂いております。
先日、ファイナンシャルアカデミーでのセミナーに参加した時に
初めて松田様にお会いしました。
実は、松田様のお話を聞いていて、鳥肌が立ちました。
「この人はすごい!!」
それ以来、松田様を投資の神、師匠と勝手に思い、
少しでも近づけるよう勉強しております。
今度の田町のセミナーにも参加させて頂く予定で、
お会いできるのを楽しみにしています。

ところで、昨夜23時頃のメルマガで「ドルを売れ」コメントが出ており、
現実にその通りになった
わけですが、112円台まで円が上がっています。
今回、中国での発言が端を発しているように
各メディアも取り上げているようですが、
ならば、一時的にまた114円台まで戻すのではないか・・・
ならば、今円を売ってドルを買った方がいいのか・・・。
と思うのですが、この予想について松田様はどのような判定を下されますか?

為替投資初心者の為、考察が「あまあま」なので厳しい教えを頂ければ、
今後の為にたいへんありがたく思います。
まったく、とぼけた質問とは存じますが、ご指導頂ければ幸いです。
よろしくお願い致します。

****

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

日付: Thu, 08 Nov 2007 15:08:48 +0900
差出人: "松田 哲"
件名: Re: よろしくお願い致します。(松田哲より、お返事)
宛先: "******"

******さま

メールありがとうございます。
また、お会して、お話できるのを楽しみにしております。
セミナーでは、お声をかけてください。

長文ですので、以下に、お返事を添付いたします。

松田哲、拝

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松田 哲
【フォレックス・ディーラー物語】
http://www.d4.dion.ne.jp/~smatt/
メール: satoshi.matsuda2007@gmail.com

【外貨崩落】
http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911 
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

(以下添付)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

昨日(11月07日)のメルマガや、ブログなどで記述したのが、
始まりではなく、
このところ、基本的に、『ドル円を買ってはいけない』と言い続けています。

7月の下旬(7月26日)に、ドル円は、[119.50]を下に割り込みましたが、
その少し前から、
(個人的な思惑で、ドル円は、[119.50]を下に割れて下落するだろう、
という感覚があったので、)
『ドル円を買ってはいけない』と言い続けています。

『[119.50]を下に割り込む場合は、大きな急落になるだろう』
と、予測・予見していていたのは、
わざわざ、拙著『1勝9敗でも勝つ』
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
の中にも書いてあります。

(その本の原稿を書いていたのは、2006年11月頃ですが、
 与件を考えれば、先々に、こういったことが起こる可能性が高い、
 と、予測・予見できます。
 それが、いつ起こるか、という時期は、特定できませんが、
 こういったことが、いずれ時間の問題で起こる可能性が高い、
 と判断できます。
 そして、2007年7月、8月に起こりました。)

7月の中旬以降、「修正局面(下落後のポジション調整))」や、
「円キャリー・トレードの再拡大」で、
「リバウンド(=目先のドル円上昇)」を指摘したことはありますが、
基本的には、『ドル円を買ってはいけない』といったスタンスのままです。

私は、『頑固』ですから、違うことを、言ったはずがありません。

決して、きれいな表現ではないのですが、
『ドル円を買う位なら、「クソして寝る!」』
と、何度も書きました。

今も、その気持ちに、全く変化がありません。

こういった表現が、良いとは思いませんが、
この表現ならば、まず『わかりやすい』ということ。
そして、こう言っておけば、
『無理やり違う意味に、捻じ曲げて解釈すること』が出来ないのです。

『ドル円を、買わない方が、いいと思います』
といった表現は、
『(何か、条件がそろえば)ドル円を買ってもいいのですか?』
といった疑念(質問)を、引き起こします。

ところが、
『オレは、ドル円を買う位なら、「クソして寝る!」』
と言えば、少なくとも、他者が、何を言おうとも、
『私は、ドル円を買いたくないのだ!』
というニュアンスが伝わります。

こういう言い方をすると、
『「「売り」でも「買い」でも、ずっと言い続けていれば、
 いつか、そのうち当たるよ』
と考える人がいますが、それは違います。

それは、単なる、言葉尻を取り上げて、
『悪意に揚げ足を取ろう』とする考え方です。

まあ、その程度の思索の方々には、何をどう説明しても、
『わざと、捻じ曲げて、解釈をしようとする』のでしょうから、
さして、気にもしませんし、相手をするのは時間の無駄だと考えますが。
(^0^)/♪

まあ、そういった現実や、そういうことに対する皮肉はさておき、
相変わらず、
『オレは、ドル円を買う位なら、「クソして寝る!」』
と考えています。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

一時的な、リバウンド(あや戻し)に関するご質問ですが、
一言で言えば、
『「あや(綾)」は取るな!』
『「あや(綾)」は狙うな!』
と、考えます。

拙著『1勝9敗でも勝つ』で書きましたが、
『「売り」でも「買い」でも勝とう』とするのは、
マーケットに対して失礼だ、と考えています。

また、取引をするのに、わざわざ、難しい対応を選んでいる、と考えています。

『大きなトレンドに従って、取引を行うべきだ』
と、考えます。

現在のドル円は、すでに、『ドル安円高トレンド』に転換している、
と考えています。

今年(2007年)の、7月、8月の下落で、ドル円の『トレンド転換』が起きた、
と考えています。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

現在の『ドル円のトレンド』が、『ドル売り円買い』なのですから、
ドル円をロング・ポジション(=ドル円の買い)を考える必要は、
全く無いのです。

現在は、大きなトレンドに従ってドル円の取引を行うのならば、
(1)『ドル円を、どこで売るか?』
(2)『ドル円をショート(=ドル円の売り)にした場合に、
    どこで「損切り」をするか?』
の、二点だけを考えればよいのです。

(3)『どこで、利食いの買戻しをするか?』
は、考えたければ考えれば良い事で、事前に考えておく必要はありません。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

『リバウンド(あや戻し上昇)を狙っての取引』を考えるのは、
『なんとか自分だけ、うまい汁を吸ってやろう』と考えることです。

もちろん、その気持ちはわかりますが(理解できますが)、
たいてい失敗します。

1回、2回、うまくいくときもありますが、
俯瞰すると、大してうまくいきません。
『労多くして、益少なし』
『あや(綾)は、取りに行くべからず』
が、王道だと思います。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ドタバタと、七転八倒しながら、難しい相場を乗り切ると、
満足感(充実感)もあります。

下落局面(トレンドの下降局面)で、「売り」ではなく、「買い」で戦い、
そして、結果、勝つと、
『やったー!』
とか、
『どーだ!勝ったぞ!』
といった気分になります。

しかし、そのあや(綾)が終わって、その後に来る、
もっと大きな局面(もっと大事な場面)で、
『疲れきって、何も出来ない・・・』『手が出ない』
といったことが、往々にあります。

「あや取り」は、『児戯に等しい』
と、考えて、そんなものは、マーケットにくれてやりましょう!
(^0^)/♪

『何が重要で、何が重要でないのか?』
といった、『優先順位(プライオリティー:priority)』の問題だ、
と考えると、いいのではないでしょうか。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (0)

2007年11月 7日 (水)

ひとりごと---整合性---

ひとりごと

GREE【へたうち外為部】管理人のトニーさんが、

ポンド円のショート。

理解は、する。
(理解は、できる・・・)

しかし、より高きを見て欲しい!
目指して欲しい!

厳しいコメント(個人的考え)を寄せた。

以下引用

GBPJPYのショートも、
何を、どう考えているのか、
理解は、できる・・・。

だから、人様のポジションや、行動に、とやかく、
言う気は、全く無い!

それは、大前提。

夏だったかな?
春だったかな?

ポンドドル、2.1000の話をしたよね!

来たよねー・・・!
(感無量)(^O^)/

しかし、腹の底で、こーも思う!

『ほれ見ろ!
やっぱり、来たじゃねーか!
ザマーミロ!』(快哉!)
(^O^)/

では、現時点で、
ポンドドルは、天井なのか??

ポンドドルは、方向転換(トレンド転換)したの??

答は、NOだ!
現時点で、絶対に、NOだ!

実際に、行くか、行かないか?
届くか、届かないか?
そんなことは、知らない(今わかる必要が無い)が、
ポンドドルは、2.2000を向いている。

この状況で、わざわざポンド円を売るのならば、
ドル円を売るべきだ。

『円からみの外国為替取引』をするならば、という意味で、言っています。

今、このステージで、
ポンド円やユーロ円のクロス円を売るのならば、
ドル円を売るべきだ。

そうでないと、
思索、行動に、整合性が、見いだせない!
(^O^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひとりごと---昨日のコメントを、敢えて、再送---

ひとりごと---昨日のコメントを、敢えて、再送---

そりゃー、
中国の外貨準備のアロケーション(振り分け・配分)
とか、ニュースは、あったかも知れないけど、
昨日コメントした通りじゃないかー!
(^O^)/

本日も、出先におり、
メールマガジンを、
新たに起こせません。
(新たに、書く必要性を、感じない、
という気持ちも、ありますが・・・)
(^O^)/

(以下、昨日のコメントを、コピー&ペースト)

(いやっ!
決して、手抜き、という訳じゃないんです!)
(^O^)/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

引き続き、
「サブプライム・ローン問題」に伴う、金融不安の状態に変化はない。

ドル/円を買う気分に全くならない。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

(というか、あまり、ドル/円をやりたくない。=歪みがあるから)

(ドル/円を買うのは、絶対に嫌だ。)

(どうしても、ドル/円を何かせよ、と言うならば、ドル/円を売る。)

(高所恐怖症ではあるが、ストップ・ロス・オーダーをちゃんと入れて、
「ユーロ/ドル」の買いをする位しか、思い付かない。)

(それは、このところ、コメントとしたことに、変化が無い、ということ)

(ただし、ユーロ/ドルの上昇力にも、一服感がある。)

(ユーロ/ドルも、調整があっても、不思議ではない。)

(しかし、ユーロ/ドルの調整を狙っての「ユーロ売りドル買い」は不可。)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひとりごと

ひとりごと

ドル/スイス
と、
ドル/円
と、
いっしょかよー・・・。

また、ドル/円が、一番、出遅れる訳ね・・・。

「とろい」のも、
ここまで来ると、ピエロだねー・・・。

笑いの後ろに、隠れている。
その笑いも「冷笑」。

「ドル/円」の取引が、馬鹿にされているようで、
忍びない・・・。

憐れで、悲しいよ!

私は、こんな「ドル/円」をやりたく無いね・・・。
ユーロ/ドルを、買いで付いて行くしかないかぁ!
ストップ・ロスで、守りながら。

つまんねー相場だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 6日 (火)

【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)&ユーロ/ドル(EUR/USD)---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【セミナー】1勝9敗でも勝つ外貨投資戦略【セミナー】
http://www.seminar-biz.com/details/id_4779_1234/
■講師:松田哲 ■平成19年11月17日(土) ■13:30~15:00(90分)
■参加費:10,000円 ■会場:田町ビジネスセンター(JR田町駅徒歩2分)
アクセスマップ ⇒ http://www.tkptamachi-bc.net/access.shtml
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年11月06日号
【マーケット・コメント】
---ドル/円(USD/JPY)&ユーロ/ドル(EUR/USD)---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

先週の金曜日(11月2日)に、
ニューヨーク市場で発表された「米国失業率(雇用統計)」は、
以下の通り。

失業率(10月)
予想:[4.7%]
結果:[4.7%]
前回:[4.7%]

非農業部門就業者数(NFP)(10月)
予想:[+85,000人]
結果:[+166,000人]
前回:[+96,000人]([+110,000人]より下方修正)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

「米国失業率(雇用統計)」発表直前のドル/円(USD/JPY)は、
[114.70-80]レベルだったが、
この発表を受けて、[115.30-40]レベルに上昇した。

NFPの数字は、強烈に良い数字で、
マーケットは、素直に『ドル買い』に反応した。

しかし、潜在的な『ドル売り』が根強く、
『待ち構えていたドル売り』が、上値を抑えた。

最終的には、この「米国失業率(雇用統計)」の強い数字でも、
『ドル買い』にはならず。

「米国失業率(雇用統計)」の影響の薄れる1時間、2時間後には、
ドル/円(USD/JPY)は、114円台ミドルに急落した。

米国株価の下落がその理由・原因。
(=サブプライム・ローン問題)

しかし、ニューヨーク市場の午後は、いつもの週末金曜日。
参加者薄く、やる気のない(ダルな)マーケット・センチメントで、
114円台前半を攻める気がなかった。(やる気が感じられない雰囲気)

114円台後半程度で、ニューヨーク・クローズを迎えた。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

そういった状況で、
昨日(11月5日)、週明け月曜日の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
114円台ミドル---[114.55-60]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

昨日(11月5日)、週明け月曜日の東京外国為替市場、ドル円の値動きも、
たいしたことない。

東京市場朝方に114円台前半を見たが、
東京市場は、概して114円台ミドル・アッパーでの小動き。

何だか、つまらない値動きを、繰り返しているだけだ。

ただし、ニューヨーク市場の米株の動きに、着目した方が良い!

何事も無く、ニューヨーク市場の米株の動きが小動きならば、良い。
(そうであることを、望みます。)

米金融株が、さらに、大きく下落し、株価全体を、押し下げる場合は、
ドル円の、もう一段の下値を、意識するべきだ、と考えていた。

米金融不安の問題を、軽視しない方が、賢明と、考えるからだ。

昨日(11月5日)のロンドン市場は、若干の円高気味に推移し、
ドル/円(USD/JPY)は、114円台前半に下落。

ニューヨーク市場では、米金融株が、下押し、米株価全体を、押し下げしたが、
驚愕するほどではなかった。
この米株の動きで、ドル/円(USD/JPY)は、[113.95-05]レベルに下落した。

しかし、それ以上の急落にはならず。(=追随のドル売りにはならず)

ニューヨーク市場の昼前後に、「ショート・スクイズ」が起こって、
ドル/円(USD/JPY)は、114円台ミドルに急反発した。

その後は、上値も重いが、膠着した状態になり、
114円台ミドル程度の持ち合い。

ニューヨーク・クローズは、114円台ミドル。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

日付の変わった本日(11月6日)のシドニー市場で、若干のドル売り気配。

そのため、本日(11月6日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
114円台前半程度---[114.25-30]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

引き続き、東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
114円台ミドル程度で持ち合い、継続中。

東京市場の午後は、若干のドル買い気配に推移しているが、
たいした値動きでもない。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

引き続き、
「サブプライム・ローン問題」に伴う、金融不安の状態に変化はない。

ドル/円を買う気分に全くならない。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

(というか、あまり、ドル/円をやりたくない。=歪みがあるから)

(ドル/円を買うのは、絶対に嫌だ。)

(どうしても、ドル/円を何かせよ、と言うならば、ドル/円を売る。)

(高所恐怖症ではあるが、ストップ・ロス・オーダーをちゃんと入れて、
「ユーロ/ドル」の買いをする位しか、思い付かない。)

(それは、このところ、コメントとしたことに、変化が無い、ということ)

(ただし、ユーロ/ドルの上昇力にも、一服感がある。)

(ユーロ/ドルも、調整があっても、不思議ではない。)

(しかし、ユーロ/ドルの調整を狙っての「ユーロ売りドル買い」は不可。)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞☆★☆  9月21日発売 ☆★☆∞∞∞
【外貨崩落 生き残る人は知っているもう1つのシナリオ】
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

| | コメント (0)

2007年11月 5日 (月)

ひとりごと

ひとりごと

本日、週明け月曜日の外国為替市場、
ドル円の値動きも、今のところ、
たいしたことない。

何だか、つまらない値動きを、
繰り返しているだけだ。

ただし、今日の米株の動きに、着目した方が良い!

何事も無く、小動きならば、良い。
(そうであることを、望みます。)

米金融株が、さらに、大きく下落し、
株価全体を、押し下げる場合は、
ドル円の、もう一段の下値を、意識するべきだ。

このコメントは、米株価の下落を、望んでいる訳ではない!

勘違い無きよう、お願いする次第だ!

米金融不安の問題を、軽視しない方が、賢明と、考える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【セミナー】1勝9敗でも勝つ外貨投資戦略【セミナー】
http://www.seminar-biz.com/details/id_4779_1234/
■講師:松田哲 ■平成19年11月17日(土) ■13:30~15:00(90分)
■参加費:10,000円 ■会場:田町ビジネスセンター(JR田町駅徒歩2分)
アクセスマップ ⇒ http://www.tkptamachi-bc.net/access.shtml
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年11月04日号Part3
【マーケット・コメント】
---ドル/円(USD/JPY)---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

10月31日(水)は、日銀の政策決定会合。

それは、事前の予想通りに、円金利の据え置きが発表。

円金利の据え置きは、マーケットの事前予想通り、
すなわち「織り込み済み」で、特段のコメントも無し。

円金利は、今後、必ず、引き上げられますが、
目先は、米国の金融市場の混乱、
すなわち「サブプライム・ローン問題」に端を発した
世界の金融市場の不安定に配慮して、
円金利を、当面、動かせない状況(動かさない状況)になっています。

10月31日(水)のFOMCでは、ドル金利の[0.25%]の引き下げ。
これも、マーケットの事前予想通り、すなわち「織り込み済み」。

FOMCの前に、ドル/スイスが、1.16を割り込み、「ドル売りスイス買い」方向。
ポンド/ドルは、上昇して2.07台。(=「ポンド買いドル売り」)
ユーロドルも1.44台ミドルに上昇。(=「ユーロ買いドル売り」)

ドル/スイス、ポンド/ドル、ユーロ/ドルで、
全て『ドル売り』になっているのに、
ドル/円だけが、さほど、『ドル売り』になっていない。
(むしろ、「ドル買い円売り」に推移しています。)

これは、クロス円が、上昇しているからだ、と、説明もできますが、
これは、『円キャリー・トレード』の影響だ、と、説明した方が、
素直で、わかりやすい。

ドル金利の引き下げは、このステージでは、基本的には、『ドル売り材料』。

だから、FOMCの前でも、FOMCの後でも、ドル円だけが、
変な値動き(奇妙な値動き)に、なっています。

この時点で、ドル/円が、いつ、大きく急落しても、おかしくない、
否、ドル/円が、下落する方が、自然な状況になっています。

FOMC発表後も、この、おかしな値動きは、続いています。
(その傾向は、若干ですが加速しています。)

11月2日(金)に、米国雇用統計を控えて、
11月1日(木)のマーケットが大きな値動きになるとは考えませんが、
ドル/円だけが、不自然な値動きになっていることに留意するべき、
と記述しました。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

その後、11月1日(木)のニューヨーク市場で、
ドル/円(USD/JPY)は、[115.85-95]レベルの高値を付けるが、
米株の下落から調整が起こり、
ドル/円(USD/JPY)は、114円台ミドルに急落した。

むしろ、全体的に見れば、
このドル/円(USD/JPY)の急落でバランスが取れた、と感じる。

ドル円は、落ちるべくして落ちた、と感じる。
ドル円だけが、変な動き(奇妙な動き)をしていたが、
いつまでも、こういった変な動き(奇妙な動き)は、続かないのが普通。

11月1日(木)のニューヨーク市場午後のドル/円(USD/JPY)は、
114円台後半での持ち合い。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

11月1日(木)のニューヨーク・クローズから、
11月2日(金)のシドニー市場で、再び、ドル売り気配強まり、
ドル/円(USD/JPY)は、114円台ミドルへ若干の下落。

この流れで、先週末(11月2日)金曜日の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
114円台ミドル---[114.45-50]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

11月2日(金)は、夜に米国失業率(雇用統計)の発表。

所詮、それ(米国失業率:雇用統計)は、
『月一のイベント』だから、そこに集中するしかない。

もちろん、11月2日の東京時間も
マーケット(外為市場)はやっているが、正直、興味も無い・・・。

米国失業率(雇用統計)待ちの状態。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

先週末(11月2日)金曜日の
東京市場、ロンドン市場のドル/円(USD/JPY)は、
概して、114円台後半での上下動持ち合い。
レンジとしては、[114.40-90]程度。

それなりに、上下動した値幅はあるが、
米国失業率(雇用統計)に向けての「ポジション調整」の域を出ない。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ニューヨーク市場で発表された「米国失業率(雇用統計)」は、以下の通り。

失業率(10月)
予想:[4.7%]
結果:[4.7%]
前回:[4.7%]

非農業部門就業者数(NFP)(10月)
予想:[+85,000人]
結果:[+166,000人]
前回:[+96,000人]([+110,000人]より下方修正)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

「米国失業率(雇用統計)」発表直前のドル/円(USD/JPY)は、
[114.70-80]レベルだったが、
この発表を受けて、[115.30-40]レベルに上昇した。

NFPの数字は、強烈に良い数字で、
マーケットは、素直に『ドル買い』に反応した。

しかし、潜在的な『ドル売り』が根強く、
『待ち構えていたドル売り』が、上値を抑えた。

最終的には、この「米国失業率(雇用統計)」の強い数字でも、
『ドル買い』にはならず。

「米国失業率(雇用統計)」の影響の薄れる1時間、2時間後には、
ドル/円(USD/JPY)は、114円台ミドルに急落した。

しかし、ニューヨーク市場の午後は、いつもの週末金曜日。
参加者薄く、やる気のない(ダルな)マーケット・センチメントで、
114円台前半を攻める気がなかった。(やる気が感じられない雰囲気)

114円台後半程度で、ニューヨーク・クローズを迎えた。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞☆★☆  9月21日発売 ☆★☆∞∞∞
【外貨崩落 生き残る人は知っているもう1つのシナリオ】
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

| | コメント (0)

【読者の方からのメール紹介】---続き:『落合監督、日本一!』、もうひとつだけ紹介---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【セミナー】1勝9敗でも勝つ外貨投資戦略【セミナー】
http://www.seminar-biz.com/details/id_4779_1234/
■講師:松田哲 ■平成19年11月17日(土) ■13:30~15:00(90分)
■参加費:10,000円 ■会場:田町ビジネスセンター(JR田町駅徒歩2分)
アクセスマップ ⇒ http://www.tkptamachi-bc.net/access.shtml
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年11月04日号Part2
【読者の方からのメール紹介】
---続き:『落合監督、日本一!』、もうひとつだけ紹介---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  ******
宛先  satoshi.matsuda2007@gmail.com   
日付  2007/11/02 14:01   
件名  初めてメールさせていただきます。   

m(__)mいつも、楽しくメルマガ拝見させていただいています。
ハンドルネーム?はらぺこ。と申します。

落合監督の采配なのですが、
私の意見を賛否あるとおもいますが、小生意気ながら
意見を書かせていただきます。

9回にピッチャーを変えたのは、8回までパーフェクトで
抑えても、マメがつぶれたから。との記事をみました。

落合監督の損切りライン(失礼な表現かもしれませんが。)
に、残念ながら?ヒットしてしまったことによる、
落合監督自身での最善の策だったのかもしれません。

そこには、落合監督でないと、わかりませんが、
勝ち。にこだわったのか。
選手を大切にしたい。あらわれなのか。

昨日のプロ野球ニュースで、
「マメができた。ということを聞いてからの、
(交代の)決断は早かったです。」
といったような、落合監督の発言を聞きました(多分。笑)

以前、日本シリーズで、優勝前にかかわらず、
お立ち台で落合監督は多くのお客さんに感謝し
涙を流した(うるませた?)ときがあります。
しかし・・。そのシリーズの結果は、日本一にはなれませんでした。

また、星野元阪神監督。さんも、テレビで、
「ピッチャー出身でないから、交代させた。
でも、結果が出ないと評価されない。」
とのコメントを言ってました。(多分。)

落合監督のオレ流は、以前の経験を踏まえ、
進化をつづけ、勝ちへのこだわりを貫いた
勝負へのこだわりを見せた采配であったと思います。

もし、今回の交代の選択が選手自身がどう、とらえるか
・変わりはいくらでもいる。
・勝負は厳しいもの
といった、プラスで?とらえるか。
・どうせ頑張っても、個人成績より、勝利だよなー・・。
・所詮オレは、チームのコマだな。。

っと!いった、自己主張の強い意識が来シーズンうまれるなら、
中日は、ボロボロと思います。
また、選手流出やFA行使した選手も落合中日に来たがらないと思います。

でも!落合監督と選手の師弟関係が強固なものであれば、
帝王学?マキアヴェリ理論??は、孫子理論?といった、
ものが融合??された、現代版のビジネス、相場においての
教科書にもなりそうなきがするのは、私だけなのかもしれません。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

個人的な感想を、加えておきます。
私は、中日選手の落合監督に対する信頼・信任・信認は、
いっそう深まった、と考えています。

しかし、落合氏の『勝負師』としての行動は、
監督になる前の、現役選手の時代から、
『相場における教科書そのものだ』
と、とらえています。

今回の、日本シリーズの前に、ゴルフの片山氏のことを話題にしました。

その際に、プロ野球界の『勝負師』は、
落合中日監督と、野村楽天監督である旨、記述しました。

今回、落合中日監督の采配に、私が、これだけ反応したのは、
『その伏線』が、あったからです。

『勝負師、落合監督が、日ハムに、どう戦うのか??』

そして、日本シリーズの最後に、
『やっぱり、その伏線にからむことが起こったか・・・』
と、感じたので、私の反応が激しかったのです。

落合氏と野村氏が、稀代の勝負師であることは、間違いない、と感じています。

(10月24日の一部を引用しておきます)

4.    物語 (21) - 2007/10/24 10:17

思い付いた時に、書いておきます。

勝負は、「時の運」と、よく聞きます。
私は、今回の片山プロの勝ち方は、「運」があったのだろう、と、思います。
「勝てば、官軍」ですから、また、プレーをするのは片山プロで、
勝った時の栄誉も、負けた時の非難も、
(誰も、そんな非難は、しないでしょうが)
片山プロが、ひとりで負うものです。

しかし、「運」ではなく、
「人事を尽くして、天命を待つ」というスタイルで、「勝つべくして、勝つ」

そういった強さ、が無い、と、感じます。

その辺りが、釈然と、しない、「何とも言えない感覚」を残すのだろう、
と、思います。

日本人が、ゴルフの海外メジャーで、まだ、勝てないのは、
その辺りに原因が、あるのかな??
と、思います。

「勝つべくして、勝つ」のは、
それは、それで、面白くないケースが、あるのは、
落合中日監督の例の通りです。

ただ、見ているだけの、私は、単なる「わがまま」を言っているだけ。
「無い物ねだり」。

観客は、勝手なものです。
(^O^)/

落合監督は、それを、言わないでしょうが、
批判や非難に対して、
「まず、勝ってから、そう言えば」
と、思っているでしょう。
落合監督、日本シリーズ出場、
おめでとうございます!
勝負師、落合監督が、日ハムに、どう戦うのか??
興味津々です。

勝つために、何を、どうするのか?!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞☆★☆  9月21日発売 ☆★☆∞∞∞
【外貨崩落 生き残る人は知っているもう1つのシナリオ】
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

| | コメント (0)

【読者の方からのメール紹介】---続き:『落合監督、日本一、おめでとうございます!』---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【セミナー】1勝9敗でも勝つ外貨投資戦略【セミナー】
http://www.seminar-biz.com/details/id_4779_1234/
■講師:松田哲 ■平成19年11月17日(土) ■13:30~15:00(90分)
■参加費:10,000円 ■会場:田町ビジネスセンター(JR田町駅徒歩2分)
アクセスマップ ⇒ http://www.tkptamachi-bc.net/access.shtml
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年11月04日号
【読者の方からのメール紹介】
---続き:『落合監督、日本一、おめでとうございます!』---

落合監督、日本一、おめでとうございます!

中日の選手の皆さん、お疲れ様でした!!
努力が報われましたね!心よりお喜び申し上げます!

中村選手、MVP獲得おめでとうございます!!
今年の、中村選手の方が、
オリンピックに出ていた頃より、ずっとずっと素敵です(と、私は思います)。

中日ファンの皆様、おめでとうございます!!

なんだかんだ、言ったって、
中日が、今年のプロ野球で、日本一になった事実はかわりません。

勝負に勝つことは、難しいことです。

勝った「中日ドラゴンズ」に、心より、敬意を表します!

(私の、敬意など、「屁のつっぱりにも、ならないでしょうが・・・」)

(^0^)/♪

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

このテーマは、これで、打ち切りにしよう、と思いますが、
いただいたメールの続きを、ご紹介します。

おととい、もらっていたのですが、
諸事多忙で、メルマガを配信している間がありませんでした・・・。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  ******
宛先  松田哲 <satoshi.matsuda2007@gmail.com>   
日付  2007/11/02 15:52   
件名  Re: 【日本の野球は、つまんねーや!!!】   

松田さんならブログに掲載しちゃうんだろうな~、なんて思ってたんですが、
まさかここまで高速で反応が出るとは(笑)。

『あのピッチャー』が凄かったのは、誰の目にも明らかです。
松坂を既に超えていると言われている天才ダルビッシュですら、
喰らいつくのがやっとのピッチング、
完全試合は可能だったと誰もが思っている筈です。
優勝する度に泣く監督が、選手を愛して無い筈ないじゃないですか。
だから、もーいいじゃないですか、スポーツライターの玉木正之さん(笑)。
記憶に残ることこそが、伝説を残すことこそが、
その上で少し悲運であることが、漢の生き様だと思いますよ。

優勝インタビューでの落合監督より
「感無量です。完璧なピッチングだった。
彼だけではなく選手全員に同じ様な言葉をかけたい。
(6戦目、最後のホームゲームなので)ここで決めたかった。
(中日史上初の)連覇をしたい」

個人的には、選手は更に落合監督を信頼する様になったと思います。
原監督や堀内監督の様に、一時的な今現在の調子の良さを優先して
今迄積み重ねた努力や実績を無視する様なこと(プロに対する侮辱)はしない、
でも一方で、力を出せるのであればなるべく多くのチャンスをあげる
(最後のホームゲームに川上では無く『あのピッチャー』を使う)。
恐らく、自分が選手として遅咲きだったからでしょう、
彼は努力が如何にすれば報われるか、どうなれば報われたと感じるか、
が解っていると思います。

4年で3度のシリーズ出場、脱帽です(笑)。
来シーズン以降の『あのピッチャー』に期待!!

「反骨的でありながら、反対意見に寛容」な人材が
早稲田から減っていることに嘆く早大院生より

P.S.;掲載、有難うございます!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞☆★☆  9月21日発売 ☆★☆∞∞∞
【外貨崩落 生き残る人は知っているもう1つのシナリオ】
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

| | コメント (0)

【読者の方からのメール紹介】---続き:『落合監督、日本一、おめでとうございます!』---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【セミナー】1勝9敗でも勝つ外貨投資戦略【セミナー】
http://www.seminar-biz.com/details/id_4779_1234/
■講師:松田哲 ■平成19年11月17日(土) ■13:30~15:00(90分)
■参加費:10,000円 ■会場:田町ビジネスセンター(JR田町駅徒歩2分)
アクセスマップ ⇒ http://www.tkptamachi-bc.net/access.shtml
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年11月04日号
【読者の方からのメール紹介】
---続き:『落合監督、日本一、おめでとうございます!』---

落合監督、日本一、おめでとうございます!

中日の選手の皆さん、お疲れ様でした!!
努力が報われましたね!心よりお喜び申し上げます!

中村選手、MVP獲得おめでとうございます!!
今年の、中村選手の方が、
オリンピックに出ていた頃より、ずっとずっと素敵です(と、私は思います)。

中日ファンの皆様、おめでとうございます!!

なんだかんだ、言ったって、
中日が、今年のプロ野球で、日本一になった事実はかわりません。

勝負に勝つことは、難しいことです。

勝った「中日ドラゴンズ」に、心より、敬意を表します!

(私の、敬意など、「屁のつっぱりにも、ならないでしょうが・・・」)

(^0^)/♪

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

このテーマは、これで、打ち切りにしよう、と思いますが、
いただいたメールの続きを、ご紹介します。

おととい、もらっていたのですが、
諸事多忙で、メルマガを配信している間がありませんでした・・・。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  ******
宛先  松田哲 <satoshi.matsuda2007@gmail.com>   
日付  2007/11/02 15:52   
件名  Re: 【日本の野球は、つまんねーや!!!】   

松田さんならブログに掲載しちゃうんだろうな~、なんて思ってたんですが、
まさかここまで高速で反応が出るとは(笑)。

『あのピッチャー』が凄かったのは、誰の目にも明らかです。
松坂を既に超えていると言われている天才ダルビッシュですら、
喰らいつくのがやっとのピッチング、
完全試合は可能だったと誰もが思っている筈です。
優勝する度に泣く監督が、選手を愛して無い筈ないじゃないですか。
だから、もーいいじゃないですか、スポーツライターの玉木正之さん(笑)。
記憶に残ることこそが、伝説を残すことこそが、
その上で少し悲運であることが、漢の生き様だと思いますよ。

優勝インタビューでの落合監督より
「感無量です。完璧なピッチングだった。
彼だけではなく選手全員に同じ様な言葉をかけたい。
(6戦目、最後のホームゲームなので)ここで決めたかった。
(中日史上初の)連覇をしたい」

個人的には、選手は更に落合監督を信頼する様になったと思います。
原監督や堀内監督の様に、一時的な今現在の調子の良さを優先して
今迄積み重ねた努力や実績を無視する様なこと(プロに対する侮辱)はしない、
でも一方で、力を出せるのであればなるべく多くのチャンスをあげる
(最後のホームゲームに川上では無く『あのピッチャー』を使う)。
恐らく、自分が選手として遅咲きだったからでしょう、
彼は努力が如何にすれば報われるか、どうなれば報われたと感じるか、
が解っていると思います。

4年で3度のシリーズ出場、脱帽です(笑)。
来シーズン以降の『あのピッチャー』に期待!!

「反骨的でありながら、反対意見に寛容」な人材が
早稲田から減っていることに嘆く早大院生より

P.S.;掲載、有難うございます!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞☆★☆  9月21日発売 ☆★☆∞∞∞
【外貨崩落 生き残る人は知っているもう1つのシナリオ】
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

| | コメント (0)

« 2007年10月28日 - 2007年11月3日 | トップページ | 2007年11月11日 - 2007年11月17日 »