« 2007年8月5日 - 2007年8月11日 | トップページ | 2007年8月19日 - 2007年8月25日 »

2007年8月18日 (土)

ひとりごと

自分でクリックして、売るときは、
『プライスが、いくらでも、必ず、売る』
と、決めれば良い。

(売るでも、買うでも、同じく、
そうすれば、良い、と、私は考えるが・・・。)

よく、何度も、プライスを聞く人(ディーラー)が、いる。
絶対ではないが、何度もプライスを聞く人は、
勝てない(と、私は判断する)。

何故、何度もプライスを聞くの?
1ポイントか、2ポイントしか、違わないよ!
せいぜい3ポイントいいところで、
売っても買っても、
同じじゃない!?

2、3ポイントをためらって、
売る、買う、のチャンスを失う方が、
私は、嫌だし、怖い!

プライスが、無くなる可能性も有るんだよ!

つい、昨日、おとといに、
それに近いマーケットを見たばかりではないですか?

マーケットは、動く時は、1秒、2秒で、1円、2円動きます。
昨日のスピードも、まあまあ速いけれども、
驚愕する程ではない。

たぶん、近い内に、
もっと速い、驚愕する程スピードのある相場が、
来るヨ!!
(半年以内程度かな、と、思量している。)

それは、いつもではないが、
それが、いつくるか、わからないのだから、
いつもそうだ、と、考えれば、良い。
愚直に対応するとは、そういうこと。

もちろん20も、30ポイントも違えば、
それをヒットすることも無いが。

ランニング・プライスをたたく(ヒットする)とは、
そういうこと。

相場の達人は、みな、一様に、
『指し値をしては、いけない』
と、言うでしょ?

ギャンも、そう言っている。
残念なことに、翻訳する人が、
何を言っているか、
十分に理解していないから、
訳文の意味が、(日本語が、)おかしくなる。

『指し値をする可からず!』
とは、そういうこと。

ただし、ストップ・ロス・オーダーは、他者に預けよ!

ストップ・ロス・オーダーは、指し値ではない。
日本語でも『指し値』ではなく『逆指し値』だ!!

『常に、ストップ・ロス・オーダーは、入れておけ』『指し値は、するな!!』

| | コメント (0)

ひとりごと---忙しい・・・!!---

ひとりごと


米国が、公定歩合を下げたり、
RBAが、介入したり、
通貨市場(外国為替市場)も忙しい!!
株式市場も、各国、暴落。
相互に関係しているから、
片方だけ、見ても、
説明不能。

テレビや新聞の解説も、
いい加減で、随所、間違っていたり。
解説者が、分かっていないから、
何を言っているのか、
伝わる訳が、無い!

あれでは、普通の人(一般の視聴者、読者)には、
理解できるハズが、無い!

違うヨ!!
と、テレビや新聞に向かって、叫んでも、届かない!
説明したいけれども、
マーケットの基礎知識から、
説かないと、伝わりそーも無い・・・。

そーなると、誰も、聞かないんだよなー。
めんどくさいから・・・。

こーゆーときに限って、
オレも、忙しくって、
相手している時間が、無い・・・。

騙されちゃ、ダメだよー!!

と、だけ、伝えておきまーす!!

| | コメント (0)

2007年8月17日 (金)

ひとりごと

ひとりごと

米国の公定歩合が、下がっても、
何にも、変わらないヨ!!
ドルの公定歩合は、
今は、意味が、無い。
有名無実化しているから、何にも、影響が、無い。

FED(FRB)が、本気だ!!
と、姿勢を示しただけ。

だけど、FEDが、本気だ、となると、
いうこと
キーチャオーカナ?
と、思う!

日銀と、違って、フェアだからネー。

でも、FEDが、本気だと、
かえって、コワイ・・・。

サブプライム・ローンで、
いったい幾ら損失が出たのだろう?

| | コメント (0)

【読者の方からのメール】---お返事を兼ねて。 あと、雑感---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
実践!FX投資戦略セミナー ~ローリスクで堅実リターンの必勝テクニック~
主 催 パンローリング株式会社  共 催 上田ハーローFX 
開催日時 2007年8月26日(日)13:30~17:00 (受付開始 13:00)
FXスワップ金利運用術(講師:はやぶさ)
FXトレード売買テクニック(講師:松田 哲)
会 場 新宿NSビル 30階 スカイカンファレンス  東京都新宿区西新宿2-4-1
受講料:無料 http://www.panrolling.com/seminar/070826.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年08月17日
【読者の方からのメール】
---お返事を兼ねて。 あと、雑感---

このところ、たくさんのメールをいただいております。
ただ、何かと、他にやらなければいけないことに追われて、
お返事ができません。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ところで、今回の値動きには、正直、参りました。

この値動きを、ちゃんと、事前に、予知・予見していましたが、
もう少し、後で、つまり、早くても、この9月、10月に、(今年の秋に、)
遅ければ、今年の暮れから、来年の年初(2008年1月、2月ころ)に、
起こるだろう、と考えていました。

だから、それが、前倒しに起こっただけで、
今回の7月下旬以降の値動きは、
正直に言えば、私にとっては、『想定の範囲内』です。

別に、そんなことは、全く、『威張るつもりもないし、』
『たいしたことではない、』『どーでもいーこと』なのですが・・・。

しかしながら、想定していたよりも、ずっと早く起こってしまうのですから、
全く、相場は、わからないものです。難しいものです。

ちょっと、タイミングの思惑が外れて、(今回の値動きが前倒しに起きて、)
がっかりしているところもあります・・・。
私にも、都合がありますから・・・。

そして、昨日(8月中旬)に、ドル円が[115.00]を割り込んだのは、
意外感があります。114円台程度なら、想定内なのですが・・・。

しかし、『相場の大きさ』は、所詮、『わからないもの』です。
もともと、相場の振幅は、その時々の市場参加者の行動で、
加速したり、しなかったりするものですから、
事前には、誰にも、わからないのです。

わかるのは、『方向性』だけです。

ですから、『相場の大きさ』は、『ドタ勘』です。
まあ、誰が、何を言おうと、
所詮、『相場の大きさ』は、その程度の『いい加減なもの』です。

だから、チャート分析で、過去の最高値とか、最安値を調べます。
あるいは、直近の高値・安値をチェックするのです。

偉そうな事を言っている人に、今度、是非、『その根拠』を訊いてみて下さい。

『返事をしないか?』(出来ないか?⇒そーだったら、何もかもウソですヨ)

『返事をしたくないか?』(本当のことを話すと、権威が無くなるから)

あるいは、私のように、正直に、『第六勘です』と答えるか?

でも、『第六勘』を馬鹿にしてはいけません。
ユーロ円が、160円を割り込めば、155円まで行くのは見えます。
ところが、150円まで行くのは、見えません・・・。

真摯に相場に臨むと、見えるものは、おのずと見えてきます。
(オカルトじゃないですよ)

『勘』とは、
さまざまな事象を見ると、いきなり『結果』にワープする状態を言います。

経験が導く『勘』は、確実に存在します。
しかし、それを、表現するのが、難しいだけです。(出来ないだけです。)

だから、そういったノウハウを伝えるのが難しいのです。

科学がもっと進歩すると、説明や、証明が出来るようになるのでしょう。
それは、たぶん、『脳の科学』でしょうから、
茂木健一郎さんに期待しています。
(^0^)/♪

現在の人間の知識や科学力は、そんな程度のものです。

人間の集まりである、マーケットの値動きを、解明できないのですから、
人間の知っていることなど、ちっぽけなものですヨ。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ところで、いただいたメールには、必ず、目を通しております。
「返事がない!」とお叱りをいただきそうですが、斟酌をいただきますよう、
お願い申し上げます。
ここに、ご紹介できなかった皆様のメールも、ちゃんと見ています!!
(^0^)/♪

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  ******
宛先  satoshi.matsuda2007@gmail.com   
日付  2007/08/10
件名  ***です。本買いましたヨ   

松田さん

またまた、ご無沙汰しています。

なかなか本売れてるみたいですね。おめでとうございます。
****の片田舎にもついに置かれるようになったみたいですから
ご祝儀で買ってきました(笑)

なんか中身をみると
以前お互いに話したような内容があるような気がするのが不思議な感じです。

こういった感じの本はなかなかないでしょうから、
メンタル的に「そうか!」と思ってすんなり読む方が多いのでしょうね。

相場への指南としてこういった本も必要ですよね。
相場のテクニックに書いていない(読者は当然知っている)で、
自分へのテクニックについて書かれているのは
本当になかなかないでしょうから。

追伸

夏休みは来週一週間です。さて、何をしましょうかねー

それでは、また。

******

⇒メールありがとう!
 (^0^)/♪

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  ******
宛先  松田哲 <satoshi.matsuda2007@gmail.com>   
日付  2007/08/13
件名  質問があります   

松田哲様

****です。
いつもメルマガ、大いに参考にさせていただいております。
というより、松田さんの御教示がなければ、私は相場はやれません。
ということは、自分には向いていない、ということですね。

いや、もしかするとできるのかもしれません。
(多少、負けず嫌いではあります。)
ただ、そのためには他の仕事を放り出して、
相場に集中しなければならないと悟りました。
片手間にできるようなことではありませんね!
そのことがよくわかりました。
(それに、頑張ると血圧が上がってしまうという問題も・・・)

再び、ただし、片手間でもある程度できるようなやり方は
あるのかもしれない、とも考えています。現在、その方向で模索中です。

○ 絶対値の勝負を考え、相場の両端を見極めてからポジションを取り、
利益目標を決め、早めに撤退する・・・くらいかなあ、と思っております。
この点につき、なにか、御教示いただければ幸いです。

ーーーーーーーーーーーー

それと、もう一つ、これは技術的な点なのですが、
ドル/円のチャートポイントについて、質問です。

119.50の重要性について、メルマガで何度も伺いました。
これが、あっさり下に抜けたとき、下方向への早期の動きを確信しました。
Fly to the quality とあわせ、現在もこの確信は揺るぎません・・・
まあ、自分の判断ではないのですが。
しかし、落ちた後、一度だけ上抜けして戻したことがありました。
私はここで、しくじってしまいました。
まず、119.50の少し上に置いていた損切りが発動しました。
このあと、「この動きは一時的なものだから」と、
その近くで売り直したのです。

ところが、「119.50の重要ポイントを抜けたのだから、
一時的とは言え、もっと上があるのではないか」との疑心暗鬼を生じ、
処分してしまいました。そのうえ、ポジションを反転しました。
結果は、言うまでもなく、二重の損です。
二度目の損切りを浅くしておいたので、深手にはなりませんでしたが、
茫然としている間にドルは下がってしまい、損失は取り戻せませんでした。

そこで、質問です。

1 一時的に上抜けた119.50にもはや意味はなく、
単に戻しの綾がちょっと大きかっただけ
(夏休み相場の中での仕掛け人のせいで)なのか?

2 119.50を抜けたからには、やはり重要な指標であったが、
今回はたまたますぐに戻ってきた例外的な場合なのか?

3 あるいは、もっと別のことを考えなければいけないのか?
以上、御教示いただければ、幸いです。

追伸
ドル/スイスを睨みながらのユーロ/ドル買い、
さすがプロの手法で、しびれました。
お蔭様で少し儲かりました。
(が、現在は、戻しを甘く見てしまい、苦戦中です。)

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  ******
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

⇒119.50を担いだのは、米系ヘッジファンドで、彼は(彼女は?)、
 『売りたかったのだろう』と、思料しています。

⇒いつの時代にも、マニピュレーター(manipulator:操縦者)は、
 存在します。
 巨大機関投資家、巨大投機家(米系ファンドなど)がそれです。

⇒大きなポジションを持ちたいものだ、と、あこがれる人は多いですが、
 売るためには、買わないと売れないほどのポジションを抱えて、
 「含み損」になると、地獄ですよ。

⇒8月中旬の、ドル円の115.00を売り崩したのも、彼ら(彼女ら?)です。
⇒8月中旬の、ユーロ円の155.00を売り崩したのも、彼ら(彼女ら?)です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  ******
宛先  satoshi.matsuda2007@gmail.com   
日付  2007/08/16
件名  はじめまして! ^^ ♪   

松田先生

はじめまして。******と申します。
いつも為になるメルマガをありがとうございます。

本日付の【『相場の読みを外しても勝つ(勝てる)』】
---誰も思い付かない様なこと・・・
を読ませて頂いて、
自分に足りないものが書かれていてとても(良い意味で)衝撃を受けました。

自分はFX暦1年程度の初心者ですが、
つい先日、負けが込んで相場から一時撤退することになってしまいました。

原因は負けばかりではなく自分の将来のことに関するファイナンスプランが
主だったものです(資金をあることにまわす必要ができました)ので、
しばらくはデモトレードで腕を磨こうと思っていますし、
きちんとまとまったお金が貯まったら、また相場を張るつもりではあります。

当然ですが、負けたのがあまりにも悔しかったので、
しばらく色々考え込んでいました。

それなりに相場を読めるようになったのに勝てないのはなぜか?
メンタル面が大事なのは分かるけど、果たしてそれだけでいいのか?
技術(トレーディングテクニック)という裏づけがあって
初めてメンタルも保てるし、相場観も活かせるのでは?

そんなことを考えつつ、釈然としない日々が続いていました。

色々と本を探してみても、
(私が知る限り)トレーディングテクニックについて詳述されている本は
見つかりませんでした。

ここがブレイクアウトポイントだとか、
トレンドフォローのチャートパターンはこうだ、とか、そんなんじゃなく、
もっと『現場』で活かせるようなトレーディングテクニックの本は無いものか
と思っていた矢先に、
【『相場の読みを外しても勝つ(勝てる)』】
---誰も思い付かない様なこと・・・のメルマガは、
まさに『これだ!!』と叫びたくなるような内容でした。

>例えば、ドル/円が、「120円~124円」で
数ヶ月(2、3ヶ月から5、6ヶ月程度)「持ち合い相場」が続き、
今、[120.00]を割り込んだとしよう。
から始まって、選択肢が4択ありましたよね?
そして、その中から選んだ答えに関して、アドバイスをされていらっしゃる。
具体的にレートが提示され、それまでの流れなども非常に分かりやすいです。
これをドリル形式にして、
『トレーディングテクニック練習帖』みたいなものは
作って頂けないものでしょうか?

なぜこう思いついたかというと、FXをはじめたころ、
矢口新さんが出されている『相場力アップドリル』なるものをやって、
かなり覚えやすかったからです。
読んで、考えて、書いて、答えを読んで、自分の考えを修正する、
この一連の作業の中で自然と多くのものが身につくと思います。
とても有用なものでしたが、大枠な感じがあって、
実際のトレードにはそれほど活かせなかった
(これは自分のせい。本の器にかなわなかっただけです。)のが残念でした。

ですが、今日の松田先生のメルマガを読んで、
この内容を何パターンか考えて頂いて四肢択一などにして、
それぞれに解説を付けて頂ければ、これまで見たことも無いような
トレーディングテクニック養成本になるのでは?
と、思いついたのです。

たぶん、作るとなると容易じゃないでしょうが、
わたし的には是非とも欲しい代物です。

実際出して頂ければ、3冊購入しようと思います。
・1冊目は、買ってすぐにやります。
・2冊目は、調子が落ちるか自惚れ始めたらやります。
・3冊目は、安定して勝てるようになったらやります。

是非とも前向きにご検討いただけると幸いです。

よろしくお願いしますm(_ _)m

⇒うーん・・・。(なんとも言えない・・・)
 (^0^)/♪

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  ******
宛先  satoshi.matsuda2007@gmail.com   
日付  2007/08/16
件名  初めまして。   

お世話になります。

3月からFX始めた初心者です。
ここのところの爆下げで、
右往左往しておりましたところ先生のブログに出会いました。

ユーロが160切ったらマジ危ない!!の内容でした。

損きりを迷っておりましたが、
その時のブログで決心して損切りしまくりました。

今損をしても、
また底値で買って儲ければいいのだからーというお言葉に後押しされました。
円はまだ117円台でしたー今では遠い遠い117、多分助かったと思います。

レバは2から3でしたが、含み損が増大する恐怖から開放され、
精神的に楽になりました。

また、底値探しして、今後もまた訪れるであろうこの様な事態に
どっしり構えられる体力をつけたいです。
速攻、メルマガ登録し、毎日拝見しております。

WARNING、有難うございました。
それから、今日の独り言ですがー初心者に加え頭が悪くて、
意味を充分捉えられないので、教えて頂きたいです。
ドル円は114となり、新しいシナリオが描かれつつありますが、
その際、ユーロドルの↑↑
がみられるーということは、ユーロドルが買いってことでしょうか??
対応を誤まるっていうのは、買いを逃すことでしょうか??

以上宜しくお願い申し上げます。

******

⇒「おおむね、正しい」です。

⇒今は、まだ、相場が荒れていますが、
 ユーロドルの上昇トレンドは、変わっていない、と考えています。

⇒ただ、「円キャリー・トレードのアンワインド(解消)」が、
 ユーロドルの上値を抑えますから、簡単な相場ではありませんヨ。

⇒相場が落ち着けば、「ユーロ買いドル売り」がワークするだろう、
 と考えています。(与件の変化が無い事が前提ですよ!)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  ******
宛先  satoshi.matsuda2007@gmail.com   
日付  2007/08/17
件名  暑いですね・・・   

職業上、体が資本なので
こんな時間にメールを打っていいる場合ではないのですが、
暑さとFX会社からのメール速報にたたき起こされてしまい、
このメールを作っています。

FX会社のメールの内容は
『ドル・円 クロス円 投売り、 ドル/円 110円割れの可能性も・・』
といった内容で、
「そういえば、寝る前に見た松田先生のメールに、
115円を割り込むと新しいシナリオの可能性が・・・とあったけど、
なんていってるのかな」
などと、寝ぼけた頭で思い、ひとりごとのページを開けると・・・・

『ご宣託』うんぬんのコメント・・・
きゃぁーーーー見透かされてるぅーーーーーーー
正直、眠さが吹っ飛び、ひとりでくすくす笑ってしまいました
 ^_^; えへへ

そうです、
まさに先生の『ご宣託』をあてにしていた自分がいたのでした・・・
ごめんなさい m(_ _)m

自己責任ではじめたFXなのに、どこで「ずる」をして、
簡単に儲けようとしてました。 反省・・・・・・

はじめた時期がよかったのか悪かったのか、為替相場のすごさを知りました。
(だって、はじめたとき105円だったAUDが今89円台ですからね)

為替は決して簡単に儲かるものでもないし、
「必勝法」は存在せず、矛盾しているようですが、
「常勝」する為には『負けるが勝』で潔く撤退する意志が必要で、
撤退したらあせらず、
次の機会が来るのをゆっくり待つくらいの気持ちでいなくては、
結局、自分の欲に振り回されて自分の首を絞め
「相場がおかしい!」だの「○○のコメントのせいだ」とか、
人のせいにする子供のようにな発言を繰り返してしまうのでしょうね

さて、だらだらとくだらない文章を書いてきましたが、
なんだか、眠気も襲ってきたのでこの辺で失礼させていただきます。
ともかく、夏休みが終わるまでは、
ノーポジションで相場の怖さを外から眺めながら勉強したいと思います。

暑さはまだまだ続きそうなので、お体には十分お気をつけください。
くだらない、メールにおつきあいいただきありがとうございました。

○○○市 ****** 

⇒セミナーでは、お声をかけてください!
 (^0^)/♪

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人 : ******
日 付 : 2007年08月17日
件 名 : おはようございます & お礼   

今朝起きてみてビックリ。
昨晩、もう下がらないだろう、と思って眠りについたのですが。

「1勝9敗」のファイティングポーズを思い出しました。

もし、この本を読んでいなくて、
ファイティングポーズをとっていなかったらと考えると。。。 
ゾーッとします。
(イヤ、そうじゃなくて、夏休み相場なんだから休めよ!
 とつっこまれそうですが)

とりあえず、まだ退場はしていません、傷は負ってますが。

災害のあとの安否確認と一緒にすると不真面目かもしれませんが、
昨夜の相場は、私にとっては災害に等しい動きですので、
生存確認メールを送ります。(笑)

殺されなかったのは、「1勝9敗」のおかげです。
ありがとうございます。
これからは、災害復旧にいそしみます。(^^ゞ

⇒直接お返事しましたので、割愛!
 (^0^)/♪

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

日付: Fri, 17 Aug 2007
差出人: "******"
件名: Re: 【独断と偏見の為替相場】ひとりごと
宛先: "物語"

物語さん、残暑お見舞い申し上げます。

どーでもいいよー、と仰りながら、

先日のポンド独歩高更新の折とはずいぶん違う
どーでもいいよー、ですね。

夏休み始まりの長閑さは、どこにも無く、
嵐の前の空気の匂いの変化を味わう感じです。

こんな時は、個々の取引や指値のことはどうでもいいんです。
どんなことを気にして、どんな気分で、どんな態度をとるか、
ここ数週間、ここで直接的なアドバイス以外にくださった
コメントの中に、いっぱいご示唆たまわりました。

で、私が今なすべきことは、大急ぎでFX口座開設です。

「読者からのメイル」での細かく噛み砕いたご説明も
「ひとりごと」での言い訳無用なストレートさも
「マーケットコメント」での不要な(為替解説のお約束)背景には
まるで触れず、使えるものは、遠くからでも引っ張ってきて
使い方を示してくださるスタイルも、

それぞれに違う作用を伴って物語さんのメッセージが
届きます。同じことを繰り返されてる時にさえ。

休め休めとおっしゃりながら、いつも何かコメントを送り続けて
くださり、お疲れ様、ありがとうございます。

どうぞご自愛ください。

***拝

⇒残暑お見舞い、ありがとうございます!!
 8月も中旬を過ぎると、どことなく秋を感じます。(猛暑ですが・・・)

「秋きぬと、目にはさやかに見えねども、風の音にぞ、おどろかれぬる」
(古今集・藤原敏行)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

日付: Fri, 17 Aug 2007
差出人: "******"
件名: すごい!のひとことです
宛先: "物語"

「物語」さま、

ご無沙汰しております、***です。
一晩明けてレートを確認してぶっ飛びましたね。
なんだか違う世界に変わってしまった感じです。

恐らく、人によっては目の前が焦土と化した戦場にも見えることでしょう。
日本中から悲鳴が聞こえてきそうです。
わたしはいろいろな情報、ブログもみてますが、
物語さまのメルマガが最も頼りになります。

いちばん参考にしているのが、「マーケットに真摯に向かう姿勢」です。
人間ですから謙虚になれ、といわれてもなかなかなれないのですが、
自分のポジションにとらわれず、
思惑を排してマーケットの動きについていく...
この姿勢はFXに限らずどの市場にもあてはまると思っています。

暑いさなかですが、お身体大切に、世のFX投資家に警鐘を
鳴らしつづけてください。

***

⇒ありがとう!!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

日付: Fri, 17 Aug 2007
差出人: "******"
件名: Re: 【独断と偏見の為替相場】ひとりごと
宛先: "物語"

はじめまして。******と申します。

「生き残り」や「1勝9敗」をテキストにして、相場と向き合っています。
とはいっても自信はないので、
なくなってもいい(さびしいけど)お小遣い資金で、
エントリーと損切りのポイントを守ってアクションできるかどうかを、
訓練しています。実際にやってみると極めて難しいのですが、
やがてできるようになると信じて続けています。

夏休み相場とのことで、「投資」目的の株式は購入しましたが\(^o^)/
為替はポジションを持たずに本業に勤しんでおりました。
離れている間に大きな動きとなり、メールをたくさん、
適切な時期に配信していただいたようで、本当にありがたく思います。
稼いだ人も、助かった人も、きっと多いことでしょう。

ちょっと乗り遅れ感は感じますが、あせらずに次の機会を待ちつつ、
負けない(退場しない)戦い方を身につけていきたいと思います。

暑い日が続きますが、お体にお気をつけてご活躍ください。
日頃の御礼を兼ねて、暑中お見舞いを申し上げます。

⇒今年は、残暑きびしーですねー!
 お互い、がんばりましょー!!
 (^0^)/♪

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【こだわり世代のための資産運用|日経WagaMaga|財】
---FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---
   ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/money/
★7月2日(月)から金曜日までに1回分ずつ全5回更新されています
日経WagaMagaトップページ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329
●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291
●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622
(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

ひとりごと

ひとりごと

こーゆー相場は、
一度、意識を持って、経験すると、今後、役に立つ。

意識が無く、眺めていても、経験には、ならない。

意識を持って、大相場を経験すると、
『畏れ』を知る。

人知を超えるものに触れるからだ。

『めくら蛇に怖じず』
という諺は、
こーゆー相場付きに、
無防備に、ポジションを持っている状態を指す。

そして、多くの人は、
『畏れ』を知るのだが、
それに気が付いたときには、
手遅れのことも多い。

その場合は、その経験は、消滅する。
サブプライム問題で、消滅したお金の様に。

そーゆー人は、
自分が、『畏れ』を知らなかったことが、
原因なのに、
なんだかんだ屁理屈を捏ねくり回し、
他者のセイにしたがる。

相場が、悪い、とか、
中央銀行の対応が、悪い、とか、
投機筋が、悪い、とか、
いくらでも、ウンヌン。

でも、そーじゃないでしょ?

確かに、今回の相場は、大相場だけど、
特別な、訳じゃないヨー。
たいしたことないヨォー!!(今のところの相場は、)
これから、たいしたことある相場に、
これから、なるかも知れないから、
予断は、禁物だし、謙虚に臨むけど。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

ひとりごと

こーゆー相場は、
「手負いのトラ(巨大投機筋)」が、
命懸けで、死に物狂いで、
あがきます!!

だから、リバウンドもハンパじゃないヨ。
(半分もう死んでるトラだから、
やけくそで買い上げる!)

ただ、トラは、売りたいから、
死に物狂いで、買い上げているだけ。
元の水準には、届かない!トラも、それを知っている!

むしろ、リバウンドしたら、大量の売りが、
「あぶり出される」。

だから、「揺り戻し」は、乱高下し易い!

それを、わかった上で、戦場に立つこと。

不用意な臨戦は、犬死にのモト。

サーカスの「猛獣使い」のつもりですよ!!
(^O^)/

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

ひとりごと

ひとりごと

今日は、もーいーや、
と、思っています。

が、ドル円、クロス円の下落が、収まらない!

ドル円は、112.00を割り込む、111円台を見た。
ユーロ円は、150.00を割り込み、149円台を見た。

今日の一日で、ドル円は、
「今のところ」約5円の下落。

今日の一日で、ユーロ円は、
「今のところ」約7円の下落。

今日の一日で、ポンド円は、
「今のところ」約10円の下落。

今日の一日で、豪ドル円(AUDJPY)は、
「今のところ」約8円の下落。

今日の一日で、キウイ円(NZDJPY)も、「今のところ」
約8円の下落。

全く、『想定の範囲を、超えたねー!!オミゴト!!』

全く、『想像を超えるよねー。』

スッゲー!!
脱帽!!

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2007年8月16日 (木)

ひとりごと

補足説明

ドル円は、113円台ミドルを見た。
ユーロ円は、152.00を割り込み、151円台を見た。

先程のメルマガで、
ドル円が、115.00を割り込む場合は、
「新しいシナリオ」の可能性を示唆したが、
今のところ、そのパターンではない。
(今のところ、そのパターンに、なっていない。
これから、そうなるかも知れないから、予断を許さず。
真摯に臨まないと、殺される。)
ユーロドルが、力強く上昇していないから、新しいシナリオは、採れない。

この水準から、
ドル円、ユーロ円、
そして、その他、クロス円を、売るのは、嫌だ!

やりたければ、やりたい人が、やれば良い。

常に、正しい答えを要求されても困る。

個人的には、
『もー、いーじゃない!
オレ、興味無いよー!』
『オレ、ちゃんと勝ったから、もー、やりたく無いの!』
『知らねーよぉー』
『オレのポジションじゃないんだから・・・』
『自分で考えたら!』
『ユーロ円の160割れて、155も速かったけど、
155から、152が、もっと、速かったね!』
『想定の範囲を、超えたねー!!オミゴト!!』
『相場は、こーでなくちゃ!!』
『相場は、スゴイなぁ!!』
『想像を超えるよねー。』

冷たいのではない!
判断は、自分でするもので、
人に、聞くものでは、無い。

他者の「ご宣託」に従うだけなら、
アナタは、要らない。
相場をやる必要が、無い。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

特別じゃない!夏休み相場なだけ

『1勝9敗でも勝つ』の
「年間スケジュール」を
読んで下さい。

7月、8月は、何もしなくても良いのですよ。

もちろん、やっても良いのですが、
市場参加者が薄く、不測のことが、起こり易いのを、
理解した上で、
リスクをわかった上で、
やるべきなのです。

今年の「夏休み相場」も、その類いのもので、
特別では、ありません。

だから、7月5日のコメントで、そのことを書きました。

ただし、何が起こるか?
は、わかりません。

オカルトや預言者、予知能力者ではないのです。

サブプライム問題から、
「円キャリー・トレードのアンワインド」が起きましたが、
それは、予知出来ません。
相場には、マイナス(損失)があります。

手を出して、損失になるより、
何もしないで、プラスマイナス・ゼロの方が、上です。

勝負事は、『勝ってなんぼ』の世界です。

負けて、悔しかったら、
勝つことです。
勝つことは、そんなに、易しかったり、簡単なことではないのです。

我慢して、9月から始めるのが、セオリー(定石)です。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

ひとりごと

ひとりごと

とりあえず、
ドル円の115円台を見た。
それから、
ユーロ円の154円台も見た。

『調整ならば、』
ターゲット達成といったところ。

FED(FRB)や、ECBも、頑張ってるし、彼らの努力にも、敬意を払いたい。

ドル円が、115.00を、
下に、割り込み、
さらに下落する様相を呈する場合は、
全く新しいシナリオを画く必要が、ある。

そのパターンだと、
『調整ではない』
ということ。

そのパターン(新しいシナリオ)ならば、
ユーロドルが、力強く上昇するハズだから、
ドル円を見ていても、気が付かない。
(ドル円だけを見ていても、わからないだろう!)

まあ、とりあえず、
いいところまで、やったんじゃない???

ここから、目先、ドル円、クロス円を、売りたくは、無いねー。

こーゆー値動きの時は、
反発すると、その反発上昇も、
ハンパじゃないから、

その対応が、中途半端だと、
「綾戻し」でも、殺されるヨ。

マーケットに、『畏れ』の念を持つのが、大切。
馬鹿にすると、殺されるよ。

ただし、リバウンドは、
リバウンドに過ぎないから、
元の水準には、戻らない。『下値持ち合い』
『揺り戻し』を形成するだけ。

十分に、『持ち合い相場』をこなせば、
改めて、上昇の可能性もあるが、
そんなことは、2〜3ヶ月経ってから、考えれば良い。
今、考えることではない。

高値での『塩漬けポジション』は、
あきらめた方が良い。

売りのポイントは、(通常は、)一回しか無いのだから、
それを、逃したら、
救う方法(テクニック)は、存在しない。

『腐ったポジション』は、
どーにも出来ない。
さっさと捨てるしか無い。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【読者の方からのメール】

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
実践!FX投資戦略セミナー ~ローリスクで堅実リターンの必勝テクニック~
主 催 パンローリング株式会社  共 催 上田ハーローFX 
開催日時 2007年8月26日(日)13:30~17:00 (受付開始 13:00)
FXスワップ金利運用術(講師:はやぶさ)
FXトレード売買テクニック(講師:松田 哲)
会 場 新宿NSビル 30階 スカイカンファレンス  東京都新宿区西新宿2-4-1
受講料:無料 http://www.panrolling.com/seminar/070826.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年08月16日Part3
【読者の方からのメール】

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

日付: Thu, 16 Aug 2007
差出人: "******"
件名: はじめまして。
宛先: "物語"

***と申します。

いつも松田様のブログを楽しみにそして参考にさせていただいております。

現在、FXを始めて2ヶ月になりますが、
すでに証拠金が半分ほどになってしまってます。

最初アドバイスをしてた友人(FX経験2年程度)が
何も考えてないタイプでして「下がったら上がる!」

損切なんて必要ない!と。。。
その矛盾に気づいたときには大幅な含損となってました。

しかし今回は松田様の早めの警告により口座の閉鎖を免れる事ができました。

私が損切した時の友人の反応は「チキンである」でした。

彼は未だに102円で買ったAUDを大切に持っていると思います。
もしくは既に口座を閉鎖してるかもしれません。

損切の大切さ、タイミングを今回はしっかり勉強させていただきました。

ありがとうございました。

***

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【こだわり世代のための資産運用|日経WagaMaga|財】
---FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---
   ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/money/
★7月2日(月)から金曜日までに1回分ずつ全5回更新されています
日経WagaMagaトップページ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329
●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291
●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622
(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
実践!FX投資戦略セミナー ~ローリスクで堅実リターンの必勝テクニック~
主 催 パンローリング株式会社  共 催 上田ハーローFX 
開催日時 2007年8月26日(日)13:30~17:00 (受付開始 13:00)
FXスワップ金利運用術(講師:はやぶさ)
FXトレード売買テクニック(講師:松田 哲)
会 場 新宿NSビル 30階 スカイカンファレンス  東京都新宿区西新宿2-4-1
受講料:無料 http://www.panrolling.com/seminar/070826.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年08月16日Part2
【マーケット・コメント】
---ドル/円(USD/JPY)---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

現状のマーケット(金融市場)では、
「サブプライム・ローン問題」が、「質への逃避」を引き起こしました。

「質への逃避」の一環として、
「円キャリー・トレードのアンワインド(解消)」が惹起されています。

そういった意味では、
「サブプライム・ローン問題」が、引鉄(ひきがね)ですが、
マーケットは、動き出してしまえば、
原因や理由は、さほど問題ではありません。

「円キャリー・トレードのアンワインド(解消)」そのものが、
テーマになってきています。

現在の「質への逃避」のバロメーター(メルクマール:指標)は、
株式市場(各国の株価)になっており、
株価の上下動で、為替レートが右往左往しています。

つまり、株価の動きで、
「円キャリー・トレードのアンワインド(解消)」が加速されたり、
さらに、その買戻しが起こったりしています。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

すでに、「伝えるべきこと」は、今週の前半で、記述しています。
昨日までのコメントを、再読してください。

以下は、ドル/円(USD/JPY)の値動きがどうであったのかを、
淡々と書き記したメモです。

(現状分析を行うには、必要な作業なので、書き残しているだけです。
 目新しい内容は含まれていません。
 ポイントは、今週の前半に、すでに書いた、ということです。)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

一昨日(8月14日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
[118.20-25]レベルでオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間午前9:00---

8月14日(火)の東京市場の朝方に、[118.00]を割り込んで、
117円台後半程度での持ち合いになった。
東京市場の午後は、いったん118円台まで買い戻し。

8月14日(火)のロンドン市場では、欧州株価が堅調であったことから、
ドル/円(USD/JPY)は、118円台ミドルに上昇した。

ニューヨーク市場で、米国6月貿易収支が、赤字幅を縮小したことを受けての、
ドル買いも見られた。

しかし、ニューヨーク株式が下落したことから、
「質への逃避」「円キャリー・トレードのアンワインド(解消)」を惹起。
ドル/円(USD/JPY)は、117円台ミドルへ急落した。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(8月15日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
117円台ミドル---[117.55-60]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間午前9:00---

東京市場のドル/円(USD/JPY)は、117円台ミドルで持ち合い。

東京市場の午後は、クロス円の売りから、ドル/円に売り圧力がかかり、
116円台ミドルまで下落した。

ロンドン市場のドル/円(USD/JPY)は、116円台ミドルで小動き。

米国7月消費者物価指数(CPI)は予想より低い数字。反応は、軽微。

ニューヨーク株式が底堅かったことから、ドル/円(USD/JPY)は、
117円台ミドル程度に上昇した。

しかし、結果的に、ニューヨーク株式が崩れて、前日比マイナスになると、
ドル/円(USD/JPY)は、急落。再び、116円台後半に下落。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

本日(8月16日)のシドニー市場で、ドル/円(USD/JPY)は、
116円台前半に、さらに下落した。

本日(8月16日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
一時、116円台ミドルに反発する場面もあったが、
東京市場の昼前後に、ドル売り気配強まり、[116.00]を下に割り込んだ。

まだ、マーケットは落ち着きを取り戻していない。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【こだわり世代のための資産運用|日経WagaMaga|財】
---FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---
   ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/money/
★7月2日(月)から金曜日までに1回分ずつ全5回更新されています
日経WagaMagaトップページ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329
●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291
●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622
(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【読者の方からのメール】

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
実践!FX投資戦略セミナー ~ローリスクで堅実リターンの必勝テクニック~
主 催 パンローリング株式会社  共 催 上田ハーローFX 
開催日時 2007年8月26日(日)13:30~17:00 (受付開始 13:00)
FXスワップ金利運用術(講師:はやぶさ)
FXトレード売買テクニック(講師:松田 哲)
会 場 新宿NSビル 30階 スカイカンファレンス  東京都新宿区西新宿2-4-1
受講料:無料 http://www.panrolling.com/seminar/070826.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年08月16日
【読者の方からのメール】

日付: Wed, 15 Aug 2007
差出人: "******"
件名: Re: 【独断と偏見の為替相場】ひとりごと
宛先: "物語"

ユーロ円の急落前に示唆してくださり助かりました。

「FXで稼ぐ人はなぜ1勝9敗でも勝のか」で
損切りは早くと読んでいたお陰で実行出来ました。

今までは、ロングで持っていればスワップがつき、
いすれ相場は戻って来ると思って持っていましたが、
マイナスの膨らみに耐えきれず大きく損失を出して損ぎりをしていました。

いつもタイムリーな情報に感謝しています。
ご活躍をお祈りします。

mag2 ID 0000089158 <mailmag@mag2.com> wrote:
ひとりごと

『ねっ、!』
(^O^)/

ユーロ円の160.00が、割れると、
155円アラウンドまで急落する可能性を
昨日、
---160が、割れる前に、---
示唆したでしょう・・・。
事が起きてから、
今、大騒ぎするのは簡単。
そんなことは、誰にでも出来る。
(見りゃ分かる!言われなくても分かる!)

しかし、それは、(それでは、)何の役にも立た無い。

騒がしいだけで、
役に立たないばかりでなく、
はっきり言えば、有害。
騒いでも、意味が無い。
(^O^)/

あんまり、笑えないかなー・・・。
この状況。

でも、ニコニコと行きましょうよ!
(^O^)/

◎独断と偏見の為替相場
のバックナンバー・配信停止はこちら
http://blog.mag2.com/m/log/0000089158/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【こだわり世代のための資産運用|日経WagaMaga|財】
---FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---
   ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/money/
★7月2日(月)から金曜日までに1回分ずつ全5回更新されています
日経WagaMagaトップページ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329
●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291
●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622
(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2007年8月15日 (水)

ひとりごと

ひとりごと

今日は、荒れると思ったので、
昨日のうちに、一生懸命に、配信しました。

危ないと思ったからです。

昨日配信したメルマガと、
先ほど配信したメルマガを、是非、再読してください。

今日は、見りゃわかるでしょ?

動いている相場が重要ではないのです。

その前に、予見・感得しておかないと、
間に合わないでしょ?

今日、騒いでいるのは、手遅れなハズです。

今日は、マーケットコメントを書きません。
友人が、大阪から来てくれるので、
鳥福で、大関の樽酒飲んできます。
http://www.h3.dion.ne.jp/~smatt/sub001.htm
http://www.h3.dion.ne.jp/~smatt/sub002.htm

今日は、終戦記念日、お盆休みですよぉ。
(^0^)/♪

休むのも、重要な戦略ですよぉ!

| | コメント (0)

【『相場の読みを外しても勝つ(勝てる)』】---誰も思い付かない様なことが起これば、チャンス---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
実践!FX投資戦略セミナー ~ローリスクで堅実リターンの必勝テクニック~
主 催 パンローリング株式会社  共 催 上田ハーローFX 
開催日時 2007年8月26日(日)13:30~17:00 (受付開始 13:00)
FXスワップ金利運用術(講師:はやぶさ)
FXトレード売買テクニック(講師:松田 哲)
会 場 新宿NSビル 30階 スカイカンファレンス  東京都新宿区西新宿2-4-1
受講料:無料 http://www.panrolling.com/seminar/070826.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年08月15日
【『相場の読みを外しても勝つ(勝てる)』】
---誰も思い付かない様なことが起これば、チャンス---

小学校の夏休みの宿題、「算数ドリル」や「漢字書き取りドリル」
じゃあるまいし、
『これをやれば勝てる』
『これさえ出来れば、100戦100勝』
などという『必勝法』(=ノウハウ、テクニック、手法)を書いた本は、
存在しない。

『これをやれば、(これを知れば、)必ず、勝つ方法』は、存在しない。

なぜなら、マーケット(市場・相場)は、常に、変化しているから、
今、現在に、当てはまる「必勝ドリル」を勉強しても、
時間が経てば、それは、いずれ通用しなくなる。

だから、未来永劫、有効な『必勝法』は、存在しない。
今だけに、有効な方法は、必ず、勝つわけではないのだから、
それは『必勝』ではない。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

もちろん、何をするにしても、最低限度の知識は必要だ。
そんなことは、当たり前過ぎて、説明する気にもならない。

その程度の知識があったとして、
『これを知っていれば、このパターンの相場には勝てる』
というノウハウは存在する。

しかし、それ(そのノウハウ)も、100%ではない。
つまり、それは、『100戦100勝』ではない、ということだ。

例えば、チャート分析(テクニカル分析)ひとつを取り上げても、
それは言える。

チャート分析は、パターン分析だから、
『このパターンが来たときには、このように対応する』
といったテクニック(手法)が存在する。

もっと、具体的に述べた方がわかりやすい。

例えば、ドル/円が、「120円~124円」で
数ヶ月(2、3ヶ月から5、6ヶ月程度)「持ち合い相場」が続き、
今、[120.00]を割り込んだとしよう。

現在レートは、[119.70―80]としよう。
この場合に、次のチャート・ポイント(サポート・ポイント)が
[119.50]とする。

この状況で、取るべき行動パターンには、『セオリー(定石)』がある。

(1)[119.50]が、サポートされることを考えて、
   [119.50]を割り込んだ[119.40]に
   ストップ・ロス・オーダー(損切りの注文)を置いて、
   ドル/円の[119.70―80]を買う。

このスタイル([119.70―80]で買うスタイル)も
『セオリー(定石)』。

しかし、一般的に、[119.70―80]を買う人は、
ドル/円が、「120円~124円」で
数ヶ月(2、3ヶ月から5、6ヶ月程度)「持ち合い相場」が続く間に、
既に、ドル/円を買っていて、難平(ナンピン)の買いである場合が多い。

難平で、[119.70―80]を買う人は、
[119.40]でストップ・ロス(損切りのドル売り円買い注文)を
入れない。

「120円~124円」のゾーンで買ったポジションを
[119.40]で売れば、大きな損失になってしまうので、
それ(損切り)が嫌で、出来ないのだ。

外国為替取引の場合、「120円~124円」のゾーンで買って、
[119.70―80]に現在レートがあれば、
当然に、『評価損』になっている。

「120円~124円」のゾーンで買ったポジションを
売らなければ、『実現損』ではない。

考え方としてはその通りだ。考え方としては、間違いではない。

『評価損』は、未実現損失であって、まだ、現実の損失が確定した訳ではない。

しかし、それは、観念論に過ぎない。
『評価損』と『実現損』を区別する意味が無いからだ。

外国為替取引は、「お金」と「お金」の売買であり、
換金性(流動性)は、すこぶる高い。
と、言うか、もろにキャッシュ(現金)なのだ。

「120円~124円」のゾーンで買って、
[119.70―80]に現在レートがあるならば、
それは、現実の損失と、全くイコールなのだ。

売らなければ、損失になっていない、と考えるのは、詭弁に過ぎない。
売らなくても、損失であることに、何ら変わりは無い。

話を元に戻そう。
「120円~124円」で滞空して、
[119.70―80]に下落してきた場合に、
次のチャート・ポイントが、[119.50]だと、わかっている。

その場合に、[119.40]に、
ストップ・ロス・オーダー(損切りのドル売り円買い注文)を置いて、
ドル/円を買うスタイルは、間違いではない。
[119.50]がサポートされる可能性があるのだから、
その行動は正しい。

多くの人が、間違いをするのは、
『[119.40]で、損切りを行わないこと』なのだ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

(2)「120円~124円」で滞空して、
   今、[119.70―80]にある場合に、
   チャート・ポイント[119.50]を割り込むことを前提に、
   ドル/円を売る人がいる。

この行動パターンは、はっきり言えば、間違い。

しかし、この行動を取る人は多い。

今回(2007年7月下旬以降)での値動きで言えば、
この行動を取った人は、今回は、利益に結びついたであろう。

しかし、それは、たまたま相場を当てたに過ぎない。
セオリー(定石)としては、取るべき行動ではない。

こういったスタイルを取る人は、
思惑(おもわく)が当たることを前提に取引をしている人だから、
思惑が当たらなくなると、必ず、損をする。

相場の読みを外すと、必ず、負ける。

こう言うと、何を言っているのか、理解できない人も多い。

私の言いたいことは、
『万一、思惑を外しても、勝つことを考えるべきだ』
ということなのだ。

この点に関しては、もっと多くの説明が必要なことも、
書いている側も理解している。

しかし、これを、文章で説明するのは、「至難の業」だ。

抽象的になってしまうのも、わかっているが、以下の通り。

『相場を読むことが目的ではなく、相場で利益を得ることが目的』

『相場の読みを当てれば、勝てると考える人は、
相場の読みを外せば、確実に負ける』

そういう人は多い。10人いれば、7~8人は、そう考えるだろう。

『相場の動きを当てることが目的ではない』と考える人は、
『相場の読みを外しても勝つ(勝てる)』。

むしろ、相場の読みを外した場合の方が、大きく勝っている。

相場を読むという作業は、たいして難しくない。
誰でも、似たようなことしか思い付かないのだから。
相場に対する思惑は、もともと、大差が無いからだ。

突飛な発想は、かえってダメだ。

いつでも、相場が、理不尽に、突飛に、動いている訳ではない。

突飛なことしか考えない人は、通常の相場で負けて退場する。
突飛なことしか考えない人は、もともと、根本的に、通用しないのだ。

しかし、誰も思い付かない様なことが起これば、チャンスなのだ。
誰も思い付かないことは、それが起きても、誰も思い付いていない。

当たり前だが。言葉の遊びをしている訳ではない。

誰も思い付かないことは、誰も想定していない。
つまり、それに対する準備が、事前に出来ていない、ということだ。

全く、当たり前のことを言っているのだが、
多くの人は、それを理解しない
(理解出来ない、理解しようと努力をしない)。

だから、相場の読み(思惑)を外したときは、チャンスなのだ。
誰も思い付いていないし、準備も出来ていない。
『だから、今から行動を起こしても、間に合うのだ』。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

(3)[119.50―60]になって、
   [119.50]を売る人は、積極的な人だろう。

マーケット(相場)に、チャレンジする人(性格)。
だから、それは、行動として正しい。

しかし、チャート・ポイントで、跳ね返された場合は、
素直に負けを認めて損切りが出来ないと、最終的には殺される。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

(4)[119.30―40]を売る人は、
   『相場の読みを外しても勝つ(勝てる)人』。

セオリー(定石)通りであり、我慢強い。
思惑に振り回されずに、淡々と、勝つために、するべきことをしている。

つまり、上述の例では、[119.70―80]で、買っても良いが、
[119.30―40]で、『ひっくり返して売ること』が出来る人は、
生き残れる。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

今回の相場(2007年7月下旬以降の相場)で、
万一、違うパターンでの値動きがあったとしても、
[119.70―80]で買っても良い(買わなくとも良い)。
そして、[119.30―40]を売る。

気を付けなければいけないのは、チャート・ポイントは、変化するし、
日々のマーケット(相場)を、注視・研究して、
チェックしておかなければいけない、ということ。

『「1勝9敗」でも勝つ』の中で、[119.50]の重要性について、
詳述した。

この本の文章(原稿)を書いていたのは、
昨年(2006年11月頃)だから、
「何故、それが分かるのか?」
といった質問が来るのは、想像できる。

それは、『経験則』としか言えない(言いようが無い)。

だから、『「1勝9敗」でも勝つ』の本では、
「120円~125円」で滞空と述べている。

現実の相場は、「120円~124円」での滞空だった。

また、[119.50]のチャート・ポイントが、
これ程『あっさりと』扱われるとは思わなかった。

しかし、いくつか事前に読めることはある。

[120.00]は大台であり、誰しもが注目するレート。

しかし、オプション取引でストライク・プライスが集中するのは
[120.00]ではなく、[119.00]であることは、
経験則に照らせば明白。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

だらだらと書いているように感じる読者もいることだろう。
文章も推敲していない。

しかし、こういった感覚的なノウハウを文章でまとめ上げるのは、
まさに「至難の業」。

ピン・ポイントで伝えられるノウハウなど、
薄っぺらな、本当は役に立たないノウハウなのだ。

「円キャリー・トレード」は分かりやすい。
低金利通貨を売って、高金利通貨を買うだけだから。

そんな『ちゃちな』ノウハウが、いつまでも通用する、と考える方が、
私にとっては、よっぽど驚きだ。

まだ、もうしばらくは、「円キャリー・トレード」は生存するだろう。
しかし、その終焉は近い。

「円キャリー・トレードの終焉」は、この夏、この秋かも知れないが、
FED(FRB)やECBが、
そのリスク(円キャリー・トレード終焉に伴う金融市場の混乱)に
畏れをなして、今、必死に対処対応している。

だから、もう少し、「円キャリー・トレード」は、生存するのだろう、
と考えている。

個人的には、今年の年末から来年初(1月~2月ころ?)が、
そのポイントになるのではないか、と考えています。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

今回の文章は、専門的に過ぎる、感覚的に過ぎる、
と感じる読者もいることでしょう。

しかし、今回の文意を読み取れる位でないと、
生き残るのは難しいのではないか、と、心配しています。

感覚的なもの、直感的なものを、文章で表現するのは難しい。

「見て、美しい」という感覚を伝えるのは、「見て美しい」と言うだけ。
それだけでは、伝わらないから、どのように美しいのか、
具体的に書くしかない。付帯描写をするしかない。

しかし、それは、美しいという、見た本人の感動を伝えることにはならない。
だから、見た感覚を、文章で伝えることは、もともと、不可能なのだ。

文章に書かれた感覚を、読み取るには、
読者が想像力を持って、推測するしかない。

中国の北京で、天安門広場に立ったとき、その広さに驚いた。
4キロメートル・スクエア(4km×4km)の人工的な平面(広場)は
日本では見たことが無い。

天安門の前には、100m道路。
そして、天安門広場の4km離れた端に立つと、
毛沢東主席の写真は見えない。

周りの額は見えるが、
そして、それが、毛沢東の肖像画だと知っているから、
それがそうだ、とわかるが、人物を確認できない。

4km先を見渡せる、その感覚、驚きを伝えるには、
実際に見た方が、正確で速い。

「食べて、おいしい」という感覚を、文章で説明することは、
事実上、不可能だろう。

どのような味がして、どのようにおいしいのか、は、
食べてみないと分からない。

相場が、このように動いていくのではないか、と、感得したことを、
理屈で、理論的に表現するのは、難しい。

しかし、そういった感覚は確実に存在するし、
真剣にマーケット(相場)に臨むと、自然と見えてくるものがある。

それを説明することは、
「美しい」とか、「おいしい」を伝えることに似ている。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【こだわり世代のための資産運用|日経WagaMaga|財】
---FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---
   ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/money/
★7月2日(月)から金曜日までに1回分ずつ全5回更新されています
日経WagaMagaトップページ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329
●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291
●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622
(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

ひとりごと

ひとりごと

『ねっ、!』
(^O^)/

ユーロ円の160.00が、割れると、
155円アラウンドまで急落する可能性を
昨日、
---160が、割れる前に、---
示唆したでしょう・・・。
事が起きてから、
今、大騒ぎするのは簡単。
そんなことは、誰にでも出来る。
(見りゃ分かる!言われなくても分かる!)

しかし、それは、(それでは、)何の役にも立た無い。

騒がしいだけで、
役に立たないばかりでなく、
はっきり言えば、有害。
騒いでも、意味が無い。
(^O^)/

あんまり、笑えないかなー・・・。
この状況。

でも、ニコニコと行きましょうよ!
(^O^)/

| | コメント (0)

ひとりごと---ユーロ円・クロス円、キケン!危ない!---

ひとりごと
---ユーロ円・クロス円、キケン!危ない!---


ユーロ円のクリティカル・ポイント
160.00
について、
昨日(8/14)、あれだけ、口を酸っぱくして、
熱く述べた。

ユーロ円の160.00が、割れる場合は、
全てのクロス円のロングは、要注意!

「防戦のユーロ円の買い」が、出ているうちに、
売り逃げておかないと、
ますます、悪い状況に追い込まれる。

そんなことを言っても、手遅れで、
耳が痛いだけかも知れないが・・・。

そうとしか、言いようが無い・・・。

ユーロ円は、159円台前半を、見ている。
まだ、下げ止まった雰囲気は、無い・・・。

7月下旬の、167〜168円台から、警鐘を鳴らしています。

最高値から、10円下落しています。

致命傷になる前に、守らないと、(逃げないと、)
座して死を待つ状態に、追い込まれるだけです。

| | コメント (0)

2007年8月14日 (火)

【ユーロ/円[160.00]を下に割り込んだ】---きけん!あぶない!---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
実践!FX投資戦略セミナー ~ローリスクで堅実リターンの必勝テクニック~
主 催 パンローリング株式会社  共 催 上田ハーローFX 
開催日時 2007年8月26日(日)13:30~17:00 (受付開始 13:00)
FXスワップ金利運用術(講師:はやぶさ)
FXトレード売買テクニック(講師:松田 哲)
会 場 新宿NSビル 30階 スカイカンファレンス  東京都新宿区西新宿2-4-1
受講料:無料 http://www.panrolling.com/seminar/070826.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年08月14日号Part2
【ユーロ/円[160.00]を下に割り込んだ】
---きけん!あぶない!---

ユーロ/円(EUR/JPY)が、
クリティカル・ポイント(危険なチャート・ポイント)、[160.00]を、
下に割り込んだ。

ユーロ/円(EUR/JPY)の[160.00]を、『完璧に』下に抜けると、
155円程度まで、大きく急落する可能性を否定できない。

ユーロ円をロングにしている場合は、[160.00]を割り込む場合は、
『損切り』を、敢行するべきと考えます。
[160.00]を下に割り込むと、非常に、危険だ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

「買い相場」は簡単で、「売り相場」は難しいものです。

「買い相場」には、何度でもチャンスはありますが、
「売り相場」には、チャンスは、一度しか無いのですから。

その「売りのチャンス」を逃したら、通常は、チャンスはありません。
だから、「売り相場」は難しいのです。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

[160.00]を下に割り込む場合は、サード・チャンスのポイントになります。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ユーロ/円(EUR/JPY)をロング(ユーロ買い円売り)で、戦いたければ、
改めて、底値を確認してから、そうすれば良いだけです。

ECBやFED(FRB)の協調介入(協調資金供給)を信じるのは、
『勝手です(自由です)』が、
それが、
『マーケット(市場)に勝つか(勝てるか)どうか?』
は、誰も、わからないのです!

バーナンキFRB議長が、どんなに素晴らしくとも、

トリシェECB総裁が、何を言おうとも、

ブッシュ大統領が、どう、強弁しようとも、

所詮、ひとりの人間の言っていることが、
何億人も参加しているマーケット(FX市場)を、動かすことができるのか?

出来るとは、限らないのです。

イラク戦争が、こんなに長引くと、予想できたでしょうか?
人知を超えることに対して、畏敬の念を払うべきと考えます。

今回のECBやFED(FRB)の協調介入(協調資金供給)が、
マーケットをサポート出来るか、出来ないか?
そんなことは、誰にもわからないのです。

リスクには、『逃げるのが、最良の策』です。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

[160.00]には、「防戦の買い」が出て、一生懸命に、サポートしています。

サポートがあるうちに、サポートがいるうちに、
『逃げるのが、最良の策』と考えます。

仮に、このまま、上昇していっても、底値を確認してから、改めて、
ユーロ/円(EUR/JPY)をロング(ユーロ買い円売り)で、
戦えば良いだけのことです。

[160.00]は、先ほど、すでに、割り込んだことが、事実です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【こだわり世代のための資産運用|日経WagaMaga|財】
---FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---
   ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/money/
★7月2日(月)から金曜日までに1回分ずつ全5回更新されています
日経WagaMagaトップページ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329
●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291
●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622
(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【マーケット・コメント】---ドル/円&ユーロ/円---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
実践!FX投資戦略セミナー ~ローリスクで堅実リターンの必勝テクニック~
主 催 パンローリング株式会社  共 催 上田ハーローFX 
開催日時 2007年8月26日(日)13:30~17:00 (受付開始 13:00)
FXスワップ金利運用術(講師:はやぶさ)
FXトレード売買テクニック(講師:松田 哲)
会 場 新宿NSビル 30階 スカイカンファレンス  東京都新宿区西新宿2-4-1
受講料:無料 http://www.panrolling.com/seminar/070826.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年08月14日
【マーケット・コメント】
---ドル/円&ユーロ/円---

昨日(8月13日)、週明け月曜日の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
118円台前半---[118.30-35]レベル---でオープン。

東京市場のドル/円(USD/JPY)は、118円台前半で静かなもの。

米国独立記念日(7/4)から、
8月下旬のロンドンのレイト・サマー・ホリデーまでが、
外国為替市場の「夏休み相場」。

ただでさえ、「夏休み相場」で、市場参加者が、少ない上に、
東京市場は「お盆休み」だから、よりいっそうに、マーケットは、薄い。

「サブプライム・ローン問題」
「質への逃避」
「円キャリー・トレードのアンワインド(解消・巻き戻し)」
というメイン・テーマに、何も、変化は、無い。

つまり、
ドル円、クロス円のダウンサイド・リスク(下落リスク・急落リスク)は、
継続している、ということ。

ただ、「夏休み相場(お盆休み)」で、しばし休憩。

昨日(8月13日)の東京市場では、夕方になって、欧州勢が参加してくると、
ドル/円(USD/JPY)は、118円台前半から、ドル売り気配になった。

昨日(8月13日)のロンドン市場の朝方に、[117.65-75]レベルまで下落。
しかし、「中央銀行の協調資金供給」で、118円台前半に戻した。

昨日(8月13日)のニューヨーク市場では、
[118.50]アラウンドまで上昇するも、118円台ミドルからは、
「ドル売りオーダー(ドル売り注文)」が並ぶ様子で、それ以上は上昇できず、
といった印象。
概して、ニューヨーク市場は118円台前半での小動き。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

本日(8月14日)の東京市場は、[118.20-25]レベルでオープン。
東京市場の朝方に、[118.00]を割り込んで、
117円台後半程度での持ち合いになった。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

---ユーロ/円(EUR/JPY)---

ユーロ/円(EUR/JPY)が、
クリティカル・ポイント(危険なチャート・ポイント)、[160.00]に、
近づきつつある。

ユーロ/円(EUR/JPY)の[160.00]を、『完璧に』下に抜けると、
155円程度まで、大きく急落する可能性を否定できない。

---『[160.00]を下に抜けるか?抜けないか?』
  それは、わかりません。(そんなことは、知りません。)---

---そんなことを、言っているのではなく、
  ユーロ円をロングにしている場合は、[160.00]を割り込む場合は、
  『損切り』を、敢行するべきだ、と言っているだけです。
  [160.00]を下に割り込むと、非常に、危険だ、
  と言っているだけです。---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ユーロ/円(EUR/JPY)に関しては、7月23日に以下のように記述しています。

(7月23日のコメントをそのまま引用します)
---この時点で、明確に、警鐘を鳴らしています。
  これ以上に、明確に表現することは、不可能です。
  この時点で、この内容を述べたコメントは、
  ほとんど無かったことに着目してください。---

> ニューヨーク市場になって、
> サブプライム・ローン問題を材料に、ドル売りが広がった。
> ドル/円(USD/JPY)は、[122.00]を割り込むと、急落。
> 121円台後半から、121円台ミドルに、
> ストップ・ロス(損切りのドル売り円買い)があった様子。
>
> サブプライム・ローン問題は、
> 「米国へ投資されている資金の引き上げ」を促している。
>
> リスクを回避する、つまり、ヘッジ(Hedge)の意識を高めている。
>
> このところ、活発に、拡大していた
> 円キャリー・トレードのアンワインド(買戻し)が出て、
> 「円買い」は加速した。
>
> この「円買い」の影響から、ユーロ/円(EUR/JPY)は、
> 168円台ミドルから167円台ミドルに、1円以上の急落となった。
>
> ニューヨーク市場午後に、[167.15-20]レベルに下げたが、
> 下げ切らずに、167円台ミドルでニューヨーク・クローズ。
>
> ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
>
> 本日(7月23日)、週明け月曜のシドニー市場で、ユーロ/円(EUR/JPY)は、
> 167円台ミドル程度から、168円台ミドル程度に急騰。
>
> しかし、シドニー市場で投機的に「ユーロ買い円売り」を仕掛けた様子。
> シドニー市場の時間帯のうちに、167円台後半に戻している。
> ---売りたいから、買いを仕掛けたのではないか?
>   と考えています。---
>
> 本日(7月23日)、週明け月曜の東京市場では、ユーロ/円(EUR/JPY)は、
> 167円台後半で---[167.80-85]レベル---で寄り付いた。
>
> 東京市場が始まると、すぐに167円台ミドルに下落した。
> その後は、概して、167円台ミドルないし、167円台前半程度。
>
> この後のロンドン市場、ニューヨーク市場で、
> 円キャリー・トレードのアンワインド(買戻し)がどれほど出るか、
> に、注目している。
>
> 円キャリー・トレードを行なってきた向きは、
> 「いったんの利食い」を行なって、
> 利益を確定しておく方が良い、と考えている。
>

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

その後、何度も、ユーロ/円、および、クロス円のロング(買い持ち)は、
いったん、手仕舞いを行った方が良い、と警鐘を鳴らしました。

[165.00]が、割れる際が、
セカンダリー・ポイント(二段構えの損切りポイント)でした。

7月25日、7月26日に、セカンダリー・ポイントがありましたが、
その滞空時間は、長く、損切りを敢行する時間は、充分にありました。
7月26日は、スピードがあり、急落していますが、
その前の時間は、[165.00]前後で持ち合っています。

その時点で、損切りが出来なかったという「言い訳」は、成り立ちません。
そこで、損切りをしなかった人は、
『能動的な意思を持って、損切りをしなかった』はずです。

その後、なんとか160円台を維持し、8月9日に、一時、165円台を回復します。

8月9日は、終日、165円台にありますから、
そこで、ユーロ/円---および、クロス円のロング(買い持ち)---を、
手放すチャンスが、いくらでもあったのですから、
そこでも、何もせずに、現在に至っている場合は、
『能動的な意思を持って、ユーロ円のロングを保有した』はずです。

だから、現時点で、7月からユーロ円をロングにしている場合は、
能動的な意思があった、とみなされます。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

「買い相場」は簡単で、「売り相場」は難しいものです。

「買い相場」には、何度でもチャンスはありますが、
「売り相場」には、チャンスは、一度しか無いのですから。

その「売りのチャンス」を逃したら、通常は、チャンスはありません。
だから、「売り相場」は難しいのです。

しかし、今回の相場(値動き)では、珍しく、セカンダリー・チャンスが、
2度もありました。(2回目は8月9日に。)

『そのチャンスを使ったか? 使わなかったか?』
は、個々人の問題です。
これ以上の説明は、出来ません。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

[160.00]を下に割り込む場合は、サード・チャンスのポイントになります。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【こだわり世代のための資産運用|日経WagaMaga|財】
---FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---
   ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/money/
★7月2日(月)から金曜日までに1回分ずつ全5回更新されています
日経WagaMagaトップページ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329
●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291
●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622
(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

ひとりごと キケン 危ない

ひとりごと
キケン、危ない・・・


ユーロ円の
160.00
が、割れる場合は、
全てのクロス円のロングは、
要注意!

いまさら、そんなことを言っても、
手遅れかも知れないが・・・

そうとしか、言いようが無い・・・。

7月下旬から、警鐘を鳴らしています。
だから、上記表現も、勘弁して下さい。

| | コメント (0)

読者の皆様へのお願い

読者の皆様へのお願い


お蔭さまで、
『「1勝9敗」でも勝つ』
の、売り上げは、好調です。
今年の2月に発刊され、
半年かからずに、8刷りに突入し、
すでに、かなりの部数が、出回りました。

きっと、それこそは、
それだけ売れたことの証なのでしょうが、
悪意を持った「書評(レビュー)」の書き込みが、
増えています。

わざわざ、書評を投稿する、ということは、
それだけ意識をして下さっていることです。

反発をする、反感を持つ、ということは、
『心を揺さ振った』はずです。

通常は、文章を読んでも、意識に残りません。
ただ、字面を通過するだけです。

新聞記事を読んでも、
すぐに、忘れるのと、同じです。

だから、筆者としては、仮に、反感を持たれても、
『してやったり』と、感謝しています。
意識を持たれた証ですから。
(本心から、そう思っています。)

しかし、明らかな、悪意を持ったコメントも、
苦々しいものです。

真意が、伝わらなかったのかな・・・、
と、残念でもあります。

中には、
『本を読まないで、中傷を目的とした書評』
もあります。
文章を見れば、
『この人は、読んでいないな』
と、不思議に分かります。

By the way,
正直に言えば、私は、他の人の書いた本の書評を
投稿したことが、ありません。
なかなか、そこまで、踏み込めないのが、普通でしょう。

余談ですが、私は、池波正太郎のファンですが、
同氏は、もう亡くなられていますから、
書評を書くことも無いでしょう・・・。

また、内田康夫のファンでもありますが、
ファンクラブに入会するか、否か?
かれこれ、数年、迷っています。
内田康夫氏もご高齢ですから(失礼いたします!)、
入会するなら、急ぐ方が良い、そう思いながら、
いつの間にか、時間が、経ってしまった・・・。

池波正太郎氏、内田康夫氏の作品は、
それぞれほとんど、読破しています。
(内田氏の場合は、文庫本は全部。
文庫本になっていないものは、
少し未読が、あります。)
私の対応は、特別なものではなく、一般の読者として、
もっとも普通の対応でしょう・・・。

自分が、していないことを、
読者の皆様にお願いすることに、
ためらいが、あります。

だから、クドクドとした文章になりました。

本当に、読んで下さった読者の皆様、
是非、書評を投稿して頂ければ、と、思っております。
お願い申しあげます。
松田哲、拝

| | コメント (0)

2007年8月13日 (月)

ひとりごと

ひとりごと


あくまでも、現時点での、与件での判断ですが、
米国が、早期利下げを実施したら、
日米金利差縮小を理由に、
「円キャリー・トレードのアンワインド(解消・巻き戻し)」
と、なるでしょう!

ただし、米国は、年内は、ドル金利を据え置く、
と、考えています。
(ドル金利引き下げが、あっても、年末と、考えます。)

現在のマーケットでは、
「サブプライム・ローン問題」が、
「質への逃避」を惹起し、
「質への逃避」の一環として、
「円キャリー・トレードのアンワインド(解消)」となっている。
「円キャリー・トレード」を止めれば、
為替リスクは、ゼロになる(無くなる)からだ。

現時点では、ドル金利の絶対水準は、無関係に、
「円キャリー・トレードのアンワインド(解消)」
が、起きています。

こういう状況で、ドル金利が、引き下げられれば、
「円キャリー・トレードのアンワインド」は、
加速する方向に、ベクトルは、働きます。
つまり、多くの人が、望まない(嫌がる)方向には、
力は、増幅する、ということです。

マーケットは、多くの人が、困る方向に、
力が働くと、加速・増幅する。

逆に、力が働く場合は、
ほとんど話題にならない、という状況になる。

まあ、ドル金利の変更は、目先は、無い!
だから、資金供給を実施した。
ドル金利を動かす考えが、無いことの証が、
今回の資金供給。

ドル金利引き下げの意図があれば、
資金供給をしないで、
緊急利下げを実施する。
(セプテンバー11の際は、そうした。)

| | コメント (0)

ひとりごと(ドル円、クロス円)

週明け月曜日の東京市場のドル円は、
118円台前半で静かなもの。

米国独立記念日(7/4)から、
8月下旬のロンドンのレイト・サマー・ホリデーまでが、
外国為替市場の「夏休み相場」。

ただでさえ、「夏休み相場」で、
市場参加者が、少ない上に、
東京市場は「お盆休み」だから、よりいっそうに、
マーケットは、薄い。

まあ、東京市場は、休憩。(無視?)

「サブプライム・ローン問題」
「質への逃避」
「円キャリー・トレードのアンワインド(解消・巻き戻し)」
というメイン・テーマに、
何も、変化は、無い。
つまり、ドル円、クロス円の
ダウンサイド・リスク(下落リスク・急落リスク)は、
継続している、ということ。

ただ、「夏休み相場(お盆休み)」で、しばし休憩。
今日も、ECBは、資金供給をするのかなあー・・・???
と、いったところ。

| | コメント (0)

2007年8月12日 (日)

ひとりごと

ひとりごと


相場をやる身になって、行動するならば、
今回の、世界各国の中央銀行(米国=中央銀行システム)の、対応は、
結構笑える!!!!

主役は、FEDかなー???
一応、大統領まで、出演してるし・・・。
アル・パチーノよりも、役者は、上でしょ???
ブッシュは???

オーシャンズ13より、
売れるんじゃない???

ECBは、コースターリング(準主役)かな???

日銀は、いても、いなくても良い脇役!!!(ガッカリ・・・)

でも、チャップリンの映画よりも、リアリティが、あって、爆笑ものだ!

来年の、M-1グランプリに、参加したら、
優勝出来るかもね!
(^O^)/

ツッコミは、ECB。
ボケが、FED(FRB)。


本当のことを、言わないから、
誰も、信じないし、不安が、増幅する。
「信ジ、ラレナーイ!!!」
日ハム監督に、イントネーションを、聞いておくと、
いいかもね!???
それだけのこと。

| | コメント (0)

【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)を中心に---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
実践!FX投資戦略セミナー ~ローリスクで堅実リターンの必勝テクニック~
主 催 パンローリング株式会社  共 催 上田ハーローFX 
開催日時 2007年8月26日(日)13:30~17:00 (受付開始 13:00)
FXスワップ金利運用術(講師:はやぶさ)
FXトレード売買テクニック(講師:松田 哲)
会 場 新宿NSビル 30階 スカイカンファレンス  東京都新宿区西新宿2-4-1
受講料:無料 http://www.panrolling.com/seminar/070826.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年08月12日
【マーケット・コメント】
---ドル/円(USD/JPY)を中心に---

先週の金曜日(8月10日)は、
【マーケット・コメント】の配信ができませんでした。
夕方に、配信するつもりだったのですが、
DVDの撮影で、それが出来ませんでした。(ちょっと、予定がくるいました)

DVDの内容は、マーケット(FX市場)に対するDVDセミナーの収録です。
TSUTAYAでも、レンタル可能と聞いています。(パンローリング社主催)
---編集等があるので、期日とか、詳細が決まりましたら、また告知します---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

8月9日(木)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
119円台ミドルアッパー---[119.70-75]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間午前9:00---

8月8日(水)の朝方のニューヨーク市場のドル/円(USD/JPY)は、
堅調に119円台前半で持ち合っていたが、
ニューヨーク株式市場がオープンして、その堅調が確認されると、
「安心感」が広がり、「ドル買い」を誘発。
[119.50]を上に抜けた。高値は、[119.80]レベル。

8月8日(水)のニューヨーク市場でドル/円(USD/JPY)が、
[119.50]を上に抜けた際のセンチメントは、以下の通り。

---[119.50]は、チャート・ポイント。
  にもかかわらず、『あっさりと』、突き抜けて上昇した印象。
  7月下旬に、下に抜ける際も、『あっさりと』、割り込んでいるので、
  その返しも『あっさり』なのかな・・・?といった印象。---

---[120.00]は、さほど重要なチャート・ポイントとは、考えていないが、
  大台であることは、間違いないので、注目度は高い。---

---[120.00]をにらんで、マーケットは躊躇している印象。---

8月8日(水)の、ニューヨーク市場では、
ニューヨーク・クローズが近くなって、ニューヨーク株式が下落に転じると、
「ドル売り」が出て、[119.30-35]レベルに急落したが、
すぐに、[119.65-75]レベルに急反発上昇した。

「夏休み相場」で市場参加者が薄い印象。
一部の、大口の市場参加者が
「マニピュレーション(manipulation:価格操作)」を行っている、
といった印象を受ける。

---そういった動きがあるのならば、
 (個人的には、あると思っているが、確認は取れない。取る気もないが。)
  そのマニピュレーター(manipulator:操縦者)は、
  「円キャリー・トレード」のサポーターだろう、と考えている。
  つまり、「円安になって欲しい」と、考えている市場参加者だろう、
  と、推測できる。
  時間帯から思量して、
  一部の、米系ヘッジファンドだろうと、推量している。---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【マニピュレーション(manipulation)】

 市場価格を操作すること。

 一般的に、「価格操作」「価格操縦」というと、悪い印象を含んでいるが、
 「風説の流布」などの不正行為をしなければ、
 結果的にそうなってしまうだけで、犯罪ではない、と考える。
 (犯罪行為と立件できない、と考える。)

 巨大投資家がその必要に応じて、「大口の買い」や「大口の売り」を行えば、
 マーケットの需給バランスが原因で、動いてしまう。
 つまり、マーケットが動くほどの「大口の買い」を行えば、
 当然に、価格は上昇する。
 「大口の売り」を行えば、当然に、価格は下落する。

 相場に臨む際には、そういった大口の投資家の動向を読んで、
 うまく利用するくらいの、「気構え」が、求められる。
 彼らは、やらざるを得ないのだから、出るところでは、必ず、出てくる。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

8月9日(木)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
119円台ミドル程度を維持していたが、東京市場の夕方になって、
[119.00]アラウンドに急落。

8月9日(木)のロンドン市場のドル/円(USD/JPY)は、
下げ足を加速して、118円台ミドルに下落した。

原因は、BNPパリバ(フランスの大手金融機関)の、
傘下の、3つのファンドが資金を凍結したこと。

「サブプライム・ローン問題」が、原因となって、
世界的に損失が拡大している、といった認識が広がった。

そのため、“Fly to Quality”(質への逃避)の意識が広がり、
「円キャリー・トレードのアンワインド(解消・巻き戻し)」が起きた。

ECB、FRBが資金供給オペレーションを行い、
ブッシュ大統領が住宅問題に対して、強気なコメントを発表した。
しかし、マーケットの、「リスク回避」の動きは収拾せず、
8月9日(木)のニューヨーク市場のドル/円(USD/JPY)は、
118円台前半で、安値引けとなった。

8月9日のFED(米国の中央銀行システム)のオペレーション(資金供給)は、
240億ドル(約2兆9000億円)。

8月9日のECB(欧州中央銀行)が、950億ユーロ(15兆4000億円)の資金供給。

大量の資金供給(資金放出)は、「かえって不安心理をあおる」結果となった。

事態が、よくわからない、かつ、明確な説明も無いのだから、
マーケット(金融市場)が、そういった反応を示すのは、当然の帰結、
と考える。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

8月10日(金)のシドニー市場で、
ドル/円(USD/JPY)は、[118.00]を割り込み、もう一段、下落した。

8月10日(金)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
117円台後半---[117.85-90]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間午前9:00---

8月10日(金)の東京市場は、
緊張感のある中、[118.00]を挟んで、小動きに終始した。

8月10日(金)に日銀は、1兆円の資金供給を実施。
---何のために、やったのか?
  FED(FRB:米国中央銀行システム)やECB(欧州中銀)への、
  『お付き合い対応』としか、思えない。
  金額的に、1兆円は、少な過ぎる。やってもやらなくても、同じ。
  すると、『協調』していますよ、といった
  『アナウンスメント』の意図を日銀は示したかった、と推理できる。---

8月10日(金)のロンドン市場では、ドル/円(USD/JPY)は、もう一段、下落。
[117.20]アラウンドの安値を付けた。

要因は、「円キャリー・トレードのアンワインド(解消・巻き戻し)」。
「サブプライム・ローン問題」が、原因となって、リスク回避が起きている。

---8月9日の時点で、ECBの資金供給が、950億ユーロ(15兆4000億円)と、
  突出して大きい。

 『BNPパリバ(欧州の巨大金融グループ)の損失額が、
  異常に大きいのではないか?』
 『欧州経済に、影響を与えるほどの損失額なのか?』
 『米国では、メリルリンチやゴールドマンサックスの名前が
  挙がっているが、
  欧州でも、巨大金融機関が潰れる(破綻する)可能性もあるのか?』

 といった、疑心暗鬼を引き起こす(引き起こした)。---

8月10日(金)の朝方のニューヨーク市場は、
117円台前半ないし117円台ミドル程度であった。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

この時点で、---8月10日(金)の朝方のニューヨーク市場の時点で、---
考えていたのは、以下の通り。

---以下のコメントは、タイトル『ひとりごと』で、
  8月10日(金)東京時間23:00過ぎに配信しています---

8月9日のFED(米国の中央銀行システム)のオペレーション(資金供給)は、
240億ドル(約2兆9000億円)。

8月9日のECB(欧州中央銀行)が、950億ユーロ(15兆4000億円)の資金供給。

8月10日の日銀の資金供給が、1兆円。

緊急の資金供給としては、“September11”の時より多いらしい。

株価の急落は、問題だが、そんなに重大問題なのか?
何だか、訳が、わからないから、余計に不安になる。

各国の中央銀行は、当然に、
ある程度の数字をつかんでいるのだろう(と、誰でも考える)。

そう考えると、世界の金融システムが、震撼する程の損失が、
「サブプライム・ローン問題」で、積み上がっているということか?

各国の中央銀行が、明確な説明をしないと、
かえって、リスク回避(質への逃避=Fry to Quality)を
惹起する(=引き起こす)。

今日(8月10日)も、NY株価は、下落して始まった。

金曜日のNY外為市場は、午後は、極端に薄い。
非常に、危険なNY午後。
「夏休み相場」で、一段と参加者は、薄い・・・。

フリー・フォールに、なる可能性を怖れる。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ところが、結果的に、
8月10日(金)のニューヨーク市場午後のドル/円(USD/JPY)は、
[118.00]を回復し、一時、[118.50]も上に抜けて上昇した。

急騰(ドル円のリバウンド上昇)の原因は、
FED(米連邦準備理事会=FRB)が、8月9日に引き続き、市場安定化のために、
追加の資金供給を実施すると発表したこと。

そのため、リスク回避(質への逃避=Fry to Quality)が一時的に沈静化。
ニューヨーク株式市場が上昇し、前日比プラスに転じると
ドル/円(USD/JPY)は、高値[118.65-75]レベルを付けた。

理由・原因は、何であれ、典型的な「夏休みの薄い中の乱高下相場」となった。

また、米国で有名なファンドの損失が報道されると、
再び、乱高下の様相を呈した。

ドル/円(USD/JPY)のニューヨーク・クローズは、118円台ミドル程度。

---通常は、各国の中央銀行(中央銀行システム)は、
  市場の安定化を主目的として行動する。

  しかし、今回のドタバタを見ると、株価急落を懸念して、
  各国の中央銀行(中央銀行システム)が、引っ掻き回しているように、
  感じるのは、私だけだろうか?(「か?」は強い反語)

  株価急落を懸念して、その対応を行っているのはわかるが、
  それ以上に、実態がわからないから、不安になり、
  市場参加者が右往左往する。

  もっと、具体的な、数字を示しての説明が行われれば、市場は、落ち着く。

  換言すれば、
 『BNPパリバの具体的損失額は、いくらなのか?』
 『メリルリンチやゴールドマンサックスの具体的損失額はいくらなのか?』
 『サブプライム・ローン問題に伴う具体的損失額は、いくらなのか?』
  を発表(公表)するべきだ、と考える。---

---それを発表(公表)したら、
  もっと、驚愕して、不安になってしまうのかも知れませんが・・・。
  それに関しては、何とも、言いようが、ありません・・・。
  (^0^)/♪---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【こだわり世代のための資産運用|日経WagaMaga|財】
---FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---
   ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/money/
★7月2日(月)から金曜日までに1回分ずつ全5回更新されています
日経WagaMagaトップページ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329
●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291
●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622
(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

ひとりごと

ひとりごと


例えば、CHFに関して、
チャートを見ながら、
それなりに、解説をすることは、
正直に、歯に衣着せず、言うなら、
私には、簡単なことです。
以前には、クレディスイス(現、UBS)の
チーフ・ディーラーをしていたのですから。

AUDに関しても、同様に、
そこらへんのコメンテーターよりも、
私の方が知っています。
オーストラリア・コモンウェルス銀行の
チーフ・ディーラーをしていましたから。

しかし、ファンダメンタルズを、
ちゃんとチェックもせずに、
雰囲気だけで、そして、金利差だけで、
のうのうといい加減なコメントをする人を、
私は、苦々しいと思っています。
(けっこう、杜撰で、酷いコメントや、
明らかに、間違ったコメントが散見されます。)

自分は、そうした態度を取りたく無い、と、考えています。

だから、基本的に、
メジャー・カレンシーしか、
コメントをしないのです。
ちなみに、AUDは、マイナー・カレンシーです。
(CHFは、メジャー・カレンシーですが・・・)

私は、トルコリラや
ザール(ZAR=南ア・ランド)に、
投資をしない方が良い、
と、考えています。

リスクが高いのに、
正確な情報が、入手出来ないので、
そういう通貨に投資をすることは、
単なるギャンブルと、考えるからです。

| | コメント (0)

« 2007年8月5日 - 2007年8月11日 | トップページ | 2007年8月19日 - 2007年8月25日 »