« 2007年7月29日 - 2007年8月4日 | トップページ | 2007年8月12日 - 2007年8月18日 »

2007年8月10日 (金)

ひとりごと

ひとりごと


昨日(8/9)のFED(米国の中央銀行システム)の
オペレーション(資金供給)は、
240億ドル(約2兆9000億円)。

ECB(欧州中央銀行)が、
950億ユーロ(15兆4000億円)の資金供給。

本日(8/10)の日銀の資金供給が、1兆円。

緊急の資金供給としては、
September11
の時より多いらしい。

株価の急落は、問題だが、
そんなに重大問題なのか?
何だか、訳が、わからないから、
余計に不安になる。

各国の中央銀行は、
当然に、ある程度の数字を
つかんでいるのだろう(と、誰でも考える)。

そう考えると、
世界の金融システムが、
震撼する程の損失が、
「サブプライム・ローン問題」で、
積み上がっているということか?

各国の中央銀行が、
明確な説明をしないと、
かえって、
リスク回避(質への逃避=Fry to Quality)
を惹起(=引き起こす)する。


今日も、NY株価は、下落して始まった。

金曜日のNY外為市場は、
午後は、極端に薄い。
非常に、危険なNY午後。
「夏休み相場」で、一段と参加者は、薄い・・・。

フリー・フォールに、
なる可能性を怖れる。

| | コメント (0)

ひとりごと

ひとりごと

スイス円(CHFJPY)の
100.00
を、話題にした際に、
次は、オージー(AUDJPY)
じゃないの?
と、示唆した。

8月7日の『ひとりごと』
だったかな???
メルマガでのみの、配信かも知れない。

賢明な読者諸賢は、
(くどい?)
お気づきかも知れないが、『ひとりごと』のタイトルは、時間がなかったり、
外出先にいて、
携帯からインプットしています。

だから、ブログに、アップしていない(出来ない)こともあります。

オージー円(AUDJPY)の
100.00
が来たねー・・・。

(^O^)/

思ったより、早い(速い)!
時間もスピードも、
「はやい」!
(^O^)/

| | コメント (0)

2007年8月 9日 (木)

【読者の方(マイミク)からのメッセージ】---本当は、もっと、優しいんですが・・・。 ---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
実践!FX投資戦略セミナー ~ローリスクで堅実リターンの必勝テクニック~
主 催 パンローリング株式会社  共 催 上田ハーローFX 
開催日時 2007年8月26日(日)13:30~17:00 (受付開始 13:00)
FXスワップ金利運用術(講師:はやぶさ)
FXトレード売買テクニック(講師:松田 哲)
会 場 新宿NSビル 30階 スカイカンファレンス  東京都新宿区西新宿2-4-1
受講料:無料 http://www.panrolling.com/seminar/070826.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年08月09日Part2
【読者の方(マイミク)からのメッセージ】
---本当は、もっと、優しいんですが・・・。 ---

“mixi”経由での、メッセージをご紹介します。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=1202869

なかなか、時間が取れずに、お返事が遅くなりました。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人 : ******
日 付 : 2007年08月07日
件 名 : いつもありがとうございます。   

本日のメルマガ(ミクシィの投稿)も、とてもわかりやすかったです。

残念ながら、私の戦い方には整合性がないようです。
精進します。(反省)\(_ _ )

※参考:2007年08月07日のメルマガ
【『絶対水準で、戦うのか?』『値動きを切り取るのか?』】
---例えば、ユーロ/円の場合---
http://blog.mag2.com/m/log/0000089158/108835590.html

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

宛 先 : ******
日 付 : 2007年08月09日
件 名 : Re: いつもありがとうございます。

******さん

メッセージありがとうございます!
時として、厳しい表現になってしまいます・・・。

もっと、オブラートに包んで、優しい表現にしたい、
という気持ちもあります・・・。

(その方が、受けもよいでしょうし、
 読者数も増えるのかな・・・?
 などと、思います、悩みます。)

しかし、それでは、何を言っているのかわからないし、
何も伝わらないでしょう・・・。

だから、わかり易く、表現すると、辛辣になってしまいます。

時に、シニカルな表現は、
それが原因で、そのように書いているのです。

(結果的に、シニカルになってしまうのです・・・)

厳しい表現だと、
『お前!何様だヨ!』
と、感じる方もいることでしょう。

『じゃあ、お前は、どれほど出来るんだヨ!?』
と、感じる方もいることでしょう。

私も、負けるときは、負けます。
全部に勝てるはずが、もともと、ないのです。

しかし、「100戦100勝するような、上手い人」は存在しません。
みんな、一様に『下手くそ』なのです。

だから、別に、根っから「シニカル」でもなければ、
「皮肉屋」「評論家」でもありません。

どちらかといえば、むしろ「熱血派」「スポコン(スポーツ・根性)派」
「体育会系」に属するのですが、
文章だけでは、「怖い人」「厳しい人」といったイメージでしょうか・・・?

本当は、もっと、優しいんですが・・・。
(本人が、そー言うヤツに限って、怪しいものですが・・・)
(^0^)/♪

物語、拝

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【こだわり世代のための資産運用|日経WagaMaga|財】
---FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---
   ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/money/
★7月2日(月)から金曜日までに1回分ずつ全5回更新されています
日経WagaMagaトップページ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329
●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291
●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622
(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
実践!FX投資戦略セミナー ~ローリスクで堅実リターンの必勝テクニック~
主 催 パンローリング株式会社  共 催 上田ハーローFX 
開催日時 2007年8月26日(日)13:30~17:00 (受付開始 13:00)
FXスワップ金利運用術(講師:はやぶさ)
FXトレード売買テクニック(講師:松田 哲)
会 場 新宿NSビル 30階 スカイカンファレンス  東京都新宿区西新宿2-4-1
受講料:無料 http://www.panrolling.com/seminar/070826.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年08月09日
【マーケット・コメント】
---ドル/円(USD/JPY)---

昨日(8月8日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
[119.00]アラウンド---[118.95-00]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間午前9:00---

一昨日(8月7日)の東京市場、ロンドン市場、
そして、ニューヨーク市場朝方のドル/円(USD/JPY)も、
概して、118円台ミドル程度の持ち合い。

一昨日(8月7日)は、この日のニューヨーク市場で開催される、
FOMC(連邦公開市場委員会)の結果発表待ち。

FOMCでは、ドル金利に変更もないし、特段のコメントも無いだろう、
と、個人的には、考えていた。内容的には、その通りだった。

しかし、FOMC発表後の、マーケットは、薄い中を、乱高下した印象。
FOMCの発表直後に、ニューヨーク株式が下落したために
ドル/円(USD/JPY)は下落。

FOMCの発表直前は、118円台ミドル程度だったが、
[118.00]アラウンドまで急落した。
その後、ニューヨーク株式が戻したので、118円台ミドルに戻した。

ニューヨーク市場引けにかけて、118円台後半にじり高となった。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(8月8日)の、シドニー市場、東京市場は、動きらしい動きなく、
ドル/円(USD/JPY)は、118円台後半から、119円台に乗せたあたりでの、
意味のないフラクチュエーション。
昨日(8月8日)の東京市場は、動きのないまま、119円台前半で引けた。

ロンドン市場、および、朝方のニューヨーク市場のドル/円(USD/JPY)は、
堅調に119円台前半で持ち合った。

ニューヨーク株式市場がオープンして、その堅調が確認されると、
「安心感」が広がり、「ドル買い」を誘発。
[119.50]を上に抜けた。高値は、[119.80]レベル。

---[119.50]は、チャート・ポイント。
  にもかかわらず、『あっさりと』、突き抜けて上昇した印象。
  7月下旬に、下に抜ける際も、『あっさりと』、割り込んでいるので、
  その返しも『あっさり』なのかな・・・?といった印象。---

---[120.00]は、さほど重要なチャート・ポイントとは、考えていないが、
  大台であることは、間違いないので、注目度は高い。---

---[120.00]をにらんで、マーケットは躊躇している印象。---

昨日(8月8日)の、ニューヨーク市場では、
ニューヨーク・クローズが近くなって、ニューヨーク株式が下落に転じると、
「ドル売り」が出て、[119.30-35]レベルに急落したが、
すぐに、[119.65-75]レベルに急反発上昇した。

「夏休み相場」で市場参加者が薄い印象。
一部の、大口の市場参加者が
「マニピュレーション(manipulation:価格操作)」を行っている、
といった印象を受ける。

---そういった動きがあるのならば、
 (個人的には、あると思っているが、確認は取れない。取る気もないが。)
  そのマニピュレーター(manipulator:操縦者)は、
  「円キャリー・トレード」のサポーターだろう、と考えている。
  つまり、「円安になって欲しい」と、考えている市場参加者だろう、
  と、推測できる。
  時間帯から思量して、
  一部の、米系ヘッジファンドだろうと、推量している。---

そのことに関しては、個人的な感想は、次の通り。

『「夏休み相場」なのに、わざわざ、ご苦労様。』

『勝手にやってくれい!』

『たぶん、負けて、苦しいんだろうなぁ・・・。気の毒に・・・。』

『来週は、日本の「お盆休み」で、本格的な「夏休み相場」だよ。』

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【マニピュレーション(manipulation)】

 市場価格を操作すること。

 一般的に、「価格操作」「価格操縦」というと、悪い印象を含んでいるが、
 「風説の流布」などの不正行為をしなければ、
 結果的にそうなってしまうだけで、犯罪ではない、と考える。
 (犯罪行為と立件できない、と考える。)

 巨大投資家がその必要に応じて、「大口の買い」や「大口の売り」を行えば、
 マーケットの需給バランスが原因で、動いてしまう。
 つまり、マーケットが動くほどの「大口の買い」を行えば、
 当然に、価格は上昇する。
 「大口の売り」を行えば、当然に、価格は下落する。

 相場に臨む際には、そういった大口の投資家の動向を読んで、
 うまく利用するくらいの、「気構え」が、求められる。
 彼らは、やらざるを得ないのだから、出るところでは、必ず、出てくる。

【フラクチュエーション】(Fluctuation)
【フラクチュエーションズ】(Fluctuations)

http://smatt.hp.infoseek.co.jp/sub028hu.htm#fluctuation

 物価などが上下すること。

 物の価格の上下動のこと。

 為替レートが、実際のマーケット(市場)で、
 上下動を繰り返す様子を表す言葉。

 英語[fluctuate](vi.)
 変動する,動揺する, 波動する,上り下りする.

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【こだわり世代のための資産運用|日経WagaMaga|財】
---FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---
   ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/money/
★7月2日(月)から金曜日までに1回分ずつ全5回更新されています
日経WagaMagaトップページ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329
●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291
●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622
(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2007年8月 8日 (水)

【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
実践!FX投資戦略セミナー ~ローリスクで堅実リターンの必勝テクニック~
主 催 パンローリング株式会社  共 催 上田ハーローFX 
開催日時 2007年8月26日(日)13:30~17:00 (受付開始 13:00)
FXスワップ金利運用術(講師:はやぶさ)
FXトレード売買テクニック(講師:松田 哲)
会 場 新宿NSビル 30階 スカイカンファレンス  東京都新宿区西新宿2-4-1
受講料:無料 http://www.panrolling.com/seminar/070826.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年08月08日
【マーケット・コメント】
---ドル/円(USD/JPY)---

昨日(8月7日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
118円台ミドル程度---[118.65-70]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間午前9:00---

一昨日(8月6日)、週明け月曜日のウェリントン市場、シドニー市場で、
ドル/円(USD/JPY)は、「窓を開けての急落」となった。

シドニー市場で、ドル/円(USD/JPY)は、[117.15-25]レベルまで急落。
「窓を開けて」突っ込んでの急落を見た後で、
シドニー市場の時間帯に、117円台ミドルに戻している。

一昨日(8月6日)の東京市場、ロンドン市場のドル/円(USD/JPY)は、
動きらしい動きがない。
ウェリントン市場、シドニー市場での、「窓を開けての急落」で、
『やることをやってしまった雰囲気』。
一昨日(8月6日)のロンドン市場のドル/円(USD/JPY)も、
117円台後半から118円台に乗せたあたりでの小動き。

ところが、一昨日(8月6日)のニューヨーク市場になると、
ニューヨーク株式が堅調に推移したために、
ドル/円(USD/JPY)、クロス円の買戻しとなった。

一昨日(8月6日)のニューヨーク・ダウは、280ドルを超える大幅上昇。
株高を材料に、ドル/円(USD/JPY)は、117円台後半から一気に119円台前半へ、
1円以上の急騰となった。

このところの、「円高」は、
ニューヨーク市場の株安が引鉄(ひきがね)となって、進行した。
その、逆回転が、昨日(8月6日)のニューヨーク市場で起きた、
といったところ。

ニューヨーク・クローズは、118円台後半程度に小緩んだ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

この流れを受けて、昨日(8月7日)の東京市場はオープンした。
昨日(8月7日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
概して、118円台後半から118円台ミドル程度での小動き。

東京市場になると、積極的な値動きが無い。

ロンドン市場、ニューヨーク市場朝方のドル/円(USD/JPY)も、
概して、118円台ミドル程度の持ち合い。

昨日(8月7日)のニューヨーク市場で開催される、FOMCの発表待ち。

FOMCでは、ドル金利に変更もないし、特段のコメントも無いだろう、
と、個人的には、考えていた。
内容的には、その通りだった。

しかし、FOMC発表後の、マーケットは、薄い中を、乱高下した印象。

FOMCの発表直後に、ニューヨーク株式が下落したために
ドル/円(USD/JPY)は下落。

FOMCの発表直前は、118円台ミドル程度だったが、
[118.00]アラウンドまで急落した。
その後、ニューヨーク株式が戻したので、118円台ミドルに戻した。

ニューヨーク市場引けにかけて、118円台後半にじり高となった。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

本日(8月8日)の、シドニー市場、東京市場は、動きらしい動きなく、
118円台後半から、119円台に乗せたあたりでの、
意味のないフラクチュエーション。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【FOMC】【連邦公開市場委員会】(Federal Open Market Committee)
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/sub050english.htm#FOMC

 米国の中央銀行に相当する制度が、
 連邦準備制度(Federal Reserve または、Federal Reserve System)です。

 この制度において、意思決定を行う機関が
 連邦準備制度理事会(Federal Reserve Board, FRB)です。

 FRBの7人の理事と5人の地区連銀総裁の合計12人で、
 連邦公開市場委員会(Federal Open Market Committee, FOMC)を形成します。

 連邦公開市場委員会(Federal Open Market Committee, FOMC)は、
 米国金融政策における最高意思決定機関です。

 FOMCは年に8回定期会合を開きます。
 それ以外にも、必要に応じて特別会合や電話などでの会合を開いて、
 短期市場金利を操作します。

 FRBが公開市場操作を通じて米国国債などを購入して、
 お金(ドル)を金融市場に供給することによって、市場金利は低下します。

 逆に、FRBが公開市場操作で米国国債などを売却して、
 金融市場からお金(ドル)を吸収することによって、市場金利は上昇します。

 中央銀行が民間銀行に貸し出す際の金利が
 公定歩合(ディスカウント・レート、Discount Rate)ですが、
 最近の米国では、金利の自由化が進み、FRBが決める公定歩合よりも、
 連邦公開市場委員会(Federal Open Market Committee, FOMC)が決める
 短期市場金利(フェデラル・ファンド・レート、フェド・ファンド・レート、
 FF レート、Federal Fund Rate,FED Fund Rate,FF Rate)の
 誘導目標の方が重要視されています。

 FRBはこのほかに、民間銀行の法定準備金の操作
 (フェデラル・リザーブ・システム、Federal Reserve System)によって、
 金融政策を行なうこともありますが、最近のところは、
 FOMCの公開市場操作が主な金融政策の手段となっています。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【フラクチュエーション】(Fluctuation)
【フラクチュエーションズ】(Fluctuations)

http://smatt.hp.infoseek.co.jp/sub028hu.htm#fluctuation

 物価などが上下すること。

 物の価格の上下動のこと。

 為替レートが、実際のマーケット(市場)で、
 上下動を繰り返す様子を表す言葉。

 英語[fluctuate](vi.)
 変動する,動揺する, 波動する,上り下りする.

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【こだわり世代のための資産運用|日経WagaMaga|財】
---FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---
   ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/money/
★7月2日(月)から金曜日までに1回分ずつ全5回更新されています
日経WagaMagaトップページ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329
●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291
●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622
(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2007年8月 7日 (火)

【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
実践!FX投資戦略セミナー ~ローリスクで堅実リターンの必勝テクニック~
主 催 パンローリング株式会社  共 催 上田ハーローFX 
開催日時 2007年8月26日(日)13:30~17:00 (受付開始 13:00)
FXスワップ金利運用術(講師:はやぶさ)
FXトレード売買テクニック(講師:松田 哲)
会 場 新宿NSビル 30階 スカイカンファレンス  東京都新宿区西新宿2-4-1
受講料:無料 http://www.panrolling.com/seminar/070826.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年08月07日
【マーケット・コメント】
---ドル/円(USD/JPY)---

(前振り=枕詞)
---既に書いたことの繰り返しになりますが、
  状況が変わっていないので、何度でも引用します。
  しつこいのですが、マーケットの与件が変わっていないのです。
  文章の文言を変えても、中身は、一緒ならば、
  変えない方がわかり易いからです。---

---マーケットの状況を伝えることは、
  文学的な小説を書くのとは違います。
  面白くなくても、同じ文章を、繰り返すことで、
  状況に変化が無いことを確認しています。---

「夏休み相場」なので、無理に、何かをするべきところでも無い、
と考えています。

ただし、
120円台よりも、高いコストで保有している
ドル/円(USD/JPY)のロング(ドル/円の買い持ち)は、
いったん、「損切り」を敢行するべき、と考えています。

つまり、以下のように、考えています。

---[121.80]アラウンドが下に切れたときに、
  もしくは、[120.80]アラウンドが下に切れたときに、
  「損切り」を行っておくべきだった---

---最悪のケースでも、[119.50]を下に割り込んだ際に、
  「損切り」を行っておくべきだった---

---そのことは、[119.50]を下に抜ける前に、
  何度も警鐘を鳴らしました
  わざわざ、【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】から、
  引用しています(2007年07月24日号Part2)
http://blog.mag2.com/m/log/0000089158/108789857.html?page=2 ---

---もちろん、相場だから、
  これから、反発上昇をする可能性が無いとは言わない---

---だとしても、いったん、「損切り」を敢行して、
  改めて、[119.50]を上に抜けていくことを確認してから、
  ドル/円(USD/JPY)のロング(ドル/円の買い持ち)を取ればよい---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【Fly to quality:質への逃避】は、
株式から債券への資金シフトを惹起(じゃっき)する。
---リスクの高いものから、リスクの低いものへの動き---

そのため、「米国国債(T-Bond)の買い」となり、
米国国債利回り(=長期金利)は低下した。

【Fly to quality:質への逃避】は、
当然に、「為替リスクの回避」も惹起する。
---自国通貨へ回帰すれば、為替リスクは無くなる。
  「円キャリー・トレード」を止めれば、為替リスクは無くなる。---

そのため、「円キャリー・トレードのアンワインド(解消)」もでる。

米国長期金利も下落気味ということは、日米金利差縮小であり、
「円キャリー・トレードのアンワインド(解消)」は、
ますます出ることになる。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

まだ、【Fly to quality:質への逃避】による、
「為替リスクの回避」のセンチメントは、収まっていない。

言い換えれば、まだ、「円キャリー・トレードのアンワインド(解消)」が、
収まった雰囲気はない。

しかし、「夏休み相場」で、市場参加者が少なくなっていることも、
単なる事実(単なる現実)。

【Fly to quality:質への逃避】すなわち、
「円キャリー・トレードのアンワインド(解消)」というテーマと、
「夏休み相場」というテーマが、それぞれに、独立して、
マーケット(外国為替市場=FX市場)に、ワーク(作用)している。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

---ドル/円(USD/JPY)---

昨日(8月6日)、週明け月曜日の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
117円台ミドル---[117.55-60]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間午前9:00---

先週末(8月3日金曜日)に発表された米国失業率は、[4.6%]。
事前予想は[4.5%]だったので、マーケットは、「ドル売り」に反応。

「非農業部門雇用者数」は、[+92,000人]
事前の予想は、[+127,000人]で、これも予想よりも悪かった。

また、前回の「非農業部門雇用者数」が、
[+132,000人]から、[+126,000人]に下方修正された。

「非農業部門雇用者数」も、ドル売り材料。

先週末(8月3日金曜日)のニューヨーク市場のドル/円(USD/JPY)は、
「米国失業率(米国雇用統計)」に反応して、
119円台前半から118円台前半---[118.15-20]レベル---に下落。

ニューヨーク市場は、週末の金曜日で、市場参加者が薄く、
急落後のリバウンド(綾戻し)で、118円台ミドルに戻したが、
ニューヨーク・クローズにかけて、再び、「ドル売り気配」強まり、
[118.00]アラウンドで引けた。

ニューヨーク市場の昼過ぎまで、
ドル・ロング・ポジションを抱えていた向きが、
ニューヨーク・クローズにかけて、「ドルの投売り」に動いたのだろう、
そして、ニューヨーク市場の週末金曜日の夕方には、
市場参加者は、帰宅してほとんどいない状態だから、
118円台ミドルから[118.00]アラウンドまで急落してしまった、
『舞台裏』は、そんなことが起こっていたのだろう、と思量する。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(8月6日)、週明け月曜日のウェリントン市場、シドニー市場で、
ドル/円(USD/JPY)は、「窓を開けての急落」となった。

シドニー市場で、ドル/円(USD/JPY)は、[117.15-25]レベルまで急落。
「窓を開けて」突っ込んでの急落を見た後で、
シドニー市場の時間帯に、117円台ミドルに戻している。

その後、昨日(8月6日)、週明け月曜日の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
117円台ミドル---[117.55-60]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間午前9:00---

昨日(8月6日)の東京市場朝方のドル/円(USD/JPY)は、
動きらしい動きがない。
ウェリントン市場、シドニー市場での、「窓を開けての急落」で、
『やることをやってしまった雰囲気』。

水準(レベル)が、117円台ミドルと、目新しいところなので、
「手が出ない」ということ、
そして、「夏休み相場」なので、市場参加者も少ないし、やる気もない、
といったところ。

しかし、このところのドル/円(USD/JPY)の安値を更新して下落しており、
かつ、チャート・ポイントだった[117.50]も、
昨日(8月6日)のウェリントン市場、シドニー市場で、
『完璧に』割り込んでいる。

もう、[117.50]は、サポート・ポイント(支持する為替レート)でも、
何でもない。

昨日(8月6日)の海外市場(ロンドン市場・ニューヨーク市場)で、
もしくは、8月7日以降のマーケットで、
もう一段、さらに下落する可能性が高い状態になっている。

昨日(8月6日)の東京市場クローズころに考えていたのは、以下の通り。

---念のために説明を加えておくが、
  もちろん相場だから、反発上昇する可能性が無いとは言わない。
  反発上昇する可能性と、もう一段、さらに下落する可能性では、
  格段に後者が大きい状況になっている。---

---現状の、上値レジスタンスは、チャート・ポイントである[119.50]だから、
  [119.50]を上に抜けない限り、ダウンサイド・リスクの方が大きい。---

---もちろん、現状は、「下値持ち合い相場」を形成中だから、
  [117.00-119.50]のゾーンで、上下動を繰り返す可能性もある。
  しかし、[117.50]の下値のサポートを割り込んだ、今、
  [117.00]が、現在の下値のサポート。
  [117.00]を、『完璧に』下に割り込むと、
  もう一段、さらなる急落をする可能性がある。
  その際には、下落のスピードが加速する可能性も高い。
  そうなると、受ける印象は、
  「フリー・フォール」に近いものになるだろう。---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(8月6日)のロンドン市場のドル/円(USD/JPY)は、
117円台後半から118円台に乗せたあたりでの小動き。

昨日(8月6日)のニューヨーク市場になると、
ニューヨーク株式が堅調に推移したために、
ドル/円(USD/JPY)、クロス円の買戻しとなった。

ニューヨーク・ダウは、280ドルを超える大幅上昇。
株高を材料に、ドル/円(USD/JPY)は、117円台後半から一気に119円台前半へ、
1円以上の急騰となった。

このところの、「円高」は、
ニューヨーク市場の株安が引鉄(ひきがね)となって、進行した。
その、逆回転が、昨日(8月6日)のニューヨーク市場で起きた、
といったところ。

ニューヨーク・クローズは、118円台後半程度に小緩んだ。

昨日(8月6日)のニューヨーク市場の値動きに関しては、
上述の、
『現状は、「下値持ち合い相場」を形成中だから、
 [117.00-119.50]のゾーンで、上下動を繰り返すパターン』

「このパターンで、来たか・・・」といったところ。(←個人的な感想)

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

本日(8月7日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
概して、118円台後半から118円台ミドル程度での小動き。

東京市場になると、積極的な値動きが無い。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

本日(8月7日)のニューヨーク市場では、FOMCがある。
しかし、ドル金利に変更もないし、特段のコメントも無いだろう、
と、個人的には、考えている。

『あー、そーいえば、今日(8月7日)はFOMCかぁ・・・。
 忘れてたヨー。』

『マーケットでは、思惑を持って、動かしたい人が、
 まだ、いるから、声明に期待しているだろうけど・・・。』

『今回のFOMCは、関係無いんじゃないかなぁ・・・。
 忘れてて、ちょーどいーくらい。』

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【こだわり世代のための資産運用|日経WagaMaga|財】
---FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---
   ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/money/
★7月2日(月)から金曜日までに1回分ずつ全5回更新されています
日経WagaMagaトップページ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329
●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291
●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622
(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (2)

【『絶対水準で、戦うのか?』『値動きを切り取るのか?』】---例えば、ユーロ/円の場合---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
実践!FX投資戦略セミナー ~ローリスクで堅実リターンの必勝テクニック~
主 催 パンローリング株式会社  共 催 上田ハーローFX 
開催日時 2007年8月26日(日)13:30~17:00 (受付開始 13:00)
FXスワップ金利運用術(講師:はやぶさ)
FXトレード売買テクニック(講師:松田 哲)
会 場 新宿NSビル 30階 スカイカンファレンス  東京都新宿区西新宿2-4-1
受講料:無料 http://www.panrolling.com/seminar/070826.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年08月07日
【『絶対水準で、戦うのか?』『値動きを切り取るのか?』】
---例えば、ユーロ/円の場合---

絶対値(絶対水準=絶対レベル)で、戦うのか?

それならば、---絶対水準で戦うのならば、---
ユーロ/円(EUR/JPY)は、169円から、
(正確には、高値は、168.90-95だが、それは、169と、言って良い)
160円台まで下落しているのだから、
現時点で、ユーロ/円(EUR/JPY)のロング(買い持ち=ユーロ買い円売り)を
持っているのは、誤り。

ユーロ/円(EUR/JPY)を、“BUY AND HOLD” するのは(しているのは)、
間違いと、言える。

絶対水準で、戦うのではなく、『値動きを切り取る』戦い方をするのならば、
160台を買って、163台、164台を売る行動は、正しい、と、言える。

---現状の、ごく目先の値動きで言うならば、
  162程度を買って、163、164を売る行動と言う方が、
  わかりやすいかも知れない。---

しかし、その場合は、
スクエア(ポジションの無い状態)から、始める行動。

高値でのロング・ポジションを抱えて、取る行動では無い。
---それは、『値動きを切り取る』戦い方でも無い。---

つまり、
絶対水準で、戦うならば、ユーロ/円(EUR/JPY)が、
[165.00]を割り込んだ時に、
ユーロ/円(EUR/JPY)のロングは、損切りを敢行するべき。

絶対水準で、戦うのではなく、『値動きを切り取る』戦い方をするならば、
スクエアが、基本の状態だから、
---スタート時点での、持ち高は、
  スクエア(ポジションの無い状態)のはずだから、---
高値でのロング・ポジションが残っているのは、おかしい。
(=変だ、ということ。戦い方に整合性がない。戦い方に齟齬がある。)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【こだわり世代のための資産運用|日経WagaMaga|財】
---FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---
   ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/money/
★7月2日(月)から金曜日までに1回分ずつ全5回更新されています
日経WagaMagaトップページ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329
●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291
●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622
(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2007年8月 6日 (月)

【またまた増刷がかかりました!8刷目!】---FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
実践!FX投資戦略セミナー ~ローリスクで堅実リターンの必勝テクニック~
主 催 パンローリング株式会社  共 催 上田ハーローFX 
開催日時 2007年8月26日(日)13:30~17:00 (受付開始 13:00)
FXスワップ金利運用術(講師:はやぶさ)
FXトレード売買テクニック(講師:松田 哲)
会 場 新宿NSビル 30階 スカイカンファレンス  東京都新宿区西新宿2-4-1
受講料:無料 http://www.panrolling.com/seminar/070826.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年08月06日Part2
【またまた増刷がかかりました!8刷目!】
---FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---

出版元の技術評論社からメールをいただきました。
早速に、御礼のお返事を差し上げました。

皆様にも、心より、感謝の気持ちをお伝えいたします。

松田哲、拝

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

送信者:  ******
宛先:  物語
件名:  増刷かかりました。   
日時:  2007年08月06日 11:12:05

松田様

お世話になっております。技術評論社の****です。

『FXで稼ぐ~』の増刷がかかりました。
おかげさまで、今回で8刷目です。

よろしくお願いいたします。

***************************************
(株)技術評論社
書籍編集部 ******
〒162-0846 東京都新宿区市谷左内町21-13
***************************************

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【こだわり世代のための資産運用|日経WagaMaga|財】
---FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---
   ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/money/
★7月2日(月)から金曜日までに1回分ずつ全5回更新されています
日経WagaMagaトップページ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329
●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291
●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622
(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
実践!FX投資戦略セミナー ~ローリスクで堅実リターンの必勝テクニック~
主 催 パンローリング株式会社  共 催 上田ハーローFX 
開催日時 2007年8月26日(日)13:30~17:00 (受付開始 13:00)
FXスワップ金利運用術(講師:はやぶさ)
FXトレード売買テクニック(講師:松田 哲)
会 場 新宿NSビル 30階 スカイカンファレンス  東京都新宿区西新宿2-4-1
受講料:無料 http://www.panrolling.com/seminar/070826.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年08月06日
【マーケット・コメント】
---ドル/円(USD/JPY)---

(前振り=枕詞)
---既に書いたことの繰り返しになりますが、
  状況が変わっていないので、何度でも引用します。
  しつこいのですが、マーケットの与件が変わっていないのです。
  文章の文言を変えても、中身は、一緒ならば、
  変えない方がわかり易いからです。---

---マーケットの状況を伝えることは、
  文学的な小説を書くのとは違います。
  面白くなくても、同じ文章を、繰り返すことで、
  状況に変化が無いことを確認しています。---

「夏休み相場」なので、無理に、何かをするべきところでも無い、
と考えています。

ただし、
120円台よりも、高いコストで保有している
ドル/円(USD/JPY)のロング(ドル/円の買い持ち)は、
いったん、「損切り」を敢行するべき、と考えています。

つまり、以下のように、考えています。

---[121.80]アラウンドが下に切れたときに、
  もしくは、[120.80]アラウンドが下に切れたときに、
  「損切り」を行っておくべきだった---

---最悪のケースでも、[119.50]を下に割り込んだ際に、
  「損切り」を行っておくべきだった---

---そのことは、[119.50]を下に抜ける前に、
  何度も警鐘を鳴らしました
  わざわざ、【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】から、
  引用しています(2007年07月24日号Part2)
http://blog.mag2.com/m/log/0000089158/108789857.html?page=2 ---

---もちろん、相場だから、
  これから、反発上昇をする可能性が無いとは言わない---

---だとしても、いったん、「損切り」を敢行して、
  改めて、[119.50]を上に抜けていくことを確認してから、
  ドル/円(USD/JPY)のロング(ドル/円の買い持ち)を取ればよい---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【Fly to quality:質への逃避】は、
株式から債券への資金シフトを惹起(じゃっき)する。
---リスクの高いものから、リスクの低いものへの動き---

そのため、「米国国債(T-Bond)の買い」となり、
米国国債利回り(=長期金利)は低下した。

【Fly to quality:質への逃避】は、
当然に、「為替リスクの回避」も惹起する。
---自国通貨へ回帰すれば、為替リスクは無くなる。
  「円キャリー・トレード」を止めれば、為替リスクは無くなる。---

そのため、「円キャリー・トレードのアンワインド(解消)」もでる。

米国長期金利も下落気味ということは、日米金利差縮小であり、
「円キャリー・トレードのアンワインド(解消)」は、
ますます出ることになる。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

まだ、【Fly to quality:質への逃避】による、
「為替リスクの回避」のセンチメントは、収まっていない。

言い換えれば、まだ、「円キャリー・トレードのアンワインド(解消)」が、
収まった雰囲気はない。

しかし、「夏休み相場」で、市場参加者が少なくなっていることも、
単なる事実(単なる現実)。

【Fly to quality:質への逃避】すなわち、
「円キャリー・トレードのアンワインド(解消)」というテーマと、
「夏休み相場」というテーマが、それぞれに、独立して、
マーケット(外国為替市場=FX市場)に、ワーク(作用)している。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

---ドル/円(USD/JPY)---

【前半部分は、昨日(8月5日)に配信したコメントの引用(再配信)です。
 あえて、そのまま引用(再配信)しています。】

先週末(8月3日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
119円台前半---[119.15-20]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間午前9:00---

先週末(8月3日)のニューヨーク市場で発表される
「米国失業率(米国雇用統計)」を控えての様子見で、
東京市場のドル/円(USD/JPY)は、119円台前半で、動きらしい動きなし。

先週末(8月3日)のロンドン市場も、
「米国失業率(米国雇用統計)」前の様子見で、まったく動き無し。
ドル/円(USD/JPY)は、119円台前半に推移。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

注目された米国失業率は、[4.6%]。事前予想は[4.5%]だったので、
マーケットは、「ドル売り」に反応。

「非農業部門雇用者数」は、[+92,000人]
事前の予想は、[+127,000人]で、これも予想よりも悪かった。

また、前回の「非農業部門雇用者数」が、
[+132,000人]から、[+126,000人]に下方修正された。

「非農業部門雇用者数」は、ドル売り材料。

ドル/円(USD/JPY)は、「米国失業率(米国雇用統計)」に反応して、
119円台前半から118円台前半---[118.15-20]レベル---に下落。

ニューヨーク市場は、週末の金曜日で、市場参加者が薄く、
急落後のリバウンド(綾戻し)で、118円台ミドルに戻したが、
ニューヨーク・クローズにかけて、再び、「ドル売り気配」強まり、
[118.00]アラウンドで引けた。

ニューヨーク市場の昼過ぎまで、
ドル・ロング・ポジションを抱えていた向きが、
ニューヨーク・クローズにかけて、「ドルの投売り」に動いたのだろう、
そして、ニューヨーク市場の週末金曜日の夕方には、
市場参加者は、帰宅してほとんどいない状態だから、
118円台ミドルから[118.00]アラウンドまで急落してしまった、
『舞台裏』は、そんなことが起こっていたのだろう、と思量する。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

週明けの、ウェリントン市場、シドニー市場で、
「窓を開けての急落」の可能性も大きくなった。

別に、「窓を開けての急落」になろうと、単なる「ドル売り気配」であろうと、
どちらでも良い(どちらでも、構わない)。

リスクが高まっている状況で、ドル/円のロングを保有しているのは、
非常に危険なだけです。
(=意味の無い、単なるハイ・リスク状態。
  リターンを期待できないのに、ただ単にハイ・リスクな状態)

120円台よりも、高いコストで保有している
ドル/円(USD/JPY)のロング(ドル/円の買い持ち)は、
いったん、「損切り」を敢行するべき、と考えています。
---「切るべき時」に切らないと、ますます、切れなくなって、
  「座して死を待つ状態」に追い込まれます。---

ドル・ロングで戦いたければ、
改めて、[119.50]を上に抜ける状況が整ってから、敢然と、
ドル/円(USD/JPY)のロング(ドル/円の買い持ち)を取れば良いのです。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

現在の状況では、スピードが加速しようと、しまいと、
---つまり、週明けの、ウェリントン市場、シドニー市場で、
  「窓を開けての急落」をしようと、しまいと、---
ドル/円(USD/JPY)は、次のチャート・ポイント[117.50]を下に抜けると、
もう一段、急落する可能性が高い状態です。

(以上引用)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

本日(8月6日)、週明け月曜日のウェリントン市場、シドニー市場で、
上記に書いたとおりに、「窓を開けての急落」となった。

シドニー市場で、ドル/円(USD/JPY)は、[117.15-25]レベルまで急落。
「窓を開けて」突っ込んでの急落を見た後で、
シドニー市場の時間帯に、117円台ミドルに戻している。

本日(8月6日)、週明け月曜日の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
117円台ミドル---[117.55-60]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間午前9:00---

本日(8月6日)週明け月曜日の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
ウェリントン市場、シドニー市場での、「窓を開けての急落」で、
『やることをやってしまった雰囲気』。東京市場で、動きらしい動きがない。

水準(レベル)が、117円台ミドルと、目新しいところなので、
「手が出ない」ということ、
そして、「夏休み相場」なので、市場参加者も少ないし、やる気もない、
といったところ。

しかし、このところのドル/円(USD/JPY)の安値を更新して下落しており、
かつ、チャート・ポイントだった[117.50]も、
本日(8月6日)のウェリントン市場、シドニー市場で、
『完璧に』割り込んでいる。

もう、[117.50]は、サポート・ポイント(支持する為替レート)でも、
何でもない。

本日(8月6日)の海外市場(ロンドン市場・ニューヨーク市場)で、
もしくは、明日(8月7日)以降のマーケットで、
もう一段、さらに下落する可能性が高い状態になっている。

---念のために説明を加えておくが、
  もちろん相場だから、反発上昇する可能性が無いとは言わない。
  反発上昇する可能性と、もう一段、さらに下落する可能性では、
  格段に後者が大きい状況になっている。---

---現状の、上値レジスタンスは、チャート・ポイントである[119.50]だから、
  [119.50]を上に抜けない限り、ダウンサイド・リスクの方が大きい。---

---もちろん、現状は、「下値持ち合い相場」を形成中だから、
  [117.00-119.50]のゾーンで、上下動を繰り返す可能性もある。
  しかし、[117.50]の下値のサポートを割り込んだ、今、
  [117.00]が、現在の下値のサポート。
  [117.00]を、『完璧に』下に割り込むと、
  もう一段、さらなる急落をする可能性がある。
  その際には、下落のスピードが加速する可能性も高い。
  そうなると、受ける印象は、
  「フリー・フォール」に近いものになるだろう。---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【こだわり世代のための資産運用|日経WagaMaga|財】
---FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---
   ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/money/
★7月2日(月)から金曜日までに1回分ずつ全5回更新されています
日経WagaMagaトップページ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329
●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291
●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622
(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2007年8月 5日 (日)

【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
実践!FX投資戦略セミナー ~ローリスクで堅実リターンの必勝テクニック~
主 催 パンローリング株式会社  共 催 上田ハーローFX 
開催日時 2007年8月26日(日)13:30~17:00 (受付開始 13:00)
FXスワップ金利運用術(講師:はやぶさ)
FXトレード売買テクニック(講師:松田 哲)
会 場 新宿NSビル 30階 スカイカンファレンス  東京都新宿区西新宿2-4-1
受講料:無料 http://www.panrolling.com/seminar/070826.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年08月05日
【マーケット・コメント】
---ドル/円(USD/JPY)---

(前振り=枕詞)

「夏休み相場」なので、無理に、何かをするべきところでも無い、
と考えています。

ただし、
120円台よりも、高いコストで保有している
ドル/円(USD/JPY)のロング(ドル/円の買い持ち)は、
いったん、「損切り」を敢行するべき、と考えています。

つまり、以下のように、考えています。

---[121.80]アラウンドが下に切れたときに、
  もしくは、[120.80]アラウンドが下に切れたときに、
  「損切り」を行っておくべきだった---

---最悪のケースでも、[119.50]を下に割り込んだ際に、
  「損切り」を行っておくべきだった---

---そのことは、[119.50]を下に抜ける前に、
  何度も警鐘を鳴らしました
  わざわざ、【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】から、
  引用しています(2007年07月24日号Part2)
http://blog.mag2.com/m/log/0000089158/108789857.html?page=2 ---

---もちろん、相場だから、
  これから、反発上昇をする可能性が無いとは言わない---

---だとしても、いったん、「損切り」を敢行して、
  改めて、[119.50]を上に抜けていくことを確認してから、
  ドル/円(USD/JPY)のロング(ドル/円の買い持ち)を取ればよい---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

---ドル/円(USD/JPY)---

先週末(8月3日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
119円台前半---[119.15-20]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間午前9:00---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

【Fly to quality:質への逃避】は、
株式から債券への資金シフトを惹起(じゃっき)する。
---リスクの高いものから、リスクの低いものへの動き---

そのため、「米国国債(T-Bond)の買い」となり、
米国国債利回り(=長期金利)は低下した。

【Fly to quality:質への逃避】は、
当然に、「為替リスクの回避」も惹起する。
---自国通貨へ回帰すれば、為替リスクは無くなる。
  「円キャリー・トレード」を止めれば、為替リスクは無くなる。---

そのため、「円キャリー・トレードのアンワインド(解消)」もでる。

米国長期金利も下落気味ということは、日米金利差縮小であり、
「円キャリー・トレードのアンワインド(解消)」は、
ますます出ることになる。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

まだ、【Fly to quality:質への逃避】による、
「為替リスクの回避」のセンチメントは、収まっていない。

言い換えれば、まだ、「円キャリー・トレードのアンワインド(解消)」が、
収まった雰囲気はない。

しかし、「夏休み相場」で、市場参加者が少なくなっていることも、
単なる事実(単なる現実)。

【Fly to quality:質への逃避】すなわち、
「円キャリー・トレードのアンワインド(解消)」というテーマと、
「夏休み相場」というテーマが、それぞれに、独立して、
マーケット(外国為替市場=FX市場)に、ワーク(作用)している。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

先週末(8月3日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
119円台前半---[119.15-20]レベル---でオープン。

先週末(8月3日)のニューヨーク市場で発表される
「米国失業率(米国雇用統計)」を控えての様子見で、
東京市場のドル/円(USD/JPY)は、119円台前半で、動きらしい動きなし。

先週末(8月3日)のロンドン市場も、
「米国失業率(米国雇用統計)」前の様子見で、まったく動き無し。
ドル/円(USD/JPY)は、119円台前半に推移。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

注目された米国失業率は、[4.6%]。事前予想は[4.5%]だったので、
マーケットは、「ドル売り」に反応。

「非農業部門雇用者数」は、[+92,000人]
事前の予想は、[+127,000人]で、これも予想よりも悪かった。

また、前回の「非農業部門雇用者数」が、
[+132,000人]から、[+126,000人]に下方修正された。

「非農業部門雇用者数」は、ドル売り材料。

ドル/円(USD/JPY)は、「米国失業率(米国雇用統計)」に反応して、
119円台前半から118円台前半---[118.15-20]レベル---に下落。

ニューヨーク市場は、週末の金曜日で、市場参加者が薄く、
急落後のリバウンド(綾戻し)で、118円台ミドルに戻したが、
ニューヨーク・クローズにかけて、再び、「ドル売り気配」強まり、
[118.00]アラウンドで引けた。

ニューヨーク市場の昼過ぎまで、
ドル・ロング・ポジションを抱えていた向きが、
ニューヨーク・クローズにかけて、「ドルの投売り」に動いたのだろう、
そして、ニューヨーク市場の週末金曜日の夕方には、
市場参加者は、帰宅してほとんどいない状態だから、
118円台ミドルから[118.00]アラウンドまで急落してしまった、
『舞台裏』は、そんなことが起こっていたのだろう、と思量する。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

週明けの、ウェリントン市場、シドニー市場で、
「窓を開けての急落」の可能性も大きくなった。

別に、「窓を開けての急落」になろうと、単なる「ドル売り気配」であろうと、
どちらでも良い(どちらでも、構わない)。

リスクが高まっている状況で、ドル/円のロングを保有しているのは、
非常に危険なだけです。
(=意味の無い、単なるハイ・リスク状態。
  リターンを期待できないのに、ただ単にハイ・リスクな状態)

120円台よりも、高いコストで保有している
ドル/円(USD/JPY)のロング(ドル/円の買い持ち)は、
いったん、「損切り」を敢行するべき、と考えています。
---「切るべき時」に切らないと、ますます、切れなくなって、
  「座して死を待つ状態」に追い込まれます。---

ドル・ロングで戦いたければ、
改めて、[119.50]を上に抜ける状況が整ってから、敢然と、
ドル/円(USD/JPY)のロング(ドル/円の買い持ち)を取れば良いのです。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

現在の状況では、スピードが加速しようと、しまいと、
---つまり、週明けの、ウェリントン市場、シドニー市場で、
  「窓を開けての急落」をしようと、しまいと、---
ドル/円(USD/JPY)は、次のチャート・ポイント[117.50]を下に抜けると、
もう一段、急落する可能性が高い状態です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【こだわり世代のための資産運用|日経WagaMaga|財】
---FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---
   ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/money/
★7月2日(月)から金曜日までに1回分ずつ全5回更新されています
日経WagaMagaトップページ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329
●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291
●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622
(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (2)

« 2007年7月29日 - 2007年8月4日 | トップページ | 2007年8月12日 - 2007年8月18日 »