« 2007年7月22日 - 2007年7月28日 | トップページ | 2007年8月5日 - 2007年8月11日 »

2007年8月 4日 (土)

週末のひとりごと

週末のひとりごと


8月1日(水)のNY市場の際の「ひとりごと」で、
---メールマガジンの配信は、8月2日(木)00:00---

以下の通りに述べた。


●小口で、「ユーロ買いドル売り」をやっておく、
1.36台 1.37台のうちに。

●ドルスイスが、
1.2000 を割れて加速するなら、
それを、ホールド。

●さらに、「ユーロ買いドル売り」の積み増しを探る。

●ドルスイスが、1.2100 を越えて上昇する場合は、
「ユーロ買いドル売り」のポジションを損切る!


★予定通りの展開になっています!

ユーロ高トレンドには、
変化が、まだ、無い、と、
考えています。

ドルスイスが、1.19方向にあるので、
「ユーロ買いドル売り」の
積み増しを考えるところです。

しかし、
「円キャリートレードのアンワインド(解消)」
が、起きているので、
『ユーロ円』を買うのは、
現時点では、ダメ。

『ユーロドル』をストレートで、買うべき。

ドルスイスを、
メルクマール(目印・指標)に使いやすいので、
使っているだけです。

ユーロドルの値動きが、緩慢で、
相場の流れを読み取り難いので、
ドルスイスの値動きを、
「魚つり」の『浮き』がわりに、
使っているだけです。

ユーロドルが、上昇する場合は、
ドルスイスは、下落する。ドルスイスの方が、
今は、見やすいと、感じる。

| | コメント (0)

2007年8月 3日 (金)

【マーケット・コメント】---ユーロ/円(USD/JPY)---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
実践!FX投資戦略セミナー ~ローリスクで堅実リターンの必勝テクニック~
主 催 パンローリング株式会社  共 催 上田ハーローFX 
開催日時 2007年8月26日(日)13:30~17:00 (受付開始 13:00)
FXスワップ金利運用術(講師:はやぶさ)
FXトレード売買テクニック(講師:松田 哲)
会 場 新宿NSビル 30階 スカイカンファレンス  東京都新宿区西新宿2-4-1
受講料:無料 http://www.panrolling.com/seminar/070826.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年08月03日Part2
【マーケット・コメント】
---ユーロ/円(USD/JPY)---

7月下旬になって、【Fly to quality:質への逃避】が起こり、
「為替リスクの回避」を惹起(じゃっき)した。

---自国通貨へ回帰すれば、為替リスクは無くなる。
  「円キャリー・トレード」を止めれば、為替リスクは無くなる。---
といった論理(ロジック)だ。

そのため、「円キャリー・トレードのアンワインド(解消)」も出ている。

基本的に、「円キャリー・トレードのアンワインド(解消)」は、
『ドル/円(USD/JPY)相場』に集約されるから、
このところ、『ドル/円(USD/JPY)相場』を丁寧に、詳細に述べた。

すると、ユーロ/円(USD/JPY)にまで、手が回らない、
という状況・状態になります。
しかし、ドル/円(USD/JPY)のコメントの中に、集約されているのです。

そういった意味を汲み取って、
ドル/円(USD/JPY)のコメントを読んでいただければ、ありがたい、
と、思っています。

このところの、ユーロ/円(USD/JPY)に関して、記述しておきます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

---ユーロ/円(USD/JPY)---

6月中旬に、ユーロ/円(USD/JPY)は、
「ユーロ統合以来の最高値」を更新して、[165.00]を上に抜けた。

6月下旬に、一時、[165.00]を割り込む局面も見られたが、
俯瞰(ふかん)して見るならば、
6月中旬以降の、ユーロ/円(USD/JPY)は、
概して、165円台よりも高い水準を維持し、
「ユーロ統合以来の最高値」を何度も更新して、上昇を続けている。

通常は、クロス円の上昇相場は、
上下動(ジグザグ運動)を繰り返しながら上昇して行く。

典型的な、上昇波動に乗った値動きだった、と言える。

そういった、典型的な、上昇波動に乗った値動きは、7月中旬まで続いた。

7月の中旬には、168円台後半---「168.90-95」レベル---の
「ユーロ統合以来の最高値」を付けている。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

7月20日(金)の東京市場のユーロ/円(EUR/JPY)は、
[168.50-55]レベルでオープン。

7月20日(金)の東京市場のユーロ/円(EUR/JPY)は、
更なる「ユーロ統合以来の最高値」をトライする雰囲気も広がっていた。

しかし、東京市場午後の高値は、[168.80-85]アラウンドで、
「ユーロ統合以来の最高値」水準の、「168.90-95」レベルに届かず。

東京市場クローズ(東京時間17:00)は、168円台ミドルに垂れ下がった。

7月20日(金)のロンドン市場のユーロ/円(EUR/JPY)は、
168円台ミドルで小動き。

7月20日(金)のニューヨーク市場になって、
サブプライム・ローン問題を材料に、ドル売りが広がった。

ドル/円(USD/JPY)は、[122.00]を割り込むと、
121円台後半から、121円台ミドルに、急落。

サブプライム・ローン問題は、
「米国へ投資されている資金の引き上げ」を促している。

リスクを回避する、つまり、ヘッジ(Hedge)の意識を高めている。

このところ、
活発に、拡大していた円キャリー・トレードのアンワインド(買戻し)が出て、
「円買い」は加速した。

この「円買い」の影響から、ユーロ/円(EUR/JPY)は、
168円台ミドルから167円台ミドルに、1円以上の急落となった。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

7月23日(月)のシドニー市場で、ユーロ/円(EUR/JPY)は、
167円台ミドル程度から、168円台ミドル程度に急騰。

しかし、シドニー市場で投機的に「ユーロ買い円売り」を仕掛けた様子。
シドニー市場の時間帯のうちに、167円台後半に戻している。
---売りたいから、買いを仕掛けたのではないか?
  と考えています。---

7月23日(月)の東京市場では、ユーロ/円(EUR/JPY)は、
167円台後半で---[167.80-85]レベル---で寄り付いた。

東京市場が始まると、すぐに167円台ミドルに下落した。
その後は、概して、167円台ミドルないし、167円台前半程度。

7月23日(月)の時点で、以下のように述べた。

> 円キャリー・トレードを行なってきた向きは、
> 「いったんの利食い」を行なって、
> 利益を確定しておく方が良い、と考えている。

【Fly to quality:質への逃避】が、7月下旬以降のキーワードとなった。

【Fly to quality:質への逃避】は、
当然に、「為替リスクの回避」も惹起する。
---自国通貨へ回帰すれば、為替リスクは無くなる。
  「円キャリー・トレード」を止めれば、為替リスクは無くなる。---
といったロジックだ。

そのため、「円キャリー・トレードのアンワインド(解消)」もでる。

7月25日(水)のニューヨーク市場で、[165.00]を割り込んだ。
明確に、下抜けを確認できるのは、7月26日(木)のロンドン市場であるが、
【Fly to quality:質への逃避】による、
「円キャリー・トレードのアンワインド(解消)」が継続していることを
考えれば、
ユーロ/円(EUR/JPY)の、更なる下落リスクが大きいことは、明白であった。

7月26日(木)のロンドン市場で、『明確に』、[165.00]を割り込むと、
ユーロ/円(EUR/JPY)は、162円台にまで急落。
7月27日(金)の東京市場で、
[164.00]アラウンドまでのリバウンド(綾戻し)を見る局面もあったが、
7月30日(月)のシドニー市場では、
160円台ミドル---[160.55-65]レベル---まで急落する。

7月末から、この8月上旬(本日8月3日)までのところは、
160円台ミドルから、163円台後半程度のレンジの中で、
乱高下している印象もあるが、
要するに、高値から急落した後の「下値持ち合い」を形成している。

典型的な「揺り戻し局面」(=高値から急落した後の「下値持ち合い」)
に、ユーロ/円(EUR/JPY)は、突入している。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

【揺り戻し】
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/sub038yu.htm#yurimodoshi

 相場がオーバーシュートした後で起こる修正のこと。
 あるいは、相場が大きく動いた後で起こる、その修正のこと。

 相場が行き過ぎて売られたり、買われたりすると、その後で、
 その反対の動きが起こる。その動きを指して、「揺り戻し」と言う。

 売られ過ぎて、相場が大きく下落した場合ならば、その後で、
 急な買い戻しが起こって、相場が急反発する。
 買われ過ぎて、相場が大きく上昇した場合ならば、その後で、
 頭が重くなり、相場が急落する。

 「揺り戻し」のと呼ぶ場合は、
 おおもとの流れ(相場の動き)よりも値幅が小さい。
 例えば、相場が売られ過ぎて大きく下落した後で、「揺り戻し」が起こり、
 反転急反発しても、相場が下落を始めた水準まで戻るわけではない。
 「揺り戻し」が起こると、その水準で、
 小さな「レンジ相場」を作ることが多い。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

このまま、まだ、
「持ち合い相場」(=高値から急落した後の「下値持ち合い」)が続くのか、
「円キャリー・トレード」が復活するのか、今の時点では、判断が付かない。

「下値持ち合い」が、もうしばらく続き、下値が固まってくれば、
「円キャリー・トレード」が復活する可能性も否定しないが、
「下値持ち合い」が、始まったのが、7月27日(金)であることを考えると、
この8月いっぱいくらいまで「下値持ち合い」が、継続しないと、
『底値固め』とは、呼びにくい。

仮に、事前の予想通りに、(予定通りに、)
円金利の、[0.25%]引き上げが実施されても、
その絶対値は、[0.75%]なのだから、
「円キャリー・トレード」が復活する可能性も否定しない。

しかし、
『今後、円金利引き上げは、断続的に引き上げが実施されることになる』
(と、予測する)。

まだ、そうはならないだろうと考えているが、
マーケットの注目(関心)が、
『円金利の変化(今後もさらに上昇していく)』に向かうと、
「円キャリー・トレード」は復活するのではなく、
「円キャリー・トレードのアンワインド(解消・巻き戻し)」が、
継続することになる。

もっと、わかりやすく、為替レートで換言するならば、
『ユーロ/円(EUR/JPY)が、[160.00]を下に割り込むのか?』
『ユーロ/円(EUR/JPY)の、[160.00]がサポートされるのか?』
が、ポイントになる。

現在のところ、ユーロ/円(EUR/JPY)は、
高値から急落した後の、
典型的な「揺り戻し局面」(=高値から急落した後の「下値持ち合い」)
にある。

下値リスクは、収まっていない。

「夏休み相場」でもあるし、
ユーロ/円(EUR/JPY)は、しばらく、様子見で良い、と考えている。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【こだわり世代のための資産運用|日経WagaMaga|財】
---FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---
   ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/money/
★7月2日(月)から金曜日までに1回分ずつ全5回更新されています
日経WagaMagaトップページ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329
●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291
●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622
(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (2)

【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
実践!FX投資戦略セミナー ~ローリスクで堅実リターンの必勝テクニック~
主 催 パンローリング株式会社  共 催 上田ハーローFX 
開催日時 2007年8月26日(日)13:30~17:00 (受付開始 13:00)
FXスワップ金利運用術(講師:はやぶさ)
FXトレード売買テクニック(講師:松田 哲)
会 場 新宿NSビル 30階 スカイカンファレンス  東京都新宿区西新宿2-4-1
受講料:無料 http://www.panrolling.com/seminar/070826.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年08月03日
【マーケット・コメント】
---ドル/円(USD/JPY)---

このところのコメントに加筆修正を加えました。

基本的に、昨日(8月2日)、今日(8月3日)の動きは、
本日(8月3日)のニューヨーク市場で発表される
「米国失業率(米国雇用統計)」を控えての様子見で、
動きらしい動きはない、と考えています。

「夏休み相場」なので、無理に、何かをするべきところでも無い、
と考えています。

ただし、
120円台よりも、高いコストで保有している
ドル/円(USD/JPY)のロング(ドル/円の買い持ち)は、
いったん、「損切り」を敢行するべき、と考えています。

つまり、以下のように、考えています。

---[121.80]アラウンドが下に切れたときに、
  もしくは、[120.80]アラウンドが下に切れたときに、
  「損切り」を行っておくべきだった---

---最悪のケースでも、[119.50]を下に割り込んだ際に、
  「損切り」を行っておくべきだった---

---もちろん、相場だから、
  これから、反発上昇をする可能性が無いとは言わない---

---だとしても、いったん、「損切り」を敢行して、
  改めて、[119.50]を上に抜けていくことを確認してから、
  ドル/円(USD/JPY)のロング(ドル/円の買い持ち)を取ればよい---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

以下、加筆修正を加えた本文。

---ドル/円(USD/JPY)---

昨日(8月2日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
118円台後半---[118.85-90]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間午前9:00---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

先週の7月26日(木)のニューヨーク市場で、
ドル/円(USD/JPY)は、チャート・ポイントであった[119.50]を、
簡単に、そして、『完璧に』下に抜けた。

チャート・ポイント[119.50]を割り込んだ、その際の下落は、
下落スピードを加速して、[118.00]アラウンドまで。

---その際には、チャート・ポイントを割り込んで、
  1円50銭以上の急落となっている。
  このことからも、
  [119.50]がチャート・ポイントであった証左と言える。---

---[119.50]の重要性には、事前に何度も述べた。---

そして、それ以降の7月下旬から昨日(8月2日)までは、
そして、今のところ、本日(8月3日)の東京市場も含めて
「下値持ち合い」を形成している。

概して、ドル/円(USD/JPY)は、
[117.50-119.50]のゾーンでの「下値持ち合い」=「ボックス相場」、
を形成している。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

確実に、「夏休み相場」で、通常の時よりも、市場参加者が、少ない。
そのため、---少ない参加者なので、---
マーケットのセンチメント(雰囲気)は、コロコロと変わる(変わりやすい)。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

7月下旬になってのドル/円(USD/JPY)急落後は、
[118.00-119.50]程度の「持ち合い相場」で、
「夏休み相場」の雰囲気もあったが、
7月31日(火)のニューヨーク市場の午後から夕方に、
ニューヨーク株式が、下落したことから、
リスク回避(Fly to quality:質への逃避)に、
センチメント(マーケットの雰囲気)は一変。

【Fly to quality:質への逃避】は、
株式から債券への資金シフトを惹起(じゃっき)する。
---リスクの高いものから、リスクの低いものへの動き---

そのため、「米国国債(T-Bond)の買い」となり、
米国国債利回り(=長期金利)は低下した。

【Fly to quality:質への逃避】は、
当然に、「為替リスクの回避」も惹起する。
---自国通貨へ回帰すれば、為替リスクは無くなる。
  「円キャリー・トレード」を止めれば、為替リスクは無くなる。---

そのため、「円キャリー・トレードのアンワインド(解消)」もでる。

米国長期金利も下落気味ということは、日米金利差縮小であり、
「円キャリー・トレードのアンワインド(解消)」は、
ますます出ることになる。

こういったことから、
7月31日(火)のニューヨーク市場の午後から夕方に、
ドル/円(USD/JPY)は、[118.40]アラウンドまで下落した。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

8月1日(水)のシドニー市場、
および、東京市場の午前中のドル/円(USD/JPY)は、
[118.50]を挟んでの小動きだった。

ところが、東京市場の午後になって、
日本株式の下落、アジア株の下落を材料に、
「円キャリー・トレードのアンワインド(解消)」の動きが広がり、
ドル/円(USD/JPY)は、[118.00]を割り込んで急落。

[117.80]アラウンドには、
ストップ・ロス(損切りのドル売り円買い)もあった様子で、
安値は、[117.55-65]レベルを付けた。

下値サポートであった[118.00]アラウンドを、
---ないし、117円台後半を、---
明確に、下に抜けて、
ドル/円(USD/JPY)は、さらに急落する可能性が広がった。

8月1日(水)の東京クローズ(東京市場夕方)は、そんなセンチメント。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

8月1日(水)のロンドン市場の朝方は、117円台後半の「円高水準」で、
気迷いだったが、ロンドン市場で、大量の「ドル買い円売り」が出て、急騰。

一気に、約1円の急上昇を見ている。118円台後半まで一気に上昇している。
「一部投機筋のドル買い仕掛け」と見ている。

このままでは、もう一段の、ドル/円(USD/JPY)急落となりそうだ、
と判断した「ドルをサポートしたい向き」が、
大量の「ドル買い円売り」を行ったのではないか、と考えている。
薄いマーケットを狙った、投機的な売買と見ている。

方や、「売り方(ドル売り派)」も、
[119.00]アラウンドには待ち構えていた様子で、
「買い方(ドル買い派)」と「売り方(ドル売り派)」の攻防が見られた。

8月1日(水)のロンドン市場、および、ニューヨーク市場の朝方は、
118円台ミドル(ないし、[118.30]程度)で、
ドル/円(USD/JPY)をサポートしようとする向きと、
「118円台後半のドル売り」で、
ドルの上値を抑えようとする向きとの『心理戦』といった雰囲気。

8月1日(水)のニューヨーク・クローズは、118円台後半の高値引け。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(8月2日)のシドニー市場では、
前日のニューヨーク・クローズが、118円台後半の高値引けした勢いで、
ドル/円(USD/JPY)は、119円台に乗せたが、それも一時的な動きに過ぎず。

昨日(8月2日)の東京市場では、
ドル/円(USD/JPY)は、118円台後半---[118.85-90]レベル---でオープン。

昨日(8月2日)の東京市場も、
118円台ミドル(ないし、[118.30]程度)で、
ドル/円(USD/JPY)をサポートしようとする向きと、
「118円台後半のドル売り」で、
ドルの上値を抑えようとする向きとの攻防が続いている雰囲気。

東京市場では、昼過ぎに[118.50]を割り込む場面もあったが、
概して、東京市場は、118円台ミドル、ないし118円台後半程度の持ち合い。

昨日(8月2日)のロンドン市場で、119円台前半に乗せた。
---通常の、フラクチュエーションの範囲で、上昇に特段の意味はない、
  と、考えている。---

昨日(8月2日)のニューヨーク市場も、概して、119円台前半での小動き。

本日(8月3日)発表される「米国失業率(米国雇用統計)」を控えての様子見。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

まだ、【Fly to quality:質への逃避】による、
「為替リスクの回避」のセンチメントは、収まっていない。
---自国通貨へ回帰すれば、為替リスクは無くなる。
  「円キャリー・トレード」を止めれば、為替リスクは無くなる。---

言い換えれば、まだ、「円キャリー・トレードのアンワインド(解消)」が、
収まった雰囲気はない。

しかし、「夏休み相場」で、市場参加者が少なくなっていることも、
単なる事実(単なる現実)。

【Fly to quality:質への逃避】すなわち、
「円キャリー・トレードのアンワインド(解消)」というテーマと、
「夏休み相場」というテーマが、それぞれに、独立して、
マーケット(外国為替市場=FX市場)に、ワーク(作用)している。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

本日(8月3日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
119円台前半---[119.15-20]レベル---でオープン。

本日(8月3日)のニューヨーク市場で発表される
「米国失業率(米国雇用統計)」を控えての様子見で、
119円台前半で、動きらしい動きなし。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【こだわり世代のための資産運用|日経WagaMaga|財】
---FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---
   ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/money/
★7月2日(月)から金曜日までに1回分ずつ全5回更新されています
日経WagaMagaトップページ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329
●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291
●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622
(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2007年8月 2日 (木)

【質への逃避】---用語解説(外為用語の基礎知識)---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
実践!FX投資戦略セミナー ~ローリスクで堅実リターンの必勝テクニック~
主 催 パンローリング株式会社  共 催 上田ハーローFX 
開催日時 2007年8月26日(日)13:30~17:00 (受付開始 13:00)
FXスワップ金利運用術(講師:はやぶさ)
FXトレード売買テクニック(講師:松田 哲)
会 場 新宿NSビル 30階 スカイカンファレンス  東京都新宿区西新宿2-4-1
受講料:無料 http://www.panrolling.com/seminar/070826.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年08月02日Part2
【質への逃避】
---用語解説(外為用語の基礎知識)---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【質への逃避】

英語の"Fly to quality"を和訳したもの。
日本語では「質への逃避」という。

何らかの理由で、金融市場が混乱するなどして、
リスクに対する不安心理が高まると、
投資家たちは、リスクを避けるために
「より安全性(信用度)・流動性(換金性)の高い投資対象」へ
投下資金を移動させる行動に出ます。

具体例を挙げると、

「新興諸国市場(エマージング市場)から
先進国市場へ資金を移動させること」

「為替変動リスクを回避するために、
外貨に投資していた資金を自国に引き揚げること」

「価格変動リスクの高い株式から、債券へ資金を移動させること」

「債券の中でも社債や住宅ローン担保証券などから
国債へ資金を移動させること」

こういった行動を指して、"Fly to quality"(質への逃避)という。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【こだわり世代のための資産運用|日経WagaMaga|財】
---FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---
   ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/money/
★7月2日(月)から金曜日までに1回分ずつ全5回更新されています
日経WagaMagaトップページ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329
●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291
●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622
(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
実践!FX投資戦略セミナー ~ローリスクで堅実リターンの必勝テクニック~
主 催 パンローリング株式会社  共 催 上田ハーローFX 
開催日時 2007年8月26日(日)13:30~17:00 (受付開始 13:00)
FXスワップ金利運用術(講師:はやぶさ)
FXトレード売買テクニック(講師:松田 哲)
会 場 新宿NSビル 30階 スカイカンファレンス  東京都新宿区西新宿2-4-1
受講料:無料 http://www.panrolling.com/seminar/070826.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年08月02日
【マーケット・コメント】
---ドル/円(USD/JPY)---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

---ドル/円(USD/JPY)---

昨日(8月1日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
118円台ミドル---[118.50-55]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間午前9:00---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

先週の7月26日(木)のニューヨーク市場で、
ドル/円(USD/JPY)は、チャート・ポイントであった[119.50]を、
簡単に、そして、『完璧に』下に抜けた。

チャート・ポイント[119.50]を割り込んだ、その際の下落は、
下落スピードを加速して、[118.00]アラウンドまで。
---その際には、チャート・ポイントを割り込んで、
  1円50銭以上の急落となっている。
  このことからも、
  [119.50]がチャート・ポイントであった証左と言える。---

そして、それ以降の7月下旬から昨日(8月1日)までは、
「下値持ち合い」の様相を呈していた。
概して、[118.00-119.50]のゾーンでの「ボックス相場」を形成している。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

一昨日(7月31日)のロンドン市場、および、
ニューヨーク市場の昼過ぎまでは、ドル/円(USD/JPY)も、
概して、穏やかに、119円台前半程度で持ち合った。
---上値も、チャート・ポイント[119.50]で頭を押さえつけられた印象。---

この時点で、
---一昨日(7月31日)のニューヨーク市場の昼過ぎまでの時点で、---
ドル/円(USD/JPY)の下落調整も、一服感が出て、
「夏休み相場」の雰囲気をかもし出していた。

確実に、「夏休み相場」で、通常の時よりも、市場参加者が、少ない。
そのため、---少ない参加者なので、---
マーケットのセンチメント(雰囲気)は、コロコロと変わる(変わりやすい)。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

一昨日(7月31日)のニューヨーク市場の午後から夕方に、
ニューヨーク株式が、下落したことから、
リスク回避(Fly to quality:質への逃避)に、
センチメント(マーケットの雰囲気)は一変した。

【Fly to quality:質への逃避】は、
株式から債券への資金シフトを惹起(じゃっき)する。
---リスクの高いものから、リスクの低いものへの動き---

そのため、「米国国債(T-Bond)の買い」となり、
米国国債利回り(=長期金利)は低下した。

【Fly to quality:質への逃避】は、
当然に、「為替リスクの回避」も惹起する。
---自国通貨へ回帰すれば、為替リスクは無くなる。
  「円キャリー・トレード」を止めれば、為替リスクは無くなる。---

そのため、「円キャリー・トレードのアンワインド(解消)」もでる。

米国長期金利も下落気味ということは、日米金利差縮小であり、
「円キャリー・トレードのアンワインド(解消)」は、
ますます出ることになる。

こういったことから、
一昨日(7月31日)のニューヨーク市場の午後から夕方に、
ドル/円(USD/JPY)は、[118.40]アラウンドまで下落した。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(8月1日)のシドニー市場、
および、東京市場の午前中のドル/円(USD/JPY)は、
[118.50]を挟んでの小動きだった。

一昨日(7月31日)のニューヨーク市場でドル/円(USD/JPY)は、
急落したものの、昨日(8月1日)の東京市場の午前中は、
またまた、ドル/円(USD/JPY)に、一服感が出て、
「夏休み相場」の雰囲気となった。

ところが、東京市場の午後になって、
日本株式の下落、アジア株の下落を材料に、
「円キャリー・トレードのアンワインド(解消)」の動きが広がり、
ドル/円(USD/JPY)は、[118.00]を割り込んで急落。

[117.80]アラウンドには、
ストップ・ロス(損切りのドル売り円買い)もあった様子で、
安値は、[117.55-65]レベルを付けた。

下値サポートであった[118.00]アラウンドを、
---ないし、117円台後半を、---
明確に、下に抜けて、
ドル/円(USD/JPY)は、さらに急落する可能性が広がった。

東京クローズ(東京市場夕方)は、そんなセンチメント。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(8月1日)のロンドン市場の朝方は、117円台後半の「円高水準」で、
気迷いだったが、ロンドン市場で、大量の「ドル買い円売り」が出て、急騰。

一気に、約1円の急上昇を見ている。118円台後半まで一気に上昇している。
「一部投機筋のドル買い仕掛け」と見ている。

このままでは、もう一段の、ドル/円(USD/JPY)急落となりそうだ、
と判断した「ドルをサポートしたい向き」が、
大量の「ドル買い円売り」を行ったのではないか、と考えている。
薄いマーケットを狙った、投機的な売買と見ている。

方や、「売り方(ドル売り派)」も、
[119.00]アラウンドには待ち構えていた様子で、
「買い方(ドル買い派)」と「売り方(ドル売り派)」の攻防が見られた。

ロンドン市場、および、ニューヨーク市場の朝方は、
118円台ミドル(ないし、[118.30]程度)で、
ドル/円(USD/JPY)をサポートしようとする向きと、
「118円台後半のドル売り」で、
ドルの上値を抑えようとする向きとの『心理戦』といった雰囲気。

ニューヨーク・クローズは、118円台後半の高値引け。
ただし、上値は、チャート・ポイント[119.50]には、はるか届かず、
といった雰囲気。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

本日(8月2日)のシドニー市場では、
ニューヨーク・クローズが、118円台後半の高値引けした勢いで、
ドル/円(USD/JPY)は、119円台に乗せたが、それも一時的な動きに過ぎず。

本日(8月2日)の東京市場では、
ドル/円(USD/JPY)は、118円台後半---[118.85-90]レベル---でオープン。

本日(8月2日)の東京市場も、
118円台ミドル(ないし、[118.30]程度)で、
ドル/円(USD/JPY)をサポートしようとする向きと、
「118円台後半のドル売り」で、
ドルの上値を抑えようとする向きとの攻防が続いている雰囲気。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

まだ、【Fly to quality:質への逃避】による、
「為替リスクの回避」のセンチメントは、収まっていない。
---自国通貨へ回帰すれば、為替リスクは無くなる。
  「円キャリー・トレード」を止めれば、為替リスクは無くなる。---

言い換えれば、まだ、「円キャリー・トレードのアンワインド(解消)」が、
収まった雰囲気はない。

しかし、「夏休み相場」で、市場参加者が少なくなっていることも、
単なる事実(単なる現実)。

【Fly to quality:質への逃避】すなわち、
「円キャリー・トレードのアンワインド(解消)」というテーマと、
「夏休み相場」というテーマが、それぞれに、独立して、
マーケット(外国為替市場=FX市場)に、ワーク(作用)している。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【こだわり世代のための資産運用|日経WagaMaga|財】
---FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---
   ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/money/
★7月2日(月)から金曜日までに1回分ずつ全5回更新されています
日経WagaMagaトップページ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329
●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291
●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622
(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2007年8月 1日 (水)

【先週には、119.50の重要性も書いた】---7月下旬のコメントを再送---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
実践!FX投資戦略セミナー ~ローリスクで堅実リターンの必勝テクニック~
主 催 パンローリング株式会社  共 催 上田ハーローFX 
開催日時 2007年8月26日(日)13:30~17:00 (受付開始 13:00)
FXスワップ金利運用術(講師:はやぶさ)
FXトレード売買テクニック(講師:松田 哲)
会 場 新宿NSビル 30階 スカイカンファレンス  東京都新宿区西新宿2-4-1
受講料:無料 http://www.panrolling.com/seminar/070826.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年08月01日Part2
【先週には、119.50の重要性も書いた】
---7月下旬のコメントを再送---

7月下旬のコメントを再送します。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【独断と偏見の為替相場】ひとりごと(7月28日)

GDPは、予想より、多少良かった。
しかし、GDPの影響力があるのは、30分くらいのもの。
長くても、せいぜい1時間。

米国経済指標など、そんなもの。
発表が終われば、もう、関係無い!

ダウは、下落して始まったが、戻した。
米国株価下落(サブプライム・ローン問題)を
材料としたドル売りは、一服。

金曜日のNY市場。市場参加者は、薄い。

このまま、米国株価に、動きが無ければ、
静かな可能性もある。

その場合は、
テーマ(円キャリートレードのアンワインド)は、
来週に持ち越し。

しかし、まだ、そのテーマは、終わっていない。

静かな金曜日なら良いのだが、
NY市場の午後、薄い中を、
円キャリートレードのアンワインド(解消)そのものを、
材料に、動くと怖い。

「夏休み相場」だから、
いつもより、いっそう薄い。

「夏休み相場」は、休むのが一番。

夏休みシーズンは、
7/4の独立記念日から、
8月最後の週のレイト・サマー・ホリデーまで。

その期間に、余計なことをしないで、
まるまる二ヶ月を休むのも戦術(戦略)。

市場参加者が薄い時に、
わざわざ余計なことをして、
負けるのは、「匹夫の勇」。
負ける位なら、やらない方が良い。

7月5日から、「夏休み相場」は、何度も書いた。

7月23日から、
「円キャリートレード」は、
いったん閉じる(手仕舞う)べき、と、何度も書いた。

今週には、119.50の重要性も書いた。

これ以上には、書きようが無い・・・。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2007年07月24日Part2
【あなたが相場で取る行動はどれか?】
---『FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?』から、引用---

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

から、引用します。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

この本を、書くに当たって、
『この本が出版されてから、しばらくしたら、このことが起こるだろう』
と、想定して、以下の文章を記述しました。(2006年12月に記述しました)

この本が、2007年2月22日に出版されて、
その後、すぐに、「上海株ショック」(2007年2月下旬)が起こり、
すでに、一度、以下の文章は、『役に立っています』。

しかし、本当は、2007年前半に起こることを想定していたのではなく、
これから(2007年夏以降に)起こることについて、
それを想定して書いた文章です。

私の気持ちとすれば、
『今、引用、紹介しないで、いつ、それをするのだ?!』
といったところです。

今回、仮に、『結果として、目先、役に立たなくとも』、
---仮に、2007年7月下旬に役に立たなくとも、「いずれ」という意味で、---
『以下の文章が、必ず役に立つときが来ます』。

自信を持って、そう、予言、断定します。

ただし、今回の値動きで、そうなると、断定しているのではないことにも、
留意してください。
文章の、読解力がないと、こういった『予知・予言』は、身を滅ぼします。

(傲慢に言っているのでもなく、スノビッシュでもありません。
真意を汲み取って下さることを、期待・希望します。)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

第6章 相場で勝つのはこういう人!
相場に向くメンタル、向かないメンタル

3 相場で勝てる人、負ける人

●●マーケットで起こっていること

道を歩いていると、道端に人が倒れています。
「大変だ!」
と思って近寄ってみると、瀕死の重傷。
もう、助かる見込みがない状態です。
今から救急車を呼んでも、間に合わないことは明白。
その人は、苦痛にもだえています。
正直に、「もう助からないという事実」を伝えてから、その人に尋ねます。
「ひと思いに、楽にして欲しいか?」
それとも、
「苦しいかもしれないが、そのまま、放っておいて欲しいか?」
その人が答えた通りにしてあげます。
それから、その人に、1つお願いをします。
その人には、もう無用になってしまうのですから、
「所持金を、全部いただきます」
と――。

もちろん、これはブラック・ジョークです。
ただ、こういった状況は、マーケットでは日常的に起きていることなのです。
そのことを、比喩的に表現しているのです。

●●相場の冷たい現実

たとえば、ドル/円の取引で、ドルが高値で持ち合いを続けた後で、
下落を始めたとしましょう。
もっと具体的に、
[1ドル=120円~125円]の「ボックス相場」を数カ月続けた後で、
チャート・ポイントであった[120・00]を割り込み、
次のチャート・ポイントである[119・50]を目前にした、
[119・55―65]レベルに、相場があるとしましょう。

[120円~125円]の滞空時間が長かったのですから、
そのゾーンでドルを買った人たちは、たくさんいるはずです。

そういったドル・ロング(ドル買い持ち)の人たちにとっては、
これ以上、ドルが下落してしまうと、ますます損が膨らんでしまいます。
ですから、
「[119・50]のチャート・ポイントを割り込まないで」
と祈るようにしている人たちが、まだ、たくさんいる状態です。

しかし、こういったときは、誰よりも先に[119・50]を売って、
ドルをたたき落とすことが、相場に勝つ秘訣なのです。

こう言うと、ためらい、躊躇する方もいると思います。
[119・50]をたたき売ることによって、
[120円~125円]でドルを買い、
まだ、それを保有している人たちの悲鳴が聞こえてくるようで忍びない、
と感じる方もいるでしょう。

しかし、あなたが売らなくとも、
マーケットには、無尽蔵の市場参加者がいるのです。
その誰かが、必ず、[119・50]をたたき落とします。

場合によっては、あなたは[120円~125円]で、
ドルを保有している側にいるかもしれません。
そうであれば、たたき落とされる側にいるのは、あなたなのです。

●●あなたが相場で取る行動はどれか?

あなたが、高値でドルを保有していない場合に、取るべき行動は、
次のどれでしょうか?

【1】[119・50]を売ってドルが下落したら、
[120円~125円]のゾーンでドルを保有している人たちが
かわいそう。だから、何もしないで見送る。
【2】[120円~125円]のドルを保有している人たちを
サポート・応援するために、[119・50]がつかないように、
一緒にドルを買う。
【3】[120円~125円]のドルを保有している人たちの気持ちを
考えると、かわいそうで忍びない。
けれども、次のチャート・ポイントである[119・50]を
割り込むと、上でドルを買った人たちの損切りを巻き込んで、
もう一段、ドルが急落する可能性が高い。
自分が生き残るために、勇気を振り絞って、[119・50]を売る。
【4】[120円~125円]でドルを買った人たちは、
自分の都合、責任でそうしたのだから、「馬鹿だなぁ」と思うだけ。
[119・50]を売れば勝つ可能性が高いとストレートに考えて、
[119・50]を売る。

(1)または(2)と考える人は、相場に向いていません。
(3)か(4)と答える人が、相場に向いている、と言えるでしょう。

(3)と答えた人は、道端に倒れている人に対して、
「ひと思いに、楽にして欲しいか?」「それとも、放っておいて欲しいか?」
と尋ねるタイプです。

このタイプは、一般に、経済的に恵まれていなかったり、
何かしらの苦労をしてきた人です。
そういう人は、他者の苦しさを想像できる人ですから、
マーケットの水面下で起きていることにも、想像力を働かせます。

(4)と答えた人は、育ちがよく、何の苦労もせずに、
すくすくと育ったタイプでしょう。
幼少のころは、乳母日傘(おんばひがさ)の、
お金持ちの「お坊ちゃま」「お嬢ちゃま」だったのではないでしょうか?

●●誰もが、たたかれる側に転落する可能性がある

お金持ちのお坊ちゃまが、爺やと道を歩いていると、道端に人が倒れています。
それを発見したお坊ちゃまは、爺やに命令します。
「爺や、あそこに人が倒れている。
もう死にそうだから、あの人のフトコロからお金を持ってきなさい」
爺やはうなずいて、倒れている人から財布を抜き取り、持ってきます。
「爺や、ご苦労!」
そう言って、お坊ちゃまは爺やと、その場を後にする。

ブラック・ジョークに仕立てるならば、こういったところでしょう。
相場の向き不向きで言うならば、不向きな人は、道端に人が倒れている場合に、
「大変だ! でも、面倒だから、かかわり合いにならないようにしよう」
と考えるタイプかもしれません。
――ただし、それが、一番普通なのかもしれませんが……。――

相場に勝つということは、誰かが負けている、ということです。
強い者と戦うよりも、弱い者と戦った方が、勝つ確率は高くなります。
ですから、相場は、
「弱いヤツから巻き上げる」
「弱いヤツをたたく」
といった傾向があります。
しかし、自分が弱くなれば、
すぐに、たたかれる側に回ることになる――そのことを忘れてはいけません。

●●勝っているときに、その裏側を想像できるか?

外国為替市場に集まってくる人たちは、
みな、自分が勝つことを目的としている、ということも忘れてはいけません。
安っぽい同情や情けは通用しない「弱肉強食」の世界です。
かといって、水面下での苦しみを想像できない人は、
「いずれ、淘汰されるのではないか?」
とも考えています。

相場は、多くの人たちが望まない方向に動くものです。
多くの人たちが損をする方向に相場が動き出すと、値動きは加速します。
我も我も、と損切りが湧き出てくるからです。

外国為替相場は、先に述べた「ゼロ=サム」ですから、
自分が勝っているということは、必ず誰かが負けています。
つまり、勝つためには、自分が勝っているときでも、
負けている人の気持ちがわからないといけない。
そうでないと、相場の方向性が読めない、
といったパラドックスに突き当たります。

外国為替市場は、弱肉強食の世界ですが、
他者に対する優しさや思いやりがないと、生き残れない世界でもあるのです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【こだわり世代のための資産運用|日経WagaMaga|財】
---FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---
   ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/money/
★7月2日(月)から金曜日までに1回分ずつ全5回更新されています
日経WagaMagaトップページ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329
●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291
●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622
(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
実践!FX投資戦略セミナー ~ローリスクで堅実リターンの必勝テクニック~
主 催 パンローリング株式会社  共 催 上田ハーローFX 
開催日時 2007年8月26日(日)13:30~17:00 (受付開始 13:00)
FXスワップ金利運用術(講師:はやぶさ)
FXトレード売買テクニック(講師:松田 哲)
会 場 新宿NSビル 30階 スカイカンファレンス  東京都新宿区西新宿2-4-1
受講料:無料 http://www.panrolling.com/seminar/070826.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年08月01日
【マーケット・コメント】
---ドル/円(USD/JPY)---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

---ドル/円(USD/JPY)---

昨日(7月31日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
119円台前半---[119.20-25]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間午前9:00---

先週末金曜日(7月27日)のニューヨーク・ダウは、
200ドル以上の大幅下落。
そのため、ドル円も118.50-60レベルで、ニューヨーク・クローズ。
ユーロ円も161円台で、下落傾向にて、ニューヨーク・クローズ。

そのため、一昨日(7月30日)、週明け月曜日の
ウェリントン市場・シドニー市場では、ドル/円(USD/JPY)は急落。
一時、[118.00]を割り込み、117円台後半を示現した。

しかし、週明け月曜日の東京市場は、比較的静かな展開。
118円台ミドル程度で、様子見といったところ。
東京市場の引けにかけて、ドル/円(USD/JPY)は、
[119.00]アラウンドまで上昇。

その後のロンドン市場で[119.00]アラウンドから、
118円台前半に急落する場面もあったが、
[118.00]を割り込むことがなかったことから、
その後のロンドン市場で、ジワジワと、買い戻しとなった。

一昨日(7月30日)のロンドン市場、ニューヨーク市場は、
概して、118円台での推移となった。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(7月31日)のシドニー市場では、もう一段の「ドル買戻し」となり、
ドル/円(USD/JPY)は、119円台前半に、再び乗せた。

そういった流れから昨日(7月31日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
119円台前半---[119.20-25]レベル---でオープン。

昨日(7月31日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
[119.00]を挟んだあたりでの上下動小動きに落ち着いてきた。

「夏休み相場」の雰囲気が漂ってきた。
あまり、東京市場は、やる気がなさそうだ。

昨日(7月31日)のロンドン市場、および、
ニューヨーク市場の昼過ぎまでは、ドル/円(USD/JPY)も、
概して、穏やかに、119円台前半程度で持ち合った。

ニューヨーク市場の午後から夕方に、
ニューヨーク株式が、下落したことから、
リスク回避(Fly to quality:質への逃避)に、
センチメント(マーケットの雰囲気)は一変した。

【Fly to quality:質への逃避】は、
株式から債券への資金シフトを惹起(じゃっき)する。
---リスクの高いものから、リスクの低いものへの動き---

そのため、「米国国債(T-Bond)の買い」となり、
米国国債利回り(=長期金利)は低下した。

【Fly to quality:質への逃避】は、
当然に、「為替リスクの回避」も惹起する。
---自国通貨へ回帰すれば、為替リスクは無くなる。
  「円キャリー・トレード」を止めれば、為替リスクは無くなる。---

そのため、「円キャリー・トレードのアンワインド(解消)」もでる。

米国長期金利も下落気味ということは、日米金利差縮小であり、
「円キャリー・トレードのアンワインド(解消)」は、
ますます出ることになる。

こういったことから、ニューヨーク市場の午後から夕方に、
ドル/円(USD/JPY)は、[118.40]アラウンドまで下落した。

本日(8月1日)のシドニー市場、
および、東京市場の午前中のドル/円(USD/JPY)は、
[118.50]を挟んでの小動きだったが、
東京市場の午後になって、日本株式の下落、アジア株の下落を材料に、
「円キャリー・トレードのアンワインド(解消)」の動きが広がり、
ドル/円(USD/JPY)は、[118.00]を割り込んで急落。
安値は、今のところ、[117.55-65]レベルで、117円台ミドル。

[117.80]アラウンドには、
ストップ・ロス(損切りのドル売り円買い)もあった様子。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【こだわり世代のための資産運用|日経WagaMaga|財】
---FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---
   ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/money/
★7月2日(月)から金曜日までに1回分ずつ全5回更新されています
日経WagaMagaトップページ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329
●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291
●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622
(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2007年7月31日 (火)

【マーケット・コメント】---ユーロ/ドル(EUR/USD)---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
実践!FX投資戦略セミナー ~ローリスクで堅実リターンの必勝テクニック~
主 催 パンローリング株式会社  共 催 上田ハーローFX 
開催日時 2007年8月26日(日)13:30~17:00 (受付開始 13:00)
FXスワップ金利運用術(講師:はやぶさ)
FXトレード売買テクニック(講師:松田 哲)
会 場 新宿NSビル 30階 スカイカンファレンス  東京都新宿区西新宿2-4-1
受講料:無料 http://www.panrolling.com/seminar/070826.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年07月31日Part3
【マーケット・コメント】
---ユーロ/ドル(EUR/USD)---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

---ユーロ/ドル(EUR/USD)---

昨日(7月30日)の東京市場のユーロ/ドル(EUR/USD)は、
1.36台前半---[1.3630-35]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間午前9:00---

「円キャリー・トレードのアンワインド(解消・巻き戻し)」に引きずられて、
「ユーロ売りドル買い」が進んでいたユーロ/ドル(EUR/USD)は、
1.36台前半で東京オープンとなった。

ユーロドルでの「ユーロ高ドル安トレンド」に、変化は無いと考えている。

しかし、「夏休み相場」で、マーケットのサポーターも不在がち。
そのため、「円キャリー・トレード」が崩れる力が強い状態で、
上値も抑えられた格好。

ユーロ/ドル(EUR/USD)は、
昨日(7月30日)の東京市場から、ロンドン、ニューヨーク市場と、
じり高に推移した。

東京市場では、1.36台前半で持ち合い、
ロンドン市場では、1.36台ミドル、
ニューヨーク市場は、1.36台後半といったところ。

本日(7月31日)朝方のシドニー市場で、1.37台に乗せた。
本日(7月31日)の東京市場は、
概して、1.36台後半から1.37台前半程度の小動き。

1.36台前半を示現したことで、調整が終わったのか?
まだ、調整が続いているのか、判断が難しいところ。

「円キャリー・トレードのアンワインド(解消・巻き戻し)」の影響も
考慮した方が良いが、
ユーロドルでの「ユーロ高ドル安トレンド」に、
変化は無いと考えているので、
「ユーロ売りドル買い」のポジションは、持ちたくない。

どこかで、ユーロ・ロングを狙うところと、考えている。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【こだわり世代のための資産運用|日経WagaMaga|財】
---FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---
   ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/money/
★7月2日(月)から金曜日までに1回分ずつ全5回更新されています
日経WagaMagaトップページ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329
●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291
●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622
(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

---「なぜ、1勝9敗でも勝つのか?」を読んで---【読者の方からのメール】

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
実践!FX投資戦略セミナー ~ローリスクで堅実リターンの必勝テクニック~
主 催 パンローリング株式会社  共 催 上田ハーローFX 
開催日時 2007年8月26日(日)13:30~17:00 (受付開始 13:00)
FXスワップ金利運用術(講師:はやぶさ)
FXトレード売買テクニック(講師:松田 哲)
会 場 新宿NSビル 30階 スカイカンファレンス  東京都新宿区西新宿2-4-1
受講料:無料 http://www.panrolling.com/seminar/070826.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年07月31日Part2
【読者の方からのメール】
---「なぜ、1勝9敗でも勝つのか?」を読んで---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

日付: Tue, 31 Jul 2007
差出人: "******"
件名: はじめまして
宛先: "物語"


職場のおじさんから、FX投資のことを聞き、
恐る恐る投資をはじめた、超初心者です。

FXをはじめた理由は、自分の将来に不安を感じたからです。

好きな仕事なので自分ができる間は続けていきたいと思っています。
好きな仕事を続けるには「ほかで収入を得るしかない」と思い
飛び込んでみましたが、臆病者のため、
投資資金も30万で1000ドル単位での取引しかしていません。

いろんな、FX投資ブログでみる方たちのように
FXで生計をたてていくのは、
私にとって、宝くじを当てるのと同じくらい夢のような話です。

なんだか、愚痴めいたメールですいません。
とりあえず、当分は1000ドル単位の取引をちまちま続けていきます。
慣れてきたら、もう少し投資額を増やしてみようと思っています。

なぜ、メールを書いたのかというと、
松田先生にお礼が言いたかったからです。

先生の著書「なぜ、1勝9敗でも勝つのか?」を読んで、
FXは簡単に儲かるものでもないということを教えていただき、
今日のドル下落に連なる、
クロス円の下落で何度も言われていた損切りの大切さが身にしみました。

所詮、1000ドル単位のトレードですので、
利益も損失も皆さんから比べれば、ほんのはした金に過ぎないのですが、
寝る前に1600円程度の含み益が一晩で吹っ飛び、240円の損失。
(ちなみに豪ドル/円のロングです。)

「損切りは早めに」ということを知らなかったら、
「豪ドル、NZドルは損きりの必要なし」という言葉に踊らされて
ポジションを持ちつづけていたはずです。

いま、ポジションを持ち続けられるのは、
豪ドルを90円台で NZドルを70~80円台で買った人だけだと思います。

私が投資を始めた時期が悪かったのかも知れませんが、
ともかく、ひとり歩きするおいしい「うたい文句」に
だまされないですみました。

本当にありがとうございました。

おそらく、FXで稼げるようになるにはかなり時間がかかると思いますが、
がんばります

くだらないメールでお時間をとらせて申し訳ありませんでした。

●●●市在住 ******

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  松田哲 
宛先  ******
日付  2007/07/31 16:30   
件名  松田哲より、お礼のメールです!   

******さま

メールありがとうございます!!
本当に、ありがとうございます。

こういった、私のお伝えしたかったことに対して、
真面目に読んでくださった方からのお便りは、
本当に、うれしい、と、感じます。

実は、相場の勝ち負けは、金額の大小とは関係ありません。

金額は金額の話で、独立したテーマなのです。

「相場にどう対応するのか」
「相場に勝てたのか?負けたのか?」
それだけなら、純粋に、金額とは関係ないと、
ご理解いただけるのでは、ないでしょうか?

もちろん、儲けることが目的ならば、大きな金額を張って、
大きく勝てば良いのでしょうが、
なかなか、そうはいきません。

ポジションを大きく張ったときに限って、相場を外すものです。
それは、資金管理の問題なのです。

ぜひ、生き残って、相場を続けてください!!

取り急ぎ、私の方こそ、お礼のお返事です!!

松田哲、拝

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松田 哲
サイト:【フォレックス・ディーラー物語】
http://www.d4.dion.ne.jp/~smatt/
メール: satoshi.matsuda2007@gmail.com

新刊書:【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【こだわり世代のための資産運用|日経WagaMaga|財】
---FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---
   ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/money/
★7月2日(月)から金曜日までに1回分ずつ全5回更新されています
日経WagaMagaトップページ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329
●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291
●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622
(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
実践!FX投資戦略セミナー ~ローリスクで堅実リターンの必勝テクニック~
主 催 パンローリング株式会社  共 催 上田ハーローFX 
開催日時 2007年8月26日(日)13:30~17:00 (受付開始 13:00)
FXスワップ金利運用術(講師:はやぶさ)
FXトレード売買テクニック(講師:松田 哲)
会 場 新宿NSビル 30階 スカイカンファレンス  東京都新宿区西新宿2-4-1
受講料:無料 http://www.panrolling.com/seminar/070826.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年07月31日
【マーケット・コメント】
---ドル/円(USD/JPY)---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

---ドル/円(USD/JPY)---

昨日(7月30日)、週明け月曜日の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
118円台前半---[118.30-35]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間午前9:00---

先週末(7月27日金曜日)のロンドン市場、ニューヨーク市場は、
概して、118円台後半程度から、119円台に乗せたあたりでの
持ち合いに推移。

ニューヨーク市場朝方のダウは、下落して始まったが、戻した。
米国株価下落(サブプライム・ローン問題)を材料としたドル売り、
すなわち、「円キャリー・トレードのアンワインド(解消・巻き戻し)」は、
この時点では、一服した。

金曜日のNY市場。市場参加者は、薄い。
「夏休み相場」だから、いつもより、いっそう薄い。

ところが、結局、週末金曜日のニューヨーク・ダウも、
200ドル以上の大幅下落。
そのため、ドル円も118.50-60レベルで、ニューヨーク・クローズ。
ユーロ円も161円台で、下落傾向にて、ニューヨーク・クローズ。

この、ニューヨーク・クローズで、
週明け月曜の、ウェリントン市場・シドニー市場で、
ドル円、ユーロ円は、窓を開けて、下落する可能性も出てきた。

そして、昨日(7月30日)、週明け月曜日の
ウェリントン市場・シドニー市場では、
案の定、ドル/円(USD/JPY)は急落。
一時、[118.00]を割り込み、117円台後半を示現した。

しかし、東京市場は、比較的静かな展開。
118円台ミドル程度で、様子見といったところ。

東京市場の引けにかけて、ドル/円(USD/JPY)は、
[119.00]アラウンドまで上昇。

しかし、その後のロンドン市場の朝方に、
「円キャリー・トレードのアンワインド(解消・巻き戻し)」の
「円買い」が出た様子で、
ドル/円(USD/JPY)は、[119.00]アラウンドから、118円台前半に急落。

[118.00]を割り込むことがなかったことから、
その後のロンドン市場で、ジワジワと、買い戻しとなった。

昨日(7月30日)のロンドン市場は、概して、118円台ミドルで推移。

昨日(7月30日)のニューヨーク市場では、118円台後半での小動きとなった。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

参院選は、すでに、何回か書いたので、省略。
参院選は、為替相場には、あまり関係ない、と考えている。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

本日(7月31日)のシドニー市場で、もう一段の「ドル買戻し」となり、
ドル/円(USD/JPY)は、119円台前半に、再び乗せた。

本日(7月31日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
119円台前半---[119.20-25]レベル---でオープン。

本日(7月31日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
[119.00]を挟んだあたりでの上下動小動きに落ち着いてきた。

「夏休み相場」の雰囲気が漂ってきた。
あまり、東京市場は、やる気がなさそうだ。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【こだわり世代のための資産運用|日経WagaMaga|財】
---FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---
   ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/money/
★7月2日(月)から金曜日までに1回分ずつ全5回更新されています
日経WagaMagaトップページ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329
●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291
●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622
(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2007年7月30日 (月)

ひとりごと(再投稿)

あら!! 

安倍政権続投のようですねー・・・? 

(再投稿) 

自民惨敗!!! 歴史的敗北!!

参院選惨敗の責任は、自民の誰が取るのか? 
幹事長は、「選挙の責任者」だから、当然。責任をとって辞任。 

自民党党首も、責任をとって、党首を辞任するのが当然だが、 
さて、どーなる(どーする)のかなぁー・・・??? 

これで、党首が辞任しないのでは、 
自民党そのものの責任体制を疑わざるを得ない。 

自民党内の常識を見つめたい!!! 

と、思って見ていたが・・・。

続投は、非常に、日本的・・・。

『誰も責任なんて取らなくても良い』という風潮が、
子供たちにも蔓延して、当然になる。

こんなもんなのかなぁ・・・???

『選挙』って『何?』
『参院選』って『何だろう???』
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
実践!FX投資戦略セミナー ~ローリスクで堅実リターンの必勝テクニック~
主 催 パンローリング株式会社  共 催 上田ハーローFX 
開催日時 2007年8月26日(日)13:30~17:00 (受付開始 13:00)
FXスワップ金利運用術(講師:はやぶさ)
FXトレード売買テクニック(講師:松田 哲)
会 場 新宿NSビル 30階 スカイカンファレンス  東京都新宿区西新宿2-4-1
受講料:無料 http://www.panrolling.com/seminar/070826.html
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年07月30日
【マーケット・コメント】
---ドル/円(USD/JPY)---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

---ドル/円(USD/JPY)---

7月下旬になって、サブプライム・ローン問題を材料に、ドル売りが広がった。

サブプライム・ローン問題は、
「米国へ投資されている資金の引き上げ」を促している。

リスクを回避する、つまり、ヘッジ(Hedge)の意識を高めている。
ある種の“Fly to Quality”(質への逃避)が起こっている、と考えている。

このところ、
拡大していた「円キャリー・トレードのアンワインド(買戻し)」が出て、
「円買い」は加速している。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

先週末(7月27日金曜日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
118円台後半---[118.85-90]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間午前9:00---

7月26日(木)のニューヨーク市場では、
「円キャリー・トレードのアンワインド(解消・巻き戻し)」が出て、
さらに、ドル/円(USD/JPY)は、下げ足を加速した。

リバウンド(あや戻し)の様子も見せずに、
118円台ミドルまで、じりじりと下落した。
ニューヨーク・クローズは、118円台ミドル程度。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

その流れを受けて、7月27日(金)のシドニー市場で、
[118.00]アラウンドまで、もう一段の急落を見ている。

7月27日(金)のシドニー市場では、
[118.00]アラウンドから、118円台後半に急反発上昇しているので、
先週末(7月27日金曜日)の東京市場のオープンは、[118.85-90]レベル。

この日の東京市場は、[119.00]を挟んだレベルでの小動きになっているが、
下値リスクは大きい。

東京市場の午後になって、ドル/円(USD/JPY)は、118円台ミドルに急落。
(安値は、[118.30-40]レベル)
しかし、急反発して、再度、119円台前半に戻した。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

先週末(7月27日金曜日)のロンドン市場、ニューヨーク市場は、
概して、118円台後半程度から、119円台に乗せたあたりでの
持ち合いに推移した。

ニューヨーク市場で発表された米国GDPは、予想より、多少良かった。
しかし、GDPの影響力があるのは、30分くらいのもの。
長くても、せいぜい1時間。米国経済指標など、そんなもの。
発表が終われば、もう、関係無い!

ニューヨーク市場朝方のダウは、下落して始まったが、戻した。
米国株価下落(サブプライム・ローン問題)を材料としたドル売りは、
この時点では、一服した。

金曜日のNY市場。市場参加者は、薄い。
このまま、米国株価に、動きが無ければ、静かな可能性もある、
と考えていたが、その場合は、テーマ(円キャリートレードのアンワインド)は、
来週に持ち越し。しかし、まだ、そのテーマは、終わっていない。

「夏休み相場」だから、いつもより、いっそう薄い。
「夏休み相場」は、休むのが一番。

夏休みシーズンは、7/4の独立記念日から、
8月最後の週のレイト・サマー・ホリデーまで。

その期間に、余計なことをしないで、まるまる二ヶ月を休むのも戦術(戦略)。
市場参加者が薄い時に、わざわざ余計なことをして、
負けるのは、「匹夫の勇」。負ける位なら、やらない方が良い。

7月5日から、「夏休み相場」は、何度も書いた。

7月23日から、「円キャリートレード」は、
いったん閉じる(手仕舞う)べき、と、何度も書いた。
チャート・ポイント[119.50]の重要性も書いた。

これ以上には、書きようが無い・・・。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

結局、週末金曜日のニューヨーク・ダウも、200ドル以上の大幅下落。
ドル円も118.50-60レベルで、ニューヨーク・クローズ。
ユーロ円も161円台で、下落傾向にて、ニューヨーク・クローズ。

この、ニューヨーク・クローズで、
週明け月曜の、ウェリントン市場・シドニー市場で、
ドル円、ユーロ円は、窓を開けて、下落する可能性も出てきた。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

本日(7月30日)の週明け月曜の、ウェリントン市場・シドニー市場では、
案の定、ドル/円(USD/JPY)は急落。
一時、[118.00]を割り込み、117円台後半を示現した。

しかし、東京市場は、比較的静かな展開。
118円台ミドル程度で、様子見といったところ。

海外勢の、特に、本日の、ニューヨーク市場での株価がどうなるのか?
を待っている状態。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

参院選は、すでに、何回か書いたので、省略。
参院選は、為替相場には、あまり関係ない、と考えている。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

> 7月23日のコメントを、再度、掲載しておく。
>
> > 円キャリー・トレードを行なってきた向きは、
> > 「いったんの利食い」を行なって、
> > 利益を確定しておく方が良い、と考えている。

現状レベルでは、「いったんの利食い」ではなく、
「損切り」になるかもしれないが、
それは、切るべき時に、切っていないだけのことで、対応が遅かっただけ。

対応が遅れた場合は、『今すぐに、切る(損切りを敢行する)』。
他に、対応方法は無い。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【こだわり世代のための資産運用|日経WagaMaga|財】
---FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---
   ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/money/
★7月2日(月)から金曜日までに1回分ずつ全5回更新されています
日経WagaMagaトップページ⇒ http://waga.nikkei.co.jp/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329
●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291
●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622
(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2007年7月29日 (日)

ひとりごと

どーして、みんな、わからないのかなぁ・・・???

自民惨敗が、決定的になりそうだ!
7月上旬の亜細亜大学の授業で、
この参院選で、自民党が、惨敗して、
総理大臣が、かわる、と、話した。

安倍政権は、短命だったが、
現、安倍総理は、若いから、いずれまた、チャンスもあろう!

大学生の、みなは、キョトンとしていた。

7月上旬の授業で、次は、麻生だろう、とも話している。

ここまでは、読める。

では、その後で、マーケットに、どう影響するか???
そこからが、簡単には、読めない!
そっちの方が、大事。
しかし、残念ながら、それは、これからの与件を見ないと、わからない。

仮に、麻生でなくとも、誰でも良い。
ただ、総理交代は、読めるし、その程度のことを、予見して、動かないと、相場には、勝てない。

『そういったことに、気が付いているか、気が付かないか???』

別に、日本の選挙など、外国為替相場には、
ほとんど関係無いのだから、どーでも良いが、
『一事が、万事』
気が付かない人は、通用しない!
それに、気が付かない人は、相場の重要なポイントも見落とす。

| | コメント (0)

参院選 追伸

参院選を材料に、為替の能書きを垂れるコメンテーターは、素人。
信用しない方が良い。

| | コメント (0)

ことのついでに参院選

ことのついでに参院選。

自民が、負けたら、日本株売り。
日本株売りは、為替の「円売り」を期待する向きが、いるのはわか

るが、そーならない。
日本株売りは、リスク回避(質への逃避=フライ・トゥ・クオリティ

)を呼び込む。
だから、円キャリートレードのアンワインドを呼ぶ。

(それは、有り得ない、と、考えるが、)万一、自民が、勝てば、週

末金曜日のニューヨーク株式市場を反映して、日本株売り。

そのあとのコメントは、
全く同じ。
だから、参院選は、関係無い!
アメリカ人(ヘッジファンドという意味で、)で、日本の参院選を気

にして為替をやるヤツはいない。

場合分けすれば、わかりやすい。

| | コメント (0)

« 2007年7月22日 - 2007年7月28日 | トップページ | 2007年8月5日 - 2007年8月11日 »