« 2007年5月27日 - 2007年6月2日 | トップページ | 2007年6月10日 - 2007年6月16日 »

2007年6月 8日 (金)

【ユーロ/ドル(EUR/USD)[1.3400]ブレイク】

++++<AD>++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇◆相場経験22年のディーラーが語る!◆◇◆
◆◇◆「1勝9敗」でも勝つ、利回り100%の外貨投資戦略セミナー◆◇◆
◆◇◆2007年6月17日(日) 13:00-16:30 in 東京・茅場町◆◇◆
 ⇒ http://www.financialacademy.jp/seminar/1369.html
◆◇◆講師:松田哲 主催:日本ファイナンシャルアカデミー◆◇◆
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年06月08日Part5
【ユーロ/ドル(EUR/USD)[1.3400]ブレイク】
---「調整局面(下落調整)」が続いていることが、再確認---

ユーロ/ドル(EUR/USD)に関しては、
概して、[1.3400-1.3700]のゾーンでボックス相場を形成しており、
調整局面が続いていた。

この調整は、[1.3700]を上にブレイクできなかったことによる
「ユーロの下落調整」だ。

下値は、おおむね[1.3400]でサポートされていた。
---つまり、このところ、一度、[1.3400]を割り込んだが、
  実際のところ、[1.3400]がチャート・ポイントになって、
  [1.3400]がサポートであった。---

先ほど、本日(6月8日)の東京市場の夕方に、
ロンドン勢が参加してくると、
[1.3400]を『完璧に』下に抜けた(下にブレイクした)。

ユーロ/ドル(EUR/USD)のロング(ユーロの買い持ち)は、
いったん、撤退。損切りを敢行するべきところ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ユーロ/ドル(EUR/USD)に関しては、
「調整局面」が続いていることが、再確認された状況。

この調整は、「ユーロの下落調整」であり、
現時点では、下値のメドは、わからない。

今のところ、「ユーロ高のトレンド」が壊れるとは考えていないが、
[1.3200]とか、[1.3100]、[1.3000]まで下落しても、
それでも、「ユーロの下落調整」の範囲内である。

繰り返すが、
ユーロ/ドル(EUR/USD)のロング(ユーロの買い持ち)は、
いったん、撤退。損切りを敢行するべきところ。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【G8サミット】---今、『サミット』って、開催されていますよねぇ・・・?---

++++<AD>++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇◆相場経験22年のディーラーが語る!◆◇◆
◆◇◆「1勝9敗」でも勝つ、利回り100%の外貨投資戦略セミナー◆◇◆
◆◇◆2007年6月17日(日) 13:00-16:30 in 東京・茅場町◆◇◆
 ⇒ http://www.financialacademy.jp/seminar/1369.html
◆◇◆講師:松田哲 主催:日本ファイナンシャルアカデミー◆◇◆
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年06月08日Part
【G8サミット】
---今、『サミット』って、開催されていますよねぇ・・・?---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

不思議に思うのですが・・・。
今、『サミット』って、開催されていますよねぇ・・・?

何だか、話題にも上らないのでしょうか・・・?

「サミット」のことを書こうと思って、
『そーいえば、今回はドイツだと思ったけど、どこの都市だったかな?』

インターネットで調べてみました。

インターネットの、ごく一般的な、『ニュースの一覧』を開いても、
「サミット」の文字が無い・・・。

『あれっ?』

ニュースページの、『国際トピックスの一覧』を調べて、
ようやく「サミット」の文字を発見・・・。

日本では、「サミット」は、
『トップニュース』にすらならないのでしょうか・・・?

先進国首脳会談ですよ・・・?

気持ちとしては⇒『唖然・・・』

♪♪♪♪♪♪♪♪

7日夜(日本時間8日未明)から、ドイツでG8サミットが開かれています。

サミットは、地名で呼ばれることが多いので、
『今回は、どこだったかな?』
と思った次第です。

調べてみると、ハイリゲンダム(Heiligendamm)は、
ドイツのメクレンブルク=フォアポンメルン州の
バルト海沿岸にあるBad Doberan地帯の小さな町だそうです。

♪♪♪♪♪♪♪♪

【G8サミット】

今回のG8サミットは、ドイツで開催されている。

サミットは、先進国の首脳の会合だから、注目度は、もちろん高い。

過去に、マーケット(さまざまなマーケット、特に金融市場)に、
大きな影響を与えた事実があったから、無視する訳にもいかない。

現在の資本主義・自由主義のシステムでは、経済的に強い国の政策が、
マーケットに与える影響は、絶大だ。

その影響力絶大の、全ての国々の集まりが、「G8サミット」と言い直せる。

しかし、最近のサミットは、形骸化が著しい。

昨日(6月7日)サミット開催当日に、夜のNHKのニュースで、
今回のG8サミットを報道していた。

各国首脳が、握手をして、挨拶する姿が映された。

しかし、その内容に関しては、メイン・テーマがはっきりせず、
何を話し合うのか判然としない。

地球温暖化に伴う[CO2問題]がクローズアップされていた。

それ以上に、ニュースでクローズアップされていたのは、「デモ」の映像。

G8サミット開催に反対する欧米の団体が一万人も集まって、デモを行い、
ドイツの警察集団と殴り合う姿が映された。
ドイツは、警察官を一万六千人配備したそうだ。

来年のサミットは、日本の北海道で開催予定だ。
日本でも、同じような、警備体制をしくのだろうか。

先進国首脳が集まって、重要な事柄を討議することに、
意義がないとは、思わない。いや、大いに意義がある。

しかし、サミットの内容よりも、
その警備体制が報道の中心になるようでは、問題だ。

日本で開催するときも、税金をムダに使うようなサミットになるのだろうか?

そういったサミットの形骸化が、困ったものだ、と、つくづく思う。

♪♪♪♪♪♪♪♪

だから、インターネットの、ごく一般的な、『ニュースの一覧』を開いても、
「サミット」の文字が無いのだろう・・・。

また、テレビでも、その報道のピントがズレているのだろう・・・。

これで、また、ますます、『政治ショー化』していくのだろうか?
『ちゃんと、やってくれよー・・・』
と思うのは、私だけだろうか・・・?

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【マーケット・コメント】---ユーロ/ドル(EUR/USD)---

++++<AD>++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇◆相場経験22年のディーラーが語る!◆◇◆
◆◇◆「1勝9敗」でも勝つ、利回り100%の外貨投資戦略セミナー◆◇◆
◆◇◆2007年6月17日(日) 13:00-16:30 in 東京・茅場町◆◇◆
 ⇒ http://www.financialacademy.jp/seminar/1369.html
◆◇◆講師:松田哲 主催:日本ファイナンシャルアカデミー◆◇◆
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年06月08日Part3
【マーケット・コメント】
---ユーロ/ドル(EUR/USD)---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

---ユーロ/ドル(EUR/USD)---

ユーロ/ドル(EUR/USD)に関しては、引き続き、
概して、[1.3400-1.3700]のゾーンでボックス相場を形成しており、
調整局面が続いている。

6月6日(水)の東京市場は、
引き続き、[1.3520]を挟んでの小動き、といったところ。
相変わらず、東京市場では、動きらしい動きはなし。

6月6日(水)には、ECB理事会が予定されており、事前の予想では、
ユーロ金利は、[0.25%]の引き上げが実施される、といったコンセンサス。
---[0.25%]の引き上げが実施になる、とマーケットは織り込んでいる。---

理事会後の会見での、トリシェECB総裁の発言が注目されている状況だった。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

6月6日(水)に発表されたユーロ(EUR)の政策金利は、
事前の予想通りに、[0.25%]の引き上げが実施され、
[3.75%]から、[4.00%]となった。

6月6日(水)のロンドン市場、ニューヨーク市場は、
ユーロ(EUR)の政策金利の変更を織り込み済み。

ユーロ/ドル(EUR/USD)は、[1.3500]アラウンドでの持ち合いとなり、
そのままニューヨーク・クローズ。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

昨日(6月7日)の東京市場のユーロ/ドル(EUR/USD)は、
そのまま[1.3500]アラウンド---[1.3495-00]レベル---でオープン。

東京市場のユーロ/ドル(EUR/USD)は、相変わらず、見るところも無い。
そのまま[1.3500]アラウンドでの持ち合い。

ロンドン市場の朝方に、[1.3480]を下に割り込むと、
目先で、「ユーロ買いドル売り」を行なっていた向きの、
損切り(ストップ・ロス)を誘発した。
ユーロ/ドル(EUR/USD)は、1.34台ミドルに下落。

ニューヨーク市場の朝方に、ユーロ/円(EUR/JPY)がジリジリと下落し、
163円台後半から163円台ミドルに戻したことも、
ユーロ/ドル(EUR/USD)下落のプレッシャーとなった。

ユーロ/円(EUR/JPY)がジリジリと下落した要因は、
「円キャリー・トレードのアンワインド(巻き戻し・解消)」。
つまり、保有しているユーロ/円(EUR/JPY)のロング(買い持ち)を、
解消するための「ユーロ売り円買い」が出たこと。

昨日(6月7日)のニューヨーク市場午後になって、
ユーロ/円(EUR/JPY)は、[163.00]を割り込み、下落のスピードを加速した。
[163.00]を割り込むと、一気に[162.50]を付けに行った。

このときにも、ユーロ/円(EUR/JPY)の下落は、
ユーロ/ドル(EUR/USD)に「ユーロ売りドル買い」の
下落プレッシャーを与えた。

そのため、ニューヨーク市場の午前から昼前後まで、
ユーロ/ドル(EUR/USD)は、1.34台後半ないしは、1.34台ミドル程度だったが、
ユーロ/円(EUR/JPY)の下落の影響から、1.34台前半にストンと急落した。

その後は動きらしい動き無く、そのままニューヨーク・クローズ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(6月7日)は、
BOE(英国中銀)のポンド(GBP)の政策金利の発表があった。

ポンド(GBP)の政策金利に関しては、
概ね、据え置きが事前の予想だったが、
ひょっとして、0.25%の利上げがあっても、不思議ではない観測もあった。

結果として、事前予想通りの政策金利を据え置きが発表された。

それを材料として、ポンド/ドル(GBP/USD)は、大きく下落。
1.99台前半から1.97台後半へ、200ポイント弱の下落。

ポンド/ドル(GBP/USD)の、大幅な下落は、「ポンド売りドル買い」であり、
ユーロ/ドル(EUR/USD)の『連れて、ユーロ売りドル買い』を誘発した。

---ユーロ/ドル(EUR/USD)は、ポンド/ドル(GBP/USD)下落を材料に、
  1.35台前半から、1.34台前半に、約100ポイントの下落となった。---

そして、ポンド/ドル(GBP/USD)の、大幅な下落は、
『ポンド/円(GBP/JPY)の売り』を誘発し、
結果的に、『ユーロ/円(EUR/JPY)の売り』に結びついた。

---ポンド/円(GBP/JPY)は、概して見れば、
  [242.00]アラウンドから、[239.00]アラウンドまで、3円の下落。---

---ユーロ/円(EUR/JPY)は、概して見れば、
  163円台後半から、162円台ミドルへ、1円50銭以上の下落。---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

本日(6月8日)の東京市場のユーロ/ドル(EUR/USD)は、
1.34台前半レベル---[1.3420-30]レベル---でオープン。

またまた、いつもと同じで、東京市場のユーロ/ドル(EUR/USD)は、
積極的な売買は無い。1.34台前半レベルで動かず。

東京市場に、主体性がないので、
本日(6月8日)のロンドン市場、ニューヨーク市場で、
「円キャリー・トレードのアンワインド(巻き戻し・解消)」が、
さらに出るのか、否か?
に、注目する必要がある。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【マーケット・コメント】---ユーロ/円(EUR/JPY)---

++++<AD>++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇◆相場経験22年のディーラーが語る!◆◇◆
◆◇◆「1勝9敗」でも勝つ、利回り100%の外貨投資戦略セミナー◆◇◆
◆◇◆2007年6月17日(日) 13:00-16:30 in 東京・茅場町◆◇◆
 ⇒ http://www.financialacademy.jp/seminar/1369.html
◆◇◆講師:松田哲 主催:日本ファイナンシャルアカデミー◆◇◆
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年06月08日Part2
【マーケット・コメント】
---ユーロ/円(EUR/JPY)---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

---ユーロ/円(EUR/JPY)---

6月5日(火)のロンドン市場朝方のユーロ/円(EUR/JPY)は、
164円台ミドルで小動き。

6月5日(火)のニューヨーク市場の時間帯になって、
バーナンキFRB議長の発言で、ドル/円(USD/JPY)が急落。

その影響から、ユーロ/円(EUR/JPY)は、
164円台ミドルから、[164.00]を割り込み、163円台後半へ急落した。

その後、発表された、米国ISM非製造業景況指数(5月)が、
予想より良かったことから、急激なドル買い戻しとなり、
ドル/円(USD/JPY)は急騰。

その影響から、ユーロ/円(EUR/JPY)は、
今度は、163円台後半から[164.50]アラウンドに急騰した。

しかし、米国株式市場が下落したことを材料に、
再び、ドル/円(USD/JPY)は急落。

その影響から、ユーロ/円(EUR/JPY)は、
再び、164円台ミドルから、[164.00]を割り込み、163円台後半へ急落した。

ユーロ/円(EUR/JPY)は、結局、
164円台前半で、6月5日(火)のニューヨーク・クローズを迎えた。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

6月5日(火)のコメントで、
ユーロ/円(EUR/JPY)が、最高値を更新したときに、
大量の「ユーロ売り円買い」を仕掛ける市場参加者が存在していることに
言及した。

6月5日(火)の激しい上下動では、その検証は難しいが、
上述の市場参加者は、毎度おなじみの行動をとったのだろう、と考えている。

言い換えれば、またまた、「アノマリー」は有効であった、と言える。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

一昨日(6月6日)の東京市場のユーロ/円(EUR/JPY)は、
164円台前半で、動かず。

東京市場の夕方になって、ロンドン勢が参加してくる時間帯になると、
調整の「ユーロ売り円買い」といった雰囲気。
163円台後半に下落気味に推移。

一昨日(6月6日)のニューヨーク市場のユーロ/円(EUR/JPY)は、
163円台ミドルに、若干の下押しをした印象。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

昨日(6月7日)の東京市場のユーロ/円(EUR/JPY)は、
163円台前半---[163.15-20]レベル---でオープン。

昨日(6月7日)のシドニー市場でユーロ/円(EUR/JPY)は、
163円台前半に下落して、東京市場が始まった。

昨日(6月7日)のドル/円(USD/JPY)が、東京市場で、
じり高に推移した影響から、
ユーロ/円(EUR/JPY)も、ジリジリと上昇した。
東京市場の午後に、164.00近くまで上昇した。
高値は[163.95-00]レベル。

東京市場の夕方から、ロンドン市場の朝方、
ニューヨーク市場の朝方にかけて、
ジリジリと下落し、163円台ミドルに戻した。

下落の要因としては、
「円キャリー・トレードのアンワインド(巻き戻し・解消)」が、
出たこと。
つまり、保有しているユーロ/円(EUR/JPY)のロング(買い持ち)を、
解消するための「ユーロ売り円買い」。

昨日(6月7日)のニューヨーク市場午後になって、
ユーロ/円(EUR/JPY)は、[163.00]を割り込み、下落のスピードを加速した。

[163.00]を割り込むと、一気に[162.50]を付けに行った。
その後は、[162.50]を挟んで、
20銭程度のフラクチュエーション(ふらふらとした小動き)。

そのままニューヨーク・クローズ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(6月7日)は、
BOE(英国中銀)のポンド(GBP)の政策金利の発表があった。

ポンド(GBP)の政策金利に関しては、
概ね、据え置きが事前の予想だったが、
ひょっとして、0.25%の利上げがあっても、不思議ではない観測もあった。

結果として、事前予想通りの政策金利を据え置きが発表された。

それを材料として、ポンド/ドル(GBP/USD)は、大きく下落。
1.99台前半から1.97台後半へ、200ポイント弱の下落。

ポンド/ドル(GBP/USD)の、大幅な下落は、「ポンド売りドル買い」であり、
ユーロ/ドル(EUR/USD)の『連れて、ユーロ売りドル買い』を誘発した。

---ユーロ/ドル(EUR/USD)は、ポンド/ドル(GBP/USD)下落を材料に、
  1.35台前半から、1.34台前半に、約100ポイントの下落となった。---

そして、ポンド/ドル(GBP/USD)の、大幅な下落は、
『ポンド/円(GBP/JPY)の売り』を誘発し、
結果的に、『ユーロ/円(EUR/JPY)の売り』に結びついた。

---ポンド/円(GBP/JPY)は、概して見れば、
  [242.00]アラウンドから、[239.00]アラウンドまで、3円の下落。---

---ユーロ/円(EUR/JPY)は、概して見れば、
  163円台後半から、162円台ミドルへ、1円50銭以上の下落。---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

本日(6月8日)の東京市場のユーロ/円(EUR/JPY)は、
[162.60-65]レベルでオープンし、概して162円台後半程度での小動き。

東京市場に、主体性がないので、
本日(6月8日)のロンドン市場、ニューヨーク市場で、
「円キャリー・トレードのアンワインド(巻き戻し・解消)」が、
さらに出るのか、否か?
に、注目する必要がある。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)---

++++<AD>++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇◆相場経験22年のディーラーが語る!◆◇◆
◆◇◆「1勝9敗」でも勝つ、利回り100%の外貨投資戦略セミナー◆◇◆
◆◇◆2007年6月17日(日) 13:00-16:30 in 東京・茅場町◆◇◆
 ⇒ http://www.financialacademy.jp/seminar/1369.html
◆◇◆講師:松田哲 主催:日本ファイナンシャルアカデミー◆◇◆
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年06月08日
【マーケット・コメント】
---ドル/円(USD/JPY)---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

昨日(6月7日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
120円台後半---[120.85-90]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間午前9:00---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

今週になってのドル/円(USD/JPY)は、
ユーロ/ドル(EUR/USD)の影響を受けて、「ユーロ買いドル売り」が進むと、
つれて「ドル売り円買い」気味に動き、
そして、「円キャリー・トレード」の影響から、
「円売りプレッシャー」を受けて、
「ドル買い円売り」の動きが出る、といった状況。

だから、ドル/円(USD/JPY)自体には、主体性がない。

6月5日(火)のニューヨーク市場では、
バーナンキFRB議長は、米国住宅市場の調整に関するコメントや、
米国経常赤字に関する懸念に言及した。

それを材料にドル売りとなり、ドル/円(USD/JPY)は、
121円台後半から、121円台前半に急落した。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

一昨日(6月6日)の東京市場は、概して、[121.25-45]程度の、
121円台前半での小動き。
引き続き、ドル/円(USD/JPY)自体には、主体性がない。

一昨日(6月6日)のロンドン市場、ニューヨーク市場では、
ユーロ/円(EUR/JPY)などのクロス円の売りの影響から、
[121.00]を割り込み、円高気味に推移した。

しかし、一昨日(6月6日)のロンドン市場、ニューヨーク市場の
ドル/円(USD/JPY)は、
概して、[121.00]を挟んで、20銭程度の上下動小動き、といったところ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

こういった流れを受けて、
昨日(6月7日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
120円台後半---[120.85-90]レベル---でオープン。

昨日(6月7日)のドル/円(USD/JPY)は、
東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場の朝方にかけて、
じり高に推移した。

東京市場朝方に付けた[120.80-90]の安値レベルから、
細かい上下動を繰り返しながら、ニューヨーク市場の朝方にかけてまで、
121円台ミドルに、ジリジリと上昇した。
高値は[121.50-60]レベル。

ニューヨーク市場午後になると、
ドル/円(USD/JPY)は、120円台後半に、再び、急落。

要因は、米国株式の下落から、
「円キャリー・トレードのアンワインド(巻き戻し・解消)」が出たこと。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(6月7日)は、
BOE(英国中銀)のポンド(GBP)の政策金利の発表があった。

ポンド(GBP)の政策金利に関しては、
概ね、据え置きが事前の予想だったが、
ひょっとして、0.25%の利上げがあっても、不思議ではない観測もあった。

結果として、事前予想通りの政策金利を据え置きが発表された。

それを材料として、ポンド/ドル(GBP/USD)は、大きく下落。
1.99台前半から1.97台後半へ、200ポイント弱の下落。

ポンド/ドル(GBP/USD)の、大幅な下落は、「ポンド売りドル買い」であり、
ユーロ/ドル(EUR/USD)の『連れて、ユーロ売りドル買い』を誘発した。

---ユーロ/ドル(EUR/USD)は、ポンド/ドル(GBP/USD)下落を材料に、
  1.35台前半から、1.34台前半に、約100ポイントの下落となった。---

そして、ポンド/ドル(GBP/USD)の、大幅な下落は、
『ポンド/円(GBP/JPY)の売り』を誘発し、
結果的に、『ユーロ/円(EUR/JPY)の売り』に結びついた。

---ポンド/円(GBP/JPY)は、概して見れば、
  [242.00]アラウンドから、[239.00]アラウンドまで、3円の下落。---

---ユーロ/円(EUR/JPY)は、概して見れば、
  163円台後半から、162円台ミドルへ、1円50銭以上の下落。---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ニューヨーク市場のドル/円(USD/JPY)は、[121.00]アラウンドでクローズ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

本日(6月8日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、121円台前半での小動き。

東京市場に、主体性がないので、
本日(6月8日)のロンドン市場、ニューヨーク市場で、
「円キャリー・トレードのアンワインド(巻き戻し・解消)」が、
さらに出るのか、否か?
に、注目する必要がある。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2007年6月 7日 (木)

友人に宛てたメール

昨日も、日中に、ECBの考え方を伝えました。
その際に、BOEにも触れました。

メッセージを拝読して、真意が、ちゃんと伝わっていることに、
大いなる喜びを感じます。

昨日の「ひとりごと・・・」に、ユーロドル、ポンドドルの
ドル・ストレート取引の方が、
効率的、効果的の旨、
書きましたが、
このところの私のコメントを、
詳細に読んでいない方には、
真意を汲み取るのが、難しいのでしょうね・・・。

今日のBOEは、
概ね、据え置きが事前の予想ですが、
ひょっとして、0.25%の利上げがあっても、
不思議ではない旨、昨日伝えましたが、
念のため、再度、言及しておきます。

大丈夫だと思いますが、
あくまでも、事前予想の中心は、据え置きですから、
利上げを前提とした思惑で、行動するのは、不可です。

ただ、マーケットの可能性に対して、
謙虚に考察しておいて、
ことが起これば、すぐに、敢然と行動をとる。

考えていない人は、行動がとれない。
ただ、その違いなだけです。

松田哲、拝

| | コメント (0)

2007年6月 6日 (水)

---またまた大幅増刷かかりました!---【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

++++<AD>++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇◆相場経験22年のディーラーが語る!◆◇◆
◆◇◆「1勝9敗」でも勝つ、利回り100%の外貨投資戦略セミナー◆◇◆
◆◇◆2007年6月17日(日) 13:00-16:30 in 東京・茅場町◆◇◆
 ⇒ http://www.financialacademy.jp/seminar/1369.html
◆◇◆講師:松田哲 主催:日本ファイナンシャルアカデミー◆◇◆
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年06月06日Part4
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
---またまた大幅増刷かかりました!---

出版元の技術評論社から、ご連絡をいただきました!!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

送信者:  ******
宛先:  物語   
件名:  またまた大幅増刷かかりました!
日時:  2007年06月06日 14:41:33

松田様

お世話になっております。
技術評論社の******です。

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
(アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
の増刷がかかりました。

今回で6刷目で,またまた大幅増刷です。

5刷目の刷り数が多かったので
さすがに小休止かなと思っていたのですが,
予想以上に足が速いようです。

変更箇所がありましたら増刷にあたって修正します。
7日の朝一までにご連絡いただけますと幸いです。

よろしくお願いいたします。

***************************************
(株)技術評論社
書籍編集部 ******
***************************************

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (5)

【マーケット・コメント】---ユーロ/ドル(EUR/USD)---

++++<AD>++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇◆相場経験22年のディーラーが語る!◆◇◆
◆◇◆「1勝9敗」でも勝つ、利回り100%の外貨投資戦略セミナー◆◇◆
◆◇◆2007年6月17日(日) 13:00-16:30 in 東京・茅場町◆◇◆
 ⇒ http://www.financialacademy.jp/seminar/1369.html
◆◇◆講師:松田哲 主催:日本ファイナンシャルアカデミー◆◇◆
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇◆フォレックス・ラジオ 放送300回記念 大懇親会~合言葉はFX~◆◇◆
◆◇◆日時 2007年7月7日(土)18:00-21:00場所 渋谷シダックスホール◆◇◆
     ⇒ http://forexradio.net/event/forexparty2007.htm
         ◆◇◆主催 有限会社フォレックス・ラジオ◆◇◆
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年06月06日Part2
【マーケット・コメント】
---ユーロ/ドル(EUR/USD)---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

---ユーロ/ドル(EUR/USD)---

ユーロ/ドル(EUR/USD)に関しては、引き続き、
概して、[1.3400-1.3700]のゾーンでボックス相場を形成しており、
調整局面が続いている。

そういった中で、
昨日(6月5日)の東京市場のユーロ/ドル(EUR/USD)は、
1.34台後半---[1.3490-95]レベル---でオープン。

相変わらず、東京市場は動きなし。[1.3500]を挟んで、小動き。

ロンドン市場のユーロ/ドル(EUR/USD)は、上昇傾向。
東京市場の[1.3500]を挟んで、小動きのから、
1.35台にしっかりと乗せる「ユーロ買いドル売り」。

ニューヨーク市場の時間帯になって、
南アで行わている国際通貨会議の情報が流れた。

バーナンキFRB議長は、米国住宅市場の調整に関するコメントや、
米国経常赤字に関する懸念に言及した。

それを材料にドル売りとなり、ユーロ/ドル(EUR/USD)は、
[1.3550-55]レベルに急騰した。

その後、発表された、米国ISM非製造業景況指数(5月)が、
予想より良かったことから、急激なドル買い戻しとなり、
ユーロ/ドル(EUR/USD)は、[1.3505-10]レベルまで急落。

その後のユーロ/ドル(EUR/USD)は、[1.3520]を挟んでの小動きとなった。
昨日(6月5日)は、そのまま、ニューヨーク・クローズ。

ここにきて、ユーロ/ドル(EUR/USD)は、堅調に推移しているが、
本日(6月6日)のECB理事会で、
ユーロ金利は、[0.25%]の引き上げが実施される、といったコンセンサスも、
潜在的に、ユーロ/ドル(EUR/USD)上昇の材料になっている、と考えている。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

本日(6月6日)の東京市場は、
引き続き、[1.3520]を挟んでの小動き、といったところ。

相変わらず、東京市場では、動きらしい動きはなし。

本日(6月6日)は、ECB理事会。
ユーロ金利は、[0.25%]の引き上げが実施される、といったコンセンサス。
---[0.25%]の引き上げが実施になる、とマーケットは織り込んでいる。---

理事会後の会見での、トリシェECB総裁の発言が注目されている。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

この部分について、突っ込んで、言及しておこう。
つまり、「トリシェECB総裁の発言」について、どう見ているのか、
に触れておこう。

個人的には、ユーロ金利の引き上げは、
今回の利上げが[0.25%]では不十分で、
時間の問題で、さらなる引き上げが実施されることになる、と考えている。

---ただし、本日(6月6日)の利上げ幅が、[0.50%]ならば、
  『目先、ユーロの利上げの効果を見たい』
  という「トリシェECB総裁の発言」になる(ハズ)。---

だから、本日(6月6日)の利上げ幅が、[0.25%]ならば、
今後に、さらなる利上げが実施されることになる、と考えるが、
要は、その、さらなる利上げの時期の問題。

トリシェECB総裁が、
これで、今回のユーロ金利の引き上げの効果を見たい、と発言するのか、
---つまり、本日(6月6日)これから実施されるであろう
  ユーロの[0.25%]の利上げの効果を見たい、と発言するのか、---

それとも、先を見越して、早々に、さらなるユーロ金利の引き上げに、
トリシェECB総裁が、言及するのか、

といった点に、個人的には、注目している。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【マーケット・コメント】---ユーロ/円(EUR/JPY)---

++++<AD>++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇◆相場経験22年のディーラーが語る!◆◇◆
◆◇◆「1勝9敗」でも勝つ、利回り100%の外貨投資戦略セミナー◆◇◆
◆◇◆2007年6月17日(日) 13:00-16:30 in 東京・茅場町◆◇◆
 ⇒ http://www.financialacademy.jp/seminar/1369.html
◆◇◆講師:松田哲 主催:日本ファイナンシャルアカデミー◆◇◆
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇◆フォレックス・ラジオ 放送300回記念 大懇親会~合言葉はFX~◆◇◆
◆◇◆日時 2007年7月7日(土)18:00-21:00場所 渋谷シダックスホール◆◇◆
     ⇒ http://forexradio.net/event/forexparty2007.htm
         ◆◇◆主催 有限会社フォレックス・ラジオ◆◇◆
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年06月06日Part2
【マーケット・コメント】
---ユーロ/円(EUR/JPY)---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

---ユーロ/円(EUR/JPY)---

昨日(6月5日)の東京市場のユーロ/円(EUR/JPY)は、
[164.00]アラウンド---[164.05-10]レベル---でオープン。

昨日(6月5日)のユーロ/円(EUR/JPY)は、東京市場で、じり高に推移。

東京市場の夕方には、[164.55-65]レベルを示現した。
再び、「ユーロ統合以来の最高値を更新」している。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(6月5日)のロンドン市場朝方のユーロ/円(EUR/JPY)は、
164円台ミドルで小動き。

ニューヨーク市場の時間帯になって、
バーナンキFRB議長の発言で、ドル/円(USD/JPY)が急落。

その影響から、ユーロ/円(EUR/JPY)は、
164円台ミドルから、[164.00]を割り込み、163円台後半へ急落した。

その後、発表された、米国ISM非製造業景況指数(5月)が、
予想より良かったことから、急激なドル買い戻しとなり、
ドル/円(USD/JPY)は急騰。

その影響から、ユーロ/円(EUR/JPY)は、
今度は、163円台後半から[164.50]アラウンドに急騰した。

しかし、米国株式市場が下落したことを材料に、
再び、ドル/円(USD/JPY)は急落。

その影響から、ユーロ/円(EUR/JPY)は、
再び、164円台ミドルから、[164.00]を割り込み、163円台後半へ急落した。

ユーロ/円(EUR/JPY)は、結局、
164円台前半で、昨日(6月5日)のニューヨーク・クローズを迎えた。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(6月5日)のコメントで、
ユーロ/円(EUR/JPY)が、最高値を更新したときに、
大量の「ユーロ売り円買い」を仕掛ける市場参加者が存在していることに
言及した。

昨日(6月5日)の激しい上下動では、その検証は難しいが、
上述の市場参加者は、毎度おなじみの行動をとったのだろう、と考えている。

言い換えれば、またまた、「アノマリー」は有効であった、と言える。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

本日(6月6日)の東京市場のユーロ/円(EUR/JPY)は、
164円台前半で、動かず。

東京市場の夕方になって、ロンドン勢が参加してくる時間帯になると、
調整の「ユーロ売り円買い」といった雰囲気。

163円台後半に下落気味に推移している。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)---

++++<AD>++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇◆相場経験22年のディーラーが語る!◆◇◆
◆◇◆「1勝9敗」でも勝つ、利回り100%の外貨投資戦略セミナー◆◇◆
◆◇◆2007年6月17日(日) 13:00-16:30 in 東京・茅場町◆◇◆
 ⇒ http://www.financialacademy.jp/seminar/1369.html
◆◇◆講師:松田哲 主催:日本ファイナンシャルアカデミー◆◇◆
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇◆フォレックス・ラジオ 放送300回記念 大懇親会~合言葉はFX~◆◇◆
◆◇◆日時 2007年7月7日(土)18:00-21:00場所 渋谷シダックスホール◆◇◆
     ⇒ http://forexradio.net/event/forexparty2007.htm
         ◆◇◆主催 有限会社フォレックス・ラジオ◆◇◆
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年06月06日
【マーケット・コメント】
---ドル/円(USD/JPY)---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

---ドル/円(USD/JPY)---

昨日(6月5日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
121円台ミドル---[121.60-65]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間午前9:00---

一昨日(6月4日)の東京市場、ロンドン市場朝方のドル/円(USD/JPY)は、
全く、動意なく、[122.00]を挟んだレベルで小動き。

一昨日(6月4日)のロンドン市場で、ユーロ/ドル(EUR/USD)が上昇すると、
---つまり、「ユーロ買いドル売り」が進むと、---
連れて、ドル/円(USD/JPY)でも、「ドル売り」となり、
この日のニューヨーク市場の朝方に、
ドル/円(USD/JPY)は、121円台ミドルまで下落。

しかし、ユーロ/円(EUR/JPY)が上昇すると、その影響から、
ドル/円(USD/JPY)は、底堅くなった。

ドル/円(USD/JPY)自体には、主体性がない。
ニューヨーク・クローズは、121円台後半程度。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

そういった流れを受けて昨日(6月5日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)も、
円高気味に、寄り付いた。

昨日(6月5日)の東京市場、ロンドン市場朝方のドル/円(USD/JPY)は、
121円台後半程度での揉み合いが続いた。

引き続き、ドル/円(USD/JPY)自体には、主体性がない。

つまり、ユーロ/ドル(EUR/USD)の影響を受けて、
「ユーロ買いドル売り」が進むと、つれて「ドル売り円買い」気味に動き、
そして、「円キャリー・トレード」の影響から、
「円売りプレッシャー」を受けて、「ドル買い円売り」の動きが出る、
といった状況。

だから、ドル/円(USD/JPY)自体には、主体性がない。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ニューヨーク市場の時間帯になって、
南アで行わている国際通貨会議の情報が流れた。

バーナンキFRB議長は、米国住宅市場の調整に関するコメントや、
米国経常赤字に関する懸念に言及した。

それを材料にドル売りとなり、ドル/円(USD/JPY)は、
[121.10-15]レベルに急落した。

その後、発表された、米国ISM非製造業景況指数(5月)が、
予想より良かったことから、急激なドル買い戻しとなり、
ドル/円(USD/JPY)は、[121.70-75]レベルまで急騰。

しかし、米国株式市場が下落したことを材料に、
再び、ドル/円(USD/JPY)は、[121.20-25]レベルに急落。

121円台前半で、昨日(6月5日)のニューヨーク・クローズ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

本日(6月6日)の東京市場は、概して、[121.25-45]程度の、
121円台前半での小動き。

引き続き、ドル/円(USD/JPY)自体には、主体性がない。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

ひとりごと・・・

ひとりごと・・・

相場の、現在の見方に、
現時点で、何ら変化はない。

その考え方は、このところのコメントを再読してください。

しかし、ごく目先を考えるなら、
ユーロ円やポンド円などの、
クロス円よりも、
ユーロドル、ポンドドルなどの、
ドル・ストレート取引の方が、
効率的・効果的に映る。

| | コメント (0)

2007年6月 5日 (火)

SNS【@へたうち外為部(^^;】---in[GREE] 外国為替(FX)コミュニティ---

++++<AD>++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇◆相場経験22年のディーラーが語る!◆◇◆
◆◇◆「1勝9敗」でも勝つ、利回り100%の外貨投資戦略セミナー◆◇◆
◆◇◆2007年6月17日(日) 13:00-16:30 in 東京・茅場町◆◇◆
 ⇒ http://www.financialacademy.jp/seminar/1369.html
◆◇◆講師:松田哲 主催:日本ファイナンシャルアカデミー◆◇◆
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇◆フォレックス・ラジオ 放送300回記念 大懇親会~合言葉はFX~◆◇◆
◆◇◆日時 2007年7月7日(土)18:00-21:00場所 渋谷シダックスホール◆◇◆
     ⇒ http://forexradio.net/event/forexparty2007.htm
         ◆◇◆主催 有限会社フォレックス・ラジオ◆◇◆
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年06月05日Part5
SNS【@へたうち外為部(^^;】
---in[GREE] 外国為替(FX)コミュニティ---

SNS【@へたうち外為部(^^;】in[GREE] 外国為替(FX)コミュニティ
http://gree.jp/?mode=community&act=bbs_view&thread_id=130838

(抜粋引用)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

328.    物語 (13) - 06/01 19:05 

今日配信した、メールマガジン
(ブログにも、同じものを掲載しています)
を、是非、お読みになってください。

厳しい内容でもありますが、
是非、読んでいただきたいコンテンツ(内容)です。

2007年06月01日号
【ユーロ円】
---最高値を更新したときに、
必ず、大量の「ユーロ売り円買い」を
仕掛ける市場参加者が存在している---
http://forexdealer.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_96a7.html

2007年06月01日号Part3
【ひとりごと・・・・】
---再引用の部分が長文ですが・・・---
http://forexdealer.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_a691.html

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

329.    物語 (13) - 06/01 20:31 

それは、今日ではない、と、考えているが、
常に、何が起きても、対応出来るように、構えておくこと。

「円キャリートレードの終焉」は、まだ、先のことだ、と、考えているが、
そう油断しているときが、一番、危ない。

与件を考えると、まだ、「円キャリートレード」は、
拡大傾向にある、と、考えているが、
いつ、何時に終焉を迎えても、対応可能の気構えを、保持したい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

331.    物語 (13) - 06/05 01:23 

けっこう、数字の発表前とかに、発信しているのだけれど、
そーいうことには、みな、無頓着で、気が付かないのかなぁー・・・

数字が、出てから、ノーガキを垂れるのは、たやすい!
しかし、気が付くのは、直前にならないと、不可能。

場味は、そのときでないと、味わえないのだから。

もっと前に、言ってくれないと、対応できない、
と、言われても、それは、「あなた」の問題で、
私には、関係ないのですが・・・。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

332.    物語 (13) - 06/05 01:32 

上↑だから、122円台は、買いたくない、と、書いたことです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

337.    物語 (13) - 06/05 08:48 

現在のマーケットは、大局的に見ると、
ユーロドル、ポンドドルは、上昇トレンドにあります。
それは、つまり「ドル安トレンド」にある、ということ。

ところが、ドル円は、
「円キャリートレード」の影響で、需給に歪みが生じています。

ユーロドル、ポンドドルが、ドル安ならば、
本来は、ドル円も、ドル安円高に動くべきなのです。

それで、現在のマーケットは、整合性がなく、
「何か変だなぁ」「気持ちが悪い」「釈然としない」「尻の座りが悪い」
といった感覚を、私に与えます。

マーケット本来の、通常のマーケットの、値動きではなく、
チグハグな、ボタンを掛け違うような、感覚なのです。

数字の発表前に、こういう感覚を、説明するのは、難しい。

何か変だなぁ、という感覚は、分かっても、
なぜ、そう感じるのか、は、すぐには、わからない。

しかし、この、何か変だなぁ、という感覚が、一番重要。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

338.    物語 (13) - 06/05 08:58 

その感覚を、メールマガジンで、書いたのですが、
もっと、時間的に、早く、タイミングよく、配信してくれないと、
対応できない、
といったメールをいただきました。

しかし、それは、無理難題といったところでしょう。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【マーケット・コメント】---ユーロ/ドル(EUR/USD)---

++++<AD>++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇◆相場経験22年のディーラーが語る!◆◇◆
◆◇◆「1勝9敗」でも勝つ、利回り100%の外貨投資戦略セミナー◆◇◆
◆◇◆2007年6月17日(日) 13:00-16:30 in 東京・茅場町◆◇◆
 ⇒ http://www.financialacademy.jp/seminar/1369.html
◆◇◆講師:松田哲 主催:日本ファイナンシャルアカデミー◆◇◆
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇◆フォレックス・ラジオ 放送300回記念 大懇親会~合言葉はFX~◆◇◆
◆◇◆日時 2007年7月7日(土)18:00-21:00場所 渋谷シダックスホール◆◇◆
     ⇒ http://forexradio.net/event/forexparty2007.htm
         ◆◇◆主催 有限会社フォレックス・ラジオ◆◇◆
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年06月05日Part4
【マーケット・コメント】
---ユーロ/ドル(EUR/USD)---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

---ユーロ/ドル(EUR/USD)---

ユーロ/ドル(EUR/USD)に関しては、引き続き、
概して、[1.3400-1.3700]のゾーンでボックス相場を形成しており、
調整局面が続いている。

そういった中で、
昨日(6月4日)、週明け月曜日の東京市場のユーロ/ドル(EUR/USD)も、
1.34台ミドル---[1.3440-45]レベル---でオープン。
東京市場は動きなし。

ロンドン市場のユーロ/ドル(EUR/USD)は、上昇した。
東京市場の134台ミドルから、1.34台後半に「ユーロ買いドル売り」となった。

昨日(6月4日)のニューヨーク市場は、1.34台後半で小動き、持ち合い。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

先週末(6月1日金曜日)のニューヨーク市場の昼前後に、
一時[1.3400]を割り込んだが、その際に、[1.3400]アラウンドには、
大きな「ユーロ買い」のオーダー(注文)があった様子で、
急反発して、1.34台ミドルに戻している。

[1.3400]を付けた際の値動きが、妙なことを斟酌すると、
基本的に、「ドルからユーロへのシフト」が続いていることの証し、
と考えることが出来るのかも知れない。

つまり、[1.3400]アラウンドには、
「外貨準備の割合」をドルからユーロへシフトするためのオーダー
---国家単位の大量の「ユーロ買いドル売りオーダー(注文)」---
があるのかも知れない。

あるいは、[1.3400]に、
想像を超える程の巨額のオプション取引の「ストライク・プライス」が、
設定されているのかも知れない。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

もちろん、ユーロの利上げなどの材料もあるが、
『それだけではないのではないか?』とも、考える。

振り返ると、4月下旬のゴールデン・ウィーク前に、
ユーロ/ドル(EUR/USD)は、[1.3700]のトライにフェイル(失敗)を起こし、
調整局面(下落調整局面)に入った。

4月下旬から、現在の6月上旬に至るまで、1ヶ月以上、調整局面が続いている。
この間、概して、[1.3400-1.3700]のゾーンでボックス相場を形成している。

個人的には、少し飽きた。
---冗談で言っているのではなく、マーケットの心理状態も、
  この膠着状態に、嫌気が差しているのではないか、と感じる。---

[1.3400]を、『完璧に』、下にブレイク出来なかったことで、
『下攻めも、飽きたし、じゃあ、下がダメなら、上をやってみるか』
といったセンチメント(市場心理)に変化する可能性がある、と考える。

ただし、その場合でも、
現在の[1.3400-1.3700]のゾーンでのボックス相場を形成している状態が
続くことになる。

最終的には、[1.3700]を上に抜けるパターンを想定して、
相場に臨んでいるが、
その個人的な思惑が当たるとは限らないし、
目先は、[1.3400-1.3700]のゾーンでのボックス相場であることを
認識すれば良い。

ユーロ/ドル(EUR/USD)は、
通常は、もっと大きなゾーンでのボックス相場を作るのだが、
---通常は、700ポイント程度でのボックス相場---
ユーロ/ドル(EUR/USD)にも、
『需給面からの歪み』が生じているのかも知れない。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

本日(6月5日)の東京市場のユーロ/ドル(EUR/USD)は、底堅く推移し、
1.34台後半から、1.35台に乗せた辺りでの持ち合いになっている。

東京市場のユーロ/ドル(EUR/USD)は、見るべきところがない。

ロンドン市場、ニューヨーク市場に期待している。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【マーケット・コメント】---ユーロ/円(EUR/JPY)---

++++<AD>++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇◆相場経験22年のディーラーが語る!◆◇◆
◆◇◆「1勝9敗」でも勝つ、利回り100%の外貨投資戦略セミナー◆◇◆
◆◇◆2007年6月17日(日) 13:00-16:30 in 東京・茅場町◆◇◆
 ⇒ http://www.financialacademy.jp/seminar/1369.html
◆◇◆講師:松田哲 主催:日本ファイナンシャルアカデミー◆◇◆
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇◆フォレックス・ラジオ 放送300回記念 大懇親会~合言葉はFX~◆◇◆
◆◇◆日時 2007年7月7日(土)18:00-21:00場所 渋谷シダックスホール◆◇◆
     ⇒ http://forexradio.net/event/forexparty2007.htm
         ◆◇◆主催 有限会社フォレックス・ラジオ◆◇◆
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年06月05日Part3
【マーケット・コメント】
---ユーロ/円(EUR/JPY)---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

---ユーロ/円(EUR/JPY)---

昨日(6月4日)、週明け月曜日の東京市場のユーロ/円(EUR/JPY)は、
[164.00]アラウンド---[164.00-05]レベル---でオープン。

昨日(6月4日)のユーロ/円(EUR/JPY)は、
東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場と、総じて小動きに推移。

終日、163円台後半から164円台前半程度で持ち合いになった。
「ユーロ統合以来の最高値」近辺まで上昇する場面もあって、底堅い印象。

最高値を更新したか、していないか、微妙な値動きだったが、
要するに、最高値近辺で、市場参加者が、みな、ためらっていた、ということ。

底堅く、164円台前半でニューヨーク・クローズ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

本日配信したコメントで、以下のように述べた。

> 2007年06月05日
> 【ユーロ円】
> ---最高値を更新したときに、
>   必ず、大量の「ユーロ売り円買い」を
>   仕掛ける市場参加者が存在している---
> ---本日(6月5日)、ユーロ/円は、最高値を更新中---
>
(中略)

> 話を元に戻して、先日(5月29日)に、ユーロ/円(EUR/JPY)が、
> チャート・ポイントであった[164.00]を上にブレイク(上昇突破)し、
> 高値[164.25-35]レベルを見たことで、
> つまり、「ユーロ統合以来の最高値を更新」したことで、
> ユーロ/円(EUR/JPY)が、まだ、上昇トレンドにあることを、再確認した、
> と、私は、考えている。
>
> 本日(6月5日)の東京市場では、改めて、[164.45-50]レベルを付けて、
> 再び、「ユーロ統合以来の最高値を更新」した。
>
> さて、上述の「アノマリー」は有効か?否か?

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)---

++++<AD>++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇◆相場経験22年のディーラーが語る!◆◇◆
◆◇◆「1勝9敗」でも勝つ、利回り100%の外貨投資戦略セミナー◆◇◆
◆◇◆2007年6月17日(日) 13:00-16:30 in 東京・茅場町◆◇◆
 ⇒ http://www.financialacademy.jp/seminar/1369.html
◆◇◆講師:松田哲 主催:日本ファイナンシャルアカデミー◆◇◆
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇◆フォレックス・ラジオ 放送300回記念 大懇親会~合言葉はFX~◆◇◆
◆◇◆日時 2007年7月7日(土)18:00-21:00場所 渋谷シダックスホール◆◇◆
     ⇒ http://forexradio.net/event/forexparty2007.htm
         ◆◇◆主催 有限会社フォレックス・ラジオ◆◇◆
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年06月05日Part2
【マーケット・コメント】
---ドル/円(USD/JPY)---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

昨日(6月4日)、週明け月曜日の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
[122.00]アラウンド---[122.00-05]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間午前9:00---

先週末(6月1日金曜日)のニューヨーク市場で発表された「米国雇用統計」が、
予想よりも良かったことから、
マーケットはドル買いに反応し、
ドル/円(USD/JPY)は、121円台後半から、[122.00]を上に抜けた。

しかし、先週末(6月1日金曜日)のニューヨーク市場での
ドル/円(USD/JPY)は、上昇のスピードは加速していない。

「米国雇用統計」の反応がとっくに終わった時間になって、
---「米国雇用統計」の発表から、1時間以上経ってから、---
ドル/円(USD/JPY)は、高値[122.10-15]レベルを付けた。

通常は、煮詰まったポイントであり、[122.20-30]レベルには、
通常は、ストップ・ロス(損切りのドル買い円売り)のある水準なので、
加速してもおかしくない。

しかし、加速しなかった。

ドル/円(USD/JPY)の上昇が加速しなかった理由に、
「PCEデフレーター」が、予想よりも弱かったことを挙げるコメントも多い。
つまり、ドル金利引き上げに結びつかなかった、といった考え方だ。

しかし、個人的には、そうではないだろう、と考えている。

その理由については、昨日のコメントで記述したので、省略します。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

そういった流れを引き継いで、
昨日(6月4日)、週明け月曜日の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
[122.00]アラウンド---[122.00-05]レベル---でオープンした。

昨日(6月4日)の東京市場、ロンドン市場朝方のドル/円(USD/JPY)は、
全く、動意なく、[122.00]を挟んだレベルで小動き。

ロンドン市場で、ユーロ/ドル(EUR/USD)が上昇すると、
---つまり、「ユーロ買いドル売り」が進むと、---
連れて、ドル/円(USD/JPY)でも、「ドル売り」となった。

ニューヨーク市場の朝方に、ドル/円(USD/JPY)は、121円台ミドルまで下落。

しかし、ユーロ/円(EUR/JPY)が上昇すると、その影響から、
ドル/円(USD/JPY)は、底堅くなった。

ドル/円(USD/JPY)自体には、主体性がない。

ニューヨーク・クローズは、121円台後半程度。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

本日(6月5日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)も、
121円台後半程度での揉み合いが続いている。

引き続き、ドル/円(USD/JPY)自体には、主体性がない。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【ユーロ円】---本日(6月5日)、ユーロ/円は、最高値を更新中---

++++<AD>++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇◆相場経験22年のディーラーが語る!◆◇◆
◆◇◆「1勝9敗」でも勝つ、利回り100%の外貨投資戦略セミナー◆◇◆
◆◇◆2007年6月17日(日) 13:00-16:30 in 東京・茅場町◆◇◆
 ⇒ http://www.financialacademy.jp/seminar/1369.html
◆◇◆講師:松田哲 主催:日本ファイナンシャルアカデミー◆◇◆
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇◆フォレックス・ラジオ 放送300回記念 大懇親会~合言葉はFX~◆◇◆
◆◇◆日時 2007年7月7日(土)18:00-21:00場所 渋谷シダックスホール◆◇◆
     ⇒ http://forexradio.net/event/forexparty2007.htm
         ◆◇◆主催 有限会社フォレックス・ラジオ◆◇◆
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年06月05日
【ユーロ円】
---最高値を更新したときに、
  必ず、大量の「ユーロ売り円買い」を
  仕掛ける市場参加者が存在している---
---本日(6月5日)、ユーロ/円は、最高値を更新中---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

先日、5月末(5月29日)に、ユーロ/円(EUR/JPY)は、
チャート・ポイントであった[164.00]を上にブレイク(上昇突破)した。
このときの最高値は[164.25-35]レベルを見た。

この時点でも、諸説あったが、
個人的には、「ユーロ統合以来の最高値を更新」したことで、
ユーロ/円(EUR/JPY)が、まだ、上昇トレンドにあることを、
再確認した、と考えている。

それは、先週にも記述した。その記述をもとに、加筆します。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

かたや、一方で、このところのマーケット(外国為替市場)には、
ユーロ/円(EUR/JPY)が最高値を更新したときに、
必ず、大量の「ユーロ売り円買い」を仕掛ける市場参加者が存在している。

私も、その存在には、気が付いている。

しかし、誰だか知らないが、そのテクニック(手法)は、セオリーではない。
かつ、また、最終的にも、セオリーにならないだろう、と考える。

それが誰だか知らないし、知る必要もない、と考えている。
しかし、このところのユーロ/円(EUR/JPY)の動いた時間帯を斟酌すれば、
たぶん、その『必ず、大量の「ユーロ売り円買い」を仕掛ける市場参加者』は、
米系ヘッジファンドだろう。

まだ、この「アノマリー」、
つまり、ユーロ/円(EUR/JPY)が最高値を更新すると、
大量の「ユーロ売り円買い」が出て、
いったんユーロ円(EUR/JPY)が下落するという、このところの経験則は、
破られていないので、また、同じような状況になれば、
また、同じことをするのだろう、と予測している。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

それが誰であるのかは、知る必要もないが、
こういった「アノマリー」は、知らないより、知っていた方がよい。

知識としては、知っていた方がよい、ということ。

個人的に推察するに、その市場参加者は、たぶん、同一人物、
ないしは、同一グループだろう。
ただし、繰り返すが、この「アノマリー」は、セオリーにはならない。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

いつの時代にも、「アノマリー」、
つまり、目先でよく当たる経験則は、存在する。

1990年代半ば、1995年前後、「一目均衡表」が流行った。
その頃のドル円の値動きは、一目均衡表どおりに動いた。

それは、当時、ドル/円(USD/JPY)マーケットを席巻していた、
大手の米系ヘッジファンドが、「一目均衡表」を信奉して、
そのシグナル通りに、大量のドル円の売買を、行っていたからだ。

私は、それに気が付いていたから、
『その当時は、』「一目均衡表」を丁寧に見た。

今は、見ない。

気が向けば、たまには眺めても良いかな、と思う程度。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

別に、「一目均衡表」をどうこう言うつもりもない。
おとしめるつもりもない。
単に、チャート分析のやり方(手法)のひとつに過ぎない、
と言っているだけだ。

「一目均衡表」がテクニカル分析で、有効なのならば、
当時の、ドル/マルク(USD/DEM)やポンド/ドル(GBP/USD)でも、
同様に、有効でなければおかしい。

ところが、当時、調べてみると、
ドル/マルク(USD/DEM)やポンド/ドル(GBP/USD)には、
「一目均衡表」のシグナルは、効果がないのだ。

その理由は簡単だ。
ドル/マルク(USD/DEM)やポンド/ドル(GBP/USD)の市場参加者は、
「一目均衡表」を見ていないからだ。

当時のドル/マルク(USD/DEM)やポンド/ドル(GBP/USD)の市場参加者は、
「一目均衡表」というチャート分析法を知らなかったのかもしれない。

現在のユーロ/ドル(EUR/USD)やポンド/ドル(GBP/USD)の市場参加者は、
名前くらいは知っているでしょう。
1990年代半ばに有名になったので。

しかし、使わなければ、知らないのと一緒です。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

話を元に戻して、先日(5月29日)に、ユーロ/円(EUR/JPY)が、
チャート・ポイントであった[164.00]を上にブレイク(上昇突破)し、
高値[164.25-35]レベルを見たことで、
つまり、「ユーロ統合以来の最高値を更新」したことで、
ユーロ/円(EUR/JPY)が、まだ、上昇トレンドにあることを、再確認した、
と、私は、考えている。

本日(6月5日)の東京市場では、改めて、[164.45-50]レベルを付けて、
再び、「ユーロ統合以来の最高値を更新」した。

さて、上述の「アノマリー」は有効か?否か?

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2007年6月 4日 (月)

【マーケット・コメント】---ユーロ/円(EUR/JPY)&ユーロ/ドル(EUR/USD)---

++++<AD>++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇◆相場経験22年のディーラーが語る!◆◇◆
◆◇◆「1勝9敗」でも勝つ、利回り100%の外貨投資戦略セミナー◆◇◆
◆◇◆2007年6月17日(日) 13:00-16:30 in 東京・茅場町◆◇◆
 ⇒ http://www.financialacademy.jp/seminar/1369.html
◆◇◆講師:松田哲 主催:日本ファイナンシャルアカデミー◆◇◆
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年06月04日Part3
【マーケット・コメント】
---ユーロ/円(EUR/JPY)&ユーロ/ドル(EUR/USD)---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

---ユーロ/円(EUR/JPY)---

先週末(6月1日金曜日)の東京市場のユーロ/円(EUR/JPY)は、
[163.75-80]レベルでオープン。

先週末(6月1日金曜日)の東京市場、ロンドン市場のユーロ/円(EUR/JPY)は、
概して、163円台後半程度での持ち合い。
米国雇用統計を控えて、様子見の印象。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

「米国雇用統計」が発表されて、その直後は、上下に振幅したが、
概して、163円台後半での小動き。

ニューヨーク市場の午後になって、164円台前半に乗せた。
そのままニューヨーク・クローズ。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

---ユーロ/ドル(EUR/USD)---

ユーロ/ドル(EUR/USD)に関しては、引き続き、
概して、[1.3400-1.3700]のゾーンでボックス相場を形成しており、
調整局面が続いている。

先週末(6月1日金曜日)の東京市場のユーロ/ドル(EUR/USD)も、
[1.3450-55]レベルでオープン。
東京市場は動きなし。

ロンドン市場のユーロ/ドル(EUR/USD)は、若干下落。
若干「ユーロ売りドル買い」方向に動いたが、まあ、動いた内に入らない程度。

ニューヨーク市場で、「米国雇用統計」が予想よりも良かったことから、
マーケットはドル買いに反応した。

しかし、大きな値動きにならず、1.34台前半に下げた程度。

ニューヨーク市場の昼前後に、一時[1.3400]を割り込んだが、
[1.3400]アラウンドには、
大きな「ユーロ買い」のオーダー(注文)があった様子で、
急反発して、1.34台ミドルに戻した。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)---

++++<AD>++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇◆相場経験22年のディーラーが語る!◆◇◆
◆◇◆「1勝9敗」でも勝つ、利回り100%の外貨投資戦略セミナー◆◇◆
◆◇◆2007年6月17日(日) 13:00-16:30 in 東京・茅場町◆◇◆
 ⇒ http://www.financialacademy.jp/seminar/1369.html
◆◇◆講師:松田哲 主催:日本ファイナンシャルアカデミー◆◇◆
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年06月04日Part2
【マーケット・コメント】
---ドル/円(USD/JPY)---

先週末(6月1日金曜日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
[121.70-75]レベルでオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間午前9:00---

先週末(6月1日金曜日)の東京市場、ロンドン市場のドル/円(USD/JPY)は、
121円台後半で、じり高に推移した。

基本的には、この日(6月1日)に発表される「米国雇用統計」待ち。

ニューヨーク市場で発表された「米国雇用統計」は以下の通り。

失業率(5月)
結果[4.5%]
予想[4.5%]
前回[4.5%](季節調整済み)

非農業部門就業者数(5月)
結果[+157,000人]
予想[+135,000人]
前回[+ 80,000人]([+88,000人]増から下方修正)

また、この日に発表された「PCEデフレーター」は以下の通り。

PCEデフレーター(4月)
結果[2.2%]
予想[2.2%]
前回[2.3%]([2.4%]から修正)(前年比)

PCEコアデフレーター(4月)
結果[0.1%]
予想[0.2%]
前回[0.0%](前月比)

結果[2.0%]
予想[2.1%]
前回[2.1%](前年比)

「米国雇用統計」が予想よりも良かったことから、
マーケットはドル買いに反応し、
ドル/円(USD/JPY)は、121円台後半から、[122.00]を上に抜けた。

しかし、上昇のスピードは加速していない。
「米国雇用統計」の反応がとっくに終わった時間になって、
---「米国雇用統計」の発表から、1時間以上経ってから、---
ドル/円(USD/JPY)は、高値[122.10-15]レベルを付けた。

通常は、煮詰まったポイントであり、
[122.20-30]レベルには、
通常は、ストップ・ロス(損切りのドル買い円売り)のある水準なので、
加速してもおかしくない。

しかし、加速しなかった。

ドル/円(USD/JPY)の上昇が加速しなかった理由に、
「PCEデフレーター」が、予想よりも弱かったことを挙げるコメントも多い。
つまり、ドル金利引き上げに結びつかなかった、といった考え方だ。

しかし、個人的には、そうではないだろう、と考えている。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

先週の金曜日(6月1日)の「米国雇用統計」が
発表される前(東京時間19:00ころ)に配信したコメントを再掲載します。

> ひとりごと・・・・。
>
> ドル円(USD/JPY)だけ、おかしい・・・。
>
> ドル円(USD/JPY)の[122.00]はチャート・ポイント。
>
> ドル円(USD/JPY)のチャートに従えば、[122.00]を上に抜ける場合は、
> 「買い」で付いて行くのがセオリーだが、
> 今回は、[122.00]を上に抜けても、個人的には、付いて行く気はない。
>
> つまり、今回は、[122.00]を上に抜けても、
> 個人的には、ドル円(USD/JPY)を「ロング(買い持ち)」にする気には、
> 全く、ならない。
>
> さりとて、「円キャリー・トレード」の影響が強いので、
> ドル円(USD/JPY)を「売り持ち(ショート)」にするのは、もっと嫌だ。
>
> どうも、ドル円(USD/JPY)に手を出す気持ちになれない。
> (それは、このところのコメントでも、何度も書いているから、
>  ニュアンスとしては伝わっていると思いますが・・・)
>
> ただし、ドル円(USD/JPY)を「売り持ち(ショート)」にしている場合は、
> セオリーの通りに、セオリーに従って、
> 「損切りの買戻し」をした方が良いと考えている。
>
> ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
>
> 戦術としては、ユーロ/円(EUR/JPY)を「ロング(買い持ち)」にして、
> 「買っては売り」
> 「買っては売り」
> を繰り返すことしか、思いつかない・・・・。
>
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【がんばれ!!! プロ・サッカー選手!!!】---[ブログ]【IPPEI AOKI 1.28】---

++++<AD>++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇◆相場経験22年のディーラーが語る!◆◇◆
◆◇◆「1勝9敗」でも勝つ、利回り100%の外貨投資戦略セミナー◆◇◆
◆◇◆2007年6月17日(日) 13:00-16:30 in 東京・茅場町◆◇◆
 ⇒ http://www.financialacademy.jp/seminar/1369.html
◆◇◆講師:松田哲 主催:日本ファイナンシャルアカデミー◆◇◆
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年06月04日
【がんばれ!!! プロ・サッカー選手!!!】
---[ブログ]【IPPEI AOKI 1.28】---

今回のこのコンテンツは、外国為替がテーマではありません。
(念のため)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ルーマニアのプロ・サッカー・チームに行ったイッペイのブログに、
【2点目!】のメッセージが載りました!!

IPPEI AOKI 1.28
http://ippei.cocolog-nifty.com/blog/

引用掲載します!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【2点目!】

昨日の試合は左MFで先発出場!
後半20分、左からのコーナーキックがファーサイド
しかも結構後ろの方に流れ、味方がヘディングでそれを中に折り返す。

それがワンバウンドして、
ゴールに背を向けて立っていた俺の頭らへんにきたから、
オーバーヘッド気味にキーパーの頭越しにループシュート!

それが決まりリーグ戦2点目!!

もちろん左足でのゴールです!

オーバーヘッドっていうときこえはいいけど、
わりと泥臭い感じのゴールだったかな。
あくまでも気味なんで(笑)

チームも4対2で勝利したし、いい気持ちで週末を過ごせそうです。

いやーでも今回のゴールの説明は難しかった・・・
たぶんイメージしずらいだろうなー。(苦笑)  

2007年6月 2日 (土)

IPPEI AOKI 1.28
http://ippei.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/2_5d39.html

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

« 2007年5月27日 - 2007年6月2日 | トップページ | 2007年6月10日 - 2007年6月16日 »