« 2006年12月31日 - 2007年1月6日 | トップページ | 2007年1月14日 - 2007年1月20日 »

2007年1月12日 (金)

【マーケット・コメント】---年初から、難しい相場で、困ります・・・---2007年01月12日

∞∞<AD>《2月下旬発売予定》∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
       ◇◆◇ FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか? ◇◆◇
              ---利回り100%の外貨投資戦略---
       ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,580円
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞《2月下旬発売予定》<AD>∞∞

2007年01月12日
【マーケット・コメント】
---年初から、難しい相場で、困ります・・・---

昨日(1月11日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
119円台ミドル---[119.50-55]レベル---でオープン。

---東京市場のオープン(寄り付き)は、東京時間午前9:00。---

東京市場では、ユーロ/円(EUR/JPY)などのクロス円の買戻しや、
新規の「円キャリー・トレード」の影響も出て、
ドル/円(USD/JPY)は、堅調に推移した。

昨日(1月11日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、「ジリ高」に動き、
夕方[120.00]を目前に、東京市場のクローズ(東京時間17:00)を迎えた。

東京が引けてから、[120.00]を上に突破すると、
ストップ・ロス(損切りのドル買い円売り)を巻き込んで、
[120.30-35]レベルに跳ねた。

ロンドン市場の朝方は、120円台前半で推移した。
ニューヨーク市場の昼頃になって、[120.50]も上に抜けた。
[120.50]には、オプション取引に伴う「防戦的なドル売り」も見られたが、
結局は、上に抜けて、高値[120.60-65]レベルを付けた。
その後は、120円台ミドルでの揉み合い。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(1月11日)の東京市場のユーロ/ドル(EUR/USD)は、
1.29台ミドル程度---[1.2935-40]レベル---でオープン。

微妙な水準で、東京市場は1.29台ミドルで持ち合ったまま。

ロンドン市場の朝方では、ユーロ/円(EUR/JPY)の買いの影響もあり、
ユーロ/ドル(EUR/USD)は、底堅く推移した。

ロンドン市場では、BOE(英国中銀)が、
予想外に、ポンド(GBP)の政策金利を[0.25%]引き上げ、
[5.0%]から[5.25%]とした。

このため、ポンド/ドル(GBP/USD)が上昇し、1.93台後半から1.95台に乗せた。
ポンド/ドル(GBP/USD)は、約150ポイントの急騰。

ポンド/ドル(GBP/USD)で、「ポンド買いドル売り」になったことから、
ユーロ/ドル(EUR/USD)も「連れて、ユーロ買いドル売り」に反応した。

ユーロ/ドル(EUR/USD)は、
1.29台ミドルないし後半程度から、1.30台に軽く跳ねた。

しかし、その後に予定されていたECB(欧州中銀)は、
ユーロ(EUR)金利の据え置きを発表した。

トリシェECB総裁の声明も、ユーロ金利引き上げに対して、強いものではなく、
2月のユーロ金利引き上げ観測(期待)が後退した。

そのため、ニューヨーク市場のユーロ/ドル(EUR/USD)は、
ポンドにつられて、上昇した高値水準[1.3010-20]レベルから、
一気に、[1.2900]割れまで、100ポイント以上の急落を見ている。
安値は[1.2880-85]レベル。

その後のニューヨーク市場は[1.2900]を挟んだ持ち合い。
そのまま、[1.2900]アラウンドでニューヨーク・クローズ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(1月11日)の東京市場のユーロ/円(EUR/JPY)は、
154円台ミドル---[154.60-65]レベル---でオープン。

昨日(1月11日)の東京市場では、
新規の「円キャリー・トレード」の影響も出て、堅調に推移した。

東京市場でのユーロ/円(EUR/JPY)は、「ジリ高」に動き、
東京市場の昼頃には、155円台に乗せた。

東京市場の夕方に、ドル/円(USD/JPY)は[120.00]を目前にしていたが、
東京が引けてから、ドル/円(USD/JPY)が[120.00]を上に突破すると、
ユーロ/円(EUR/JPY)も跳ねて、[155.50]を上に突破し、
155円台後半に強含んだ。

ロンドン市場では、BOE(英国中銀)が、
予想外に、ポンド(GBP)の政策金利を[0.25%]引き上げ、
[5.0%]から[5.25%]とした影響から、
ユーロ/ドル(EUR/USD)が、
1.29台ミドルないし後半程度から、1.30台に軽く跳ねた。

その際に、ユーロ/円(EUR/JPY)は、155円台後半から、156円台に乗せた。
ユーロ/円(EUR/JPY)の高値は、[156.30-40]レベル。

ところが、その後に発表された、
ユーロ(EUR)金利の据え置き、および、トリシェECB総裁の発言も、
強いものではなかったために、
2月のユーロ金利引き上げ観測(期待)が後退し、
ユーロ/ドル(EUR/USD)は、100ポイント以上の急落。

その影響から、ユーロ/円(EUR/JPY)も急落した。
156円台前半程度から、155円台前半に、おおよそ100ポイントの下落。

そのまま、155円台前半でニューヨーク・クローズ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(1月11日)のポンド金利引き上げは、予想外。

マーケット(外国為替市場)は、乱高下をした印象。

特に、ユーロ/ドル(EUR/USD)は、[1.2900]も割り込み、
重要なチャート・ポイントも下に抜けている。

テクニカル(チャート分析)で見るならば、
12月中旬にサポートした1.30台ミドルを下に抜けた年初(1月5日)に、
「ユーロ売りドル買い」のシグナルを出していたのだなぁ・・・、
と思います。

しかし、今回は、その時点では、
まだ、「年末年始相場」の市場参加者が極端に薄い状況だったので、
そういったシグナル(サイン)とは考えていなかった。

また、昨年の11月下旬から今年の年初にかけて、
[1.3000]よりも高いユーロ高水準で取引が続いていたので、
まだ、その整理が終わっていない状況が推測される。

だから、目先、無理をしたくない。

テクニカル(チャート分析)で見るならば、
ユーロ/ドル(EUR/USD)のロング(買い持ち)は、
1.29台ミドル([1.2930-40]レベル)で、
いったん、損切りを敢行するところと考えます。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

個人的な思惑を加筆するならば、以下の通り。

ユーロ/ドル(EUR/USD)は、チャートポイントを触る。
---場合によっては、一時抜ける。---
しかし、それでも、最終的にはチャートポイントが守られるケースが多々ある。

今のところ、そのパターンではないか、と考えている。

だから、個人的には、ユーロ高トレンドは、まだ終了していない、
と考えているが、
それは、個人的な思惑に過ぎないので、
ユーロ/ドル(EUR/USD)のロング(買い持ち)で戦う場合は、
次の節目(チャートポイント)[1.2800]を割り込むようならば、
撤退すべきところ。

現状、マーケットのセンチメントは、ブル・ベア微妙にぶつかり合っています。

ユーロ/ドル(EUR/USD)が、[1.2800]を割り込んで、
加速するような値動きを示したら、
ユーロ/円(EUR/JPY)のロング(買い持ち)も、
いったん手仕舞った方が良いが、
現状は、昨日の乱高下で、ポンド/円(GBP/JPY)が引っ張る形で、
ユーロ/円(EUR/JPY)をサポートしている。

年初から荒れ模様で、難しい、微妙な局面にあります。

昨日のポンド(GBP)の利上げから、
ユーロ(EUR)の利上げの観測(思惑)も再浮上するでしょうし、
日銀の円金利(JPY)引き上げも、話題に上ることでしょう。

引き続き、金利相場的要素が重要になりそうです。
金利相場の場合、市場のセンチメント(市場の心理)の影響が強くなります。
---雰囲気ですから、読み難いし、対応も難しくなります。
  まめに、損切りを行うことが重要です。
  それが、難しいことは十分に承知していますが、
  大負けをしないで、生き残ることが大切です。---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2007年1月11日 (木)

【松田哲のFXディーラー物語[ブログ]】---[ブログ]のタイトルを変えました---2007年01月11日Part2

∞∞<AD>《2月下旬発売予定》∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
       ◇◆◇ FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか? ◇◆◇
              ---利回り100%の外貨投資戦略---
       ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,580円
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞《2月下旬発売予定》<AD>∞∞

2007年01月11日Part2
【松田哲のFXディーラー物語[ブログ]】
---[ブログ]のタイトルを変えました---

[ブログ]のタイトルを変えました。

今までの[ブログ]のタイトルは、
【フォレックス・ディーラー物語[ブログ]】
だったのですが、

【松田哲のFXディーラー物語[ブログ]】
に変更しました。

“FX”は、“エフエックス”と読む人が多いでしょうが、
“フォレックス”と読むことが出来ます。

だから、事実上は、タイトルを変えたのではなくて、
自分の名前を加えただけとも言えます。

それから、外国為替取引が、個人にも浸透して、
“FX”が“外国為替”を意味することが、
広く知るところとなったからでもあります。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

サイト
【フォレックス・ディーラー物語】
http://www.d4.dion.ne.jp/~smatt/

も、改題して、
【松田哲のフォレックス・ディーラー物語/FXディーラー物語】
としました。

サイトを立ち上げたのは、2000年4月ですから、
もうすぐ、まる7年になるのだなぁ・・・
などと思っています。

サイトのトップページに書いた文章は、以下のものでした。

『テレビなどで、
 「今日の外国為替相場、東京市場の終値は、ドル円が……です。」
 と、毎日、報道されています。

 フォレックス“Forex”は、“Foreign Exchange”のことです。
 フォレックス・ディーラー“Forex Dealer”は、
 外国為替市場で、実際の取引をしている人たちのことです。
 外国為替ディーラー、外為ディーラー、FXディーラーとも呼びます。

 外国為替取引の専門用語については、
 本文を読むだけでわかるように説明がありますが、
 【外為用語の基礎知識】にリンクしました。     』

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

サイト
【フォレックス・ディーラー物語】
http://www.d4.dion.ne.jp/~smatt/

を立ち上げたときに、
“FXディーラー”が“フォレックス・ディーラー”“外国為替ディーラー”
と同義であると、知る人は少なかったので、
紹介文を上記のように書いたのですが、隔世の感があります。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【マーケット・コメント】2007年01月11日

∞∞<AD>《2月下旬発売予定》∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
       ◇◆◇ FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか? ◇◆◇
              ---利回り100%の外貨投資戦略---
       ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,580円
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞《2月下旬発売予定》<AD>∞∞

2007年01月11日
【マーケット・コメント】

昨日は、所用で、メールマガジンを配信できませんでした。
それで、記録のために、一昨日のところから記述します。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

一昨日(1月9日火曜日)、
「成人の日」で連休明けの東京市場ドル/円(USD/JPY)は、
118台ミドルアッパー程度---[118.65-70]レベル---でオープン。

---東京市場のオープン(寄り付き)は、東京時間午前9:00。---

一昨日(1月9日火曜日)の東京市場は、概して、118円台後半での持ち合い。

ロンドン市場で、119円台に乗せて、「ジリ高」傾向を強めた。
ニューヨーク市場で、[119.50-55]レベルの高値を付けたが、
その後は、概して、[119.15-45]での持ち合いに推移し、
ニューヨーク・クローズを迎えた。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(1月10日水曜日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
[119.25-30]レベルでオープン。

---東京市場のオープン(寄り付き)は、東京時間午前9:00。---

東京市場、ロンドン市場の朝方は、
この日のニューヨーク市場で発表される米国貿易収支待ちで、
大きな値動きにならず。119円台前半での持ち合いのまま。

発表された11月の米国貿易収支は、以下の通り。

米国貿易収支 (11月)
結果:[△582億ドル]
予想:[△600億ドル]
前回:[△588億ドル]([△589億ドル]から修正)

事前予想よりも良かった(赤字が少なかった)ことを材料に、
「ドル買い」となり、
ドル/円(USD/JPY)は、発表直前の[119.25-30]レベルから上昇。
[119.75-80]レベルの高値を付けた。

高値を付けてからは、119円台ミドルで揉み合った。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

本日(1月11日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
119円台ミドル---[119.50-55]レベル---でオープン。

東京市場では、ユーロ/円(EUR/JPY)などのクロス円の買戻しや、
新規の「円キャリー・トレード」の影響も出て、
ドル/円(USD/JPY)は、堅調に推移した。

本日(1月11日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、「ジリ高」に動き、
夕方[120.00]を目前に、東京市場のクローズ(東京時間17:00)を迎えた。

東京が引けてから、[120.00]を上に突破すると、
ストップ・ロス(損切りのドル買い円売り)を巻き込んで、
[120.30-35]レベルに跳ねた。

(1月11日東京時間17:40記述)

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

一昨日(1月9日火曜日)、
「成人の日」で連休明けの東京市場のユーロ/ドル(EUR/USD)は、
[1.3035-40]レベルでオープン。

一昨日(1月9日火曜日)のユーロ/ドル(EUR/USD)は、
東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場と、
概して1.30台前半での持ち合い。

経済指標の発表も無く、静かな値動きだった。
ニューヨーク・クローズは、[1.3000]アラウンド。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(1月10日水曜日)の東京市場のユーロ/ドル(EUR/USD)は、
1.29台後半---[1.2990-00]レベル---でオープン。

一昨日(1月9日火曜日)のニューヨーク・クローズが、
安値引けだったことから、
東京市場の朝方に、もう一段の「ユーロ売り」が出て、
1.29台ミドルに下落した。[1.2950-55]レベルの安値を付けた。

1月8日(月)のニューヨーク市場で付けた安値が、
[1.2970-75]レベルだったので、その水準を割り込んだあたりに、
ストップ・ロス・オーダー(損切りのユーロ売りドル買い注文)があった様子。

東京市場の午後、およびロンドン市場の朝方は、
ストップ・ロス・オーダーを付け終えた後の積極性のない値動きから、
ユーロの買戻しとなり、1.29台後半に戻した。

ニューヨーク市場で発表された11月の米国貿易収支が、
事前予想よりも良かった(赤字が少なかった)ことから、
再び「ユーロ売りドル買い」となり、
ユーロ/ドル(EUR/USD)は、[1.2950]を割り込んだ。
安値は[1.2930-35]レベル。

[1.2950]を割り込んだあたりにも、
ストップ・ロス・オーダー(損切りのユーロ売りドル買い注文)があった様子。

そのまま、1.29台前半でニューヨーク・クローズ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

一昨日(1月9日火曜日)、
「成人の日」で連休明けの東京市場ユーロ/円(EUR/JPY)は、
154台後半---[154.75-80]レベル---でオープン。

一昨日(1月9日火曜日)のユーロ/円(EUR/JPY)は、
年初から、大きく下落した後の調整的な値動きで、「ジリ高」気味に推移した。

東京市場で、155円台を回復し、
ロンドン市場、ニューヨーク市場では155円台前半での持ち合い。

ただし、年初の158円台から大きく下げた後の調整的な値動きなので、
目だった印象ではない。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(1月10日水曜日)の東京市場のユーロ/円(EUR/JPY)は、
[155.00]アラウンド---[155.00-05]レベル---でオープン。

昨日(1月10日水曜日)のユーロ/円(EUR/JPY)は、
概して、年初の158円台から大きく下げた後の調整的な値動き。

東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場と、
154円台ミドルから、155円台に乗せた程度での持ち合いとなった。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

本日(1月11日)の東京市場のユーロ/円(EUR/JPY)は、
154円台ミドル---[154.60-65]レベル---でオープン。

本日(1月11日)の東京市場では、
新規の「円キャリー・トレード」の影響も出て、堅調に推移した。

東京市場でのユーロ/円(EUR/JPY)は、「ジリ高」に動き、
東京市場の昼頃には、155円台に乗せた。

東京市場の夕方に、ドル/円(USD/JPY)は[120.00]を目前にしていたが、
東京が引けてから、ドル/円(USD/JPY)が[120.00]を上に突破すると、
ユーロ/円(EUR/JPY)も跳ねて、[155.50]を上に突破し、
155円台後半に強含んだ。

(1月11日東京時間17:40記述)

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

年初から、荒れた展開になっています。

特に、ユーロ/円(EUR/JPY)は、年初(1月3日)のニューヨーク市場で、
高値[158.00-10]レベルを示現後、急落して、153円台後半を見ています。
---つまり、4円以上の急落を見ています。---

しかし、基本的な、「ユーロ高トレンド」を壊すに至っていません。

ユーロ/ドル(EUR/USD)も、1.29台後半、ないし1.29台ミドルの、
「サポート・ポイント」を一時、下に抜けましたが、
相場は加速せずに、1.29台の微妙な水準にあります。

今のところ、対円でも、対ドルでも、
「ユーロ高トレンド」を壊すに至っていない状況と、考えています。

ですから、無理をせずに、少しずつ、「ユーロ買い」を進めるのが良いだろう、
と考えています。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2007年1月 9日 (火)

【マーケット・コメント】2007年01月09日

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年01月09日
【マーケット・コメント】

先週末(1月5日金曜日)のシドニー市場では、[119.00]を割り込むと、
1月3日、4日の年初に119円台でドル/円(USD/JPY)を買っていた向きの、
短期的なストップ・ロス(損切りのドル売り円買い)を誘発した。

先週末(1月5日金曜日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
118台後半---[118.80-85]レベル---でオープン。

---東京市場のオープン(寄り付き)は、東京時間午前9:00。---

1月5日(金)の東京市場の朝方に、[118.50]も割り込み、
118円台前半を見ている。

この値動き(下落)は、ドル/円(USD/JPY)単体での要因ではなく、
ユーロ/円(EUR/JPY)やポンド/円(GBP/JPY)などのクロス円の下落が主要因。

クロス円の下落は、「円買い」の材料になる。

東京市場では、朝方に急落し、
そのまま上値の重い状態で、[118.10]アラウンドで東京クローズを迎えた。

ロンドン市場の朝方には、[118.00]も付けたが、
その後は米国雇用統計を控えての様子見で、118円台前半で動かず。

ニューヨーク市場で発表された米国雇用統計は以下の通り。

非農業部門雇用者数(NFP)
結果:+167,000人
予想:+100,000人
前回:+154,000人(+132,000人から上方修正)

失業率
結果:4.5%
予想:4.5%
前回:4.5%

非農業部門雇用者数(NFP)が予想よりも良かったこと、
前回が上方修正されたこと、
を材料に、ドルは急騰した。

米国雇用統計発表直前のドル/円(USD/JPY)は、[118.00-10]レベルだったが、
1時間程度で、[119.00]レベルに上昇した。

しかし、119円台には、ドルを売りたい向きが待っていた様子。
また、クロス円の売り意欲が強く、「円買い」を誘発し、
ニューヨーク・クローズにかけて、118円台ミドルに戻した。
クローズは、[118.60-70]レベル。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(1月8日)の東京市場は、「成人の日」で休場。

アジア市場では、118円台ミドルから、118円台前半に「ドル売り」となった。
しかし、ロンドン市場に入ると、ドルの買戻しが出た。

ロンドン市場・ニューヨーク市場は、
概して、118円台ミドル程度での持ち合い。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

先週末(1月5日金曜日)の東京市場のユーロ/ドル(EUR/USD)は、
1.30台後半---[1.3085-95]レベル---でオープン。

先週末(1月5日金曜)の東京市場、ロンドン市場のユーロ/ドル(EUR/USD)は、
米国雇用統計発表待ちの様子見で動かず。
1.30台後半で推移した。

米国雇用統計で、非農業部門雇用者数(NFP)が予想よりも良かったこと、
前回が上方修正されたことから、「ユーロ売りドル買い」に反応した。

ニューヨーク市場で、ユーロ/ドル(EUR/USD)は、
1.30台後半から、[1.3000]割れまで急落。約100ポイントの下落となった。

その後は、[1.3000]を挟んでの小動きとなり、そのまま引けた。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(1月8日)の東京市場は、「成人の日」で休場。
アジア時間、および、ロンドン市場の朝方は、[1.3000]を挟んだ小動き。

ニューヨーク市場になって、一時、「ユーロ売りドル買い」が進んだが、
安値も[1.2970-75]レベル。
それ以上の押しがないと、買戻しが出て、1.30台に乗せた。

そのまま、1.30台前半でニューヨーク・クローズ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

先週末(1月5日金曜日)の東京市場のユーロ/円(EUR/JPY)は、
155台ミドル---[155.50-55]レベル---でオープン。

先週末(1月5日金曜日)の東京市場では、
寄り付きから、ユーロ/円(EUR/JPY)の下落は加速し、
朝方の1時間ほどで、一気に[155.00]を割り込んだ。

[155.00]割れにも、
ストップ・セル・オーダー(Stop Sell Order)があった。
---目先で高値を買っていた向きにとっては損切りの注文だが、
  140円台や、150円台前半で、
  ユーロ/円(EUR/JPY)を買っていた向きにとっては、
  プロフィット・セーブ(利益確保)の注文になる。---

「売り」が「売りを呼ぶ」といった展開になっている。

[155.00]割れにあったストップ・セル・オーダー(Stop Sell Order)を
付けると、東京市場の午前中は、
[155.00]を挟んで、20銭程度の「相場の綾(あや)」を形成した。

東京市場の昼過ぎになると、再び、ユーロ売り気配強まり、
154円台ミドル程度に下落。

先週末(1月5日金曜日)のロンドン市場、ニューヨーク市場も、
ユーロ売り気配強く、154円台前半で、ニューヨーク・クローズを迎えた。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(1月8日)の東京市場は、「成人の日」で休場。
アジア市場の時間帯に、一時、[154.00]も割り込み、
アジア市場は、153円台後半での小動きとなった。

昨日(1月8日)のロンドン市場、ニューヨーク市場では、
このところ、急落した調整的な値動きで、「ジリ高」に推移し、
153円台後半から、154円台ミドルに値を戻して、ニューヨーク・クローズ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

年初から、荒れた展開になっているが、
事実上、今年のオープンは、本日(1月9日)と、個人的には考えています。

特に、ユーロ/円(EUR/JPY)は、年初(1月3日)のニューヨーク市場で、
高値[158.00-10]レベルを示現後、急落して、153円台後半を見ています。
---つまり、4円以上の急落を見ています。---

しかし、基本的な、「ユーロ高トレンド」を壊すに至っていません。

ユーロ/ドル(EUR/USD)も、1.29台後半、ないし1.29台ミドルの、
「サポート・ポイント」を下に抜けることが出来ていません。

今のところ、対円でも、対ドルでも、
「ユーロ高トレンド」を壊すに至っていない状況と、考えています。

ですから、無理をせずに、少しずつ、「ユーロ買い」を進めるのが良いだろう、
と考えています。

まだまだ今年のマーケット(外国為替市場)は始まったばかり。
あわてる必要は全くない、と考えています。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

« 2006年12月31日 - 2007年1月6日 | トップページ | 2007年1月14日 - 2007年1月20日 »