« 2007年4月29日 - 2007年5月5日 | トップページ | 2007年5月13日 - 2007年5月19日 »

2007年5月12日 (土)

【マーケット・コメント】---ユーロ/ドル(EUR/USD)---

++++<AD>++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇◆相場経験22年のディーラーが語る!◆◇◆
◆◇◆「1勝9敗」でも勝つ、利回り100%の外貨投資戦略セミナー◆◇◆
◆◇◆2007年6月17日(日) 13:00-16:30 in 東京・茅場町◆◇◆
 ⇒ http://www.financialacademy.jp/seminar/1369.html
◆◇◆講師:松田哲 主催:日本ファイナンシャルアカデミー◆◇◆
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年05月12日Part3
【マーケット・コメント】
---ユーロ/ドル(EUR/USD)---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※お知らせ
 5月14日(月)のメールマガジンの配信、ブログの更新は、
 都合により、お休みします。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

5月10日(木)のニューヨーク市場昼ころから、
ユーロ/円(EUR/JPY)が[163.00]を上に抜けなかったことから、
ユーロ/円(EUR/JPY)がジリジリと下げた。

ユーロ/円(EUR/JPY)のジリジリと下げは、
ポンド/円(GBP/JPY)の下落と、相互に影響を与え、共に下落した。

そういったユーロ/円(EUR/JPY)の下落は、ユーロ/ドル(EUR/USD)値動きに、
「ユーロ売りドル買い」の圧力(プレッシャー)となって波及した。

「円キャリー・トレード」のポジションを縮めた様子が見られるが、
その影響も「ユーロ売りドル買い」の圧力(プレッシャー)となった。

ポンド/ドル(GBP/USD)も「材料出尽くし感」から、下落していたので、
それも、ユーロ/ドル(EUR/USD)に影響を与えた。

ポンド(GBP)の政策金利、ユーロ(EUR)の政策金利の結果も、
既に発表が終わっていることから、「材料出尽くし感」も一層強くなった。

ユーロ/ドル(EUR/USD)が、[1.3500]を割り込むと、
[1.3470-80]レベルにあった、
ストップ・ロス・オーダー(損切りのユーロ売りドル買い)を付けた。

1.34台後半程度で、5月10日(木)のニューヨーク・クローズとなった。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

5月11日(金)のユーロ/ドル(EUR/USD)は、東京市場、ロンドン市場と、
1.34台後半程度で膠着した。

ところが、5月11日(金)のニューヨーク市場では、
ユーロ/円(EUR/JPY)などクロス円の買戻しが出た。

ユーロ/円(EUR/JPY)は、ロンドン市場で付けた安値161円台前半水準から、
ニューヨーク市場で[162.50]水準まで上昇。約1円50銭の急騰となっている。

目先で、「円キャリー・トレードのアンワインド(巻き戻し・解消)」を
心配して、ユーロ/円(EUR/JPY)を売っていた向きの
ストップ・ロス(損切り)を付けて、
ユーロ/円(EUR/JPY)は、典型的な「ショート・スクイズ」を起こした。

この影響から、ユーロ/ドル/(EUR/USD)にも、
「ユーロ買い圧力(プレッシャー)」がかかり、
5月11日(金)のニューヨーク市場では、
ユーロ/ドル/(EUR/USD)は1.34台後半程度の揉み合いから、
1.35台に乗せて上昇している。

週末のニューヨーク市場では、「円キャリー・トレード」は根強い、
といった印象を残した。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)&ユーロ/円(EUR/JPY)---

++++<AD>++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇◆相場経験22年のディーラーが語る!◆◇◆
◆◇◆「1勝9敗」でも勝つ、利回り100%の外貨投資戦略セミナー◆◇◆
◆◇◆2007年6月17日(日) 13:00-16:30 in 東京・茅場町◆◇◆
 ⇒ http://www.financialacademy.jp/seminar/1369.html
◆◇◆講師:松田哲 主催:日本ファイナンシャルアカデミー◆◇◆
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年05月12日Part2
【マーケット・コメント】
---ドル/円(USD/JPY)&ユーロ/円(EUR/JPY)---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※お知らせ
 5月14日(月)のメールマガジンの配信、ブログの更新は、
 都合により、お休みします。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

5月10日(木)のニューヨーク市場午後になって、
ユーロ/円(EUR/JPY)などクロス円の下落が大きくなると、
ドル/円(USD/JPY)は、120円台ミドルから119円台後半に急落した。

5月11日(金)の東京市場、ロンドン市場では、
ユーロ/円(EUR/JPY)などクロス円の下落が続き、その影響から、
ドル/円(USD/JPY)にも「ドル売り円買い」のプレッシャー(圧力)が
かかった。
ロンドン市場の朝方には、
ドル/円(USD/JPY)は119円台ミドルまで下落している。

ところが、5月11日(金)のニューヨーク市場では、
ユーロ/円(EUR/JPY)などクロス円の買戻しが出た。

ユーロ/円(EUR/JPY)は、ロンドン市場で付けた安値161円台前半水準から、
ニューヨーク市場で[162.50]水準まで上昇。約1円50銭の急騰となっている。

目先で、「円キャリー・トレードのアンワインド(巻き戻し・解消)」を
心配して、ユーロ/円(EUR/JPY)を売っていた向きの
ストップ・ロス(損切り)を付けて、
ユーロ/円(EUR/JPY)は、典型的な「ショート・スクイズ」を起こした。

この影響から、ドル/円(USD/JPY)にも、
「円売り圧力(プレッシャー)」がかかり、
5月11日(金)のニューヨーク市場では、
ドル/円(USD/JPY)は119円台ミドルから120円台前半に上昇している。

週末のニューヨーク市場では、「円キャリー・トレード」は根強い、
といった印象を残した。

5月に入ってのドル/円(USD/JPY)は、[120.00]を挟んだ小動きで、
膠着した状態が続いているが、まだ、この膠着した状態は続きそうだ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

【ショート・スクイズ】(Short Squeeze)
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/sub012shi.htm#short_squeeze

 ドルを売った状態にしておくことを
 英語ではドル・ショート(Dollar Short)という。
 ドルを売った、その持ち高はポジション(Position)という。

 だから、ドルを売りの持ち高に傾けておくことを
 ドルの「ショート・ポジション」と呼ぶ。

 何かしらのことを理由に、
 先行きの相場の見通しを立てることを「思惑(おもわく)」という。

 多くの人達が「思惑(おもわく)」でドルを「ショート」にしている場合に、
 その「思惑(おもわく)」とは逆に相場が動き出してしまうことがある。

 「思惑(おもわく)」と逆に動けば、損失が出る。
 ドルを「ショート」のままにしていると、
 ドルが上がれば上がるほど損失が膨らむことになる。

 だから、多くの人たちがその損失に耐え切れなくなって
 いっせいにドルを買い戻すようなことがおこる。

 このように、「損切り(ロス・カット、Loss Cut)」を巻き込みながら、
 「思惑(おもわく)」のドルの「ショート・ポジション」を絞り出すように、
 ドルが上昇することを、特に「ショート・スクイズ」と言う。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2007年5月11日 (金)

蛇足ながら・・・スタンス、考え方は、全く変わっていません

昨日は、亜細亜大学の授業で、コメント配信できなかったので、
今日は、たくさんのメルマガ配信になってしまいました。

たくさん配信すると、何を言いたいのか、焦点がぼやけます。
一番言いたかったのは、以下の点です。

スタンス、考え方は、全く変わっていません。
基本的には、「ユーロ・ブル」のスタンスです。

しかし、今日のメルマガで以下のように配信しました。
それは、まだ、『現時点では』、
「まだ、『ユーロ売りの戦略』はとらない」と言う意味です。

今日は、メルマガをたくさん配信したので、
今日はもうこれ以上配信できないのです。
「まぐまぐ」は、一日に5通までしか、配信できません。

メルマガには、後日、機会がガれば、上述を書くつもりです。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【ユーロ/ドル(EUR/USD)は、目先の調整局面】---『ポンドの[2.0000]の壁』に、注意---

++++<AD>++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇◆相場経験22年のディーラーが語る!◆◇◆
◆◇◆「1勝9敗」でも勝つ、利回り100%の外貨投資戦略セミナー◆◇◆
◆◇◆2007年6月17日(日) 13:00-16:30 in 東京・茅場町◆◇◆
 ⇒ http://www.financialacademy.jp/seminar/1369.html
◆◇◆講師:松田哲 主催:日本ファイナンシャルアカデミー◆◇◆
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年05月11日Part5
【ユーロ/ドル(EUR/USD)は、目先の調整局面】
---ただし、『ポンドの[2.0000]の壁』に、注意が必要---
---『ポンドは、行くときには、行くところまで行きます!』---

ユーロ/ドル(EUR/USD)に関しては、
目先の調整局面に入った、と見ています。

先日のコメントでも書きましたので、抜粋引用します。

> このまま、ユーロ/ドル(EUR/USD)が下落する場合でも、
> 「方向転換」というよりも、
> 「調整・修正」「綾(あや)」「綾戻し(あやもどし)」と
> 見たほうがいいかな?
> と、思っています。
>
> ユーロ/ドル(EUR/USD)が下がるとしたら、
> [1.3400]割れたあたりがターゲットになります。
>
> ---あくまでも、チャートを見ると、
>   下がるなら、そこがターゲットになると言っているだけです。
>
>   別に、そうなると、予想しているのではありませんので、
>   文章の後ろにある、真意を汲み取ってください。---
>
> そう考えると、[1.3500]を割れたあたりで、「一時的、退却」。
> つまり、[1.3470]アラウンドでは、一時撤退。
>
> その場合は、1.33台を拾うことを考えた方が良い、と見ています。
>

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

昨日(5月10日)に、英国中銀(BOE)は、事前の予想通りに、
ポンド(GBP)の政策金利を[0.25%]引き上げて、[5.25%]から[5.5%]とした。

欧州中銀(ECB)は、事前の予想通りに、
ユーロ(EUR)の政策金利、[3.75%]の据え置きを発表した。

FOMCも終了していますから、
金利面からは「材料出尽くし感」は、確かにあります。

ユーロ/ドル(EUR/USD)に関しては、
[1.3700]を上にブレイクするパターンを考えていたのですが、
結局、今回のステージでは、『防戦のユーロ売り』に阻まれた、
といったところです。

同じように、ポンド/ドル(GBP/USD)も、
[2.0000]の壁を、いったんは突き破ったものの、
改めて、跳ね返された、といった印象です。
この『ポンドの[2.0000]の壁』には、注意した方が良い、と、思っています。

最近では、
---10年以上前のことを、こう呼んで良いのか、迷いますが・・・---
1991年、1992年と、2回にわたり、
『ポンドの[2.0000]の壁』に、強烈に跳ね返されています。

『ポンドは、行くときには、行くところまで行きます!』

そう言うと、読者のみなさんの中には、
『なんだ、当たり前じゃないか!?』
と思われる方もいると思います。

ポンドのフラクチュエーションは、そのほかの通貨の比ではない、
と言うことを表現しているだけです。

上述は、ユーロ/ドル(EUR/USD)を考える際に、しばらくは、
『ポンドの[2.0000]の壁』を忘れない方が、良さそうだ、
と自分に言い聞かせているのです。

何度も書きましたが、再度、以下も抜粋引用します。

> それは、「ことわざ」なのか、単なる感想なのか、知りませんが、英語で、
>
> “The Market is always so mean....”
> ---マーケット(相場)は、いつも意地悪---
>
> と、よく言います・・・。
>
> mean:(形容詞)みすぼらしい、けちな、卑劣な、意地の悪い、
>                 扱いにくい、厄介な
>

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【マーケット・コメント】---ユーロ/ドル(EUR/USD)---

++++<AD>++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇◆相場経験22年のディーラーが語る!◆◇◆
◆◇◆「1勝9敗」でも勝つ、利回り100%の外貨投資戦略セミナー◆◇◆
◆◇◆2007年6月17日(日) 13:00-16:30 in 東京・茅場町◆◇◆
 ⇒ http://www.financialacademy.jp/seminar/1369.html
◆◇◆講師:松田哲 主催:日本ファイナンシャルアカデミー◆◇◆
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年05月11日Part4
【マーケット・コメント】
---ユーロ/ドル(EUR/USD)---

昨日(5月10日)は、コメントを書けなかったので、
一昨日(5月9日)の東京市場から記述します。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

一昨日(5月9日)の東京市場のユーロ/ドル(EUR/USD)は、
1.35台ミドル---[1.3535-40]レベル---でオープン。

一昨日(5月9日)のユーロ/ドル(EUR/USD)は、
東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場と、動きらしい値動きなし。
1.35台ミドル程度での小動きに終始。

一昨日(5月9日)のニューヨーク市場では、
米国のFOMCが開催され、ドルの政策金利が発表される予定だった。
それを控えての小動き。

FOMCの結果は、ドルの政策金利据え置き。
事前の予想通りで、注目は、その声明文だった。
しかし、声明文もほぼ前回同様。

この結果も、ユーロ/ドル(EUR/USD)には、あまり影響を与えず。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(5月10日)の東京市場のユーロ/ドル(EUR/USD)は、
[1.3530-40]レベルでオープン。

昨日(5月10日)の東京市場は、概して、1.35円台ミドルで小動き。
ロンドン市場でも、概して、1.35円台ミドルないし1.35台前半で小動き。

英国中銀(BOE)は、事前の予想通りに、
ポンド(GBP)の政策金利を[0.25%]引き上げて、[5.25%]から[5.5%]とした。

欧州中銀(ECB)は、事前の予想通りに、
ユーロ(EUR)の政策金利、[3.75%]の据え置きを発表した。

ポンドの利上げが発表されると、「材料出尽くし感」から、
ポンド/円(GBP/JPY)の下落が始まった。
ポンド/ドル(GBP/USD)も「材料出尽くし感」から、下落が始まった。

そして、ニューヨーク市場で、発表された米国貿易収支(3月)は以下の通り。

米国貿易収支(3月)
結果:[△639億ドル]
予想:[△600億ドル]
前回:[△579億ドル]([△584億ドルから修正・季節調整済み)

予想よりも悪かったが、発表直後は、あまり反応無く、
ユーロ/ドル(EUR/USD)は、1.35台前半で推移した。

しかし、ニューヨーク市場昼ころから、
ユーロ/円(EUR/JPY)が[163.00]を上に抜けなかったことから、
ユーロ/円(EUR/JPY)がジリジリと下げた。

ユーロ/円(EUR/JPY)のジリジリと下げは、
ポンド/円(GBP/JPY)の下落と、相互に影響を与え、共に下落した。

そういったユーロ/円(EUR/JPY)の下落は、ユーロ/ドル(EUR/USD)値動きに、
「ユーロ売りドル買い」の圧力(プレッシャー)となって波及した。

「円キャリー・トレード」のポジションを縮めた様子が見られるが、
その影響も「ユーロ売りドル買い」の圧力(プレッシャー)となった。

ポンド/ドル(GBP/USD)も「材料出尽くし感」から、下落していたので、
それも、ユーロ/ドル(EUR/USD)に影響を与えた。

ポンド(GBP)の政策金利、ユーロ(EUR)の政策金利の結果も、
既に発表が終わっていることから、「材料出尽くし感」も一層強くなった。

ユーロ/ドル(EUR/USD)が、[1.3500]を割り込むと、
[1.3470-80]レベルにあった、
ストップ・ロス・オーダー(損切りのユーロ売りドル買い)を付けた。

1.34台後半程度でニューヨーク・クローズ。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【マーケット・コメント】---ユーロ/円(EUR/JPY)---

++++<AD>++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇◆相場経験22年のディーラーが語る!◆◇◆
◆◇◆「1勝9敗」でも勝つ、利回り100%の外貨投資戦略セミナー◆◇◆
◆◇◆2007年6月17日(日) 13:00-16:30 in 東京・茅場町◆◇◆
 ⇒ http://www.financialacademy.jp/seminar/1369.html
◆◇◆講師:松田哲 主催:日本ファイナンシャルアカデミー◆◇◆
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年05月11日Part3
【マーケット・コメント】
---ユーロ/円(EUR/JPY)---

昨日(5月10日)は、コメントを書けなかったので、
一昨日(5月9日)の東京市場から記述します。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

一昨日(5月9日)の東京市場のユーロ/円(EUR/JPY)は、
162円台ミドル---[162.35-45]レベル---でオープン。

一昨日(5月9日)のユーロ/円(EUR/JPY)は、
東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場と、
動きらしい値動きなし。

162円台前半、ないし162円台ミドル程度での小動きに終始。

一昨日(5月9日)のニューヨーク市場では、
米国のFOMCが開催され、ドルの政策金利が発表される。
それを控えての小動き。

FOMCの結果は、ドルの政策金利据え置き。
事前の予想通りで、注目は、その声明文だった。
しかし、声明文もほぼ前回同様。

この結果も、ユーロ/円(EUR/JPY)には、あまり影響を与えず。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(5月10日)の東京市場のユーロ/円(EUR/JPY)は、
162円台ミドル---[162.60-65]レベル---でオープン。

昨日(5月10日)の東京市場は、概して、162円台ミドルで小動き。

ロンドン市場でユーロ/円(EUR/JPY)は、買い気配になり、
[163.00]アラウンドに上昇している。

英国中銀(BOE)は、事前の予想通りに、
ポンド(GBP)の政策金利を[0.25%]引き上げて、[5.25%]から[5.5%]とした。

欧州中銀(ECB)は、事前の予想通りに、
ユーロ(EUR)の政策金利、[3.75%]の据え置きを発表した。

ポンドの利上げが発表されると、「材料出尽くし感」から、
ポンド/円(GBP/JPY)の下落が始まった。

そして、ニューヨーク市場で、発表された米国貿易収支(3月)は以下の通り。

米国貿易収支(3月)
結果:[△639億ドル]
予想:[△600億ドル]
前回:[△579億ドル]([△584億ドルから修正・季節調整済み)

予想よりも悪かったが、発表直後は、あまり反応無く、
ユーロ/円(EUR/JPY)は、162円台後半に推移した。

しかし、ニューヨーク市場昼ころから、
ユーロ/円(EUR/JPY)が[163.00]を上に抜けなかったことから、
ユーロ/円(EUR/JPY)がジリジリと下げた。

ポンド/円(GBP/JPY)の下落の影響も相互に作用している。

ユーロ/円(EUR/JPY)は、[162.50]を割り込むと、
このところ、ユーロ/円(EUR/JPY)を買っていた向きの、
利益を確定させる売りや、目先で買っていた向きの売りが出た様子。

ニューヨーク株式が、下落したことから、
クロス円の利益を確定させるために、
「円キャリー・トレード」のポジションを縮めた様子が見られる。
ポンド(GBP)の政策金利、ユーロ(EUR)の政策金利の結果も、
既に発表が終わっていることから、「材料出尽くし感」も一層強くなった。

ユーロ/円(EUR/JPY)は、[162.00]を割り込むと、
損切りの「ユーロ売り円買い」が出て、さらに下落した。
ニューヨーク市場の夕方も、そのまま下がり続け、
161円台ミドルでニューヨーク・クローズ。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)---

++++<AD>++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇◆相場経験22年のディーラーが語る!◆◇◆
◆◇◆「1勝9敗」でも勝つ、利回り100%の外貨投資戦略セミナー◆◇◆
◆◇◆2007年6月17日(日) 13:00-16:30 in 東京・茅場町◆◇◆
 ⇒ http://www.financialacademy.jp/seminar/1369.html
◆◇◆講師:松田哲 主催:日本ファイナンシャルアカデミー◆◇◆
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年05月11日Part2
【マーケット・コメント】
---ドル/円(USD/JPY)---

昨日(5月10日)は、【マーケット・コメント】を書けなかったので、
一昨日(5月9日)の東京市場から記述します。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

一昨日(5月9日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
119円台後半---[119.90-95]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間午前9:00---

一昨日(5月9日)の東京市場、およびロンドン市場のドル/円(USD/JPY)は、
119円台後半で、動きらしい値動きなし。

一昨日(5月9日)のニューヨーク市場では、
米国のFOMCが開催され、ドルの政策金利が発表される。その結果待ち。

ニューヨーク市場の朝方に、
ドル/円(USD/JPY)は、119台ミドル程度に下げたが、すぐに反発して、
119円台後半の持ち合いに戻した。

FOMCの結果は、ドルの政策金利据え置き。
事前の予想通りで、注目は、その声明文だった。
しかし、声明文もほぼ前回同様。

この声明文を受けて、ドルの金利水準は、目先変わらないと見て、
若干のドル買いに反応。
ドル/円(USD/JPY)は、120円台前半に乗せた。

[120.00]前後で、ニューヨーク・クローズ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(5月10日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
120円台前半---[120.10-15]レベル---でオープン。

昨日(5月10日)の東京市場は、概して、120円台前半で小動き。
レンジは、[119.95-120.20]といったところ。

ロンドン市場でドル/円(USD/JPY)は、買い気配になり、
120円台にドルに上昇している。
ユーロ/円(EUR/JPY)の堅調地合いが、影響した、と考えている。

英国中銀(BOE)は、事前の予想通りに、
ポンド(GBP)の政策金利を[0.25%]引き上げて、[5.25%]から[5.5%]とした。

欧州中銀(ECB)は、事前の予想通りに、
ユーロ(EUR)の政策金利、[3.75%]の据え置きを発表した。

ニューヨーク市場で、発表された米国貿易収支(3月)は以下の通り。

米国貿易収支(3月)
結果:[△639億ドル]
予想:[△600億ドル]
前回:[△579億ドル]([△584億ドルから修正・季節調整済み)

予想よりも悪かったが、発表直後は、あまり反応無く、
ドル/円(USD/JPY)は、120円台ミドルに推移した。

しかし、ニューヨーク市場午後になって、
ユーロ/円などクロス円の下落が大きくなると、
ドル/円(USD/JPY)は、120円台ミドルから119円台後半に急落した。
そのまま、ニューヨーク・クローズ。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【マーケット(金融市場)の知識】---亜細亜大学「現代金融市場論」---

++++<AD>++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇◆相場経験22年のディーラーが語る!◆◇◆
◆◇◆「1勝9敗」でも勝つ、利回り100%の外貨投資戦略セミナー◆◇◆
◆◇◆2007年6月17日(日) 13:00-16:30 in 東京・茅場町◆◇◆
 ⇒ http://www.financialacademy.jp/seminar/1369.html
◆◇◆講師:松田哲 主催:日本ファイナンシャルアカデミー◆◇◆
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年05月11日
【マーケット(金融市場)の知識】
---亜細亜大学「現代金融市場論」---

昨日(5月10日)は、亜細亜大学で、「現代金融市場論」の授業。
授業が終わってから、いつものように、
【マーケット・コメント】を書こうと思っていたのですが・・・。

いつも、「現代金融市場論」の授業は、少し早めに切り上げます。
その代わり、授業の終了時間まで、私は、教室にいます。
その少し早めに切り上げた時間に、
質問などを、受け付けるようにしているからです。

授業の最中にも、たびたび学生たちに、問いかけます。
「質問は、ありませんか?」

大勢の中では、質問をしにくい気持ちは、私にもわかります。
昨年は、無理に、質問を聞きだして、授業をしたときもあったのですが、
それは、それで、あまり良くはない印象でした。
興味の薄い学生にとっては、退屈に感じるのが、わかります。
今、興味が薄くとも、嫌いになって欲しくない、と、私は思っています。

マーケット(金融市場)の知識は、現役の大学生にとって、
すぐに役に立つ知識(情報)ではないでしょう。

しかし、彼らが卒業して、数年後には、
必ず、何かしらの役に立つ情報です。
実社会に出て、何を仕事にしても、「価格」に関係のない人、
通貨、すなわち、「お金」に関係のない人は、いないからです。

今、無理やり、押し付けて、嫌いになってしまうと、
必要が生じたときに、『思い出せない』『思い出したくない』
『教科書を開くのが嫌だ』となってしまうのは困ります。

『そーいえば、あの変なオッサンが、マーケット(金融市場)のことを、
 一生懸命、話していたなぁ・・・。
 もう一度、教科書を開いてみるかぁ・・・。』
と、思ってくれることを夢想します。そんな気持ちで、臨んでいます。

授業が終わってから、個別に学生からの質問を聞くと、
ずいぶんと時間がかかることもあります。
昨日は、そういった訳で、授業が終わってから、
1時間以上もかかってしまった次第なのです。

「現代金融市場論」の質問ではなく、
就職活動の相談や、雑談でも構わないと思っているのですが、
昨日は、そういった内容もありましたが、
それ以上に、実際のマーケット(相場)に関する質問だったので、
長引いてしまった次第です。

さて、今から、マーケットのことを書きます。
(ただし、今回は、短くなると思いますが・・・)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2007年5月 9日 (水)

ユーロ/円など、クロス円で、ポジション調整の「外貨売り円買い」

++++<AD>++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇◆相場経験22年のディーラーが語る!◆◇◆
◆◇◆「1勝9敗」でも勝つ、利回り100%の外貨投資戦略セミナー◆◇◆
◆◇◆2007年6月17日(日) 13:00-16:30 in 東京・茅場町◆◇◆
 ⇒ http://www.financialacademy.jp/seminar/1369.html
◆◇◆講師:松田哲 主催:日本ファイナンシャルアカデミー◆◇◆
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年05月09日Part3
【ドル/円&ユーロ/円】
---ユーロ/円など、クロス円で、ポジション調整の「外貨売り円買い」---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

---ドル/円(USD/JPY)---

昨日(5月8日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
120円台前半---[120.05-10]レベル---でオープンした。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間午前9:00---

昨日(5月8日)の東京市場でのドル/円(USD/JPY)は、
[120.00]アラウンドで寄り付き、朝方から、若干のドル売り気配。

なんだか、一昨日(5月7日)の「デジャビュ」といった印象。

※デジャビュ:一度も経験したことのないことが、
       いつかどこかですでに経験したことであるかのように
       感じられること。既視感。

一昨日(5月7日)との違いは、東京市場の夕方になって、
ユーロ/円(EUR/JPY)が[163.00]を割り込んで、
162円台ミドルに下落していること。

昨日(5月8日)のドル/円(USD/JPY)は、
東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場と、
総じて、119円台後半での、小動き持ち合い。

ユーロ/円(EUR/JPY)など、クロス円で、
ポジション調整の「外貨売り円買い」が出ていたので、
ドル/円(USD/JPY)は、上値が重かった印象。

今週は、本日、5月9日(水)に、
米国のFOMCが開催され、ドルの政策金利が発表される。

5月10日(木)には、英国で、BOE政策金利の発表があり、
かつ、ECB理事会で、ECB政策金利の発表があり、
なおかつ、この日は、
米国貿易赤字(3月)がどの位になっているのか、発表される。

重要指標、イベントを前に、積極的に売買をする様子はない。

ニューヨーク市場の午後になって、[120.00]アラウンドに上昇したが、
取り立てて、特段のこともなく、
通常のフラクチュエーションの範囲内の値動き。
そのまま、[120.00]アラウンドでニューヨーク・クローズ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

本日(5月9日)の東京市場も、特段のコメントもない。
119円台後半で、FOMC待ち、といった雰囲気。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

---ユーロ/円(EUR/JPY)---

昨日(5月8日)の東京市場のユーロ/円(EUR/JPY)は、
163円台前半---[163.30-35]レベル---でオープン。

昨日(5月8日)の東京市場でのユーロ/円(EUR/JPY)は特段のことはなく、
163円台前半の「ユーロ統合以来の歴史的最高値圏」で小動き。

東京市場の夕方になって、
ユーロ/円(EUR/JPY)が、
「ユーロ統合以来の歴史的最高値圏」にあることから、
重要指標、イベントを前に、「円キャリー・トレード」の利食いが出た様子。

ポジション調整が主要因。

ロンドン市場でユーロ/円(EUR/JPY)は、
163円台から162円台ミドルに下げてた。
[162.50]を下に割り込むと、目先で、「ユーロ買い円売り」をしていた向きの
損切り(ユーロ売り円買い)が出て、下げ足を加速した。

ニューヨーク市場の午前中に、一時、[162.00]割れも見ている。

ニューヨーク市場の午後は、反発して、162円台ミドルに戻した。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

基本的に、重要指標、イベントを控えてのポジション調整による上下動、
と考えている。

本日(5月9日)の東京市場では、
162円台ミドルから、162円台前半へ下落したが、
それもポジション調整の域を出ず、特段のこともない。

162円台前半で、FOMC待ち、といった雰囲気。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【外為用語の基礎知識】--- http://smatt.hp.infoseek.co.jp/ ---

++++<AD>++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇◆相場経験22年のディーラーが語る!◆◇◆
◆◇◆「1勝9敗」でも勝つ、利回り100%の外貨投資戦略セミナー◆◇◆
◆◇◆2007年6月17日(日) 13:00-16:30 in 東京・茅場町◆◇◆
 ⇒ http://www.financialacademy.jp/seminar/1369.html
◆◇◆講師:松田哲 主催:日本ファイナンシャルアカデミー◆◇◆
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年05月09日Part2
【外為用語の基礎知識】
---
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/ ---

【綾】(あや)

【綾戻し】(あやもどし)
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/sub001a.htm#aya

 【揺り戻し】とほぼ同じ意味。【揺り戻し】の意味は以下の通り。

 相場がオーバーシュートした後で起こる修正のこと。
 相場が行き過ぎて売られたり、買われたりすると、
その後で、その反対の動きが起こる。
その動きを指して、「揺り戻し」と言う。
 売られ過ぎて、相場が大きく下落した場合ならば、
その後で、急な買い戻しが起こって、相場が急反発する。
 買われ過ぎて、相場が大きく上昇した場合ならば、
その後で、頭が重くなり、相場が急落する。
 「揺り戻し」のと呼ぶ場合は、
おおもとの流れ(相場の動き)よりも値幅が小さい。
 例えば、相場が売られ過ぎて大きく下落した後で、「揺り戻し」が起こり、
反転急反発しても、相場が下落を始めた水準まで戻るわけではない。
 「揺り戻し」が起こると、
その水準で、小さな「レンジ相場」を作ることが多い。

 【綾(あや)】【綾戻し】といった場合は、
必ずしも、相場がオーバーシュートしたときばかりを指すわけではない。
 相場がトレンドに従って動いているときに、
一時的に、相場が逆方向に動くことがある。
 そういった一般的なケースでも、【綾(あや)】【綾戻し】と呼ぶ。

 また、一日のような短い時間でも、
時系列で相場を見ると、短いトレンドがある。
 ただ、相場は一方方向に動き続けることはないので、
そういった短い時間の中で、逆方向に振れることがある。
 この場合も、【綾(あや)】【綾戻し】という。

【修正】【修正局面】(Correction)
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/sub012shi.htm#correction

 相場の動きは、上下動を繰り返す習性がある。

 だから、相場が一本調子に上昇したり、一本調子に下落したりした場合に、
それまでの値幅よりも小さく、相場がいったん反転して、
そこで「レンジ相場」(持ち合い相場)を形成することがある。

 この反転して、小幅な上下動を繰り返す値動きを、
修正(Correction)、修正局面と呼ぶ。

 調整、調整局面と同義語。

 参照→ 【揺り戻し】
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/sub038yu.htm#yurimodoshi

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【ユーロ/ドル(EUR/USD)】---イベント&重要指標を前にした「ポジション調整」---

++++<AD>++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇◆相場経験22年のディーラーが語る!◆◇◆
◆◇◆「1勝9敗」でも勝つ、利回り100%の外貨投資戦略セミナー◆◇◆
◆◇◆2007年6月17日(日) 13:00-16:30 in 東京・茅場町◆◇◆
 ⇒ http://www.financialacademy.jp/seminar/1369.html
◆◇◆講師:松田哲 主催:日本ファイナンシャルアカデミー◆◇◆
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年05月09日
【ユーロ/ドル(EUR/USD)】
---イベント&重要指標を前にした「ポジション調整」---

昨日(5月8日)のロンドン市場から、ユーロ/ドル(EUR/USD)が
下落しています。

要因は、イベント&重要指標。

本日、5月9日(水)に、米国のFOMCが開催され、ドルの政策金利が発表される。

明日、5月10日(木)には、英国で、BOE政策金利の発表があり、
かつ、ECB理事会で、ECB政策金利の発表があり、
なおかつ、明日、5月10日(木)には、
米国貿易赤字(3月)がどの位になっているのかが、発表される。

イベント&重要指標を前にした「ポジション調整」と見ている。

このまま、ユーロ/ドル(EUR/USD)が下落する場合でも、
「方向転換」というよりも、
「調整・修正」「綾(あや)」「綾戻し(あやもどし)」と
見たほうがいいかな?
と、思っています。

ユーロ/ドル(EUR/USD)が下がるとしたら、
[1.3400]割れたあたりがターゲットになります。

---あくまでも、チャートを見ると、
  下がるなら、そこがターゲットになると言っているだけです。

  別に、そうなると、予想しているのではありませんので、
  文章の後ろにある、真意を汲み取ってください。---

そう考えると、[1.3500]を割れたあたりで、「一時的、退却」。
つまり、[1.3470]アラウンドでは、一時撤退。

その場合は、1.33台を拾うことを考えた方が良い、と見ています。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

4月上旬に、以下のように、メルマガに書きました。

2007年04月04日
【引き続き、どの程度「円キャリート・レード」が出るのか、様子を見たい】
---強いてどうしても何かせよ、というならば、ユーロ/ドルのロングか?---

---強いて、どうしても何かせよ、という戦術の第二策としては、
  ユーロ/ドル(EUR/USD)のロング(ユーロ買いドル売り)。
  ストップ・ロスの置き場所に困るが、
  あまりタイトなストップ・ロスにはしたくないので、
  [1.3200]アラウンド(各自で思料してください)にストップを置いて、
  1.33台後半でも構わずに買う。
 (現状は、1.33台前半に推移していますから、この水準を気にせずに買う)
  ただし、このユーロ/ドル(EUR/USD)のロングの戦術は、
  [1.3400]を上に抜けて行く、といった思惑があるので、
  [1.3450]を上に抜けるようならば、
  ユーロ/ドル(EUR/USD)のロングを買い増しをして付いて行きたい、
  と考えている。---

今回の相場で、つまり、ユーロ/ドル(EUR/USD)の上昇相場で、
4月上旬の1.33台から、徐々に買っている場合でも、
むしろ、[1.3500]を割れたあたりて、いったんの撤退。
つまり、プロフィット・セーブ。

そして様子見。
その際には、上述のコメントが焼き直しに使えることになります。

様子を見て、さらに、下落する様子がなければ、
改めて、「ユーロ買いドル売り」を行なえば良いことになります。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

そのパターンは、今回はないと思いますが、
(私は、今のところ、そう思っていますが、)
ユーロ/ドル(EUR/USD)が、加速して急落する場合は、
「値ごろ感」で、買ってはいけません。

だから、為替レートの絶対値がいくらになったのか、を見るのではなく、
その「変化のスピード」、つまり、「値動き」を見ることが重要なのです。

一般に、『様子見』というと、『何もしないこと』を指して、
そうコメントしているのを見かけますが、
『様子見』は、何もしないこと、ぼんやりと見送ることではありません。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

念のため、補足しておきますが、
私は、今のところ、ユーロ/ドル(EUR/USD)に関して、
「ユーロ・ブル」=「ユーロ買いドル売り」で見ています。

しかし、[1.3470]あたりまで下に押すならば、
いったんスクエア(ポジションの状態)にして、様子を見て、
改めて、「ユーロ買いドル売り」を行なうところを探す、と言っています。

1.35台前半で、どうしても、強いて何かするならば、
「ユーロ買いドル売り」を行います。

トレンドは、「ユーロ・ブル」と見ているからです。

しかし、GW(ゴールデン・ウィーク)の前後で、
1.35台、1.36台でユーロ/ドル(EUR/USD)をロングにした市場参加者は、
[1.3470]あたりで、いったんの損切りを行なう水準です。

そういった値動きを見せた場合に、
『蟷螂(とうろう)の斧(おの)』を振り回したくない、
と考えています。

しかし、[1.3500]を割り込んだ程度では、「トレンド」は変わりません。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2007年5月 8日 (火)

【マーケット・コメント】---ドル/円&ユーロ/円&ユーロ/ドル---

++++<AD>++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇◆相場経験22年のディーラーが語る!◆◇◆
◆◇◆「1勝9敗」でも勝つ、利回り100%の外貨投資戦略セミナー◆◇◆
◆◇◆2007年6月17日(日) 13:00-16:30 in 東京・茅場町◆◇◆
 ⇒ http://www.financialacademy.jp/seminar/1369.html
◆◇◆講師:松田哲 主催:日本ファイナンシャルアカデミー◆◇◆
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年05月08日Part2
【マーケット・コメント】
---ドル/円&ユーロ/円&ユーロ/ドル---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

---ドル/円(USD/JPY)---

昨日(5月7日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
120円台前半---[120.05-10]レベル---でオープンした。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間午前9:00---

GW(ゴールデン・ウィーク)明けの、昨日(5月7日)の東京市場では、
寄り付き直後は、120円台をキープしたが、
朝方から、若干のドル売り気配に推移した。

GW明けの「仲値不足」もたいしたことはなく、
仲値に向けて、[120.00]を割り込んだ。

多くの市場参加者は、120円台のドル/円(USD/JPY)を、
買っていく気がなかった、と言い換えることができそうだ。

東京市場の昼ごろに、[119.80]アラウンドに下落したが、
昨日(5月7日)は、
東京市場の午後、ロンドン市場、ニューヨーク市場の午前中と、
[119.80-120.00]の、きわめて狭いゾーンで、動かなくなった。

今週は、5月9日(水)に、米国のFOMCが開催され、ドルの政策金利が発表される。

5月10日(木)には、英国で、BOE政策金利の発表があり、
かつ、ECB理事会で、ECB政策金利の発表があり、
なおかつ、この日は、
米国貿易赤字(3月)がどの位になっているのか、発表される。

重要指標、イベントを前に、売買をする気がない。
(まあ、誰だって、そうだろう、と思いますが・・・)

ニューヨーク市場の午後になって、120円台前半に上昇したが、
取り立てて、特段のこともなく、
通常のフラクチュエーションの範囲内の値動き。
そのまま、[120.00]アラウンドでニューヨーク・クローズ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

本日(5月8日)の東京市場でのドル/円(USD/JPY)は、
[120.00]アラウンドで寄り付き、朝方から、若干のドル売り気配。

なんだか、昨日(5月7日)の「デジャビュ」といった印象。

※デジャビュ:一度も経験したことのないことが、
       いつかどこかですでに経験したことであるかのように
       感じられること。既視感。

昨日(5月7日)との違いは、東京市場の夕方になって、
ユーロ/円(EUR/JPY)が[163.00]を割り込んで、
162円台ミドルに下落していること。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

---ユーロ/円(EUR/JPY)---

昨日(5月7日)の東京市場のユーロ/円(EUR/JPY)は、
163円台前半---[163.20-25]レベル---でオープン。

東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場と動きらしい動き無し。
「ユーロ統合以来の歴史的最高値圏」での小動き。

特段のコメントもない。

『「円キャリー・トレード」が強いんだなぁ・・・』といった感想程度。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

本日(5月8日)の東京市場でのユーロ/円(EUR/JPY)も特段のことはないが、
東京市場の夕方になって、
ユーロ/円(EUR/JPY)が、
「ユーロ統合以来の歴史的最高値圏」にあることから、
重要指標、イベントを前に、「円キャリー・トレード」の利食いが出た様子。

ポジション調整で、ユーロ/円(EUR/JPY)は、
163円台から162円台ミドルに下げている。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

---ユーロ/ドル(EUR/USD)---

昨日(5月7日)の東京市場のユーロ/ドル(EUR/USD)は、
[1.3600]アラウンド---[1.3590-95]レベル---でオープン。

昨日(5月7日)のユーロ/ドル(EUR/USD)は、
東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場と動きらしい動き無し。
終日、[1.3600]アラウンドでの小動き。

5月9日(水)の、米国のFOMC、
5月10日(木)の、BOE政策金利、ECB政策金利、米国貿易収支(3月)といった
イベント、重要指標を前に、売買をする気がない雰囲気。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【驚いたことに!またまた大幅増刷!5刷目です!!】

++++<AD>++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇◆相場経験22年のディーラーが語る!◆◇◆
◆◇◆「1勝9敗」でも勝つ、利回り100%の外貨投資戦略セミナー◆◇◆
◆◇◆2007年6月17日(日) 13:00-16:30 in 東京・茅場町◆◇◆
 ⇒ http://www.financialacademy.jp/seminar/1369.html
◆◇◆講師:松田哲 主催:日本ファイナンシャルアカデミー◆◇◆
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年05月08日
【驚いたことに!またまた大幅増刷!5刷目です!!】
---FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---
---アマゾン⇒
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362 ---

まず、ご報告です!
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】のまたまた増刷が決定!

驚いたことに! 大幅増刷の5刷目です!!

技術評論社の担当の方から、先ほど、メールが届きました!

前回が4月13日(金)に4刷目の増刷決定だったですが、
発売から2ヶ月半で5刷目になりました!

読んでくださった読者のみなさま、本当に、ありがとうございます!!
心より、御礼申し上げます!

PS;
> ご担当の******さん
 了解です!4刷の見本と5刷の見本は、一緒にお送りください。
 いつでもOKです!
 なお、今のところ、変更箇所もありません。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

送信者:  ******
宛先:  物語   
件名:  増刷かかりました。   
日時:  2007年05月08日 14:03:20

松田様

お世話になっております。技術評論社の****です。

昨日,4刷の見本が手元にきたばかりなのですが,
驚いたことにまた増刷がかかりました。

今回で5刷目で,今回は,前回よりも大幅の増刷です。

これで,今までの累計の刷数では,
自分の中では,(担当者としては,)
とりあえずの目的は達成されたという感じです。

変更箇所がありましたら増刷にあたって修正します。
9日の午後一までにご連絡いただけますと幸いです。

なお,差し支えなければ4刷の見本は5刷のそれと
一緒にお送りしたいと考えております。
5刷の見本をお送りできるのは24日,25日あたりになります。
ご検討ください。

よろしくお願いいたします。

***************************************
(株)技術評論社
書籍編集部 ******
***************************************

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2007年5月 7日 (月)

【マーケット・コメント】---ドル/円&ユーロ/円&ユーロ/ドル---

++++<AD>++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇◆相場経験22年のディーラーが語る!◆◇◆
◆◇◆「1勝9敗」でも勝つ、利回り100%の外貨投資戦略セミナー◆◇◆
◆◇◆2007年6月17日(日) 13:00-16:30 in 東京・茅場町◆◇◆
 ⇒ http://www.financialacademy.jp/seminar/1369.html
◆◇◆講師:松田哲 主催:日本ファイナンシャルアカデミー◆◇◆
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年05月07日Part2
【マーケット・コメント】
---ドル/円&ユーロ/円&ユーロ/ドル---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

---ドル/円(USD/JPY)---

先週末(5月4日金曜日)はGW(ゴールデン・ウィーク)で、東京市場は休場。

東京時間午前9:00のドル/円(USD/JPY)水準は、[120.35-40]レベルだった。

---通常の東京市場の寄り付き(オープン)は、
  東京時間午前9:00なので、比較のため例示---

先週末(5月4日金曜日)のドル/円(USD/JPY)は、
東京市場が休場のため、アジア市場はほとんど動きらしい動き無く、
このところのドル/円の最高値圏で推移。

ロンドン市場もほとんど動きらしい動き無く、
米国雇用統計(失業率)の発表待ち。

ニューヨーク市場で発表された米国雇用統計(失業率)は以下の通り。

非農業部門雇用者数(NFP)
結果:[+ 88,000人]
予想:[+100,000人]
前回:[+177,000人]([+180,000人]から下方修正)

失業率
結果:[4.5%]
予想:[4.5%]
前回:[4.4%]

失業率も、事前の予想通りではあるが、[4.4%]から[4.5%]に悪化した。

米国雇用統計(失業率)発表直前のドル/円(USD/JPY)のレベルは、
[120.25-35]であったが、この結果を受けて、「ドル売り」に反応。
[119.90-95]まで下落した。

119円台後半を付けてからは、GWで市場参加者も積極性はなく、
早々に、週末のダル(dull)なマーケットとなった。

※dull:(形)鈍い、鈍感な、だらけた、退屈な

ニューヨーク市場午後は、120円台前半で小動き、そのままクローズ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

---ユーロ/円(EUR/JPY)---

先週末(5月4日金曜日)はGW(ゴールデン・ウィーク)で、東京市場は休場。

東京時間午前9:00のユーロ/円(EUR/JPY)水準は、[163.10-20]レベル。

先週末(5月4日金曜日)のユーロ/円(EUR/JPY)は、
アジア市場、ロンドン市場は、[163.00]を挟んでの小動き持ち合い。
「ユーロ統合以来の歴史的最高値圏」での小動き。

ニューヨーク市場で発表された米国雇用統計(失業率)が、
予想よりも悪かったことは、ユーロ/円(EUR/JPY)の値動きに影響を与えず。

そのまま、163円台前半で「ユーロ統合以来の歴史的最高値」アラウンドでの
持ち合いが継続。
若干のじり高傾向(ユーロ高傾向)を示したが、特別なことも無く、
それは、単なるフラクチュエーション。

そのまま、163円台前半で、ニューヨーク・クローズ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

---ユーロ/ドル(EUR/USD)---

先週末(5月4日金曜日)はGW(ゴールデン・ウィーク)で、東京市場は休場。

東京時間午前9:00のユーロ/ドル(EUR/USD)水準は、[1.3550-55]レベル。

先週末(5月4日金曜日)のユーロ/ドル(EUR/USD)は、
アジア市場、ロンドン市場は、[1.3550]を挟んでの小動き持ち合い。
1.35台ミドルで上下動を繰り返した。

米国雇用統計(失業率)発表直前のユーロ/ドル(EUR/USD)のレベルは、
1.35台ミドル。
米国雇用統計の結果を受けて、「ユーロ買いドル売り」に反応。
[1.3600]アラウンドまで急上昇した。

1.36台に乗せた後は、1.35台後半での小動きとなった。

ニューヨーク市場午後は、GWで市場参加者も積極性はなく、
早々に、週末のダル(dull)なマーケットとなった。

そのまま1.35台後半で、ニューヨーク・クローズとなった。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

---Q&A---【仲値不足】

++++<AD>++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇◆相場経験22年のディーラーが語る!◆◇◆
◆◇◆「1勝9敗」でも勝つ、利回り100%の外貨投資戦略セミナー◆◇◆
◆◇◆2007年6月17日(日) 13:00-16:30 in 東京・茅場町◆◇◆
 ⇒ http://www.financialacademy.jp/seminar/1369.html
◆◇◆講師:松田哲 主催:日本ファイナンシャルアカデミー◆◇◆
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年05月07日
【仲値不足】
---Q&A---

ご質問を頂きました。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Q:一つ質問です。
 「仲値不足(ドル不足)」という事は、
 その直前にドルが買われる可能性が高いということですか?

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

A:ご質問に関してのお答えは、基本的に、『YES』です。

 ただし、「仲値決済の量(金額:アマウント)」に関しては、
 事前には、誰にもわかりません。

 その注文を、実際に、預かっている銀行のディーラーであっても、
 マーケット全体の総額は、わからない、ということです。

 各銀行では、自分の銀行の「仲値決済の量(金額:アマウント)」は、
 当然に、わかりますが、
 他の銀行の金額(アマウント)は、これもまた当然に、わかりません。

 ただし、「仲値決済」の集中する一部の大手銀行では、
 自行の金額(アマウント)の大小から、
 全体像を類推することができますから、
 そういった一部の大手銀行は、情報として有利であることも事実です。

 仲値に関しては、
 総額で、マーケット(外国為替市場)に影響を与えますから、
 結果として、「仲値」が多かったのか、少なかったのか、がわかります。

 また、仲値が不足していても、
 それを上回る金額(アマウント)の「ドル売り」があれば、
 プライス(価格:為替レート)が下落します。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【仲値】ですが、【外為用語の基礎知識】から引用します。↓
http://isweb44.infoseek.co.jp/business/smatt/sub021na.htm#nakane

【仲値】(なかね) (TTM)

 銀行が、個人などの顧客取引や、十万ドル未満の外国為替取引をする際の
 基準レートとして用いる外国為替レート。
 『公表仲値』、『公表仲値レート』、『TTM』などとも呼ぶ。
 現在は、それぞれの銀行で、自分の銀行の「仲値レート」を設定している。
 以前は、大手都市銀行が、持ち回り制で、東京市場全体の『仲値』を決めて、
 東京市場の参加者は、そのレートを使用していた。
 このやり方は、『仲値』決定に際して、不明瞭な取引が行われるなど
 問題点が多かった。
 それで、それぞれの銀行の責任で各行の『公表仲値レート』を
 決めるようになった。
 東京市場の場合、一般的には、9時55分ごろのレートを参考に『仲値』を
 決めているが、上記の通り、各銀行の責任で決めているので、
 必ずとは言えないし、各銀行によって『仲値レート』は微妙に違う。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

東京市場では、【仲値】で決済する外国為替取引も多数あります。
その場合に、【仲値】でドルを購入して、ドルを相手方に支払う、
といった取引が多いのです。

例えば、石油会社が石油を輸入した場合に、石油会社はその取引先に、
契約時に取り決めた応答日(決済日)にドルを支払います。
事前に為替予約を取る方法・手段もありますが、その応答日に
ドルを購入しても決済ができるわけです。

もちろん、逆に【仲値】でドルを売って、
円に交換したい市場参加者もいますが、
一般的には、ドルを買いたい市場参加者の方が多いのです。

これは、一概には言えないのですが、
輸出企業が、円高に対してヘッジをするために、
事前に為替予約取引をとることが多いのに対して、
輸入企業は、予約取引の割合が比較的に少ないということです。
このことは歴史的に、輸出企業が、急激な【ドル安円高】に苦しみ、
輸入企業は、急激な【ドル安円高】の際には、予約を取らない方が
為替差益を享受できたことによるのではないかと思います。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

「仲値が足りない」とか、「仲値不足」という言葉が良く使われますが、
その意味は、「仲値決済のドルの需給バランスで、ドルが不足している」
ということです。
ですから、足りないドルをマーケット(外国為替市場)で、
購入する必要があります。

ですから、「仲値不足」の場合は、9時55頃に向けて、
ドルが上昇しやすくなります。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

さらに、詳しい説明は、以下をご覧ください

【仲値が足りない?】 2002/09/25(水)
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/sep25.htm

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2007年5月 6日 (日)

【だいたい3年で一通りのパターン】---ただし、『驚愕するような大相場』を知らない場合は、謙虚に---

++++<AD>++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇◆相場経験22年のディーラーが語る!◆◇◆
◆◇◆「1勝9敗」でも勝つ、利回り100%の外貨投資戦略セミナー◆◇◆
◆◇◆2007年6月17日(日) 13:00-16:30 in 東京・茅場町◆◇◆
 ⇒ http://www.financialacademy.jp/seminar/1369.html
◆◇◆講師:松田哲 主催:日本ファイナンシャルアカデミー◆◇◆
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年05月06日
【だいたい3年で一通りのパターン】
---ただし、『驚愕するような大相場』を知らない場合は、謙虚に---
---チャートは地図、それ以上でもそれ以下でもない---
---「円キャリー・トレード」が強いときの対応法---

ゴールデン・ウィークよりも、ずいぶん前に頂いていたメールに、
ようやく、お返事を書きました。

本当に、なかなか、時間が取れません。
頂いたメールに、お答えできない場合もあります。

せっかく、メールを送ったのに、
『オレには返事が無い』
『私にも返事が無い』
と、思っていらっしゃる読者の方々が、たくさんいることと思います。

どうか、ご容赦ください。
頂いたメールには、必ず、目を通していますが、
全てには、お返事が出来ない状況なのです。

言い訳に過ぎないのは、私自身がよくわかっていますが・・・。

それでも、是非、ご意見、ご感想を、お寄せください。
お願い申し上げます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  ******
宛先  satoshi.matsuda2007@gmail.com   
日付  2007/04/20 16:39   
件名  テクニカル指標を参考にした 豪ドル/円 ショート戦略について

松田 哲様

FXを始める前は 日本経済新聞など まったく読まず 
通貨取引の本をよんでもちんぷんかんぷんの日々がつづきました。

何とか 値動きの理由を自分で理解でき できれば 相場観をもち 
自分なりのシナリオを描きならが市場に参加したいと願っています。

その意味で プロの生の考えが 推察できる 
松田様のメルマガを毎日たのしみにしています。

ところで 現在の ポジションをもつにいたった発想について 
ご批評をいただければ幸いです。

豪ドル円 

(1)4/16 日足ボリンジャーバンド 2シグマ タッチ

(2)4/17  100円ごえ (節目の達成)

(3)その後 日足で高値がきり下がり 安値きり下がっている

(4)MACD プラス圏で デッドクロスへ向かっている(4月19日)

(5)スローストキャトティクス (12) 4/16 デッドクロス達成

以上の状況 

および 昨日の円高へのふれ より

松田様もご指摘されていたように 市場のセンチメントは  
円高材料に反応しやすい局面と考え

昨日 夕方  100.10にストップロスをおいて 98.16 のときに 
豪ドル 円 ショートポジションをとりました。

想定 もち期間は 数日から1週間

目標 今回上昇の 
日足 安値  88.47(4/6)  高値 100.01 (4/17) の 
38.2%押し(上昇局面の押し目と考え) 95.6 


円高への転換はスピードがはやいので 事前に予想をたて 
ポジションとったのですが これは結果はともかく

発想として いかがでしょうか? ご批評をいただければ幸いです。


******

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  松田哲 <satoshi.matsuda2007@gmail.com>
宛先  ******
日付  2007/04/20 19:11   
件名  Re: テクニカル指標を参考にした 豪ドル/円 ショート戦略について

******様

ごめんなさい。

今、お答えしないと、役に立たないかも知れないのですが、
今日は、時間が取れません。
改めて、間に合わないかもしれませんが、お返事します。

今日のメルマガを、是非、斟酌してください。
現状のマーケットは、「ユーロ高(ドル安)」がポイントです。

しかし、昨日のNYと今日の東京を見ると、
特に、ユーロ円の値動き(=全てのクロス円)をみると、
「円キャリー・トレード」も復活しています。

「円キャリー」が強いと、ドル円取引を避けた方が良い状況になります。
「円キャリー」の強いときは、「円高」が打ち消される、ということです。

取り急ぎ
松田哲、拝

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  松田哲 <satoshi.matsuda2007@gmail.com>
宛先  ******
日付  2007/05/06 4:09   
件名  松田哲より、お返事が遅くなりました   

******さま

お返事が、かなり、遅くなりました。
あっという間に、ゴールデンウィークも終わろうとしております。
時間が無かったことを、斟酌の上、お許しください。

真摯にお答えします。
ただ、******さんにとって、
意にそまないお答えであるかも知れないことを、恐れます。

(1)一般論のことを、まず、お伝えします。

相場は、だいたい3年を経験すると、一通りのパターンに出会います。

何事を、やっても、同じで、その意味は、******さんにここで書くのも、
「釈迦に説法」だと思います。

この、「だいたい3年」は、相場の重要な時期、大切な時期にぶつかると、
時間的には、2年程度に縮まります。

要するに、相場に関する経験は、
【それをこなした(それに対応した)密度×時間】
に集約されます。

ただし、どんなに【密度】が濃くとも、最低2年の経験は必要です。

そして、通常の「だいたい3年」に、話を戻しますが、
この3年の期間に、【驚愕するような大相場】が含まれていない場合は、
3年で、一通りのパターンを経験した場合でも、
まだ、それを経験していないことを、充分に認識することです。

【驚愕するような大相場】は、約10年に1回起こります。

●1985年9月:プラザ合意
プラザ合意翌日の1日(24時間)で、ドル円は、235円から、217円まで下落。
1日で18円の下落。
その後、下落を続け、1987年12月末に、[120.00]を付けた。
約2年3ヶ月で、50%の下落。要するに、半値になった。
値幅で言えば、115円の下落をしている。

●1998年10月:LTCMショック
米系ヘッジファンドLTCMが破綻。
それをきっかけに米系ヘッジファンドは、
キャリートレードのアンワインド(巻き戻し・解消)を行なった。
この際に、ドル円は、48時間(2日間)で、138円から、108円まで急落。
つまり、48時間(2日間)で、30円の下落。
動き出しての二日目は、
ものの2時間の間に、118円から、108円まで急落し、118円まで反騰した。
つまり、2時間の間に、10円落ちて、10円反発する、という値動きを見せた。
値幅が、30円とは言い難い、値動きとすれば、40円以上の振幅と言える。

●2001年9月11日:米国同時多発テロ事件(セプテンバー11)
事実上、ニューヨーク・マーケットは消滅した。
そのため、取引が出来ず。
ポジションを抱えていても、何も出来ない状態。
つまり、損切りも、利食いも出来ない。

相場は、だいたい3年を経験すると、一通りのパターンに出会います。
すると、それなりに自信を持ちます。

自信を持つのは良いことなのですが、
上記のような、【驚愕するような大相場】は、
謙虚でないと、生き残れません。

(2)チャートを研究することは、良いことです。

●私は、ファンダメンタルズとテクニカルを、適宜見ています。
 マーケットでは、
 ファンダメンタルズでは、想定できないことが、往々に起こります。
 (上記、【驚愕するような大相場】が、起こります)
 それでも、それに対応するのですから、
 ファンダメンタルズだけではダメです。

●しかし、私は、チャーティストではありません。
 (正直に、かなり勉強はしました。
 私よりも、本質的にチャートに詳しい人は少ないと自負します。)

 チャートは、8割しか当たりません。
 『それだけ当たれば良いではないか』という人が多いのですが、
 そう考える大半の人は、
 『2割の時に』、致命的な大損をして、相場を辞めます。

●私は、特別なチャートを見ません。
 一目均衡表は、信じていません。
 気が向けば、90日や200日程度の移動平均線を年に、
 1回か2回ほど見るだけです。
 オシレーター系も、所詮外れますから、見る必要がありません。
 通常の、ローソク足を見て、流れと勢いを観察するだけです。

 見てはいけない、とは言いません。
 『ああ、ボリンジャーバンドは、こうかぁー・・・』程度に
 見ておけば充分です。

 黄金比も、そんなものです。

 確かに、そういった黄金比に収束することは多々ありますし、
 そう考えれば、ボリンジャーや、黄金比、エリオット波動は、
 当たっている部分はあります。

 ただ、それにも、標準偏差があります。
 多くのチャーティストは、その標準偏差からはみ出したとき、
 大損をしてマーケット(相場)に殺されます。

 だから、38.2%、61.8%に、ストップ・ロスを置いても意味がありません。
 利食いの場合は、意味があります。
 単なる目安としての意味に過ぎないですが・・・。

 オシレーター系(MACDなど)は、短期にしか通用しないし、
 単なる気休めですから、ボリンジャーと同様に、
 『ああ、MACDは、こうかぁー・・・』程度で充分です。

 オシレーター系のシグナルは、
 時間とポジションを一定の計算式で推測しているだけですから、
 正しいとは、限りません。

 マーケット自体が、拡張しているとか、
 マーケット自体が、縮小している場合は、
 判断(シグナル)が間違っています。

●しかし、それでもチャートを勉強するべきです。
 研究するのではなく、見るべき、という意味です。

 一目均衡表にしても、その作者の一目山人にとって、役に立っただけです。
 妄信は禁物です。
 一目山人は、26日とか、52日に注目しましたが、
 何故、そういった日数になるのか、根拠がありません。
 その日数でチャートを作ると、都合が良いだけです。(一目山人にとって)

 RSIにしても、同様です。
 移動平均の、ゴールデンクロス、デッドクロスにしても、
 都合の良い日数でチャートを作ると、適当に、シグナルは出ます。

 しかし、それでもチャートを見るべきです。
 チャートは、地図です。それ以上でも、それ以下でもありません。
 地図を持たずに、登山に行けば、遭難して死ぬのは、当たり前です。

●しかし、地図は、変化します。時々刻々と変化します。
 そういった意味では、
 チャートは、天気予想図に近いものかもしれないなどと思います。

 それは、上述の通りに、マーケット自体が変化するのです。

●残念ながら、マーケットに、マーケットの中にいる人には、
 それが見えません。

 地球上で、自分は動いていない、と認識するでしょうが、
 月や宇宙から見れば、地球の自転のスピードで、動いています。
 しかし、それを、認識する人は、少ない、と感じます。

(3)前回のメール(2007/04/20 19:11のメール)で、お伝えしたかったのは、
以下の点です。

●「円キャリー・トレード」が復活していること。

●「円キャリー」が強いと、ドル円取引を避けた方が良い状況になります。

 何故ならば、本来、外国為替取引は、対ドル取引が主流で、
 本来は、それに、集中するべきですが、
 「円キャリー」が強いと、撹乱されて、トレンドが見えなくなるからです。

 『現在は、本来は、対ドルのトレンドは「ドル安」なのではないか?』
 と、私は見ていますが、「円キャリー」に相殺されて、
 そう見えなくなっています。

つまり、以下の通りです。
●「円キャリー」の強いときは、「円高」が打ち消される、ということです。

「円キャリー」の強いときは、
値ごろ感で、「ドル売り円買い」や「外貨売り円買い」をしても、
上手くいかないことになります。

かといって、本来のトレンドが、「ドル安」ならば、ドル円を買うのは、
私は嫌です。
だから、『「円キャリー」が強いと、ドル円取引を避けた方が良い』
という結果になります。

「円キャリー」の強いときは、
『現在の与件ならば』、「ユーロ買い円売り」がベストではないか、
と考えます。

オージー(AUD:オーストラリア・ドル/豪ドル)は、
マイナー・カレンシー(非主要通貨)なので、私にとっては、
投資対象になりません。
ただし、強いて言うなら、対応方法は、ユーロ円と、全く同じです。

クロス円は、基本的に、ユーロ円と、全く同じに動きます。
(個別要因が、ゼロではありませんから、上記のような記述になります)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

« 2007年4月29日 - 2007年5月5日 | トップページ | 2007年5月13日 - 2007年5月19日 »