« 2007年4月15日 - 2007年4月21日 | トップページ | 2007年4月29日 - 2007年5月5日 »

2007年4月28日 (土)

【マーケット・コメント】---ドル/円&ユーロ/円&ユーロ/ドル---

++++<AD>++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇◆相場経験22年のディーラーが語る!◆◇◆
◆◇◆「1勝9敗」でも勝つ、利回り100%の外貨投資戦略セミナー◆◇◆
◆◇◆2007年6月17日(日) 13:00-16:30 in 東京・茅場町◆◇◆
 ⇒ http://www.financialacademy.jp/seminar/1369.html
◆◇◆講師:松田哲 主催:日本ファイナンシャルアカデミー◆◇◆
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年04月28日Part2
【マーケット・コメント】
---ドル/円&ユーロ/円&ユーロ/ドル---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

---ドル/円(USD/JPY)---

先週末(4月27日金曜日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
119円台ミドル---[119.50-55]レベル---で、オープンした。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
そのまま、119円台ミドルで、[119.50]を挟んで、上下動小動きの、
「高値持ち合い」となっている。

ドル/円(USD/JPY)が、118円台から、119円台ミドルに上昇したのは、
ユーロ/円(EUR/JPY)などの「クロス円での買い」が、
ドル/円(USD/JPY)に「円売りプレッシャー」を与えたことが原因
と考えている。

つまり、「円キャリー・トレード」が顕在化した、ということ。

先週末(4月27日金曜日)のロンドン市場のドル/円(USD/JPY)も、
119円台ミドルでの「高値持ち合い」に推移。

先週末(4月27日金曜日)のニューヨーク市場では、
注目されていた「米国第1四半期GDP(速報値)」が発表された。

「GDP(速報値)」が予想よりも悪かったことから、
ドル/円(USD/JPY)は、119円台ミドルから118円台後半に急落。

しかし、ユーロ/円(EUR/JPY)などのクロス円の買いの影響から、
ドル/円(USD/JPY)は急反発して、119円台に戻した。

先週末(4月27日金曜日)のニューヨーク市場では、
ドル/円はショート・スクイズ気味に推移し、
[119.70-75]レベルの高値を付けている。
ニューヨーク・クローズは、119円台ミドル。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

---ユーロ/円(EUR/JPY)---

先週末(4月27日金曜日)の東京市場のユーロ/円(EUR/JPY)は、
162円台ミドル---[162.45-55]レベル---で始まり、
東京市場の朝方に、[162.75-85]レベルを付けて、
「ユーロ統合以来の歴史的最高値」を更新した。

その後は、162円台ミドルへ反落気味に推移している。
東京市場の夕方になって、下落傾向が強まっているが、それでも「高値圏」。

「円キャリー・トレード」が顕在化した、ということだと考えている。

東京市場の夕方の値動きは、
163円台を付けることができなっかたので、
162円台では、「円キャリー・トレード」を行なった向きの、
いったんの利食いが出ている、と考えている。

先週末(4月27日金曜日)のロンドン市場では、
再び、「ユーロ買い円売り」のセンチメントが強くなり、
162円台後半の「ユーロ統合以来の歴史的最高値」アラウンドでの
持ち合いになった。

ニューヨーク市場で発表された「GDP(速報値)」が、
予想よりも悪かったことは、ユーロ/円(EUR/JPY)の値動きに影響を与えず。
そのまま、162円台後半の「ユーロ統合以来の歴史的最高値」アラウンドでの
持ち合いが継続。

値動きが底堅いことから、ニューヨーク市場の午前中に、
もう一段の「ユーロ買い円売り」が出て、163円台に乗せた。
当然、またまた、「ユーロ統合以来の歴史的最高値」を更新したことになる。

そのまま、163円台前半で、ニューヨーク・クローズ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

---ユーロ/ドル(EUR/USD)---

先週末(4月27日金曜日)の東京市場のユーロ/ドル(EUR/USD)は、
[1.3600]アラウンドで始まり、東京市場では動かず。
概して、[1.3585-1.3605]程度で動きらしい動きなし。

ロンドン市場で、ユーロ/ドル(EUR/USD)は、
[1.3600]アラウンドから上昇を始め、
ニューヨーク市場の朝方に、[1.3680-85]レベルの高値を付けた。

「GDP(速報値)」が予想よりも悪かったことを材料にした、
「ユーロ買いドル売り」も出て、高値を付けた。

しかし、いわゆる「防戦のユーロ売りドル買い」も出た様子で、
[1.3680-85]レベルの高値水準から、[1.3600]アラウンドまで、
急激に売り込まれた。

ニューヨーク市場の午後になると、ジリジリと上昇して、
結局、[1.3650]アラウンドで、ニューヨーク・クローズとなった。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

4月末から5月初旬は、ゴールデン・ウィークで市場参加者が薄くなるところ。
市場参加者が薄いときは、値が飛ぶようなこともよくあること。

また、ユーロ/ドル(EUR/USD)が、[1.3700]を上に抜けると、
大量のストップ・ロス・オーダーが控えている。

波乱のゴールデン・ウィークになる可能性がある。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (3)

【がんばれ!!! プロ・サッカー選手!!!】

++++<AD>++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇◆相場経験22年のディーラーが語る!◆◇◆
◆◇◆「1勝9敗」でも勝つ、利回り100%の外貨投資戦略セミナー◆◇◆
◆◇◆2007年6月17日(日) 13:00-16:30 in 東京・茅場町◆◇◆
 ⇒ http://www.financialacademy.jp/seminar/1369.html
◆◇◆講師:松田哲 主催:日本ファイナンシャルアカデミー◆◇◆
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年04月28日
【がんばれ!!! プロ・サッカー選手!!!】
---『かなり以前の続き』:New[ブログ]【一平のCSオトペニ】---

今回は、「外国為替」がメインテーマではありません。(念のため)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

昨年、亜細亜大で私の講座「現代金融市場論」をとっていたサッカー選手。
彼は、ルーマニアに飛び立ち、新人プロサッカー選手として、
始動しています。『その続き』です。

彼がチャレンジするサッカーチームは、【CSオトペニ】。
【CSオトペニ】は、ルーマニアの2部リーグです。
(日本のJリーグで言えば、J2にあたります)

その後、彼は、ルーマニアの3部リーグのチームで練習を積みます。
その練習に参加していたチームが来期から2部に昇格します。
そのチームから嘱望されて、彼は、そのチームに残ることを決めます。

だから、現在のチーム名は、【CSオトペニ】ではないのですが、
そのことに関しては、また、別の機会があれば、紹介したいと思っています。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

送信者:いっぺい
宛先:  物語   
件名:  リーグ戦
日時:  2007年04月28日

Ippei0001

ルーマニア・サッカー・チーム(アウストラ・プロイエステ)

http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealerstories/Ippei0001.jpg

リーグ戦の様子です!7試合消化して3試合にでました。
まだまだ全然満足できるものじゃないんで、
もっともっといい報告ができるように頑張ります!!

それとブログの方はどうしますか??
この前少しやってみようと思ったんですけど、
サイトに接続できず諦めました・・・
勉強のために少しやってみようかと思ってるんですけど。。。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

送信者: 物語
宛先:  いっぺい
件名:  松田より返信   
日時:  2007年04月28日

写真ありがとう!!
かげながら、心より、応援しています!!

『一平が活躍して、
日本のマスコミが取材に行くようになれば、いいなぁ!』
などと期待しています。

【一平のCSオトペニ】のブログは、そのまま、残しています。
 こちら⇒ http://ippei.cocolog-nifty.com/blog/

このページの右下側にある、[ログイン]をクリックすると、
ログイン画面に移ります。

そのページで、[フリーの方はこちら]をクリックすると、
[ココログフリー:ログインページ]の画面になります。

そこで、以下の[アカウント]と[パスワード]を
インプットしてください。

ココログアカウント:*******

パスワード:******

後は、[投稿]を押せば、書き込みができるようになります。
是非、時間のあるときに、使ってみてください。

松田哲

追伸;
今、久しぶりに、
ブログ【一平のCSオトペニ】の管理画面に入ってみました。
そうしたら、以下のコメントが、入っていました。

「承認」をしないと、ブログにアップされませんので、
「承認」しておきました。
「りょうた」さん、「クッパ」さんには、
気が付かなくて、申し訳なかった次第です。

●萩原健司の友達です!
 健司からさっき教えてもらってメールしてみました~
 ムトゥが好きです!ヨロシクです
投稿 りょうた | 2007年3月 4日 (日) 21時47分

●松田さん、初めまして。
 こんな・・・ブログ感激です。
 ありがとうございます!

 「いっちゃん~(^~^)
 舞子は一生応援してます!!
 体に気をつけて!」
投稿 クッパ | 2007年2月17日 (土) 03時40分

●松田さん、初めまして。
 保留でもなんでも、嬉しくて・・・。

 ありがとうございます!!

 いっちゃん~(^~^)
 舞子は、一生応援してますよ!!
 精神・体十分にきおをつけて下さいね@

 愛してるよ。笑
投稿 クッパ | 2007年2月17日 (土) 03時49分

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2007年4月27日 (金)

【ユーロ/ドル、ポンド/ドルについて】

++++<AD>++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇◆相場経験22年のディーラーが語る!◆◇◆
◆◇◆「1勝9敗」でも勝つ、利回り100%の外貨投資戦略セミナー◆◇◆
◆◇◆2007年6月17日(日) 13:00-16:30 in 東京・茅場町◆◇◆
 ⇒ http://www.financialacademy.jp/seminar/1369.html
◆◇◆講師:松田哲 主催:日本ファイナンシャルアカデミー◆◇◆
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年04月27日Part4
【ユーロ/ドル、ポンド/ドルについて】
---GREE(グリー)に掲載---

昨日(4月26日)は、亜細亜大の「現代金融市場論」の授業。
亜大の後は、西荻窪の居酒屋「ちょろ」に立ち寄る。
「ちょろ」は、2年前に、
わずか38歳で亡くなった友人、“K”の行きつけの店。

オフィシャルには、“K”は、外銀にいた時の、部下ということになる。
極真空手の師範で、ケンカは強かった・・・。
酒癖が悪く、トラブルも多かった・・・。でも、根はいいやつで・・・。

私は横浜に住んでいるので、西荻に行くのは、遠方のため、通常は無い。
昨年から、亜細亜大で、講師をすることになり、
亜大の帰りに、“K”をしのんで、西荻窪の「ちょろ」に寄る。

昨夜の出来事は、“K”が、引き合わせたのかなぁ・・・。
などと考える。

プライベートなことなのですが、
西荻窪の「ちょろ」で、「びっくりするようなこと」を知った。
私にとって「良いこと」なのですが・・・。
まあ、私にとって、感動的な事実を知った。かなり、動揺した。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ところで、4月24日(火)のNY市場で、ユーロ/ドルが急騰。
再び、[1.36台]を回復(上昇)した。

ポンド/ドルも、4月24日(火)のLDN市場で、
再び、[2.0000]を回復(上昇)した。

それ以降、個人的には、ユーロ/ドルが、気になって仕方がない。

昨夜は、心が動揺していたのか、感情的なコメントをGREEに投稿した。

それに対して、丁寧なお返事もいただいた。

GREEこちら↓
http://gree.jp/?mode=community&act=bbs_view&thread_id=130838&z=ta688195

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

289.    物語 (12) - 04/27 00:05 

いいんだけどさぁー・・・。やる気あるのかねー。
(ユーロドルの値動きに対して)

無い!絶対に無い!
自分だけ、利益になれば、それで、いいんでしょ?

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

290.    物語 (12) - 04/27 00:10 

それじゃぁ、勝てないよなぁ・・・
・・・。
説明したく無い・・・。ゆえに、説明割愛!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

291.    物語 (12) - 04/27 02:20 

だらし無いマーケットだなぁ。
今の参加者たちは、相手を思いやる、とか、慮る、とか、
発想が、欠けている気がする。
それにも増して、覇気、やる気がないなら、違うこと、すればいいのに・・・

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

292.    こ-ぢ。 (140) - 04/27 10:55

おつかれさまでーす!

自分はごく最近の事しか分からないのですが、システムの進歩により、
生身のディーラーの絶対数が減ってきているとか、
キャピタルゲインを積極的に狙う技術を受け継いだ
"為替職人"達が少なくなってきているとか、
円キャリーとかマッタリした相場が続き、
近年ぶっ飛ぶようなアクシデントに見舞われてない事から、
みんな平和ボケしちゃってるとか、市場規模が拡大し続けてるのも。。。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

293.    こ-ぢ。 (140) - 04/27 11:53

とは言っても、生身のディーラーが1匹残らず消滅するのは、
トレード用人工知能が生まれない限り、
有り得ないでしょうから、あと100年とか150年とかですかねー。

プライスの表示は黒板+チョークからモニターへ。
注文は手サインや肉声から端末入力へ。
道具がいくら進化しても「今も昔も人間はなにも変わらない」って
確かリバモアが言っていたなぁ。

そう考えると【FXディーラー物語】は貴重な文献だと思います。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

294.    物語 (12) - 04/27 15:42 

いやー・・・・。

昨夜は、ちょっと、「びっくりするようなこと」があって・・・。
プライベートなことなのですが・・・。

それが引鉄(ひきがね)になって、おもわず、感情を吐露してしまいました。
失礼致しました・・・。

しかし、ウソを吐いているわけでもなし。
むしろ、本音を、正直に述べただけ。

GW直前とはいえ、この、やる気の無いユーロ/ドル(EUR/USD)、
ポンド/ドル(GBP/USD)の値動きは、何なんでしょう?

もちろん、昨日(4/26)のロンドン市場、NY市場では、
ドル/円(USD/JPY)が上昇していますから、
そして、その原因は、
「円キャリー・トレード」なのですから、
そういった対応に忙しかったのでしょう。

そして、本音の部分としては、この間の日曜日(4/22)に、
考えていた通りになりそうかなぁ・・・?

> このまま、「高値水準での持ち合い」が続き、
> 結局、ゴールデン・ウィークになってから、
> ---つまり、4月末から5月に入ってから、---
> [1.3700]を上にブレイク(上昇突破)するパターンだと、
> 『手の出しようが無くて、嫌だなぁ・・・』
> と思っています。
>
> そうならないように、週明け前半に、
> ---つまり、4月23日、24日、25日までに、
>   さっさと決着を付けて欲しい、と願っていますが、
>   マーケット(相場)は、いつも意地悪ですから・・・。---
>
> 上記『・・・』は、
> ゴールデン・ウィーク中に、
> [1.3700]を上にブレイク(上昇突破)するパターンが来そうだなぁ・・・
> という『畏れ』です・・・。
>
>
> それは、「ことわざ」なのか、単なる感想なのか、知りませんが、英語で、
>
> “The Market is always so mean....”
> ---マーケット(相場)は、いつも意地悪---
>
> と、よく言います・・・。
>
> mean:(形容詞)みすぼらしい、けちな、卑劣な、意地の悪い、
> 扱いにくい、厄介な

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【マーケット・コメント】---ユーロ円---

++++<AD>++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇◆相場経験22年のディーラーが語る!◆◇◆
◆◇◆「1勝9敗」でも勝つ、利回り100%の外貨投資戦略セミナー◆◇◆
◆◇◆2007年6月17日(日) 13:00-16:30 in 東京・茅場町◆◇◆
 ⇒ http://www.financialacademy.jp/seminar/1369.html
◆◇◆講師:松田哲 主催:日本ファイナンシャルアカデミー◆◇◆
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年04月27日Part3
【マーケット・コメント】
---ユーロ円---

昨日(4月26日)の東京市場のユーロ/円(EUR/JPY)は、
161円台後半---[161.80-85]レベル---で、オープンした。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

4月24日(火)に、ユーロ/円(EUR/JPY)は、
東京市場の午前中に、[160.20-25]レベルまで急落したが、
その水準、つまり、160円台前半になると、値ごろ感からか、
「円キャリー・トレード」を行う市場参加者も出た。

「学習効果」で、高値、上値を追いかけての「外貨買い円売り」は避けるが、
比較して、相対的に安いと考える水準では、
「円キャリー・トレード」を行う市場参加者が存在する、ということ。

4月24日(火)東京市場午後になると、
ユーロ/円(EUR/JPY)は160円台後半に反発上昇。

4月24日(火)のロンドン市場では、値ごろ感からか、160円台後半からも、
ユーロ/円(EUR/JPY)での「円キャリー・トレード」を行う市場参加者も出て、
161円台ミドルまで急騰。
この日のニューヨーク市場では、[161.50]も上に抜けて、
[161.70-80]レベルでの高値引け。

4月25日(水)のユーロ/円(EUR/JPY)は、
概して、161円台ミドルの、高値圏での持ち合いに推移している。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

4月24日(火)の160円台前半から、「円キャリー・トレード」が活発となり、
上昇傾向にあったユーロ/円(EUR/JPY)は、
昨日(4月26日)は、東京市場の夕方、欧州勢が参加する時間帯になると、
さらなる「ユーロ買い円売り」が出た。

161円台後半で、小動き、持ち合いだったユーロ/円(EUR/JPY)は、
[162.00]を上にブレイク(上昇突破)すると、
「損切りのユーロ買い円売り」(ストップ・ロス)を巻き込み、
昨日(4月26日)のロンドン市場で、[162.50]アラウンドまで急上昇した。

その流れは、ニューヨーク市場に引き継がれ、
ニューヨーク市場の午後には、[162.50]も上に抜けた。
高値は、[162.75-80]レベル。
---この時点では、このレベルが「ユーロ統合以来の歴史的最高値」---

[162.50]を超えたレベルには、
ストップ・ロス・オーダー(損切りのユーロ買い円売り)もあった様子。

目先の「ストップ・ロス・ハンティング」が終わると、
気が済んだのか、[162.50]割れ水準に小緩んだ。

そのまま、162円台ミドル程度で、ニューヨーク・クローズ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

こういった流れを受けて、
本日(4月27日)の東京市場のユーロ/円(EUR/JPY)は、
162円台ミドル---[162.45-55]レベル---で始まり、
東京市場の朝方に、[162.75-85]レベルを付けて、
「ユーロ統合以来の歴史的最高値」を更新した。

その後は、162円台ミドルへ反落気味に推移している。
東京市場の夕方になって、下落傾向が強まっているが、それでも「高値圏」。

「円キャリー・トレード」が顕在化した、ということだと考えている。

163円台を付けることができなっかたので、
162円台では、「円キャリー・トレード」を行なった向きの、
いったんの利食いが出ている、と考えている。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【マーケット・コメント】---ドル円---

++++<AD>++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇◆相場経験22年のディーラーが語る!◆◇◆
◆◇◆「1勝9敗」でも勝つ、利回り100%の外貨投資戦略セミナー◆◇◆
◆◇◆2007年6月17日(日) 13:00-16:30 in 東京・茅場町◆◇◆
 ⇒ http://www.financialacademy.jp/seminar/1369.html
◆◇◆講師:松田哲 主催:日本ファイナンシャルアカデミー◆◇◆
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年04月27日Part2
【マーケット・コメント】
---ドル円---

昨日(4月26日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
[118.60-70]レベルで、オープンした。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

今週のドル/円(USD/JPY)は、
週明け月曜日(4月23日)から、4月25日(水)まで、
118円台で上下動を繰り返しており、たいした値動きではなかった。

ゴールデン・ウィークを控えて、[118.50]を挟んで、上下動を繰り返す、
典型的な「ボックス相場」の様相を呈していた。
この間のレンジは、概して、[118.20-118.95]といったところ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(4月26日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)も、
朝方から午後にかけては、上記の典型的な「ボックス相場」の様相だった。

昨日(4月26日)は、東京市場の夕方になって、
欧州勢が参加する時間帯になると、「クロス円での買い」が出て、
「円売り」が顕在化した。

161円台後半で、小動き、持ち合いだったユーロ/円(EUR/JPY)は、
[162.00]を上にブレイク(上昇突破)すると、
「損切りのユーロ買い円売り」(ストップ・ロス)を巻き込み、
[162.50]アラウンドまで急上昇した。

ユーロ/円(EUR/JPY)などの「クロス円での買い」は、
ドル/円(USD/JPY)に「円売りプレッシャー」を与え、
東京市場の夕方に、ドル/円(USD/JPY)は、[119.00]アラウンドまで上昇した。

昨日(4月26日)のロンドン市場で、
ドル/円(USD/JPY)は、[119.00]を上にブレイク(上昇突破)すると、
「損切りのドル買い円売り」(ストップ・ロス)を巻き込み、
119円台ミドルに急騰した。

その流れは、ニューヨーク市場に引き継がれ、
ニューヨーク市場の午後には、[119.50]も上に抜けた。
[119.50-60]のレベルには、ストップ・ロス・オーダーもあった様子。

目先の「ストップ・ロス・ハンティング」が終わると、
気が済んだのか、[119.50]を挟んでの小動き持ち合いとなり、
動意が無くなった。

そのまま、119円台ミドルで、ニューヨーク・クローズ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

こういった流れを受けて、
本日(4月27日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
119円台ミドル---[119.50-55]レベル---で始まり、
そのまま、119円台ミドルで、[119.50]を挟んで、上下動小動きの、
「高値持ち合い」となっている。

「円キャリー・トレード」が顕在化した、ということだと考えている。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【新刊本:FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】---嬉しいことに、本当に、売れているようです。---

++++<AD>++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆◇◆相場経験22年のディーラーが語る!◆◇◆
◆◇◆「1勝9敗」でも勝つ、利回り100%の外貨投資戦略セミナー◆◇◆
◆◇◆2007年6月17日(日) 13:00-16:30 in 東京・茅場町◆◇◆
 ⇒ http://www.financialacademy.jp/seminar/1369.html
◆◇◆講師:松田哲 主催:日本ファイナンシャルアカデミー◆◇◆
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年04月27日
【新刊本:FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
---嬉しいことに、本当に、売れているようです。ありがとうございます!---

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

【楽天市場】:楽天ブックス
http://item.rakuten.co.jp/book/4303897/

では、「売り切れました」になっています。
(楽天さん、早く、仕入れてくださーい!!お願いしまーす!!)

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

先ほど、渋谷の文教堂書店に立ち寄りました。
先日(1週間ほど前)は、
6、7冊平積みになっていた『「1勝9敗」でも勝つ』が、
残り、1冊だけになっていました。

お買い上げいただいたみなさまに、心より、感謝の気持ちをお伝えいたします。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

先般、あるところから、
『「1勝9敗」でも勝つ』を、10冊をまとめて買いたい、
といった要望があって、
出版社(技術評論社)の担当の方に、直接、注文を依頼した。

「2、3冊なら、なんとかなりますが、
 10冊だと、すぐに、手元には在庫が無いかもしれません・・・」

声に出して言わなかったけど、
『えっ!! 版元でもそーなの?』

「各書店への出荷先が決まっていて、
 そちらを遅らすわけには行きませんから・・・。」

「必要な時期は、今すぐじゃなくて、6月上旬だから、
 5月下旬までに用意できればいいんだけど・・・。
 それでも難しい?」

「ああ、それだったら、営業に相談すれば、何とかなると思います。」

版元でも、在庫管理は、きちんとしているようです。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2007年4月26日 (木)

【“The Market is always so mean....”】

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

++++<AD>+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm

 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

2007年04月26日Part3
【“The Market is always so mean....”】
---再度、引用---

先日の日曜日(4月22日)のコメントを再度、引用します。

> 2007年04月22日Part3
> 【マーケット・コメント】
> ---ドル円&ユーロ円&ユーロドル---

---中略---

> 加筆するならば、
> (ユーロドルが)[1.3700]を上にブレイク(上昇突破)するようならば、
> 高値水準で、怖いところですが、
> 「ユーロ買いドル売り」で付いて行くところ、
> と考えています。
>
> さすがに、
> 先週末(4月20日金曜日)のロンドン市場、ニューヨーク市場でも、
> 高値水準で、手が出なかった、といった印象です。
>
> このまま、「高値水準での持ち合い」が続き、
> 結局、ゴールデン・ウィークになってから、
> ---つまり、4月末から5月に入ってから、---
> [1.3700]を上にブレイク(上昇突破)するパターンだと、
> 『手の出しようが無くて、嫌だなぁ・・・』
> と思っています。
>
> そうならないように、週明け前半に、
> ---つまり、4月23日、24日、25日までに、
>   さっさと決着を付けて欲しい、と願っていますが、
>   マーケット(相場)は、いつも意地悪ですから・・・。---
>
> 上記『・・・』は、
> ゴールデン・ウィーク中に、
> [1.3700]を上にブレイク(上昇突破)するパターンが来そうだなぁ・・・
> という『畏れ』です・・・。
>
>
> それは、「ことわざ」なのか、単なる感想なのか、知りませんが、英語で、
>
> “The Market is always so mean....”
> ---マーケット(相場)は、いつも意地悪---
>
> と、よく言います・・・。
>
> mean:(形容詞)みすぼらしい、けちな、卑劣な、意地の悪い、
>                 扱いにくい、厄介な
>

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

| | コメント (0)

【昨日のユーロ/ドル(EUR/USD)】

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

++++<AD>+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm

 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

2007年04月26日Part2
【昨日のユーロ/ドル(EUR/USD)】
---mixi(ミクシィ)とGREE(グリー)に掲載---

昨日のNY時間に、---本日(4月26日明け方の3:00ころに)---
mixi(ミクシィ)とGREE(グリー)に、取り急ぎ、投稿をしておいた。

mixiはこちら↓
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=9783255&comm_id=1202869

GREEこちら↓
http://gree.jp/?mode=community&act=bbs_view&thread_id=130838&z=ta688195

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2007年04月26日03:05   303:  物語 | 削除
 
ユーロ/ドル(EUR/USD)は、
重要なチャート・ポイントを目の前にして、ためらっている状態。

1.36台ミドルを買い上げる力(パワー)がない・・・
さりとて、下落するワケでもない。

「いわゆる、プロテクトの売り」
(=いわゆる、「防戦のユーロ売りドル買い」)
が出ている、と、思量する。

いわゆる、「防戦のユーロ売りドル買い」が出ると、
下がったところを買い戻すのは、
その「防戦のユーロ売りドル買い」を行った当人。

つまり、プロテクトをした当人が、
マーケットが下がらないように、サポートすることになる。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

| | コメント (0)

【クロス円で、「円キャリー・トレード」をする場合】

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

++++<AD>+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm

 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

2007年04月26日
【クロス円で、「円キャリー・トレード」をする場合】
---ユーロポンド(EUR/GBP)も、丁寧に見ておくと良い---

このところのマーケット(外国為替市場)では、
「円キャリー・トレード(円キャリー取引)」が、
またまた再び、活発になっている印象を受ける。

クロス円で、「円キャリー・トレード」をする場合は、
ユーロ/円(EUR/JPY)を中心に見るべきだ、と考えているが、
ポンド/円(GBP/JPY)も、余裕があれば、見ておくほうが良いだろう。

その際には、
ユーロポンド(EUR/GBP)も、丁寧に見ておくと良い。

『ユーロ/ドル(EUR/USD)が、マーケットをリードしているのか?』
『ポンド/ドル(GBP/USD)が、マーケットをリードしているのか?』
が分かる。

4月中旬までは、
ポンド/ドル(GBP/USD)がマーケットをリードしていたが、
現在(現時点)は、
ユーロ/ドル(EUR/USD)がマーケットをリードしている。

ユーロポンド(EUR/GBP)が、[0.6850]方向に向かうようだと、
ユーロ/ドル(EUR/USD)が、マーケットをリードする状態が続く。

ユーロポンド(EUR/GBP)が、[0.6900]を上に抜けていくようだと、
ポンド/ドル(GBP/USD)の取引を行なうよりも、
ユーロ/ドル(EUR/USD)の取引をした方が良い、
ということになる。

その際は、ポンド/円(GBP/JPY)の取引よりも、
ユーロ/円(EUR/JPY)の取引をした方が効率が良い、
ということになる。

しかし、それは、あくまでも、
「効率」とか、「合理性」に主眼点(ポイント)を
置いているだけのこと。
「趣味」とか「好み」、「思い入れ」があるので、
個々人が考えれば良いことです。(念のため)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

| | コメント (0)

2007年4月25日 (水)

【ユーロ/ドル】---重要なチャート・ポイント---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

++++<AD>+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm

 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

2007年04月25日Part3
【ユーロ/ドル】
---重要なチャート・ポイント---

本日(4月25日)に配信した、以下のコメントをお読みください。

2007年04月25日号
【ユーロ/ドル、ポンド/ドルについて】
---昼ころに、mixi(ミクシィ)とGREE(グリー)に掲載---
http://blog.mag2.com/m/log/0000089158/108488843.html
あるいは、
http://forexdealer.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/ad_78a6.html

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

このところのユーロ/ドル(EUR/USD)は、
4月20日の東京市場で、[1.3630-40]レベルの、目先の高値を付けてから、
[1.3660-70]レベルの重要なチャート・ポイントを目前にして、
『敵前逃亡気味に』ダラダラと下げていた。

ゴールデン・ウィークを控えて、積極性に欠けるセンチメントだった。
しかし、個人的には、一番、気になっているのは、ユーロ/ドル(EUR/USD)。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

[1.3660-70]レベルの重要なチャート・ポイント、
および、[1.3700]の重要なチャート・ポイントに関しては、
4月の上旬から中旬にも、既に、何度も繰り返した。再度引用します。

> > > 2007年04月17日Part2
> > > 【ユーロについて】
> > >
> > > ユーロは、さらに上昇の可能性がある。
> > > ストップ・ロスを置きながら、
> > > つまり、守りながら、ユーロを買えば良い。
> > > 高所恐怖と常識を捨てる必要がある。
> > >
> > > このユーロの買いは、対円、対ドル、どちらでも有効。
> > >
> > > だから、ユーロドルは、買いです(と考えます)。
> > > すると、ドル円は、実は、売りになる。
> > >
> > > 最近のマーケットは、値動きが鈍く、スピードが無い。
> > > (それは、市場参加者が拡大している証左、と考えています。)
> > >
> > > ユーロドルは、1.6000とか、ユーロ円は、170円を考えるべき。
> > > 外したら切れば良いだけ。
> > >
> > > +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
> > >
> > > 念のため、補足して置きます。
> > >
> > > 念のため、断っておきますが、
> > > こういった数値は、例示しているだけです。
> > >
> > > ユーロドルに関しては、[1.3666]アラウンドが、
> > > このところの高値(2004年12月のレート)。
> > >
> > > ※2004年のことも、『このところ』と記述していることに留意。
> > >
> > > つまり、1.36台ミドル、ないし、[1.3700]がチャート・ポイントです。
> > >
> > > 次の、チャート・ポイントは、
> > > [1.4500-1.4600]のゾーン、ないしは[1.4600]になります。
> > >
> > > 当然のことながら、本当に、[1.6000]に到達するならば、
> > > [1.3700]や、[1.4600]のポイントをクリアしていくはずですし、
> > > 今、1.35台程度の時に、真面目に答えるなら、
> > > 次の、チャート・ポイントは、[1.3700]。
> > > そして、その次は[1.4600]と言えば良いのはわかっています。
> > >
> > > しかし、そういった、細かいことに拘泥せず、
> > > 本質を見て欲しい、といった気持ちで、例示しています。
> > >
> > > ただし、もちろん、いい加減な、意味で、例示した訳ではなく、
> > > ユーロドルにとって、
> > > [1.6000]は、チャート・ポイントの筈ですが・・・
> > >
> > > ユーロ円の170円は、適当に言っていますので、ご注意を。
> > >
> > > +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
> > >

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

繰り返しますが、
個人的には、一番、気になっているのは、ユーロ/ドル(EUR/USD)。

4月上旬のコメントを、引用します。

> 2007年04月04日
> 【引き続き、どの程度「円キャリート・レード」が出るのか様子を見たい】
> ---強いてどうしても何かせよ、というならば、ユーロ/ドルのロングか?--

---中略---

> ---強いて、どうしても何かせよ、という戦術の第二策としては、
>   ユーロ/ドル(EUR/USD)のロング(ユーロ買いドル売り)。
>   ストップ・ロスの置き場所に困るが、
>   あまりタイトなストップ・ロスにはしたくないので、
>   [1.3200]アラウンド(各自で思料してください)にストップを置いて、
>   1.33台後半でも構わずに買う。
> (現状は、1.33台前半に推移していますから、この水準を気にせずに買う)
>   ただし、このユーロ/ドル(EUR/USD)のロングの戦術は、
>   [1.3400]を上に抜けて行く、といった思惑があるので、
>   [1.3450]を上に抜けるようならば、
>   ユーロ/ドル(EUR/USD)のロングを買い増しをして付いて行きたい、
>   と考えている。---
>

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

先日の日曜日(4月22日)のコメントも引用します。

> 2007年04月22日Part3
> 【マーケット・コメント】
> ---ドル円&ユーロ円&ユーロドル---

---中略---

> 加筆するならば、[1.3700]を上にブレイク(上昇突破)するようならば、
> 高値水準で、怖いところですが、
> 「ユーロ買いドル売り」で付いて行くところ、
> と考えています。
>
> さすがに、
> 先週末(4月20日金曜日)のロンドン市場、ニューヨーク市場でも、
> 高値水準で、手が出なかった、といった印象です。
>
> このまま、「高値水準での持ち合い」が続き、
> 結局、ゴールデン・ウィークになってから、
> ---つまり、4月末から5月に入ってから、---
> [1.3700]を上にブレイク(上昇突破)するパターンだと、
> 『手の出しようが無くて、嫌だなぁ・・・』
> と思っています。
>
> そうならないように、週明け前半に、
> ---つまり、4月23日、24日、25日までに、
>   さっさと決着を付けて欲しい、と願っていますが、
>   マーケット(相場)は、いつも意地悪ですから・・・。---
>
> 上記『・・・』は、
> ゴールデン・ウィーク中に、
> [1.3700]を上にブレイク(上昇突破)するパターンが来そうだなぁ・・・
> という『畏れ』です・・・。
>
>
> それは、「ことわざ」なのか、単なる感想なのか、知りませんが、英語で、
>
> “The Market is always so mean....”
> ---マーケット(相場)は、いつも意地悪---
>
> と、よく言います・・・。
>
> mean:(形容詞)みすぼらしい、けちな、卑劣な、意地の悪い、
>                 扱いにくい、厄介な
>

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【マーケット・コメント】---ドル円&ユーロ円---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

++++<AD>+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm

 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

2007年04月25日Part2
【マーケット・コメント】
---ドル円&ユーロ円---

昨日(4月24日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
118円台ミドル---[118.40-50]レベル---で、オープンした。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

週明け月曜日(4月23日)のドル/円(USD/JPY)は、
東京市場の朝方は、「仲値不足」での「ドル買い」があった様子で、
118円台後半と、ドル強含みに推移。

しかし、119円台では、ドル売りも待ち構えていた印象。
また、「円キャリー・トレード」を行っている市場参加者にしても、
「学習効果」で、高値、上値を追いかけての「外貨買い円売り」を
抑制するようになった印象。
仲値に伴う取引が終わると、118円台後半で落ち着いた。

しかし、米国の格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ社(S&P社)が、
日本の長期国債の格付けを「AAマイナス」から「AA」に、
1段階引き上げたことから、
それを材料に、「円買い」となり、
東京市場のドル/円(USD/JPY)は、午前中の118円台後半から、
東京市場午後には、118円台前半に下落している。

週明け月曜日(4月23日)のロンドン市場では、
午前中に、118円台ミドルを上に抜けると、
今度は、目先でドルを売っていた向きの損切り(ストップ・ロス)が出た。

その流れは、ニューヨーク市場に引き継がれ、
ニューヨーク市場の朝方に、[119.00]アラウンドまでの急上昇を見ている。

しかし、119円台にしっかりと乗せることができなかったことから、
今度は、118円台ミドルに急落している。
ニューヨーク市場の午後は、動意が無くなり、118円台ミドル程度でクローズ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

一昨日(週明け月曜日の4月23日)の、こういった流れを受けて、
昨日(4月24日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
118円台ミドルで、始まった。

昨日(4月24日)の東京市場では、一時、「円買い」も見られたが、
俯瞰して見るならば、「ゴールデン・ウィーク」を控えての動意薄。
118円台ミドルで、持ち合い、小動き、といったところ。

昨日(4月24日)のロンドン市場では、値ごろ感からか、
「ユーロ円」などの「円キャリー・トレード」を行う市場参加者も出て、
その影響から、ドル/円(USD/JPY)は、「ドル買い円売り」となった。

「学習効果」で、高値、上値を追いかけての「外貨買い円売り」は避けるが、
比較して、相対的に安いと考える水準では、
「円キャリー・トレード」を行う市場参加者が存在する、ということ。

昨日(4月24日)のロンドン市場では、ドル/円(USD/JPY)は、
118円台後半に上昇するが、---高値は、[118.85-95]レベル---
結局は、そこから高値、上値を追いかける様子は無かった。

ニューヨーク市場では、118円台ミドル程度に再び下落。
[118.50]を挟んでの上下動となった。そのままニューヨーク・クローズ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

本日(4月25日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
「若干の円高水準」で、概して、[118.25-55]程度での小動き。

昨日(4月24日)の海外市場で、
ユーロ/ドル(EUR/USD)や、ポンド/ドル(GBP/USD)で、
「ドル売り」になった影響で、
ドル/円(USD/JPY)でも、連れて「ドル売り気味」に動いた、と考えている。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

昨日(4月24日)の東京市場のユーロ/円(EUR/JPY)は、
160円台後半---[160.85-90]レベル---でオープン。

東京市場のユーロ/円(EUR/JPY)は、朝方から売り気配で推移し、
東京市場の午前中に、[160.20-25]レベルまで急落した。

しかし、160円台前半になると、値ごろ感からか、
「円キャリー・トレード」を行う市場参加者も出た。

「学習効果」で、高値、上値を追いかけての「外貨買い円売り」は避けるが、
比較して、相対的に安いと考える水準では、
「円キャリー・トレード」を行う市場参加者が存在する、ということ。

東京市場の午後になると、ユーロ/円(EUR/JPY)は反発上昇。
160円台後半で東京クローズとなった。

昨日(4月24日)のロンドン市場では、値ごろ感からか、160円台後半からも、
ユーロ/円(EUR/JPY)での「円キャリー・トレード」を行う市場参加者も出て、
161円台ミドルまで急騰した。

ニューヨーク市場では、[161.50]も上に抜けて、
[161.70-80]レベルでの高値引けとなった。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

本日(4月25日)の東京市場のユーロ/円(EUR/JPY)は、
概して、161円台ミドルの、高値圏での持ち合いに推移している。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【ユーロ/ドル、ポンド/ドルについて】---昼ころに、mixi(ミクシィ)とGREE(グリー)に掲載---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

++++<AD>+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm

 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

2007年04月25日
【ユーロ/ドル、ポンド/ドルについて】
---昼ころに、mixi(ミクシィ)とGREE(グリー)に掲載---

今日(4月25日)は、午前中に所用で出かけていた。

昨日(4月24日)のNY市場で、ユーロ/ドルが急騰。
再び、[1.36台]を回復(上昇)した。

ポンド/ドルも、昨日(4月24日)のLDN市場で、
再び、[2.0000]を回復(上昇)した。

個人的には、気になって仕方がない。

出先に居るものだから、メールマガジンを配信することもできなかった。

気になって仕方がないので、
FX取引をしている友人に、アドバイスとして、メールを送った。

彼にメールを送ってから、
『そうだなぁ・・・。
 このコンテンツがこのメールだけで終わってしまうのは、
 もったいないなぁ・・・』
と考えた。

そこで、彼に送ったメールを、コピー&ペーストして、
mixi(ミクシィ)とGREE(グリー)に、取り急ぎ、投稿をしておいた。

mixiはこちら↓
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=9783255&comm_id=1202869

GREEこちら↓
http://gree.jp/?mode=community&act=bbs_view&thread_id=130838&z=ta688195

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

285.    物語 (11) - 04/25 12:05 

ストップを、少し深めに置いて、ユーロドルとポンドドルの、
スライトリー・ロングを持つ。
(両方持っても良し。どちらか一方だけを持っても良し。)

ポジションは、ゴールデンウイーク明けまで、
(場合によっては、FOMC明けまで、)
ほったらかしにするくらいの気持ちが必要。

ストップが付いたら、あきらめる。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※ストップ=ストップ・ロス・オーダー、損切り注文

※スライトリー・ロング=「ポジションを少なくして、買う」

 slightly(ad.):少し、ちょっと、弱く、

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2007年4月24日 (火)

【ゴールデン・ウィーク・モード】

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

++++<AD>+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm

 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

2007年04月24日Part2
【ゴールデン・ウィーク・モード】

イースター(復活祭)が終わり、G7も終わって、
さまざまな意味で、GW(ゴールデン・ウィーク)までの期間、
ちょっと期待していたのですが、
どうも、『肩すかし』というか、『期待はずれ』、といったといった印象を、
個人的には持っています。

今年(2007年)のイースター(復活祭)の前後---4月上旬---は、
市場参加者が薄くなっていた。
今年は、イースターと米国雇用統計(4月6日)が重なって、
一段と動意がなかった。

基本的には、イースター明けから、徐々に集中すれば良い、
と考えていたのですが、イースターが明けると、今度は、
4月中旬には、G7(先進7ヶ国蔵相・中央銀行総裁会議)があった。
こういったイベントがあると、相場としては、やり難い。

G7の結果は、基本的には、『現状の容認』、といったところ。
このG7の結果を受けて、マーケット(外国為替市場)は、
「円キャリー・トレード」が活発になり、波乱になる可能性が高い、
と考えていたのですが、
G7明け(4月16日)の東京市場は、ウェリントン・シドニー市場も含めて、
たいした動きにならなかった。

正直なところ、G7明けの感想は、『何だ、その程度か・・・』。
もっと、大きな振幅を期待していたものですから、
ちょっと、がっかりした気分です。
まあ、こんな程度なのかもしれませんが・・・・。

そして、もう来週には、GW(ゴールデン・ウィーク)が控えており、
その時期(GW中)は、いっそう市場参加者が少なくなることが分かっている。

こういったシーズン(季節)は、年中行事で、
元々、市場参加者が少なくなるのは、事前にわかっていること。

だから、こういった市場参加者が少なくなる時期は、
『積極的にポジションを取らない方が良い』と考えています。

基本的には、ゴールデン・ウィーク明けのFOMC(5月9日)まで、
仕方もないので、のんびりとした方が良いのだろう・・・、と考えています。

市場参加者が少なくなると、
大口の売買量を吸収できなくなるリスクがあります。
それを考慮しておくべきだ、と思っています。

ゴールデン・ウィーク明けに、改めて、ちゃんと現状分析を行い、
それから行動を取る方が「真っ当」「まとも」でしょう・・・。

相場は、動いているからといって、それが重要なところとは限りません。
もちろん、動いている時でも、重要なところであるケースはありますが・・・。

今年(2007年)の4月は、それなりの値動きとも言えますが、
実際のところ、たいした値動きにはなっていない、と考えています。

ユーロ円が歴史的最高値を更新したり、
小ぶりの「円キャリー・トレードのアンワインド(巻き戻し・解消)」も
ありましたが、実際のところ、たいした値動きではない、と考えます。

今週は、ゴールデン・ウィークが控えています。
ゴールデン・ウィークの最中に、米国失業率(米国雇用統計)があります。
そして、ゴールデン・ウィークが明けると、上述の通りに、FOMCがあります。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【マーケット・コメント】---ドル円&ユーロ円---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

++++<AD>+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm

 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

2007年04月24日
【マーケット・コメント】
---ドル円&ユーロ円---

週明け月曜日(4月23日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
118円台後半---[118.75-80]レベル---で、オープンした。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

先週末(4月20日金曜日)の東京市場では、
概して、[118.60-80]程度の持ち合いに推移。

先週末(4月20日金曜日)のロンドン市場でも、その水準程度で小動き。

先週末(4月20日金曜日)のニューヨーク市場では、
安心感が広がり、もう一段の高値まで「ドル買い円売り」が進み、
[118.90-00]レベルまで上昇したが、[119.00]には届かず。

ニューヨーク・クローズにかけて、若干、小緩んで、
[118.60-70]レベルで引けた。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

先週末(4月20日金曜日)の流れを引き継ぎ、
週明け月曜日(4月23日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
118円台後半---[118.75-80]レベル---で、オープンした。

東京市場の朝方は、「仲値不足」での「ドル買い」があった様子。
118円台後半で、ドル強含みに推移した。

しかし、119円台では、ドル売りも待ち構えていた印象。
また、「円キャリー・トレード」を行っている市場参加者にしても、
「学習効果」で、高値、上値を追いかけての「外貨買い円売り」を
抑制するようになった印象。
仲値に伴う取引が終わると、118円台後半で落ち着いた。

その後、米国の格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ社(S&P社)が、
日本の長期国債の格付けを「AAマイナス」から「AA」に、
1段階引き上げたことを発表。

この『長期国債の格付け』を材料に、「円買い」となり、
東京市場のドル/円(USD/JPY)は、午前中の118円台後半から、
東京市場午後には、118円台前半に下落した。

東京市場の夕方からロンドン市場の朝方にかけては、
概して、[118.20-50]程度に推移した。

ロンドン市場の午前中に、118円台ミドルを上に抜けると、
今度は、目先でドルを売っていた向きの損切り(ストップ・ロス)が出た。
その流れは、ニューヨーク市場に引き継がれ、
ニューヨーク市場の朝方に、[119.00]アラウンドまでの急上昇を見ている。

しかし、119円台にしっかりと乗せることができなかったことから、
今度は、118円台ミドルに急落している。

ニューヨーク市場の午後は、動意が無くなり、118円台ミドル程度でクローズ。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

先週末(4月20日金曜日)の東京市場のユーロ/円(EUR/JPY)は、
161円台ミドル---[161.50-55]レベル---でオープン。

東京市場の朝方は、161円台ミドルで推移していたが、
東京市場の午前中に、
米国の格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ社(S&P社)が、
日本の長期国債の格付けを「AAマイナス」から「AA」に、
1段階引き上げたことを発表したことから、「ユーロ売り円買い」となった。

東京市場の昼前後に、
ユーロ/円(EUR/JPY)は、161円台ミドルから下落を始めた。
東京市場午後には、[161.00]を割り込み、
東京市場の引け(東京時間17:00)には、
160円台ミドル程度---[160.45-50]レベル---まで下落した。

ロンドン市場では、
目先で「ユーロ売り円買い」をしている向きの、
損切りを狙ったような値動きとなった(ストップ・ロス・ハンティング)。

ロンドン市場でのユーロ/円(EUR/JPY)は、
160円台ミドル程度から急反発して、161円台に乗せた。
その流れは、ニューヨーク市場に引き継がれ、
ニューヨーク市場の朝方に、[161.30-40]レベルまでの急上昇を見ている。

しかし、ニューヨーク市場でドル/円(USD/JPY)が、
119円台にしっかりと乗せることができなかったことから、
118円台ミドルに急落した値動きの影響で、
ユーロ/円(EUR/JPY)は、160円台後半に下落した。

ニューヨーク市場の午後は、動意が無くなり、
ユーロ/円(EUR/JPY)は、[161.00]を挟んでの小動き。
そのまま、ニューヨーク・クローズ。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【仲値不足】
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/sub021na.htm#nakanebusoku

 「仲値が足りない」とか、「仲値不足」という言葉が良く使われますが、
 その意味は、「仲値決済のドルの需給バランスで、ドルが不足している」
 ということです。
 ですから、足りないドルをマーケット(外国為替市場)で、
 購入する必要があります。
 「仲値不足」の場合は、9時55頃に向けて、ドルが上昇しやすくなります。

→【仲値が足りない?】
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/sep25.htm

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2007年4月22日 (日)

ドル円&ユーロ円&ユーロドル---【マーケット・コメント】

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

++++<AD>+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm

 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

2007年04月22日Part3
【マーケット・コメント】
---ドル円&ユーロ円&ユーロドル---

先週末(4月20日金曜日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
118円台ミドル---[118.40-45]レベル---で、オープンした。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

その前日(4月19日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
東京市場午前中に[117.60-65]レベルまで下げた。

4月19日の東京市場の時間帯に、上海株が下落。
そのことから、日本株、アジア株が下げた。

この一連のことは、今年の2月下旬に起きた、
上海株の下落から「円高」になったことを連想させて、
---つまり、上海株の下落から、
  「円キャリー・トレードのアンワインド(まき戻し・解消)」
  になったことを、連想させて、---
4月19日の東京市場では、ドル/円(USD/JPY)の売りとなった。

4月19日は、アジア株式が下落したので、
ニューヨーク株式がどうなるのか、懸念されていたが、
ニューヨーク時間での米国株式市場は落ち着いた値動きだったことから、
ドル/円(USD/JPY)は、[118.50-60]レベルに急反発し、
そのままニューヨーク・クローズ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

先週末(4月20日金曜日)の東京市場では、[118.50]を上に抜けて、
概して、[118.60-80]程度の持ち合いに推移。

先週末(4月20日金曜日)のロンドン市場でも、その水準程度で小動き。

先週末(4月20日金曜日)のニューヨーク市場では、
安心感が広がり、もう一段の高値まで「ドル買い円売り」が進み、
[118.90-00]レベルまで上昇したが、[119.00]には届かず。

ニューヨーク・クローズにかけて、若干、小緩んで、
[118.60-70]レベルで引けた。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

先週末(4月20日金曜日)の東京市場のユーロ/円(EUR/JPY)は、
[161.30-40]レベルでオープン。

その前日(4月19日)の東京市場の時間帯に、上海株が下落。
そのことから、日本株、アジア株が下げた。

この一連のことは、今年の2月下旬に起きた、
上海株の下落から「円高」になったことを連想させて、
---つまり、上海株の下落から、
  「円キャリー・トレードのアンワインド(まき戻し・解消)」
  になったことを、連想させて、---
4月19日の東京市場では、ユーロ/円(EUR/JPY)の売りとなった。

4月19日のユーロ/円(EUR/JPY)の安値は、東京市場夕方の[159.60-65]レベル。

しかし、ニューヨーク市場の朝方に、[160.50]を回復し、上に抜けると、
今度は、目先でユーロ/円(EUR/JPY)を売っていた向きの損切りを誘発して、
ユーロ/円(EUR/JPY)は、一気に上昇。161円台前半に乗せて急反発した。

アジア株式が下落したが、ニューヨーク株式が落ち着いた値動きだったので、
買い戻された印象。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

先週末(4月20日金曜日)の東京市場では、安心感からか、
「円キャリー・トレード」を復活させるような値動き。

ユーロ/円(EUR/JPY)は、ニューヨーク・クローズよりも、
一段高く推移して、[161.50]を回復。

東京市場で、一時、高値[161.85-95]レベルを付けた。
東京市場クローズは、161円台ミドル。

先週末(4月20日金曜日)のロンドン市場、ニューヨーク市場は、
[161.50]を挟んで、30銭程度で振幅した。
---[161.20-80]程度で上下動を繰り返した。---

概して、高値水準に戻しての持ち合いとなった。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

先週末(4月20日金曜日)のユーロ/ドル(EUR/USD)は、
東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場と、
終日、[1.3600]前後の高値圏で、「高値持ち合い」に推移。

値動きとしては、特筆するところはない。

既述のコメントから、抜粋、再送します。

> > ユーロドルに関しては、[1.3666]アラウンドが、
> > このところの高値(2004年12月のレート)。
> >
> > ※2004年のことも、『このところ』と記述していることに留意。
> >
> > つまり、1.36台ミドル、ないし、[1.3700]がチャート・ポイントです。
> >
> > 次の、チャート・ポイントは、
> > [1.4500-1.4600]のゾーン、ないしは[1.4600]になります。
> >

加筆するならば、[1.3700]を上にブレイク(上昇突破)するようならば、
高値水準で、怖いところですが、「ユーロ買いドル売り」で付いて行くところ、
と考えています。

さすがに、先週末(4月20日金曜日)のロンドン市場、ニューヨーク市場でも、
高値水準で、手が出なかった、といった印象です。

このまま、「高値水準での持ち合い」が続き、
結局、ゴールデン・ウィークになってから、
---つまり、4月末から5月に入ってから、---
[1.3700]を上にブレイク(上昇突破)するパターンだと、
『手の出しようが無くて、嫌だなぁ・・・』
と思っています。

そうならないように、週明け前半に、
---つまり、4月23日、24日、25日までに、
  さっさと決着を付けて欲しい、と願っていますが、
  マーケット(相場)は、いつも意地悪ですから・・・。---

上記『・・・』は、
ゴールデン・ウィーク中に、
[1.3700]を上にブレイク(上昇突破)するパターンが来そうだなぁ・・・
という『畏れ』です・・・。

それは、「ことわざ」なのか、単なる感想なのか、知りませんが、英語で、

“The Market is always so mean....”
---マーケット(相場)は、いつも意地悪---

と、よく言います・・・。

mean:(形容詞)みすぼらしい、けちな、卑劣な、意地の悪い、
                扱いにくい、厄介な

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【GWを想定して、相場に臨む】---毎年、同じことが繰り返し起こっている---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

++++<AD>+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm

 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

2007年04月22日Part2
【GWを想定して、相場に臨む】
---毎年、同じことが繰り返し起こっている---

以下のコンテンツは、
昨年(2006年)のゴールデン・ウィークの前に配信したものです。

内容をご覧いただければ、わかると思いますが、
事実上は、2005年に記述したものです。再配信します。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■ 【昨年のGW前のメールマガジン】 2006/4/28(金)
---毎年、同じことが繰り返し起こっている---

以下のメールマガジンは、
昨年(2005年)のゴールデン・ウィークの前に配信したものです。

相場の絶対水準や、ゴールデン・ウィークの曜日の関係で、日付が違いますが、
今(2006年のGW直前)、読み返してみても、
内容としては、全くそのまま通用する、
と、考えています。

あくまでも、昨年(2005年)に書いたものだ、ということに注意して、
---相場の絶対水準や日付に注意して、---お読みください。

『手抜きだよー・・・』
と、おっしゃる方がいるかもしれませんが、
決して、『手抜き』ではありません。

むしろ、相場状況や、絶対水準は異なっているけれど、
所詮は、毎年、同じことが繰り返し起こっている、
ということをお伝えしたいのです。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

大学受験の際に、毎年、同じ(ような)、---事実上は、全く同じである---
試験問題が出ます。
入試問題に出るところなどは、だいたい決まっているのです。

もちろん、そこには、いくつかのパターン、バリエーションがあって、
細かな違いがあるのですが、全く、独創的な新しい入試問題などは無いのです。

仮に、そういった問題が出ても、恐れることはありません。
そういった独創的で新しい問題は、誰もが、答えられないのですから、
出来なくても気にする必要が無いのです。

---1000人の内、数人が答えることが出来ても、
  それは、事実上、全員が出来なかったことと同じことです。---

ところが、受験生が、毎年違うのです。

---浪人している場合もあるでしょうが、そういったことも含めて、
  毎年、同じことが繰り返し起こっています---

だから、同じ(ような)入試問題を出しても、
受験生は、毎年、同じところで間違えることになります。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

大学受験のことを、例示的に書いたのは、ある種の『比喩(ひゆ)』です。

「マーケットに参加している人が、昨年と違うのは、何故なのか?」
を、考えてくだされば、お伝えしたいことがわかっていただけるでしょうか?

http://smatt.hp.infoseek.co.jp/2005Apr26.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆【独断と偏見の為替相場】◆◆◆
    2005年04月26日号
   【もう既に、GW相場は、始まっている】
Vol.0641
読者数:02533
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

読者の方から、ちょうど良いタイミングで、質問をいただきました。

本日のメールマガジンで、
『もう既に、ゴールデン・ウィーク(GW)相場は、始まっている』
と、書こうと思っているところでした。

それを書くと、
「また、手抜きだよー・・・」
と、読者のみなさまから言われそうですが.....。

正直なところ、手抜きではなくて、もう考えないように努めています。

市場参加者の少なくなる(マーケットの薄くなる)ことが、
あらかじめ、分かっている時は、不測のリスクを避ける方が賢明、
と考えているからです。

マーケットが薄いときは、経験則が働かないケースがあるし、
大口の売買で、値が飛ぶこともあります。

しかし、リスクがあるから、キャピタル・ゲインがあることも、事実です。
リスクが無ければ、キャピタル・ゲインも、また、無いのです。

だから、キャピタル・ゲインを求めて、
GW中にも、ポジションを取ろうとしている人を、止めるつもりはありません。

ただし、それをするのなら、休まずに(休暇は返上して)、
ちゃんとマーケットにいなければ、ダメです。
インターバンク・ディーラーならば、ちゃんと出社して、
ディーリング・ボードに向かい、万全を期する必要があります。
個人投資家ならば、パソコンにしがみついている必要があります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日付: Mon, 25 Apr 2005
差出人: "******"
件名: 質問お願いします
宛先: "物語" <forexdealer@infoseek.jp>

物語さま
いつもお世話になっています。
 
単純な質問かもしれませんが よろしくお願いします。
 
これから、ゴールデンウイークにはいりますが、
海外旅行などで外貨を買うことがあるとおもいますが、
マーケットに影響はあるのでしょうか?

また 去年の5月の雇用統計発表後、
サプライズで恐ろしく上昇したのをおぼえているのですが、
休み明けは、サプライズだけではなく
円買い円売りどちらの方向かに、大きく相場が動きやすいのでしょうか?

2004年4月26日の終値、[USD/JPY=108.60]から、
4月29日=109.85、 4月30日=110.46、
と超短期ですが上昇トレンドを形成し、
ゴールデンウイークが終わる頃から、少しずつ下降しました。
(5月3日=110.30、 5月4日=109.34、 5月5日=108.65)

そのあと雇用統計発表後上昇し、5月14日に、114.87で天井を打ちました。

私自身の考えは、海外旅行に行く人が外貨を買って少し上昇し、
休み明けの雇用統計で良い結果がでたので、
休み前にポジションを手仕舞いした市場関係者が一気に買い注文入れたからだ
と思うのですが、考え方として間違ってないでしょうか?
                           
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

----- Original Message -----
From: ""物語"" <forexdealer@infoseek.jp>
To: ""******""
Sent: Tuesday, April 26, 2005
Subject: Re: 質問お願いします

******さま

いただいたメールに、直に、お返事を書き込みます。

> -----元のメッセージ-----
> 差出人: "******"
> 受取人: "物語" <forexdealer@infoseek.jp>
> 日付: 05/04/25 23:08
> 件名: 質問お願いします
>
> 物語さま
> いつもお世話になっています。
 
> 単純な質問かもしれませんが よろしくお願いします。
>  
> これから、ゴールデンウイークにはいりますが、
> 海外旅行などで外貨を買うことがあるとおもいますが、
> マーケットに影響はあるのでしょうか?

●通常(GW以外のシーズン)は、海外旅行者が購入する外貨は、
 ほとんど、影響はありませんが、GWは、少し影響があります。

 例えば、30万人が海外に行くとして、その半数が、米ドルを購入した
 としましょう。

 一人当たり、30万円を米ドルに交換したとすると、
 450億円のドル買いになります。
 [15万人×30万円=450億円]

 ドル貨で考えれば、4億ドル、5億ドル程度になります。
 一人当たり30万円よりも多ければ、あるいは、海外旅行者がもっと多ければ、
 その影響は、もっと大きいことになります。

 数億ドルのドル買い需要が起こるのですから、
 全く影響がないわけではありません。

> また 去年の5月の雇用統計発表後、
> サプライズで恐ろしく上昇したのをおぼえているのですが、
> 休み明けは、サプライズだけではなく
> 円買い円売りどちらの方向かに、大きく相場が動きやすいのでしょうか?

●GW中は、東京市場の参加者は、基本的にいません。
 そうすると、
 アジア市場(シドニー市場、HK市場、シンガポール市場)の参加者は、
 東京市場の休みに合わせて、休暇をとります。
 すると、アジア市場全体が休暇になってしまいます。

 三大市場(東京・ロンドン・ニューヨーク)のどこかが休場になると、
 それに合わせて、世界中の市場参加者が休暇を取ります。
 例えば、GWは東京市場が休場ですから、
 ロンドン・ニューヨークの市場参加者も、休暇を取るケースが多い、
 ということです。

 つまり、GW中は、世界的に、
 マーケット(外国為替市場)の参加者が少なくなります。
 市場参加者が少ない時は、当然に、マーケットが薄くなります。
 だから、通常なら、マーケットで吸収してしまう程度の金額でも、
 薄い中を、値を飛ばして動いてしまうことがあります。

> 2004年4月26日の終値、[USD/JPY=108.60]から、
> 4月29日=109.85、 4月30日=110.46、
> と超短期ですが上昇トレンドを形成し、
> ゴールデンウイークが終わる頃から、少しずつ下降しました。
> (5月3日=110.30、 5月4日=109.34、 5月5日=108.65)
>
> そのあと雇用統計発表後上昇し、5月14日に、114.87で天井を打ちました。
>
> 私自身の考えは、海外旅行に行く人が外貨を買って少し上昇し、
> 休み明けの雇用統計で良い結果がでたので、
> 休み前にポジションを手仕舞いした市場関係者が
> 一気に買い注文入れたからだ
> と思うのですが、考え方として間違ってないでしょうか?

●****さんの考え方で、正しい、と思います。
 ただし、今年も同じような値動きになるか、否か?
 は、誰にも分かりません。

 昨年は、GWの薄い中を、ドル/円(USD/JPY)が上昇しましたが、
 今年も、そうなるのかもしれませんし、
 今年は、薄いマーケットの中、急落するのかもしれません。
 あるいは、今年は、薄い中を、横ばいに推移するのかもしれません。

●個人的には、GW中は、やらない方が良い、と考えています。
 そういった意味では、この週末からGWが始まります。
 為替相場は、今週は、今日までで、明日以降は、GW相場になるのだろう、
 と考えています。

●私個人としては、今週は初めから、GW相場、ととらえています。
 だから、5月9日(月)まで、考えない方が良い、と思っています。
 もう既に、「相場はどうでも良い」と思うようにしています。
 (目先、動いていますから、気になるのですが....)
 考えないようにする、ということも、また、難しいものです。

 5月9日(月)の、相場の絶対水準は、今日(4月26日)と違うことでしょう。
 しかし、「考えない方が良い」のですから、
 そこは、「捨てるところ」なのです。
 いわゆる、『頭と尻尾』の部分、と思うようにしています。

 相場に臨むことは、絶対水準を当てることではない、と考えています。

 だから、5月9日(月)になってから、
 GW中に何があったのか?---つまり、ニュースを調べる---
 どういった値動きをしたのか?---つまり、チャートを見る---
 といったことをすれば良い、と思っています。

 Have a nice golden week!
 です!

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 松田 哲
 【フォレックス・ディーラー物語】
 http://www.d4.dion.ne.jp/~smatt/
 メール: mailto:forexdealer@infoseek.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

G7明けの感想:>『何だ、その程度か・・・』といった評価---【読者の方とのメールのやり取り】

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

++++<AD>+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm

 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

2007年04月22日
【読者の方とのメールのやり取り】
---G7明けの感想:>『何だ、その程度か・・・』といった評価---

(注:以下のやりとりの続きです)

2007年04月16日号Part3
【読者の方からのメール紹介】
---FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---

http://blog.mag2.com/m/log/0000089158/108458906.html
もしくは、
http://forexdealer.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/fx19_77d2.html

2007年04月18日号
【頂いていたメールへ、ようやくお返事しました・・・】
---マーケットへ参入する動機・目的---

http://blog.mag2.com/m/log/0000089158/108465096.html
もしくは、
http://forexdealer.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_acb6.html

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  ******
宛先  satoshi.matsuda2007@gmail.com   
日付  2007/04/20
件名  お返事有り難うございました   

松田 哲 様

******です。
お忙しいなか、お返事を有り難うございました。

メルマガにて拝見しました。

あのお返事は、直かメールでもいただいたのでしょうか?
もしそうなら、なぜか、その分は届いておりません。

>マーケットに参入する動機・目的が、何であれ、
>その途中経過と、結論・結果は、あまり大差が無いことを、
>お話しようと考えている次第です。

すべての活動を、一律に経済原理に呑み込んでしまうのが、
資本主義のすごいところですね。
それが痛快です!・・・
味気ないところでもありますが、避けては通れないので、
どう利用し楽しむか?が、人生への調味料となるのでしょう。

また、今週明けのメルマガで;
>『何だ、その程度か・・・』。
という評価、面白かったです。
近ごろの市場参加者は腰が据わっていないということでしょうか?
それとも、私のような素人が増えて、相場の反応が鈍いのが主因でしょうか?
相場を作る立場からの御発言は、なかなか聞けないもので、
たいへん参考になります。

ときどきmixiのお話がありますが、あれは招待がないと見られませんね。
私も入れていただき、勉強したいと思うのですが、いかがでしょうか?
よろしければ、お願いしたく存じます。

(ドルがもう少し一気に下がるかと思って、
117円台で売りポジションを作ってしまいました。
ちょっと苦しいです。
しかし、その頃やはり下がっていたユーロは、
松田さんの買い推奨を考慮し、売りませんでした。
お蔭様で、ホッとしています。)

===============***=================
 ******
===================================

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  松田哲 <satoshi.matsuda2007@gmail.com>
宛先  ******
日付  2007/04/22
件名  Re: お返事有り難うございました

******さま

先日(4月16日)のメールマガジンで先に、
頂いたメールをご紹介いたしました。
その後で、4月18日 に、お返事のメールをお送りいたしました。

4/15 に頂いたメールには、すぐにお返事ができませんでした。
しかし、頂いたメールを、是非、ご紹介したかったので、
まず、メールマガジンで配信した次第です。

先ほど、mixi と、GREEの招待状をお送りいたしました。

PS;
先週の亜細亜大の授業では、
用意していたことの半分もお話できませんでしょた。
今週に持ち越しました・・・。

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 松田 哲
 サイト:【フォレックス・ディーラー物語】
 http://www.d4.dion.ne.jp/~smatt/
 メール: satoshi.matsuda2007@gmail.com

 新刊書:【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
 http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

« 2007年4月15日 - 2007年4月21日 | トップページ | 2007年4月29日 - 2007年5月5日 »