« 2007年3月25日 - 2007年3月31日 | トップページ | 2007年4月8日 - 2007年4月14日 »

2007年4月 6日 (金)

【読者の方からのメール】---FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

++++<AD>+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm

 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
   ◇◆◇ハーベストフューチャーズ「経済講演会2007 Spring」◇◆◇
         ⇒ https://www.harbest.co.jp/appli_07sp.htm
[くりっく365]参入一周年!外国為替相場動向の講演会を時事通信ホールにて
講師:■ 鈴木 郁雄 ■ 松田 哲 ■ だいまん(文 一雄)&香澄 ケイト
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年04月06日Part2
【読者の方からのメール】
---FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---

差出人  ******
宛先  物語   
日付  2007/03/11
件名  『FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?』を読んで

ビジネス・経済の分野で評価が高いので、
投資には縁がないのですが読んでみました。
「楽して儲かる」ならば地球上に貧困は起こらない。
きっとその通りなのだろうと思います。
外国為替とは無縁ですし、取引については難しいところもありましたが、
文章が読みやすかったので、意味は理解できます。
相場は、強い者と戦うより、弱い者と戦う方が勝つ確率は高くなる、
といった表現もあるので、作者は冷たい人なのかと思ったのですが、
すぐその後に、
外国為替市場は、他者に対する優しさがないと生き残れない、とあります。
きびしい表現を使いながら、最後はどことなく暖かみを感じます。
弱い人の味方をしたいのではないか、が結論です。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  物語
宛先  ******
日付  2007/03/11
件名  Re: 『FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?』を読んで

書評ありがとうございます。
自分が、決して、冷たいとは思わないのですが、
相場に臨む場合は、冷徹な対応が必要とされます。
それで、時として、厳しい表現になってしまうケースもあります。

『オブラートに包んで、もう少し、優しく表現すれば良いのかなぁ・・・』
と、思うことも多々あるのですが、かえって、それでは意が伝わらず、
何を言いたいのかが、不明瞭になってしまいます。

「弱い人の味方をしたいのではないか、が結論です。」
は、最大級の賛辞と、受け止めています。
ありがとうございます。

松田哲

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

日付: Sat, 17 Mar 2007
差出人: "***"
件名: 今日、本屋さんで買ってきました。
宛先: "物語"

名古屋では、栄という中心部の丸善という本屋さんのみ在庫がありました。
店頭ではなく従業員の方が出してきてくれました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

日付: Sat, 17 Mar 2007
差出人: "物語"
件名: Re: 今日、本屋さんで買ってきました。
宛先: "***"

***さま

ありがとうございます!!
どうも、現時点では、ほとんどの書店で売り切れ状態のようです・・・
嬉しいやら・・・、悲しいやら・・・、
まったく、どっちなんだ・・・・、といった心境です。

ぜひ、書評(レビュー)も、書いてください。お願い致します。
ご批判、ご批評、何でも受け止めますので。

取り急ぎ、御礼のメールです。
松田哲

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

日付: Wed, 21 Mar 2007
差出人: "***"
件名: Re: 今日、本屋さんで買ってきました。
宛先: "物語"

松田様へ ご返事ありがとうございます。

改めて、はじめまして、***です。
ご返事をいただけるとは思っていなかったので
状況のみのメールで申し訳ありませんでした。
私は、1月の末から実際にお金を使って市場に参加を始めました。

1月は0勝7敗で、2月は、69勝63敗、3月は5日までは18勝8敗でしたが、
3月6日以降11勝59敗でこの結果をもって
なんとかしなければとの思いから著書を読ませていただくことになりました。

私の知りたかったことがいろいろ書かれていて、買って正解でした。
ありがとうございます。

知りたかったこと
現場のプロディーラーの実務のノウハウ、買いの鉄則、売りの鉄則
損切りはやく利を伸ばせ

ちなみに私の勝敗ですが100円でもプラスだと勝ちマイナスだと負け
で勝敗を決めていますが、
記録の中に100円のプラスはあっても100円のマイナスはありませんでした。
マイナスは全部1000円単位以上でした。

19日月曜日の朝、窓をあけて116.24までドル円下がった時、
これがディップかなと思ったのですが、もっと下がりそうで買えませんでした。
ストップロスをつけて買っておけばよかったと後から思いました。
プロのノウハウとか失敗談とか思い入れのある取引とか
いろいろこれからも教えてください。

ドキュメント風に書かれてもおもしろいかな、とか思いました。
「ドル円ユーロ投資入門」も併せて買ったのでこれから勉強します。

私にとって一番の励ましになったのは、
「相場は努力次第で、ある程度何とかなる」 
何とかぐらいのレベルでもまずは良いので、
場を退場しないように勉強していきたいと思います。

ありがとうございます。
これからも、よろしくおねがいします。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

イースター&米国雇用統計:何もしないことも『戦略』---【マーケット・コメント】

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

++++<AD>+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm

 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
   ◇◆◇ハーベストフューチャーズ「経済講演会2007 Spring」◇◆◇
         ⇒ https://www.harbest.co.jp/appli_07sp.htm
[くりっく365]参入一周年!外国為替相場動向の講演会を時事通信ホールにて
講師:■ 鈴木 郁雄 ■ 松田 哲 ■ だいまん(文 一雄)&香澄 ケイト
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年04月06日
【マーケット・コメント】
---イースター&米国雇用統計:何もしないことも『戦略』---

昨日(4月5日)、東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
[118.65-70]レベルでオープンした。

---東京市場の寄り付きは、東京時間朝9:00---

ドル/円(USD/JPY)は、4月3日(火)の海外市場で、
[118.50]を上に抜けて、その後は、4月4日(水)、4月5日(木)と、
概して、[118.50-119.00]のゾーンでの「高値持ち合い」。

[118.50]を上に抜けた当初は、緊張感もあったが、
イースター&米国雇用統計を控えて、
徐々に、そういった緊張感も薄らいできている。

昨日(4月5日)の東京市場では、午前中に、下値[118.50]をトライした。
この時点で、[118.50]はギブンした。(given:売られた)

[118.50]アラウンドが、目先の安値。レベルとしては、[118.45-50]を示現。

東京市場の昼前後から、ドル/円(USD/JPY)は、ジリジリと上昇を始める。
東京市場の夕方は、[118.70-80]レベル程度。

ロンドン市場も、概して、118円台後半で小動き、持ち合い。

ニューヨーク市場の朝方に、[118.95-00]レベルの高値を示現。
しかし、119円台に乗せることなく、[118.45]アラウンドまで急落した。

[118.50]を割り込んでも、追随のドル売りは出ず。
ニューヨーク市場の午後は、再び、118円台後半程度の持ち合いに戻った。

イースターで、本日(4月6日)と来週の月曜日(4月9日)は、
世界のマーケット(市場)が、休みになること、
そして、本日(4月6日)に、米国雇用統計を控えて、
ニューヨーク市場の午後は、緊張感も薄らぎ、動意がなかった。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

本日(4月6日)の東京市場も、イースターと米国雇用統計を控えて、
動意なく、118円台後半程度の持ち合いが継続中。

基本的には、イースター明けから、徐々に集中すれば良い、と考えているので、
積極的に、参加する気持ちではない。

相場に臨んでいると、何かしたくなるものだが、こんなときは、
我慢をして、ポジションを取らないことも、---何もしないことも、---
『戦略』と考えている。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (1)

2007年4月 5日 (木)

【綾戻し局面では、我慢をして、ポジションを取らない。それも『戦略』】

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

++++<AD>+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm

 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
   ◇◆◇ハーベストフューチャーズ「経済講演会2007 Spring」◇◆◇
         ⇒ https://www.harbest.co.jp/appli_07sp.htm
[くりっく365]参入一周年!外国為替相場動向の講演会を時事通信ホールにて
講師:■ 鈴木 郁雄 ■ 松田 哲 ■ だいまん(文 一雄)&香澄 ケイト
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年04月05日Part2
【綾戻し局面では、我慢をして、ポジションを取らない。それも『戦略』】
---先月中旬(3月14日)のコメントを再送---

先月中旬(3月14日)のコメントを、そのまま、再送します。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2007年03月14日
【綾戻し局面では、我慢をして、ポジションを取らない。それも『戦略』】
---昨夜(事実上は、昨日のニューヨーク市場時間帯)の書き込み---

昨夜(事実上は、昨日のニューヨーク市場時間帯)に投稿したものです。

※mixiに書き込んだものを、『ほぼ』そのまま引用します。
私の書き込んだ文章なので、著作権の問題にはならない、と考えます。

mixiに書き込むのではなくて、
「それを、その時に、タイムリーに配信してヨ!ブログにアップしてヨ!」
といったご意見・ご感想が出るのは想像付きますが、
私にも、諸般の都合がありまして・・・・。

(引用先)
[mixi] 松田 哲【雑談の場】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=9783255&comm_id=1202869&page=all

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2007年03月14日01:58
224:  物語

耳にイタイことを、ひとつ。

例えば、先週後半から、ドル円、クロス円が、
調整局面を迎えリバウンド上昇していました。

あの時に、私も、上昇すると、思っているのです。

だから、やりたければ、つまり、「買っちゃ売り」、「買っちゃ売り」を、
やりたければ、止めません、と、述べたのです。

『ただし』、「綾」の大きさは、【事前には】誰にもわからないから、
止めた方が良い、とも、明言しています。

持ち値の悪いロングは、このリバウンド局面で損切りを敢行すべし、
とも、はっきり言いました。

しかし、多くの人は、余計に、うまくいかなかったことでしょう。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2007年03月14日02:12
225:  物語

(続き)

「綾」は、難しいのです。

難しいからこそ、それを取れると、満足感もひとしおですが、
その労力と、リターンを考慮すると、割に合いません。

また、現時点(3月14日)では、【事後】だから、綾の大きさがわかります。

リバウンドの上限は、118円台ミドルです。

しかし、今度、改めて、118円台ミドルが来たら、
上に抜ける可能性が高くなります。

『3月12日のロンドン市場から、3月13日の値動きを見れば、(加筆)』
118円台ミドルから、再び116円台ミドルに下落したことで、
『そして、3月14日に115円台を見たことで(加筆)』
また、売りそびれた人がいるのにもかかわらず、
118円台ミドルまで来るなら、何か、理由があるはず。

まあ、結論から言えば、トレンドに逆らうな、です。

2007年03月14日02:38
226:  物語

「綾、綾戻し」の局面で、
リスク&リターンが、『1対2』になることは、希です。

はっきり言えば、『2対1』でしょう。

それを理解して、臨むなら、まだしも、
わからずして手を出すと大ケガを負います。

だから、綾戻し局面では、我慢をして、ポジションを取らない。
それも『戦略』です。

負ける可能性が高いところで、戦いに行くのは、「匹夫の勇」。

「韓信」が酔客にからまれた際に、またの下をくぐれ、と言われ、
くぐった、というエピソードがあります。

酔客とケンカをしてケガをしたら、つまらない。

戦うべき時と場所がある。

「韓信」は、漢の建国に貢献した最強の武将。

※調べてみたら、「酔客」ではなくて、
「町の少年」にバカにされて、『股の下をくぐれ』と言われたが、
股の下をくぐった。

「恥は一時、志は一生。
その少年を殺しても、何の得もない。
それどころか仇持ちになってしまうだけだ。」
と冷静に判断して、我慢して、少年の股の下をくぐった。

(※若干の加筆を加えて、改行しましました。)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

「売り方」「買い方」ともに、希望的願望で「にらみ合い」

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

++++<AD>+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm

 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
   ◇◆◇ハーベストフューチャーズ「経済講演会2007 Spring」◇◆◇
         ⇒ https://www.harbest.co.jp/appli_07sp.htm
[くりっく365]参入一周年!外国為替相場動向の講演会を時事通信ホールにて
講師:■ 鈴木 郁雄 ■ 松田 哲 ■ だいまん(文 一雄)&香澄 ケイト
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年04月05日
【ドル/円は、総じて、高値持ち合い】
---「売り方」「買い方」ともに、希望的願望で「にらみ合い」---

昨日(4月4日)のドル/円(USD/JPY)は、総じて、高値持ち合い。
概して、118円台後半で膠着した。

ダラダラとした膠着ではなく、緊張感のある「にらみ合い」。

「売り方」VS「買い方」の、それぞれの思惑を含んでの、
『こうあって欲しい』という願望がぶつかっていた印象。

「売り方」は、
『せめて118円台前半に、
 それがダメなら[118.40-50]程度でもいいから・・・』
と、下落を願い、
「買い方」は、『早く、119円台を買っていって欲しい。誰か買えよ!』
といった願望。

ただし、それは、「売り方」も「買い方」も、ともに、
自分がそうするのではなく、
誰か他の市場参加者が、それをすることを願う、といった希望的願望。

だから、ダラダラとした膠着ではなく、
願望という強い情念を含んだ「にらみ合い」になる。
---そういった情念を感じませんか・・・?---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

一昨日(4月3日)の海外市場で、
このところタッチできなかった(届かなかった)
[118.50]を上にブレイクした(上に抜けた)。

それまでの[118.50]は、「弱いレジスタンス」(弱いチャート・ポイント)。

一昨日(4月3日)の値動きでは、[118.50]を上に抜けたものの、
スピードは加速せず、118円台後半で、緊張感を保った。

[118.80-90]レベルは、チャート・ポイント。
2月下旬から3月上旬にかけて、121円台から115円台前半まで、
ドル/円(USD/JPY)が急落した際に、
ストップ・ロス・オーダー(損切りのドル売り注文)が
集中したレート(価格)。

上値でつかまった市場参加者にしてみれば、
[118.80-90]レベルから[119.50]のゾーンで、
いったんの損切り(ドル売り)を行いたい、と、考えるところ。
---つまり、いわゆる「やれやれの売り」が集中するところ---

買い方(ドル買い派)も、そのことに気が付いているから、
118円台後半まで買い進んだものの、[119.00]を目前に、躊躇していた。

[118.80-90]レベルから[119.50]のゾーンにある、
いわゆる「やれやれの売り」をこなすのは、
現状のマーケットを考えると、「円キャリー・トレード」しかない。

だから、
『その売りをこなし切れるだけの
「円キャリー・トレード」の需要が出るのか?否か?』
に注目していたし、注目している。
---今の時点でも、判然としないので、注目が継続している---

昨日(4月4日)のマーケットでは、
一時、[119.00]を上に抜いて、高値[119.00-10]を見ているが、長続きもせず。

---この程度の値動きでは、[119.00]を上に抜けたとは言いがたい。
  オプション取引などで、タッチしたか?否か?
  が重要ならば、明らかに、[119.00]は付いた。
  しかし、[119.00]のレジスタンスが、上にブレイクしたか?
  と、訊かれたならば、答えは“No”だ。---

まだ、[119.00]は、上にブレイクしていない。

明日(4月6日)には、米国雇用統計を控えているので、
積極的な売買になるとは考えていない。

118円台の高値水準で、ドルを買う気持ちは、全く無い。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

昨日(4月4日)のコメントを添付します。
(考え方に、全く変化がなく、全く同様に、考えていますので)

> ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
>
> ここは、様子を見たい。
>
> ---高値水準から、ドル/円(USD/JPY)も、ユーロ/円(EUR/JPY)も
> 「買い」で付いて行きたくない。
> 場合によっては、チャンスを逃していることになるかも知れないが、
> それは、それで良しと考えている。---
>
> ---強いて、どうしても何かせよ、というならば、
> ドル/円(USD/JPY)ならば、
> [119.60-70]アラウンドに、ストップ・ロスを置いて、
> 118円台後半での「ドル売り円買い」。---
>
> ---ただし、その場合、[119.60-70]アラウンドの、
> ストップ・ロスが付いても、撤退するだけで、
> ロング(ドル買い持ち)にしてはいけない、と考えている。---
>
> ---強いて、どうしても何かせよ、という戦術の第二策としては、
> ユーロ/ドル(EUR/USD)のロング(ユーロ買いドル売り)。
> ストップ・ロスの置き場所に困るが、
> あまりタイトなストップ・ロスにはしたくないので、
> [1.3200]アラウンド(各自で思料してください)にストップを置いて、
> 1.33台後半でも構わずに買う。
> (現状は、1.33台前半に推移していますから、この水準を気にせずに買う)
> ただし、このユーロ/ドル(EUR/USD)のロングの戦術は、
> [1.3400]を上に抜けて行く、といった思惑があるので、
> [1.3450]を上に抜けるようならば、
> ユーロ/ドル(EUR/USD)のロングを買い増しをして付いて行きたい、
> と考えている。---
>
>
> あまり、積極的に、参加する気分ではない。
> まだ、期初が始まったばかりだし、この週末には米国失業率を控えている。
> のんびりと、臨みたい。徐々に集中するといったスタイルで行きたい。
>

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2007年4月 4日 (水)

【昔のディーラー仲間からのメール】

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

++++<AD>+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm

 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
   ◇◆◇ハーベストフューチャーズ「経済講演会2007 Spring」◇◆◇
         ⇒ https://www.harbest.co.jp/appli_07sp.htm
[くりっく365]参入一周年!外国為替相場動向の講演会を時事通信ホールにて
講師:■ 鈴木 郁雄 ■ 松田 哲 ■ だいまん(文 一雄)&香澄 ケイト
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年04月04日Part4
【昔のディーラー仲間からのメール】

昔のディーラー仲間から、メールが来た。
とっても嬉しかったので、メルマガでも紹介しちゃいます!
(ブロークン・イングリッシュはご容赦!!
 ディーラーの使う英語なんて、こんな程度のものです!)

彼のニックネームは、“シビック”。(香港チャイニーズです)

日本に来たときは、よく、“セドリック”とか、
いや、今は、“セルシオ”の方がいい、とか呼ばれていました!
(^0^)/♪

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  Civic
返信先  ****   
宛先  松田哲   
日付  2007/04/04 17:17   
件名  FW: Hello !   

Hello Matsuda-san,

Naomi-san visited us in Bangkok last week. 
We talked about you and the old friends we met in Tokyo,
several years ago.

How are you doing now?

Cheers,
Civic

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  松田哲
宛先  Civic   
日付  2007/04/04 19:07   
件名  Re: FW: Hello !   

Hihi civic !!!!

How are you???

It is my great pleasure to receive your e-mail!!

You live in Bangkok now.
That is a great opportunity.

Naomi went there?
I want to go to Bangkok, too!!
Thai food is good! (and maybe cheep, there?)

Recently, I write books.
You can see the book which I wrote.

Here↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
(Sorry for Japanese)

Amazon ranking in Japan, today now, 470.
That is good number.

Last month, best ranking was No.8 in Japanese all book.
Then, now I write new one.

And I speak to students about the finacial market as a teacher,
at "Asia University" in Tokyo.
(especially Forex Market)

Thnak you for your e-mail!!
Really I am glad to receive your e-mail, Civic!!
Cheers!!

Matt
(Satoshi Matsuda)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

ドル円:逆指値売り注文について---【本日のコメントに関しての、読者の方からのご質問】

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

++++<AD>+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm

 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
   ◇◆◇ハーベストフューチャーズ「経済講演会2007 Spring」◇◆◇
         ⇒ https://www.harbest.co.jp/appli_07sp.htm
[くりっく365]参入一周年!外国為替相場動向の講演会を時事通信ホールにて
講師:■ 鈴木 郁雄 ■ 松田 哲 ■ だいまん(文 一雄)&香澄 ケイト
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年04月04日Part3
【本日のコメントに関しての、読者の方からのご質問】
---ドル円:逆指値売り注文について---

送信者:  ****
宛先:  物語
件名:  ドル円 逆指値売り注文について
日時:  2007年04月04日16:23

松田 哲様

はじめまして。
FXをはじめて1年になる個人です。
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
を読ませていただき、メルマガを毎日参考にさせていただいております。

質問なのですが、「円キャリートレード」であるとすれば、
時期は未定としても、いつかは巻き返しがやってくると思われ、
また本でも書かれていたように、
ドル円の場合「円安へはゆっくり」「円高へは急激な動き」
になるように思います。

積極的にドルを買っていくのは、現状では先行き不透明感がつよいため、
推奨されないのは、よく理解できました。

ただ、あえてストップをおいてドルショートポジションをとるのでなく、
ドルの上昇について、レベルをあげながら、
逆指値のドル売り注文という発想はよくないでしょうか?

たとえば、
「118.50で逆指値、ドル売り」「if done,で、119.00で逆指値買い戻し」。 

素人が、いろいろない知恵をしぼろうとしているのですが、
なにぶん相談にのってもらえるような人がいません。

もしよろしければご意見をお伺いできれば幸いです。

******

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

送信者:  物語
宛先:  ******
件名:   Re: ドル円 逆指値売り注文について
日時:  2007年04月04日18:05

******さま

メールありがとうございます!
また、
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
をご購入いただき、重ねて御礼申し上げます!

さて、ご質問の件です。
本日(4月4日東京時間16:50現在)の現在レート、
ドル/円(USD/JPY)は、[118.80-85]です。

---このメールを書き出した時間は、[4月4日東京時間16:50]です。
  このメールのお返事を書く時間がかかりますから、
  マーケットが動いてしまい、条件(与件)が変化してしまうこと、
  つまり、このメールが、間に合うか?間に合わないか?
  については、ご容赦ください。---

この現在(4月4日東京時間16:50現在)の状態(与件)で、
「118.50で逆指値、ドル売り」「if done,で、119.00で逆指値買い戻し」
を入れると、

まず、「118.50で逆指値、ドル売り」が付いて、
---この時点で、コストが[118.45]アラウンドの
  ドル・ショート(ドル売り持ち状態)になります---

その後で、「119.00で逆指値買い戻し」も付いて、
---つまり、そのコストが[118.45]アラウンドのドル・ショートの
  ストップ・ロス・オーダーが、[119.05]アラウンドで付いて、---

結局、損になる可能性が高くなります。

なぜならば、確かに、昨日(4月3日)、[118.50]を上に抜ける前までは、
[118.50]は、『弱いチャート・ポイント(レジスタンス=抵抗)』でしたが、
4月4日東京時間16:50現在においては、
[118.50]が、『チャート・ポイント』であるか、否か?
という問題です。

別な言い方をすれば、これから、上値が重く、
ジリジリとドル/円(USD/JPY)が下落して、
[118.40-45]まで下がったとします。

そこで、我も我もと、「ドル売り」が、追随してくれば、上記オーダーは、
思惑通りに、上手く行くことになります。

しかし、118円台前半や、117円台後半で、
目先のドル・ショート(ドル売り持ち)を抱えている市場参加者が、
118円台ミドルで買おうと、待ち構えている可能性も大きいのです。
昨日(4月3日)、[118.50]を上に抜ける前までの状態でも、
もともと、[118.50]は、『弱いチャート・ポイント』でした。

現時点で、下がっていく場合でも、
[118.50]が、『チャート・ポイント』であったとしても、
それは、『弱いチャート・ポイント』に過ぎません。

『チャート・ポイント』で重要なことは、
『どのくらいの市場参加者が注目しているか?』ということです。

---時おり、「今日のチャート・ポイント」と銘うって、
  「いけしゃあしゃあ」としているコメントを見かけますが、
  概して、ウソも往々です。(全部がウソとは言いませんが・・・)
  誰も注目していないポイントなど、意味がないのです。---

ちなみに、私が、仮に、
本日(4月4日東京時間16:50現在)の現在レート、
ドル/円(USD/JPY)は、[118.80-85]で、
ドル・ロングの戦術を採ったとしましょう。
その際に、[118.50]アラウンドには、ストップ・ロスを置きません。

---あくまでも、仮に、の話です。この水準からのドル・ロングは、
  全く、やりたくありませんので。(念のため)---

その場合の、ストップ・セル(損切りのドル売り)は、
少なくとも、[118.20-30]アラウンドになります。
ドル・ロングで戦うのなら、できれば、117円台後半です。
---118円台後半を、ドル・ロングにするということは、
  [119.00]はもちろん、[119.50]も上に抜けていく、
  と考えているハズですから、ターゲットとしては、
  少なくとも119円台後半、もしくは、[120.50]アラウンドを考えないと
  リスク&リターンが、間尺に合いません。
  つまり、[120.00]も上に抜けるといった思惑が無いと、
  ドル・ロングの戦術は採れません。---

もちろん、いろいろな考え方や、思惑はありますので、
どのスタンスが、正しいのかは、
相場(マーケット)が、時間の経過と供に答えを出してくれます。

私が、追求したいのは、『ピン・ポイントの大正解』ではなく、
ぼんやりとした『普遍的な正解』です。

その立場で思料すると、チャート・ポイントであるか、否か、わからない
[118.50]にストップ・エンターし、ドル・ショートを作り、
さらに、そのポジションを[119.00]で買い戻す(ストップを置く)
気持ちにはなれません。

※ストップ・エンター=ストップ・オーダーを利用してポジションを作ること

だったならば、水準を気にしないで、現状レベル(118円台後半)で、
ドルを売り、『重要なチャート・ポイント』である[119.50]の外側の
[119.60-70]レベルにストップ・バイ・オーダー(損切りのドル買い注文)を
置く方が、良いのではないか?
と、考えます。

それで、本日(4月4日)のコメントになった次第です。

ただ、本日(4月4日)のコメントでも書きましたが、
あまり、積極的に、参加する気分ではありません。

だから、『強いて、どうしても何かせよ、というならば、・・・』
と書いたのです

まだ、期初が始まったばかりですし、この週末には米国失業率を控えています。

のんびりと、臨みたい。徐々に集中するといったスタイルで行きたい。
それが、一番言いたいことですし、本音です。

長文になりました。
そして、この文章を書き始めて、やはり、1時間以上かかりました。
こういったことは、口頭で説明すれば、多少、楽なのですが、
文章にするには、ちょっと大変なところもあります。

---それにしても、1時間以上、全く、動かなかったですね・・・。
  マーケットは、「にらみ合い」といったところです。---

上記説明でも、不十分な気がしてならないのですが、
とりあえず、この程度の説明で、ご容赦ください。

---こういった説明は、感覚・感性の部分もありますから、
  難しいところでもあります。---

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 松田 哲
 【フォレックス・ディーラー物語】
 http://www.d4.dion.ne.jp/~smatt/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【八重洲ブックセンター(東京駅八重洲口店)】

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

++++<AD>+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm

 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
   ◇◆◇ハーベストフューチャーズ「経済講演会2007 Spring」◇◆◇
         ⇒ https://www.harbest.co.jp/appli_07sp.htm
[くりっく365]参入一周年!外国為替相場動向の講演会を時事通信ホールにて
講師:■ 鈴木 郁雄 ■ 松田 哲 ■ だいまん(文 一雄)&香澄 ケイト
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年04月04日Part2
【八重洲ブックセンター(東京駅八重洲口店)】
---FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---

発売当初から、3月下旬近くまで、各書店、完売の状態、
もしくは、品薄状態が続いていましたが、だいぶ書店に出回りだしたようです。

この手の本は、専門書扱いされることも多いらしく、
大型の書店だと、置いてあるのですが、
小さな書店では扱っていないところも多いようです・・・

本屋さんにお願いいたしまーす!
ぜひ、置いてくださーい!!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

友人が、八重洲ブックセンター(東京駅八重洲口店)の
写真を送ってくれました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

送信者:  ****
宛先:  物語
件名:  八重洲ブックセンター(東京駅八重洲口店)
日時:  2007年04月01日

お疲れさまです!

八重洲ブックセンター(東京駅八重洲口店)の2F「外国為替コーナー」に
【1勝9敗でも勝つ!】の帯付き第2刷発見です!

「カラクリ」と2冊で並んでましたヨ!

「ドル円ユーロ」は自分で並べちゃいました!
(^0^)/♪

http://forexdealer.cocolog-nifty.com/.shared/image.html?/photos/uncategorized/070401222009.jpg

※帯付き第2刷

村上龍氏からの推薦文が、
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
の『帯(オビ)』に付くことになりました。

村上さんから頂いた推薦文は、次の通りです!

**************************************************
「最終的に勝つ」ために外国為替相場とどう対するか、
秘訣や戦術ではなく、戦略と哲学が書かれている。

村上龍
**************************************************

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

八重洲ブックセンター(東京駅八重洲口店)

070401222009

送信者:  ****
宛先:  物語
件名:  八重洲ブックセンター(東京駅八重洲口店)
日時:  2007年04月01日

お疲れさまです!

八重洲ブックセンター(東京駅八重洲口店)の2F「外国為替コーナー」に
【1勝9敗でも勝つ!】の帯付き第2刷発見です!

「カラクリ」と2冊で並んでましたヨ!

「ドル円ユーロ」は自分で並べちゃいました!
(^0^)/♪

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【引き続き、どの程度「円キャリート・レード」が出るのか、様子を見たい】

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

++++<AD>+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm

 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
   ◇◆◇ハーベストフューチャーズ「経済講演会2007 Spring」◇◆◇
         ⇒ https://www.harbest.co.jp/appli_07sp.htm
[くりっく365]参入一周年!外国為替相場動向の講演会を時事通信ホールにて
講師:■ 鈴木 郁雄 ■ 松田 哲 ■ だいまん(文 一雄)&香澄 ケイト
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年04月04日
【引き続き、どの程度「円キャリート・レード」が出るのか、様子を見たい】
---強いてどうしても何かせよ、というならば、ユーロ/ドルのロングか?---

昨日(4月3日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
117円台後半---[117.80-85]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付きは、東京時間朝9:00---

一昨日の海外市場が穏やかな値動きで、117円台後半で推移したことから、
昨日(4月3日)の東京市場も、117円台後半で寄り付き、
午前中は静かな値動きだった。

しかし、東京市場の午後になって、
「円キャリー・トレード」による「ドル買い円売り」が活発になった。
ドル/円(USD/JPY)は、118円台前半に乗せた。

ユーロ/円(EUR/JPY)での、「ユーロ買い円売り」や、
クロス円取引にともなう「円売り」も出ている様子。

東京市場の夕方には、
このところ、なかなかタッチしなかった[118.50]を付けた。

ロンドン市場の朝方は、おおむね[118.40-75]程度で、じり高に推移。

ニューヨーク市場になって、
いわゆる「やれやれの売り」が待ち構えていると推量される
[118.80-90]レベルに上昇した。

ニューヨーク市場でも、ドル/円(USD/JPY)はじり高基調で、
[118.85-95]レベルでの高値引けとなった。

本日(4月4日)のシドニー市場で、若干、小緩むも、
大きな値動きにはならず、118円台後半での持ち合いに推移している。

本日(4月4日)の東京市場も、
概して、118円台後半での持ち合いが続いている。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

引き続き、
米国のかかえる「サブプライム問題」や「米国の保護主義的政策」といった
ドル売り材料に対して、どの程度「円キャリート・レード」が出てくるのか、
様子を見たい。

このところの値動きでは、「円キャリート・レード」を狙った市場参加者も、
積極的に118円台ミドルを、買い上げる(買い進む)という動きはなく、
「円キャリート・レード」の勢いは、一時期より、衰えている印象だった。

昨日(4月3日)の海外市場では、
弱いチャート・ポイントであった[118.50]をクリアした(上に抜けた)。

その上にあったチャート・ポイント、
118円台後半([118.80-90]レベル)にも届いた。

しかし、118円台後半から、[119.50]までのゾーンに並ぶ、
いわゆる「やれやれの売り」のオーダー(ドル売り注文)を目前に、
躊躇している雰囲気だ。

まだ、そのゾーンのオーダー(ドル売り注文)を、
こなせるのか(呑み込めるのか)、否か、判然としない。
---呑み込むのは、「円キャリー・トレード」---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ユーロ/円(EUR/JPY)も、
[158.00]を越えて、買い上げ(買い進んで)、[158.50]も上に抜けた。

しかし、昨日(4月3日)のニューヨーク市場では、
158円台後半の目先の高値を付けると、反転急落して、
本日(4月4日)の東京市場では、158円台前半を見ている。

ユーロ/円(EUR/JPY)に関しても、159円台ミドルまでは、
いわゆる「やれやれの売り」のオーダー(ユーロ売り円買い注文)が並ぶ。

ユーロ/円(EUR/JPY)に関しても、
そのゾーンのオーダー(ユーロ売り円買い注文)を、
こなせるのか(呑み込めるのか)、否か、判然としない。
---呑み込むのは、ドル/円と同様に、「円キャリー・トレード」---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ここは、様子を見たい。

---高値水準から、ドル/円(USD/JPY)も、ユーロ/円(EUR/JPY)も
  「買い」で付いて行きたくない。
  場合によっては、チャンスを逃していることになるかも知れないが、
  それは、それで良しと考えている。---

---強いて、どうしても何かせよ、というならば、
  ドル/円(USD/JPY)ならば、
  [119.60-70]アラウンドに、ストップ・ロスを置いて、
  118円台後半での「ドル売り円買い」。---

---ただし、その場合、[119.60-70]アラウンドの、
  ストップ・ロスが付いても、撤退するだけで、
  ロング(ドル買い持ち)にしてはいけない、と考えている。---

---強いて、どうしても何かせよ、という戦術の第二策としては、
  ユーロ/ドル(EUR/USD)のロング(ユーロ買いドル売り)。
  ストップ・ロスの置き場所に困るが、
  あまりタイトなストップ・ロスにはしたくないので、
  [1.3200]アラウンド(各自で思料してください)にストップを置いて、
  1.33台後半でも構わずに買う。
 (現状は、1.33台前半に推移していますから、この水準を気にせずに買う)
  ただし、このユーロ/ドル(EUR/USD)のロングの戦術は、
  [1.3400]を上に抜けて行く、といった思惑があるので、
  [1.3450]を上に抜けるようならば、
  ユーロ/ドル(EUR/USD)のロングを買い増しをして付いて行きたい、
  と考えている。---

あまり、積極的に、参加する気分ではない。
まだ、期初が始まったばかりだし、この週末には米国失業率を控えている。
のんびりと、臨みたい。徐々に集中するといったスタイルで行きたい。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2007年4月 3日 (火)

丸善丸ノ内オアゾ店

200703261458000

送信者:  ****
宛先:  物語
件名:  丸善丸ノ内オアゾ店
日時:  2007年03月26日

丸善丸ノ内オアゾ店、入口傍の新刊本コーナーです。
平積みで17冊ありました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

200703261458001

送信者:  ****
宛先:  物語
件名:  その2
日時:  2007年03月26日

同じく、横から撮った画像です。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

200703261500000

送信者:  ****
宛先:  物語
件名:  その3
日時:  2007年03月26日

株・投資コーナー、中段に顔を表に向けて7冊です。
以上、丸善丸ノ内オアゾ店でした。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

どの程度「円キャリート・レード」が出てくるのか?---【マーケット・コメント】

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

++++<AD>+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm

 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
   ◇◆◇ハーベストフューチャーズ「経済講演会2007 Spring」◇◆◇
         ⇒ https://www.harbest.co.jp/appli_07sp.htm
[くりっく365]参入一周年!外国為替相場動向の講演会を時事通信ホールにて
講師:■ 鈴木 郁雄 ■ 松田 哲 ■ だいまん(文 一雄)&香澄 ケイト
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年04月03日
【マーケット・コメント】
---どの程度「円キャリート・レード」が出てくるのか?---

期初(4月2日)、週明け月曜の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
117円台後半---[117.70-75]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付きは、東京時間朝9:00---

週明けにのウェリントン・シドニー市場では、
117円台ミドル程度---[117.45-55]レベル---で取引が始まった。

先週末(3月30日)のニューヨーク市場は、
ショート・スクイズ気味に117円台後半へ上昇してクローズしており、
ギャップ(窓・空)を空けての週明けの寄り付きであった。
---つまり、週末のニューヨーク・クローズよりも
  「ドル安円高」水準で取引が始まった。---

ウェリントン・シドニー市場では、窓を埋めるように、
ドル買い気配で推移した。

東京市場オープン直前(東京時間朝8:50)に発表された日銀短観は、
予想よりも、若干悪かったため、それを材料に、もう一段のドル買いだ出て、
東京市場の寄り付き直後に118円台に乗せた。
この際に、高値[118.00-10]レベルを付けた。

しかし、118円台を追いかけて買うことはなく、すぐに、117円台後半に下落。
東京市場は、午前午後とも、上値の重い値動きだった。
東京市場の夕方には、[117.50-55]レベルまで下落。

117円台ミドルになると、底堅くなり、
東京市場のクローズ(東京時間17:00)は、[117.70-75]レベル。

ロンドン市場は、ほとんど動きらしい動きなく、
概して117円台後半程度に推移した。

ニューヨーク市場も、同様に、117円台後半程度での小動き。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

本日(4月3日)の東京市場も、117円台後半で寄り付き、
午前中は静かな値動きだったが、
午後になって、
「円キャリー・トレード」による「ドル買い円売り」が活発になった。

ユーロ/円(EUR/JPY)での、「ユーロ買い円売り」や、
クロス円取引にともなう「円売り」も出ている様子。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

米国のかかえる「サブプライム問題」や「米国の保護主義的政策」といった
ドル売り材料に対して、どの程度「円キャリート・レード」が出てくるのか、
様子を見たい。

このところの値動きでは、「円キャリート・レード」を狙った市場参加者も、
積極的に118円台ミドルを、買い上げる(買い進む)という動きはなかった。
「円キャリート・レード」の勢いは、一時期より、衰えている印象だ。

ユーロ/円(EUR/JPY)も、
[158.00]を越えて、買い上げる(買い進む)のか、どうか、様子を見たい。

あまり、積極的に、参加する気分ではない。
まだ、期初が始まったばかりだし、この週末には米国失業率を控えている。
のんびりと、臨みたい。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2007年4月 1日 (日)

【米国の保護主義の対応に失望してドル売り】

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

++++<AD>+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒
http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm

 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++<AD>++++

2007年04月01日
【米国の保護主義の対応に失望してドル売り】
---「円キャリート・レード」の勢いは、一時期より、衰えている印象---

期末の東京市場では、通常、積極的な売買を控える。
今年は、3月31日が土曜日だったので、先週末の金曜日(3月30日)が期末。

期末(3月30日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
118円台前半---[118.05-10]レベル---で寄り付き。
(東京時間午前9:00)

東京市場の午前中に[117.50]アラウンドまで下落。
その後の東京市場は、概して、117円台後半での持ち合い。

東京市場の夕方に、[118.00]レベルに戻した。

期末(3月30日)の東京市場は、通常の期末で、
積極的な売買を控えたマーケットだった。
それなりに、上下動をした雰囲気もあるが、
そう、大きな値動きにはなっていない。

市場参加者はそろっているものの、ただ、手を出さずに見ているだけ。
市場参加者はいるのだが、午後の東京市場は、
『閑散に売り無し』といったセンチメントで、ドルが買い戻された印象。

朝方のロンドン市場は、[118.00]を挟んだあたりでの小動き。

ニューヨーク市場になって、[118.30-40]レベルに上昇した。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

先週末(3月30日)のコメントで、
ロンドン市場やニューヨーク市場は、3月末(期末)が関係ないことを、
既に、指摘した。

ドル/円(USD/JPY)は、2月下旬の121円台から、3月初旬の115円台前半まで、
大きく下落した後の『調整局面(揺り戻し、綾戻し、リバウンド局面)』の
最中にあり、
先週末(3月30日)の東京市場の時点では、
まだ「ボックス相場」の中で上下動を繰り返している状態に変化がない旨も
記述した。

戦術としては、
---戦略ではない。目先の対応策としては、という意味では、---
「ボックス相場」が続くと考えるならば、
目先の上限(上限の外側)に、ストップ・ロス・オーダーを置いて、
「ドル売り円買い」から入る戦術、と述べた。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

東京市場は、期末の特殊状態であるが、
ロンドン市場、ニューヨーク市場は、関係ないので、
東京市場のやる気のないセンチメントと、
ロンドン市場、ニューヨーク市場のセンチメントは、異なる。

換言すれば、東京市場がやる気のない様子を見せても、
ロンドン市場、ニューヨーク市場も、同じに違いない、と、
勝手に思い込んだり、だまされたりしてはいけないと、繰り返し述べた。

(これ以上には、説明・解説は、出来ません。
 そこまで読み取れない、というご意見・ご感想を、
 ときどき頂くのですが・・・。
 私自身としては、文章・文面に、そう書いてある、と、思いますし、
 ベストを尽くしています。これ以上、書きようがありません。)

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

先週末(3月30日)のニューヨーク市場の時間に、
米国商務省は、中国製の紙製品を対象に相殺関税をかける暫定措置を発表した。

それを材料に、ドル/円(USD/JPY)は、一気に、売り込まれ、
[118.30-40]レベルから、[117.20-30]レベルに急落した。

米国の対応に失望した「ドル売り」とも言えるし、
米国の保護主義が強まれば、「ドルに対する信認」が揺らぐ、
といった考えに基づいての「ドル売り」とも言える。

米国の保護主義の対応に失望して、米国株式市場も売りに反応している。

週末(金曜日)であったことから、米株価は持ち直したが、
今後の、不安要因が、また、ひとつ、増えた。
---サブプライム問題だけではなくなった。---

また、週末(金曜日)であったことから、
ドル/円(USD/JPY)は、ショート・スクイズ的な値動きとなり、
[117.20-30]レベルから117円台後半に急反発して、
ニューヨーク・クローズとなった。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

米国商務省のニュースという材料はあったものの、
このところの「ドル/円市場」では、
118円台ミドルが、弱いレジスタンス(抵抗)になっており、
市場参加者の潜在意識として、[118.20-30]レベルになると、
「上限が近い」といった感覚があるのだろう。

そういった意識の働いているときに、商務省のニュースが出たので、
マーケットは、一気に反応したのだろう。

「円キャリート・レード」を狙った市場参加者も、
このところの値動きで、「学習効果」があったようで、
118円台ミドルを、買い上げる(買い進む)という意欲を感じない。

116円台や、117円台前半になると、「円キャリート・レード」を狙った
「ドル買い円売り」が出ている様子だ。

しかし、118円台ミドルになると、
そういった新規で組まれた「円キャリート・レード」の利食いで、
『ドルの売り方』に回る向きもある様子だ。

「円キャリート・レード」の勢いは、一時期より、衰えている印象だ。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

« 2007年3月25日 - 2007年3月31日 | トップページ | 2007年4月8日 - 2007年4月14日 »