« 2007年3月11日 - 2007年3月17日 | トップページ | 2007年3月25日 - 2007年3月31日 »

2007年3月23日 (金)

【マーケット・コメント】

∞∞<AD>《2月下旬発売》∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---利回り100%の外貨投資戦略---
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

※嬉しいことに、新刊本、売れてます!!
 アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒
satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)

(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2007年03月23日Part2
【マーケット・コメント】

昨日(3月22日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
117円台ミドル---[117.40-45]レベル---で、オープン。

---東京市場の寄り付きは、東京時間朝9:00---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪

一昨日(3月21日)のニューヨーク市場では、
FOMC(Federal Open Market Committee:連邦公開市場委員会)が開催された。

今回のFOMCでは、予想通りに、「政策金利の据え置き」で、
ドル金利には、変更がなかった。

ドル金利据え置きは、前提として、---当然として、---
マーケット(市場参加者)が、真に注目していたのは、FOMCの声明文。
FOMCの声明文には、若干の変更があった。

 "any additional firming that may be needed"
 (もし、必要とされるならば、いかなる追加利上げの可能性)
といった文言が省かれた。

従来の、ドル金利引き上げ傾向(タイトニング気味)の文言がなくなり、
ニュートラル(中立性)となった。

マーケット(金融市場全体、および外国為替市場)は、
素直に、声明文の変更に反応しています。

ドル金利が、先々、引き下げになるのではないか、といった思惑から、
FOMC後の外国為替市場では「ドル売り」に反応。

ドル/円(USD/JPY)は、
FOMC直前の117円台後半(117.80アラウンド)から、
117円台前半(117.10-20レベル)に急落。

しかし、「円(JPY)」に関しては、ドルが急落した後に、
「円キャリー・トレード」を目的とした「円売り」を
行う市場参加者もいた様子で、
117円台ミドルに程度に急反発しています。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪

そういった、流れを受けて、昨日(3月22日)の東京市場のオープンとなった。

東京市場のドル/円(USD/JPY)は、FOMCといったイベントの後で、動意薄く、
117円台ミドルで持ち合った。

東京市場の夕方になって、欧州勢が参加する時間帯になると、
欧州勢は、ドル売りで参入してきた。

ドル/円(USD/JPY)は、117円台前半([117.20-30]レベル)に下落するが、
それ以上の追随もなく、底堅い様相を見せた。

一昨日(3月21日)のニューヨーク市場での、
FOMC後にも見られた「円キャリー・トレード」を目的とした「円売り」を
行う市場参加者がいた様子。

FOMC後のドル/円(USD/JPY)の安値を下に抜けることができなかったため、
ロンドン市場の朝方は、ドル/円(USD/JPY)の買戻し。
117円台後半([117.85-90]レベル)に反発上昇した。

ニューヨーク市場の昼前後になって、
このところの上値抵抗だった117円台後半を上に抜けると、
FOMCからみで、目先でドルを売っていた向きの
ストップ・ロス(損切り)が出た様子。

[118.10-20]レベルにも、そういったストップ・ロス(損切り)があった様子。
ドル/円(USD/JPY)の高値は、[118.30]アラウンド。

ニューヨーク市場の夕方にかけて、若干、小緩んで、
118円台前半でニューヨーク・クローズ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪

本日(3月23日)の東京市場は、[118.00]を挟んで、持ち合いに推移している。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
※その後も、各店舗、完売の状態で、品薄状態が続いています。
※ひょっとすると、ネット販売の方が、早く手に入るかもしれません。

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【城山三郎氏死去】---心より、ご冥福をお祈りします---

∞∞<AD>《2月下旬発売》∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---利回り100%の外貨投資戦略---
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

※嬉しいことに、新刊本、売れてます!!
 アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)

(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2007年03月23日
【城山三郎氏死去】
---心より、ご冥福をお祈りします---

城山三郎氏が亡くなった。心より、お悔やみを申し上げます。

城山三郎氏は、私が外国為替市場でインターバンク・ディーラーを
していたときの同期(昭和55年)のディーラー仲間(他行のディーラー)
だった“S”の御尊父だ。

こんなことを書くと、
『また、余計なことを・・・』
と、“S”からお叱りを受けるかも知れないが・・・・。

“S”とは、1985年か1986年に、ニューヨークで初めて会った。

同期だから、当然、
同年代(私は、一浪しているから、満年齢は私がひとつ上かな?)なのだが、
会ったときは、お互いに20代だった。

りっぱなやつで、いつも、私の意識に残った。

オレは「ワンパクむき出しの山ザル」だったが、
“S”は、いつもスマートな紳士だった。

たまに電話があって、何かしら訊いていく。

「ありがとう! また、教えてネ!」

「オレが、お前に、教えることなんて、何も無いヨー・・・
 そーゆー言い方、気色悪いから止めろよ・・・」

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

“S”とのことは、いろいろなエピソードがあるのだが、・・・・。

今回は、御尊父のこと。

1992~3年のころだったと思うが、外国為替市場にたずさわる同期で集まろう、
と言い出したのは、林康史さん(現在、立正大学教授)だったと思う。

何回か、定期的に集まってから、
「せっかく、みんなで集まったのだから、
 ただ集まって酒を飲むだけじゃなくて、何かしよう!」

「そうだ! みんなで本を書こうヨ!!」
と言い出したのも林さんだった(ような気がする・・・)。

その同期会に、名称が付いたのは、出版に際して必要だったから。
名称は、“MM55”。
“MM”は、横浜の「みなとみらい」ではなくて、
「マネーマーケット」の意味。
昭和55年入行、入社の集まりだから、“MM55”。

今、インターネットで調べてみると、1995年発刊になっている。
名前も、“MM55為替研究会”になっている。
(そーだったんだなぁ・・・。10年以上、昔のことなんだなぁ・・・。)

出版した本は、【為替ディーラーの常識非常識】(MM55為替研究会)。

総勢は、20人くらいいたはずだが、執筆に参加できたのは、10人くらいだった。
転勤があったり、それぞれの都合で、参加できない者もあった。

誰が、どのパートを書くのか?
そして、いつが締め切りで、それを、誰が、どうまとめるのか?

かなりの時間と労力とが、かかった。

『出版に際して、せっかくだから、誰かの推薦文を頂けないか?』
ということになった。

“S”に白羽の矢が立った。

「お前のオヤジさんは有名人なんだから・・・」
「それに、その息子も執筆者のひとりなんだから・・・」

「いや、オレからは頼めない・・・。
 オレのオヤジの性格を考えてくれヨ・・・。」

結局、ご子息の同期という立場で、
“MM55”の代表者が、城山三郎氏に連絡を取った。

『お忙しいでしょうから、推薦文は、こちらで「たたき台」を用意します。
 文章を直していただき、お名前を使わせていただけないでしょうか?』
といった内容。

ご丁寧な、お返事があった(ようだ)。

『申し訳ないが、多忙のため、その本を読む時間が無い。
 自分が読んでいない本の推薦文は書けない』
といったご趣旨。

そこには、
『たとえ、自分の息子であろうとも』
といった「ニュアンス・気概」が含まれている、と感じた。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

今日の早朝に、林さんから電話があった。

「知ってるか?」

「ああ。昨日の夜、電車に乗ったときに気が付いた。
 タブロイド紙の一面に載ってたからネ・・・。」

「どーする? 電報だけでも打つか?」

「“S”の性格を考えると、何とも言えない・・・。
 落ち着いたら、“S”に連絡しよう、と思ってる。
 お通夜とか、告別式とか、わからないし・・・。
 住所もわからないし。」

「そーかー。何かわかったら、教えてくれ!」

「わかった。」

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

新聞の報道では、
『葬儀は親族のみで行い、後日、お別れの会を開く予定。自宅は非公表。』
喪主には、“S”の名前があった。

心より、ご冥福をお祈りします。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

同年代だからなのだろう。私の父親も、今、入院している。
奇しくも、父親も、ほぼ同じ年だ・・・・。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
※その後も、各店舗、完売の状態で、品薄状態が続いています。
※ひょっとすると、ネット販売の方が、早く手に入るかもしれません。

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2007年3月22日 (木)

【FOMC声明文に若干の変更】

∞∞<AD>《2月下旬発売》∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---利回り100%の外貨投資戦略---
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

※嬉しいことに、新刊本、売れてます!!
 アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ forexdealer@infoseek.jp

(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2007年03月22日
【FOMC声明文に若干の変更】
---ドル金利は、予想通り「据え置き」---

昨日(3月21日)のニューヨーク市場の時間帯に、
FOMC(Federal Open Market Committee:連邦公開市場委員会)が開催された。

今回のFOMCでは、
「ドル金利(ドルの政策金利)の据え置き」が事前に予想されていた。
大方の見方は据え置きで、一部に利下げの思惑もあったのだろうが、
金利政策では、そういったサプライズは、めったに無い。

そういった、サプライズを狙うような、気を衒った金利政策は、
『FRBの市場との対話』といった観点から、好ましくないし、
そのような態度は、かえって、市場(マーケット)の信頼を失う。

※今回も、一部に、そういったコメントが散見されたが、
 「金利」と「為替」のマーケットの質・性向を知らずに(勉強せずに)、
 「ウケ」を狙った、意見(コメント)に感じる。
 そういった意見(コメント)を発する人は、仮に、それが当たれば、
 「当たった!当たった!」
 と大騒ぎするのだろうが、
 もし、そういったことが、単発的に当たったとしても、
 マーケットに、的確に、対処・対応できるものではない。
 ただ単に、「あおる」ようなコメントには、盲従しない方が良い、と感じる。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

そして、FOMCで発表されたのは、予想通りに、「政策金利の据え置き」で、
ドル金利には、変更がなかった。

マーケット(市場参加者)は、
もともと、ドル金利据え置きを予想していたので、
そこにサプライズは無かったが、
ドル金利据え置きは、前提として、
---当然として、---
マーケット(市場参加者)が、真に注目していたのは、FOMCの声明文。

このところの米国株式は、「サブプライム問題」なども懸念材料にして、
不安定な状態だったために、
FOMCで、ドル金利据え置きが発表されたとしても、
そのスタンスに変化があるかどうかを見極めたい、と考えていた。
ゆえに、FOMC声明文に大いに注目していた。

「サブプライム問題」に関しては、

2007年03月17日Part2
【「サブプライム問題」を材料にドル売り】
---「サブプライム問題」とは何か?---

http://forexdealer.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/post_03b6.html
あるいは⇒ http://blog.mag2.com/m/log/0000089158/108357062.html

で言及しましたので、そちらをご覧ください

加筆するならば、実際に、
米国サブプライムローン大手の「ニューセンチュリー・フィナンシャル」の
財務見通しが悪化、そして債務不履行を理由に、上場廃止の手続きを始めた、
とニューヨーク証券取引所(NYSE)は発表したこと。

「サブプライムローン問題」は、金融機関の破綻であり、
社会的な信用不安を与えます。

米国は政策金利(ドル金利)の引き下げを実施して、
金融システムの不安をぬぐう、といった政策を採るのではないか、
といった憶測が金融マーケットで広がっていました。

潜在的に、そういった意識があった中で、
FOMCの声明文は、若干の変更があった。

 "any additional firming that may be needed"
 (もし、必要とされるならば、いかなる追加利上げの可能性)
といった文言が省かれた。

言うまでも無く、サブプライム問題ばかりでなく、
米国全体の景気の状況を踏まえての変更だと思料しますが、
マーケット(金融市場全体、および外国為替市場)は、
素直に、声明文の変更に反応しています。

ドル金利が、先々、引き下げになるのではないか、といった思惑から、
外国為替市場では「ドル売り」に反応しています。

ドル/円(USD/JPY)は、
FOMC直前の117円台後半(117.80アラウンド)から、
117円台前半(117.10-20レベル)に急落。

しかし、「円(JPY)」に関しては、ドルが急落した後に、
「円キャリー・トレード」を目的とした「円売り」を
行う市場参加者もいた様子で、
117円台ミドルに程度に急反発しています。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
※その後も、各店舗、完売の状態で、品薄状態が続いています。
※ひょっとすると、ネット販売の方が、早く手に入るかもしれません。

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2007年3月20日 (火)

【書店での写真(写メール)を募集】---【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】---

∞∞<AD>《2月下旬発売》∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---利回り100%の外貨投資戦略---
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年03月20日Part2
【書店での写真(写メール)を募集】
---【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】---

嬉しいことに、新刊本、売れてます!!
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

今日、私の住んでいる横浜、上大岡の大型書店「八重洲ブックセンター」と、
「あおい書店」を、再び、のぞいて見た。

やはり、【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】は、店頭に無い。

今日は、両方の店員さんに、在庫を確認してもらった。
そうすると、それぞれ、取り寄せになる、といったお返事。
やはり、早くて数日。
遅ければ、2週間程度かかる、と同じような返答だった・・・・。

そこで、【書店での写真(写メール)を募集】します。

どこの本屋さんで売っているのか、といった情報にもなるし、
私自身の記念として、知りたいのです。
ご協力いただける方、なにとぞよろしくお願いいたします。

本屋さんを、ご経営なさっている方、ご本人様からのメールも大歓迎です!

先月の発売当初(2月23日)に、
本屋さんを経営なさる読者の方([neko1047sai]さま)から、
ブログに投稿をいただきました。

『初めまして。こんばんは。

 私本屋ですが、記事を見て注文を入れておいたら、
 昨晩(21日夜)まず1冊入荷しました。
 今晩(22日夜)にはもう3冊入荷しました。
 とりあえず4冊ですが、平積みしました。
 明日あたり、POPも付けますね!        』

その際は、早々に、御礼の書き込みをした次第です!

[neko1047sai]さま

再入荷がありましたら、是非、写真(写メール)をお送りください。
その際は、また、メルマガ・ブログでも、取り上げたいと考えています。
よろしく、お願いします!!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
※その後も、各店舗、完売の状態で、品薄状態が続いています。
※ひょっとすると、ネット販売の方が、早く手に入るかもしれません。

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【マーケット・コメント】---プライベートで恐縮ですが・・・---

∞∞<AD>《2月下旬発売》∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---利回り100%の外貨投資戦略---
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年03月20日
【マーケット・コメント】
---プライベートで恐縮ですが・・・---

嬉しいことに、新刊本、売れてます!!
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

プライベートなことで、大変申し訳ない、恐縮なのですが、父親が入院のため、
メールマガジンの発行が、不規則になる可能性があります。
---昨日も、日中から夕方くらいには、配信するつもりだったのですが、
  場合によっては、
  昨日のように、配信できないこともあろうかと思います。---

私の場合、組織で行動しているわけではありませんので、
読者の皆様のご要望に沿えないことも、多々あります。
ご賢察くださいますよう、お願い申し上げます。

松田哲、拝

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2007年03月20日
【マーケット・コメント】

昨日(3月19日)、週明け月曜の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
116円台ミドル---[116.40-45]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付きは、東京時間朝9:00---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

先週末(3月16日金曜)の東京市場は、
概して、[117.00]を挟んで、20銭程度の上下動持ち合いだった、と言える。

先週末(3月16日金曜)の海外市場では、再び、ドル売りが優勢となり、
ドル/円(USD/JPY)は、[116.50]まで下落している。

材料は、「サブプライム問題」。
「サブプライム問題」は、潜在的なドル売り要因となっており、
ユーロ/ドル(EUR/USD)でも、「ユーロ買いドル売り」優勢で、
高値[1.3330-40]レベルを付けている。

 ※「サブプライム問題」に関しては、既述のため、省略。
   以前のコンテンツを再読してください。

先週末(3月16日金曜)のニューヨーク市場では、
いくつかの米国経済指標が発表されて、それを材料に「ドル買い」も出たが、
上値の重い状態は変わらず、
116円台後半で、ニューヨーク・クローズを迎えた。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

こういった流れを受けて、
昨日(3月19日)、週明け月曜の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
116円台ミドル---[116.40-45]レベル---でオープンした。

この週末に中国元の利上げが発表され、株式市場の反応がどうなるのか?
マーケットには、懸念材料もあり、先週末のニューヨーク・クローズより、
若干の円高レベルで始まった。

朝方の東京市場は、116円台ミドル程度であったが、
東京市場では、底堅く推移し、
116円台後半の先週末のニューヨーク・クローズ・レベルに上昇した。

株価に対する不安感が、払拭されるに従い、
朝方にドル売りから入った向きの買戻しも出た様子で、
東京市場の午前中に、[117.00]を上に抜けて急上昇。

東京市場の昼前後から夕方にかけてのドル/円(USD/JPY)は、
117円台前半で揉み合いながらも、堅調地合い。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ロンドン市場の朝方に、[117.50]も上に抜けた。
しかし、スピードは加速せず、
ロンドン市場では、概して117円台ミドルでの上下動、小動き。

ニューヨーク市場も、その流れを継続。
若干の、ドルじり高で、117円台後半も示現している。

117円台ミドル程度で、ニューヨーク・クローズ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

本日(3月20日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)も、
117円台ミドル、ないし117円台後半で、ドル堅調地合いに推移している。

本日(3月20日)の東京時間昼過ぎに、
「日銀金融政策決定会合」での発表が行われ、
「日銀は翌日物金利を全員一致で据え置き決定」が報道された。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

明日、3月21日(水)には、
FOMC(Federal Open Market Committee:連邦公開市場委員会)を控えており、
様子見の雰囲気が強い。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
※その後も、各店舗、完売の状態で、品薄状態が続いています。
※ひょっとすると、ネット販売の方が、早く手に入るかもしれません。

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2007年3月19日 (月)

【新刊本、売れてます!:カスタマーレビュー(書評)】

∞∞<AD>《2月下旬発売》∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---利回り100%の外貨投資戦略---
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年03月19日
【新刊本、売れてます!:カスタマーレビュー(書評)】
---【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】---

嬉しいことに、新刊本、売れてます!!
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください

【カスタマーレビュー】(アマゾンの書評)のご紹介をします。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【ビギナーズラックが終わった・・・と思ったら読む本】, 2007/3/7

★★★★★(5つ/5の中)
レビュアー: みゆ (東京都)

「最初は調子良かったのに、最近どうも勝てなくなった・・・」と思った時に
手にすると良いと思います。

昨今の投資ブームで、少し前にFXを始めたけど、最近負けてる・・・
FXは簡単、買って放置するだけで金利が毎日貰える、と読んで始めたのに・・・
そんな方も多いのではないでしょうか?

今まで勝ててたのは、いわゆる“ビギナーズラック”。
まさにわたし自身の事です。

当然でしょうが、ビギナーズラックが終わると
「知識、経験、技術」を身に付けないと相場には勝てなくなります。
本書の中で【難しいのは継続して利益を得ること】と書かれています。

【1勝9敗】の解説の章では【損小利大】について
具体的な計算式を用い、わかりやすく説明されています。
本書を読み【損小利大】の重要さを改めて納得させられました。

特筆すべき内容は他にも沢山あります。
他の方もレビューで書かれている通り
「厳しいマーケットで20年間生き抜いてきた知恵」が
ぎゅっとこの本の中に凝縮されています。

総評として「マーケットの動きにどう対応すべきか?」を
ここまで深く明確に具体的に追求した書籍は少ないと思います。

FXの厳しさを思い知らされた!という方はぜひご覧になってください。
きっと新しい何かを感じることができるはずです。

著者のマーケットに対する熱い情熱を感じる1冊です。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

まさに王道, 2007/3/12
★★★★★(5つ/5の中)

レビュアー: yasumaroko "yasumaroko" (Japan)

本書の内容は 確かに当たり前といえば当たり前
基本といえば基本の事も、大変わかりやすく書いてあります。
が、しかし
巷に溢れている小手先の手法に飛びつく前に
また、すでに飛びついてしまった後でも
じっくりと本書を読む事をお勧めします。
なぜなら
外為だけでは無く、その他の証券や商品取引などを含めての
まさにディールの骨格と言える部分をあらためて思い知る事が出来るからです。
自分がそうでしたが
特にタクティクスの構築に行き詰まっている方にお勧めします。
きっと我に返る事になるでしょう。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

FXの名著, 2007/3/13

★★★★★(5つ/5の中)
レビュアー: TAKAHASHI "FXトレーダー" (東京都)

初心者用のものが多い中、貴重な一冊です。

有名な羊飼いのFXブログでも絶賛されていました。
※3月12日の記事です。
http://fxforex.seesaa.net/

FX本に新たな名著が誕生しましたね。
次回作も期待しています

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】, 2007/3/13

★★★★★(5つ/5の中)
レビュアー: よっぴ (和歌山県和歌山市)

相場で負け続け、撤退を余儀なくされたことのある私自身にとって
耳の痛い話ばかり、「そんな言われなくてもことわかってる」と
思っても実行できないのが人間だ。
勝ち続けると驕り、負け続けると自棄になる、そんな貴方に自重
のためにも読んで欲しい一冊だと思います。
外国為替の世界で何十年も生き続けることの困難さを、身を持って
思い知っている著者ならではの重みのある言葉が凝縮された本が
やっとここに出版されました。
また、著者の経歴をつづった「フォレックスディーラー物語」も
出版の予定があると聞く。こちらも楽しみにしたい。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
※その後も、各店舗、完売の状態で、品薄状態が続いています。
※ひょっとすると、ネット販売の方が、早く手に入るかもしれません。

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

【Mixiのご紹介:Part2】---インターターネット上の「匿名性」への警鐘:Part2---

∞∞<AD>《2月下旬発売》∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---利回り100%の外貨投資戦略---
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

嬉しいことに、新刊本、売れてます!!
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください

※このところ、新しい読者の方々が、急に増えています。
 「そういったときに、何だ、この筆者は!?」
 「読者にケンカ売ってんのか?」
 と、思われるのは、真意ではありません。

※だた、読者の皆様に、
 私が、真摯な気持ちで臨んでいることをご理解いただければ幸いです。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2007年03月18日Part2
【Mixiのご紹介:Part2】
---インターターネット上の「匿名性」への警鐘:Part2---

(Part1 の続きです)

私が、Mixiに、Part1のコメントをしたところ、
早々に、Mixiの管理をして下っている[Jordi_14 さん]から、
書き込みがありました。

それも、配信しなければ、片手落ちの気がしますので、
[Part2]を配信いたします。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2007年03月18日23:03     6:  Jordi_14 

>4 松田様

この点に関しては私の配慮が足りておりませんでした。申し訳ありません。
この質問トピックは他の外為系コミュニティ同様に、
誰かが質問し、誰かが答える(もちろん私を含めて)、
と言うものを想定しておりましたが、今回の質問に関しては
私には答えられない為、どなたか分かる方が書き込まれるまで
しばらく様子見しておりました。
「ここは松田哲さんのコミュである」と言う特殊性を鑑みなかった
私の配慮不足です。 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2007年03月18日23:54     7:  物語

大丈夫ですよ!!

あえて、今回のこのことを、今、メールマガジンで、 配信しました。

インターネット社会であっても、その「匿名性」を利することなく、
真摯に対応すべきことは、当然のことと思っています。

最近は、インターネットの「負」の部分が目立ちます。
そういった「匿名性」に対し、常々、困ったものだ、と、思っています。
たまたま、今回、それが、起こるべくして起こっただけです。

私は、上記発言に対し、松田哲という実名で、行動しています。
発言内容が、間違っているとは思いません。

世の多くの方々も、賛同してくださるだろう、と思っています。

ただ、たまたま、そのカウンターパーティになってしまった
「マレニ」さんには、申し訳ないかな・・・、といった感情がありますが、
私は、正論を述べただけで、一点の曇りもありません。

そういった私の態度が、「子供じみている」「大人気ない」「わんぱく」
といった印象を、読者の方々に与えてしまうのは、
本意ではないのですが・・・。

「マツダサンは、コワイヒトだ」と思わないでくださいネ!
(^0^)/♪ 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
※その後も、各店舗、完売の状態で、品薄状態が続いています。
※ひょっとすると、ネット販売の方が、早く手に入るかもしれません。

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

2007年3月18日 (日)

インターターネット上の「匿名性」への警鐘---【Mixiのご紹介】

∞∞<AD>《2月下旬発売》∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?---利回り100%の外貨投資戦略---
  ■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
  アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

嬉しいことに、新刊本、売れてます!!
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください

※このところ、新しい読者の方々が、急に増えています。
 「そういったときに、何だ、この筆者は!?」
 「読者にケンカ売ってんのか?」
 と、思われるのは、真意ではありません。

※だた、読者の皆様に、
 私が、真摯な気持ちで臨んでいることをご理解いただければ幸いです。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2007年03月18日
【Mixiのご紹介】
---インターターネット上の「匿名性」への警鐘---

MixiやGreeといったSNSは、一般の掲示板(有名な2チャンネルなど)と違って
匿名性が低い、といったことが、喧伝されますが、
インターネット上の、「匿名性」に関しては、同じようなものだ、
と、感じます。

しかしながら、その「匿名性」こそが、さまざまな不正を、
「内部告発」の形で、社会に知らしめていることを考えれば、

---つまり、「内部告発」をすることで、自分の勤める会社がつぶれる、とか、
  警察官や公務員であれば、自らの所属する組織が糾弾されますので、
  自らが、さまざまなマイナスの思いをすることになりますから、
  卑近な例では、つい最近の、「名古屋のゼネコン談合事件」なども、
  「内部告発」が無ければ、世の表面に出てこないでしょうから、---

「匿名性」は、まさに「諸刃の剣」である、と考えます。

「薬」はその処方を間違えれば、単なる「毒(毒薬)」に過ぎません。

そして、その処方を行うのが、
それぞれの、ネット社会上の各自であることを考えると、
各自に、「良識」を求めるしかありません・・・・。

インターネットは、「便利なツール」ですが、
---しかし、こんなものは、たかが道具。
  単なる、通信手段に過ぎないとも思いますが・・・・---
いろいろと、考える材料になります。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Mixiに投稿されたものを引用、紹介します。
(内容に関しては、私が読者の皆様に伝えたい事が主眼点・テーマですし、
 著作権の問題や、プライバシーの問題は、無い、と、私は認識しています。
 その点を、ご了承の上、お読みください。)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

(引用先)
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=16228519&comm_id=1202869
[松田 哲] トピック

2007年03月14日23:24  【質問トピック】   Jordi_14

相場・外為用語・ファンダメンタル・テクニカル
本気で臨むから、疑問が生まれる。
何か聞きたい、知りたい事がありましたらこちらでお願いします。
聞くは一時の恥、聞かぬは一生の「損」!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2007年03月15日08:54     1:  マレニ

はじめまして、質問させていただきます。
たまに、日経新聞で出る程度ですが、
日銀の実質実行為替レートがプラザ合意以来の97になっていますが

http://www.boj.or.jp/theme/research/stat/market/forex/jikko/index.htm

プラザ合意後 ドル/円 239→153 に10ヶ月で落ちています。

今のドル/円レートは、、行き過ぎの数字だと思うのですが、
あまり実質実行為替レートは言われません。
これほど異常な事態になっているのに、
メーカーもドル/円115ぐらいに社内レートを設定してる報道が聞かれます。

実質実行為替レートは、重要な数字と思うのですが、為替ディーラーの方々は、
実質実行為替レートどのように考えられているのでしょうか?

この数字があるので、私は円ショートは、しないのですが。 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2007年03月18日17:48     2:  マレニ

全く、答えがない。
実質実行為替レートは、ディラーにとって「禁句」なんだろうう。

     南無阿弥陀仏 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2007年03月18日19:38     3:  EURO SELLER 

実質実効レートは物価の側面しか見ませんが,
通貨の強さはそれだけでは決まらないです。
各国に経済成長率,景気度合い,労働生産性,金利など複雑に絡むので,
この実質実効レートを鵜呑みにして通貨取引をするのは危険どころか,
見てもおりません。 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2007年03月18日22:43     4:  物語(=松田哲:筆者加筆)

ごめんなさい!!
(私が、答えるのが当然だ、 といった雰囲気がありましたので、
 わざと、お答えしないでおりました。)

ただし、『勘違い』しないで欲しいこともあります。

この、コミュニティ(=Mixiの、いちコンテンツ:筆者加筆)は、
私(=松田哲:筆者加筆)が答えなければいけないものでは無い、
と考えています。

私が、面白半分に、適当に、投稿している部分、
新刊本のCMに利用している部分もありますが・・・。
(それも、ご愛嬌、と、思っているのですが・・・)
(もし、それが、ウザイなら、今後、私からの投稿は、いっさい、やめます)

私に、時間的に、余裕があり、
かつ、みなさんの、プラスになれば、よいと思いますが、
質問を発したら、私に限らず、誰かが、
答えるのが当然だ、といった態度は、よしとしません。

この件に、関しては、疑義・反論があるのでしたら、
「マレニ」さんという、「匿名」ではなく、
『どこのだれそれ』 という、実名で、反論をお願いいたします。

当該ご質問に、きちんとお答えするならば、
論点をまとめて、質問者が納得するように説明する為に、
文章をまとめ、2時間から3時間程度かかります。

頂いたご質問に関しては、
『マーケットを知らずして、答えるに値しないご質問だ』
と、私(松田哲)は考えております。

上記が、私の答えですので、
この件に引き続き、実名でなく、反論を頂いても、
私は、お答えいたしませんので、ご了承ください。

私は、インターネット上であっても、実名で行動しています。

そういうと、
このコミュニティ(=Mixiの中のコンテンツ:筆者加筆)は何なんだ?
と、思う方もいらっしゃる、と思いますが・・・。

そこで、ひとことで、あえて、ご質問にお答えしますが、
「禁句」ではありません。
見ている人、気にしている人も、必ずおりますので、
『見たければ、見れば。どーぞ。』

私は、時間の無駄になるものは、見ませんし、
そんなものを見て、
「円のロング」「円のショート」をどちらでも、
避けるようならば、
『相場には、勝てないでしょう』
と、それだけは、はっきり、申し上げます。

言葉がきつかったり、このように、
わざわざ、読者の方に、ケンカを売るようなコメントで、
多くのご覧になっている方々に、ご迷惑をおかけいたしますが、
インターネットの「匿名性」を利して、
他者を小ばかにするような態度は、私はキライです。

ネット上の発言にも、各自、きちんと責任を持つべきだ、と考えています。

松田哲、拝 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
※その後も、各店舗、完売の状態で、品薄状態が続いています。
※ひょっとすると、ネット販売の方が、早く手に入るかもしれません。

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362

●Yahoo!ブックス(セブンアンドワイ)
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31848329

●goo ショッピング↓
http://shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000102_02758652/txid/00291

●紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981700622

(他にも、ネット販売の書店はありますが、代表的なものを掲載しました)

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?]
―利回り100%の外貨投資戦略―
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 技術評論社 □ 1,554円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞
∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

| | コメント (0)

« 2007年3月11日 - 2007年3月17日 | トップページ | 2007年3月25日 - 2007年3月31日 »