« ひとりごと | トップページ | 2007Nov28【ひとりごと】---【ブログの投稿コメント紹介】--- »

2007年11月28日 (水)

【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞☆★☆  9月21日発売 ☆★☆∞∞∞
【外貨崩落 生き残る人は知っているもう1つのシナリオ】
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【WEB】FX特別セミナー「相場で勝つための真実~最強のトレード法~」
http://uedaharlowfx.weblogs.jp/fx/2007/11/post_2312.html
上田ハーローFXのお客様限定のWEBセミナーです。
■講師:松田哲 ■2007年12月12日(水)■21時00分~22時00分(60分)
■費用:無料   ■参加資格:会員様限定(抽選で100名様)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年11月28日号
【マーケット・コメント】
---ドル/円(USD/JPY)---

[まくら言葉]

※【小掬い商い】(こすくいあきない)(Scalping)
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/sub010ko.htm#kosukuiakinai

例えば、マーケットで買い気配が強い時に、
買いから入って、短時間(数秒~数分程度)で、
1、2ポイントから数ポイント程度の利益を狙って、
売り逃げるような売買のやり方。

英語では、『スキャルピング(Scalping)』と言う。

相場の動きは不測なものだから、目先の少額の利益を狙って売買しても、
結果として思惑が外れて、大きく損をすることもよくある。

それで、英語の『スキャルピング(Scalping)』も、
日本語の、『小掬い商い』も、よく考えずに、目先の利益を狙う売買手法、
といった『軽蔑した・小バカにした』ニュアンスを含んでいる。

『小掬い商い』はしない方が良い。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

11月23日(金)の東京市場は、「勤労感謝の日」で休場。

東京時間朝9:00のドル/円(USD/JPY)レートは、[108.45-50]レベル。

東京が休場で、アジア市場の市場参加者が薄い中を、
東京時間の午前中に、ドル/円(USD/JPY)は、[108.00]を割り込み、
107円台に下落した。

東京時間の午後に、アジア市場で、
ドル/円(USD/JPY)は、[107.50]アラウンドの安値を付けた。
([107.50-55]レベル)

11月23日(金)のロンドン市場でのドル/円(USD/JPY)は、
「追随のドル売り」が出なかったことから、
「ショート・スクイズ」気味の値動きとなり、
107円台ミドルから108円台ミドルまで、約1円急騰した。

しかし、このところの値動きに比較すると、
約1円の急騰も、たいして動いたようには感じない。

112円台から(111円台ミドルのチャート・ポイントを割り込んで、)
107円台ミドルまで、約5円ほど大きく下落したのだから、
市場参加者の薄い中、勝手に、1円くらい上昇しても、
「だから、どーした!?」
「だから、何だよ!?」
といったセンチメント(雰囲気、市場心理)。

ドル/円(USD/JPY)の11月23日(金)ニューヨーク・クローズは、
108円台前半程度。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

11月23日(金)のドル/円(USD/JPY)のニューヨーク・クローズは、
形として、高値引けになっている。

だから、週明け月曜日のウェリントン・シドニー市場で、
急落する恐れ(可能性)は、少ないだろう、と考えていた。

しかし、全く、下値リスク(ドル円の急落リスク)は、収まっていない。

上昇は、「綾戻し」に過ぎない。

107円台で、底値を付けたとは、考えていない。

さりとて、週末のニューヨークが、
「ショート・スクイズ」気味に推移したので、
週明け早々にドルを売る意欲にも欠ける。

だから、週明け月曜日の東京市場は、様子見だろう。
つまらない週明けになりそうだ。(やりようの無い週明け)

しかし、繰り返すが、
『全く、下値リスク(ドル円の急落リスク)は、収まっていない。』

『ドル円を買うのは、絶対に嫌だ!』
『ドル円買うくらいなら、クソして寝る!』

コストの悪いドル円のロングは、『損切り』を敢行するべきで、
他に、対応策は無い、と考えている。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

案の定、週明け月曜日のウェリントン・シドニー市場で、
ドル/円(USD/JPY)は買い気配。

11月26日、週明け月曜日の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
108円台ミドル---[108.60-65]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

週明け月曜日の東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場の午前中までは、
動きなし。注目に値せず。108円で推移。

11月26日、週明け月曜日の
ニューヨーク市場引け際(ニューヨーク・クローズ)に、
米株市場の下落を材料に、ドル/円(USD/JPY)は、急落。
[118.00]を割り込むと、107円台前半に大きく下落。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

11月27日(火)のウェリントン・シドニー市場のドル/円(USD/JPY)は、
107円台前半で小動き。

11月27日(火)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
107円台前半程度---[107.35-40]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

東京市場のドル/円(USD/JPY)は、じり高に推移。
日本の機関投資家の外貨建て投信の設定もあった様子。107円台後半に上昇。

東京市場午後は、日本株が堅調だったこと受けて、
ドル/円(USD/JPY)は、[108.00]を上に抜けて急騰した。

目先、ドル・ショート筋の、ストップ・ロス(損切りのドル買い)もあった。

アブダビ投資庁が米国シティグループへ資本注入を行う、
といったニュースを材料に、いわゆる「ショート・スクイズ」を誘い、
ドル/円(USD/JPY)は、[108.80]アラウンドまで上昇した。

しかし、ドル/円(USD/JPY)の108円台後半では、
いわゆる「やれやれのドル売り」が待ち構えており、上値重く、
[108.00]アラウンドまで急落した。

11月27日(火)のロンドン市場は、[108.00]前半で動きなし。

11月27日(火)のニューヨーク市場午前中のドル/円(USD/JPY)は、
107円台ミドルに下落。しかし、107円台ミドルでは追随のドル売りは出ず。
108円台前半に急反発している。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
※【講演・セミナー講師を承ります!!】
 ⇒ http://members.at.infoseek.co.jp/forexdealer/senimar001.htm
 原稿の執筆、取材なども、お気軽にメールをお寄せください。
 メール⇒ satoshi.matsuda2007@gmail.com (新アドレス)
(ご希望にそえない場合もありますので、メールでお問い合わせください。)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

|

« ひとりごと | トップページ | 2007Nov28【ひとりごと】---【ブログの投稿コメント紹介】--- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ひとりごと | トップページ | 2007Nov28【ひとりごと】---【ブログの投稿コメント紹介】--- »