« 【予想通りの展開だった】---『[109.00]を、下に割り込むのか? 割り込まないのか?』--- | トップページ | 【セミナーに参加頂いた方からのメール】 »

2007年11月20日 (火)

【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)---

2007年11月20日号Part3
【マーケット・コメント】
---ドル/円(USD/JPY)---

[まくら言葉]

※【小掬い商い】(こすくいあきない)(Scalping)
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/sub010ko.htm#kosukuiakinai

例えば、マーケットで買い気配が強い時に、
買いから入って、短時間(数秒~数分程度)で、
1、2ポイントから数ポイント程度の利益を狙って、
売り逃げるような売買のやり方。

英語では、『スキャルピング(Scalping)』と言う。

相場の動きは不測なものだから、目先の少額の利益を狙って売買しても、
結果として思惑が外れて、大きく損をすることもよくある。

それで、英語の『スキャルピング(Scalping)』も、
日本語の、『小掬い商い』も、よく考えずに、目先の利益を狙う売買手法、
といった『軽蔑した・小バカにした』ニュアンスを含んでいる。

『小掬い商い』はしない方が良い。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

先週の半ば辺りから振り返る。

11月14日(水)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
111円台前半---[111.15-20]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

昨日、11月14日(水)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
ほとんど、動きらしい動き無し。

概して、111円台前半での小動き。
(110円台後半もあったが、それがどーした、といった印象。)

11月14日(水)のロンドン市場のドル/円(USD/JPY)も、
東京市場と同様。ほとんど、動きらしい動き無し。

ロンドン市場で、一時、「ドル売り」を試みる様子もあったが、
110円台後半までしか下押しもなく、動いたうちに入らない。

11月14日(水)のニューヨーク市場のドル/円(USD/JPY)も、
概して、動きらしい動き無し。

ロンドン市場で、下押しをトライした後での反発で、
[111.70]アラウンドのリバウンド上昇を見ているが、
先週後半からの、大きな動きと相対的に比較して、動いた印象が残らない。

要するに、11月14日(水)のドル/円(USD/JPY)は、
109円台前半まで、大きく急落した後の、リバウンド局面で、
ポジション調整をしていた、と考える。

ドル/円(USD/JPY)の下値を突っ込んで売った向きにとっては、
下がったら買い戻したいといった気持ちだろう。

逆に、下落する際のチャート・ポイントが、111円台ミドルであったので、
111円台ミドルからは、いわゆる「やれやれの売り」が待ち構えている。

目先で、うなっているのは、どちらも、持ち値の悪いポジションだけ。

高値を売って、ちゃんと利食いを行った向きは、
涼しい顔で、ゲットアウトしている印象だ。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

11月15日(木)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
111円台前半---[111.25-30]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

11月15日(木)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
概して、111円台前半での小動き。
111円台ミドルの高値も見たが、俯瞰すれば、上昇力も大して無い。

結局、11月15日(木)のロンドン市場でドル/円(USD/JPY)は、
110円台ミドルに下落。
[110.50]アラウンドには、
オプション取引に伴う「防戦のドル買い」もあった様子。
110円台ミドルを下に攻め切れなかったことから、膠着状態。

11月15日(木)のニューヨーク市場のドル/円(USD/JPY)は、
「ショート・スクイズ」気味に、
110円台後半から111円台に乗せた辺りでの小動きとなる。

(「ショート・スクイズ」が終わったのだろう、)
ニューヨーク市場のクローズにかけて、110円台ミドルに緩む。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

11月16日(金)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
110円台ミドル---[110.45-50]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

11月16日(金)の東京市場の午前中に、
ドル/円(USD/JPY)は、再び[110.00]を割り込み、109円台後半を示現。
しかし、「追随のドル売り」はなく、
東京市場の午後は、[110.00]を挟んでの小動き。

11月16日(金)のロンドン市場のドル/円(USD/JPY)は、
東京市場で、下を攻め切れなかったことから、
「ショート・スクイズ」気味の動き。110円台ミドルにリバウンド(上昇)。

11月16日(金)のニューヨーク市場のドル/円(USD/JPY)は、
「ショート・スクイズ」が加速し、111円台に乗せる。

週末のニューヨーク・クローズは、[111.00]アラウンド。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

昨日、11月19日、週明け月曜日の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
110円台後半---[110.80-85]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

昨日、11月19日、週明け月曜日の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
これといったことも無く、基本的には小動き。
110円台後半は、上値も重く、110円台ミドルに緩むといった動き。

昨日、11月19日、週明け月曜日のロンドン市場も、
ドル/円(USD/JPY)の上値は重く、「ドルじり安」。
ロンドン市場で、110円台前半。

昨日、11月19日、週明け月曜日のニューヨーク市場のドル/円(USD/JPY)は、
110円台前半で重苦しい小動き。

ニューヨーク市場の午後になって、
[110.00]を割り込み、109円台後半に下落。
そのまま、109円台後半程度でニューヨーク・クローズ。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

本日(11月20日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
109円台後半---[109.70-75]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

本日(11月20日)の東京市場午前中のドル/円(USD/JPY)は、
109円台後半程度で動き無し。

東京市場の午後になって、株価堅調などを材料に、
ドル/円(USD/JPY)と、ユーロ円(EUR/JPY)などのクロス円が上昇している。

ドル/円(USD/JPY)は、110円台ミドル程度に反発上昇。
しかし、特段の値動きという訳でもなく、
俯瞰するならば、いわゆる「下値持ち合い相場」(=調整局面)が続いている。

状況に、何ら変化は無いので、
個人的には、ドル/円(USD/JPY)を買う気には全くならない。

現状は、[109.00-112.00]程度の、
「下値持ち合い相場」(ボックス相場)が、継続しているだけ、と見ている。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

|

« 【予想通りの展開だった】---『[109.00]を、下に割り込むのか? 割り込まないのか?』--- | トップページ | 【セミナーに参加頂いた方からのメール】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【予想通りの展開だった】---『[109.00]を、下に割り込むのか? 割り込まないのか?』--- | トップページ | 【セミナーに参加頂いた方からのメール】 »