« ---公表仲値制度について---【読者の方からの質問】 | トップページ | 【読者の方からのメール紹介】---『同じモノを見て別の感想や思惑に至る』、楽しからずや!--- »

2007年11月 2日 (金)

【外為用語の基礎知識】---【仲値】(なかね)TTM ---

【外為用語の基礎知識】---【仲値】(なかね)TTM ---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【仲値】(なかね)TTM
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/sub021na.htm#nakane

 銀行が、個人などの顧客取引や、
 十万ドル未満の外国為替取引をする際の基準レートとして用いる
 外国為替レート。

 『公表仲値』、『公表仲値レート』、『TTM』などとも呼ぶ。

 現在は、それぞれの銀行で、自分の銀行の「仲値レート」を設定している。

 以前は、大手都市銀行が、持ち回り制で、東京市場全体の『仲値』を決めて、
 東京市場の参加者は、そのレートを使用していた。

 このやり方は、『仲値』決定に際して、
 不明瞭な取引が行われるなど問題点が多かった。

 それで、それぞれの銀行の責任で
 各行の『公表仲値レート』を決めるようになった。

 東京市場の場合、一般的には、9時55分ごろのレートを参考に
 『仲値』を決めているが、上記の通り、各銀行の責任で決めているので、
 必ずとは言えないし、各銀行によって『仲値レート』は微妙に違う。

 “TTM”と言った場合の“TT”は、
 “Telegraphic Transfer Rate”の省略で、「電信相場」のこと。
 “TTM”は、“Telegraphic Transfer Middle rate”の略語。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※参考

【仲値不足】
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/sub021na.htm#nakanebusoku

 「仲値が足りない」とか、「仲値不足」という言葉が良く使われますが、
 その意味は、「仲値決済のドルの需給バランスで、ドルが不足している」
 ということです。
 ですから、足りないドルをマーケット(外国為替市場)で、
 購入する必要があります。

 「仲値不足」の場合は、9時55頃に向けて、ドルが上昇しやすくなります。

→【仲値が足りない?】
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/sep25.htm

|

« ---公表仲値制度について---【読者の方からの質問】 | トップページ | 【読者の方からのメール紹介】---『同じモノを見て別の感想や思惑に至る』、楽しからずや!--- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ---公表仲値制度について---【読者の方からの質問】 | トップページ | 【読者の方からのメール紹介】---『同じモノを見て別の感想や思惑に至る』、楽しからずや!--- »