« 横浜市交通局の広告 | トップページ | Fw:街の本屋で発見\(^o^) / »

2007年11月11日 (日)

ひとりごと---外貨崩落---

ひとりごと---外貨崩落---

この週末に、『外貨崩落』を再読している。

本文の中にも、記述しているが、
『外貨崩落』の原稿を書いていたのは、
今年(2007年)の5月、6月。

その頃は、『円キャリー・トレード』の勢いが、
強烈に再拡大している時期。

この本の発行日は、9月下旬の予定だったので、
『こんな状況』で、『こんな本』を出して、
『読者の理解』を得られるだろうか?
と、技術評論社のご担当、Mさんと、気を揉んだ。

しかし、今年(2007年)の後半から、
来年(2008年)前半頃には、
『円キャリー・トレードの歪み』が、
顕在化する筈だ!
と、感じていた!
だから、自信は、あった。

こういった感覚は、説明しにくい。

その話(気を揉んだこと)の、すぐ後の7月、8月で、
ドル円マーケットが、急落して、今度は、慌てた。

あのまま(あの時点で)、
『円キャリー・トレード』が、
終わる可能性も、あったから。

しかし、値動きを見て、
『間に合った・・・!』
と、感じた!

壊滅的なクラッシュに成らない!と、読めた。

だから、『二番天井』を作りに行く、と、書いた。

夏の時点で起きたのは、
『上海株ショック』同様の
『ミニ・クラッシュ』に過ぎない!
そう感得した!

現時点でも、
まだ、『本格的なクラッシュ』は、起きていない!

今年(2007年)の年初から、講演の際には、
必ず、以下のことをお話した!

『円キャリー・トレード』が、拡大しているが、
今年(2007年)の秋口から 年末以降には、
『円キャリー・トレード崩壊』の可能性(リスク)が、ある。

『円キャリー・トレード崩壊』が、起これば、
マーケット(外国為替市場)の様相は、
ガラリと、変わるので、要注意だ!

以下は、今後(目先)の対応策。

この週末の動きも、
今後(来週以降)を、よく見ないと、
まだ、判断出来ない!
予断は、禁物!

『三番天井』を作りに行く可能性も残っている!

しかし、『ミニ・クラッシュ』の対応策も、
『外貨崩落』に、書いた!

相場の大きさを、予断せずに、
『大クラッシュ』が、来たときと、全く同じに、
『愚直に対応する』。

相場の大きさは、
後から、結果的にわかるもので、
勝手に判断するものでは、無い!

万一、109.00(108.99)を割り込む場合は、
『三番天井』は、無いかも知れない。

コストの悪い、『円キャリー・トレード』は、
『損切り』を敢行するべき!

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

|

« 横浜市交通局の広告 | トップページ | Fw:街の本屋で発見\(^o^) / »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104737/8866616

この記事へのトラックバック一覧です: ひとりごと---外貨崩落---:

« 横浜市交通局の広告 | トップページ | Fw:街の本屋で発見\(^o^) / »