« ひとりごと---整合性--- | トップページ | ---【綾】(あや)/【綾戻し】(あやもどし)---【外為用語の基礎知識】 »

2007年11月 8日 (木)

---「あや(綾)」は狙うな!マーケットにくれてやれ!---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【セミナー】1勝9敗でも勝つ外貨投資戦略【セミナー】
http://www.seminar-biz.com/details/id_4779_1234/
■講師:松田哲 ■平成19年11月17日(土) ■13:30~15:00(90分)
■参加費:10,000円 ■会場:田町ビジネスセンター(JR田町駅徒歩2分)
アクセスマップ ⇒ http://www.tkptamachi-bc.net/access.shtml
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年11月08日号
【読者の方からの質問】
---「あや(綾)」は狙うな!マーケットにくれてやれ!---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

日付: 8 Nov 2007 08:58:51 +0900
差出人: "******"
件名: よろしくお願い致します。
宛先: "物語"

松田様

いつも、松田様のメルマガを購読させて頂き、勉強させて頂いております。
先日、ファイナンシャルアカデミーでのセミナーに参加した時に
初めて松田様にお会いしました。
実は、松田様のお話を聞いていて、鳥肌が立ちました。
「この人はすごい!!」
それ以来、松田様を投資の神、師匠と勝手に思い、
少しでも近づけるよう勉強しております。
今度の田町のセミナーにも参加させて頂く予定で、
お会いできるのを楽しみにしています。

ところで、昨夜23時頃のメルマガで「ドルを売れ」コメントが出ており、
現実にその通りになった
わけですが、112円台まで円が上がっています。
今回、中国での発言が端を発しているように
各メディアも取り上げているようですが、
ならば、一時的にまた114円台まで戻すのではないか・・・
ならば、今円を売ってドルを買った方がいいのか・・・。
と思うのですが、この予想について松田様はどのような判定を下されますか?

為替投資初心者の為、考察が「あまあま」なので厳しい教えを頂ければ、
今後の為にたいへんありがたく思います。
まったく、とぼけた質問とは存じますが、ご指導頂ければ幸いです。
よろしくお願い致します。

****

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

日付: Thu, 08 Nov 2007 15:08:48 +0900
差出人: "松田 哲"
件名: Re: よろしくお願い致します。(松田哲より、お返事)
宛先: "******"

******さま

メールありがとうございます。
また、お会して、お話できるのを楽しみにしております。
セミナーでは、お声をかけてください。

長文ですので、以下に、お返事を添付いたします。

松田哲、拝

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松田 哲
【フォレックス・ディーラー物語】
http://www.d4.dion.ne.jp/~smatt/
メール: satoshi.matsuda2007@gmail.com

【外貨崩落】
http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911 
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

(以下添付)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

昨日(11月07日)のメルマガや、ブログなどで記述したのが、
始まりではなく、
このところ、基本的に、『ドル円を買ってはいけない』と言い続けています。

7月の下旬(7月26日)に、ドル円は、[119.50]を下に割り込みましたが、
その少し前から、
(個人的な思惑で、ドル円は、[119.50]を下に割れて下落するだろう、
という感覚があったので、)
『ドル円を買ってはいけない』と言い続けています。

『[119.50]を下に割り込む場合は、大きな急落になるだろう』
と、予測・予見していていたのは、
わざわざ、拙著『1勝9敗でも勝つ』
http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
の中にも書いてあります。

(その本の原稿を書いていたのは、2006年11月頃ですが、
 与件を考えれば、先々に、こういったことが起こる可能性が高い、
 と、予測・予見できます。
 それが、いつ起こるか、という時期は、特定できませんが、
 こういったことが、いずれ時間の問題で起こる可能性が高い、
 と判断できます。
 そして、2007年7月、8月に起こりました。)

7月の中旬以降、「修正局面(下落後のポジション調整))」や、
「円キャリー・トレードの再拡大」で、
「リバウンド(=目先のドル円上昇)」を指摘したことはありますが、
基本的には、『ドル円を買ってはいけない』といったスタンスのままです。

私は、『頑固』ですから、違うことを、言ったはずがありません。

決して、きれいな表現ではないのですが、
『ドル円を買う位なら、「クソして寝る!」』
と、何度も書きました。

今も、その気持ちに、全く変化がありません。

こういった表現が、良いとは思いませんが、
この表現ならば、まず『わかりやすい』ということ。
そして、こう言っておけば、
『無理やり違う意味に、捻じ曲げて解釈すること』が出来ないのです。

『ドル円を、買わない方が、いいと思います』
といった表現は、
『(何か、条件がそろえば)ドル円を買ってもいいのですか?』
といった疑念(質問)を、引き起こします。

ところが、
『オレは、ドル円を買う位なら、「クソして寝る!」』
と言えば、少なくとも、他者が、何を言おうとも、
『私は、ドル円を買いたくないのだ!』
というニュアンスが伝わります。

こういう言い方をすると、
『「「売り」でも「買い」でも、ずっと言い続けていれば、
 いつか、そのうち当たるよ』
と考える人がいますが、それは違います。

それは、単なる、言葉尻を取り上げて、
『悪意に揚げ足を取ろう』とする考え方です。

まあ、その程度の思索の方々には、何をどう説明しても、
『わざと、捻じ曲げて、解釈をしようとする』のでしょうから、
さして、気にもしませんし、相手をするのは時間の無駄だと考えますが。
(^0^)/♪

まあ、そういった現実や、そういうことに対する皮肉はさておき、
相変わらず、
『オレは、ドル円を買う位なら、「クソして寝る!」』
と考えています。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

一時的な、リバウンド(あや戻し)に関するご質問ですが、
一言で言えば、
『「あや(綾)」は取るな!』
『「あや(綾)」は狙うな!』
と、考えます。

拙著『1勝9敗でも勝つ』で書きましたが、
『「売り」でも「買い」でも勝とう』とするのは、
マーケットに対して失礼だ、と考えています。

また、取引をするのに、わざわざ、難しい対応を選んでいる、と考えています。

『大きなトレンドに従って、取引を行うべきだ』
と、考えます。

現在のドル円は、すでに、『ドル安円高トレンド』に転換している、
と考えています。

今年(2007年)の、7月、8月の下落で、ドル円の『トレンド転換』が起きた、
と考えています。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

現在の『ドル円のトレンド』が、『ドル売り円買い』なのですから、
ドル円をロング・ポジション(=ドル円の買い)を考える必要は、
全く無いのです。

現在は、大きなトレンドに従ってドル円の取引を行うのならば、
(1)『ドル円を、どこで売るか?』
(2)『ドル円をショート(=ドル円の売り)にした場合に、
    どこで「損切り」をするか?』
の、二点だけを考えればよいのです。

(3)『どこで、利食いの買戻しをするか?』
は、考えたければ考えれば良い事で、事前に考えておく必要はありません。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

『リバウンド(あや戻し上昇)を狙っての取引』を考えるのは、
『なんとか自分だけ、うまい汁を吸ってやろう』と考えることです。

もちろん、その気持ちはわかりますが(理解できますが)、
たいてい失敗します。

1回、2回、うまくいくときもありますが、
俯瞰すると、大してうまくいきません。
『労多くして、益少なし』
『あや(綾)は、取りに行くべからず』
が、王道だと思います。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ドタバタと、七転八倒しながら、難しい相場を乗り切ると、
満足感(充実感)もあります。

下落局面(トレンドの下降局面)で、「売り」ではなく、「買い」で戦い、
そして、結果、勝つと、
『やったー!』
とか、
『どーだ!勝ったぞ!』
といった気分になります。

しかし、そのあや(綾)が終わって、その後に来る、
もっと大きな局面(もっと大事な場面)で、
『疲れきって、何も出来ない・・・』『手が出ない』
といったことが、往々にあります。

「あや取り」は、『児戯に等しい』
と、考えて、そんなものは、マーケットにくれてやりましょう!
(^0^)/♪

『何が重要で、何が重要でないのか?』
といった、『優先順位(プライオリティー:priority)』の問題だ、
と考えると、いいのではないでしょうか。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

|

« ひとりごと---整合性--- | トップページ | ---【綾】(あや)/【綾戻し】(あやもどし)---【外為用語の基礎知識】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ひとりごと---整合性--- | トップページ | ---【綾】(あや)/【綾戻し】(あやもどし)---【外為用語の基礎知識】 »