« 【読者の方からのメール紹介】---続き:『落合監督、日本一、おめでとうございます!』--- | トップページ | 【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)--- »

2007年11月 4日 (日)

【読者の方からのメール紹介】---続き:『落合監督、日本一!』、もうひとつだけ紹介---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【セミナー】1勝9敗でも勝つ外貨投資戦略【セミナー】
http://www.seminar-biz.com/details/id_4779_1234/
■講師:松田哲 ■平成19年11月17日(土) ■13:30~15:00(90分)
■参加費:10,000円 ■会場:田町ビジネスセンター(JR田町駅徒歩2分)
アクセスマップ ⇒ http://www.tkptamachi-bc.net/access.shtml
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年11月04日号Part2
【読者の方からのメール紹介】
---続き:『落合監督、日本一!』、もうひとつだけ紹介---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

差出人  ******
宛先  satoshi.matsuda2007@gmail.com   
日付  2007/11/02 14:01   
件名  初めてメールさせていただきます。   

m(__)mいつも、楽しくメルマガ拝見させていただいています。
ハンドルネーム?はらぺこ。と申します。

落合監督の采配なのですが、
私の意見を賛否あるとおもいますが、小生意気ながら
意見を書かせていただきます。

9回にピッチャーを変えたのは、8回までパーフェクトで
抑えても、マメがつぶれたから。との記事をみました。

落合監督の損切りライン(失礼な表現かもしれませんが。)
に、残念ながら?ヒットしてしまったことによる、
落合監督自身での最善の策だったのかもしれません。

そこには、落合監督でないと、わかりませんが、
勝ち。にこだわったのか。
選手を大切にしたい。あらわれなのか。

昨日のプロ野球ニュースで、
「マメができた。ということを聞いてからの、
(交代の)決断は早かったです。」
といったような、落合監督の発言を聞きました(多分。笑)

以前、日本シリーズで、優勝前にかかわらず、
お立ち台で落合監督は多くのお客さんに感謝し
涙を流した(うるませた?)ときがあります。
しかし・・。そのシリーズの結果は、日本一にはなれませんでした。

また、星野元阪神監督。さんも、テレビで、
「ピッチャー出身でないから、交代させた。
でも、結果が出ないと評価されない。」
とのコメントを言ってました。(多分。)

落合監督のオレ流は、以前の経験を踏まえ、
進化をつづけ、勝ちへのこだわりを貫いた
勝負へのこだわりを見せた采配であったと思います。

もし、今回の交代の選択が選手自身がどう、とらえるか
・変わりはいくらでもいる。
・勝負は厳しいもの
といった、プラスで?とらえるか。
・どうせ頑張っても、個人成績より、勝利だよなー・・。
・所詮オレは、チームのコマだな。。

っと!いった、自己主張の強い意識が来シーズンうまれるなら、
中日は、ボロボロと思います。
また、選手流出やFA行使した選手も落合中日に来たがらないと思います。

でも!落合監督と選手の師弟関係が強固なものであれば、
帝王学?マキアヴェリ理論??は、孫子理論?といった、
ものが融合??された、現代版のビジネス、相場においての
教科書にもなりそうなきがするのは、私だけなのかもしれません。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

個人的な感想を、加えておきます。
私は、中日選手の落合監督に対する信頼・信任・信認は、
いっそう深まった、と考えています。

しかし、落合氏の『勝負師』としての行動は、
監督になる前の、現役選手の時代から、
『相場における教科書そのものだ』
と、とらえています。

今回の、日本シリーズの前に、ゴルフの片山氏のことを話題にしました。

その際に、プロ野球界の『勝負師』は、
落合中日監督と、野村楽天監督である旨、記述しました。

今回、落合中日監督の采配に、私が、これだけ反応したのは、
『その伏線』が、あったからです。

『勝負師、落合監督が、日ハムに、どう戦うのか??』

そして、日本シリーズの最後に、
『やっぱり、その伏線にからむことが起こったか・・・』
と、感じたので、私の反応が激しかったのです。

落合氏と野村氏が、稀代の勝負師であることは、間違いない、と感じています。

(10月24日の一部を引用しておきます)

4.    物語 (21) - 2007/10/24 10:17

思い付いた時に、書いておきます。

勝負は、「時の運」と、よく聞きます。
私は、今回の片山プロの勝ち方は、「運」があったのだろう、と、思います。
「勝てば、官軍」ですから、また、プレーをするのは片山プロで、
勝った時の栄誉も、負けた時の非難も、
(誰も、そんな非難は、しないでしょうが)
片山プロが、ひとりで負うものです。

しかし、「運」ではなく、
「人事を尽くして、天命を待つ」というスタイルで、「勝つべくして、勝つ」

そういった強さ、が無い、と、感じます。

その辺りが、釈然と、しない、「何とも言えない感覚」を残すのだろう、
と、思います。

日本人が、ゴルフの海外メジャーで、まだ、勝てないのは、
その辺りに原因が、あるのかな??
と、思います。

「勝つべくして、勝つ」のは、
それは、それで、面白くないケースが、あるのは、
落合中日監督の例の通りです。

ただ、見ているだけの、私は、単なる「わがまま」を言っているだけ。
「無い物ねだり」。

観客は、勝手なものです。
(^O^)/

落合監督は、それを、言わないでしょうが、
批判や非難に対して、
「まず、勝ってから、そう言えば」
と、思っているでしょう。
落合監督、日本シリーズ出場、
おめでとうございます!
勝負師、落合監督が、日ハムに、どう戦うのか??
興味津々です。

勝つために、何を、どうするのか?!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞☆★☆  9月21日発売 ☆★☆∞∞∞
【外貨崩落 生き残る人は知っているもう1つのシナリオ】
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

|

« 【読者の方からのメール紹介】---続き:『落合監督、日本一、おめでとうございます!』--- | トップページ | 【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)--- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【読者の方からのメール紹介】---続き:『落合監督、日本一、おめでとうございます!』--- | トップページ | 【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)--- »