« 日本の野球は、つまんねーや!!! | トップページ | ---公表仲値制度について---【読者の方からの質問】 »

2007年11月 2日 (金)

【日本の野球は、つまんねーや!!!】---(続き):勝負事---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【セミナー】1勝9敗でも勝つ外貨投資戦略【セミナー】
http://www.seminar-biz.com/details/id_4779_1234/
■講師:松田哲 ■平成19年11月17日(土) ■13:30~15:00(90分)
■参加費:10,000円 ■会場:田町ビジネスセンター(JR田町駅徒歩2分)
アクセスマップ ⇒ http://www.tkptamachi-bc.net/access.shtml
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年11月02日号
【日本の野球は、つまんねーや!!!】
---(続き):勝負事---

昨日の日本シリーズの8回終了時に、以下のコメントを配信した。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

日本の野球は、つまんねーや!!!

ひとりごと

勝負の鬼!
落合中日監督。

やっぱし、あったよ!
今年の日本シリーズ。

勝負師、落合!
理解する!

だけど、やっぱし、
落合は、大嫌いだ!!!!

『勝つ』って、こーゆーことなんだよね!!!

最後の最後に、あったよ!
今年の日本の野球は、
『結局』
『つまんねー野球だ!!!!』

『メジャーリーグの方が、100倍おもしれーや!!!』

勝つだけが、目的の勝負は、自分ひとりで、やればいー。

もー、どっちが、勝っても、興味ねーや!!!
日本の野球は、おもしろくねーなー!!!

ばかっ!!!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

メールをいただいた。

日付: Fri, 2 Nov 2007
差出人: "****"
件名: RE: 【独断と偏見の為替相場】ひとりご と
宛先: "物語"

全く同感です!

早稲田の後輩より

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

お返事を出しました。

日付: Fri, 02 Nov 2007
差出人: "松田 哲"
件名: Re: RE: 【独断と偏見の為替相場】ひとりごと
宛先: "****"

****さま

メールありがとうございます!

昨日は、某居酒屋で、日本シリーズの8回まで、見ていました。

9回に、中日のピッチャー岩瀬が告げられて、
岩瀬がマウンドに向かったところで、不愉快になり、
テレビを見たくないので、外に出ました。

結果も、聞きたくなかったのです。

落合監督は、正直に、大嫌いですが、
(昨日、ますます嫌いになりましたが)
私が、落合監督の立場なら、
実は、私も、同じ行動(判断)をする(かも知れません・・・)。

理解は、しているのです・・・。

「パーフェクト」という、大記録ですから、
私ならば、『ヒットを一本打たれた時点で、交代』かもしれません。
(そうしてやりたい、と考えます)

ラグビーに、
“One for all, all for one!”
という言葉(ことわざ・格言)があります。

「完全試合をできるチャンス」は、稀有です。
ましてや、「日本シリーズ」のでチャンスです。

『あのピッチャー』に、やらせてあげたかった。
(私は、『あのピッチャー』の名前を、まだ知りません。
 知りたいとも、思いませんから、
 このまま知らずにいたいものです)

しかし、しかしながら、そこには、「リスク」があります。
ホームランで、1点で、同点のリスク。

落合氏は、そのリスクを回避する万全を期したのです。
(私は、そう、推量しています)

勝負は、「大記録」でもなければ、
「日本シリーズで完全試合をしたニュー・ヒーロー」を
作る場でもありません。

勝負は、『勝ってナンボ』であり、勝たなければ意味が無いのです。

落合氏は、勝つために、当然のことをした、と考えることができます。

勝負とは、『単なる勝ち負け』と考えれば、
昨日の落合監督の判断は、正しく、
昨日のヒーローは、落合監督です。
唯一のヒーローが、落合氏です。

落合氏は、こういった意見に、何も答えないでしょう。
説明しても、わからない人たちに、説明する気も無いでしょう。

勝負を、そこまでに、冷徹に、『単なる勝ち負け』に昇華できる
落合氏は、『希代の勝負師』。
だから、同氏は、複数回、三冠王にもなれたのでしょう。
(なるべくして、当然に、なったのでしょう)

今回の件にしても、
落合氏は、『責任はすべて私が取る』覚悟でしょうし、
言い訳をするつもりもないでしょう。

勝ったのは、落合氏ですから。

「一将、功なりて、万骨枯る」
の故事成語がふつふつと湧き上がります。

この功は、「落合氏ひとりのもの」です。

素晴らしい中日二塁手のファインプレーも、何の価値もありません。
あれは、ヒットで、構わなかったのです。
この試合の勝ち負けに、関係ないのですから。

しかし、しかしながら、
『勝つために、勝つためには』『何物もを犠牲にする』その態度は、
私は、美しいと感じません。

感動もありません。
昨日の日本シリーズは、「最低のつまらない試合」だった、
その印象が残るだけです。

それは、単に、私の感情に過ぎないし、
落合氏から言わせれば、「甘い」となるでしょう。

所詮、勝負事に勝つことは、『みっともないこと』だと、
私は、はなから、理解はしているつもりですが・・・。

『勝負事は、偉いやつが、勝つわけではない』
『勝ったやつが偉いだけだ』

しかし、世の中は、勝負の世界だけがすべてではない、と考えます。

『その勝負では、負けたやつは偉くないけれど』
『もっと広い世界にでれば、
 負けたやつのほうが価値があるのかもしれない』
と、考えます。

ダルビッシュは、よく戦いました。
その態度も、立派だったと思います。

昨日の試合で、私は、ダルビッシュが、
一番のヒーローだった、と思います。

※私は、決して、日本ハムのファンではないし、日ハムを応援しません。
 「日ハムの事件」以来、日ハムを応援しない、と決めましたので。
 また、特別に、ダルビッシュ選手を応援する気もありません。
 ただ、昨日の日本シリーズを見て、そう考えているだけです。

なんだか、熱いですね・・・?

メール、ありがとうございます!

松田哲、拝

PS;
このメールを、メルマガでも、配信します。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞☆★☆  9月21日発売 ☆★☆∞∞∞
【外貨崩落 生き残る人は知っているもう1つのシナリオ】
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?】--利回り100%の外貨投資戦略
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774130362
この本の感想や意見を、カスタマーレビュー(書評)として掲載してください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

|

« 日本の野球は、つまんねーや!!! | トップページ | ---公表仲値制度について---【読者の方からの質問】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本の野球は、つまんねーや!!! | トップページ | ---公表仲値制度について---【読者の方からの質問】 »