« Fw:Re:街の本屋で発見\(^o^) / | トップページ | ユーロ円(作図を添付)その1 »

2007年11月12日 (月)

ひとりごと---アマゾン順位274位!!---

ひとりごと---アマゾン順位274位!!---

【外貨崩落】

アマゾン順位が急騰!!

Amazon.co.jp ランキング: 本で274位

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞☆★☆  9月21日発売 ☆★☆∞∞∞
【外貨崩落 生き残る人は知っているもう1つのシナリオ】
---FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレード---
■松田哲(Satoshi Matsuda)著 ■出版:技術評論社 ■1,554円(税込)
アマゾン⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4774131911
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

アマゾンに【著者からのコメント】を記載しました。

(引用)

「外貨崩落」は、奇をてらったものではありません。

毒々しい、ショッキングなタイトルで
読者の購買意欲を誘っている訳でもありません。

現在において、整合性のあること(現状のマーケットの与件)から
導ける結果が論旨です。

その結果として、「外貨崩落」というタイトルが浮かび上がりました。

「外貨崩落」と言っても、対円で、全ての外貨が下落する、
と言っている訳でもありません。

むしろ、私は、別に、対円取引にこだわっていません。
対円取引は、外国為替市場のメイン(主流)という訳ではないのです。
それは、(そういった感覚は、)「日本人の自意識過剰」に過ぎません。

「ドル円取引」は、「ユーロドル取引」に次ぐ、
大きなマーケット(市場・相場)ですが、
外国為替市場で、「ドル円取引」は、一番ではありません。

外国為替市場では、世界のさまざまな通貨が取引されています。
「外貨崩落」には、その中でも、
メジャー・カレンシー(主要通貨)の相互の関連で、
導ける結果を記述しています。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【セミナー】1勝9敗でも勝つ外貨投資戦略【セミナー】
http://www.seminar-biz.com/details/id_4779_1234/
■講師:松田哲 ■平成19年11月17日(土) ■13:30~15:00(90分)
■参加費:10,000円 ■会場:田町ビジネスセンター(JR田町駅徒歩2分)
アクセスマップ ⇒ http://www.tkptamachi-bc.net/access.shtml
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

|

« Fw:Re:街の本屋で発見\(^o^) / | トップページ | ユーロ円(作図を添付)その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Fw:Re:街の本屋で発見\(^o^) / | トップページ | ユーロ円(作図を添付)その1 »