« 【人に会え!臆するな!】---今までの経緯の続き:「岡康道」氏の随筆--- | トップページ | ひとりごと---【外為用語の基礎知識】--- »

2007年10月18日 (木)

【マーケット・コメント】---ドル/円(USD/JPY)---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【セミナー】1勝9敗でも勝つ外貨投資戦略【セミナー】
http://www.seminar-biz.com/details/id_4779_1234/
■講師:松田哲 ■平成19年11月17日(土) ■13:30~15:00(90分)
■参加費:10,000円 ■会場:田町ビジネスセンター(JR田町駅徒歩2分)
アクセスマップ ⇒ http://www.tkptamachi-bc.net/access.shtml
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2007年10月18日号Part3
【マーケット・コメント】
---ドル/円(USD/JPY)---

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

昨日(10月17日)のシドニー市場では、
ニューヨーク・クローズが、チャートの形では、高値引けとなったことから、
再び、一時、117円台前半に乗せた。

昨日(10月17日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
[117.00]アラウンド---[116.95-05]レベル---でオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

昨日(10月17日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
寄付きから、「ドル売り」となり、朝方に、一気に、116円台前半に下落した。

東京市場の昼前後は、116円台ミドルで持ち合いとなったが、
中東勢、アーリー・ヨーロッパが参入してくる時間帯になると、
再び、ドル売り気配になり、116円台前半で推移している。

このところ、再拡大していた「円キャリー・トレード」での
「円売りポジション」を縮めている様子がうかがえる。

G7で、為替に関する討議がどうなるのか、といった『憶測』『思惑』が、
それぞれの市場参加者にある。

このところの「円キャリー・トレード」で、利益を上げた向きは、
『いったん、利益を確保して、ポジションを縮めておこうか』
といったところ。

今回の、G7で、特別の合意が出るとは考えていないが、
それぞれの国の高官から、適宜、自国の思惑的な内容のコメントが散見される。

それは、G7に含まれない欧州各国からの発言もある。

一種の、G7へ向けてのアピールであり、けん制をしている印象だ。

しかし、今回の、G7は、特別な合意を作り上げるという意欲は感じない。

「サブプライム・ローン問題」や
「クレジット・クランチ(金融市場の信用収縮)問題」などが、
俎上になるのだろう。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

昨日(10月17日)の東京市場、ドル/円(USD/JPY)クローズは、
116円台ミドル程度。

昨日(10月17日)のロンドン市場では、ドル/円(USD/JPY)が、
116円台ミドル程度から[117.15-20]レベルまで急上昇した。

ユーロ/円(EUR/JPY)などの「クロス円の買い」の影響から、
ドル/円(USD/JPY)が、上昇した印象。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ニューヨーク市場では、ドル/円(USD/JPY)は、
117円台前半から、116円台前半程度([116.20-30]レベル)まで急落。

急落後は、ニューヨーク・クローズに、[116.70-80]レベルに反発。

荒っぽい値動きだが、大きな動きには至っていない。

G7を控えての、ポジション調整が行われている。

それなりに、「ブル派」「ベア派」おのおのの思惑があって、
ポジション調整でぶつかり合っているが、
まだ、本格的な資金移動(資本移動)には、なっていない、と考える。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

本日(10月18日)のシドニー市場で、ドル/円(USD/JPY)は、
再び、116円台前半に下落。
引き続き、荒っぽいポジション調整。

本日(10月18日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
[116.35-40]レベルでオープン。

---東京市場の寄り付き(オープン)は、東京時間朝9:00---

概して、本日(10月18日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
[116.50]を挟んでの上下動。

引き続き、荒っぽいポジション調整。相対的に東京市場はおとなしい。
徐々に振幅が縮まり、煮詰まっていた。

本日(10月18日)の東京市場夕方になって、欧州勢の参加する時間帯になると、
今日は「クロス円の売り」の影響で、
ドル/円(USD/JPY)は、[116.00]を割り込んで急落。

東京クローズは、[116.00]アラウンド。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

|

« 【人に会え!臆するな!】---今までの経緯の続き:「岡康道」氏の随筆--- | トップページ | ひとりごと---【外為用語の基礎知識】--- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【人に会え!臆するな!】---今までの経緯の続き:「岡康道」氏の随筆--- | トップページ | ひとりごと---【外為用語の基礎知識】--- »